« 安保法制=戦争法施行。今日を境に日本はとんでもなく危険な時代へと一歩踏みだしたことは間違いない。 | トップページ | 安保法廃止法案の審議をしないのは国民に対する背信行為だ&子宮頸がんワクチン副作用に集団訴訟。三原じゅん子と松あきらの責任は重大だ。 »

2016年3月30日 (水)

「安保法廃止なら日米同盟損なう」(安倍晋三)。はて面妖な。だったら、アメリカから戦争参加の要請あったら断れなくなっちまいますぜ。おい、どうなんだよ、どうするんだよ!

 このところペテン総理が安保法制=戦争法について語る時、「安保法制を廃止すれば、日米同盟の絆は大きく毀損される」ってしつこいほどにのたまってくれる。法案が施行された昨日の記者会見でもシレッと口にしていたんだが、はて面妖な。安保法制=戦争法ってのは、「国民の生命と財産を守る」ことがそもそもの目的だったはずだ。そのために、紙芝居まがいのイラストボードを持ち出して、「まさに紛争国から逃れようとしている、お父さんやお母さんやお爺さんやお婆さん、子どもたちかもしれない、彼らが乗っている米国の船を、今、私たちは守ることができない」って喚いていんだじゃなかったっけ。

 でも、それだって日本を防衛する米艦の防護は個別自衛権の範囲できるというのこれまでの政府見解だったんだね。もっとも、ペテン総理が喚いたような米艦による邦人保護なんてことは絵空事なんだが・・・それはさておくとして、集団的自衛権は存立危機事態を政府が認定した時に初めて行使でき、仮にアメリカから「一緒に戦争しようぜ」ってお誘いを受けても、「日本は独自に判断する」ってのがペテン政権の見解だったはずだ。

 でも、「法廃止なら日米同盟損なう」ってんなら、そもそも「日本独自の判断」なんかそこでは何の意味も持たないんじゃないのか。安保法制のまやかしを追求し続ける元内閣官房副長官の柳沢協二氏は、「安保法でできる活動を米国に要請され、政策判断で断れば、もっと『同盟を毀損」するだろう。首相の説明は『対米追随』という安保法の本質を物語っている」と今朝の東京新聞に書いていたが、それが真っ当な意見というものだ。

「安保法廃止なら日米同盟毀損」 参院予算委で首相が反論

 「北朝鮮のミサイルなどを考えると安保法も仕方ない」なんて街の声をTVは性懲りもなく流しているが、こんなのは個別的自衛権の範囲内のことで集団的自衛権とはまったく関係ない。「危険なお隣の国もあることだし」なんて意味のことを口走って、室井佑月に「それって個人的自衛権の問題じゃん」って軽くいなされ大恥かいた元相撲取りがいたが、集団的自衛権と個別的自衛権の違いもわからないような一般大衆労働者諸君がいまだに存在し、そしてそうしたひとたちがペテン総理の「法廃止なら日米同盟損なう」って呪文にまんまと引っかかるのがなんとも歯がゆい今日この頃なのだ。

・田中龍作ジャーナル
戦争法制施行 国会前の怒気再び

|

« 安保法制=戦争法施行。今日を境に日本はとんでもなく危険な時代へと一歩踏みだしたことは間違いない。 | トップページ | 安保法廃止法案の審議をしないのは国民に対する背信行為だ&子宮頸がんワクチン副作用に集団訴訟。三原じゅん子と松あきらの責任は重大だ。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

個別的自衛権が個人的自衛権になっちまってますよ(笑)
まぁ、それでもイイような気もしますが(笑)落ちるなら『アベシンゾーの頭の上にだけ』落ちて貰いたいもんだ!!

投稿: 武尊 | 2016年3月30日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安保法廃止なら日米同盟損なう」(安倍晋三)。はて面妖な。だったら、アメリカから戦争参加の要請あったら断れなくなっちまいますぜ。おい、どうなんだよ、どうするんだよ!:

« 安保法制=戦争法施行。今日を境に日本はとんでもなく危険な時代へと一歩踏みだしたことは間違いない。 | トップページ | 安保法廃止法案の審議をしないのは国民に対する背信行為だ&子宮頸がんワクチン副作用に集団訴訟。三原じゅん子と松あきらの責任は重大だ。 »