« 南京大虐殺が世界記憶遺産登録で大騒ぎ。いっそのこと、東京大空襲も大量無差別殺人ってことで申請したらいいんじゃね。 | トップページ | 金出さないぞってユネスコを脅すとはなんて下品な奴らだ&いま改めて問われる岸信介の「売国」 »

2015年10月12日 (月)

参議院強行採決の議事録を捏造!?&デモが嫌だから臨時国会や~めた。

 ハッピーマンデーだかなんだか知らないけど、体育の日はやっぱり10日だろうとつぶやいてみる月曜の朝である。

 ところで、安保法制=戦争法を強行採決した時の議事録が「聴取不能」だったはずなのに、いつのまにか「(安全保障関連法制の)質疑を終局した後、いずれも可決すべきものと決定した。なお、(安保法制について)付帯決議を行った」って文言が与党の判断で付け加えられてたってね。ようするに、議事録の捏造です。

安保法「聴取不能」の議事録 与党判断で「可決」追記

 強行採決の様子はNHKの国会中継で観ていたけど、スキャンダル大王・鴻池君が委員長席に着席したとたんに与党の連中がドドっと押し寄せて、それからはただ混乱あるのみ。ハッキリ言って、TVの音声では怒号ばかりで、委員長の声なんかまったく拾ってませんでしたからね。だからこそ、「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の続行を求める申し入れ」に多くのひとが賛同しているのだ。

Photo

 それを、勝手に議事録に手を加えるなんて・・・検察改革の声が上がるきっかけとなった郵便不正事件による検察の証拠捏造とやってることは変わりありません。立法府がこんなにも無法状態で、民主主義もへったくれもあったもんじゃない。一番の問題は、こうした状況を法的に裁くシステムがないってことだ。数さえ持ってりゃ、政権ってのはやりたい放題しても何のお咎めもなしだなんて、議会制民主主義ってのは実に脆弱なもんなんですね。

 そんなんだから、内閣改造しても臨時国会開かずにトンズラしようなんてことができちゃうんだね。二枚舌の猪八戒・枝野君は憲法53条「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」を使うかもなんて示唆しているようだけど、さっさとやりやがれだ。口先だけってのが民主党の最悪なところで、「機を見るに敏」じゃなくて「窮すれば鈍する」ばかりなんだから阿呆らしくなってくる。

【税金泥棒】「国会やってもいいことないし~、やったらまたデモやられるのは安倍総理嫌だろうし~」by自民幹部&公明幹部

 気分だけは軍人の防衛大臣・中谷君は安保法制=戦争法の審議が「説明不足だった」ってほざいてるんだから、臨時国会でとことん追及しなくちゃいけない。ごまめの歯ぎしりの変節もいじめがいがありそうだし、なによりも文科省の元暴力教師タッグチームなんか攻めどころ満載でしょう。暴力団との黒い噂のある大臣もいるようだし、そう考えればペテン総理が臨時国会開きたくない気持ちもわかろうというものだ。へたすりゃ、お腹痛くなって自爆しちゃうかもしれませんから。

第3次安倍改造内閣 閣僚の横顔 (留任を除く)

 だからこそ、口だけじゃなく、本気になって憲法53条使って攻め立てなくちゃいけない。衆議院で4分の1集めるには維新の党が鍵になるんだが、それ次第では野党共闘の可能性にも繋がっていくんだから、腹を据えてやりやがれ・・・なんて悪態ついたところでお後がよろしいようで。

|

« 南京大虐殺が世界記憶遺産登録で大騒ぎ。いっそのこと、東京大空襲も大量無差別殺人ってことで申請したらいいんじゃね。 | トップページ | 金出さないぞってユネスコを脅すとはなんて下品な奴らだ&いま改めて問われる岸信介の「売国」 »

安倍晋三」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

昔は「末は博士か大臣か」なんていったもんですけどね。
これほど落ちこぼれのようなのとか節操のないのや頭の悪いのが結集するとは…。
暗澹たる思いです。どうしたらまともな日本になれるのかなあ。

投稿: さやこ | 2015年10月12日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/62010716

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院強行採決の議事録を捏造!?&デモが嫌だから臨時国会や~めた。:

« 南京大虐殺が世界記憶遺産登録で大騒ぎ。いっそのこと、東京大空襲も大量無差別殺人ってことで申請したらいいんじゃね。 | トップページ | 金出さないぞってユネスコを脅すとはなんて下品な奴らだ&いま改めて問われる岸信介の「売国」 »