« イギリス国民の結論はEU離脱。その是非はともかく、「衆愚政治」という言葉が頭をよぎった週末の夜であった。 | トップページ | 新聞・TVはイギリスEU離脱のニュースで持ちきりだけど、日本もイギリス国民投票に匹敵するほどの重要な選挙の真っ最中だってことを忘れちゃいけない。 »

2016年6月26日 (日)

イキリスの国民投票当日、ペテン総理も官房長官も外務大臣も東京不在。菅も岸田も関係閣僚会議を欠席。ようするに、EU離脱を予測できなかったってことだ。まさに「アベノリスク」だね。

 EU離脱をイギリス国民が選択して一夜明け、国民投票の内訳が出てきているんだが、なんでも18~24歳の年代層では「残留」が73%だったそうだ。EU離脱による影響をこれからの人生で最も長く受ける世代ってわけですね。もし日本で改憲の国民投票なんてことになった時、その結果によって最も影響を受けるのは誰かってことを考えれば、18歳に選挙権が下げられた今回の参議院選挙は、そうした世代にとってこそ極めて重要な意味を持つことになるのだろう。

【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?

 ところで、そんなイギリスのEU離脱を、消費税増税先送りの言い訳に使った「リーマン・ショック前」というでたらめ発言に結びつけて、「ペテン総理の予測が当たった」って喚いているひとたちがいる。まったくもう、単純なんだから。ていうか、ペテン総理は「私はリーマン・ショックなんて言ってない」って必死に火消ししてたよね。

 さらに言えば、「リーマン・ショック前」ってことを説明するのに「新興国リスク」を持ち出していたんじゃなかったか。イギリスのEU離脱なんて、おそらくその時点では頭の片隅にもなかったに違いない。伊勢志摩サミット前にイスギリスまで出向いて、「EU残留を要望」なんてことを演説で言ってたほどだ。その結果、「英国は日本経済で失敗した安倍総理のアドバイスに耳を傾ける価値なし」ってテレグラフ紙に指摘されて恥かいたのを忘れちゃったのかねえ。

 それはともかく、イギリスの国民投票の日に、ペテン総理も貧相顔の官房長官も昼間の幽霊の外務大臣も、み~んな選挙応援で東京を留守にしてたってんだから、絶対にEU離脱んてことは考えてもいなかったに違いない。もしEU離脱を予想してたら、そんなことは絶対にありません。円高・株安に振れるのをどうにかするために、緊急の対策会議を開く必要に迫られますからね。

岡田代表「危機感が欠如」 首相ら不在、英国民投票

 ようするに、明らかに読み間違いしたってことだ。危機管理能力の欠如と言ってもっもいい。ああそれなのに、「いまこそ安定した政治が必要だ」なんて喚き散らしてるんだから世話はない。「アベノミスク」ならぬ「アベノリスク」こそが、いま問われているってわけです。

 最後に、そんな自民党の下駄の雪に成り下がっている公明党なんだが、支持母体である創価学会の婦人部が1988年に編集出版した『まんが・わたしたちの平和憲法』が、「改憲」前夜のいまの状況を見事に予測しているというので話題になっている。是非、ご一読を。

自公は平和憲法を捨てた。……28年前の創価学会婦人部編『まんが・わたしたちの平和憲法』に書かれた戦争へのシナリオが今の状況とそっくり

【くろねこの競馬予想】

 春競馬最後のG1宝塚記念。メンバー中、最も強いのはドゥラメンテであることは間違いない。とはいえ、ドバイ遠征帰りというローテーションに一抹の不安が。安定度という点からは、キタサンブラック。レースを作れるという利があるものの、目標にされるだけにせられた時にどうなるか。それでも、連軸として本命は、ドゥラメンテ。相手には、天皇賞3着のシュヴァルグラン。キタサンブラックが3番手。穴なら中山記念でドゥラメンテに首差まで迫ったアンビシャスか。
◎ドゥラメンテ、○シュヴァルグラン、▲キタサンブラック、△アンビシャス、ラプリーデイ、トーホウジャッカル、フェイムゲーム

|

« イギリス国民の結論はEU離脱。その是非はともかく、「衆愚政治」という言葉が頭をよぎった週末の夜であった。 | トップページ | 新聞・TVはイギリスEU離脱のニュースで持ちきりだけど、日本もイギリス国民投票に匹敵するほどの重要な選挙の真っ最中だってことを忘れちゃいけない。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

公明党と創価学会は、一応政教分離になっていることになっているけれど、大臣の椅子欲しさと、2014年6月に内閣官房参与の飯島勲に「見直してもいいんだ」と脅されて「下駄の雪」になっちまったんですよね。

「加憲」と引き換えに「改憲」が目に見えています。

「平和」と「福祉」の旗が泣いています。

投稿: 岡目五目 | 2016年6月27日 (月) 00時13分

悩ましい国日本、そんな言葉が浮かんできます。安倍がサミツトで世界経済がリーマン前と、なんとやらと言つたのが当つたと日本の新聞なんかが安倍の先見性を持ち上げてるようですが、英国本人は別として8%下落した日本がダントツで、カナダは1,5%くらいだし、ドイツをはじめ他国で日本ほど下げた国はなさそうです。せいぜい2,5%くらいなものみたいですよ。私の知つたかぎりでは。「6月24日現在」 日本は井の中の蛙もいいとこですね~。これだけ情報が入手しやすい時代なのに客観的な考えができないものでしょうか。?

投稿: hanazono | 2016年6月26日 (日) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/66214202

この記事へのトラックバック一覧です: イキリスの国民投票当日、ペテン総理も官房長官も外務大臣も東京不在。菅も岸田も関係閣僚会議を欠席。ようするに、EU離脱を予測できなかったってことだ。まさに「アベノリスク」だね。:

« イギリス国民の結論はEU離脱。その是非はともかく、「衆愚政治」という言葉が頭をよぎった週末の夜であった。 | トップページ | 新聞・TVはイギリスEU離脱のニュースで持ちきりだけど、日本もイギリス国民投票に匹敵するほどの重要な選挙の真っ最中だってことを忘れちゃいけない。 »