« 戦争法案に体制翼賛する陣笠議員どもに、粛軍演説に命を賭けた斉藤隆夫の気骨、気概は一生かかっても理解できるわけがない。 | トップページ | 「先ほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、話を聞いていただければと思います」(奥田愛基氏)。これが日本だ、僕らの国会だ。戦争法案を審議する資格なんてあるわけがない。 »

2015年9月15日 (火)

「ホルムズ海峡の機雷掃海は想定せず」(安倍晋三)。てことは、戦争法案の「立法事実」がないってことを認めたようなもんじゃない。それなのに「法案が成立し、時を経る中で理解は広がっていく」だとさ。はんちくな野郎だ。

 昨夜の国会前はやたら規制が厳しく、集会開始の6時30分に歩道を埋め尽くしたひとの波はちょっと危険なほどだった。7時過ぎたあたりから、「道を開けろ」のコールが始まり、騒然とした雰囲気。さすがに警察も抗しきれなくなったんだろうね。歩道を占拠していた人並みが徐々に規制の警官を圧倒して、7時30分過ぎた頃にはとうとう規制線が決壊。8月30日のように、歩道は戦争法案反対の声で埋め尽くされたのであった。

Co3h5otueaaf1go

【大反対】国会前で大規模な安保法制抗議デモ!警察の規制は決壊、大通りにデモ隊が流れ込む!埋め尽くすほどの大人数に!

 そんな国会前の「NON」の叫びを避けるかのように、レレレのシンゾーは7時過ぎには私邸に戻ったってね。さぞかしお腹が痛かったことだろう。それでも、安保法制=戦争法案は強行採決するつもりのようで、「支持が広がっていないのは事実。法案が成立し、時を経る中で理解は広がっていく」って国会でほざいてくれちゃってます。おいおい、衆議院で強行採決した時には、「国民に十分な理解が得られていない。理解が進むよう努力を重ねていきたい」ってのたまっってくれちゃって、「丁寧な説明」ってのを耳タコになるほどに喚いてたんじゃなかったけ。

 それでも支持が広がらないってのは、一般大衆労働者諸君に理解してもらうための説得力が決定的に欠けているってことなんだね。と同時に、レレレのシンゾーや気分は軍人の防衛大臣・中谷君なんかの答弁がいかにいい加減なものか、つまりは法案そのもののいかがわしさってのが一般大衆労働者諸君にはしっかりと理解できてるってことです。

集団的自衛権 ホルムズ掃海「想定せず」 首相、代表例を自ら否定

 昨日の国会では、レレレのシンゾーが集団的自衛権行使容認の根拠としていたホルムズ海峡の機雷掃海について、「現在の国際情勢に照らせば、現実の問題として発生することを具体的に想定しているものではない」って答弁していた。おいおい、ホルムズ海峡の機雷掃海は集団的自衛権行使の代表的な例として、これまで一貫してその正当性を主張する時の理論的バックボーンだったはずだ。気分は軍人の防衛大臣・中谷君の「米艦防護は日本人が乗っているかどうかは関係ない」っていう答弁とあわせて、安保法制=戦争法案の「立法事実」はこれで完全に崩れちゃったんだから、もはや廃案するしか手はないってのが現実なんだよね。

機雷掃海:ホルムズ海峡「現在想定せず」 安倍首相

 ああ、それなのにです。「支持なんかなくったって採決しちゃうもん。後は、時間が経てば忘れてくれるよ」っのが、レレレのシンゾーの腹の中なんだと思う。「熟議の後に決めるべき時には決めなくてはならない。それが民主主義のルールだ」ってことあるごとにレレレのシンゾーはほざくんだが、「支持がなくても、時間が経てば理解は深まる」なんてことを総理大臣が口走ったちゃうのって、どうなのよ、ってなもんです。つまり、「決める時には決める」ってのは結論ありきで事が進むってことで、こうした考えそのものが民主主義じゃないんだよね。

 解釈改憲なんてのはその最たるもので、もう口を酸っぱくして何度も書いてきたけど、集団的自衛権行使容認の閣議決定こそが憲法違反なのだという原点を、17日にもあると噂される強行採決を前にもう一度しっかりと噛み締めてみたい朝であった。

|

« 戦争法案に体制翼賛する陣笠議員どもに、粛軍演説に命を賭けた斉藤隆夫の気骨、気概は一生かかっても理解できるわけがない。 | トップページ | 「先ほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、話を聞いていただければと思います」(奥田愛基氏)。これが日本だ、僕らの国会だ。戦争法案を審議する資格なんてあるわけがない。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

名もなき投資家」のツイッターから

安倍首相の変遷
「国民の命、平和な暮らしを守るために必要不可欠な法案」

「国民に理解して頂けるよう丁寧に説明していく」

「残念ながら、まだ理解されていないようだ」

「理解が進むように努力を重ねていきたい」

「法案が成立し、時を経る中で間違いなく理解が広がっていく」⇦(イマココ)

安保法案は、成立”後”国民が理解できる代物なんだそうです、とツイッター氏。

投稿: 岡目五目 | 2015年9月15日 (火) 20時28分

谷垣が
「金曜夜には仕事帰りのデモ参加者が多い。採決は平日の明るい時間に」
って言ったそうだ。
隠れるようにコッソリと採決しようってさ。
悲しいね、与党幹事長が言う言葉かね。

今日、中央公聴会が開かれるが、応募した「公述人」がなんと95人、しかも全員が反対意見。与党も焦ってるらしい。
で、その中央公聴会イヌ・アッチ・イケーは本日もお決まりの中継なし。

先日、番組中に山本太郎君に「参議院での強行採決は中継するように」と釘を刺されたNHK。
それでもなお、国会より大相撲を優先しますかね?

てか、Eテレあるだろ、サブチャンネルあるだろ。
何のために複数波持ってるんだよ。

投稿: こなつ | 2015年9月15日 (火) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/61616790

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホルムズ海峡の機雷掃海は想定せず」(安倍晋三)。てことは、戦争法案の「立法事実」がないってことを認めたようなもんじゃない。それなのに「法案が成立し、時を経る中で理解は広がっていく」だとさ。はんちくな野郎だ。:

» 僕は「プロレス」の味方です。 [岩下俊三のブログ]
安保法案が「なぜか」スケジュール通り大詰めをむかえている。与党議員からは「野党の抵抗は儀式だから我々与党は”粛々と”進めるだけなので国会は何の心配もいらない」との声す ... [続きを読む]

受信: 2015年9月15日 (火) 21時19分

» 9.14国会前はクレージーな警備陣出動(軍隊並)・でも決壊しました!! [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
今、駆け付けなければ、いつデモに参加するんだ! そんな気になって、夜も仕事だというのに日比谷まで。 法務省は外務省に負けて憲法無視の法案を許してしまった! 日比谷公園の彼岸花。平和の悲願花? 国民の声はここ霞が関や永田町には届かないのか? 写真が...... [続きを読む]

受信: 2015年9月16日 (水) 08時19分

« 戦争法案に体制翼賛する陣笠議員どもに、粛軍演説に命を賭けた斉藤隆夫の気骨、気概は一生かかっても理解できるわけがない。 | トップページ | 「先ほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、話を聞いていただければと思います」(奥田愛基氏)。これが日本だ、僕らの国会だ。戦争法案を審議する資格なんてあるわけがない。 »