« 憲法記念日に改めて思う・・・「みっともない憲法」と口にしてはばからない愚か者の存在自体が憲法違反だろう。 | トップページ | 百田尚樹製作総指揮の「改憲PR映画」がばら撒く嘘八百! »

2016年5月 4日 (水)

オベンチャラ番組を平然と垂れ流して、ペテン総理の野心や思惑の旗振り役をするTV局と「喜び組」のタレントたち。

 ちょいと歴史ネタをひとつ。なんでも、「士農工商」「四民平等」という記述はいまの教科書からは削除されてるんだとか。さらに、鎌倉幕府も「1192年(イイクニ)」ではなくて「1185年(イイハコ)」なんだとさ。いやあ、生粋の昭和生まれの昭和育ちとしては、なんとも釈然としないんだが、これが現在の歴史認識なんだとか。そっか、ペテン総理の歴史修正主義を批判するのは当然としても、同時に基本的な歴史の基礎知識とやらを見直すことも大切かもね。

「士農工商」という身分制度は存在しなかった?教科書から消えたと話題に

 でもって、そのペテン総理なんだが、案の定、昨日の改憲派団体の集会にビデオメッセージを寄せて、「今の憲法には自衛隊という言葉はない。本当に『自衛隊は違憲かもしれない』と思われているままでいいのか」「憲法に指一本触れてはならない、議論すらしてはいけない、といった思考停止の姿勢に陥ってはいけない」「今後ともこれまで同様、憲法改正を訴えていく」と改憲を煽ったってね。

安倍首相、9条改正に意欲=改憲派集会にビデオメッセージ

 昨日のエントリーでも書いたけど、現役の総理大臣が「改憲」を煽るというのは、どう考えても憲法99条(「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。」)違反じゃないのかねえ。

 そもそも、改憲の発議は「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」って憲法96条で規定されている。「改憲」するかどうかは国民の負託を受けた国会がすることであって、つまり国民自らの意思としてなされるものであって、権力者=総理大臣が己の野心や思惑によってとやかくてきるものじゃないんだね。

 だから、メディアの世論調査で「改憲は必要か」って質問するもおかしなものなのだ。「改憲」を語るなら、「どの条文をどう変えるのか」ということが大前提としてなくてはならない。昨日のNHKの討論番組で、ゾンビ高村君が「時代が変わるたびにそれに合わせて憲法を変えるのは当たり前だ」ってのたまったそうだが、こうした憲法を一般の法令と同列に扱うような意見がイッチャン危険なんだね。憲法というのは権力を縛るもので、時代が変わったからって権力者がどうこうできるものではない。憲法で縛られるはずの権力者が、その枷をはずそうと「改憲」を喚くなんてのは正気の沙汰ではないのだ。

 ところで、熊本・大分大地震が発生して放送中止になっていたペテン総理へのオベンチャラ番組が1日に放映されて、その中で松本人志はこんな発言をしたそうだ。

(これより引用)

「僕やっぱりあのー、おじいちゃん子だったんですね。で、小学生ぐらいのときにまあ僕のおじいちゃんは亡くなったんですけど、でもおじいちゃんのことが大好きで、やっぱりおじいちゃんたちが守ってきたなんかこの日本ていうのが僕はやっぱり大好きなんですよ。ついつい人は未来のことばっかり言うんですけど、でもなんか過去の人たちが今の日本を見たときに、ああよかったなあ、がんばっただけのかいあるなあて思ってもらわないと、これはもう未来なんてないと思うんですね。だからなんか僕はこう……なんつーんですかね、どこの国にも指図されたくないし、もうどこの国にも謝ってほしくないなって思うんですよ」

(引用終わり)

 さらに、少子化、待機児童問題に絡んで、喜び組のタレントは、「産めれば産めるほど産みますよ。国に貢献したい。身体の限界が来るまで産みます」「今の安倍さんの話を聞いて、私もちゃんと子どもを産んで、しっかりお母さんにならなきゃと思いました」とまで言い放ったとか。

安倍首相出演『ワイドナショー』はまるで接待番組だった! 松本人志は「おじいちゃんが守ってきた国が好き」の迎合発言

指原莉乃、安倍首相の前で「身体の限界くるまで産みます」発言! 賛否よそに″世渡り力″に絶賛の声

 こういう番組こそ「公平中立」を逸脱しているはずなのに、そよとも批判の声が上がらない。現役の総理大臣が「改憲」を喚く背景には、こうしたメディアのヘタレ振りがあるわけで、おそらくこうした流れはますますエスカレートしていくに違いない。もはや鮨友のレベルを超えて、メディアはペテン総理の野心や思惑を実現するための旗振り役に成り下がっちゃってるってことだ。ああ、情けない。

|

« 憲法記念日に改めて思う・・・「みっともない憲法」と口にしてはばからない愚か者の存在自体が憲法違反だろう。 | トップページ | 百田尚樹製作総指揮の「改憲PR映画」がばら撒く嘘八百! »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

「幇間」は「幇間」だから、あのくらいの事を言わねばご主人様から一封を貰えません、というところでしょうか。

と言っても、総務相から「公正・公平・中立」のお達しが来ている
というのに垂れ流しのTVというのもねェ。

世界ランキング72位だから仕方がないか。

ところで、昨日の改憲派(民間憲法臨調・美しい日本の憲法をつくる会)の会合に、松原仁が出て一席ぶっています。

フザケタ野郎だ。早く追い出せ、ってんだ。

投稿: 岡目五目 | 2016年5月 4日 (水) 20時37分

高村の発言は典型的なすり替えの論理。
時代に合わせて変わるべきは「法律」であって「憲法」ではない。

 憲法(>条約)>法律ってのは行政法をほんの少しかじった身でも知っている基本中の基本。故に戦争法を閣議決定で済ませたこと自体大問題だし国会の存在はまるで無視。TPPにしたって目隠しされた状態で議論しろとか国民ナメるにも程がある!

 憲法は国の根幹、安全保障はどうするって話を押し通そうとするから本当に危険。安全保障を言い出す安倍晋三の存在そのものがその最大の脅威って何という皮肉。「数」を持っているんだから安全保障で議論したいなら正面突破で堂々突き進めばいいものを経済が一丁目一番地と誤魔化す姑息さ。

 震災復興という旗印の下でアホノミクスも消費税増税も何もかも有耶無耶にする腹づもりなのが透けて見える。失政隠しに騙されるべからず!

投稿: junk_in_the_box | 2016年5月 4日 (水) 13時21分

おべんちゃら言はれたり言つたりして虫唾がはしらない人も居られるのですね~。

思うのですが、日本の人は甘いですね、熊本で介護施設に首相がきてくれたと大喜びして皆で総理をかこんでチーズ、パチリ。

私だつたら、噛み付いてやるのに。

施設で働いてる人は我々もわざわざ来て下さつた総理に負けないようがんばらなければ。 ですつて。なんだか違和感をおぼえました。頑張るのは良いことですから口の挟みようがないです。

カナダ赤十字社に小切手を送る矢先でしたので、なんだかなー、と力が抜けた気分です。そんなにして日本は引きずられて行くのでしょう。

投稿: hanazono | 2016年5月 4日 (水) 11時48分

ドリル優子・パンティドロ高木・ワイロ布袋頭…に、議事録捏造・バクチ相場投入年金大損…これだけ不祥事続けば政権の2つや3つ吹っ飛ぶよなー
ところがドッコイ、お手手つないだバカップルの片割れこと世襲ペテンが新聞・TV恫喝で鮨友化・ヨイショ化では、政権吹っ飛ぶどころか安泰だ。ヨイショ新聞にオベンチャラ番組横行で、バカップルの片割れはやりたい放題だ。

投稿: アル中 | 2016年5月 4日 (水) 11時44分

松本、指原の発言は凄いですね。いつの時代だよ。国に貢献するために子供を産むって発想がもう戦前の日本そのものですね。

投稿: けん | 2016年5月 4日 (水) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/65305739

この記事へのトラックバック一覧です: オベンチャラ番組を平然と垂れ流して、ペテン総理の野心や思惑の旗振り役をするTV局と「喜び組」のタレントたち。:

« 憲法記念日に改めて思う・・・「みっともない憲法」と口にしてはばからない愚か者の存在自体が憲法違反だろう。 | トップページ | 百田尚樹製作総指揮の「改憲PR映画」がばら撒く嘘八百! »