« 「巫女のくせに」発言の危うさは、女性蔑視という視点だけではない。「改憲勢力としての神社」という意識がどこかで働いていたのでは・・・。 | トップページ | 民進党はいまこそ、野田、前原、松原の首を切れ! そして、一刻も早く「消費税増税凍結」「アベノミクス失敗の責任を取れ」と声を上げるべきだろう。 »

2016年3月27日 (日)

安保法制=戦争法施行目前に、ジンワリと広がる自衛官家族への締め付け。

 代々木公園で開催された反原発を訴える集会に3万を超える市民が結集。地道に一歩づつ前進することが、ペテン総理にはイッチャンの脅威なんだから、とにかくひるまずに歩き続けることだ。こうした集会をメディアが取り上げるようになったのも、「継続は力なり」の結果ってことです。

東京・代々木公園に3万5000人

 ところで、29日の戦争法の施行を前に、日本労働弁護団が東京都北海道で自衛官やその家族を対象とした緊急電話相談を実施したってね。これまでも何度か実施されているんだが、今回の相談の中でちょいと気になったのが夫が事務官という女性の相談だ。

「私がデモに参加したり選挙運動したりした場合、夫に何か不利益があるのか知りたい。今回の相談の情報が外に漏れないかとても心配している」

 この相談からもわかるように、自衛官はもとより、その家族への締め付けってのはかなりのものがあるんだろうね。代々木公園の反原発集会に妻が参加したなんてことが発覚したら、その夫たる自衛官は駆けつけ警護で即、海外派兵ってことになるかもしれない。お隣の国ではちょいと権力者から睨まれたら、一族郎党皆殺しなんてことが噂されているけど、それに似たようなことが日本でも起きる危険性があるってことだ。そうやって、暗黙のうちに言論弾圧がジンワリと広がっていく。

 ペテン総理は防衛大の卒業式で、「『事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える』。この宣誓の重さを、私は、最高指揮官として、常に、心に刻んでいます。(中略)諸君は、この困難な任務に就く道へと、自らの意志で進んでくれました。諸君は、私の誇りであり、日本の誇りであります」なんてことを得意満面で訓示したそうだが、自衛官をまるで「私兵」のように扱う総理大臣のもとでは、「銃後の守り」であるその家族への締め付けを強化していくだろうことは容易に想像がつく。

安倍首相が防衛大卒業式で自衛隊を「私兵」扱い…裏では任官拒否者の隠蔽工作や自衛隊“皇軍化”も進行中

 ペテン総理ごときの「誇り」のために他国の戦争に駆り出されてはたまりませんよ・・・ってのが、多くの自衛官やその家族の思いなんじゃないのかねえ。ペテン政権を倒すためには、現役の自衛官、それも防衛大出身の幹部の中から「アベ政治を許さない」って声が上がったら面白いんだけど。もっとも、そうなったらクーデターか。ペテン総理のような悪逆非道な政治ってのは、そんな危険性すらも孕んでいるってことなんだね。いろんな意味で恐ろしい政権に国を委ねてしまったものだ。

【くろねこの競馬予想】

 大混戦の高松宮記念。先に行きたい馬がかなりいるから、相当流れは速くなるはず。となれば、差し馬に有利なレース展開か。というわけで、中心はスノードラゴン。相手はビッグアーサーとアルビアーノ。前残りで怖いのがミッキーアイル。一発大駆けならローレルベローチェか。
◎スノードラゴン、○ビッグアーサー、▲アルビアーノ、△ミッキーアイル、ローレルベローチェ

|

« 「巫女のくせに」発言の危うさは、女性蔑視という視点だけではない。「改憲勢力としての神社」という意識がどこかで働いていたのでは・・・。 | トップページ | 民進党はいまこそ、野田、前原、松原の首を切れ! そして、一刻も早く「消費税増税凍結」「アベノミクス失敗の責任を取れ」と声を上げるべきだろう。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

>私の誇りであり
お前の誇りでどうするんだよ!
国民の誇りなら、まだ分かるけどね、、。
まぁ、どちらにしろ海外に戦争の為に出て行って欲しいとは思わないわな。
私は保安隊まで戻すことを推奨しています。そうすれば先ずは専守防衛以外無くなります。そこに災害派遣や完全に駆けつけなどは拒否し、警察権まで付与のPKO派遣部隊を分割創設する。この様に現自衛隊の改組をするべきだと思っています。何セ組織が大きくなり過ぎました。

投稿: 武尊 | 2016年3月27日 (日) 19時08分

昭和32年、第一回防衛大学校卒業式での吉田茂の訓示
(と言われる)。


君達は自衛隊在職中
決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。

御苦労だと思う

しかし
自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは外国から攻撃されて国家存亡の時とか災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ

言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが国民や日本は幸せなのだ

どうか、耐えてもらいたい。

「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」とはえらいちがいやなァ。

投稿: 岡目五目 | 2016年3月27日 (日) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/64669454

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制=戦争法施行目前に、ジンワリと広がる自衛官家族への締め付け。:

» 1%の大企業・組合員相手の政治か?99%の国民のための政治か?民進党はどこに行く??? [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
民進党が結党大会を開催した。 野党がまとまるというならば、というよりは安部ゲリナチス政権を止めるというのならばそれは結構な話で文句はない。 ただし、私を含め多くの国民にはすっきりしない、期待できない、よくわからないという意見が多い。 なんでだろうと考えた...... [続きを読む]

受信: 2016年3月28日 (月) 05時10分

« 「巫女のくせに」発言の危うさは、女性蔑視という視点だけではない。「改憲勢力としての神社」という意識がどこかで働いていたのでは・・・。 | トップページ | 民進党はいまこそ、野田、前原、松原の首を切れ! そして、一刻も早く「消費税増税凍結」「アベノミクス失敗の責任を取れ」と声を上げるべきだろう。 »