« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

「都の担当者が地下空間を作ったのは正しかった」なんて言い出す委員がいる「市場問題プロジェクトチーム」っておかしいだろ&3兆円の重さを肌で感じた発言・行動しないと、東京五輪はスポーツ貴族だけのオワコンになるだろう。

 鹿児島県の志布志市がふるさと納税の返礼品のウナギを水着姿の少女に擬人化したPR動画をネットで公開したら、「女性差別」だの「少女飼育」「少女監禁」だのと批判されて、即刻削除です。

 どんなものかと動画を観たけれど、ま、「女性差別」「少女飼育」を連想する以前に、食料となる生き物を擬人化するというセンスというか、その趣味の悪さになんだかなあですね。もしこれが牛や豚だったら、もっと生々しくて見てられなかったんじゃないの。それこそ動物愛護協会から批難殺到するだろう。ウナギだからいいやってクリエイターが思ってたとしたら、その時点でアウトです。

 とはいえ、なんでもかんでも批判されたら削除しちゃえばいいやという風潮は、批判する側も含めてどうなんでしょう。表現の問題にもかかわってくることですからね、。こうした問題はあまり熱くならないほうがいいと思うけどねえ。

 そんなことより、豊洲問題は土壌汚染以上にその闇の深さが泥沼の様相を呈してきたようだ。とうとう、地下水から基準値を超すベンゼンとヒ素が検出されたとか。さらに構造計算の不備まで判明して、噂されていた耐震性に大きな疑問が出てきちゃいました。

豊洲地下水から基準超すベンゼン、ヒ素を検出 都が発表

 でもって、盛り土しないで謎の地下空間にゴーサイン出したのはどこのどいつだって調査報告書が発表されるってんだが、どうやら職員間の連携不足が原因で、隠蔽の意図はなかったってことになってるんだとか。ははは、だったらメンテナンスのピットとかモニタリング空間とか、その場しのぎの言い訳しなけりゃいいだけのことだ。二転三転の言い訳するってのは、その裏にやましいことがあるからというのが世間の常識ってもんです。

盛り土問題、責任者は特定できず 小池知事、報告書きょう公表

 さらに、市場問題プロジェクトチームの第一回の会合が昨日あったんだが、その席上で建築家の佐藤尚巳委員とやらが「都の担当者が地下空間を作ったのは正しかった」と言い出して、環境専門家である小島敏郎座長がちょいと慌てる一幕が。この様子はTVのニュースでも流れていたんだが、ちょいと違和感満載でしたね。

 佐藤委員の熱弁は止まるところをしらず、ブログ「田中龍作ジャーナル」によれば、「地下空間の件は大きな誤解を招いている・・・土地を盛ってから掘ると費用が高くなる。盛らないで下から建てたのは正しい判断だったハズだ」「地下空間があると保守メンテ性が格段に上がる。これを作ったのは英知だ。決して責められることではない」ってんだから、この御仁はどいう立場でモノ申してるんだろうねえ。

 座長も「豊洲に行かないというのであれば最初からプロジェクトチームをやる必要ない」って言ってるようだから、ひょっとして市場問題プロジェクトチームってのはただのガス抜きか。豊洲新市場に関してはハナから重要な指摘を続けてきた建築家の森山高至氏をメンバーに入れたのもアリバイ作りってことか。高山氏には是非とも戦い抜いてほしいのだが・・・。

・田中龍作ジャーナル
【築地移転問題】市場PT 「地下水基準値超え」都は会議終了後に発表

 泥沼なのは豊洲だけでなく、東京オリンピックもなかなかのものです。ぼったくりバーのチーママ・小池君がボートカヌーの「海の森水上競技上」、水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」、さらにバレーボールなどの「有明アリーナ」の見直しを宣言したと思ったら、シンキロー森君が「んなこと、いまさらできるか」と反論してます。

 関連する競技団体も不満たらたらのようなんだが、今回問題になっている3施設はずっと以前から費用だけでなく環境の面からも槍玉に上がっていたんだよね。それを新聞・TVがまともに取り上げないことをいいことに、情報公開もロクにしないで強引に進めてきたそのツケが回ってきたってことです。

五輪費用「一元管理を」 都調査チーム報告

 そもそも、「コンパクト五輪」ということで7500億円くらいの予算でオリンピック招致したんじゃなかったのか。それが3兆円にまで膨らむってのは、いくらなんでもご無体なってことだ。「いくらかかるかわからない」ってシンキロー森君なんか公言してますからね。組織委会長がこんなサメの脳みそみたいなこと言ってるんだもの、そもそも都民の税金、国民の税金を投入する大プロジェクトのトップに立つ資格なんてありません。

 3兆円といえば、「都の本年度予算に基づけば、高齢者や障害者、子どもらの医療や保健、介護、福祉分野の予算のざっと三年分に匹敵する」(東京新聞社説より)そうだから、組織委はもちろんのことアスリートの側もその数字の重さをもっと肌で感じた発言、行動をしていかないと、東京オリンピックはスポーツ貴族のためだけの自己満足的オワコンになっちまいますよ。

・東京新聞社説 
東京五輪の検証 「コンパクト」の初心に

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2016年9月29日 (木)

ヒアリングなんてのは密室会議みたいなもんだから、一日も早く百条委員会設置して石原慎太郎を喚問すべきだろう&外国人労働者受け入れは「人手不足」ではなく「安い労働力」が本音。

 凄いなあ、大谷。優勝のかかった試合で1安打完封とは。ひょっとしたらノーヒットノーランだってあったもんね。ただただ脱帽です。

 さて、都議会が始まって、ぼったくりバーのチーママ・小池君の真価がこれから問われるんだが、どうやら豊洲問題についてレイシスト石原君からヒアリングするとか。なんでも、レイシイストの方から声をかけてきたそうで、密室でボス交しようってて魂胆なんだろう。でも、そうはいきませんよ。おそらく、チーママにしたって、密室で事を収めたなんてことになったら、ほら見たことかってなりますからね。そんな沽券に関わるようなことはさすがにできるわけがない。

 本来ならヒアリングなんてことよりも、一刻も早く百条委員会設置して参考人招致で締め上げるのが筋ってもんだろう。ヒアリングという体裁とって、レイシスト石原から豊洲にまつわる闇の情報を手に入れたら、それでお役御免。後は百条委員会というお白洲に引きずり出して刑事告発するくらいの絵図を描くしたたかさがあれば、それはそれで面白いんだが、果たしてどうなることやら。

 ところで、ペテン総理の低賃金の労働力という移民政策が着々と進んでいるようで、「働き方改革実現会議」では、外国人労働者の受け入れを検討し、介護や育児、建設など人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるための法整備を目指すんだってね。

 国連に大名旅行した際に、「日本の開放性を推進する。一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」って大見得切っていたのが、本格的に始動するってことだ。売国の平蔵が会長を務めるパソナが、外国人メイドの導入に躍起になっていたのも、この日のための布石だったってことか。

外国人労働者受け入れ 介護や建設、政府検討

働き方改革実現会議

 それにしても、外国人メイド雇ってまで働きに出ようなんて、優雅な家族なんてそうそうあるものではありません。一般大衆労働者諸君にとっては、へたすりゃメイド雇うために働くという、なんのこっちゃなんて現象も起きかねない。そもそも、育児や介護が人手不足なのは、給料は安いわ、長時間労働を強いられるわという劣悪な労働環境が大きな原因だ。だから、外国人労働者の受け入れは、さらなる労働環境の劣化に繋がるだろうことは容易に想像がつく。なんてったって、「正社員をなくしましょう」って公言してはばからない売国の平蔵が会長のパソナが裏で蠢いているようですからね。

 外国人技能実習制度が一部の悪質な業者に奴隷労働に利用されているという現状を考えると、外国人労働者受け入れはそうした状況をさらに助長させる心配だってある。なんてったって、人手不足云々なんてのは単なる建前で、本音は「安い労働力の確保」、これに尽きるのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

「TPP再交渉に応じる考えはない」(安倍晋三)。さすが息を吐くように嘘つく男だ、できもしないことをよくもまあ。

 ヒラリーとトランプがTV討論会だそうで、ヒラリーは冷笑、トランプはひたすら個人攻撃と、ま、どの国も権力者のディベート能力がどん底だってことだ。それにしても、質問にストレートに答えようとしないトランプのはぐらかし、論理のすり替え、あげくの果ての「お前の母さんデベソ」的な誹謗中傷ってのは、どこぞの総理大臣のデジャヴュを見るようで、気分のいいものではないのは確かだ。もっとも、人を小馬鹿にしたようなヒラリーの冷笑ってのもいただけないが・・・。

 ひるがえって日本の国会では、こちらもデジャヴュを見るような代表質問で、ペテン総理とノダメが攻守ところを変えてああでもないこうでもないと言い合っとりました。なかでも笑っちゃうのがTPPで、ノダメが「攻めるものを攻め切れず、守るものを守り切れていない現在の協定案には反対せざるを得ない」とTPP反対をぶち上げれば、ペテン総理は「米国に発効に向けた努力を続けてもらうためにも、日本がこのタイミングで手続きを前進させることが不可欠だ」と前のめりぶりを披露。

 そもそも、TPPは、2011年に突然ノダメが財務省の言いなりになって参加表明したのが事の発端で、その後の衆議院選挙ではペテン総理の自民党は「TPP断固反対。ぶれない」が旗印だったんだね。それがいまや、立場が逆転しちゃって、いかにこやつらが政治的ポリシーとは無縁な存在かということが分かろうというものだ。

 ペテン総理にいたっては、さらに踏み込んで「仮に米国から(再交渉)の求めがあっても、応じる考えはまっくない」ときちゃうんだから御しがたい。今回のトランプとのTV討論でもハッキリと立場を鮮明にしていたように、ヒラリーが大統領になればTPP再交渉を仕掛けてくるのは間違いない。それでも「再交渉には応じない」なんてアメポチのペテン総理が口にできるわけがない。万が一、そんなことを口に出したとたん、おそらくアメリカは「だったら批准しないから」となって、TPPはそれで消滅です。もちろん、トランプだったら速攻TPPから撤退は目に見えている。

首相「TPP再交渉に応じず」 今国会での成立に意欲

誤記でTPP審議多難 政府貨物「含む」が「除く」など18カ所

 そんな状況にありながら「再交渉には応じない」なんて見得切っちゃうところが、政治家としての器量やセンスや資質に欠けているからこその成せるワザで、それこそヒラリーがトランプを揶揄するのと同じように、この男は「自分の物語の中でしか生きて」いませんからね。

 でも、ヒラリーが大統領になったら、ペテン総理は揉み手をするようにして再交渉のテーブルにつくんだろうね。そして、誰も責任をとることなく、この国はアメリカの特別自治区として隷従の道を歩み始めるってわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

所信表明演説中にアベジョンイルのパフォーマンス。なんというヘンタイ国会だろう&「改憲提案は議員の責任」(安倍晋三)って「憲法遵守義務」が先だろう。馬鹿も休み休み言え

 いやはや、とんでもないものを見せられちまった。なんと、総理大臣の所信表明演説中に与党議員が立ち上がって拍手とはねえ。しかも、ペテン総理自らも拍手しながら議場を睥睨するというオマケつきだ。こんな三文芝居仕掛けたのはゲッペルス気取りの世耕君あたりなんだろうけど、ペテン総理の姿が金ちゃん一家と重なった一般大衆労働者諸君も多いことだろう。国会で「マンセー」まがいのパフォーマンスを見せつけられるとは・・・この国も変態国家になっちまったもんだ。

自民、演説中に立ち上がり拍手=野党「異様な光景」と批判-所信表明

「自民党議員全員の拍手、異常な光景」26分過ぎ201... 投稿者 gomizeromirai

 それにしても、所信表明演説の中身よりもこんなパフォーマンスに注目が集まるってのは、こやつらのやっていることが単なる「政治ごっこ」「政治もどき」ってことの証明みたいなもんなんだね。だから、所信表明そのものが空虚な言葉の羅列になる。そんなトンデモ所信表明でも、ちょいと気になることがないわけではない。ズバリ、「改憲」だ。

 参議院選挙では「改憲」を争点にすることから徹底的に逃げたくせに、案の定、アベノミクスはどこへやら、「改憲について『決めるのは国民。その案を国民に提示するのは、国会議員の責任」』と喚き始めとります。でも、このロジックもおかしなもので、国会議員にはまずもって「憲法遵守の義務」ってのがある。だから改憲提案が国会議員の責任なんてことはどこをどう解釈しても、憲法には書いていない。

所信表明「改憲提案は議員の責任」 首相、発議まで踏み込む

安倍首相の所信表明演説全文

 憲法改正については憲法96条で、「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」ってあるだけなんだね。

 国会議員は憲法改正の発議はできるけど、憲法99条の「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」といえう条文と照らし合わせれば、96条よりも99条が優先するというのが憲法の精神なのだと思う(いちおうなんちゃって法学部だったので、これはあくまでも個人の感想であり、憲法解釈を確約するものではありません)。

 ではどういう時に憲法改正の発議ができるかといえば、それこそ国民の中からふつふつと改憲の声が湧き上がった時に限られるんだね。だから改憲ありきで憲法審査会で議論を始めるというのは、お先走りもいいところなのだ。もし憲法審査会で議論をするならば、まずもって「改憲は必要か?」ということ自体を議論するのが筋ってものだ。

 なんか、自民党の改憲案を土台にして議論するのしないのと言い合っているようだけど、まったく意味のないことというか、それは僭越ってもんだ。もしそうしたいなら、自民党の改憲草案を土台にしての改憲議論は是か非か、それこそを問う選挙をしなくちゃいけない。それくらい改憲のハードルってのは高いはずなのに、なんだか昨日の所信表明では明日にも憲法発議ができゃいそうな前のめりぶりなんだから、ある種の空恐ろしささえ感じてしまう今日この頃なのだ。

自民党憲法草案の条文解説

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

福島周辺ダム湖から高濃度セシウム。関東のダムも危ない&「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目」だそうで、宮内庁長官退任(=更迭)。それにしても「落とし前」とはヤクザも顔負けだ&石原慎太郎の差別・不敬発言。

 昨日のエントリーで、豊洲の液状化を何でいまさらって書いたんだが、「東京電力福島第1原発周辺の飲料用や農業用の大規模ダムの底に、森林から川を伝って流入した放射性セシウムが濃縮され、高濃度でたまり続けていることが環境省の調査で分かった」っていうニュースもやっぱり何でいまさらってなもんです。河川の放射能汚染やそれに伴うダム湖の放射能汚染にいては、福島第一原発事故後の早い段階から指摘されていたことで、当時は多くのメディアが知っていながら知らん素振りしていたんだよね。

<高濃度セシウム>福島第1周辺のダム底に堆積

 おそらく、ダム湖の放射能汚染は福島だけでなく関東全域でも起きているに違いない。さらに問題なのは、東京湾に流れ込む河川の汚染で、河口周辺には上流から流れてきた放射性物質がたまって、高濃度に汚染されているという観察報告もある。こうした自然環境の放射性物質による汚染はこれからが正念場で、4年後に東京湾や福島の海でボートやカヌー、サーフィン、さらにはオープンウォータースイミングなんてのは愚の骨頂だ。リオの海が殺人パクテリで汚染されているなんて大騒ぎしてたくせに、放射能はOKなのか?ってなもんです。

東京湾のセシウム汚染 印旛沼から拡散 河口水門で高止まり

 こうしたダム湖の汚染が今頃になってニュースなるなんて、みんなしてペテン総理にお手紙書いたらいかがでしょう。「アンダーコントロールって言ったよね。言ったよね」ってさ。

 ところで、天皇の生前退位についてのメッセージがあった日に、ペテン総理はぶら下がり取材でとりつく島のないようけんもほろろな態度を見せつけてくれたんだが、どうやら相当にお冠だったようですね。あわよくば来年中の改憲発議を目論んでいたのが、皇室典範を手直ししなくちゃならないとなると、そのスケジュールが狂っちゃいます。だからなんでしょう、普通は春にある宮内庁の人事にこのタイミングで手を突っ込んできたってね。

 なんでも、現在の宮内庁長官が退任して、次長が長官に昇格。でもって、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任するそうだ。この西村ってのが曲者で、なんと22年ぶりの警察庁出身者の登用なんだとか。この人事を進めたのが杉田とかいう官房副長官で、この男も警察庁出身とくるから、明らかになんらかの意図があってことなのだろう。

 どうやら、「天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図った」らしい。宮内庁をペテン総理の意のままに動かそうという魂胆なんだろうが、それにしても「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」なんて政府関係者の発言がもれ聞こえてくるのは、不敬も甚だしい。「落とし前」だなんて、まるでヤクザだね。

 天皇の生前退位を認めたくない日本会議の意向が、こうした動きの裏で働いているのだろうことは容易に想像がつく。西村某は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の事務局に宮内庁の代表として参加するそうだから、ま、監視役ってところなんでしょう。そういえば、この有識者会議には憲法学者がひとりも参加していないのは妙な話で、おそらく皇室典範には手をつけずに時限立法でお茶濁そうって寸法なのだろう。これなら日本会議にもいい顔できるし、なにより改憲スケジュールに影響が出ちゃ困りますからね。

官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満

 最後に、レイシスト石原が相模原の障害者殺人に関して、性懲りもなく差別発言したそうだ。こんな男をいまだにご意見番扱いする新聞・TVってのも、同罪ですね。

石原慎太郎が「やまゆり園事件犯の気持ちがわかる」と暴言、天皇には「スキューバで人生観変わる」と仰天アドバイス

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2016年9月25日 (日)

豊洲新市場に「液状化対策が必要」って何をいまさら&5兆円の年金溶かしたGPIFのトップの年収3130万円。殴るぞ!

 豊洲新市場の謎の地下空間を専門家会議の座長が視察して、「地震による液状化で泥が吹き上げないよう『地下水が上がってくるところはふさぐことが大事だ」』って指摘したってんだが、おいおい、何をいまさらってなもんです。豊洲周辺の液状化については、3.11の直後に既に問題なっていて、当時の東京新聞「こちら特報部」が次のようにしっかりとリポートしている。

(これより引用)

 草ぼうぼうの空き地は埋め立て地だ。あちこちに水たまりがあり、油が流れた虹色の皮膜が見える。月面のクレーターのように、なだらかに盛り上がっている砂山も点在する。大きさはさまざまで、表面には水が流れたような筋もついている。

 色は真っ黒。水を含んで泥のようだが、乾くとさらさらと砂鉄のように細かい。埋め立てに用いたのは、海から浚渫した土砂で、地中から表に噴き出していた。

(引用終わり)

 だから豊洲の移転は危険だって3.11直後のエントリー(「築地市場はびくともしないのに豊洲は液状化・・・移転はなしよ。」)に書いたんだが、それをいまさらのように「液状化」の話が持ち上がるって、どういうことなんでしょう。脆弱な埋立地なんだから、そんなことはシロートにだってわかることで、つまりは土壌汚染だけでなく、埋立地という豊洲地域の特殊性全般について百も承知で、建ててしまえばこっちのものってタカをくくっていたに違いない。

 そうした問題にスポット当てて、しっかりと調査報道するメディアも東京新聞を除けばほとんど見当たらなかったわけで、事が起きてから大騒ぎするって図式は、猫おばさんの江川紹子氏も指摘していたように、まるで原発とクリソツなんだね。

豊洲たまり水 専門家座長も「地下水」 液状化対策が必要

 でもって、謎の地下空間をいち早く公にしたのはぶったくりバーのチーママ・小池君の手柄のように報道されてもいるけど、これってそもそもは共産党の都議団が耐震性の調査を始めたことで発覚したことなんだから、そこんところもよろしくってなもんです。

 それはともかく、もうここまできたら何から何まで蒸し返して、「なんで豊洲だったのよ」ってことにフォーカスしつつ、レイシスト石原君を筆頭とする豊洲新市場利権集団をお白洲に引きずり出すまでとことんやらないと駄目でしょうね。ぼったくりバーのチーママ・小池君はパンドラの箱を開けちまったことに、どんな覚悟をしていることでしょう。

 ところで、一般大衆労働者諸君の年金を5兆円も株ですっちまったGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のトップの年収が3130万円だとさ。これは特別行政法人の中でダントツの高給なんだとか。殴るぞ、ったく!

年金運用独法 年収3100万円 99法人トップの報酬 15年度

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

電通の悪事発覚。2億円を超える不正請求は悪質な詐欺事件だろう&新潟知事選が急展開。3党推薦で米山隆一氏出馬。

 電通が詐欺的手法でネット広告の不正請求していたってね。メディアによっては、「不適切取引」なんて抽象的な表現しているけど、いえいえ、これはあきらかな詐欺であり、不正な違法行為以外の何物でもありません。昨今は、なんでも「法的に問題はないが不適切」なんてことですまされがちだが、電通の不正請求きはそんな生易しいものではなく、刑事事件としてしっかりと告発すべき案件だろう。

 電通の副社長が「インターネット広告のニーズが急激に増える中、対応できる人材が不足していた。不正を監視する社内体制も整っていなかった」なんて呑気な謝罪してるんだが、いやいや電通はそんなヤワな企業じゃないだろう。なんてったって、これまで判明しただけでも計633件、総額約2億3千万円の不正請求ってんだから、どう考えたって「対応できる人材が不足していた」なんてしょぼい理由で起きるようなミスではありませんて。おそらく企業ぐるみであることは間違いないところだろう。

 クライアントであるトヨタ自動車から「契約期間に広告の掲載がされていない」という指摘があって始めて不正請求が発覚したっていうのも怪しいものだ。ひょっとしたら、内部告発があったのかもね。そのあたりの経緯も是非知りたいものなんだが、スプリング・センテンスあたりが電通告発の爆弾持ってたら面白いんだけど、雑誌は広告収入に頼っているだけに追求も甘くなったりするかも。ま、乞うご期待というところか。

電通 ネット広告不正、2.3億円過大請求

電通「不適切と表現したが、まあ、不正です」 「過大請求」記者会見の一問一答

 ところで、泉田知事の突然の出馬ドタキャンで、原発推進派とされる前長岡市長の不戦勝と見られていた新潟知事選に民進党新潟5区総支部長だった米山隆一君が立候補輪を決めたようだ。民進党のヘタレが候補者立てずに前長岡市長のひとり勝ちという噂もあっただけに、民進党を離党してまで出馬を決めた米山君にまずは拍手を送りたい。

 どうやら、共産、生活、社民が推薦するようで、これで柏崎刈羽原発の再稼働が争点になることは間違いない。泉田君のドタキャンはまだ謎が多いけれど、これでとりあえずは原発推進派によるなし崩し的選挙を阻止することはできたんだから、ま、一筋の光が差し込んだってところか。

 結果は予断を許さない厳しい選挙にはなるだろうが、連合に遠慮して脱原発を口にできない民進党のヘタレ具合に鉄槌を浴びせることができるだけでも意味があるというものだ。クラリオン蓮舫君がすっかりノダメのあやつり人形化する中で、こうした動きは必ずプレッシャーになっていくはずですからね。鹿児島知事選で三反園君が誕生したような大逆転を、新潟でも実現して欲しいと願う土曜の朝であった。

新潟知事選 原発慎重3党が候補 米山氏を推薦

・植草一秀の『知られざる真実』
新潟県民は反省なき原発再稼働を許さない!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

「日本の開放性を推進する。世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」(安倍晋三)。移民政策について何の議論も始まっていないうちから「乞うご期待」だなんて、いかれた野郎だ&「年だから答えられない」(石原慎太郎)。それを言っちゃおしまいよ。

  沖縄近海で米軍のハリアーが墜落。これで18回目とか。事故がいつも海の上とは限りませんからね。パイロットはパラシュートで脱出すればいいだろうけど、もしこれが地上での墜落だとしたら・・・なんて、朝っぱらから想像したくもありません。

 ところで、難民問題で総額2850億円の支援というばら撒きをしでかしてくれたペテン総理が、今度は何をとちくるったか、

「日本は高齢化しているかもしれません。人口が減少しているかもしれません。しかし、この現状が我々に改革のインセンティブを与えます。日本の人口動態は、逆説的ですが、重荷ではなくボーナスなのです」
「日本の開放性を推進する。一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」

 って喚いたそうだ。高齢化がボーナスって、なんのこっちゃ。もし、本気でそう思うなら、高齢者の就業にもっと力を入れるべきで、まるで人口減少や高齢化による労働力不足を補うかのように「世界最速級のスピードで永住権を獲得」なんて移民政策をほのめかすなんてのは、これと明らかに矛盾している。

安倍首相「高齢化は重荷ではなくボーナス」

 おそらく、本音は後段の部分で、世界中を大名旅行しつつ税金ばら撒いているのも、言ってみれば移民大歓迎のアピールの意味が含まれているのかもしれない。つまり、国が世界に向かって求人募集しているようなものなのかもね。

 20日のエントリーで、「近隣諸国に敵愾心剥きだしの外交政策しかとれないペテン総理が権力の座に居座っている限り、難民を受け入れたとしてもそれは新たな差別を生むことにつながるだろ」、と書いたんだが、「日本の開放性を推進」して、「世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国」になんかしてごらんなさい、ただでさえ二重国籍でワンワン騒ぎ立てる国ですよ、そこら中で民族差別が勃発しかねません。

 移民となれば、当然安い労働力ということになるんで、若者の失業率はさらに上昇するだろうことは目に見えている。そうなれば社会格差はますます広がるわけで、相模原のような悲惨な事件が起きないとも限らない。ヘイトスピーチ集団の存在が、そうした不穏な動きをさらに助長させることだって十分に考えられる。

 ようするに、ペテン総理は、少子化問題に真剣に取り組む気なんかサラサラないってことなんだね。少子化を本気で解消しようとすれば、子育てのための環境整備をしなくちゃいけないし、なによりも賃上げが必要で、社会保障や社会福祉の充実も図らなくてははいけない。防衛費にかかる5兆円は用意しても、少子化問題に費やす金はないってことだ。だから、手っ取り早く移民ってことなんでしょうね。それはまた、移民を素別していることでもあるんだが、なんでも金の世の中でそんなこと知ったこっちゃないってのがペテン総理の本音なんだろう。

 それにしても、移民政策について何の議論も始まっていないうちから「乞うご期待」だなんて、ホント、いかれた野郎だ。

 いかれた野郎とくれば、レイシスト石原も人語に落ちない。そんな男が、なんとまあ豊洲の謎の地下空間で謝罪文だと。ところが、これがなんとも木で鼻をくくった文章で、息子の気象予報士タレントの良純が言うような「創作活動で生きている」なんて言葉が虚しく響く代物なんだね。「間もなく84歳になる年齢の影響もあって、たとえ重大な事柄であっても記憶が薄れたり、勘違いをしたりすることも考えられます」なんてくだりは、ようするに「年だから答えられない」って言ってるわけで、これを言ったらおしまいよ、ってのはこういうことだ。ぼったくりバーのチーママ・小池君を「厚化粧」と罵っていた人物がよく言うよであります。

石原元知事、豊洲問題を文書で謝罪 コメント全文

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

ヒラリーに肘鉄食らったのにTPPにすがりつく虚け者&福島第一原発で地下水上昇。えらいこっちゃ&「もんじゅ」廃炉でも「核燃サイクル」は維持。やめられない止まらない。

 「馬鹿につける薬はない」とはよく言ったもので、ヒラリーに「おだまり」って肘鉄食らったのに、ペテン総理は性懲りもなくTPPについて、「TPPを批准してください。政治家が『自分が不利になるのではないか』という人に説明することが求められる」って、改めてニュー・ヨークの金融・ビジネス関係者向けの講演で訴えたってね。こうまでしてTPPにこだわるってことは、相当な利権が絡んでいるっとことなんだろう。「安倍と小人は養い難し」ってことだ。

安倍首相、米にTPP批准訴え NYで講演

 そんなヘタレ男のついた嘘を台風が、強風とともに暴き出しちゃいました。なんと、福島第一原発で地下水が上昇。地表面に達するほどだというから穏やかじゃない。このままだと雨水が地下に浸み込んでいかないため、へたすると地下水が噴き上げてそのまま海に流れ込む危険があるとか。1号機から4号機周辺の地下水は放射能で汚染されているから、これはエライことですよ。

 ひとは自然の前では無力だ、なんて気取っている場合じゃないんだね。いまや世界の笑いものになっている「汚染水のアンダーコントロール」の嘘が、これでまた改めてクローズアップされるわけだ。新聞・TVの記者のうちひとりでもいいから、ペテン総理に「アンダーコントロールはどうなってますのん」って嫌味のひとつも投げつけてほしいんだが・・・。そうすれば、この男の嘘から始まった東京オリンピックだって、豊洲と同じように再検証の対象になるかもしれないのに、人一倍高い給料貰ってるってのに何してんだか。

福島第1原発“汚染”地下水が地表面に 台風猛威で水位上昇

 ところで、金食い虫の「もんじゅ」がどうやら廃炉に向けて動き出すようだ。12兆円も注ぎ込んで、たった250日しか稼動しなかったんだから、廃炉そのものは歓迎すべきことだろう。しか~し諸君、日本の原子力政策の核ともいえる「核燃料サイクル」については今後も研究を続けるってんだから正気の沙汰とも思えない。

 それほどまでに原子力にこだわるってことは、これまでも囁かれてきたように原発ってのは潜在的な核兵器だからなんでしょうね。それを手放したくないから、どんなに金がかかろうと、どんなに危険な代物であろうと、原発は重要なベースロード電源として存在し続けるってわけだ。

 それにしても、これまでかかった金額が12兆円、廃炉にかかる費用は3000億円はくだらないってんだから、何をかいわんやなのだ。それだけの予算を社会保障や社会福祉に振り向けていたら、おそらく子供の貧困とか待機児童とか年金とかの問題は、いまほどに深刻になっていなかったに違いない。

 「原発やめますか? それとも人間やめますか?」・・・つまりはそういうことだ。

もんじゅ廃炉へ 政府、年内に結論 核燃サイクルは維持

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

米軍ヘリパッド建設でやんばるの森が円形脱毛症に&大統領選の真っ最中にヒラリーと会談する愚かしさ&原発廃炉費用国民負担の底なし沼&豊洲の謎の地下空間は副知事のせいだとさ。

 沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設で、やんばるの森に円形脱毛症みたいな穴開けちまいました。これで世界遺産登録申請しようなんて、フテー了見というものだ。

森を切り裂く二つの円 ヘリ着陸帯予定地で大規模伐採 北部訓練場

60a0609f334e06cedbf7df72691becda
国頭村安波(提供写真)

 そんな沖縄をほったらかしにしたまま、ペテン総理はまてたしても外遊と洒落こんでいるんだが、ヒラリー・クリントンと会談したってね。しかも、トランプとの会談の予定はないってんだから、混迷深める大統領選の真っ最中にこんなことしてバッカじゃなかろかルンバです。外交に長けた政治家なら、こういう時はじっくり成り行きを見守るものだ。お先走りってのはこういうことを言う。

 さらに、何を考えてんだか、TPP批准をヒラリーに直訴したそうで、案の定、ヒラリーからは肘鉄食らっちゃいました。TPPについては、ヒラリー、トランプのどちらに転んでも、アメリカは腰引けちゃってるってことが、なんでわかんないかねえ。そもそもは、「TPP断固反対」って喚いてたんだから、アメリカに先走ってTPP批准する理由なんて爪の先程もありません。

 おそらく、「ヒラリーにも会って、ボクちゃん凄いだろ」って国内の向けのパフォーマンスしたかったんだろうけど、こういうスタンドプレイだけの政治がペテン総理の真骨頂ってなんもんです。こんなのが無期限総裁になってごらんなさい、いずれ日本はアメリカの51番目の州どころか、単なる特別自治区に成り下がっちまいますよ。

安倍晋三首相とヒラリー・クリントン氏が会談 TPPで意見分かれる

 ま、その前に原発でこの国は消滅してるかもしれないけどね。原発の廃炉や賠償で8兆円の国民負担って話がどうやら本格的に動き出すようだ。新電力の利用者にも、「送電料」という名目で料金に上乗せすることで、原発経費を負担させようって腹らしい。

 そうした国民負担を議論する有識者会議「東電改革・IT問題委員会」「電力システム改革貫徹のための小委員会」ってのが設置されたんだが、このメンバーには、KDDI会長、日立製作所名誉会長、原子力損害賠償・廃炉等支援機構運営委員長、さらには読売新聞グループ本社会長といった、原子力村の息のかかったようなのがチラホラといる。ま、そいうことです。

 全原発の廃炉にかかる費用を国民負担にしようってんなら、真っ先に「脱原発」を宣言するのが筋ってもんだ。それもしないで、ツケだけは一般大衆労働者諸君に回そうなんてのは、これもまたフテー了見というものだろう。

原発電力の購入拒否でも 全原発の廃炉費用は国民負担

東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会) 委員等名簿

電力システム改革貫徹のための政策小委員会 委員等名簿

 ところで、原発の所管大臣である、ゲッペルス気取りの世耕君は、「東京電力の福島第一原発の廃炉費用を巡り、専門の委員会を設置すると発表し、『誰が費用を負担するかは最終的に私が判断したい』と述べました」とさ。こういうのを、究極の「何様のつもり」と言うのだろう、クソっ!

廃炉費用増大に世耕大臣「誰が負担するか私が判断」

 最後に、豊洲問題なんだが、今度は「副知事がー」ってレイシスト石原君が喚いてます。かつては都知事の右腕と称された浜鍋君をスケープゴートに仕立てようという腹なんだろう。どこまでも腐った奴です。ここまで老醜をさらけ出されちゃ、石原裕次郎も草葉の陰からさぞや嘆いていることだろう。

石原氏 豊洲移転を「副知事に任せていたことを反省」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年9月20日 (火)

総額2850億円の難民支援もいいけれど、格差社会からはじき出される国内の“難民”もどうにかしやがれ&「盛り土なし」の契約書を日没の太陽族が承認・・・絶体絶命!

 国連難民サミットで、ペテン総理は「現在の難民や移民の問題はかつてないほど深刻であり、人道危機に他ならない」って演説して、向こう3年間で総額2850億円の支援をするって胸張ったそうだ。よく言うよだね。日本だっていずれは金だけでなく、実際に難民受け入れせざるを得なくなるに違いないのだが、同時に福島第一原発事故や台風被害の被災者、貧困に陥る子供たち、非正規で将来の展望もままならない若者、さらには孤立する老人etc・・・といった日本の中の“難民”に対する思いやりのある政策にも力を入れていかなくてはいけないはずだ。

 それなのに、「一億総活躍」とか「すべての女性が耀く社会」とか、くだらないスローガンぶち上げるだけで何かしたような気になっちまう、広告代理店の企画書まがいの政策じゃ、およそこれからの日本は立ち行かなくなりますよ。

 「人道危機」なんてのも、ペテン総理が口にするとチャチャラおかしい。、ペテン総理が権力に居座っている限りは、難民が入ってきてもそれは新たな差別を生むことにしかならないに違いない。なんてったって、嫌韓・反中を隠そうともしない敵愾心剥き出しの政治をしてますからね。難民は最下層市民として、限度を超えた格差社会の鬱憤晴らしの対象にならないとも限らない。2850億円の難民支援もいいけれど、同等のもしくはそれ以上の予算を立てることで、日本が抱える“難民”問題に真剣に取り組まないと、それこそ日本沈没になっちゃいますよ

日本が難民支援に28億ドル、安倍首相「かつてなく問題深刻」

 韓国や中国に対する敵愾心剥き出しの政治屋とくれば、レイシスト石原がその典型なんだが、とうとう豊洲新市場の建物の下に盛り土をしない工事の契約書にサインしていたのがバレちゃいました。ほとんどの新聞・TVがレイシスト石原と豊洲新市場をリンクさせての報道を控え気味のいま、このニュースは大きいですね。これまで好き勝手してきたレイシスト石原も、これからの老後は針の筵みたいなもんで、これで詰んだかもね。

建物下に盛り土なし工事、石原元知事が契約承認

 でもって、ここにきて息子の良純が、やたらTVのワイドショーでオヤジを弁護する発言をしているようだ。これまではあまり政治家としての石原家に関しては目立った発言してこなかったのに、とうとうやっちまったかってなもんです。だから言ったんだよね、レイシストが現役の都知事だってのにテレビ朝日『モーニングバード』が良純をコメンテーターに起用した時に、いくなんでも不適切だろうって。なんてったって実の親子なんだから、それだけで政治家・慎太郎に対する良純の発言にはバイアスがかかっちゃいますからね。

石原慎太郎・元都知事は「創作活動の中で生きている」 豊洲市場問題で石原良純が発言

・モーニングショーで豊洲問題の“主犯”石原慎太郎の責任を息子・良純に直撃!と思いきや擁護と馴れ合いの茶番が

 いずれにしても、レイシスト石原は、名実ともに「日没の太陽族」になる日も近いってことです。ざまあみやがれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

競馬の騎手が馬券買えないのと同じで、防衛大臣が防衛関連株大量保有はまずいだろう&「老後が心配だったから」。政活費不正の元富山市議会議長の呆れた言い訳。

 安保法制=戦争法成立から1年。ペテン総理が偉そうにのたまっていた「丁寧な説明」とやらはどこ吹く風。結局、何の説明もないまま、いまや南スーダンのPKO派遣部隊に駆け付け警護の新任務が課せられようとしている。

 そのため、防衛装備庁は対迫撃砲や自爆テロに対応するための兵器開発に着手するらしい。宿営地に撃たれた迫撃砲を迎撃する機関砲なんて、果たしてどれほどの効果があるものなのか。ま、いずれにしても、それだけの重武装化ということになれば、明らかに「戦えるPKO」に変貌するわけで、戦闘による犠牲者が出る危険性は否が応でも高まろうというものだ。

自衛隊PKO重武装化 防衛装備庁 中長期方針 活動中の攻撃想定

 そんな自衛隊の大元締めである網タイツの防衛大臣・稲田君はマラリヤ予防薬の副作用とやらで南スーダン視察を中止するという、前線の自衛隊員にすれば「バカ言ってんじゃないよ」の体たらく。そのくせ蓄財だけは夫婦揃ってご熱心で、その総資産額は1億8178万円と、ペテン内閣の新閣僚ではトップの金満家だ。

 稲田君とくれば、株による資産運用がつとに有名なんだが、今回の閣僚資産公開で防衛関連株を大量に保有していることも発覚。川崎重工6000株、三菱重工3000株、IHI8000株、三菱電機2000株、日立製作所3000株というから、いやあ防衛大臣としてさすがに鼻が利くことで。

安倍内閣、新閣僚の資産公開 最多は稲田防衛相

新閣僚で資産トップ 稲田大臣「防衛関連株」を大量保有

 もちろん、防衛大臣が防衛関連株を保有していたからって、法的にはなんの問題もない。でもなあ、南スーダンに駐留しているPKO部隊の立場になってみれば、なんか釈然としないんじゃないのかねえ。隊員が命を張ってPKO活動にまい進しているってのに、大臣が防衛関連株(平たく言えば武器商人の株だ)の取り引きに地道をあげてるんだからね。

 これは、政治家としての倫理の問題なのだ。いま流行の「法的には問題ないが不適切」ってやつだ。競馬関係者は馬券が買えないのに、所管大臣は関連企業の株で大儲けってのは、やっぱりどこか狂ってる。

 ところで、富山市議による政治活動費不正の発端となった自民会派前会長が、「議員年金の廃止で「老後の心配があった」のがきっかけと言い訳したそうだ。おいおい、そのほとんどを飲み食いの遊興費に使ったくせに、よく言うよってなもんです。議員だったら、テメーの老後の心配する前に有権者の老後の心配をするのが筋だろう。ひと晩で何万円も大盤振る舞いしておて何言うか。しかも、それは税金ですか。やっぱり刑事告発して、しばらく別荘送りにするしかないんじゃないの、ったく。

「老後の生活が心配で」富山市議会の不正、元議長が証言

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

「自分が専門家から聞き、都の幹部に検討したらどうだと言った」(石原慎太郎)。ペテン総理と同じで、息を吐くように嘘をつく。どちらも見下げ果てた野郎だ。

 イシハラ容疑者、指示を認める。豊洲新市場の謎の地下空間を部下に指示した疑いで逮捕された元都知事のイシハラ容疑者が、「都庁の役人から聞いた。そういう意見があると取り次いでいただけ」というかねてからの供述を覆し、「(自分が)専門家から聞き、都の幹部に検討したらどうだと言っていた」と一部容疑を認めた。捜査当局は、元都中央卸売市場長のヒルマ氏の「石原氏から『こんな案があるから検討してみてくれ』と指示を受けた」という供述の裏付けがとれたとして、今後は技術会議で不採用になった地下空間が、2011年6月の設計図面に記載された経緯についても、元都知事の関与を追及する方針だ・・・と、ここまで読んだところで、パッと目か醒めた。

 なんだ夢か・・・と思って新聞開けば、「石原氏 指示認める」の見出しが。ふむ、これが予知夢というものか・・・なんておちゃらけはさておき、さしもの他人に責任なすりつけて平然としていたレイシスト石原君も、今回ばかりはその嘘を認めざるを得なくなっちまったんだろう。まさか元都中央卸売市場長が反撃してくるとは思ってなかったのかもね。それだけ耄碌しちまったってことか。それにしても、見下げ果てた男だ。

豊洲地下コンクリ箱案 石原氏指示認める 都幹部に「検討を」

 しかし、こんな子供でもわかるような嘘を、新聞・TVは「ああそうですか」ですまそうとしてるんだから、何をかいわんやなのだ。そもそも、真っ当な取り引きはできないとされるブラウンフィールド(汚染土壌)と呼ばれていた土地を、通常の価格で東京ガスから購入した、その張本人は当時の都知事である石原慎太郎そのひとですからね。築地の豊洲移転という大プロジェクトはこの稀代のポピュリストが言いだしっぺなんだから、本来ならまずはその経緯を新聞・TVは独自で調査報道しなくてはいけない。

 もちろん、砂糖に群がる蟻のように権力者に擦り寄って甘い汁を吸った都庁の幹部役人も同罪だ。レイシスト石原君の「僕ははだまされた」発言に反論した元都中央卸売市場長だって、ちゃっかりと東京メトロに雨下っているし、皆さん、しかるべき要職に就いて悠々自適なんだね。

優雅に出世や天下り…都庁「盛り土無視」全責任者リスト

Ce8107567cada898a9193b341bfcb06d201
もちろん“A級戦犯”はこの人(C)日刊ゲンダイ

 ところで、アメリカでは、トランプがこれまでさんざん「オバマはケニア生まれ」と吹聴していたのに、これ以上はまずいと思ったのか、「問題を終わらせよう。オバマ氏は米国生まれだ。以上」と言い捨てて、記者団の質問に答えずに立ち去ったってんだが、これに対して各種メディアからは「謝罪しないのか」「説明しろ」、果ては「嘘つき」なんて声も上がったとか。それに引き換え、「東京は伏魔殿だ」と言い放って車に乗り込むレイシスト石原君を、ただ指を咥えて見送るだけの日本の新聞・TVのなんとみすぼらしいことよ・・・と思わずため息の出る日曜の朝なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

「普天間の代替施設の移転先は他になく」って裁判所が決めることか&豊洲地下の水からヒ素検出&民主党政権崩壊の真犯人、ノダメが幹事長!?

 だめだこりゃ。何がって、普天間飛行場の辺野古移設をめぐる裁判だ。なんとまあ、国が勝訴しちまいました。その判決内容はひどいもので、そもそも裁判というのは法に照らして物事を判断するものなんじゃないのか。国の政策がどうたらこうたらというのは、司法が踏み込む領域ではない。ああ、それなのに、判決文では、「普天間の代替施設の移転先は他になく、普天間の被害を除去するためには辺野古に新施設を建設する以外にない。新施設の建設をやめるには普天間の被害を継続するしかない」だとさ。

辺野古新基地 沖縄県敗訴 福岡高裁支部判決  知事の対応「違法」

 これはまんま、国の主張なんだね。「普天間の代替施設の移転先は他になく」って言うなら、裁判所はその根拠をしっかりと説明しなくてはいけない。ホントに辺野古以外に移転先はないのか・・・んなことはないだろう。そもそも、沖縄の海兵隊は抑止力なんてものではなくて、東アジアで一朝事が起きた時に米国民を救出するってのが主要な任務だともされている。だからこそ、グアム移転も計画されていたわけで、それを辺野古移設にしましょうよと提案したのは基地利権に絡む政治屋で、裏でいろいろ画策したとも噂されている。

 普天間と辺野古の二者択一なんてのはいったい誰が決めたんだってことだ。そうしたことをまともに議論することなく、国の言い分にお墨付きを与えるなんて、司法の限界を超えている。「新施設の建設をやめるには普天間の被害を継続するしかない」なんてくだりは、裁判所による県への明らかな恫喝ですね。

 さらに、何様のつもり沖縄・北方担当大臣の鶴保君は、裁判について「注文はたった一つ、早く片付けてほしいということに尽きる」とほざいたそうだ。スピード違反の常習者が何を言うか。とっとと、失せやがれ!

辺野古訴訟「早く片付けて」=鶴保沖縄相

 でもって、だめだこりゃのふたつ目が、またしても豊洲です。な、なんと、青果棟の地下にたまっていた水からヒ素が検出された。環境基準値を下回とはいえ、雨水にヒ素は含まれていませんからね。おそらく、地下水が上がってきたものなのだろう。それにしても、地下空間がこんな状態で建設会社もよくもまあ引渡しができたものだ。そしてまた、それを受けた都も何考えてんだか。

 何考えてんだかと言えば、新聞・TVもおかしなもんで、レイシスト石原がどうやら豊洲問題の真犯人じゃないかと風向きが変わった途端に、ワイドショーは軒並み口にチャックしちゃいました。元都中央卸売市場長の反論もあるってのにそこはまったくスルー。笑っちゃうのは、TBS『ひるおび』で、MCのお笑いが「4万3000倍のベンゼンが検出された時になんで問題にならなかったんでしょう」だと。いや、世間では問題になってたから。新聞・TVが知らんぷりしてただけだから。

豊洲市場、地下の水に微量ヒ素 基準値以下、都議会共産党が調査

 本日最後のだめたこりゃは、民進党だ。新幹事長に事もあろうにノダメだと。茶々入れる気も起きません。もう二度と立ち直ることはないでしょう、この党は。

蓮舫代表、人事で試練 「野田幹事長」反発広がる

野党でない政党が野党を名乗る日本政治の病巣

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2016年9月16日 (金)

「石原氏から『こんな案があるから検討してみてくれ』と指示を受けた」(元都中央卸売市場長)。責任なすりつけられては黙っちゃいられないってことだ。石原慎太郎、万事休す&二重国籍問題で叩きやすいから年内解散!?

 自衛隊による駆け付け警護をするのかしないのか、その判断材料とするために南スーダンを視察予定だった網タイツの防衛大臣・稲田君が、マラリア予防の薬の副作用で体調不良になったとかで視察中止だそうだ。かつて、アフリカ取材でくろねこもマラリアの予防接種受けたことがあるけど、体調不良で視察中止になるほどの重篤な副作用があるってあまり耳にしなかったけどねえ。ワシントンでのカーター米国防長官との会見は予定通りってのも解せない話で、ホントに体調不良が原因なのか。南スーダンはかなりの危険地域だから、怖気づいちゃっただけじゃないのか。

稲田防衛相、南スーダン視察中止 抗マラリア薬副作用か

 そんなことより、今日もやっぱり豊洲問題だ。レイシスト石原が2008年5月に地下空間に言及していたことが発覚して、どんな言い訳するかと興味津々だったんだが、なんとこの男は、

「都庁の役人からそういう情報を聞いたから、そういう意見があると取り次いだ」
「全部、下(都職員)や専門家に任せていた。建築のいろはも知らないのにそんなこと思い付くわけがない」
「急に設計事務所を変えたことで、盛り土をやめて(建物の)下に訳の分からないものをつくった。恐らく盛り土をするよりも経費がかかり、ゼネコンがもうかる」

 とほざいたあげくに、「東京は伏魔殿だ」とさ。伏魔殿の主だったのはオメーだろう。それはともかく、だったらレイシスト石原のがいう下の都職員って誰なのよってことになるのが常識ってもので、暗に名指しされたカタチの当時の都中央卸売市場長が直々におでましになってメディアのインタビューに、「石原氏から『こんな案があるから検討してみてくれ』と指示を受けた」と反論開始です。

豊洲地下問題 コンクリ箱案「石原氏が検討指示」 当時の都幹部証言

 この元市場長については、獅子頭・猪瀬君が「中央卸売市場の作ったHPは地下の空洞はなく盛り土の上に建物が立っている。なぜこうした虚偽が罷り通ったのか俄かに信じられないことだが、当局である中央卸売市場長(局長級)が謝罪し、今後のコンプライアンスについて説明しなければならない」ってツイートしていたんだね。さらに、「むしろ遡上にあげなければならないのは高騰した建設工事の入札の透明化だ。日建設計の説明も必要だ。築地市場解体の落札業者は旧国立解体の落札と同じ会社である事実も気になる」ともつぶやいていた。

 つまり、レイシストが言っていた「急に設計事務所を変えた」ってのは日建建設のことで、レイシストも獅子頭も元市場長と日建建設が組んでなにやらおかしなことを画策したって言いたいんじゃないのか。レイスシト石原がTV番組で言っていた「新たなスキャンダル」ってこのことだったのかもしれない。そう考えると、獅子頭が早くから元市場長や日建の名を出してアリバイ工作してたのもうなずける。

 でも、ここまで問題が大きくなってくると、誰かの首を差し出さなければおさまりはつかないわけで、昨日あたりのTVの報道の仕方を見ていると、半分引退したようなもののレイシスト石原が格好のターゲットってことなんじゃなかろうか。この男も、そろそろ年貢の納め時ってことなのかもね。ざまあみろです。

 ところで、クラリオン蓮舫君が民進党代表になっとたんに、12月にも衆院解散なんて噂が流れ始めた。12月上旬のプーチン来日で、北方領土に関して何らかの進展があれば、それを手土産にすると同時に、クラリオン蓮舫君の二重国籍問題とあわせて衆議院解散ってことは十分に考えられる。代表選最中に二重国籍問題をこれもかと垂れ流しまくったのは、そのための布石だったのかも。いずれにしても、もしそうなればおそらく民進党は大敗。ペテン総理の任期は延長され、改憲が現実味を帯びてくることは間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

「コンクリートの箱を埋め込むことで、その上に市場としてのインフラを支える、その方がずっと安くて早く終わるんじゃないか」(石原慎太郎)。だまされたどころか主犯なんじゃないのか&富山市議と同じ手口の網タイツの防衛大臣の領収書疑惑はどうなった?

 連日の豊洲問題で恐縮ですが、「ボクちゃん、だまされた」って役人に責任なすりつけようとしたレイシスト石原君が、実は2008年の5月に「地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していた」ことが発覚。しかも、そのきっかけというのがインターネットにおける海洋工学の専門家の提案で、「コンクリートの箱を埋め込むことで、その上に市場としてのインフラを支える、その方がずっと安くて早く終わるんじゃないか」って担当局長に説明したそうだ。

 さらに、盛り土を提言した専門家会議については、「その人の専門性というのはどんなものか分からない。いたずらに金かけることで済むものじゃない」って言い放ったってんだから、これじゃあまるで専門家会議は馬の骨扱いだ。そんなこと言うなら、インターネットで知ったという海洋工学の専門家ってのが、どこの誰なのか是非とも知りたくなろうというものだ。

 いずれにしても、「ボクちゃん、だまされた」どころか、ひょっとすると地下空間案ってのもレイシスト石原自身が主動的な役割果たしていたんじゃないかと疑いたくもなろうというものだ。

豊洲市場 石原氏、08年に地下コンクリ箱案に言及「ずっと安く早い」

 こうなったら、石原、猪瀬、舛添の歴代知事全員を引きずり出して、何がどうこしてこうなったのか説明させるべきだろう。それでもって、納得いくような説明がなければ、その時こそ、ぼったくりバーのチーママ・小池君にはこの3人を含めた都の関係者全員を特捜に告発していたできたい。そして、その上で、豊洲は白紙撤回。これまでかかった莫大な費用は、関係者全員に弁済させるってのがいいんじゃないの。そうでもしなけりゃ、おそらくこの問題の埒はあきません。

 ところで、昨夕のテレビ朝日『スーパーJチャンネル』が、沖縄のやんばるの森が世界遺産登録に向けて国の天然記念物に指定されるというので、現地リポートをやっていた。米軍ヘリパッド建設現場である沖縄・高江はやんばるの森の一部で、そこでは連日機動隊員によるやりたい放題が繰り返されているってのに、なんとまあ能天気な・・・と思ってたら、最後に沖縄・高江でいま起きていることをしっかりと映像におさめて解説していたのには、心で小さくガッツポーズしちまった。やんばるの森にかこつけての沖縄・高江報道だとしたら、現場ディレクターもなかなかやるもんだと拍手を送りたい。

 でもって、その沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設のために陸自のヘリが重機を空輸したことについて、自衛隊法にてらしてどんな根拠があるのか。記者会見でそう突っ込まれた網タイツの防衛大臣・稲田君が返答に窮して、防衛省の役人にブチ切れたってね。ペテン総理のご機嫌取りでここまできただけだから、自衛隊法なんておよそ読んだことないのだろう。ま、弁護士出身の代議士シェンシェイにロクなのがいない、その典型です。

【醜態】稲田防衛相が会見で側近にブチ切れる!質問に答えらず30秒間の沈黙も!沖縄・高江の自衛隊ヘリ使用問題で

 そう言えば、富山市議会では領収書偽造問題でてんやわんやなんだが、網タイツの防衛大臣にも領収書偽造疑惑あったんだよね。新聞・TVはまったくスルーしてるけど、鮨友メディアの正体見たりってところでしょうか。

富山市議の不正と同じ手口なのに…テレビはなぜ稲田朋美防衛相の“白紙領収書”問題に一切触れないのか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

「盛り土については聞いてない。僕はだまされた」(石原慎太郎)。築地市場移転の張本人が、アホぬかせ。

 築地市場の豊洲移転を画策した張本人、言わずと知れたレイシスト石原がようやく口を開いたと思いきや、思いっきり言い訳のオンパレード。挙句には、「ボクちゃんは騙された」だとさ。

「(盛り土が行われていないと聞いた?)聞いていません。これは、僕はだまされた。結局、していない仕事をしたことにして、予算出した。そのお金は、どこに行った。都の役人は、腐敗している」

 天に唾するのはいつものことで、そりゃあ週に2回しか都庁に出勤しないんだもの、そんな知事待ってた日にゃ進む話も進みません。というわけで、何の説明もなかったとしたら、それは身から出たサビってやつです。

・・石原慎太郎氏、築地移転問題に「僕はだまされたんですね」…BSフジ番組で語る

 しかし、ああそうですかと頷くわけにはいきませんね。なんてったって東京ガスの跡地という、汚染されてることがハナから指摘された土地に築地市場ほを持っていこうなんてことを考えついた時点で、何らかの利権がからんでいることは容易に想像がつこうというものだ。都民どころか国民の台所でもある築地市場を、事もあろうに毒をたっぷり含んだ土地に数千億円もかけてわざわざ移転するってのは、よほどおいしい金の流れが絡んでいない限り、正気の沙汰ではありません。

 レイシスト石原の子分だった獅子頭・猪瀬君なんか、「築地→豊洲移転は90年代からの長い検討過程があって決まったこと。だから原理主義的な反対運動は前向きでなく蒸し返しで不毛になる。どう改善するかだ」なんてことをツイッターでほさぞいてるんだが、物事には蒸し返さなくてはいけないってこともある。特に、政治マターはそのプロセスにおいて瑕疵が発覚した時は大いに蒸し返して、その責任が奈辺にあるのかを追求しなくてはいけない。

 おそらく、レイシスト石原がここにきて口を開いたのは、追求の火の粉が自らに降りかかる前に、都の役人に罪をおっかぷせようって腹に違いありません。豊洲問題はへたすると東京オリンピックにまつわるよからぬ噂にも飛び火する可能性がありますからね。いまのうちに都の役人を悪者にして、責任回避の布石を打っとこうって魂胆もあるのかも・・・ま、いつもの妄想だけど。

 でもって、出演したTV番組の中で、「豊洲移転問題では(新たな)スキャンダルが出そうなんですよ。(盛り土問題と)2つ合わせて、都の役人は腐敗していると思った」って何やらほのめかしているのも気になるところだ。何だ、新たなスキャンダルって。ひょっとして、都議会のガン・内田君絡みの案件でもあるのか。自分の身の安全のためなら、他人を陥れるようなことを平気でやれちゃう男ですからね。結末やいかに・・・です。

豊洲市場 「盛り土は有害物質対策に必要」 専門家会議元座長が指摘

 最後に、沖縄・高江ではついに陸自のヘリが米軍ヘリパッド建設のための重機の空輸を始めた。米軍と自衛隊の一体化がどれほど沖縄の心を刺激するかわかっていてこれだもの。国が県に喧嘩売ってどうする、クソっ!

高江ヘリパッド 自衛隊ヘリによる異例の重機搬入

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

富山市議会のいかれた議員たちが糾弾されてるけど、地方議会のハチャメチャぶりは全国津々浦々似たようなもので、その頂点が都議会ってことです。

 築地市場移転にまつわる諸々の疑惑は、都議会のあり方そのものも問われているような気がするのだが、都議会だけでなく地方議会って昔ながらのボス政治そのままで、どこもその闇は深いんだろうね。その典型が政務活動費不正受給疑惑の富山県で、なんと自民党議員の3分の1のシェンシェイが真っ黒けのけだそうです。

 最初は知らぬ存ぜぬだったのにとうとう切羽詰っちゃったようで、3人の市議が辞職。残りの面々は今日にも会見するそうだが、どんな言い訳するんだろう。ま、常識で考えれば、総懺悔で全員辞職が妥当なんだろうけどね。辞職した市議の中には、取材中の女性記者を押し倒してメモをふんだくった自民党会派の会長もいるんだが、この男はなんと自殺未遂までしでかしている。どれだけ闇が深いかわかろというものだ。

富山市議、政活費不正で3人目の辞職 「議員資格ない」

政活費を遊興費に」辞職の前富山市議、認める

 それにしても、領収書を偽造してまで政務活動費を不正に受給してたってことは、明らかに犯罪だろう。公文書偽造、詐欺は間違いない。こんな輩を、辞職しました、ごめんなさいで済ませてはいけない。民間の企業だったら、解雇されたあげくに告発されて刑務所行きってのが普通だろう。

 おそらく、富山市議会のハチャメチャぶりってのは氷山の一角で、全国津々浦々いかれた地方議員ってのは蔓延してるんだろうね。その頂点が東京都議会なんだが、豊洲新市場の汚染問題をきっかけに、ぼったくりバーのチーママ・小池君は引くに引けないことになってきたから、都議会の闇を曝け出すにはちょいと面白い展開になってきた。へたに手打ちにしちゃうとチーママの立場そのものが危うくなりますからね。

豊洲市場 担当部署の幹部は問題把握も放置

 それにしても、いまさらのようにTVのワイドショーは豊洲一色なんだが、これって何もいまに始まったことではなくて、2008年に国の環境基準の4万3000倍のベンゼンが検出された時に大騒ぎしてなくちゃいけないんだよね。その時点で移転白紙撤回しておけばよかったのに、レイシトス石原を中心とする利権グループの口車に乗っかって、一部を除いてほとんどの新聞・TVがスルーしたのがいまの醜態につながってるってわけです。

 その意味では、新聞・TVも共同正犯みたいなもんで、何をいまさらって思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

「情報銀行」で個人データ管理の企み。そのうちICチップ埋め込まれて家畜化されるかもね、おお、コワッ!

 かつてのTV映画「三バカ大将」を彷彿とさせる民進党の代表選で、風呂上がりの口先番長・前原君と泣き虫・玉木君が普天間飛行場の辺野古移設について「見直しも視野に入れて議論すべきだと主張」したってね。へえ~、それは拍手だ。で、クラリオン蓮舫君はというと、「辺野古移設の堅持を唱えた」そうで、ここにきてノブタ色がどんどんあらわになってきとります。どうして沖縄で代表選討論会しないんだろうって思ってたんだが、「辺野古堅持」なんて言葉が飛び出すようじゃ、どのツラ下げてってことになっちゃうから、行くに行けないわけだ。

辺野古移設見直しも視野に議論を 民進・前原、玉木両氏が主張

 民進党がコップの中の嵐にもならないような幼稚な代表戦繰り広げてるうちに、ペテン政権は「個人のネット通販の購買履歴や健康情報などを一括管理する『情報銀行』の仕組みをつくるため、2017年度にも企業向けの指針を策定」するってね。いやはや、マイナンバーがうまく機能してないからなのかねえ、どうあっても個人情報を国が一括管理したくて仕方がないようだ。

 「ポイントカードなどの利用で民間企業が蓄積するデータが増えるなか、個人が情報の提供先を選べるようにして、情報の無断使用の防止にもつなげる」なんてのはおためごかしで、つまるところは高度な監視国家を構築して、一般大衆労働者諸君の家畜化を図ろうってのが本音なんじゃないのかねえ。

「情報銀行」創設へ指針 政府、通販データ管理などで

 参議院選挙時の大分県警による野党候補者の関連施設盗撮は、明らかにそうした監視社会の先駆けみたいなもんで、クラリオン蓮舫君の二重国籍問題だって官邸のアイヒマンと呼ばれる北村情報官が影の仕掛け人という噂もありますからね。監視だけでなく、政権に楯突く者は政治家は言うに及ばず民間人だってスキャンダルで潰しにかかろうって魂胆なんだろう。そのためには、個人情報というのは宝の山ですからね。

蓮舫問題も仕掛けた? 安倍が重用する“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官は特高警察を称賛する危険思想の持ち主

 「情報銀行」に集積された個人データは、おそらく闇の市場で売買されるようになるだろう。そして、一般大衆労働者諸君には、いつのまにかICチップが埋め込まれて、見も心も素っ裸にされることになりますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2016年9月11日 (日)

豊洲新市場の盛り土費用850億円はどこに消えた!? そこには築地市場移転という枠を超えた、とてつもなく邪まな企みが・・・??

 「加藤の乱」で政局を見誤ったのが痛恨の極みだったであろう加藤紘一が亡くなった。かつて、小泉純一郎の靖国参拝を批判したことで右翼の反発を招き、自宅と事務所が放火され全焼。当時は陣笠議員にすぎなかった網タイツの現防衛大臣・稲田君は、この事件について「お家が丸焼けになった」と軽口叩いて顰蹙を買ったことがあったっけ。ともあれ、自民党のリベラルの重鎮がまたひとり逝ってしまった・・・・合掌。

 それよりもなによりも、豊洲新市場にまたしても問題が発覚。なんとまあ、土壌汚染をクリアするための基本中の基本だった4.5mの盛り土が、水産卸売場棟や青果棟などの地下ではまったく空洞のままほったらかしになっていたってね。これまでの都の説明では、「盛り土はバッチリやらせてもらってます。汚染対策も完璧」ってなってたのに、一皮剥けばこのありさまだ。

 ようするに、都が嘘ついて、仲卸業者はもちろん都民をすら騙していたってことになる。おそらく、盛り土してないことは移転プロジェクトに深く関わってきた自民党都蓮や移転推進派の仲卸業者幹部あたりは知ってたんじゃないのかねえ。だからこそ、移転延期には強行に反対したんじゃなかろうか。とにかく移転しちまえばこっちのものってタカくくっていたに違いない。

 敷地の3分の2が盛り土されてなかったっていうから、850億円とされる盛り土費用はどこへ消えたのか。おそらく、ああしてこうしてこうなったというわけで、移転プロジェクトに関わる利権グループへと流れていったのかもね。

 築地移転言いだしっぺのレイシスト石原、それを引き継いだ獅子頭・猪瀬とマキゾエあたりも、けっして無関係ではないって推理も当然成り立つ。都の役人だけでこんな犯罪ともいえる裏工作ができるわけないんであって、そこにはしかるべき権力が関わっているのは間違いない。

 移転の基本的条件だった盛り土がされていなかったと言うことは、汚染対策そのものに重大な不備があったわけで、移転延期どころか白紙撤回となったとしてもおかしくない話なんだね。「食の安全」に関して嘘ついてまでも移転を強行しようというその意図に、単なる築地市場移転という枠を超えた、とてつもなく邪まな企みが潜んでいるような気がする今日この頃なのだ。

 ちなみに、豊洲新市場建設に関わっていたのは、清水建設(水産仲卸売場棟) 、大成建設(水産卸売場棟) 、鹿島建設(青果棟) のゼネコン各社。ここでも大成建設か・・・なるほどね。

豊洲主要施設、盛り土せず 水産、青果など5棟

都が「虚偽」の説明、費用どこへ消えた 「豊洲市場盛り土せず」疑問山積

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

米軍ヘリパッドの建設資材や重機を民間ヘリで空輸強行。自衛隊機を利用するプランもあるそうで、ペテン政権が仕掛ける「沖縄抗争」はなんとも薄汚い。

 何十年ぶりであろうか、昨日はついついジャイアンツを応援してしまった。やっぱり、カープ優勝の瞬間は野球場でなければ画竜点睛を欠くというものだ。

 でもって、パラリンピックが始まったのに、放送枠のなんと貧弱なこと。NHKも24時間テレビみたいなスタンスの放送はいいかげんにしてほしいものだ。日本選手にスポットを当てるのはけっこうだけど、それだけじゃ健常者のオリンピックと何も変わらない。バラリンピックには健常者のオリンピック以上に外国のスーパー・アスリートがわんさかいる。彼らの勇姿にも渾身のエールを送りたい。

 ところで、沖縄・東村高江では、米軍ヘリパッド建設のために民間ヘリコプターによる重機や建設資材の空輸が強行された。なにがなんでもヘリパッド建設を強行するぞというペテン政権の意思表示ってわけだ。選挙のたびごとに示される「基地建設NO」という住民の意思を無視してのこの暴挙は、少なくとも沖縄には民主主義が存在しないということの証だろう。

 民間ヘリで運べない重機については自衛機を利用しようというプランもあるそうだけど、さすがに自衛隊は腰が引けているとか。「自衛隊は不発弾や急患の輸送などで、少しづつ支持を得てきた部分もある。工事に協力すれば『米軍と一体化』など批判の矛先が向きかねない」(防衛省幹部)という声もあるとか。それは現場の自衛隊員の本音でもあるんじゃなかろうか。3.11以降、災害救助に貢献したくて自衛隊に入ったという隊員もいるんだよね。彼らは戦争するために入隊したわけじゃない。おそらく、安保法制=戦争法についても同じような考えを持っている自衛隊員は多いと思う。

<米軍ヘリパッド>沖縄防衛局、民間ヘリで資機材を搬入

Origin_1_2
沖縄タイムスより

 座りこみをする住民を排除するために派遣された県外の機動隊員の中からも「俺、何やってんだろう」という声が聞こえてくるとかこないとか。現場で市民と肉体的に衝突して、初めて感じる何かが絶対にあるはずなんだね。精神的にも肉体的にも機動隊員は疲弊しているに違いない。大げさに言えば、イラク戦争の米兵みたいなもんだ。

沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設には、「戦争の訓練のために、この美しい自然を破壊することは狂気だ」とイラク戦争などにも派兵された元米兵からも反対の声が上がっている。沖縄が日本というコップの中の嵐ではなくなることを、ペテン政権はイッチャン恐れているはずで、海外に向けた情報発信というのも、これからは必要になってくるに違いない。

・ヘリパッド移設抗議行動に元米兵も 「狂気」と計画批判

 それはともかく、網タイツの防衛大臣・稲田君は今日にも東村の村長と会談するらしい。そこで何が話し合われるのか。まさか、金で頬をはたくようなことをするんじゃないだろうねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

いわくつきの「海の森水上競技場」に官製談合の噂。落札したのは新国立競技場、辺野古新基地にも関わっている大成建設・・・ペテン政権御用達か!?

 2020年の東京オリンピックは招致の段階から怪しげな金の流れが指摘されて、そこに新国立競技場やエンブレム問題が浮上。ハナっから大きな利権が動いているんじゃないかと噂されていたんだが、ああ、やっぱりね、ということで、今度はボートとカヌー・スプリントの競技会場となる「海の森水上競技場」の入札に官製談合疑惑が・・・。

 そもそも、この「海の森水上競技場」というのは、風が強すぎてボートやカヌーには不向きだと選手や競技団体が早くから指摘していたんだね。さらに、騒音や環境への影響も懸念されていたといういわくつきの代物だ。さらに65億円の予算がいつのまにか1038億円というベラボーな額にまで膨れ上がって、これじゃああんまりだっていうんで試算を見直した結果、約491億円で決着したという、真っ黒けのけのプロジェクトなのだ。

 そこへもってきての官製談合の噂なんだが、なんでも入札に参加したのが大成建設だけで、「248億9863万9680円の予定価格に対し、大成のJVの入札価格は248億9832万円だった。予定価格を上回れば、入札不調となるが、わずか31万円ほど安いギリギリの価格での落札で、落札率で言えば99.99%となる」んだとか。

 しかも、この競技場はオリンピック後も利用される恒久施設で、これまでなら審査委員には外部有識者がいるのが常識なのに、6人の審査委員のうち5人が都港湾局の職員というから、プンプン匂ってきますね。

大成建設、五輪会場99.99%落札に疑問の声

 落札したのが大成建設というのも、大いに興味のあるところだ。なんてったって、大成建設は貧相顔の官房長官・菅君のご子息の勤務先であらせられますからね。新国立競技場も辺野古新基地にも大成建設が関わっているってのも、なにやらペテン政権御用達ってイメージなんだね。

 おそらくシンキロー森君も一枚噛んでいるあろうこのプロジェクトは、東京オリンピックをめぐる巨大利権のシンボル的な存在でもあるわけで、ぼったくりバーのチーママ・小池君は、「海の森水上競技場」を視察して「500億円を海に捨てるようなもんだ」とお冠だそうだが、“都民ファースト”を演出するパフォーマンスってこともありますからね。

 なんてったって、小池君の後釜を争う衆議院東京10区補選の自民党公募の論文テーマが「東京五輪・パラリンピック成功に向けた国と都の連携と方策、課題」ってんだから、十分にチーママを意識してのことは疑いの余地がない。つまり、表面上は抗争を装っていても、裏ではしっかり手打ちが進んでるってことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

原発コストを新電力にも負担させようという企みが進んでいるらしい。原発のツケはすべて国民に回そうって魂胆か。

 鹿児島県の三反園知事が九電に改めて川内原発の一時停止を要請。九電は、「安全対策で最大限譲歩するからご勘弁を」ってことで、この要請をまたしても拒否したそうだ。知事が強権発動して原発停止させることは法的にも不可能だから、このままだとお互いの言い分をぶつけあうだけでラチがあかないのでは。こうなったら、一時停止だなんて生ぬるいことではなくて、もっとドラスティックに、たとえば熊本周辺で起きている地震の危険性を根拠に稼動停止を要求するくらでないといかんのではないだろうか。

<川内原発>即時一時停止を再要請 鹿児島知事が九電に

 ところで、電力自由化で大手電力から新電力に乗り換える消費者が増えているようなんだが、そもそも電力自由化ってのは新電力が参入することで電力会社同士の競争が促され電気料金の引き下げにつながるってのが趣旨だったはずなんだね。

 ところがどっこい、これ以上大手から新電力に契約変更する消費者が増えたら、「原発の廃炉や原発事故の賠償にかかる巨額の費用を賄えなくなる可能性」があるからって、そのコストを新電力にも負担させようってプランが持ち上がってるんだとさ。つまりは新電力の料金にその分は上乗せされるわけで、「価格競争で料金引き下げを図る」という電力自由化の基本は換骨奪胎されちまうってことだ。

 ようするに、いまのうちに新電力にもコストを負担させることで、大手電力会社の救済に手を打っておこうってことだ。原発にかかわるすべてのツケは一般大衆労働者諸君に回ってくるってわけです。

 早ければ来年の通常国会に電気事業法の改正案が提出されるそうで、新電力ってのは、結局のところ新たな資金調達の方便になってしまったってことです。電気料金は大手電力会社を救済するための税金ってわけですか・・・なんてこったい。

<原発コスト>新電力も負担、政府調整 料金に上乗せ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

小池応援団の処分問題と衆院補選を絡めての報道は、知名度の低いヤメ検にとって大きなアドバテージとなるだろう。これって偏向報道じゃないのか?&築地移転にまつわる怪しげな金の流れが発覚!?

 都知事選でぼったくりバーのチーママ・小池君を応援したヤメ検のエロ髭・若狭君の処遇がどうなるかと思っていたら、なんとまあ厳重注意でシャンシャン。しかも、チーママの後釜として衆院東京10区補選の自民党公募に応募することも認められた。小池応援したら一族郎党処分するぞってお達しは、結局のところただの脅しだったってことか。

 チーママが落選してたら即刻除名だったんだろうが、自民党のまま都知事に当選しちゃったから事を荒立てることはないってことね。ようするに、何の信念も理念もない政党でございますって自ら言ってるようなものだ。もっとも、それは自民党に限ったことではなく、この国の政党の業みたいなものなのだが・・・。

 それはともかく、ただでは転ばないのが自民党で、エロ髭・若狭君の処分問題を衆院東京10区補選に絡めることで、新聞・TVを選挙運動に上手に使っとります。土建政治の二階君との会談を終えたエロ髭・若狭君をまるで凱旋将軍のように取り扱ってますからね。テレビ朝日『スーパーJチャンネル』なんか、そのへんを突っ込まれることを百も承知だったんだろう、このニュースの最後に既に発表されている民進党と共産党の候補者をアリバイつくりで紹介していた。これって、都知事選の時のその他の候補者ってやつと同じ扱いだね。

 公示前だってのに、「小池都知事も支持してくれる」なんて見出しが新聞紙面を飾るんだもの、それだけでエロ髭・若狭君の知名度は急上昇。投票前に勝負あったようなものだ。陸山会事件では郷原弁護士にさんざん論破されたヤメ検が、いまや時の人ですからね。腐ったとはいえ、新聞・TVの影響力というのはまだまだ侮ってはいけないということだ。もうひとつ言えば、ペテン総理の鼻薬がここでも効いているってことなんだね。

衆院東京10区 出馬意向の若狭氏に厳重注意処分 自民、分裂回避を模索

 ところで、築地市場の移転問題なんだが、これまでも自民党都連と中卸組合の幹部との癒着が噂されていたんだが、移転推進派が「2013年の東京都議選直前に、自民党東京都連(自民党東京都支部連合会)に200万円の献金をしていた」って週刊文春がスクープしている。

 なんでも、築地・水産仲卸政策協力会ってのが献金していたそうなんだが、「この政策協力会は、築地市場に住所を置く任意団体で、政治団体としての届け出はない」のだとか。さらに、「代表を務める伊藤淳一氏は、東京魚市場卸協同組合(東卸)の理事長を務め、移転推進派の中心人物」で、この御仁はチーママ・小池君のヒアリングの時に声を荒げるようにして移転を主張している姿がニュースで流れていた。

 ところが、この献金については、組合員には知らされていなかったというから、なにやらきな臭くなってくる。落選中だった都議会のガン・内田君がこの時の選挙で復活。でもって、移転先の豊洲市場の電気設備工事を受注したのが内田君が役員を務める企業ってんだから、まあ、皆さんやりたい放題です。

築地移転推進派が自民党都連に200万円献金

 厳重注意でエロ髭・若狭君の処分問題が幕引きされたことに、自民党都蓮は不満タラタラだそうで、そこにもってきて築地の移転問題に絡む怪しげな金の流れにチーママ・小池君が手を突っ込んできたら、それこそガチで抗争が勃発。オリンピックも含めて、すべてが卓袱台返しになったらさぞかし愉快なんだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

おんぶ政務官に続いて、スピード違反で検挙されていた沖縄北方担当大臣。さらに国会質問の見返りに5000万円疑惑の地方創生大臣。トップが稀代のペテン師だから、その部下もロクなもんじゃない。

 G20の首脳会合でペテン総理はTPPについて「日本は政治的困難を乗り越え(各国と)合意した。発効への動きを停滞させてはならない」ってまくしたてたそうだ。大統領選真っ最中のアメリカでは、クリントンもトランプもTPPには消極的な姿勢を見せているってのに、何をそう息巻くのかねえ。風の噂では、TPPなんてのはどうでもよくて、結局は日米FTAの二国間協定で決着なんてことも聞こえてくる今日この頃。嘘つき政治屋に天罰が下る日はくるのだろうか・・・。

 総理大臣が稀代のペテン師だから、その部下にもロクなのはいません。台風に襲われた被災地の視察に出かけた復興政務官の務台俊介とやらが、長靴忘れて水溜りをおんぶされて移動するという体たらく。しかも、あろうことか報道陣に「撮すな」と釘刺したってね。被災地を視察してるのに靴が汚れることを気にするとは、家財道具から何から流されて避難しているひとたちをとことん馬鹿にした話だ。

Crymginvyaepfgl

 もっと凄い大臣もいる。なんと、スピード違反、それも40kmオーバーで書類送検されてたのが、基地と沖縄振興はリンクしているとほざいた何様のつもり沖縄・北方担当相の鶴保君だ。大臣になる前の7月のことだそうで、これから略式起訴で罰金ってことになるんだろうが、これは明らかな犯罪であって、いくら大臣就任前とはいえ、引責辞任が当然なんじゃないのか。

 何様大臣は「自らの行動について反省している。今後はしっかり襟を正して職務にまい進していく」ってコメントしているけど、いや、まい進しないでいいから。そういえば、この男には、元妻に対するモラハラ疑惑もあったっけ。もう一日も早く荷物まとめて永田町から引っ越ししなさい。

鶴保沖縄北方相 7月にスピード違反で検挙

鶴保沖縄相 出産直後離婚の元妻怒らせた養育費滞納の言い分

 この他にも、国会質問の見返りに5000万円を手にした疑いがもたれている地方創生大臣の山本幸三なんてのもいる。かつての辻元清美の言を借りれば、ペテン内閣ってのはまさに「疑惑の総合商社」なんだね。

安倍内閣の新閣僚が国会質問の見返りに5千万円の重大疑惑! 稲田朋美の領収証偽造に続きマスコミはスルーか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

「貧困女子高生」にまつわる捏造記事を掲載した「ビジネスジャーナル」と、それを真に受けて女子高生バッシングを煽った国会議員は市中引き回しのうえ磔獄門に!

 ネットメディアは玉石混交で、嘘やデマが平気で飛び交う世界でもある。だから受け取り側のリテラシーが問われるのは当然なのだが、それにしてもNHK『ニュース7』が取り上げた「貧困女子高生」にまつわるニュースサイト「ビジネスジャーナル」の捏造記事はネットメディア存亡の危機につながりかねない愚行で、へたすると権力による介入すら招きかねないものだ。

 「貧困女子高生」バッシンクのきっかけになった「ビジネスジャーナル」の記事とは、どんなものかというと・・・たとえば、「エアコンがないと言っているにもかかわらず女子高生の部屋にはエアコンらしきものがしっかりと映っている」とあたかもNHKが貧困のやらせをしたのではないかと指摘。そうした指摘に対するNHKからの回答も掲載し、「貧困は社会が抱える大きな問題だが、だからといって報道でそれを捏造してしまえばたちまちに矮小化されてしまう」と偉そうに告発してるんだね。

 ところが、これがこの記事そのものがすべて捏造で、NHKに取材すらしていないし、映像に映っていたとされるエアコンも確認できないということで、「ビジネスジャーナル」を運営する「サイゾー」はお詫びと訂正を出すという大騒ぎ。さらに問題なのはこの記事を書いたとされるフリーライターの存在で、そのライターの氏名はいまだに明らかされていない。このことに関してフリージャーナリストの間からは、

「取材していないのに取材した、というのは記者として完全にアウト。この禁じ手を使える人物は呼吸をするように変幻自在な嘘をつく。つまり話が面白いので編集者もだまされる。一つの媒体で問題を起こして出禁になっても、情報がなければ別の媒体でまた同じ問題を起こすだろう」(畠山理仁氏)、

「しかし、ビジネスジャーナルの「外部記者」。名前を明らかにしないと別の媒体で似たような記事書いて同様の問題起きるのでは。ほかの媒体への注意喚起の意味も含めて明らかにした方がいい気が。なにせ実名の相手を確認なし事実誤認の情報で名誉毀損して自分は匿名のままって責任が非対称過ぎるのでは」(津田大介氏)

 といった声が上がっている。おっしゃる通りなんだね。メディアの片隅に生息するくろねこもいろいろと取材をしたりする機会があるけど、取材そのものを捏造するなんて話は聞いたことがない。これまでもけっしていい評判は聞こえてこない「ビジネスジャーナル」だけど、一線を越えちゃったことは確かだろう。

 しかも、この記事をソースに、「貧困女子高生」バッシンクを煽るような国会議員のシェンシェイまで出現したんだから、こやつの罪も重い。言わずと知れたマキゾエ君の元鬼嫁・片山さつき大シェシェイだ。

・ビジネスジャーナル「お詫びと訂正」

「ビジネスジャーナル」捏造事件、そしてリテラと株式会社サイゾーの関係についての謝罪と説明

 東京新聞はこの問題を「こちら特報部」で取り上げていたが、それ以外の新聞・TVはほとんどが無視している。しかし、事は女子高生に対する名誉毀損すらもはらんでいるわけで、これは“事件”だ。片山君の女子高生に対するdisりだって、見逃すわけにはいかない。なんてったって、国会議員がネットの捏造記事を事実確認もせずに鵜呑みにした挙句に、女子高生バッジングに手を貸したんだからね。6日から始まる臨時国会では、懲罰動議で除名にしてくれたら愉快なんだが・・・。

1

2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年9月 4日 (日)

【民進党代表選】 野党共闘を牽制するんじゃなくて、なすベきことは自民党との違いをハッキリさせることだろう。

 ペテン総理がコスプレしたくらいで政権の支持率が上がるというお気楽日本。新聞・TVもくだらないパフォーマンスにお追従するんじゃなくて、オリンピックを政治利用した愚かさをなぜ問わない。

 お気楽なのは一般大衆労働者諸君だけではありません。民進党代表選に立候補した3人もなかなかの能天気ぶりを発揮してくれてます。日本記者クラブでの記者会見では、経済政策について「結果的にマエハラノミクスと言われればいい」(前原誠司)、「タマキノミクスを出したい。1つは子供国債だ」ってやりあったそうで、こんなセンスじゃ、落語家だったら前座にもなれません。おそらく、入門すらことわられるだろう。

 当初は無投票で代表決定と噂されていた蓮舫君も、「私はバリバリの保守」なんて野党共闘を牽制するような発言しちゃって、しょせんはノダメの仲間ってことをさらけ出しちゃってます。ついでに言えば、口先番長の前原君を早々と支持したアニー山尾君にもガッカリ。

民進党代表選 蓮舫氏の「上から目線」に党内から心配の声も

 それにしても盛り上がらない代表選だこと。その一番の原因は、3人が3人とも野党共闘に腰が引けた発言ばかりしていることだ。なかでも、口先番長の前原君なんか、「共産党主導の野党共闘は絶対駄目だ。われわれが主体の軸に変えなければいけない」だとさ。参議院選挙の1人区で野党が善戦したのは野党共闘あればこそってことがわかってないんだね。

 いま民進党がすべきことは、野党共闘を批判するのではなくて、自民党との違い、明確な差別化を図ることなのだ。口先番町のような本籍は自民党なんて輩は、とっとと民進党から出て行かなくてはいけない。ましてやも、代表選にしゃしゃり出てくるなんてもっての他だ。

 次代のエースなんて持ち上げられて調子こいちゃった玉木君もロクなもんじゃない。「問題はわれわれが主導権を持ちながら(候補者)調整ができるかどうかだ。引きずられるような形でやるのは大反対だ」って共産党を牽制する始末だ。

前原・玉木氏、共産主導の共闘反対=蓮舫氏「民進再建が先」-代表選

 おそらく、最終的には蓮舫君で決まるんだろうが、なんだか昔のTV映画『三バカ大将』を髣髴とさせる民進党代表選ではある。

 最後に、本来なら民進党に期待したいところなのに、disらざるを得ない一般大衆労働者諸君の心情をこいつらは理解しているんだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

原子炉容器の強度不足疑惑でも原発は運転続行。車だったら即リコールだろうに、スゲー度胸だこと&「ワンセグにもNHK受信料の義務」(高市総務大臣)。これって、政治家による司法介入じゃないのか!?

 オリンピック招致疑惑にっいて、JOCが検証を委託していた調査チームが「透明性に一定の問題があるが違法性はない」って結論を出したんだが、これってマキクゾエ君の政治資金規正法違反疑惑の時の「違法性はないが不適切」というのと同じ理屈だね。どちらも、第三者とは程遠い身内みたいなメンバーによる検証というのも似たもの同士ってことです。

 でも、オリンピック招致疑惑に関しては、フランス当局が気合入れて捜査を続けているようだから、その結果いかんではJOCは赤っ恥かくことになりますよ。

2億円超の契約、違法性なし=東京五輪招致疑惑-JOC調査チーム

 でもって、フランスの調査次第では赤っ恥どころではなくなりそうなのが原発だ。なんでも、フランスで稼働中の原発18基の重要設備に強度不足の疑いがあり、規制当局が捜査に着手したのが事の始まりとか。それが6月のことで、なんと強度不足の疑いのある設備は日本の大型鋳鋼品メーカー「日本鋳鍛鋼」がフランス国内の企業と共同で製造したものなんだとさ。

 で、問題はここからで、「日本鋳鍛鋼」は日本でも8原発13基の原子炉容器を製造していたそうだ。その中には三反園鹿児島県知事が一時停止を要請している川内原発も含まれているってんだから、さあ大変。

 対象となる原発を抱える、東電、北陸電、関電、日本原電、四電、九電の電力6社は10月末までに強度に問題がないか調査をして、その結果を原子力規制委員会に報告するって言ってるんだが、原子力規制委員会の担当者なんか「フランスでも実際に強度不足が確認されたわけではなく、あくまでも念のための調査だ」とお気楽なもんです。さらに、強度不足が判明しても、その対応については「仮の話なので答えられない」とさ。仮の話だろうがなんだろうが、「強度不足が発覚したら、即座に停止します」って言明できないところに、原子力規制委員会がどこ向いて仕事しているかわかろうというものだ。

 それにしても、原子炉容器に強度不足の疑いがあるってのに運転続行するって、スゲー度胸で妙に感心してしまう。これが車だったら、即リコールもんなんだよね。それが、国の存亡に関わる原発でこうなんだもん、なんとも無茶苦茶でござります。

国内原発13基で強度調査へ 仏で問題のメーカー製造

 無茶苦茶とくれば、化粧崩れの総務大臣・高市君がまたやらかした。ワンセグに受信料支払いの義務はないって判決が出たばかりなのに、「総務省としては受信契約締結義務の対象と考えている」ってイチャモンつけてます。司法の判断に所管大臣が異論をはさむってのは、三権分立を否定するもんなんじゃないのか。さすが「偏向報道したら電波止める」って喚いたシェンシェイだけのことはある。

・ワンセグ携帯にも「NHK受信契約の義務」 高市総務相

 化粧崩れの総務大臣・高市君の発言は、ワンセグにも受信料徴収という問題とは別に、政治家の司法介入という観点から、新聞・TVは徹底的に追求しなくてはいけない・・・のだけれど、ダメだろうなあ。1日の夜には、東京・大手町の読売新聞東京本社ビルで、渡辺恒雄読売新聞グループ本社主筆、橋本五郎読売新聞東京本社特別編集委員、福山正喜共同通信社社長、熊坂隆光産経新聞社社長、芹川洋一日本経済新聞社論説主幹、評論家の屋山太郎氏らと会食ってんだから、何をかいわんやなのだ。

首相の一日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

大雨で凍土壁溶ける。あちゃ~&放射能廃棄物を地下70mで国が10万年管理。SFじゃあるまいし、正気の沙汰ではありません&プーチン接待のための対ロ相新設。大臣の椅子も安くなったものだ。

 台風7号以来の大雨の影響で福島第一原発の凍土壁2ケ所が溶けちゃいました。増量した地下水がどっと流れ込んだのが原因とかで、つまりは流水で氷が溶けるようなものなのだろう。この修復にどのくらいの費用がかかるのか東電は明らかにしていないようだけど、もうゼネコンが儲かるだけの凍土壁なんか止めちゃって、石棺でもなんでもいいから発想の転換しなくちゃダメだろ。

福島第一、地下水が急上昇 大雨続き凍土壁2カ所溶ける

 でもって、野積みになっていた放射性廃棄物の入ったフレコンバッグは、案の定、台風で水浸し。まさか、このまま何年も野積みのままってことはないだろうね・・・なんてことを考えてたら、なんとまあ、「原発の廃炉で出る放射性廃棄物のうち、原子炉の制御棒など放射能レベルが比較的高い廃棄物」を「地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300~400年間管理させる。その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する」んだそうだ。

 いやはや、まるでマンガだね。10万年間も国が管理って、こんなことをマジで口にするそのセンスはもういっちゃってます。一口に10万年って言うけど、いまから10万年前ってのはネアンデルタール人の時代だ。日本はまだ大陸と地続きで、これからの10万年でさらなる地殻変動だってあるだろうから、その時に日本が存在していることも疑わしい。こんなにも頭の温かい連中が仕切っている原子力行政ってのは、それだけでいかにいい加減なものかわかろうというものだ。

制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針

 その大元締めが経産省なんだが、トップがあのゲッペルス気取りの世耕君で、なんとその世耕君がロシア経済分野協力担当相なんていう、ようするにロシアのプーチン訪日のための接待役を仰せつかったってね。それにしても、凄い役職だ。ペテン総理ってのは何かにつけて大臣の椅子を乱発するんだが、それにかかる経費ってのもバカにならないんじゃないのかねえ。

 なによりも、新設大臣のほとんどが兼務ってのもおかしな話なのだ。大臣ってそんなにいくつも兼務できるほど暇なのかと。たとえば、ゲッペルス気取りの世耕君は、これまでも経産相の他に原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)を兼務している。出世のためならプライドもかなぐり捨てて姉に振られて妹の婿に入った一億総活躍担当の加藤君なんか、働き方改革担当、女性活躍担当、再チャレンジ担当、拉致問題担当、内閣府特命担当大臣(少子化対策男女共同参画)と、自分でもどんな役職についてるのかわけわかんないんじゃないだろうか。

・ロシア経済分野協力担当相を新設、世耕経産相が兼務

 ペテン政権になってから大臣の椅子がどれだけ安くなったことか。なかでも、イッチャン安くなったのが総理大臣の椅子で、組織は上から腐るとはよく言ったもだ、と感心してしまう花金(古いね)の朝であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

移転を勝手に進めた連中の責任はほったらかしで、「延期」表明したとたん「維持管理費として1日700万円の負担」と喚き始める御用メディア。

 三反園鹿児島県知事の川内原発一時停止要請に九州電力がダダこねてたら、熊本で震度5の揺れ。九州の地震はけっして収束なんかしていないことがよくわかる。それどころか、さらなる活発化だって囁かれているわけで、いまのうちにしっかりと九電は知事の言葉に耳を傾けないと東電の二の舞になりますよ。

九州電力 川内原発一時停止の要請に応じずで調整

 ところで、築地市場の移転問題なんだが、ぼったくりバーのチーママ・小池君が「延期」を宣言したとたんに、新聞・TVは一斉に「延期中も豊洲市場の維持管理費として1日700万円ほどが都の負担としてかかる」って喚き始めてます。記者会見では、「築地市場を使い続ける場合でも、衛生面や施設の老朽化、アスベストの問題など、安全性のリスクがあるのではないか」なんて質問が飛んだようだけど、こういうのって築地市場の移転が持ち上がった時にメディアが独自の検証すべきだったんじゃないのか。

 そもそも、東京ガスの跡地が移転先と決まった時点で、汚染問題は多くの専門家が指摘していたことで、そのための調査費用は膨大な額になってるんだよね。「1日700万円の負担」なんてのとは比べ物にならない都税が注ぎ込まれているわけで、レイシスト石原を筆頭に移転プロジェクトの利権に群がった都議会議員や築地市場の関係者の責任はいまいずこなんだから嫌になっちまうのだ。

 新聞・TVは、よく「一部の移転反対のひと」って言葉を使うんだが、これはとんでもない話で、大方の中卸業者はいまの状態での移転には反対なんだよね。水質検査が終了して、都が「安全宣言」してからの移転を希望しているわけで、新聞・TVが言うような一部のわからず屋が反対しているのではない。「安全宣言」ってのはけっこう肝で、こうすることで安全性に関する都の責任が明確になりますからね。これはけっこう高いハードルで、仮に水質検査の結果、「移転」が決まったとして、チーママ・小池君にそれだけの度胸があるやなしや。

 さらに、東京オリンピックのための環状2号線なんて後付けの話まで絡めちゃって、ますます築地移転を政治問題化してるんだから世話はない。

 チーママ・小池君の「延期」宣言を批判する前に、まずは原点に戻って築地移転というプロジェクトそのものの闇の部分を白日のもとにさらすことが重要なんであって、チーママの言っている移転についての3つの疑問のひとつである「情報公開」というのはとても意味あることなのだ。もっとも、それはまた都議会のガン・内田君を徹底追及することに繋がるから、昨日も書いたように果たしてチーママにそれだけの覚悟があるのか・・・ここは見ものですね。

【全文】小池都知事、築地市場移転の延期を表明「既定路線でも都民ファ-ストでないものは考え直す」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »