« 朝から戦争法案強行採決前の涙雨。でも、ふるあめりかに袖はぬらさじ&横浜の公聴会で鴻池がヤクザまがいの恫喝。 | トップページ | 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 »

2015年9月18日 (金)

ここまできたら、野党議員は全員辞職で戦わなくっちゃ。

 安保法制=戦争法案の強行採決の様子をNHKの中継で観ていたら無性に腹立たしくなって、急遽、国会前へと駆けつけたのであった。生憎の雨の中、それでも想像以上のひとの波にちょいと感動。警察の規制は日増しに厳しくなっているけど、それに対する妙齢のご婦人たちの意気盛んなこと。国会へと向かう地下鉄で一緒になった、おそらくくろねこよりも先輩と思われるおばさんたちも、「戦争やめよう!」のプラカードを掲げて、おじさんたちより気合入ってたもんね。残念ながら(?)、石田純一のスピーチは聞き逃したけど、実に熱い雨の夜ではあった。

【総力戦】国会前のデモに数万人が大集結!まさかの石田純一氏も登場して盛り上がる!警察はデモ潰しに全力!逮捕は10人以上に増加!

 でもって、NHKの中継なんだけど、休憩中で閑散とした委員会室の様子を流している時に、田中某とかいう記者が「賛否が分かれる法案云々」なんて抜かしとりました。馬鹿言っちゃいけないよ。それを言うなら「大多数が反対する法案」だろう。こういうちょっとした表現に、イヌアッチイケーの御用放送局としての姿が垣間見えるんですね。

 この記者はけっこう札付きという評判は聞いてたんだが、強行採決の瞬間にも、アナウンサーが「鴻池委員長が退出しました。これは散会ということでしょうか? 田中さん、これは採決が行われたということでしょうか?」と振ると、「そうですね、なにが行われたかよくわかりませんが、何らかの採決がされたものとみられます」なんてとぼけたこと言っとりました。

 はあ~ですね。あれはただの混乱、乱闘で、アナウンサーの「これは散会ということでしょうか?」ってのが素直な印象なんだよね。実際、社民党のミズホタンも、「強行採決もどきがあったが、あれは強行採決ではない。何を議題にしていたのか、委員長もわかっていない」っておかんむりでしたから。そもそも、議事録だってまともにとられていないようだから、あの乱闘をして採決って言うのはかなり無理があると思うけどね。

 そんな中で、ひとり薄ら笑いで他人事のように乱闘の渦の外で突っ立ってた倒産寸前の「和民」の渡邉美樹ってのはなんとも象徴的だった。この男にとって政治もビジネススの一環ですから、自分にとって何の利益にもならないことには、いつだって傍観者なんだね。それにしても、この腑ぬけた薄ら笑いってのが、自民党そのものなんだね。ま、そのご尊顔をとくとご覧ください。

20150917182256popi

佐藤正久議員が強行採決時に殴ったと話題に!画像を見ると、思いっきりパンチが入っているんだが・・・

 安保法制=戦争法案成立は時間の問題だろうけど、この怒りを来年の参議院選挙につなげないとね。それと、ここまできたら、野党のセンセイたちは、全員辞職の覚悟で戦わなくちゃいかんだろう。戦い終わって日が暮れてじゃやってられませんからね。

|

« 朝から戦争法案強行採決前の涙雨。でも、ふるあめりかに袖はぬらさじ&横浜の公聴会で鴻池がヤクザまがいの恫喝。 | トップページ | 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

今日のデモでシールズのコールリーダーが
「野党頑張れ!牛歩頑張れ!」
をやって、デモ参加者はそれに呼応しました。
9時散会の後、シールズは国会正面で、その他のグループは国会裏(議員会館側)で、朝まで寝ないで応援叫び続けます。
野党も与党もここまでやられたらなれ合いの出来レース出来ないでしょう。

連休になれば日本国中からデモに参加出来るし、もっと盛り上がる。例え駄目だったとしても「賛成議員は絶対落選させる!」だから野党はなんとしても頑張って今夜持ちこたえてくれ!!ということです。

結果は見えています。だって衆議院を難なく通ったわけですから。国民が黙って見過ごしたんですから。

でも、このまま許すわけにはいかぬ。

「賛成議員は絶対落選させる!」

この言葉を忘れないように。

投稿: kappa | 2015年9月19日 (土) 00時17分

追記
2015年9月18日は、70年来守って来た「平和」を捨て、「戦争をする国」にスタートする記念すべき日になった。

それより、84年前の1931年9月18日は、奇しくも関東軍が「柳条湖事件」を引き起こし、日中15年戦争に突入した日だ。

歴史は、繰り返す・・・か。

投稿: 岡目五目 | 2015年9月18日 (金) 22時15分

「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」は、「継続は力」と言った。その上で「時が経てば理解される」と上から目線で国民を蔑ろにした。

「違憲・安保法制派」は、この言葉を忘れてはいけない。

確かに、今は敗れた。が、「臥薪嘗胆」。
近い将来「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」を
「夫差」にしなければいけない。

  ⇓
http://www.asyura.us/imgup/01/d2015/1535.jpg

「臥薪嘗胆」は「勾践」だけのものではない。

投稿: 岡目五目 | 2015年9月18日 (金) 21時35分

レレレのシンゾーの存在そのものがペテンで法案もペテンだから採決も狂乱強行のペテンだ。民主の福山などは愛人スキャンダル大王・鴻池を「野党の意見(地方公聴会開催…)に耳を傾けて貰った」と持ち上げてたんだからアホか!
ところがスットコドッコイ、鴻池をレレレ一派がガードしてアッと言う間の強行採決だ。あかりちゃんとかいうアマっこに論破されたヒゲづら佐藤正久など民主小西にゲンコツ喰らわしたが、コイツに懲罰動議出して時間稼ぎやれ。地方在住としては連日国会前などデモ参加の皆さんご苦労様!

投稿: アル中 | 2015年9月18日 (金) 16時05分

昨日は結局夕方5時までNHKをつけっぱなしでした。
アリバイ作りなのか、今までのお詫びなのかは知らんが、福山君、大塚君、福島君、山本君等が、とうとうとこの法案の欠陥、安倍内閣の酷さを訴えられたのは良かった。

にしてもだ、あの田中って記者はなんなんだ?
最近岩田明子が出てこないので、気分がやわらいでいたのに、また変なヤツが湧いてきた。
やっぱ、政治部にいるとおかしくなるのかね。

そんなことより、あの混乱を採決なんて認めちゃいけません。
今までにも強行採決って数々あったけど、それでも委員長がなんか叫んでいるのは聞こえていた。
今回はなにも聞こえないし、委員長も見えないし・・・
そんな時に、「採決されました」なんてTV局が言ったり、テロップ流しちゃダメだろ。
「どう見てもこれは採決とは言えませんね」っていうのが普通の感覚だろ。

各社揃って「採決とは言えない」とキャンペーン張れば・・・
無い物ねだりとは思いますがね。

でもね、一応国会ですからね。
採決の有効性について検証しなきゃまずいだろ。

で、参議院では本会議での討論の時間制限の緊急動議が可決って噂だし、少数意見の発言に時間制限をかけるナンザ、もう言論の府ではありません。

安倍政権を倒すしかない。

投稿: こなつ | 2015年9月18日 (金) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまできたら、野党議員は全員辞職で戦わなくっちゃ。:

« 朝から戦争法案強行採決前の涙雨。でも、ふるあめりかに袖はぬらさじ&横浜の公聴会で鴻池がヤクザまがいの恫喝。 | トップページ | 「さあ、選挙に行こう」。そのためには、野党が党利党略を超えてどこまで一枚岩になれるかが問題だ。 »