« PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 | トップページ | 南スーダンの賭け付け警護は中国軍を守るため!?&岸田外務大臣、北方領土問題で赤っ恥&国連人権理事会で翁長沖縄県知事が演説 »

2015年9月22日 (火)

早くも南スーダンに派遣されている自衛隊に「賭け付け警護」検討中&新聞・TVの反安保潰しが始まった。

  安保法制=戦争法が成立して、待ってましたとばかりに、南スーダンのPKO活動に派遣されている陸上自衛隊に「駆け付け警護」の任務追加が検討され始めたってね。おそらく集団的自衛権行使容認を閣議決定した時から、最初に仕掛けるのはこれって決めてたんだろうね。すべては安保法制=戦争法成立を既定路線として、アメリカと話し合いがついていたんでしょう。今後は、自衛隊の海外派兵に向けて、一気呵成に攻めてきますよ。中東への派兵だって、そう遠くない時期に具体化されるはずだ。

南スーダンPKO、「駆け付け警護」追加検討

 だからこそ、怒りを持続させて、恒常的にプレッシャーをかけていかなければいけないんだけど、新聞・TVはどうやらそんな動きに水差したくてたまらないらしい。昨日のテレビ朝日「スーパーJチャンネル」はひどいもんでした。国会前を取材してたんだが、待ち行くひとのインタビューも冷ややかな意見ばかりを取り上げ、なかには「あれだけのひとたちはどこ行っちゃったんでしょうね。日本人は忘れやすいから」なんてオヤジの発言を垂れ流す始末だ

 。ああ、思い出しただけでも腹立たしい。いつの時代もこういうひとっているんだよね。戦前もこんなひとたちが大日本帝国バンザイって叫んで、戦争遂行を後押ししたんだね。でもって、戦争に負けたとたんに、あの時は誰も反対できなかったんだって自己弁護に励みだす。映画監督の伊丹万作は「 今度の戦争で だまされていたという。 皆がみな口を揃えて だまされていたという。 私の知っている範囲ではおれがだましたのだ といった人間は まだ一人もいない」と書いたが、国会前で冷ややかにインタビューに答えるオヤジなんかはさしづめその典型なんだろうね。

伊丹万作「戦争責任者の問題」

 各社の世論調査の結果を見ても、内閣支持率は35%前後を確保。おそらく、このくらいの支持率は政権側にすれば想定内。20%台になってたっておかしくないのに、こんな世論調査結果が出てくるとは、暗澹たる思いにかられちまう。メディアの世論調査にはなんらかのバイアスがかかっているとはいえ、こうした結果が一人歩きすることで漠とした世論ってのが形成されていくんだよね。「日本人は忘れやすいから」って他人事のように話すオヤジのような、いわゆるB層ってひとたちは新聞・TVにすぐ乗せられちゃいますから要注意なのだ。

 それに加えて、自民党のネット工作もあるからね。これに関しては、野党の連中はとことん遅れをとってるから、いまのうちに何らかの手を打たないと、来年の参議院選挙だってどう転ぶかわからない。民主党は全国遊説やってるけれど、「NON」の声を上げているひとたちの中には多くのクリエイターがいるんだから、その力を結集して、もっとアーティスティックな運動を展開していく必要があるんだね。もっとも、その前に、民主党は日本会議に所属してる寺田稔、長島昭久、原口一博、前原誠司、松原仁、笠浩史なんて奴らを一掃しなくちゃね。

安保法案反対派は危機感を持つべきだ!インターネットが安保法案賛成派の温床に!?検索上位は安保法案反対派批判ばかり!

最後に、署名のお願い。ひとりでも多くの方のご賛同をお願いします。

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い

|

« PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 | トップページ | 南スーダンの賭け付け警護は中国軍を守るため!?&岸田外務大臣、北方領土問題で赤っ恥&国連人権理事会で翁長沖縄県知事が演説 »

コメント

「安保関連法案採決不存在の確認・・・審議再開申し入れ」に賛同し、署名事項を送信
済みです。

投稿: アル中 | 2015年9月22日 (火) 14時57分

もう、この国は終わり、終わり。
政権御用達マスゴミFNNの世論調査で安保法制の整備については全体の69・4%が「必要」と答え、「必要ではない」の24・5%を大幅に上回った。
なんて答えてるけど、なわけないだろ。
バカも休み休みに言えっつーもんだ。あとの調査は他のマスゴミと似たり寄ったり。
にしても、ネトウヨの執拗な反対派批判は、どうにかならんもんかね。どうせ書き込んでるのは若者だから、いっそのこと徴兵制を導入すればいいんよ。そうすりゃ、ちっとは目が覚めるっつーもんだ。
この国にジャーナリズムというものは、全くもって存在しないに等しい。ホントに極々一部の日刊ゲンダイとか週刊金曜日ぐらいか?
それもゲンダイは雑誌扱いだし金曜日も恐らく赤字なんだろうなぁ

投稿: オクやん | 2015年9月22日 (火) 12時46分

「再開を求める申し入れ」送信しました。

記事の中の伊丹万作の言葉、続きもまた真なりですね。
「だまされたといって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされる。二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ、人間が進歩するわけがない」

投稿: さやこ | 2015年9月22日 (火) 11時25分

クロネコ 様

 またまた、次のような記事を貼ることをご容赦ください。

 http://lite-ra.com/2015/09/post-1516.html

 連休なのに、早朝より労働に勤しんでいましたが、たまたまつけたニュースで貼り付けたサイトで話しているような調査を聞いて、怒り心頭。相変わらずの、印象操作に目が点になりました。
 もちろん、短語さんの記事に集っておられる方は、ご承知でしょうが、「必要」は十分条件にあらず、です。百歩譲って、日本国が平和であるためには、いわゆる戦争法案も、必要かもしれませんが、あくまで様々な必要の一つに過ぎません。そんな法案作るより、戦にならないように外交努力をするとか、その他様々な必要があるでしょうに。そういうことをすべて、シャットして、酷い誘導質問をよくやりますねー。

 そこまでして、富、名誉、社会的栄達、が欲しいんですか、フジ・サンケイの皆さん。

 この記事に同調して、貧民の怒りを押さえることができなくて、コメントさせて頂きました。

投稿: kame | 2015年9月22日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早くも南スーダンに派遣されている自衛隊に「賭け付け警護」検討中&新聞・TVの反安保潰しが始まった。:

» 「月あかりの砂のなかに真実は隠れている」 マスコミが言うことは本当だろうか?と疑うこと。 [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
?神 月あかりの砂のなかに 日和見マスコミは「戦争法案もう決まったわけで」アリバイ工作は終わったから、これからはズミンナンミョーの広報部隊として益々国民洗脳に励むことと思います。 何度でも書きますが 自分の頭で考えること。 マスコミが言うことは本当だろう...... [続きを読む]

受信: 2015年9月22日 (火) 18時56分

« PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 | トップページ | 南スーダンの賭け付け警護は中国軍を守るため!?&岸田外務大臣、北方領土問題で赤っ恥&国連人権理事会で翁長沖縄県知事が演説 »