« 「トランプ氏にやめてと言わないといけない。戦争で最初に犠牲になるのはアジアだ」(ドゥテルテ比大統領)。ひるがえって、日本はと言えば、このタイミングで海上自衛隊の護衛艦が米艦船警護という愚かしさ。 | トップページ | 憲法施行70年。ネットで特別公開中のジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』をテキストに、改めて憲法について考えてみたい。 »

2017年5月 2日 (火)

「改憲の機は熟した。必ずや歴史的な一歩を踏み出す」(安倍晋三)。「みっともない憲法」とほざいた愚か者に憲法いじらせてたまるか!!

 アメリカの補給艦を警護した護衛艦「いずも」ってのは、どうみたって空母だね。でも、憲法上の制約があって「攻撃型空母」は持てないとされているからヘリ搭載型護衛艦なんだとさ。そんなこともあって、憲法をどうにかいじくろうってのがペテン総理の腹なんだろう。

 で、昨日の改憲を目指す超党派議連の大会で、「機は熟した。憲法改正という大きな目標に向かい、節目の年に必ずや歴史的な一歩を踏み出す」ってペテン総理が吠えたってね。さらに、「憲法を『不磨の大典』と考える国民は非常に少数になった」ともほざいている。おいおい、その根拠を示せ、ってなんもんです。

憲法改正に強い意欲、安倍首相「いよいよ機は熟してきた」

 朝日新聞の世論調査によれば、改憲不要が55%で、9条についても「変えない方がよい」とする割合は68%あるそうだ。おそらく、他の世論調査でも同じような数字になるんだろうが、これをどう捻じ曲げて考えたって「「機は熟した」「憲法を『不磨の大典』と考える国民は非常に少数になった」なんてことにはならない。

改憲不要55%、必要37% 朝日新聞世論調査

 そもそも、なのんために改憲するのかって議論もなしに、一足飛びに改憲改憲って喚くこと自体、国会議員として憲法遵守義務違反だろう。それを総理大臣が白昼堂々と口するという乱暴狼藉に、どうして新聞・TVはこうも寛大なんだろうねえ。そのことがとても不思議でならない。

 しかも、この男は、現行憲法を「みっともない憲法ですよ」ってほざくような下衆ですからね。そんな輩に憲法をいじくられてはたまりませんよ、たく。

 この集会には、大勲位・中曽根君も老体にムチ打って出席。改憲に向けて檄を飛ばしたそうだが、「土人女を集め慰安所を開設」なんてことを自慢げに手記に書くような風見鶏が考える改憲なんて、それだけでお里が知れるとうものです。こいつらすべて、改憲を目論んだ共謀罪で逮捕だな!!

|

« 「トランプ氏にやめてと言わないといけない。戦争で最初に犠牲になるのはアジアだ」(ドゥテルテ比大統領)。ひるがえって、日本はと言えば、このタイミングで海上自衛隊の護衛艦が米艦船警護という愚かしさ。 | トップページ | 憲法施行70年。ネットで特別公開中のジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』をテキストに、改めて憲法について考えてみたい。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

コメント

安倍阿呆三と言う政治屋 男は、憲法 改悪に関しても、民意を全く無視した、名誉欲 権勢欲?だけが異常に突出した、病的と断言しても構わない、イカれポンチの極致の人物。

この下衆で無能な輩は、不幸にして、日本のお山の大将 Topになってしまったが、アメリカの子分の小人物。

彼を政権 政界から引きずり下ろさない限り、日本の明るい未来は無い!

中曽根さんは、高校の先輩だか、憲法 改悪に加担する悪者だ!老害なり!

投稿: 土偶 | 2017年5月 2日 (火) 16時30分

改憲ったって発議したところで最後は国民投票ですからね。

とは言っても
相手もアノ手コノ手で攻めてくるんで
例えば「押しつけ憲法」「時代に合わせてかえるべきだ」「70年たってるんだから見直しても」等々。

とにかく「断固ノー」の声をあげ続けて「別に変える必要ないじゃん」という風を常に吹かし続け、「ちょとこれじゃあ発議はムリかな?」と思わせるしかない。

投稿: こなつ | 2017年5月 2日 (火) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/70442013

この記事へのトラックバック一覧です: 「改憲の機は熟した。必ずや歴史的な一歩を踏み出す」(安倍晋三)。「みっともない憲法」とほざいた愚か者に憲法いじらせてたまるか!!:

« 「トランプ氏にやめてと言わないといけない。戦争で最初に犠牲になるのはアジアだ」(ドゥテルテ比大統領)。ひるがえって、日本はと言えば、このタイミングで海上自衛隊の護衛艦が米艦船警護という愚かしさ。 | トップページ | 憲法施行70年。ネットで特別公開中のジャン・ユンカーマン監督の『映画 日本国憲法』をテキストに、改めて憲法について考えてみたい。 »