« 元陸上自衛隊東部方面総監のロシア武官への機密漏洩は、そこらの役人が公共事業の入札情報を漏らすのとはわけが違う。 | トップページ | 中古の無人偵察機グローバルホーク3機に1500億円。新国立競技場が建っちまう大金だ。これだから、戦争ビジネスは止められない。 »

2015年11月23日 (月)

芥川龍之介は「ぼんやりとした不安」で自らの命を断ったけど、大阪は「ぼんやりとした民意」で維新の軍門に下ったか。

 いやはや、大阪は維新を選択したか。その選択をとてもじゃないが理解できないけど、これが大阪の民意ってやつなんだから仕方ない。東京だって、レイシスト石原に4期13年も都政を任せちゃったんだから、他人様のことをとやかく言えた義理ではない。

<大阪ダブル選>大阪維新が圧勝…都構想、再挑戦へ

 でも、維新が勝ったことで何が嫌って、ペテン総理や貧相顔の官房長官・菅君なんかがさぞかしニヤついているだろうってことだ。新聞・TVは早くも「野党再編に影響か」なんて煽り始めているように、お子ちゃま市長・橋↓君はこの勝利を手土産にペテン総理との関係をいっそう堅固にしていくことだろう。是々非々というよりは自民党の補完勢力として、改憲にも手を貸していくことは間違いない。

 大阪ダブル占拠の結果を教訓として、来年の参議院選挙に向けて民主も共産も生活も社民も本腰入れた共闘体制を築いていかないと、それこそペテン総理一派の思う壺ですよ。大阪ダブル占拠に敗北したのも、維新への対抗軸を明確な形で示せなかったことが原因ですからね。投票率の低さも、大阪のひとたちの政治への無関心だけが理由なんじゃなくて、そうした民意を掬い上げることができなかった反維新勢力の責任でもある。

・東京新聞社説
W選後の国政 野党は連携に知恵絞れ

 ああ、それなのに、民主党のつむじ曲り・長島君なんか自らが主催した特別セミナー「これが我らの野党再編・政権奪還戦略だ!」に、櫻井よしこ、平沢勝栄なんてのを呼んで挨拶させてるってんだから、何をかいわんやなのだ。ブログ「晴天とら日記」さんによれば、長島昭久はこんなことをfacebookでのたまってたってね。

 今日は、EMPOWER JAPAN! 2015 特別セミナーを開催。
 「これが我らの野党再編・政権奪還戦略だ!」と題して、
 細野豪志政調会長と馬淵澄夫副幹事長とともにパネルディスカッションを行いました。
 (1)民主党が抱える根本問題、
 (2)野党再編の旗印は何か、
 (3)政権奪還戦略をどう描くのか、について激論を交わしました。
 懇親会には櫻井よしこさんも駆けつけてくださり、
 乾杯の音頭は先週北京へご一緒した平沢勝栄先生が快く引き受けてくださった。
 月曜のお昼時にもかかわらず300人を超える皆さんにご参加いただき、
 また、党派を超えて多くの同志が集ってくださり、
 本気で政権を狙える「第二極」づくりへ大きな弾みがつきました。感謝。
  
 何が「本気で政権を狙える第二極」だ。こういう輩がいるから民主党ってのはお下劣な政党になっちまったんで、前原、細野、野田、松原なんかとお手手つないで自民党に鞍替えすりゃあいいじゃねえか。おおさか維新もそうだけど、野党面しながら心は自民って手合いが多すぎるんだね。こういう輩が「ぼんやりとした民意」に乗じて、政局を混乱させる。ま、百害あって一利なしってのは、こういうことを言います。

 かつて、大平正芳と総裁選を争った福田赳夫が、現職の総裁として自民党史上唯一の敗北を喫して、「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな」と嘆息したことがあったけど、そんな言葉が身にしみる晩秋の切ない朝であった。

|

« 元陸上自衛隊東部方面総監のロシア武官への機密漏洩は、そこらの役人が公共事業の入札情報を漏らすのとはわけが違う。 | トップページ | 中古の無人偵察機グローバルホーク3機に1500億円。新国立競技場が建っちまう大金だ。これだから、戦争ビジネスは止められない。 »

橋下知事」カテゴリの記事

維新の会」カテゴリの記事

コメント

「ぼんやりした不安」ではなく、今や「確定的な不安」を
抱えながら、命を絶つほどの勇気もなくおろおろと惑うばかりだ。

スイスの新聞から

「さよなら、日本の平和主義」
(長坂道子訳・ときどき日記から趣旨のみ)

この国の(安保法制)決定は、歴史に残ることになるだろう。
なぜなら、日本はこれによって、憲法に保障された平和主義のページをめくることになるだろうから。

保守派の総理大臣の衝動のもと、
日本は、外交の道具としての戦争放棄を放棄することになる。

これは激変である。日本はこれまで、戦争を放棄してきた
地球上唯一の大国だった。
この平和主義は、軍事力による解決を少しずつ
断念しようという方向に向かってきたこの世界にとって、
いわばアバンギャルドとして通用してきていた。
だが、そのユートピアは崩れ去った。

(そうした)事情を承知の上で、安倍晋三に国会での圧倒的多数を与えた国民のマジョリテイにとって、それは日本が「普通の国」に
なる権利を行使することを意味していた。

つまり、国外で捕虜になった同国人を救うため軍隊を送ることができる国、軍事同盟に参加する国、他の国々と同じように戦争ができる国、という意味である。

日本のこの平和主義放棄は、世界が軍事頼みに夢中になり、
最悪の事態を予想させる流れになるのだろうか。

以上。


平和のためには戦わねばならないのだ。
小さな声でも出さねば聞こえないのだ。

投稿: 岡目五目 | 2015年11月24日 (火) 00時26分

確かに東京も、そして私が住む埼玉も知事は日本会議会員だってんだから、どうにもならんわな(怒)
この国は最早戦前回帰にまっしぐらってこっちゃ!!
ハシシタは福祉削るのだけは得意らしい、、。
高校生に質問されたら、高校生に関係ない大人の問題を逆質問してはぐらかす。
こういう流れを止める方法は無いのかねェ、、。
ミンスも改憲派イッパイ居るしなァ、、。

投稿: 武尊 | 2015年11月23日 (月) 21時15分

おおさか維新の害を選択した大阪府市民はブタ箱の奴隷を望んだ訳ですか?テレビで勇ましい妄言を吐く連中が跳梁跋扈する処に対随する大阪府市民の良識は死んだ…

投稿: 安打製造屋 | 2015年11月23日 (月) 10時35分

(予想のお陰でワイド5-10ゲットも馬券収支低下)
大阪ダブル選圧勝にはビックリだ。お子ちゃま橋↓が息吹き返し、ペテンシンゾーもニンマリだろ。ドロ舟民主がグダグダやってる始末では、参院選野党惨敗となるとペテン独裁完成か?エライこっちゃ。
ペテンシンゾー党の“別動隊” お子ちゃま橋↓一派の勢力拡大→自公+おおさか維新で参院選(衆参ダブル選)圧勝→緊急事態条項、共謀罪創設…→“物言えば唇寒し”戦前回帰まっしぐらか?エライこっちゃ。

投稿: アル中 | 2015年11月23日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/62638981

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川龍之介は「ぼんやりとした不安」で自らの命を断ったけど、大阪は「ぼんやりとした民意」で維新の軍門に下ったか。:

« 元陸上自衛隊東部方面総監のロシア武官への機密漏洩は、そこらの役人が公共事業の入札情報を漏らすのとはわけが違う。 | トップページ | 中古の無人偵察機グローバルホーク3機に1500億円。新国立競技場が建っちまう大金だ。これだから、戦争ビジネスは止められない。 »