« 「投票率50%割れの恐れ」(東京新聞)って、マジか!? 「無党派層は寝ていてくれればいい」って奴らの思う壺だな&イラク戦争の検証もしない奴らに「改憲」なんかさせてはいけない。 | トップページ | 「子供たちを戦場に送るな」という教師が「政治的偏向」と指弾される時代にならないように、さあ、選挙に行こう!! »

2016年7月 9日 (土)

批判は百も承知で、「野党統一」を呼びかけ、さらに「安倍政権の「改憲」隠しに言及した意味は大きい。

 おそらく批判的な意見が多いだろうし、実際に手ぐすねひいていたかにように手厳しく論じる新聞・TVもある。素足の足元が写り込んだ写真をわざわざ掲載したりするのも、けっして好意的ではない報道を象徴している。

 しかしである。石田純一の記者会見をライブで観た素直な感想としては、実に好感のもてる会見だった。「準備不足」なんて書いた新聞もあるようだが、とんでもありません。極めて素朴ではあるけれど、日常的に確固とした問題意識をもって世の中を眺め回していることは言葉のはしばしからも十分に察しられた。

 なによりも、参議院選挙直前のタイミングで、「野党統一」を呼びかけ、さらに安倍政権の「改憲」隠しを批判し、「原発」にも言及したことの意味は大きい。本来なら、民進党がこうしたポイントを軸に、リーダーシップを発揮して野党統一候補をまとめあげなければいけなかったはずだ。そんなヘタレな民進党のケツを蹴り上げたのが、昨日の会見だったのではないだろうか。

 「野党が結集しないと思いを力に変換できないと思う。野党統一候補なら受けさせて頂きたいと思った.他の人に決まったら喜んで応援します」。この言葉にすべてが集約されているのではなかろうか。

 できれば、参議院選挙にこそ出馬すべきだったのではないかとも思わないわけではないが、新聞・TVや一般大衆労働者諸君の冷ややかな対応は承知のうえで、敢えて火中の栗を拾う意志を示した勇気に拍手を送りたい。

石田純一の都知事選会見に震えた! CM打切り覚悟で、野党共闘を呼びかけ、安倍の参院選“改憲隠し”を痛烈批判

 というわけで、明日は参議院選挙の投票日。雨にも負けず、風にも負けず、ましてや夏の暑さにも負けずに投票に行こう・・・ジャンジャン。

|

« 「投票率50%割れの恐れ」(東京新聞)って、マジか!? 「無党派層は寝ていてくれればいい」って奴らの思う壺だな&イラク戦争の検証もしない奴らに「改憲」なんかさせてはいけない。 | トップページ | 「子供たちを戦場に送るな」という教師が「政治的偏向」と指弾される時代にならないように、さあ、選挙に行こう!! »

コメント

明日(10日)が参院選の投票日だというのに、
今頃になっての情報じゃァ、ちょっと遅いかもしれないが、
自民党の本音の情報としては、今後も必要かも知れないので
敢えて送信。

内容は、教師が「子どもたちを戦場に送るな」と主張するのは
「政治的中立性を逸脱する」として、「密告」を奨励する、
というもの。
憲法は「永世平和」を謳っているのに、
自民党の主張だと「子どもたちを戦場に送れ」
と教育するのが政治的中立らしい。おおコワ。

http://archive.is/FysFM

但し、批判多く即刻削除との由。

投稿: 岡目五目 | 2016年7月 9日 (土) 17時57分

石田純一はまるで国政選挙に出馬するような内容の会見でしたね。
もし、そういったことで世間を都知事選じゃなく参議院選に目を向かせる為の策略だとしたら、いい意味での確信犯でしたね。
彼の言ってることは、まさに正論で、この他にも高田延彦など芸能界にも、もっとこういった輪が広がるべきです。
アメリカのハリウッドスターは、はっきりと支持政党を言いますからね。
さて、いよいよ明日ジャッジメントデイなわけですが投票率が最低でも6割いってくれれば3分の2は回避できる・・・かも?

投稿: オクやん | 2016年7月 9日 (土) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 批判は百も承知で、「野党統一」を呼びかけ、さらに「安倍政権の「改憲」隠しに言及した意味は大きい。:

« 「投票率50%割れの恐れ」(東京新聞)って、マジか!? 「無党派層は寝ていてくれればいい」って奴らの思う壺だな&イラク戦争の検証もしない奴らに「改憲」なんかさせてはいけない。 | トップページ | 「子供たちを戦場に送るな」という教師が「政治的偏向」と指弾される時代にならないように、さあ、選挙に行こう!! »