« 「政治家同士の場合は信頼関係の中でやっているケースがある。全面的に禁止するのは問題がある」(公明党・漆原良夫)。白紙領収書は国会議員の特権ってわけか&職員が偽証や隠蔽工作しても平然としていられる都庁は「伏魔殿」というよりも「犯罪者集団」みたいなもんだろう。 | トップページ | 「駆け付け警護」にゴーサイン出すためのアリバイ作りの視察なんて自衛隊員にはさぞかし迷惑なことだろう&「通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」(税務署の回答)。さあ、どうする、どうする、国税庁! »

2016年10月 9日 (日)

電通過労死に「それぐらいで死ぬのは情けない」(長谷川英夫武蔵野大学教授)。こんな言葉を吐くアナタこそ、人として情けない。

 台風に続く阿蘇山の爆発的噴火は地震の傷跡が癒えない九州のひとたちにとって、まさに「踏んだり蹴ったり」の自然の猛威だ。そんな中、台風10号で大規模被害を受けた岩手県岩泉町を視察したペテン総理は、「安心して暮らせる生活を取り戻せるよう全力を挙げなければならない」とお決まりのコメントしているんだが、きっと阿蘇山噴火についても今日あたり同じようなうわ言じゃなかったたわ言をのたまってくれるのだろう。

阿蘇山 活発な火山活動続く 引き続き噴石や火砕流に警戒

 でも、東日本大震災による避難者はいまだ14万人もいて、そのほとんどのひとたちがこれからの生活に不安を抱えていることを忘れてはいけない。ペテン総理は何かにつけて「東北の復興なくして日本の再生なし」ってほざくんだが、実際のところ効果的な政策はなんら打ち出されていない。

 それどころか、東京オリンピックにかこつけて、除染もままならない地域への早期帰還を画策するわ、避難者への慰謝料はけちろうとするわ、やってることは被災者の切捨てなんだよね。被災者支援に全力を挙げるどころか、原発再稼動に全力挙げてるんだから話になりません。

 ペテン総理の薫陶よろしく弱者に寄り添う気持ちがどんどん希薄になっていく世の中で、電通社員の過労による自殺に対して、「それぐらいで死ぬのは情けない」「プロ意識があれば残業時間など関係ない」というコメントをする大学の先生まで登場した。武蔵野大学グローバルビジネス学科の長谷川秀夫とかいう教授だそうで、どうやら東芝で財務畑幹部のキャリアがあるんだとか。

長谷川英夫(武蔵野大学教授)の経歴は? 電通過労死の発言で炎上!

Cuntinvwaaamsii
クリックすると拡大します。

 学問ですら効率や数字でしか捉えようしないからこういう教授が蔓延ることになるんだね。ノーベル賞を受賞した大隅先生は、「この研究をしたら役に立つというお金の出し方ではなく、長い視点で科学を支えていく社会の余裕が大事」と指摘しているのに、科学技術担当相でもある何様のつもり・鶴保君は「社会に役立つか役立たないかわからないものであっても、どんどん好きにやってくださいと言えるほど、この社会、国の財政状況はおおらかではない」ってほざくんだもん、こんなんじゃ科学に限らず日本の学問そのものが空洞化して行くのは間違いありません。

大隅氏、基礎研究の危機訴え ノーベル賞金、若手支援に活用

 それにしても。教育の現場に携わる人物が、いまどき死者に鞭打つような言葉を吐くとは、この先生の教えを受けた学生たちはどんな気持ちでいるだろう。このツイートは炎上のあげくに削除されているようだけど、大隅先生の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい荒れ模様の天気の日曜の朝であった。

|

« 「政治家同士の場合は信頼関係の中でやっているケースがある。全面的に禁止するのは問題がある」(公明党・漆原良夫)。白紙領収書は国会議員の特権ってわけか&職員が偽証や隠蔽工作しても平然としていられる都庁は「伏魔殿」というよりも「犯罪者集団」みたいなもんだろう。 | トップページ | 「駆け付け警護」にゴーサイン出すためのアリバイ作りの視察なんて自衛隊員にはさぞかし迷惑なことだろう&「通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」(税務署の回答)。さあ、どうする、どうする、国税庁! »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

カナダから日本を見てますと、日本人って、皆々ではないでしょうが、「なんて胆の太い大らかな人人か、或いはそうじゃなくて、ただ気付いてないだけなのか」と思はせられます。あの総理、内閣、与党議員、或るいは一部の野党議員の仕事ぶり、人格、センス等の無い有様でも平気で暮らしておられる様子にです。カナダ人(私も含め)はとても安心して暮らせないでしょう怖くて。

人類は皇帝から政治の権力を取り上げ共和制へと持つて来たわけですが、その選挙で委託した政府が自分たちを裏切つたら取り換えないと何にもなりませんね~。

あまりお人好しだと、相手に罪を作らせてしまいます。作らせるのも罪だとおもいます。

投稿: hanazono | 2016年10月10日 (月) 06時32分

「嘘と詭弁の歴史歪曲政策詐欺師毒宰小2和製ヒトラー」が、
「安心して暮らせる生活を取り戻せるよう
全力を挙げなければならない」とノタマワッタそうだけれど、
「全力を挙げなければならない」と誰に向かって言ったのでしょう。

岡目五目には、被災者に向かって「お前ら全力を尽くせ」と言ってるように聞こえるんだけれど、貧者の僻みか?

で、武蔵野大学のシェンシェイ、「金の掛かる透析患者は殺せ」と言った方と同性ですが、関係があるんでしょうか、
妄想だけれど・・。

ところで、領収書の白紙問題。
貧相顔、厚化粧、愛国婦人会長のほかに、出るは出るは、
金田(法務)、松野(文科)、塩崎(厚労)、山本有(農水)、今村(復興)、松本(公安・防災)、加藤(一億)、山本幸(地方)、丸川(五輪)のほか副大臣多数。

ミンナデ・ワタレバ・コワクナイ、てか。


投稿: 岡目五目 | 2016年10月 9日 (日) 14時35分

子供が小学生の頃、プール際で長い竹ざお持って泳いでいる子供の頭をバシバシ叩いて、
「しっかり泳げ」と怒鳴っていた先生がいました。

なんであの先生、水着じゃないのかって父母の間で話題になった。そしたら「泳げないから」なんですって。子供がおぼれたら、見殺し確実。無責任の極みですね。

「プロ意識があれば」なんて平気で死者に鞭打つ奴は、自分が泳げないのにやたら人にだけ厳しいそういう人種です。

投稿: さやこ | 2016年10月 9日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/67863562

この記事へのトラックバック一覧です: 電通過労死に「それぐらいで死ぬのは情けない」(長谷川英夫武蔵野大学教授)。こんな言葉を吐くアナタこそ、人として情けない。:

« 「政治家同士の場合は信頼関係の中でやっているケースがある。全面的に禁止するのは問題がある」(公明党・漆原良夫)。白紙領収書は国会議員の特権ってわけか&職員が偽証や隠蔽工作しても平然としていられる都庁は「伏魔殿」というよりも「犯罪者集団」みたいなもんだろう。 | トップページ | 「駆け付け警護」にゴーサイン出すためのアリバイ作りの視察なんて自衛隊員にはさぞかし迷惑なことだろう&「通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」(税務署の回答)。さあ、どうする、どうする、国税庁! »