« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

小沢一郎と野田佳彦が会談・・・怪談の間違いじゃないのか&民進党、消費税増税延期法案に反対決定。てことは消費税増税賛成ってことか? 

 韓国の朴槿恵大統領が政治生命の危機でてんやわんや。裏には統一教会がなんて噂もあって、どこぞの国の総理大臣も同じようなものだから、そのうちこの男も失脚すればいいのに。

国政介入:崔順実氏と統一教会系「世界日報」の奇妙な関係

 そんなことより、オザワンとノダメが会談したってニュースが流れている。なんでも、「次期衆院選での野党共闘の在り方や衆院東京10区、福岡6区の両補欠選挙の敗因について意見交換」したそうだが、果たしてどちらから声を掛けたんだろう。オザワン抜きの野党共闘を喚いたり、共産党嫌いの連合に詫びを入れたりするようなノダメから、いまさら声を掛けるとも思えない。かといってオザワンがノダメと手打ちするような政局オンチとも思えないし、ふ~ん、政治家のやることは一般大衆労働者諸君の理解の範疇を超えてます。

 何が話し合われたにせよ、次の衆議院選挙では野党乱立では勝てるわけもなく、どうしたって本格的な野党共闘を組めなければ自民圧勝ってことになって、自民党総裁任期延長もあって一気に改憲に向けてなだれ込むことになりますからね。日経新聞は「手打ちか」なんて言ってるけど、そんな甘いもんにゃおまへんにゃ。まだまだ一波瀾も二波瀾もあることは間違いない。

民進・野田、自由・小沢氏が会談 野党共闘で意見交換か

 でもって、民進党は「消費税率を10%に引き上げる時期を来年4月から2年半延期するための法案について、アベノミクスの失敗によるものだとして、今後の採決で反対することを決めた」そうだ。フランケン岡田が代表の時には消費税率の引き上げを延期するための法案を提出しているから、これって大きな政策転換ってことになる。

 で、その意味するところなんだが、聞きようによっては「消費税増税賛成」とも取れるんだよね。そもそも、ノダメが代表の時に「税と社会保障の一体化」ということで、自民、公明と消費税増税を合意したわけだから、ひょっして先祖返りってことか。だとしたら、民進党は確実に潰れますね。ていうか、潰さないとダメだろ。

消費税率10%引き上げ延期法案 民進が反対決定

 11月にも新たな公約を発表するそうだが、そんなことよりもノダメ一派との決別宣言が先だと思うけどねえ、民進党は。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

豊洲の地下水管理システムの破綻は、都議会のガンが役員の会社による手抜き工事が原因か!?

 豊洲新市場の地下水がいっこうに減らないってんだが、これって地下水管理システムそのものが出鱈目ってことなんだね。でもって、そのシステムを請け負ったのが、都議会のガン・内田君が役員として科関わっていいる会社で、明らかに利権がらみの手抜き工事の結果だろう。

豊洲新市場 地下水管理は破綻 共産党都議団調査で判明 都のシステム機能せず

“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注

ああ、それなのに、なんで新聞・TVはそこんところを突かないのかねえ。豊洲新市場の闇ってのは、すべてこうした業者と政治家との癒着関係から端を発しているわけで、そこを暴いていけばおのずと奈辺に責任があるのか明らかになろうというものだ。

それには、レイシスト石原と都議会のガン・内田の両君を百条委員会というお白洲に一刻も早く引きずりだすこと。もう待ったなしなんだから、ぼったくりバーのチーママ・小池君にとってはここが正念場ってところか。

【くろねこの競馬予想】

天皇賞のエイシンヒカリは逃げてこその馬だけに、展開次第では去年と同じように馬群に沈む可能性がある。マークもかなりきつくなるだろうから、ここはエイシンヒカリを目標にレースを組み立てる差し馬が有利。というわけで、札幌記念を叩いたモーリスが本命。相手は、もちろんエイシンヒカリ。まとめて差し切るならば、毎日王冠2着のアンビシャス。去年2着のステファノスも要注意。
◎ネーリス、○エイシンヒカリ、▲アンビシャス、△ステファノス、ルージュバック、サトノノブレス、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

「核禁止条約交渉」反対の言い訳があまりにも意味不明すぎて、日本は世界の笑い者になっているに違いない。

 国連の「核禁止条約交渉」に日本は反対したって騒いでいるけど、アメポチ政権が続く限りは取り立てて不思議なことじゃない。なんてったって、ペテン総理はアメリカの顔色うかがって政治しているだけなんだから、そこに特段の理念なんてものはないんだよね。

 それは、ペテン総理や外務大臣の昼間の幽霊・岸田君の言い訳を聞けばよくわかる。

岸田
「核軍縮を実効的に進めるには、核保有国と非保有国の協力がなければならない。国際社会の総意で進められるべきだと強く求めたが、受け入れられなかった」

安倍
「日本は被爆国であるからこそ現実に核なき世界に向かって進めていきたいと考えたわけでございます」

 頭大丈夫かってほどの意味不明な言い訳だ。そのくせ、「核兵器廃絶決議」ってのを日本が主導して採択されているんだが、これまで反対してきたアメリカが共同提案国になったことで「核軍縮を現実的に実践的に進めるという日本の考え方が幅広く支持された結果だ」て胸張っちゃうんだからどうかしている。これって、「核禁止条約交渉」反対とのバーターってことだろう。

核兵器禁止条約 決議案が国連の委員会で採択 日本は反対

 そもそも、「核禁止条約交渉」と「核兵器廃絶決議」のどこが違うのかってことなんだが、「核禁止条約交渉」は実験・保有・使用までの「全面禁止」(実験・保有・使用)、「核兵器廃絶決議」は核拡散防止を中心とした「段階的縮小」が目的ってことなんだね。昼間の幽霊が言う「核軍縮を現実的に実践的に進める」ってことは、いまある核の抑止力を認めた上で、話し合いしつつどうにかしましょうよという、なんのことはない単なる現状維持ってことだ。そんないいかげんなものだからこそ、「核不拡散条約」に加盟していないインドに原発を売りつけたりできちゃうんですね。

 それに比べて、「核禁止条約交渉」は有無を言わせない「全面禁止」ですからね。そりゃあアメリカの核の傘があればこその中国挑発外交を展開するペテン総理にとっては、どんなことがあったって「核禁止条約交渉」に賛成するわけにはいきません。被爆国でありつつアメポチの核保有論者というダブルスタンダードのなせる業ってことだ。

 ペテン総理が最大の脅威だって喚き散らしている北朝鮮は、「核禁止条約交渉」に賛成しているんだよね。日本が賛成に回れば、「核禁止条約交渉」を楯に北朝鮮と交渉だって優位に立てるだろうに・・・。ちったあアメリカに吠えまくるドゥテルテの爪の垢でも煎じて飲んだらどうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

櫻井よしこ、渡辺昇一、百地章・・・「生前退位」を議論する有識者会議のヒアリングメンバーがとんでもないことになっている。

 大麻騒動があったと思ったら、三笠宮さんが亡くなって、このどさくさはTPP強行採決派にとっては絶好のチャンスってところか。

 でもって、三笠宮さんなんだが、戦時中から極めてリベラルな宮様だった。その三笠宮さんが、戦後の皇室典制定時に天皇の「生前退位」について言及していたってね。「必要最小限の基本的人権としての譲位を考えたほうがよいと思っている」とかなり踏み込んだ発言をしている。さらに、「『死』以外に譲位の道を開かないことは新憲法第十八條の『何人も、いかなる奴隷的拘束を受けない』といふ精神に反しないか?」とまで言及している。

三笠宮さま逝去 「戦争は罪悪」平和を希求

生前退位容認の意見=皇室典範制定時に-三笠宮さま

 そんなリベラルな宮様が亡くなったその日に今上天皇の「生前退位」について議論している有識者会議が、意見聴取する16人のメンバーを決めた。メンバーの中には、櫻井よしこ、渡辺昇一、百地章なんて名前が見える。ペテン総理と極めて近く、日本会議とも密接なつながりがあるお歴々だ。

 もちろん、「生前退位」には反対で、皇室典範に手をつけるなんてもってのほかというスタンスを日頃から口にしている連中だ。皇室典範が俎上に上がると、必然的に女系天皇の問題まで議論することになりかねませんからね。女系天皇を是が非でも阻止したい日本会議にしてみれば、ここはどうしても彼らをメンバーに送り込みたかったはずだ。ペテン総理はそうした意を汲んだってことです。

 つまり、「生前退位」を議論する有識者会議そのものも含めて、結論ありきで事が進んでるってことだ。今上天皇がビデオメッセージで伝えたかった「象徴天皇とは?」という問いかけなんかまったく無視して、「ご公務の軽減」なんてことに話を矮小化してるんだね。

 これって極めて「不敬」なことで、つむじが右に曲ったひとたちにとって、天皇はあくまでも利用価値のある「装置」にしかすぎないわけで、そこに畏敬の念なんてのはサラサラありません。

 それにしても、ここまでわかりやすいヒアリングの人選するとはねえ。いかに世の中すべてをペテン総理が舐めているかってことの証みたいなもんですね。天に召された三笠宮さんもさぞかし無念なことだろう。

生前退位の有識者会議、石原氏・櫻井氏らヒアリングへ

石原信雄(元内閣官房副長官)
今谷明(帝京大特任教授)
岩井克己(ジャーナリスト)
大石眞(京都大大学院教授)
大原康男(国学院大名誉教授)
笠原英彦(慶応大教授)
櫻井よしこ(ジャーナリスト)
園部逸夫(元最高裁判事)
高橋和之(東大名誉教授)
所功(京都産業大名誉教授)
平川祐弘(東大名誉教授)
古川隆久(日大教授)
保阪正康(ノンフィクション作家)
百地章(国士舘大大学院客員教授)
八木秀次(麗沢大教授)
渡部昇一(上智大名誉教授)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

「五輪会場に横浜アリーナなんて信じられない」(川淵三郎)と居丈高に喚くスポーツ貴族の卑しい根性&自民党幹事長と連合会長が会談。「一致できる政策課題で意見交換」って、アホじゃねえ。

 IOC会長が口出ししてきてからというもの、各競技団体からさかんに会場見直しにクレームがついているんだが、昨日は日本トップリーグ機構連盟がバレーボール会場変更案の撤回を求めて嘆願書を提出した。Jリーグでおいしい思いをした会長の川淵三郎君は「横浜アリーナを整備してなんていう発想が出てくることが信じられない」なんて居丈高に記者会見で吠えていた。

川淵三郎氏「五輪会場に横浜アリーナ…信じられぬ」

小池都知事が川淵氏の批判に「今がラストチャンス」 

 カヌー連盟の会長とやらも「海の森水上競技場」を見直すなんてとんでもないと血相変えてコメントしてたけど、何をそんなに頭から湯気立てて偉そうに喚きまくるんだろう。そもそも、コンパクトなオリンピックというコンセプトがなし崩し的に肥大化していったことが問題なんであって、建設費用が膨れ上がった競技場を見直すのは当然のことなんだよね。

 Jリーグでおいしい思いをした川淵君は「将来の子どもたちのために、日本のスポーツ界文化の発展のためにこそ、そういうアリーナが必要なんだということをご理解頂いて、多くの人に話して頂きたい」とも言ってるんだが、これまでそうした努力をしてこなかったのも事実なんだね。それをいまさらのように言い募ったって、しょせんは競技場欲しいよ~っていうアスリート側のわがままにしか聞こえてこない。コンパクトなオリンピックにするために競技場はどうあるべきか。そういう声が本来ならアスリートからも上がってこなくちゃいけない。

 たとえば、「横浜アリーナなんて信じられない」って川淵君はのたまっているけど、だったらオリンピック後に「有明アリーナ」にかかるランニングコストがどのくらいなのか。また、どんな活用方法があるのか。そうしたことを具体的に数字で示しつつ、議論しなくちゃいけないんじゃないのか。

 新しい競技場でオリンピックをという選手の気持ちはわかるけど、3兆円とも囁かれるオリンピック予算を考えれば、既存の施設をどう活用していくかという視点もまた必要なはずだ。1.4兆円あれば待機児童問題は解決するとも言われているのに、オリンピックに3兆円というのはべらぼうすぎるだろう。そこをねぐっての会場見直しへのクレームってのは、やっぱりおかしい。

 何が嫌って、クレームつけるオヤジどもの居丈高な振る舞いほど見苦しいものはない。スポーツ貴族の皆さんが、いかに卑しい根性しているかということが、ホント、よくわかる今日この頃なのだ。

 そんなことより、連合会長と土建政治の自民党幹事長・二階君が会談したってね。なんでも、自民党と連合が一致できる政策課題について意見交換したんだとか。共産党嫌いの連合がとうとう自民党と手を組もうってわけか。また、野党共闘をめぐる民進党の動きを牽制するという意味もあるんだろう。ようするに、連合はもはや労働者の味方ではなく、大企業の御用組合ということが改めて鮮明になったということだ。こんなクズみたいな組織にいつまでもおんぶにだっこの民進党なんかに再生の芽なんかあるわけありません。

自民幹事長、連合会長と会談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

突然降って湧いたような大麻騒動。メディアの煽りようがどうも匂うなあ&建築家まで引き連れて「アクアティクスセンター」新設を強要する国際水連幹部。図々しいにも程がある。

 芸能人のスキャンダルが突然暴露された時ってのはスピン報道を疑えということで、今回の元女優の大麻騒動も何か匂うなあ。ちょっと前には、ペテン総理の女房が関わっていた大麻栽培認可業者の男も大麻所持で逮捕されたしね。そういえば、ペテン総理の女房がその男の広告塔代わりみたいなことしていたことが報道されないのは不思議な話だ。

 噂ではTPP強行採決を前にしての大麻騒動とも囁かれているようだけど、昨夕のテレビ朝日『スーパーJチャンネル』なんかトップが大麻で、日本シリーズ中継のため時間短縮だったもんだから、結局のところそれ以外のニュースは刺身のツマ程度。化粧崩れの総務大臣・高市君の白紙領収書問題もあったってのに完全スルー。豊洲にまつわる都の質問書に対するレイシスト石原の知らぬ存ぜぬのクズ回答だって、元女優の大麻騒動よりはニュースバリューがあるだろうに、こちらもまったくの無視。

高市氏も白紙領収書 政治資金規正法を所管

豊洲盛り土問題「専門的知見ない」 石原氏の回答書公表

安倍昭恵が大宣伝していた「大麻で町おこし」の会社社長が大麻不法所持で逮捕!「家庭内野党」からの対人に拍車

 しかし、石垣島に30人の麻薬取締官が繰り出しての逮捕劇って、大げさじゃないのかねえ。さらに、TVなんか、二人の男と同居なんてことをことさらのように強調して、何かふしだらな関係でもあったかのような言いっぷりだ。本人は否認している段階なんだから、推定無罪の原則は厳守した上で報道すべきだろうに、まるで犯人扱いだもんね。逮捕=犯人ではありませんから、念のため。

 そんなことより、国際水連の事務局長とやらがぼったくりバーのチーママ・小池君と会談。「都民や日本の水泳競技のためのレガシーが非常に重要」だから、予定通りにアクアティクスセンターを新設しろって釘刺したそうだ。こいつらなんとかのひとつ覚えで「レガシー、レガシー」ってうるせえんだよ・・・なんて悪態のひとつもつきたくなろうというものだ。そもそも、「レガシー」なんてのは上から押し付けられるものではない。自然発生的に国民ひとりひとりの心の中でイメージされていくものだ。

国際水連事務総長、小池知事に会場新設を要望

 しかも、この事務局長は水泳関係の建築家を引き連れてきている。おかしな話だよね。ひょっとしたらアクアティクスセンター建設に一枚噛ませろってわけか。なんか図々しいというか、日本を舐めてんじゃないの。ていうか、JOCが足元見られてるってことなんだろう。オリンピック誘致に関して何らかの利権の取り決めがあったんたじゃないのかねえ。でなけりゃ、IOC会長まで乗り出してきて、ああでもないこうでもないって大きなお世話するのは奇妙ですからね。

 会場見直しのアドバルーンを上げたまではよかったけれど、チーママ・小池包囲網はけっこう厳しそうだから、結局のところ予算縮減しましたということでシャンシャンってことになるのかも。国際水連の事務局長に同行した建築家は、その縮減幅の中で利権を少しでも多く手にするためのアドパイザーだったりして・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

問題提起だけして大騒ぎはするけれど、実のところ何ひとつ決められない小池都政。

 知らぬ存ぜぬと逃げまくるレイシスト石原君に、ぼったくりバーのチーママ・小池君が改めてヒアリングを要請するらしい。もうまだるっこしいことはやめて、とっとと百条委員会設置してお白洲に引きずりだせばいいのに。

豊洲新市場問題、小池都知事は石原氏に再度ヒアリング要請へ

 このところオリンピックの会場見直しですったもんだしていたから豊洲新市場については一段落ついたようなムードが漂っているけど、実は何も解決してないんだよね。豊洲の次はオリンピックって具合に次から次にアドバルーン上げる手法はまんまお子ちゃま弁護士の橋↓君と同じで、さすが慶応の教授だのかつての維新の会のブレーンがチーママに付いてるだけのことはある。

 でもって、さんざん騒ぎ立てるわりにはなにひとつ解決策が見つからず、結局は元の木阿弥ってことになるのがこういう劇場型政治の定めで、豊洲はともかくとしてもオリンピック会場の見直しなんか口だけで終わりそうな様相だ。昨日の昼のワイドショーなんか軒並み「海の森水上競技場」で決定みたいな論調でしたからね。さらに、IOC会長の政治手腕がどうしたこうしたなんてヨイショまでしてるんだから、何をかいわんやなのだ。

 建設費用はもちろんだけど、選手から指摘されていた風や波、さらには羽田を発着する飛行機の騒音などの問題はどう決着つけるつもりなのだろう。そういう声を無視しての「アスリートファースト」なんて成立するわけがない。

 衆議院補選では東京も福岡も小池が応援した候補が当選して、ぼったくりバーのチーママ・小池君のご威光ここに極まれりって雰囲気だけど、ではいったい何がどう解決したかというと、ただ大騒ぎしているだけで具体的に問題解決したこなんかひとつもない。それなのにチーママの政治塾に4500人の応募者ってんだから、まるでお子ちゃま弁護士・橋↓君の維新の会の再現みたいなもんだ。

 なんだかみんな忘れているようだけど、チーママ・小池君は自民党ですからね。けっして改革の政治家ではないから、オリンピック会場もそうであるように、へたすると豊洲だっていつのまにか「安全宣言」しかねない。築地の老朽化が深刻だなんてニュースが流れ始めてるのは、そのための布石かもしれませんよ。

築地市場、修理し延命=劣化進み高額補修も―都、来年度も対策予算

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

「野党統一候補なら応援は控える」(連合)。野田一派と連合を駆逐しない限り民進党は自民党の補完勢力ということになるだろう&読者に阿らない『通販生活』の毅然とした態度を新聞・TVは見習へ!!

 本塁上のクロスプレーでビデオ判定。結果、判定が覆り、広島が勝ち越し。で、そのまま勢いに乗っての2連勝。う~ん、ビデオ判定ねえ。ホームランかファウルかならわかるんだが、連続した動きの中でのクロスプレーは審判の判定が絶対でいいんじゃないのかなあ。異論があるのは百も承知だけど。

 ところで、衆議院補選は、与党候補がこれまた2勝。東京も福岡も、元々自民党の議席だったわけだから、この結果は予想通りなんだろけどね。なによりも、投票率の低さがそれを物語っている。それにしても、勝ったとはいえどちらの選挙区も舞台裏のドタバタを考えればなんだかなあなのだ。福岡なんか、鳩山派と麻生派の分裂選挙になって、勝った候補を公認なんて、有権者を舐めたまねしてくれましたからね。それでも勝てない民進党ってのがそれに輪をかけて情けないのは言うまでもない。

 それは東京も同じで、ぼったりくりバーのチーママ・小池君の腰巾着したおかげで地盤禅譲が決まったヤメ検のエロヒゲ若狭君が当選。ようするに、エロヒゲが認められたんじゃなくて、チーママ・小池君の票がすべて流れたおかげってことだ。「小池知事のもとで、都民に戻ってきた都政の流れを推進してほしい、という期待の表れ」とエロヒゲ若狭君は選挙結果を総括してるけど、バッカじゃなかろか。アンタは都議か。そもそも、この男は前回選挙で自民党比例区の最下位で当選した虚けですからね。ま、機を見るに敏なことだけは確かなようで、そのうち情勢が変化すれば、泥舟から逃げ出すタイプですよ。

衆院2補選 与野党双方に課題残す 

 それよりもなによりもロクでもないのが、民進党だ。その首魁ともいえるのが幹事長のノダメで、衆議院10区の補選最終日の応援演説で、「その他の野党の皆様、心から感謝を申し上げたいと思います」ってのたまったそうだ。「その他の党の皆様」って、何て失礼な野郎だ。共産、社民、自由の名前を口にすることすらしないとはねえ。しかも、街宣車の回りには民進党の幟だけがはためいていたとか。

・田中龍作ジャーナル
【衆院補選・東京10区】 連合がまたも足を引っ張る野党共闘

 そもそも、共産党が身を引かなければ、形ばかりとはいえども野党共闘は成立しなかったんだからね。それなのに自分たちだけで選挙しているようなつもりになってるんだから、17日のエントリーに書いたように「野党統一候補なのに民進党の宣伝ばかりしている」って声まで有権者から聞こえてきてたっていうのもむべなるかななのだ。

 さらに、ノダメが新潟知事選後に詫びを入れた連合は、「野党統一候補なら応援は控える」という傲慢不遜な態度でいるってんだから、もうお話になりません。民進党だけでは選挙に勝てないなんて事は乳飲み子でさえ知っている。知ってるか? 野党共闘無視して独自候補で戦ったら、おそらく民進党の議員なんか一桁台になっちゃうんじゃないのか。それが何を意味するかといえば、自民圧勝だ。てことは、とどのつまりは民進党ってのは自民党の補完勢力ってことになる。

「野党統一候補なら応援は控える」という連合の傲慢な姿勢に市民から反発の声!「自分たちの利害で、こんな立派な人の応援をやめるのはどうかと思う」〜衆院東京10区補選、鈴木庸介候補街頭演説

 何度も書くけど、ノダメ一派を駆逐して、連合に対しては毅然とした態度で臨むこと。そして、共産、社民、自由と政策協定をしっかりと結んで、野党共闘で衆議院選を戦い抜く・・・民進党が再生するとすればこれしかありません。こんなこともわかんないような政治オンチが跋扈している限り、民進党は旧社会党と同じ道を歩むことになるだろう。

 話変わって、カタログハウスの『通販生活』が「2016夏号」の参院選特集に対する批判に対して、「2016年冬号」で公式見解を発表した。で、その毅然とした態度に拍手喝采です。というわけで、ブログ「Kazumi's Blog」さんの「通販生活・2016冬号がすごい!」より転載します。最後の5行は、新聞・TVこそが言うべき言葉でありましょう。

(これより転載)

☆編集部からのお答え

172人の読者のご批判は、おおむね次の3つに集中していました。

⑴買い物雑誌は商品の情報だけで、政治的な主張はのせるべきではない。

⑵政治的記事をのせるのなら両論併記型でのせるべきだ。

⑶通販生活は左翼雑誌になったのか。

⑴について申しますと、「買い物カタログに政治を持ち込むな」というご意見は「音楽に政治を持ち込むな」と同じ意見になるのかなと思いました。

たとえば福島第一原発のメルトダウンがいい例ですが、日々の暮しは政治に直接、影響を受けます。したがって、「お金儲けだけ考えて、政治の話には口をつぐむ企業」にはなりたくないと小社は考えています。「政治の話は別にやれ」という使い分けもしたくありません。企業の理念と行動をありのまま読者の皆さんにお見せしたいと考えています。

⑵の両論併記は、「対立する異論を理解し合う形式」の一つと考えて実行してきました。これからも実行していきます。しかし、憲法学者の約9割が違憲としたほどの「安倍内閣の集団的自衛権の行使容認に関する決め方」は両論併記以前の問題と考えた次第です。

⑶についてお答えします。

戦争、まっぴら御免。

原発、まっぴら御免。

言論圧力、まっぴら御免。

沖縄差別、まっぴら御免。

通販生活の政治的主張は、ざっとこんなところですが、こんな「まっぴら」を左翼だとおっしゃるのなら、左翼でけっこうです。

「良質の商品を買いたいだけなのに、政治信条の違いで買えなくなるのが残念」と今後の購読を中止された方には、心からおわびいたします。永年のお買い物、本当にありがとうございました。

(転載終了)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2016年10月23日 (日)

「『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」・・・福島の子供たちの甲状腺検査を評価する部会長が辞任。これはおだやかじゃない。

 おいおい、ひょっとするとボート・カヌーの会場は「海の森競技場」で決定か? もしそうなら大山鳴動云々どころか、被災地に対する悪質な冷やかしってことになるんじゃないか。ようするに、IOCを使ってシンキロー森が圧力をかけて、結局のところぼったくりバーのチーママ・小池君の「総合的判断」ということでシャンシンって方向で進みそうですね。しょせんは小池も森も自民党のお仲間なんだから、すべては既定路線と通りってことだ。ま、これについては週明けにも具体的な方向が見えてくるだろうから、その時に改めてということで・・・。

五輪ボート会場3案に絞る 「海の森」か宮城  埼玉は除外

 そんなことより、福島の子供たちの甲状腺検査だ。なんと、「県民健康調査検討委員会の委員で、子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)が、検討委に辞表を提出していた」ってね。しかも、その理由が「部会長の立場では自分の意見が言えない」というからおだやかじゃない。

「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表

 福島の子供たちの甲状腺検査では、174人が甲状腺がんまたはその疑いありと診断されている。この検査結果に対して、県民健康調査検討委員会は「放射線の影響とは考えにくい」という中間報告を発表していたんだね。でも、辞任した清水部会長は、「多発は事実であり、これまでの臨床経験から考えると不自然な点もある。『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」という立場で、この中間報告には疑問を呈していたということだ。

 つまり、専門家にとっては福島の子供たちの甲状腺異常は、けっして見逃すことのできない状況ってことなんだね。でも、「福島は安全」という国の意向を汲んだ県の検討委員会に所属していては、その事実を公にはできない。それほどのプレッシャーがかかっているってことだ。

 甲状腺の内視鏡手術の第一人者である部会長の辞任、それも「委員会にいたら言いたいことも言えない」という理由は、かなりショッキングなものなのに、新聞・TVはまともに取り上げようとしない。それどころか、「復興オリンピック」なんて言葉に乗っかっちゃって、「アンダーコントロール神話」を甦らせようとしているんだから、何をかいわんやなのだ。

 「放射線の影響とは考えにくい」という中間報告に異論を唱えて部会長が辞任するってことは、ようするに福島の子供たちの甲状腺異常を隠蔽しようとする動きに対するレジスタンスでもあるんだよね。福島の子供たちの健康を守る医療を確立しないと、ホント、将来ヤバイことになりますよ。

【くろねこの競馬予想】

 サトノダイヤモンド、ディーマジェスティの2強ムードの菊花賞。このままワンツーフィニッシュでスンナリ決着がつくとは思えない。今年のメンバーで3000mならおまかせという純粋なステイヤーは見当たらないから、波乱がありそうな予感が・・・。というわけで、デビュー以来2000m以上で実績を上げてきたカフジプリンスに期待。

 相手はディーマジェスティにサトノダイヤモンド。3着の穴でシュペルミエールとレインボーライン。エアスピネルもちょいと押さえで・・・。
◎カフジプリンス、○ディーマジェスティ、▲サトノダイヤモンド、△シャペルミエール、レインボーライン、エアスピネル、ウムブルフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」(大阪府警機動隊員)。言い訳もイカれてる&「『これは間違っていますよ』とか言う立場にもありません」(鶴保沖縄担当相)。だったら大臣辞めちまえ!

 鳥取で震度6弱。南海地震との関連も囁かれているから、油断は禁物だろう。周辺の原発も心配だ。火山活動も活発になっているし、自然の警告にしっかりと耳を傾けないと、大変なことになりますよ。

鳥取地震は南海地震の「予兆」? 「しばらくは同規模の余震対応を」

 ま、民の声にも耳を傾けないんだから、自然の警告なんか聞こえるはずもないんだが、耳を傾けないどころか罵詈雑言を民に浴びせるのがここの国の権力機構ってものなんだね。沖縄・高江でチンピラ機動隊員が「土人」「シナ人」と市民を罵ったのはその典型なんだが、その言い訳がこれまたイカれまくっていてもう笑っちゃいます。

「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」

「過去に(抗議する人に対して)『シナ人』と発言する人がいて、つい使ってしまった」

 でもって、「侮蔑的な意味があるとは知らなかった」とさ。「体に泥」云々は言い訳としてもとても合理的とはいえません。ちったあ頭使えよってなもんです。もっとも、頭使ってないから、こういう差別的言辞を感情にまかせて口にしちまうってことか。

・・土人発言「侮蔑的な意味知らなかった」 機動隊員に戒告

 どうやらこのチンピラ機動隊員は関西の悪名高き右翼団体と昵懇の間柄らしく、基地反対運動に嫌がらせをしにきたその団体のメンバーを満面の笑みで迎えている動画がネトでは流れている。そういえば、ネットでは「○○土人」って言葉をネトウヨ諸君は平気で使っているようだから、このチンピラ機動隊員も日常的に使ってたんじゃないのかねえ。

土人警官とネトウヨ

 戒告処分で配置転換になったそうだが、こういう輩が捜査現場に配属されたら、さぞかし取り調べでは暴言吐きまくって容疑者を恫喝したりするんだろう。

 こういう輩に「出張ご苦労様」とエールを送って、チンピラ大阪府知事の松井君が大炎上してざまあみろなんだが、それにまた輪をかけたような無責任発言して呆れられているのが何様のつもり沖縄担当相・鶴保君だ。

「ことさらに、我々が『これが人権問題だ』というふうに考えるのではなくて、これが果たして県民感情を損ねているかどうかについて、しっかり虚心坦懐(きょしんたんかい)に、つぶさに見ていかないといけないのではないか」

「私は今のこのタイミングで、『これは間違っていますよ』とか言う立場にもありませんし。また、正しいですよということでもありません。自由にどうぞというわけにもいきません。従って今のご質問で、私が答えられるとするならば、これはつぶさに見ていかざるを得ない」

 頭悪いなあ。ていうか、もう腐ってますね、何から何まで。沖縄担当相としての自覚があれはぜ、「『これは間違っていますよ』とか言う立場にもありません」なんて言葉は間違っても口にしたりはしませんよ、ったく。この男に限らず。空母の甲板をヒールで歩く防衛大臣しかり、TPP強行採決をほのめかす農水大臣しかりで、当事者能力のない閣僚ばかりなんだよね、ペテン内閣ってのは。

「土人」発言、鶴保沖縄相「間違いと言う立場にない」

 それにしても、TV各局は「土人」「シナ人」発言にちょいと無頓着すぎやしないか。こういうメディアの煮え切らない態度が、ヘイトの風潮を助長しているのは間違いない。特に大阪のTVはけっこうつむじが右に曲ったタレントが言いたい放題というイメージが強いんだけど、実はそんなことはなくて今回の「土人」「シナ人」発言についてかなり踏み込んだ批判を展開している番組がありました。ああ、まだこういう番組を制作する気概のあるスタッフがいるのかと、ちょいとホッとする秋も深まる土曜の朝であった。

20161020-大阪府警の機動隊員 沖縄での問題発言 投稿者 tvpicup2016

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

新潟知事選で連合に詫びを入れた野田佳彦の犯罪性・・・この男こそ既得権益に群がる“白アリ”だ。退治しろ!

 ミスター・ラグビー、平尾誠二が亡くなった。突然の訃報に言葉もない。53歳はいかにも若い。残念!

 残念どころか噴飯モノなのが自民党復活の首謀者、ノダメだ。なんと、新潟知事選でクラリオン蓮舫が原発再稼働慎重派の米山君の応援演説したことで新潟連合に謝罪したそうだ。まるで親分の意に反したヤクザが詫びを入れるようなもので、この男には民意が奈辺にあるかキャッチするセンスも能力もないことが改めて露呈されたってことだ。

・低体温のエクスタシー
【新潟県知事選】民進党幹事長が「連合」会長らに謝罪

Photo
https://twitter.com/rihex/status/789047849572896769

 民進党抜きの野党共闘で勝利したという意味がどれほど大きな意味を持つか。それはまた民進党存亡の危機でもあるってのに、真っ先にやることが連合への謝罪ってんだからいかれてる。本来なら、連合抜きでも選挙に勝てるってことがわかったんだから、逆に連合に三行半を突きつけて、いまこそ「脱原発」を宣言して自民党との差別化を徹底するチャンスなのだ。もう連合なんて組織は労働者の味方なんかじゃなくて、大企業サラリーマンの権益のためだけの御用集団ですからね。

自由・小沢一郎代表「民進党は解散すべき」「勝ちそうになっての応援は主体性なし」 野党共闘に消極的な姿勢を批判

 それはともかく、こんな男を後見人として幹事長に起用したクラリオン蓮舫の責任は重大で、オザワンが「最大野党の民進党は何のために政党を構成しているのか。政権を取る気がないなら、それは国民への背信行為、民主主義を否定する行為だ。そんなのは解散した方がいい」と喝破したのもむべなるかなってことだ。

 とにもかくにも、ノダメ一派を駆逐しない限り民進党の再生なんてあるわけがないのであって、既得権益集団と一緒になって甘い汁を吸うことしか考えていない“白アリ”退治をすることがまずは先決ってことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年10月20日 (木)

チンピラ機動隊員の「土人」「シナ人」発言に「ご苦労様」とエールを送る大阪府知事の品性下劣&被災地で五輪競技開催を口にするIOC会長の大きなお世話。見返りもらったのか!?&自民党総裁任期延長。戦わずして逃げを打つ軟弱野郎、石破茂に総裁の目はすでにない。

 大阪府警のチンビラ機動隊員の「土人」発言にまるでエールを送るかのように、お子ちゃま弁護士・橋↓君の腰巾着であるところの大阪府知事・松井君が、「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」とツイッターに書き込んで炎上中。

 そっか、「土人」とか「シナ人」とか、国策に「NON」を突きつけて抗議している市民に対するヘイト発言も、大阪府警では立派な職務なのか。これじゃあ知事自らが差別を容認したと批判されるのは当たり前だ。突き詰めれば、国家権力たる警察がその権力の行使に当たって、国民を侮辱、愚弄したってことなんだから、それを認めるどころか「ご苦労様」なんてエールを送るとはねえ。しょせんは橋↓君の腰腰巾着に品性、品格なんてものはハナから期待してはいないけど、こんなにも性根が腐った政治屋が知事にまで上り詰めてしまう現実に空恐ろしくなってくる。

松井知事、ツイッターで「出張ご苦労様」 差別発言問題

 考えてみれば、これまでにもけっこう差別につながりかねない発言を政治家ってしているんだね。レイシスト石原なんてのは差別発言の元締めみたいなもんで、そういう政治家をほったらかしにしてきたメディアの責任というのも重い。そういえば、ペテン総理もTPPに反対する市民に向かって「みっともない左翼」って口汚なく罵っていたっけ。

 大阪府警のチンピラ機動隊員による「土人」呼ばわりってのは、ひょっとしたら公権力にとっては習い性なことなのかもしれない。おそらく、沖縄・高江に派遣された県外の機動隊員たちの間では、こうした言葉は日常的に使われていたんだろうね。個人も特定されているようだけど、果たしてどんな処分をしてくれるんだろうか、大阪府警は。

「黙れ、こら、シナ人」 別の大阪府警機動隊員も 沖縄県警「土人」発言で謝罪

 ところで、IOC会長がペテン総理と会談して、東日本大震災の被災地で野球やソフトボールの予選等の開催を提案したそうだ。汚染はどうするのかねえ。というか、そういうこともちゃんと知った上でのペテン総理へのリップサービス、もしくは事前に打ち合わせしての出来レースじゃないのか。妄想誰度。そもそも、「復興オリンピック」というのは招致の時の重要なキーワードだったわけで、ぼったくりばーのチーママ・小池君がやたらブイフイいわせて存在感をアピールしてるもんだから、それに水差すためにも敢えてIOC会長に口出させたのかもね。

 いずれにしても、IOCがここまで大きなお世話してくるってことは、何かしらの見返りというか取り決めというかボス交がペテン総理との間であったことは疑いのないところだろう。やっぱり、こんなアヤのついたオリンピックはいらないね。

五輪被災地開催を提案「野球も選択肢」

 最後に、と自民党総裁の人気がどうやら3記9年になるらしい。情けないのはアンポンタンの軍事オタク・石破君だ。「反対は『自分たちのためにやっている』とみられるので難しい。葬祭選で堂々と戦うだけだ」とさ。アホかいな。他人からどう見られようと、信念があるなら堂々と反対すればいいだけのことじゃないか。勇ましいこと言う奴に限って、一皮剥けばこんな軟弱野郎ってことです。

自民改革本部が総裁任期延長で合意 「3期9年」で調整へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

東京を脅しにかかるIOC会長!?&自民党改憲草案棚上げは憲法審査会を動かすための方便&沖縄県民を「土人」と罵ったチンピラ機動隊員

 オリンピック招致プレゼンの通りにやらないんだったら、韓国にボート・カヌー会場持ってちゃうよ・・・なんて出所不明のブラフでIOCが脅しかけてます。ぼったくりバーのチーママ・小池君との会談でも、じっと目線をはずさないで睨みつけてましたから、バッハ会長は。

 チーママも正念場ってところなんだろうが、そんなIOCの圧力があったからなのかどうか、突然、「海の森水上競技場」の設備費が300億円前後に削減できるって都が言い出している。69億円だったのが一時は1000億円を超えて、批判の声が上がったら490億円になって、今度は300億円だと。いかに都の試算がいいかげんなものだったかってことだ。

 さらに、都は「海の森水上競技場」をIOCに認めてもらうために、2年前には「本体工事費は98億円」という虚偽の建設費をデッチ上げてたそうだ。そもそも、ペテン総理の「アンダーコントロール」という、それこそ後世に語り継がれるレジェンドになるだろう大嘘から始まったオリンピック招致ですからね。都の役人だって、平気で嘘つくわけです。もうこんなオリンピック止めちゃったらってなもんです。

<東京五輪>ボート会場 都、IOCに安い金額を虚偽報告

 ところで、国会ではTPPの審議が始まっているんだが、黒塗りの資料のままでどうやって議論しろってんだろうね。新聞・TVはこの学級会レベルにも達していないTPP審議をほとんど伝えようとしていないんだけど、おそらくメディアの中にもTPPを理解している人間がいないからってのもあるんじゃなかろうか。つまり、TPP審議って闇鍋みたいなもので、誰も何がそこに盛り込まれているかわからずにつつき合っているだけなんだね。これもまた、オリンピックと同じで、だったら止めちゃえばってなもんです。

TPP交渉の情報開示で議論 野党「不十分」首相「過程公表せず

 でもって、どうやっても任期中に憲法に手をつけたくてたまらないペテン総理は、どうやら自民党改憲草案の棚上げを渋々ながら認めたようで、おかげで憲法審査会が動き出すらしい。しかし、これもおかしな話で、これではまるで改憲自体が目的になっちゃうんじゃないの。そもそも、憲法審査会ってのは「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査する機関」なんだから、叩き台になるような案がないなら議論する必要なんてないと思うけどねえ。

自民、改憲草案を封印 憲法審で合意可能項目を模索へ

 もちろん、自民党改憲草案みたいな不埒なものを叩き台にするなんてもっての他だけど、憲法審査会を開くなら、少なくとも国会で改憲が必要かどうか、改憲するならどの条文なのか、ということを具体的に議論してからのことだろう。自民党を中心とする改憲一派が最終的に狙っている条文は9条であることは自明のことなんだから、ペテン総理お得意の誤魔化しやすり替えに乗っかっちゃだめだろう。

 「お試し改憲」なんて通販まがいの言葉を平気で口にするような輩が画策する改憲なんてロクなものじゃありません。自民党にとっては憲法審査会で議論を始まったらこっちのものって思っているに違いないんだから、ノダメのように自民党が改憲草案を棚上げしたら議論を始めてもいいなんてのは自民党を利するだけってことだ。

 ひょっとしたら、新潟知事選に負けたことでペテン総理は年明け解散を諦めたかもしれない。そうなればTPP強行採決も誰に遠慮もいらないし、TPPを通したら改憲に全精力を注ぎ込もうって魂胆なんじゃないのかねえ・・・もちろん、妄想だけど、プーチンとの会談で北方領土がどうなるかがひとつの分岐点になるのは間違いない。2島返還なんてことで話がついたら、一気に解散もあるだろうし、予断を許さない晩秋なのであった。

TPP強行採決「議運委員長が決める」山本農水相が言及

最後に、沖縄・高江で大阪府警の機動隊員が沖縄県民を「土人」呼ばわりしたってね。「ヤクザまがい」とは言うけれど、これはもうヤクザそのものです。

「土人」発言、歴史に刻まれる暴言 警察は県民に謝罪を

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

新潟知事選の自公推薦候補が配布した法定2号ビラの怪文書まがいのおぞましさ。こんなひとが知事にならなくてよかった、よかった&石原慎太郎、被害者意識丸出しの平成無責任野郎

 新潟知事選で負けたくせに、貧相顔の官房長官・菅君は「皆さんのご理解を頂きながら再稼働していく考え方に変わりはない」ってシレっとのたまっている。しかし、今回知事選の争点は「原発再稼働の是非」だったわけで、結果は再稼動に「NON」というのが民意だったんだよね。それなのにこういう発言するってことは、普天間基地移設に伴う辺野古新基地建設と同じで、地元がどんなに反対を突きつけようと、すべては国=ペテン政権の思い描いた絵図通りに強行に押し進めて行くってことだ。

新潟県知事選で初当選 米山氏「身が引き締まる思い」

 国が地方も取り仕切るってのは、地方創成とは真逆の発送のはずなんだが、どうやらそれをありたがっている勢力ってのがいるわけで、そいう輩が国と一体となって地方を牛耳ろうとしている。今回の新潟知事選で自公および連合新潟が推薦した元長岡市長の森君なんか、その典型だ。その具体的な例として、いま話題になっているのが、森陣営が配布した法定2号ビラってやつだ。

 そこには、なんとまあ、

共産党・生活の党・社民党がコントロールする県知事を誕生させてもいいのですか?
赤旗を県庁に立てさせてもいいのですか?
共産党・生活の党・社民党主導の知事では、県政が混乱し、
新潟県は国から見放されてしまいます!!

 って書かれている。法定ビラというのは、「候補者本人の宣伝ではなく、国政選挙では政党が、首長選挙では候補者が一つだけ認める確認団体が、政策等を訴えるため」に配布するビラのことだ。選挙に付き物の怪文書とは訳が違う。でも、森陣営の配付した法定2号ビラは、これこそ怪文書だろうという代物なんだね。

 そもそも、いまどき、「赤旗を県庁に立てさせてもいいのですか?」なんてアジるそのセンスはいかんともしがたい。あげくには、現在の新潟県の旗は赤が基調となっているため、「県の旗を掲げて何が悪い」とからかわる始末だ。

 それはともかく、この怪文書まがいのビラの肝は「新潟県は国から見放されてしまいます!!」ってところで、「新潟青年ユニオン」が公式ブログで書いているように、「私は国とのパイプです。知事なんて誰でもいいんです」ってことなんだね。ようするに、地方自治とは「政策よりも国の言うことを聞くことと見つけたり」ってことだ。

 新潟知事選から見えてくるのは、地方自治とは名ばかりの、国と一体となった利権政治屋のおぞましい姿ってことです。

#新潟県知事選 で自民・公明・連合新潟の推す森民夫さんの法定2号ビラを見て心配になる  おかしいだろ、これ。

 そうした構図の中にレイシスト石原君もいたわけで、この男、なんとまあ産経新聞紙上で豊洲問題についていかに自分が被害者かってことを、恥ずかしげもなく書き連ねている。いかに政治家としての矜持のカケラもない男かよくわかる。反吐が出そうになるけど、是非、ご一読を。

豊洲の不祥事、中傷記事に心痛 契約の経緯、役人から報告の記憶一切無い 小池百合子知事はその決断力発揮を

というわけで、本日はお後がよろしいようで。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2016年10月17日 (月)

新潟知事選、共産・社民・自由+市民の野党共闘が大逆転勝利! 民進党なんかいなくったって、明確な「争点」を掲げて戦えば勝てることの証明でもある。

 東京は朝から雨。でも、その鬱陶しさもなんのその、なんとも心晴れ晴れの月曜の朝である。新潟県知事選、野党共闘の米山君が大逆転勝利。「原発再稼働反対」を争点に、これほどハッキリと民意が結果を出した選挙はそうそうない。鹿児島に続く快挙を成し遂げた、新潟県民に敬意を表します。

新潟知事に再稼働反対派 野党系・米山氏「認めない」

 それにしても、情けなかったのは民進党だ。原発再稼働したくてたまらない連合にへつらって自主投票なんていう、それこそ「脱原発」の民意を逆撫でするような愚かなことしてくれちゃいましたからね。終盤になって、米山優勢の流れが出てきたところで、これでは野党共闘に乗り遅れるってんで、クラリオン蓮舫が新潟入りしたけど、そんな見え透いたことしたって、一度押されたヘタレの烙印はそう簡単には消せません。

 なんてったって、ノダメが幹事長に居座ってますからね。原発、TPP、消費税、さらには改憲と、こやつの頭の中はまんま自民党ですから。「福島第一原発事故収束宣言」だって、いまだに撤回してませんからね。クラリオン蓮舫はノダメの静止を振り切って新潟入りしたって噂があるようだが、ノダメにとっては今回の共産・社民・自由による野党共闘の勝利というのはさぞかし苦々しいことだろう。

 年明けにもと噂される衆議院選を前に、やっぱり野党共闘強しの声が党内で大きくなるのは、ノダメにとって厄介なことですからね。東京10区の補選を見てもわかるように、民進党が考える野党共闘というのはあくまでも民進党が主体で、そこに共産・社民・自由が乗っかれという虫のいいものなんだから。

 実際、東京10区の補選に出馬している民進党の候補に対して、「野党統一候補なのに民進党の宣伝ばかりしている」(東京新聞より)という有権者の声もあるとか。つまり、民進党中心の野党共闘なんて、誰も期待していないってことなんだね。その心は野党一丸になれってことだ。そして、明確な争点を掲げて戦えってことだ。だから、いまだに「一番足を引っ張った元代表さえ来なければ、あとは全部のみ込もうと思っている」なんて小沢一郎排除を喚くノダメの存在って、野党共闘にとっては百害あって一利なしってなもんです。

・田中龍作ジャーナル
【第2報~新潟県知事選】 「再稼働許さない」 県民の意思が奇跡を起こした

・保坂展人
「原発再稼働を認めない」 新潟県知事選挙米山氏の勝利の意味は限りなく大きい

 共産・社民・自由+市民の野党共闘による新潟知事選勝利は、民進党の存在感をよりいっそう希薄にしたことは確かで、いっそのことノダメ一派だけ民進党に残して、心ある議員はオザワンの自由党に合流するのがいいんじゃないの・・・なんて妄想も楽しい雨の月曜日であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

豊洲から基準値の7倍の水銀。「直ちに人体に影響はない」(専門家会議)からって移転しちゃいかんだろう&「戦闘が起きた」って自衛隊員に説明受ける防衛大臣。ん?「衝突」じゃなかたのね(爆)

 豊洲新市場の謎の地下空間の空気中から国が定める基準値の7倍の水銀が検出された。もうなんでもありの汚染状況なんだが、それでも専門家会議のシェンシェイ方は「直ちに人体に影響がない」とかつて聞いたことのあるコメントしとります。

 でもって、地下水から環境基準を上回るベンゼンやヒ素が検出された問題にいては、「これから二年間安定するまで、地下水監視を継続する必要がある」ってさ。市場関係者からは早くも風評被害がどうしたこうしたって意見が出てきているようだけど、汚染されているのは事実なんだから、まずはそのことを直視すべきなんだね。となれば、これから2年間も地下水のモニタリングを続ける必要があるような場所に移転なんかしてはいけません。移転を強行したら、風評被害どころか、現実に汚染による事故だって起きかねませんからね。

豊洲地下の水銀「直ちに影響ない」 専門家会議、発生源調査へ

 何度も書くけど、そもそも汚染された土地に魚市場を移転させようっていう計画そのものが馬鹿げているわけで、誰がいつ何のために移転を決めたのかを一刻も早く解明することです。そのためには、レイシスト石原君をお白洲に引きずりだすことだ。

 このところ、ぼったくりバーのチーママ・小池君は、何かにつけて「総合的な判断」って言葉を口にするけど、いまのところはいろんなひとの意見を聞きましたってパフォーマンスをしているようにしか見えないんだよね。「総合的な判断」するためには、物事の核心をしっかりと認識しておく必要がある。「なぜ豊洲なのか?」という原点に食い込む勇気と覚悟が、チーママにはいま問われている。

 最後に、南スーダンについてのTBS『報道特集』の貴重なルポを紹介して、今日のところはお後がよろしいようで。網タイツの防衛大臣に自衛隊員が「ここで戦闘がありました」って説明しているから、そこのところよろしくです。

南ス―ダンPKOの現実20161015houdoutokusyu 投稿者 gomizeromirai

【くろねこの競馬予想】

 シンハライトが戦線離脱して、今年の秋華賞は大混戦というより大混乱。今年から重賞に格上げされた紫苑ステークス組が人気だが、ビッシャ、ヴィブロス共に小柄な馬だけに馬体重が気になるところ。ここは素直に秋華賞に直結するトライアル、ローズステークス組から狙ってみたい。

 シンハライトの強さだけが目立ったローズステークスだが、大敗したとはいえジュエラーは桜花賞馬。骨折明けということを考えれば巻き返しは十分。本命はこの馬。相手にはローズステークス3着のカイザーバル。紫苑ステークス組からはレース中不利があったヴィブロスが面白い。前残りの大穴にクロスコミアか。
◎ジュエラー、○カイザーバル、▲ヴィブロス、△ビッシュ、レッドアヴァンセ、デンコウアンジュ、パーシスベスト、クロスコミア

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

「聞いていない、記憶にない、覚えていない」(石原慎太郎)。卑怯者めが!&なぜ小池百合子は長沼にこだわるのか。「復興五輪」だけが理由じゃないだろう&過労自殺で電通本社に立ち入り調査。本丸はネット広告不正請求・・・だったりして!?

 ドタキャン泉田君がペテン総理に取り込まれたんじゃないかと噂が飛ぶ中、クラリオン蓮舫君が県知事選で奮闘中の米山君の応援のために新潟入りした。原発再稼動したくてたまらない連合の意を汲んで自主投票とした民進党だが、ここにきて追い上げ急の米山君を指を咥えて見ているようでは年明けにもと囁かれる総選挙で野党共闘に置いてけぼり食らいかねませんからね。いずれにしても、ノダメなんかが幹事長に居座っている限り、民進党に明日はないんだけどね。

 そんなことより、レイシスト石原が都の質問状に、「聞いていない」「記憶にない」「覚えていない」って回答したってね。ぼったくりバーのチーママ・小池君との会談を自分から言い出したくせに最後はこれだ。親のすねかじりのボンボンの無軌道ぶりを小説にしただけの男ですからね。しょせんはこんなもんです。

 こうなったら、百条委員会を設置してお白洲に引きずり出して、公開処刑するしかないでしょう。組織が犯した罪は、どうあろうと最終的にはトップが責任追うしかないんだから、獅子頭・猪瀬、マキゾエの両君ともども、お縄になってしまえばいいのに。市場長を更迭したくらいで終わりにされちゃたまりませんよ、ったく。

小池百合子都知事、石原慎太郎氏から質問状の回答を明かす

 チーママ・小池君にレイシスト石原君を追い詰める覚悟がどこまであるか見物なんだが、チーママ自身も東京オリンピックの会場見直しで独断専行して顰蹙買ってます。ボート・カヌー会場の見直しでは、あたかも宮城県の長沼ボート場案が決定であるかのような動きをしてますからね。自衛隊上がりの宮城県知事・村井君なんかホッペ赤くしてガッポースでもしそうな勢いだ。この不透明感は、ひょっとするとチーママの足をすくうことになりますよ。

五輪ボート・カヌー会場見直し案 組織委「水面下の交渉不透明」

 ところで、電通社員の過労自殺で、東京労働局が電通本社を立ち入れ調査したってね。かなり大掛かりな調査のようで、立件も視野に入れているとか。これまで同じような過労自殺があっても、ここまでしゃかりきになることはなかったと思うのだが、ひょっとして本丸は過労自殺というよりもネット広告の不正請求だったりして。自殺した高橋まつりさんはインターネット広告を担当する部署に配属されて、自動車保険などの広告を担当。クライアント企業の広告データの集計・分析、リポートの作成などが主な業務だったというから、長時間労働の実態解明を入り口にして、ネット広告不正請求解明につなげたいという思惑がありやなしや。

電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査

 ま、いつもの妄想に過ぎないのだけれど、どうも立ち入り調査の本気度が気にかかるアッパレな秋晴れの土曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

「TPPバスの終着点は日本文明の墓場」(稲田朋美)VS「TPP反対なら、信念貫きなさいよ!」(福島みずほ)。国会で叱られてやんの。おお、恥ずかしい。

 ボブ・ディランにノーベル文学賞! 1978年、ディランの初来日コンサートは武道館だった。純白のスーツとショールをまとったディランが黒人のバックヴォーカルを引き連れて登場。そのステージは、熱く、そしてソウルフルだった。ジョンが生きていたら、ノーベル賞受賞にどんなコメントしただろうか。

 それはともかく、TPPが審議入りするそうだ。維新は協力を表明して、すっかり連立与党になった気分。これからは野党とは言わせない。それにしても、なんでこうもTPP批准を急ぐんだろうね。アメリカは、クリントンになろうが、トランプになろうが、少なくとも現状のTPPは批准するつもりはありませんからね。だいたい、こういう重要な政策の成立をロク審議することなく進めようという時には、いつだって裏があると思った方がいい。

TPP承認案と関連法案、きょう審議入り

 TPPは農業はもちろんだけど、水産業にだって多大な影響がある。築地の豊洲移転を急いだのも、実はTPPと関係があるとも噂されている。豊洲移転に伴って、大卸し7社を3社に絞り込もうとしているそうで、そのうちの1社はゴールドマンサックスが大株主なのだとか。セリを廃止して電子商取引を導入することで、魚食文化を支えてきた仲卸業者の目利きをすべて排除しようという、ここでも効率こそが正義というアメリカ資本が席巻しようってわけだ。

・田中龍作ジャーナル
築地移転の核心 TPPとセリの廃止

 でもって、口は災いの元で攻め立てられている網タイツの防衛大臣・稲田君が、自民党が野党時代に「TPPバスの終着点は日本文明の墓場」って新聞のコラムに書いていたってね。さらに、月刊誌の対談では、「農業だけの問題じゃない。日本の文明、国柄の問題」「TPPは日本をアメリカの価値観で染めること」とも語っていたそうだ。その認識は正しい・・・のだが、自民党が政権に復帰したとたんに「TPP賛成」ってんだから、そりゃあ社民のみずほたんに「TPP反対なら、信念貫きなさいよ!」と叱られちゃうわけだ。おお、恥ずかしい。

社民党の福島瑞穂氏が稲田防衛相に声荒らげる「信念貫きなさいよ!」

 それにしたって、資料出せと言えば黒塗りののり弁状態で、さらに誤訳まであったというTPP関連文書でどうやって審議しろってんだろうね。6000ページはあろうというTPPの資料をまともに読んだ議員だって、果たして何人いるかわかったもんじゃない。最後は強行採決ってことなんだろうが、解散の風が吹いているいま、事はそう単純にいかないだろうから、どうなることやら。

 最後に、ドタキャンの泉田元新潟知事が退任の挨拶でペテン総理と面会したそうだ。土建政治の二階君も同席だそうで、泉田君は知事選を戦っている米田君の後継指名はしないってね。なんだかいやな感じだなあ。泉田君、ちょっとおかしい。

自民幹事長、新潟県知事選で泉田氏に支援要請

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

「南スーダンは永田町と比べればはるかに危険な場所だ」(安倍晋三)と「国民の痛みを伴う改革に取り組む必要がある」(榊原経団連会長)。どちらも、アホちゃいまんねん、パーでんねん。

 なんかもう、言葉のすり替えだとか詭弁だとか、まともに相手にするのが馬鹿馬鹿しくなってくるほどペテン総理っていかれた男だったってことを改めて知らされた思いだ。なんとまあ、昨日の国会で、南スーダンの治安情勢について質問されて、「南スーダンは、我々が今いるこの永田町と比べればはるかに危険な場所だ」って答弁したそうだ。

 冗談だとすれば不謹慎極まりないことだし、真顔で言ってるとすればほとんど病院行きじゃないのか。なによりも、命の危険にさらされる自衛隊員に対して、敬意のカケラもありません。所信表明演説のさなかに自衛隊員などの労をねぎらうためという名目でスタンディングオベーションまで演出したのは、結局のところ自らの権威を世に知らしめるためのバフォーマンスだったってことなんだね。でなけりゃ、「永田町よりは危険だ」なんておちゃらけた答弁なんか口にできるわけがない。

「南スーダン、永田町よりはるかに危険」 安倍首相答弁

 ペテン総理が国会でいかれた答弁している間にも、南スーダンでは武力衝突が激化して、ついに南スーダン派遣団は「この数週間、国内各地で暴力と武力衝突の報告が増加し、非常に懸念している」という声明を発表した。つまり、内戦状態になりつつあるってことなんだね。たった7時間の滞在で比較的安全な地域だけを視察して、「戦闘でなくて衝突」だなんて抜かしている網タイツの防衛大臣・稲田君こそ、先頭立って現地で「駆け付け警護」してみやがれってなもんです。

「南スーダンで武力衝突増加」 国連派遣団声明

 ペテン総理一派がこんなんだから、その応援団である財界もロクなもんじゃありません。経団連会長の酒鬼薔薇君が、「社会保障制度の改革など、国民の痛みを伴う改革に取り組む必要がある」なんてことをのたまってくれちゃったようだ。たかが経団連の会長がエラソーにってなもんです。

 こやつらが「国民」という言葉を口にする時は、いつだって自分たちはその中には含まれていないんだね。ようするに、一級国民という立場からの上から目線でモノを言ってるわけで、かつては財界総理とまで謳われた経団連会長もいたってのに、なんと貧相なひとたちの集まりになってしまったんだろう。財界人としての見識なんてものはとはまったく無縁な、単に社内政治を勝ち抜いてきただけの、つまりはサラリーマン社長の成れの果てですね。

経団連の政策評価「国民の痛み伴う改革を」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

「南スーダンは戦闘ではなく衝突」(稲田防衛大臣)って言うなら、銃撃戦で犠牲者が出ても「事故死」ってことか&いまどき「旧姓使用認めない」って、東京地裁はいつの時代のつもりだ。

 たった7時間の南スーダン視察で「駆け付け警護」のアリハイ工作をした網タイツの防衛大臣・稲田君が、国会で野党の集中砲火を浴びて連日の火達磨。昨日は南スーダンで7月に起きた大規模な戦闘について質問されて、「戦闘行為ではなく衝突だ」ってアホ抜かしてました。でもって、ペテン総理も「武器をつかって殺傷、あるいはモノを破壊する行為はあった。我々はいわば勢力と勢力がぶつかったという表現を使っている」って間抜けな答弁で火に油を注ぐ始末だ。

 国会審議している最中にも南スーダンの首都ジュバ近郊で市民21人が反政府勢力の襲撃を受けて死亡したというニュースが流れている。これこそ網タイツの防衛大臣が言うところの「戦闘行為とは、国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷しまたはモノを破壊する行為」なんじゃないのか。

・・安倍首相「戦闘ではなく衝突」 ジュバの大規模戦闘

自衛隊PKO活動の南スーダン 襲撃で市民21人死亡

 「戦闘ではなく衝突」という言葉のすり替えは、「自衛隊のいるところが非戦闘地域だ」ってのたまったワンフレーズ小泉君の詭弁と同じなんだね。こんな言葉遊びで「駆け付け警護」という新任務を自衛隊員に課すとはねえ。ひとの命を弄ぶって意味では、この国の政治は北朝鮮のそれと同じくらい野蛮ってことです。

 このままだと、万が一「駆け付け警護」で戦闘に巻き込まれて亡くなったとしても、「衝突」なんだから「事故死」ってことになるね。自衛隊員はもちろん、家族はやりきれませんよ、ったく。

 ところで、東京地裁が女性教諭の旧姓使用を認めないって判決を出した。いまどきすさまじい判決だ。夫婦同性を合憲とした最高裁だって「改正した側の不利益は女性が受ける場合が多いが、旧姓の通称使用が広まることで一定程度緩和できる」って言ってるんだよね。それなのに、東京地裁は「戸籍姓は婚姻前の姓より高い個人の識別機能がある」「旧姓使用は戸籍姓と同じように使うことが根付いているとまでは求められない」っってんだから話になりません。

旧姓使用 東京地裁、認めず 女性教諭の訴え棄却

 このズボラな判決を出した東京地裁の判事は全員男だったそうで、つまりはペテン総理一派がたくらむ戦前の「家族制度」を頭に浮かべての判決なんだろうね。妄想だけど。ハッキリ言って、こういう時代の流れに逆行する、社会常識の欠如した裁判官の存在ってのが、ペテン総理一派による司法の取り込みを許しているんだね。

 この判決を受けて、訴えられていた日大三中・高の理事は「主張が裁判所に理解されたと評価している」ってコメントしているようだけど、もう甲子園に出場しても応援してやらんからね。って、生徒に責任はないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

「領収書等は支出を受けた者が発行するものであり、支出の目的、あて名についても発行者が記載すべき」(総務省)&自民党幹事長ごときが「解散」を口にするなんておこがましい。「解散は首相の専権事項」の嘘。

 南スーダン視察旅行に赴いた網タイツの防衛大臣・稲田君の現地滞在時間はたったの7時間だったとか。へたすると戦死者が出るかもしれない駆け付け警護の判断材料とするための視察がこれだもん。しかも、危険区域には足を運ばなかったようで、こんなお飾りにもならない防衛大臣に誰が命を預けるもんですか。

南スーダンPKO 稲田防衛相、厳戒の視察 滞在7時間

 駆け付け警護容認のためのアリバイつくりで南スーダンまで出かける暇があるなら、白紙領収書問題をどうにかしろってなもんだが、実は白紙領収書に関して総務省は「国会議員関係政治団体の収支報告の手引き」の「収支報告書等の作成(P62)」中でちゃんと見解を述べている。

「領収書等は支出を受けた者が発行するものであり、支出の目的についても発行者において記載すべきであり、国会議員関係政治団体側で追記することは適当ではありません」

「領収書等は支出を受けた者が発行するものであり、あて名についても発行者において記載すべきであることから、発行者から追記の要請がある場合を除き、国会議員関係政治団体側で追記することは適当ではありません」

Photo
(ブログ「まるこ姫の独り言」より)

 化粧崩れの総務大臣・高市君がこれを知らないとは言わせない。もし知らなかったとすれば、お馬鹿な大臣ってことだ。おそらく、新聞・TVもこういう手引きの存在を知っているはずで、それでもワイドショーなんかは豊洲問題一色でワイワイやってるってことは、白紙領収書問題に切り込む意志はないってことなんだね。なんこったい。

 ところで、へたすりゃ政権が倒れてもおかしくない白紙領収書問題に、「政治とカネの問題で細かいことばかり追求している。そんなことを詰めるより、政治の責任はもっと大きい問題で命がけでやっていくことが大事だ」ってほざいた土建政治の二階君が、「選挙の風は吹いているか、吹いていないかと言われれば、もう吹き始めているというのが適当だ」なんてことをほのめかしたってね。

二階氏、解散風「吹き始めてる」

 それにしても、いったいどんな大義名分があって解散を口にしてるんだろう。おそらく、ペテイン総理の意を汲んでの発言なんだろうが、そもそも「解散は首相の専権事項」ってのがおかしな話なんだよね。さらに、「衆院解散については首相はウソをついてもいい」ってが永田町の常識ってんだから、国民を舐めるのもいい加減にしろってなもんです。

 衆議院の解散については、憲法69条で「内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。」とされている。ところが、憲法7条には「天皇の国事行為」として「衆議院を解散すること」とあるのだが、それには「内閣の助言と承認により」という注釈が付いている。この「内閣の助言と承認により」ってのを利用して、69条があるにもかかわらず内閣が好き勝手に解散を決められるという屁理屈をひねりだしたのがひょっとこ麻生の爺さんであるところの吉田茂だったとか。

政権基盤を固め直すだけの“私利私欲解散”を許すのか

 つまり、我田引水で憲法解釈するという集団的自衛権行使容認と同じ手口を、すでに使ってたわけですね。そのおかげで、いつの間にか「解散は首相の専権事項」が定着したってわけで、あくまでも永田町の都合のいい常識にしかすぎません。だから、新聞・TVが土建政治の二階君のたわ言に乗っかって、年明けにも解散かなんて報道することがそもそも間違っている。「自民党の幹事長ごときが解散を云々するなんておこがましい」くらいのことを言ってやるのがジャーナリズムというものだろうに・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

「駆け付け警護」にゴーサイン出すためのアリバイ作りの視察なんて自衛隊員にはさぞかし迷惑なことだろう&「通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」(税務署の回答)。さあ、どうする、どうする、国税庁!

 マラリヤの予防接種でアレルギーが出たとかでドタキャンした南スーダン視察に、今回ばかりは仕方なく出かけた網タイツの防衛大臣・稲田君なんだが、ようするに駆け付け警護にゴーサイン出すためのアリバイ作りみたいなもんで、迎えた自衛隊員もさぞや迷惑なことだろう。

南スーダン現地の支援関係者は、PKOの「駈け付け警護」に誰も期待していない!?

 で、その網タイツの防衛大臣も連座している白紙領収書問題について、この連休中にTVはどんな報道をするのか興味津々だったんだが、ほとんどの局がスルーしていたような・・・。こうなったら、連休明けに国税庁がコメント出すかどうかがポイントだろう。

 民進党がこの問題にあまり積極的でないのは、おそらく自分たちにもやましいところがあるからなんだね。だから、政党助成金を拒否している共産党の独壇場になるのは当たり前の話で、もし国税庁がこの問題を無視するようだったら、そこのところもとっちゃん坊や・小池君には突っ込んで欲しいものだ。

白紙領収書“問題ない”の強弁 自民の常識は国民の非常識

 「政治資金規正法上、政治団体が徴収する領収書に際して、発行者側の作成法についての規定はなく、問題ない」(菅官房長官)とか「互いに面識のある主催者と参加者の間では、主催者側の了解のもと、参加者側が記載することが、しばしば行われていることだ」とか稲田防衛大臣)、さらには「発行者側の領収書作成方法の法律上の規定はない」(高市総務大臣)とか、ペテン師どもの神をも恐れぬ発言は、明らかに法律違反なんだら、国税庁は役所の威信を賭けてでも政治屋どものたわ言を糾弾するのが筋ってもんだ。

 「健康になるためのブログ」さんの記事に税務署に白紙領収書について確認したひとの報告が載っていたが、「国会の事は分りませんが、通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」という回答だったとか。これが世間の常識ってもんだ。

【だよね~】税務署・国税庁に電話した人によると「白紙領収書は認められない・問題がある」という回答とのこと

 どなたかが「箸をペンに持ち替えろ」とジャーナリズムに檄を飛ばしていたが、ペテン総理の奢りに腹膨れた奴らには糠に釘なんだろうなあ。ひょっとしたら、新聞・TVも白紙領収書が飛び交ってるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけどさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

電通過労死に「それぐらいで死ぬのは情けない」(長谷川英夫武蔵野大学教授)。こんな言葉を吐くアナタこそ、人として情けない。

 台風に続く阿蘇山の爆発的噴火は地震の傷跡が癒えない九州のひとたちにとって、まさに「踏んだり蹴ったり」の自然の猛威だ。そんな中、台風10号で大規模被害を受けた岩手県岩泉町を視察したペテン総理は、「安心して暮らせる生活を取り戻せるよう全力を挙げなければならない」とお決まりのコメントしているんだが、きっと阿蘇山噴火についても今日あたり同じようなうわ言じゃなかったたわ言をのたまってくれるのだろう。

阿蘇山 活発な火山活動続く 引き続き噴石や火砕流に警戒

 でも、東日本大震災による避難者はいまだ14万人もいて、そのほとんどのひとたちがこれからの生活に不安を抱えていることを忘れてはいけない。ペテン総理は何かにつけて「東北の復興なくして日本の再生なし」ってほざくんだが、実際のところ効果的な政策はなんら打ち出されていない。

 それどころか、東京オリンピックにかこつけて、除染もままならない地域への早期帰還を画策するわ、避難者への慰謝料はけちろうとするわ、やってることは被災者の切捨てなんだよね。被災者支援に全力を挙げるどころか、原発再稼動に全力挙げてるんだから話になりません。

 ペテン総理の薫陶よろしく弱者に寄り添う気持ちがどんどん希薄になっていく世の中で、電通社員の過労による自殺に対して、「それぐらいで死ぬのは情けない」「プロ意識があれば残業時間など関係ない」というコメントをする大学の先生まで登場した。武蔵野大学グローバルビジネス学科の長谷川秀夫とかいう教授だそうで、どうやら東芝で財務畑幹部のキャリアがあるんだとか。

長谷川英夫(武蔵野大学教授)の経歴は? 電通過労死の発言で炎上!

Cuntinvwaaamsii
クリックすると拡大します。

 学問ですら効率や数字でしか捉えようしないからこういう教授が蔓延ることになるんだね。ノーベル賞を受賞した大隅先生は、「この研究をしたら役に立つというお金の出し方ではなく、長い視点で科学を支えていく社会の余裕が大事」と指摘しているのに、科学技術担当相でもある何様のつもり・鶴保君は「社会に役立つか役立たないかわからないものであっても、どんどん好きにやってくださいと言えるほど、この社会、国の財政状況はおおらかではない」ってほざくんだもん、こんなんじゃ科学に限らず日本の学問そのものが空洞化して行くのは間違いありません。

大隅氏、基礎研究の危機訴え ノーベル賞金、若手支援に活用

 それにしても。教育の現場に携わる人物が、いまどき死者に鞭打つような言葉を吐くとは、この先生の教えを受けた学生たちはどんな気持ちでいるだろう。このツイートは炎上のあげくに削除されているようだけど、大隅先生の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい荒れ模様の天気の日曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

「政治家同士の場合は信頼関係の中でやっているケースがある。全面的に禁止するのは問題がある」(公明党・漆原良夫)。白紙領収書は国会議員の特権ってわけか&職員が偽証や隠蔽工作しても平然としていられる都庁は「伏魔殿」というよりも「犯罪者集団」みたいなもんだろう。

「政治とカネの問題で細かいことばかり追求している。そんなことを詰めるより、政治の責任はもっと大きい問題で命がけでやっていくことが大事だ」(二階自民党幹事長)

「法律的に金を出した人が領収書を書いたから全部無効とはならないと思う」(漆原公明党中央幹事会会長)

「それぞれの党内で統一し、どう改善するか方法を考えていただけると大変ありがたい」(高市総務大臣」

 いやはや、これが代議士シェンシェイの白紙領収書問題に関する認識とはねえ。公明党の漆原君なんか、「政治家同士の場合は信頼関係の中でやっているケースがある。全面的に禁止するのは問題がある」なんてこともほざいているんだが、特権意識丸出しの上から目線で、公明党を支持している中小・零細企業の経営者は怒鳴り込んだほうがいいんじゃないか。

白紙領収書問題 民進・安住氏「何百枚も不自然」 自民・二階氏「細かいこと追及」

 国会議員のシェンシェイがどんなに我田引水の屁理屈こねようと、白紙領収書に宛名や金額、日付などを勝手に書き込むのは有印私文書偽造罪(刑法第159条第2項)、その領収書を行使した場合は偽変造私文書行使罪(刑法第161条第1項)に該当する可能性が極めて高い。つまり、化粧崩れの総務大臣・高市君のように「それぞれの党内で統一し、どう改善するか」なんて能天気なこと言っている場合じゃないんであって、明らかに現行法に抵触している疑いがある。「そんなことどうでもいい」と言わんばかりの土建政治・二階君の発言なんてのは論外も甚だしい。

 日本全国の公認会計士の皆さん、白紙領収書についての見解を、ここはハッキリと表明してほしい。税務署も同じだ。でもって、OKってんなら、来年の確定申告の時はしっかりと白紙領収書通してもらおうじゃないの。この問題は、政治家が勝手な見解でどうこうしていいものではなくて、所管の役所がキッチリと白黒つける義務がある。

 にしても、TVのニュースはなんでこの醜い政治屋どもの言い訳を報道しないんだろうねえ。SMAP解散はトップニュースで大騒ぎするくせに、ちったあ恥を知れ!

 恥を知れとくれば、豊洲問題に連座する政治家や都庁の役人も同じだ。なかでも、「年だから」とか「体調がすぐれない」とか、公開ヒアリングからどうにか逃げ出そうと老醜さらしているレイシスト石原君の恥知らずぶりは、ホント、情けない男です。

 「当事者である石原慎太郎元都知事に質問状を送りました」なんて大きな顔しているぼったくりバーのチーママ・小池君もそろそろ化けの皮が剥がれてくるんじゃないか。もはや、レイシストだけでなく、獅子頭・猪瀬、マキゾエ、さらには「盛り土は技術会議の提案」と嘘の報告書を慌ててHPに載せた都庁の役人も引きずり出して、百条委員会で吊るし上げなくちゃダメだろ。

作業空間「技術会議が提案」 豊洲 内部報告書に虚偽

 もはや、都庁は「伏魔殿」なんて生やしいものじゃなくて、偽証や隠蔽工作しても平然としていられる「犯罪者集団」みたいなもんなんだから。何故に汚染された土地への築地移転を決めたのか・・・その原点に戻って、洗いざらい白日の元にさらさない限りは、豊洲問題の決着がつくことはないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

「白紙の領収書に後から自分で書けば問題ない」(菅官房長官)ってさ&福島県の甲状腺がんの子どもたちの数を質されて「事前通告がないから答えられない」(安倍晋三)。将来を担う子どもの健康に、これほどの無知と無関心。

 富山市議会のイカレた議員たちが領収書偽造だなんだで政活費(政治活動費)を個人の生活費としてポッポに入れていた事件で、富山市議会は補選をしなくてはならない事態に陥っているってのに、国会議員のシェンシェイはなんとも呑気なもんです。新聞赤旗がいち早く報道していた網タイツの防衛大臣・稲田君の白紙領収書疑惑がようやく国会で取り上げられ、なんとまあ貧相顔の官房長官・菅君や化粧崩れの総務大臣・高市君も同じような手口で白紙領収書に勝手に宛先や金額などを書き込んでいったってね。

政治資金パーティー、白紙領収書が常態化=高市総務相「法的問題ない」-参院予算委

政治資金パーティーで白紙領収書「慣行」 菅、稲田氏認める

 共産党のとっちゃん坊や・小池君が「菅氏は約270枚(約1875万円分)、稲田氏は約260枚(約520万円分)の筆跡が同じだと指摘」したのに対して、貧相顔は「パーティー主催者の了解のもと、実際の日付、宛先、金額を正確に記載した」「数百人規模の出席者全員の宛先と金額を書いてもらうと、受け付けが混乱する」って言い訳してるんだが、いやいや、それじゃあ領収書の意味ないだろう。

 そもそも、領収書に「上様」なんて書くことでさえいまは不適切とされ、ましてや同じ筆跡で何枚もの領収書に金額なんか書き込まれていてごらんなさい、税務署から即刻お目玉くらいますよ。ていうか、これって厳密に言えば、私文書偽造にあたるんじゃないのか。たとえば、企業のコンプライアンスとして、「領収書の数字の書き換えや、白紙の領収書に後で数字を書き入れる行為は私文書偽造にあたります」とか「偽造領収書を会社に提出した場合は、会社を騙したことになり、詐欺罪に問われても仕方ありません」なんて文書があったりするものだ。

 これが社会常識というものだってのに、化粧崩れなんか「領収書作成方法は法律で規定されておらず、法律上の問題は生じない」って答弁してるんだから、何をかいわんやなのだ。「領収書作成方法は法律で規定されておらず」って、こいつ何言ってるんだ。白紙領収書に勝手に宛名や金額を、それも同じ筆跡で書き込んでおいて「法律上問題ない」ってんなら、これからは確定申告の時にバンパン白紙領収書使って経費計上してもいいってわけだ。

 そもそも、政治資金規正法とは「政治資金の流れを明らかにするとともに、政治活動に関する寄附(政治献金)や政治資金パーティーの制限、株式などによる投機的運用の禁止など政治資金の取り扱いを直接的に規制し、違反した場合には罰則なども課せられる」ものなんだよね。つまり、政治家の倫理観が問われているわけで、それにはまず一般社会常識ってのを基本にしなくてはいけない。国民の負託により政治活動をする国会議員の、それが義務というものだ。

 TVは相も変わらず豊洲問題一色なんだが、国会でいま何が起きているか、たとえば昨日も突貫小僧・山本太郎君が福島県の甲状腺がんの子どもたちの数を質したのに対して、ペテン総理は「事前通告がないので答えられない」って不快感あらわにして言い放つ始末だ。事前通告があろうがなかろうが、福島県の子どもの甲状腺がんに少しでも注意を払っていれば、もっとマシな答弁ができたはずだ。

 国の将来を担う子どもたちの健康に、こんなにも無知、無関心な男が国のトップに居座っていることに、一般大衆労働者諸君はもっと危機感を覚えた方がいい。このままだと、お国のためにってことで、無駄死にさせられる時代が必ずやってくるに違いないのだから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

石原慎太郎、ヒアリング拒否。吠える犬ほど敵前逃亡&廃炉費用は国民負担で原則40年廃炉は骨抜き。亡国の原発政策進行中。

 レイシスト石原区君がぼったくりバーのチーママ・小池君のヒアリングを拒否だそうで。なんともはや、吠える犬ほど切羽詰ると敵前逃亡しちゃうのは、まさに国民置き去りにして満州からトンズラした関東軍を彷彿とさせる。

 チーママがヒアリングは公開と言ったり、豊洲移転に関係した職員は退職者も含めて懲戒処分って宣言したりするもんだから、恐れをなしたってのが本音なんだろう。おそらく、レイシスト石原君は非公開の密室会談で手打ちにしようとしていたんだろうが、その目論見が外れて、このままだとさらし者になりかねないってブルっちゃったんだろう。

 さらに、レイシストの右腕とも言われ、豊洲問題の中枢にいた元副知事の浜渦君がチーママに寝返ったという噂もある。なんでも、この男は学生時代にチーママの家に下宿していたんだとか。そりゃあ、ツーカーだろう。

 こうやって敵前逃亡したってことは、やましいってことを自ら証明したようなもので、人生の末路は刑務所でってことになればいいのに。

<豊洲市場>全面協力のはずの石原氏 一転、ヒアリング拒否

小池知事「退職者も含めて懲戒処分」 都議会

 ところで、廃炉費用の国民負担ってのがほんかくてきに議論され始めたようで、せっかく新電力に鞍替えした一般大衆労働者諸君は踏んだり蹴ったりです。この廃炉費用の国民付け回しを議論する会議には、オブザーバーとして東電社長の蛙のツラになんとやらの広瀬君も参加しているんだが、これがまた白々しい発言しているんだから、殴ってやりたくなります。曰く、「東電が費用をまかなっていけるよう、制度的(な支援の)措置をつくってもらい、東電が債務超過になって倒れてしまう危険をとりのぞいてほしい」だと。

 こういうのを盗人猛々しいと言います。なにが「東電が債務超過になって倒れてしまう危険をとりのぞいてほしい」だ。とっくに倒れているのを国民の血税で必死に支えてやってるのを忘れたとは言わせませんよ。これじゃ、まるでゴロツキだ。

東電支援の国民負担拡大も 廃炉・事故処理費の上限見えず

 さらに、40年廃炉もどうやら骨抜きになりそうで、関電の美浜原発の運転期間延長ついて原子力規制委員会は「耐震化などの追加対策をすれば新規制基準に適合するとの審査書を正式決定した」そうだ。老朽化した原発は原則40年廃炉で、運転延長はあくまでも「例外」措置であり、その場合も「20年を超えない期間、1回に限り延長を可能とする」だったはずだ。

 この例外規定が盛り込まれた時に、これではいずれ原則40年廃炉が骨抜きになる可能性があるって指摘されていたんだが、ほら見ろ、その通りってなもんです。こんな具合にどんどん運転延長認めって行けば、日本は老朽原発天国になっちゃいますね。そんな時に地震や火山の爆発が起きてごらんなさい、原発の地元だけでなく日本中が放射能汚染でにっちもさっちもいかなくなるのは、子供にだって想像がつこうというものだ。

原発40年ルール形骸化 美浜3号機「適合」決定

 こうなってくると、最早、原発の再稼働については、地元だけの判断にまかせておいてはいけない。全国レベルの問題として語られなるべきだろう。つい先だっても、最も危険な原発のひとつとされる四国の伊方原発をめぐる伊方町長選挙で原発推進派の候補が5451票対765票という圧倒的な大差で勝利した。これで何か起きたら・・・その責任は地元住民にも跳ね返ってくるということに思いを馳せた有権者は果たして何人いたのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

「外国人訪問介護解禁」の前に、介護職の待遇改善に真剣に取り組むのが先なんじゃないか。

 クラリオン蓮舫君の時にはさんざん騒ぎ立てたくせに、自民党議員の二重国籍にはなんと皆さんおやさしいこと。日本維新の会の馬場なんとかいう幹事長なんか「こういうミスのないように法整備に協力してほしい」なんて、クラリオン君にはあれほどいきり立ってたのにいつのまにかトーンダウン。ペテン総理にいたっては、3日の衆議院予算委員会で「基本的にわが党の議員は二重国籍ではない」っていってたくせに、とんだ大恥かいちゃいました。

自民・小野田紀美氏の二重国籍 維新・馬場伸幸幹事長「安倍晋三首相は党内調査して答弁を」と苦言

 そんなことより、外国人による訪問介護が解禁になるってね。早ければ来年度からだそうで、なんでも深刻な人手不足を解消するためだってんだが、なんでそれが外国人解禁につながるのかねえ。介護業界における人手不足というのは、ひとえに労働環境があまりにも劣悪というのが大きな要因であって、まずは賃金や労働時間をしっかりと整備することなんだよね。そうすれば、せっかく介護士の資格を持っているのに現場を離れざるを得なかったひとたちが戻ってくるだろうに、そうしたことはまったく意に返さずに外国人労働者云々なんてお手軽すぎるというものだ。

 おそらく、そこには外国人=安い労働力という発想が潜んでいるのだと思う。つまり、待遇はいまのままで、低賃金でも働いてくれる外国人を導入することで、人材派遣会社が大儲けって絵図を描いているんじゃないのかねえ。パソナ会長の売国・平蔵あたりが一枚噛んでいるのは間違いない・・・って、いつもの妄想ですけどね。

外国人訪問介護を解禁へ 担い手不足解消で来年度にも 

 そもそも、訪問介護って日本人でさえきめ細かなサービスするのは難しいんだよね。ちょっとした言葉の行き違いだとかで、逆に介護士の存在がストレスになってしまうことだってあるし、実際母親の介護を7年ほど経験したけど、そんなトラブルはけっこうありましたからね。これが言葉もママならない外国人とくれば、文化の違いもあったりして、そう簡単にいくとはとても思えない。日本語の研修したからそれでOKとなるほど、介護の現場は単純ではありません。

 なんか、順番が逆なんじゃないのかねえ。ていうか、そもそも外国人導入ありきでこうした議論が進んでいるのがおかしな話なのだ。いずれはそうしたこともありだとしても、まずは介護の現場にひとが集まるような待遇改善を図ること。それもしないで外国人ってのは、その裏に人材派遣会社の利権が絡んでいるからじゃないのと邪推のひとつもしたくなる火曜の朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

「ボクちゃん知らない」にペテン総理が逆切れ。反応するのはそこかい&前原にネチネチ攻め立てられる稲田をかばって「野党の時に強く言うことは、政府の交渉力を高めるという考え方もある」(安倍晋三)。語るに落ちたね。

 国際ボート連盟の会長がボート・カヌー会場の見直し案にクレームつけに来日したってんだが、オリンピック開催都市のトップを差し置いてまず最初に会ったのが大会組織委員会の副事務総長だったてところに、なんか利権の匂いがする今日この頃。

 国会では野党議員の質問に対するペテン総理の珍回答、迷回答、さらには逆切れに、呆れるやら、腹立たしいやら、あげくにはもう笑うしかないだろうというお寒いコント並みのやりとりが繰り広げられている。

 昨日もペテン総理が期待にたがわずやってくれたようで、自民党改憲草案をめぐって年金男・長妻君と掛け合い漫才もどきの珍問答が展開。

長妻:自民党の責任者として、なぜこういう改正草案を出したのか。基本的人権に関わる条文を変更したのか。

安倍:私が憲法草案を出したと言うが、どこに出したのか。世に出したのは私ではない。谷垣総裁の時に出された。これは屁理屈ではない。

長妻:谷垣総裁の時に作ったものだから、ボクちゃん知らないよというふうにちょっと私は聞こえた。

安倍:谷垣総裁の時に作ったものだからボクちゃん知らない、と一言でも言いました? まったく言っていないのに言ったように言うのはデマゴーグの典型例だ。

 スゲーなあ。自民党改憲草案はママチャリ野郎・谷垣君のせいにして、そこをつつかれたら、「ボクちゃん知らない」という挑発に逆切れしちゃうんだから、反応するのはそこかいってなもんです。言葉のアヤにいちいち敏感に反応しちゃって、結局は質問には何も答えていないんだから、根っから幼稚なんだろうね。あげくには、「デマゴーグ」とはねえ。言葉の使い方がまるでなってません。

「僕ちゃん知らないなんて私」安倍総理 野党が追及

 そもそも、相手の挑発に感情剥き出しで喧嘩腰の発言するような男が総理大臣って、どうなのよってことです。こんなのが自衛隊最高司令官なんだから、たとえば尖閣諸島周辺でちょいとイザコザが起きたりたら、へたすると「開戦だ!」って叫び出しかねませんよ、ったく。

 でもって、ペテン総理は寵愛する網タイツの防衛大臣・稲田君の子守りまで買ってでちゃって、湯上りの口先番長・前原君が網タイツの野党時代の「尖閣諸島に自衛隊を配備して実効支配を強めるべきだ」という発言を槍玉に上げて「いま出来る立場になったんだからやれば」って攻め立てたら、横から「野党の時に強く言うことは、政府の交渉力を高めるという考え方もある」って助け舟出し取りました。いやあ、よく言うよであります。対案出せだの、責任野党だの、さんざん野党をdisりまくってるくせに、他人に厳しく自分に甘い、これこそ「ボクちゃん」の典型だ。なによりも、子守りが必要なのはペテン総理の方だろう。

首相、稲田氏かばう 予算委答弁で横から助け舟

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

国の貧困支援に反対が38%。「思いやり」なんて言葉が死語になりそうなトホホな国になったものだ。

 昨日のTBS『サンデーモーニング』で紹介していた数字は衝撃的だった。「自分だけで生活できない貧しい人を、国が救うべきか」という質問に、「救うべきだとは思わない」と回答したひとの割合が日本はなんと38%だったとか。なんでもかんでも自己責任のアメリカでさえ 28%だというのに、う~ん、長谷川某のような男にも一定程度の賛同者がいるってことを考えれば、さもありなんてことか。

 それにしても、中国でさえ「救うべきだとは思わない」との回答は9%だというのに・・・。ま、差国会議員がネットで貧困女子高生をdisする時代ですからね。「思いやり」なんて言葉が死語になる時代も間近ってことか。トホホな国になってしまったことだこと。

 というわけで、二日酔で絶不調の月曜の朝であった。

S_ice_screenshot_20161003023804

【衝撃的】国の貧困者支援に反対、国別の調査結果に衝撃!日本38% イギリス8% ドイツ7% 中国9%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

2025年大阪万博って、カジノ構想のダミーじゃないのか。豊洲もどうやらそんな気配が・・・!?

 東京オリ・パラの予算がいつのまにか3兆円という膨大な額に膨れ上がり、それをまた組織委会長のシンキロー森君が「都の下部組織じゃないからね。どんなに金がかかったって都の指図は受けない」ってサメの脳みそ的発言して正当化しようというしてるってのに、今度は2025年の大阪万博なんだと。大阪府は「全国の経済波及効果を約6・4兆円」と試算してるってんだが、なんとも能天気なことで。

 会場は大阪湾の人工島・夢洲で、会場建設費は1200~1300億円、会場建設費は約690~740億円を見込んでいるんだとか。7500億円が3兆円にまで膨張した東京オリ・パラの現状を見ればわかるように、こんなのは役人どもの勝手な計算ですからね。普通に考えてもこの数倍、へたすりゃそれ以上の税金が注ぎ込まれることになりますよ。6・4兆円の経済波及効果ってのも、机上の計算しているだけだろうから、費用対効果がどれほど期待できるかなんて、この流動的な世界情勢の中で誰にもわからないってのが本当のところなんじゃないのか。

大阪万博、建設費1300億円 府構想、関連770億円

 しかも、大阪万博はカジノがらみっていう側面もあって、「大阪府・市は、夢洲へのカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指している」ってのが本音なんだろう。お子ちゃま弁護士・橋↓君の腰ぎんちゃくの松井大阪知事は、これまでもカジノ誘致したくてウズウズしてたんだから、そのための方便が大阪万博ってことなんでしょう。ここでも、豊洲、東京オリ・ハパラと同じような利権の構造が潜んでいるのは間違いありません。って、本人から聞いたわけじゃないけど。

大阪府:府が2025年万博の基本構想素案を発表 夢洲IRと連動 政府の協力要請 夢を実現へ

 豊洲市場についても、白紙撤回してカジノを含むIR構想ってのがまたぞろ頭をもたげてきているから、大阪万博もこうした流れの一環なのかもね。フジTV会長の日枝君がなにかといっちゃ、軽井沢でゴルフやBBQでペテン総理のお供をしたりしてご機嫌とりしているのも、お台場にカジノを誘致したい一心なわけで、これからは「IR(=カジノ)」がキーワードになっていくのかもしれない。

 そのあたりのことを東京新聞「筆洗」がコンパクトにまとめているので、ご一読を。ちょっと笑えます。

東京新聞「筆洗」

【くろねこの競馬予想】

 いよいよ秋のG1がスタート。ただでさえ荒れるG1なのに、今年のスプリンターズステークスは絶対王者が見当たらないだけに、馬券は難しい。1番人気は前走セントウルステークスを快勝したビッグアーサー。でも、抑えた競馬が持ち味の馬が、スタート直後から引っ掛かり気味に先頭に立って押し切ったレース内容を考えると、今回も引っ掛かって先走るんじゃないかという不安はぬぐえない。

 直線に坂のある中山の1200mmはスピードだけでは押し切れない。マイルをこなすくらいのスタミナも必要だ。というわけで、本命はマイル路線から距離を短縮してきたレッツゴードンキ。前走、前々走と1200mを経験して、ここがメイチの狙いどころ。相手はダンスディレクター。こちらも単なるスピード馬でないことは明らか。ビッグアーサーは単穴まで。穴ならサトノルパンか。
◎レッツゴードンキ、○ダンスディレクター、▲ビッグアーサー、△サトノルパン、ソルヴェイグ、ネロ、シュウジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

誰がやったか特定できないってすっとぼけるなら、地下空間に言及したすべての部課長会の出席者の名前を公表したらどうだ&「自民党は改憲草案を示した上で選挙に臨み、議員は当選している」(安倍晋三)。「改憲は争点ではない」って言ったよね、言ったよね。

 「自己検証報告書」。豊洲新市場の謎の空間は「いつ、誰が」決めたのかを検証した内部調査報告書のタイトルだ。ようするに身内が身内を調査しただけのものなんだから、ピンポイントで犯人特定するなんてそもそも無理な話なんだね。ぼったくりバーのチーママ・小池君は「流れの中で、空気の中で進んでいった。豊かな大組織ゆえの甘えと油断があった」から、今後は内部告発を促す公益通報制度を導入して真相究明を続けるんだとか。

 どうぞおやりくださいってなもんだが、ピンポイントで犯人特定できないにしても、いつどこの段階でどんな部局が謎の地下空間について話し合っていたかってことの大筋はわかるはずなんだね。

 そもそも、2008年12月に都が技術会議に「地下水の浄化のため建物下に作業空間が必要」と説明して以来、何度か地下空間についての話が出てくるんだが、特に興味深いのが2011年8月に開かれた都の市場当局による部課長会で、ここで地下にモニタリング空間を設置する方針が確認されているとか。
 
 てことは、この部課長会議に出席した担当者をまず締め上げるのがいいんじゃないの。ピンポイントで犯人特定なんか、そもそも巨大プロジェクトでは無理なんだから、まずは部局ごとに摘発していく。そうすれば、責任のなすり合いから、とんでもない人物の名前が飛び出してこないとも限らない。

 「流れの中で、空気の中で進んでいった」ってんなら、まずは地下空間について話し合われたすべての会議の出席者の名前を公表するのが筋だと思うけどねえ。その中に真犯人がいるかもしれないし、なんったって関与したすべての登場人物を明らかにすることが推理小説の謎解きの鉄則ですからね。

いつ、誰が 特定できず 豊洲問題「大組織ゆえの甘え」

 ところで、豊洲やオリンピックのことばかりにスポットが当たっているけど、国会も忘れちゃいけない。ていうか、こちらの方がよっぽど重要だろう。というわけで、昨日の衆議院予算委員会では網タイツの防衛大臣・稲田君がピースボート・辻元君に詰問されて涙目になったとか。

 翁長沖縄県知事との会談の時には官僚の作文を読み上げるだけでもロレツが回らなくなっちゃって呆れられていたけど、答弁中に涙目とはねえ。その答弁もシドロモドロで、確かに司法試験受かってるから詰め込み式の受験勉強はできたんだろうが、自分の言葉でモノを言ったり考えたりすることが苦手なタイプなんだろうね。つまり、地頭が悪いってことだ。とてもじゃないけど、自衛隊員の命を預かる防衛大臣の器ではありません。

稲田氏、涙ぐむ場面も=辻元氏の「言行不一致」追及に

 その親分がこれまたトッポいときてるから困ったもので、同じくピースボート辻元君に自民党改憲草案について「国民不在だ。棚上げした方がいい」って詰め寄られたら、「自民党は草案を示した上で選挙に臨み、議員は当選している。国民不在との指摘は全く当たらない」だとさ。

 先の参議院選挙では徹底して改憲論議から逃げまわったくせに、「自民党は草案を示した上で選挙に臨み」とは片腹痛い。この男はいつもこうなんだね。選挙に勝ったということは、公約に書いてあることすべてに民意を得たってことになるらしい。これって、「選挙に勝ったのは自民党なんだから文句言うんじゃない」って国民に向かって言ってるようなもんだろう。

 「この国会ではTPPを強行採決という形で実現するよう頑張らせていただく」なんてほざくシェンシェイが湧いて出てくるのもむべなるかなってことです。

憲法97条で応酬 細野氏「なぜ削除」 首相「単なる整理」

TPP「強行採決」発言の自民議員、特別委理事辞任へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »