« TPP全文和訳の暫定版公表。確定版は署名後って、舐めとんのか。契約書読まずにサインするバカがどこにいる。 | トップページ | 内閣支持率54%。結局のところ、安倍ペテン政権の生みの親は国民なんだということがよくわかる数字だ。 »

2016年1月11日 (月)

「みっともない憲法ですよ、はっきり言って」と自国の憲法を罵った世襲政治屋が企む「改憲」なんて、それだけでロクなもんじゃない。

 年明けの年頭記者会見を手始めに、年明け早々からいたるところでペテン総理は「改憲」を口走っていたんだが、ついにNHK『日曜討論』で「(憲法)改正の発議に必要な3分の2の議席の確保を目指す」と明言した。これってとても重大な宣言だ。憲法遵守義務もなんのその、総理大臣が「憲法変えます」って言い切ったんだからね。

 しかも、「与党だけで3分の2の確保は大変難しい。自民党、公明党以外にも、おおさか維新の会もそうだが改憲に前向きな党もある。自公だけではなく改憲を考えている前向きな、未来に向かって責任感の強い人たちと3分の2を構成していきたい」って、仲間に向けてもエールを送っている。「改憲」することが「未来に向かって責任感の強い」ことにどうつながるのか、ホント、わけわかんない男だが、ひとつ言えることは、「みっともない憲法ですよ、はっきり言って」と現行憲法を罵るような世襲政治屋が企む「改憲」なんてのはそれだけでロクでもないってことだ。

安倍首相 “改憲勢力で3分の2の議席確保を”

「みっともない憲法、はっきり言って」安倍・自民総裁

 実際、ではどこをどう「改憲」するのかってことになると、言葉を濁しちまうんだね。9条が本丸ってのは誰もが想像つくことだけど、それをベタで口にしちゃったら公明党あたりからブーイングが起きるのは間違いない。だからなんだろう、自民党憲法改正推進本部長の政界の失楽園・船田元君は「第1回目の憲法改正の国民投票は2年以内に行う。第1回目は環境権、財政の健全化、緊急事態云々」なんてことを去年の春頃から口にしている。「お試し改憲」ってやつだ。

 この発言で注目すべきは、「緊急事態」ってくだりだ。このところペテン総理もよく口にする「大規模災害時の緊急事態要項」ってやつがこれなんだね。「大規模災害時の」って枕詞はついているけど、実はこれこそが「改憲」の目的で、これが成立しちゃえば9条なんてのはどうにでもなる。

 自民党の改憲草案の98条、99条の「緊急事態の宣言」および「緊急事態の宣言の効果」にはこうある。

1)内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる(98条1項)

2)緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。(99条1項)

3)緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。(99条3項)

4)緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。(99条4項)

自民党改憲草案

自民党憲法改正案の緊急事態条項が、スターウォーズよりヤバい4つの理由

 つまり、「緊急事態要項」ってのは、いつでも「戒厳令」が敷けますよってことなのだ。「緊急事態」が宣言されれば「私権の制限」なんてのは朝飯前。これこそが「緊急事態要項」の本質ということだ。ペテン総理が喚く「改憲」のターゲットは、「緊急事態要項」であることは間違いないわけで、9条ばかりにとらわれていると足元すくわれることになりますよ。

 「みっともない憲法ですよ、はっきり言って」と現行憲法に牙を剥くその心根こそがまずは批判の対象にならなくてはいけないのに、そこはスルーして「改憲」に一足飛びでああでもないこうでもないとゴタクを並べるメディアや御用評論家、御用タレントってのはきっと「改憲」の暁には何らかのご褒美が待ってるんでしょう・・・って、いつもの妄想ですけどね。

 ペテン総理が掲げる政策のすべてがこの夏の参議院選挙対策なんであって、おそらく選挙間近には「消費税増税先送り」なんてことも言い出すに違いない。でもって、衆参同時選挙になだれ込む。それを阻止するためには野党はどうあるべきか・・・これがなんともはやの体たらくなんだから、「俺たちに明日はない」今日この頃なのだ。

|

« TPP全文和訳の暫定版公表。確定版は署名後って、舐めとんのか。契約書読まずにサインするバカがどこにいる。 | トップページ | 内閣支持率54%。結局のところ、安倍ペテン政権の生みの親は国民なんだということがよくわかる数字だ。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

コメント

無題
🎼
あなたを待てば、札が来る
濡れ手に粟の、闇の金
ああ、ビルの十階、S・ルーム
秘密保護法何んのため
甘いささやき
あなたと私の合言葉
緊急事態でいきましょう。

以下略
なんか脈絡がないねェ。

投稿: 岡目五目 | 2016年1月11日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/63412564

この記事へのトラックバック一覧です: 「みっともない憲法ですよ、はっきり言って」と自国の憲法を罵った世襲政治屋が企む「改憲」なんて、それだけでロクなもんじゃない。:

» 井上ひさし・こまつ座「きらめく星座」 と 「九条の会」 [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
燦めく星座(改定盤)灰田勝彦 ■ストーリー 時は太平洋戦争前夜昭和15年から16年の東京、浅草のレコード屋オデオン堂の家族と、広告文案家の下宿人は皆、音楽大好きな一家である。しかもその音楽は『仮想敵国のジャズ』であったり、『軟弱な流行歌』であったり...... [続きを読む]

受信: 2016年1月11日 (月) 16時30分

« TPP全文和訳の暫定版公表。確定版は署名後って、舐めとんのか。契約書読まずにサインするバカがどこにいる。 | トップページ | 内閣支持率54%。結局のところ、安倍ペテン政権の生みの親は国民なんだということがよくわかる数字だ。 »