« 「改憲の機は熟した。必ずや歴史的な一歩を踏み出す」(安倍晋三)。「みっともない憲法」とほざいた愚か者に憲法いじらせてたまるか!! | トップページ | 「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」(安倍晋三)。改憲発議の権限なんかないくせにここまで踏み込んだんだから、憲法遵守義務違反で総理大臣罷免して逮捕しろ!! »

2017年5月 3日 (水)

憲法施行70年。ネットで特別公開中のジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』をテキストに、改めて憲法について考えてみたい。

 憲法施行から70年。まさか、憲法発布のその時に、「みっともない憲法ですよ」と公言して憚らない男が総理大臣の椅子に座るなんて、誰も想像すらしなかったに違いない。でも、それが現実なんだね。

 今朝の東京新聞の社説は、70年前の5月3日に当時の憲法大臣だった金田徳次郎の寄稿文を紹介しているが、なんかとても予言めいているんだね。こんな具合です。

「今後の政治は天から降って来る政治ではなく国民が自分の考えで組(み)立ててゆく政治である。国民が愚かであれば愚かな政治ができ、わがままならわがままな政治ができるのであって、国民はいわば種まきをする立場にあるのであるから、悪い種をまいて収穫のときに驚くようなことがあってはならない」

 つまり、「改憲」を喚く連中が跋扈するようになったのは、一般大衆労働者諸君にも大いに責任があるってことだ。そこをしっかりと認識しないと、結局はいつか来た道を再び歩み始めることになるのだろう。なんてったって、北朝鮮のミサイル危機を煽っただけで、内閣支持率が急上昇しちゃうのが現実ですからね。

・東京新聞社説
憲法70年に考える 9条の持つリアリズム

 ここは原点に返って、日本国憲法とはなんぞやということを改めて考えてみたい・・・というわけで、5月33日(水)午前0時より5月5日(金)午後24時までネットで特別公開されているジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』(2005年公開)をテキストに、改めて憲法について考えるきっかけにしてはいかがでしょう。


【特別無料公開】『映画 日本国憲法』監督:ジャン・ユンカーマン   

|

« 「改憲の機は熟した。必ずや歴史的な一歩を踏み出す」(安倍晋三)。「みっともない憲法」とほざいた愚か者に憲法いじらせてたまるか!! | トップページ | 「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」(安倍晋三)。改憲発議の権限なんかないくせにここまで踏み込んだんだから、憲法遵守義務違反で総理大臣罷免して逮捕しろ!! »

憲法改正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/70452884

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法施行70年。ネットで特別公開中のジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』をテキストに、改めて憲法について考えてみたい。:

« 「改憲の機は熟した。必ずや歴史的な一歩を踏み出す」(安倍晋三)。「みっともない憲法」とほざいた愚か者に憲法いじらせてたまるか!! | トップページ | 「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」(安倍晋三)。改憲発議の権限なんかないくせにここまで踏み込んだんだから、憲法遵守義務違反で総理大臣罷免して逮捕しろ!! »