« 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 | トップページ | PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 »

2015年9月20日 (日)

共産党が選挙協力呼びかけ。唯我独尊の政党が動いた意味は大きい・・・かも!?

 安保法制=戦争法が成立して、すべては後の祭りって雰囲気になるのがイッチャンまずいことなんだが、なんかしらんけど「敗北」を直視しようなんて声がチラホラ聞こえてくる。東京新聞「こちら特報部」のデスクメモも「敗北を直視したい。相手が勝ったというより、私たちが負けたと感じた」と書く。そうだろうか。権力が数を持っている限りは、法案成立は必然としてやってくるわけで、それでも声を上げようという熱い心こそが尊いことではなかったろうか。「敗北」だなんて感傷に浸っている場合か。東京新聞は昨日の社説で「さあ、選挙に行こう」と呼びかけたじゃないか。それでいいのだ。歩き続けるしかないんだから。

 なんてことをツラツラと考えていたら、なんと共産党が来年の参議院選で野党協力を呼びかけたってね。昨日のエントリーで「野党が党利党略を超えて一枚岩になれるかどうかが問題だ」と書いたけど、早速そうした動きが、しかも共産党から出てきたということは歓迎ですね。パフォーマンスじゃないのって声もないわけではないけど、そんなに斜に構えていても何も変わりませんからね。ここはちょいとばかし期待したい。

共産、他党に選挙協力呼びかけへ 候補者調整を想定

 ちょっと小耳にはさんだところでは、水面下では既にオザワンと話し合いがもたれたらしいなんてこともありやなしや。ま、いずれにしても、これで民主党がどんな対応をしてくるか。昨日も書いたように解党を断行して新たな船出といくのかどうか。デモや集会はこれからも続いていくにしても、最後の戦いの部隊は来年の参議院選挙ですからね。ここで「ねじれ」を起こさないと、右も左も真っ暗闇になちまうんだから、さあ、共産党の決意表明がどうカタチになっていくか。興味津々の、心ウキウキワクワクの日曜の朝であった・・・って、ちょっと楽観的すぎたでしょうか。

 というわけで、ちょっと長いですが共産党の志位君の記者会見全文を紹介して、お後がよろしいようで。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます
     1015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫

 安倍自公政権は、19日、安保法制――戦争法の採決を強行しました。

私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行した安倍自公政権に対して、満身の怒りを込めて抗議します。

同時に、たたかいを通じて希望も見えてきました。戦争法案の廃案を求めて、国民一人ひとりが、主権者として自覚的・自発的に声をあげ、立ち上がるという、戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、そのなかでとりわけ若者たちが素晴らしい役割を発揮していることは、日本の未来にとっての大きな希望です。

国民の声、国民の運動にこたえて、野党が結束して、法案成立阻止のためにたたかったことも、大きな意義をもつものと考えます。

このたたかいは、政府・与党の強行採決によって止まるものでは決してありません。政権党のこの横暴は、平和と民主主義を希求する国民のたたかいの新たな発展を促さざるをえないでしょう。

 私たちは、国民のみなさんにつぎの呼びかけをおこないます。

1、戦争法(安保法制)廃止、安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させよう

 戦争法(安保法制)は、政府・与党の「数の暴力」で成立させられたからといって、それを許したままにしておくことは絶対にできないものです。

何よりも、戦争法は、日本国憲法に真っ向から背く違憲立法です。戦争法に盛り込まれた「戦闘地域」での兵站、戦乱が続く地域での治安活動、米軍防護の武器使用、そして集団的自衛権行使――そのどれもが、憲法9条を蹂躙して、自衛隊の海外での武力行使に道を開くものとなっています。日本の平和と国民の命を危険にさらすこのような法律を、一刻たりとも放置するわけにはいきません。

 戦争法に対して、圧倒的多数の憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁判所長官を含むかつてない広範な人々から憲法違反という批判が集中しています。このような重大な違憲立法の存続を許すならば、立憲主義、民主主義、法の支配というわが国の存立の土台が根底から覆されることになりかねません。

 安倍首相は、〝国会多数での議決が民主主義だ〟と繰り返していますが、昨年の総選挙で17%の有権者の支持で議席の多数を得たことを理由に、6割を超える国民の多数意思を踏みにじり、違憲立法を強行することは、国民主権という日本国憲法が立 脚する民主主義の根幹を破壊するものです。

 私たちは、心から呼びかけます。憲法違反の戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどす、新たなたたかいをおこそうではありませんか。安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させようではありませんか。

2、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう

 憲法違反の戦争法を廃止するためには、衆議院と参議院の選挙で、廃止に賛成する政治勢力が多数を占め、国会で廃止の議決を行うことが不可欠です。同時に、昨年7月1日の安倍政権による集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回することが必要です。この2つの仕事を確実にやりとげるためには、安倍自公政権を退陣に追い込み、これらの課題を実行する政府をつくることがどうしても必要です。

 私たちは、心から呼びかけます。〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟――この一点で一致するすべての政党・団体・個人が共同して、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を樹立しようではありませんか。この旗印を高く掲げて、安倍政権を追い詰め、すみやかな衆議院の解散・総選挙を勝ち取ろうではありませんか。

 この連合政府の任務は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回し、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすことにあります。

 この連合政府は、〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟という一点での合意を基礎にした政府であり、その性格は暫定的なものとなります。私たちは、戦争法廃止という任務を実現した時点で、その先の日本の進路については、解散・総選挙をおこない、国民の審判をふまえて選択すべきだと考えます。

 野党間には、日米安保条約への態度をはじめ、国政の諸問題での政策的な違いが存在します。そうした違いがあっても、それは互いに留保・凍結して、憲法違反の戦争法を廃止し、立憲主義の秩序を回復するという緊急・重大な任務で大同団結しようというのが、私たちの提案です。この緊急・重大な任務での大同団結がはかられるならば、当面するその他の国政上の問題についても、相違点は横に置き、一致点で合意形成をはかるという原則にたった対応が可能になると考えます。

 この連合政府の任務は限られたものですが、この政府のもとで、日本国憲法の精神にそくした新しい政治への一歩が踏み出されるならば、それは、主権者である国民が、文字通り国民自身の力で、国政を動かすという一大壮挙となり、日本の政治の新しい局面を開くことになることは疑いありません。

3、「戦争法廃止の国民連合政府」で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう

 来るべき国政選挙――衆議院選挙と参議院選挙で、戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、連合政府を実現するためには、野党間の選挙協力が不可欠です。

 私たちは、これまで、国政選挙で野党間の選挙協力を行うためには、選挙協力の意思とともに、国政上の基本問題での一致が必要となるという態度をとってきました。同時に、昨年の総選挙の沖縄1~4区の小選挙区選挙で行った、「米軍新基地建設反対」を掲げての選挙協力のように、〝国民的な大義〟が明瞭な場合には、政策的違いがあってもそれを横に置いて、柔軟に対応するということを実行してきました。

 いま私たちが直面している、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすという課題は、文字通りの〝国民的な大義〟をもった課題です。

 日本共産党は、「戦争法廃止の国民連合政府」をつくるという〝国民的な大義〟で一致するすべての野党が、来るべき国政選挙で選挙協力を行うことを心から呼びかけるとともに、その実現のために誠実に力をつくす決意です。

 この間の戦争法案に反対する新しい国民運動の歴史的高揚は、戦後70年を経て、日本国憲法の理念、民主主義の理念が、日本国民の中に深く定着し、豊かに成熟しつつあることを示しています。国民一人一人が、主権者としての力を行使して、希望ある日本の未来を開こうではありませんか。

 すべての政党・団体・個人が、思想・信条の違い、政治的立場の違いを乗り越えて力をあわせ、安倍自公政権を退場させ、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治をつくろうではありませんか。

|

« 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 | トップページ | PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

最大の不幸はふさわしくない人がふさわしくないところに居る事、だと言います。自公の政治屋がまさにそうです。共産党の呼びかけに最大野党の民主党は素早く対応してください。日頃問題意識を研ぎすましていれば、迅速な判断と行動が出来る筈です。元米国駐日ライシャワー大使曰く「日本は蚊取り線香の国だ、スローだし、問題先送りの」もうこの言葉を返上してください。今のおぞましく、貧乏神(国民を不幸にする)の自公議員をやめさせ、新しい健全な国を築くチャンスです。禍を転じて福にして下さい。カナダより応援してます。

投稿: hanazono | 2015年9月21日 (月) 07時44分

共産党が「独自路線」から「協調路線」に転換したことは、それが例え「党勢拡大」を内在していることであっても、当面の「一強多弱」に中にあってはいいことだ。

ただ、民主・維新・民社・なかまが、またぞろ指導権争いなどしていては、国民の期待には応えられない。「太郎」を党首に据えるぐらいの大胆さが望まれる。

「小異を捨て大同」につけるかどうか「多弱」の力量が試される。

ところで、共同通信の世論調査によれば、
〇安保法制は、
〇充分審議されて
いない=79%
審議された=14.1%
充分説明されて
いない=81.6%
されている=13.0%
〇内閣不支持=50.2%
   支持=39.9%
〇戦争に巻き込まれるリスク
高くなる=68%
変わらない=27.1%
低くなる=2.5%

国民が声を上げ続けることは勿論だ。
安保法制はもとより辺野古移設、福一復興、原発再稼働、関東・東北水害復旧、東京オリンピック、伊勢志摩サミット、アベノミクスなど声はいつでもどこでも上げられる。

投稿: 岡目五目 | 2015年9月20日 (日) 21時55分

いつもお世話になります。
勝手に色々とお借りしてブログネタにしております。
タダ読みばかりでコメントもしませんでしたスイマセン

共産党が選挙協力を呼びかけた意味は大きいですね
私たちはどこの党というより、現在行われている
アベ政権に対し、NOと言う人が圧倒的です。
いわゆる無党派と呼ばれていますが、
しかし、キチンと選挙には行き、投票しています。
人一倍色々と考える方が多い。しかしどこの党と
言えるほど、惚れ込んでいる政党はありません。

何としても止めたい戦争法案
国会前で4党党首が握手したように、これしかないと思います。

昨日、3日ぶりに国会前へ行きました。
もう採決は終わりましたが、誰かいるのではないかと
あそこが、私たちの活動の場でもあり、癒しの場でもあるからです。
久しぶりにのんびりと3時間以上過ごしました。
政治談義など、多くの方としました。

ある方が カラーコピー配っています。
思わず、くろねこさんのだ!と言いましたら キョトン?
配っている方は出所を知らないわけです。
たくさん配っていましたよ。「アベニモマケズ」を
これは、集会などに集まる人のバイブルになりますね

もしかしたら、全国色々なところで 配られているのではないでしょうか
これからこそ、アベニモマケズで
諦めない、選挙で落とす、運動を続ける 
その気持ちを維持していくために 必要であると思っています。

投稿: マジョ | 2015年9月20日 (日) 17時14分

共産党が独自候補を立てて結果的に自公を勝たせてしまった現実がある中で
共産党の側から呼びかけたのは大きな意味があります。
統一戦線を組む以外に選挙戦を勝つ術はないので障壁が一つ取り払われたように思います。
あとは民主党でしょうなあ。メンツを捨てて小沢一郎に頭を下げることができるのか・・・。

投稿: junk_in_the_box | 2015年9月20日 (日) 11時43分

 応援しています。
 
 心あるブローガーの方々へ

 もう、我々の前にモデルはありません。お一人お一人が日本生まれの政治システム、経済システム、宗教観を語られるときです。学者や政治家や聖職者などの専門家の専権事項ではありません。
 
 応援しています。

投稿: kame | 2015年9月20日 (日) 11時21分

違憲法案は、可決されても無効。
【憲法第98条】
この憲法は、国の最高法規であつて、
その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、
その効力を有しない。

投稿: kappa | 2015年9月20日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共産党が選挙協力呼びかけ。唯我独尊の政党が動いた意味は大きい・・・かも!?:

» 今日から「落選議員リスト」を毎日3人掲載します。 [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
MJQ 朝日のようにさわやかに Modern Jazz Quartet Softly, as in a Morning Sunrise 今日の東京新聞はよかった。 私はこれを永久保存版として手元に置き、毎日これを眺めながらこの屈辱に耐えていこうと考えています。 「こんなくそったれどもにこの国を壊され...... [続きを読む]

受信: 2015年9月20日 (日) 08時52分

« 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 | トップページ | PG選ばずにトライで勝ちにいったラグビー日本代表のアグレッシブな闘争心を、いま誰よりも学ばなければいけないのが民主党のフランケン岡田だろう。 »