« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月18日 (金)

日米2プラス2で日米軍事同盟強化合意。自衛隊がアメリカの戦争に駆り出されるのも時間の問題か!?&「共産党との協力は難しい」「改憲議論に応じる」「小池新党との連携視野に」(前原誠司)。バカじゃねぇ?

 網タイツの防衛大臣では話にならないってんで延期になっていた日米2プラス2が、バソナ小野寺君が防衛大臣に就いたことでようやく開催。リベラル装いつつ本性はペテン総理のお仲間である外務大臣のごまめの歯ぎしり・河野君共々、会議のテーブルに付きましたとさ。

 でもって、何をするかと思ってたら、「北朝鮮の脅威に断固とした姿勢で臨む」そうだ。そのために、迎撃ミサイル「SM3」を地上配備する「イージス・ショア」を導入するってさ。一基のお値段は約800億円。日米同盟を強化するってことは、とりもなおさず日本の税金がアメリカにむしり取られるってことなんだね。

 さらに、「普天間飛行場の移転は、辺野古の新基地建設が唯一の解決策」ってことも改めて確認したっていうから、ますます「アメリカのポチ」ぶりに磨きがかかったってことだ。

 共同発表には、「平和安全法制(安保関連法)の下でさらなる協力の形態を追求する」って文言が入るそうで、自衛隊がアメリカの戦争に駆り出されるのは時間の問題かも。

2プラス2会合 対北圧力強化で日米合意 「核の傘」抑止確認

 北朝鮮のミサイルを口実にした日米同盟強化に対して抵抗する勢力がないのが、この国の悲劇なのだろう。本来ならその先頭に立たなくてはならない民進党は、どうやら湯上りの口先番長・前原君の優勢が伝えられている。

 この男、最近のインタビューで、「共産党との協力は難しい」「野党第一党として堂々と憲法改正の議論には応ずる」「小池新党とは政策・理念が共有できれば協力する」なんてことをのたまってくれちゃってるんだね。

小池新党との連携「あり」 前原誠司衆議院議員

 これじゃあ、自民党前原派だろう。政局がまったく読めていない。小沢一郎と会談したりして、ちったあ改心したかと思ってたら、結局のところ何も変わっちゃいないってことだ。いまこのタイミングで「共産党との協力は難しい」なんてこと口にすることが、どれだけペテン政権を利することになるか、まるでわかっちゃいない。

 こんなんじゃ、民進党の代表になったとしても、偽メールで赤っ恥かいた悪夢の再現があるかもね。湯上り口先番長・前原君の代表選勝利は、とりもなおさずこの国の沈没に拍車をかけることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

撃ち落せもしないのに「撃ち落すぞ」って喚く外務副大臣。旧日本軍の愚かな司令官にさも似たり&日本が侵略されたら「自衛隊に参加して戦う」は3%(NHK世論調査)

 嘘つき坊やが呑気に夏休みの中、北朝鮮の「やるやる詐欺」はなんとなく収束の方向に向かいつつあるようで、予定調和で一段落ってことか。一部の閣僚を除いて国会議員のシェンシェイ方の危機感のなさも納得がいこうというものだ。

 で、ここぞとばかりに喚いていたのが、パンチ佐藤だ。なんでも、「(北朝鮮のミサイルを)撃ち落とさなければ、日米同盟どうなる」って吠えたってね。「英霊にこたえる会」と「日本会議」が主催した「戦没者追悼中央国民集会」でのことだそうで、お仲間の前で威勢のいいこと言うのはこやつらの習い性というわけだ。

 しかし、パンチ佐藤は外務副大臣なんだよね。外交ってのは「論理」こそが武器なんであって、「撃ち落すぞ」なんてことを軽々に口にして、いたずらに相手を刺激するのはそれこそ安全保障上は大問題だろう。

「撃ち落とさなければ、日米同盟どうなる」外務副大臣

 そもそも、「撃ち落とす」なんてことを本気で言っているとしたら、元自衛官としての資質そのもにだって疑問が浮かぼうというものだ。なんてったって、ミサイル迎撃のためのPAC3ってのは射程は高度十数キロと言われる。ところが、北朝鮮のミサイルがグアムに向かって発射されるとすると、日本上空の高度300~400キロ当たりを上昇しながら通過していくんだね。どうやったって、PAC3で撃ち落とせるものではありません。

 こうした事実を、よもやパンチ佐藤が知らないわけがない。もし知らなかったとしたら、「ヒゲの隊長」なんてしゃらくさい冠は返上するこった。つまり、知っていながら「撃ち落すぞ」って喚いているんだよね。これって、負け戦を知りながら、平然と突撃を命令して、多くの兵隊たちを玉砕させた、旧日本軍の愚かな司令官と似たようなもんなんだね。

 一昨日のNHKスペシャル『戦慄の記録 インパール』では、そうした司令官の愚かしさや保身による地獄を克明に描いていたけど、パンチ佐藤のような「軍事の専門家」を自負する外務副大臣が、シレっと「撃ち落すぞ」って口にしてしまうっての、そうした歴史から何も学んでいない証拠なんだろうね。

NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」20170815

 若者を対象にしたNHKの世論調査で、「いま、日本が他の国から侵略を受けて戦うことになったら、あなたはどうしますか」という質問に対して、「自衛隊に参加して戦う」と回答した人数は全体の3%にしか過ぎなかったとか。「ヒゲの隊長」のようにやたら勇ましいこと言うくせに、やってることはそこらの陣笠議員の域を出ない政治家シェンシェイの姿から、「こいつらの言うこと聞いてたらヤバイ」って本能的に察知している結果なのかもね。日報隠蔽問題における自衛隊幹部連中のヘタレ具合だって影響してるんじゃないのかねえ。

・NHK世論調査
平和って?戦争って? 若い世代に聞いてみた

 それはともかく、PAC3は北朝鮮のミサイルに何の役にも立たないってことを、なんで新聞・TVは声を大にして言わないんだろう。そのくせ、ミサイル避難訓練なんて阿呆らしいことをニュースで垂れ流すんだから、大本営発表の時代から、メディアもまた何も学習していないってことなんだね・・・だめだ、こりゃ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

戦没者追悼式のその夜に、笹川日本財団会長の別荘で、森、小泉、麻生らと会食&総理の私人の嫁の元お付きがイタリア大使館へ異例の出世。わかりやすい人事だこと。

 東京は15日間連続の雨。そして、今日もまた雨。なんとも気が滅入る夏だこと。

 気が滅入る原因は気候だけではない。昨日の敗戦の日に、国会議員のシェンシェイたちか大挙して靖国参拝。防衛大臣クビになった網タイツ・稲田君も悪びれる素振りさえ見せずに姿を現した。

 さらに、気を滅入らせてくれたのが、戦没者追悼式におけるペテン総理の式辞だ。天皇が「深い反省」を語ったその前で、「平和」だとか「謙虚」だとか空々しい言葉を羅列したあげくに、アジアへの「加害の責任」はまったく無視。そのくせ、「希望に満ちた明るい未来を切り開いていく」なんて空疎な言葉をいけしゃあしゃあと口にする始末だ。北朝鮮のミサイルがどうしたこうしたって世界中がピリピリしているってのに、よくもまあ、ってなもんです。

終戦72年、追悼式に6200人 首相、加害責任触れず

天皇陛下のお言葉、2017年も「過去を顧み、深い反省」 戦没者追悼式(全文)

 でもって、敗戦の日の昨日の夜は、日本財団会長の別荘で、当主の笹川陽平に森、小泉、麻生、茂木、西村、萩生田、さらにフジテレビ相談役の日枝を加えて会食。笹川の別荘でってところがミソで、果たしてその意味するものは・・・?

首相の一日

 最後に、ペテン総理の私人の嫁のお付きだった谷査恵子君がイタリアの日本大使館に異動になったってね。ノンキャリアでは異例の人事だそうで、ゲッペルス気取りの経産相・世耕君が森友学園疑獄とは「まったく関係ない」と強調すればするほど、森友隠しの疑いが深まろうというものだ。

元昭恵氏付き職員が伊大使館へ異動 「森友」説明要求の中

 シュレッダー佐川君が国税庁長官に栄転して、論功行賞だって世間が注視している中でこれだもんね。国民を舐めきっている証拠です。ほとぼりが冷めるまで海外に行ってろ、ってのはヤクザがよく使う手口なんだが、谷君は生涯にわたって秘密を背負って生きていくことになるんだね。ご愁傷様なことで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

「本土空襲」「731部隊「樺太地上戦」・・・NHKがいい仕事している&「ミサイル迎撃」「存亡危機」と煽るその口で、ペテン総理は戦没者の慰霊に何を語るのだろう。

 8月15日、敗戦の日。今日を意識してのことなのだろう。このところ、NHKがいい仕事している。『本土空襲 全記録』『731部隊の真実 エリート医学者と人体実験』『樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇』と続いたNHKスペシャルは、実に見応えのあるものだった。丹念な取材に基づいたドキュメンタリーは、優れたドラマでもある。16~18日にかけて再放送されるようだから、見逃した方は是非、ご視聴を。

NHKスペシャル再放送予定

 さて、アメリカのレイシストと北朝鮮の独裁者の常軌を逸した言葉のどつきあいを、世界中が固唾を呑んで見守っている中、戦没者追悼式でペテン総理は何を語るのだろう。北朝鮮のミサイルに対してさえ、何も言葉を発しないペテン総理に、果たして語るべき言葉あるだろうか。

 ドイツのメルケルは「米国と北朝鮮の対立に軍事的な解決策はない。ドイツは軍事的でない解決策に積極的に関与する」と緊張緩和を促し、ロシアからも「より強く、より賢い方が先に危機を回避するための一歩を踏み出すべきだ」(ラブロフ外相)との声が上がっている。

独メルケル首相  「米国と北朝鮮、軍事的な解決策はない」

 それに引き替え、日本では「ミサイル迎撃」だの「存亡危機」だの、防衛大臣がいたずらに危機感を煽るんだから始末に終えない。そうした「アメリカのポチ」ぶりに、世界はさぞかし眉をひそめていることだろう。

 というわけで、戦争で散ったすべての生命に・・・・黙祷!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

「国民には国を守る義務がある」(田原総一朗)「絶対に戦争に行くことのない年寄りに言われても」(ウーマンラッシュアワー村本)&加計園獣医学部設計図が流出。坪単価の水増しで補助金詐欺か!?

 テレビ朝日『朝まで生テレビ』で、元祖電波芸人、田原君が「国民にはやっぱり国を守る義務があると思う!」と発言ところ、ウーマンラッシュアワーの村本に「それを、絶対に戦争に行くことのない年寄りに言われても、何もピンとこないわけですよ」と切り返されたってね。
 
 おそらく、芸人ににべもなく突き放されたことにいたくプライドを傷つけられたのだうろう。田原君は色をなして「だったらなんだよ!? 自衛隊って何だよ? 好きで(戦いを)やってんのか!?」って詰め寄ったとさ。ところが、村本の弟が自衛隊員隊員だとかで、「自衛隊は自分たちで志願しているわけじゃないですか!」とこれも軽くいなされてしまって、元祖電波芸人も顔色なしだったとネット雀がピーチクパーチクしています。

 確かに、「戦争に行かない年寄りに言われてもなあ」ってのはその通り。「年寄り」を「政治家」や「官僚」に言い換えることもできる。「国を守る」とか「愛国心」がどうたらこうたらいう奴に限って、戦争に行くこともなく安全な場所で勇ましいこと言ってるるだけですから。

 それにしても、「国民には国を守る義務がある」とは、田原総一朗の正体見たりだね。「国民が国を守る」んじゃなくて「国が国民を守る」ものだろう。

・ウーマン村本大輔 田原総一朗氏の国防論に反論「年寄りに言われても」

 そんなことより、加計学園疑獄だ。認可もされていないってのに獣医学部建設が着々と進んでいるんだが、その建設費に水増し疑惑があるんじゃないかという噂はこれまでもあった。つまり、水増し請求して、補助金をガッポリいただこうという、森友学園と同じ補助金詐欺って構図だ。

 でもって、ここにきて、獣医学部棟の設計図が流出。それを建築専門家が分析したところ、「坪80万円、高くても100万円」という結果になったそうだ。ところがどっこい。加計学園の見積りでは「坪単価は約150万円」というベラボーな額になっていたというからただごとじゃない。坪単価をエンピツなめなめしたんじゃないかと言われてはいたものの、設計図が流出したことで、それが事実だったことが判明したってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【加計獣医学部】 設計図流出「建設補助金・水増し請求詐欺事件」に発展か

 さらに、国家戦略特区のメンバーも、特区申請に関するコンサルティング会社を設立して、ボロ儲けしているとも言われている。

加計学園獣医学部の擁護派が国家戦略特区申請コンサルティング会社で荒稼ぎ、諮問会議メンバーも兼ねる最悪の事態に

 森友、加計の両疑獄から見えてくるのは、国家戦略特区とは利権集団が国の政策を私物化することで私腹を肥やすという錬金術を実現するための装置、ということだ。けっしてチンケなオヤジが画策した詐欺事件ではなく、総理大臣を頂点とする利権集団による公金横領に限りなく近いということを見逃してはいけない・・・って妄想してみた月曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

米朝でドンパチ始まるかもという時に地元でのんび盆踊り。呑気な総理、故郷に帰る&「私はAI。私は人工知能」(小池百合子)・・・どいっもこいつも殴るよ、ったく!!

 ああ、ボルトが・・・こういう幕切れもまたひとつの伝説となっていくのか。予選のタイムを縮めての日本の銅メダルはアッパレ!!

 それはともかく、アメリカのレイシストと北の独裁者が感情にまかせた言葉のどつきあいを繰り広げ、いまにも出入りになろうとしているのに、日本のペテン師は地元に戻って盆踊り。この能天気ぶりから、絶妙のタイミングで北朝鮮のミサイルが飛んでくる理由がうっすらと見えてこようというものだ。

 ところで、顔も頭も貧相な官房長官・菅君が東京新聞の望月記者に攻め立てられて、とうとう記者会見で壊れちゃったのは記憶に新しいところだが、ぼったくりバーのチーママ・小池君も、このごろ少し変よ、どうしたのかな・・・って山口君のツトム君しゃないんだから困ったことなのだ。何が変て、豊洲新市場の移転問題で記者から政策判断の基準を問われたチーママは、なんと「それはAIだからです。最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます」だとさ。

 「豊洲移転・築地再開発方針」の最終判断に関する記録がまったく残っていないことへの言い訳がこれだもんね。いろんな専門家から意見を聞いて自分で決めたからいいじゃん、ってのはチーママが都知事選で訴えていた都議会の闇そのものなんだよね。その闇を払うために情報公開が必要だと言っておきながら、「それはAIです」ってくるんだから腰抜けちゃいますよ、ったく。

小池都知事「私はAI。私は人工知能。」

20170810 東京都小池都知事 私はAI・ 人工知能です!   

 それにしても、こんな薄らとぼけた発言に、まったく突っ込もうとしない記者ってのも間抜けなもんだ。東京新聞のモンチッチがその場にいたらタダではすみませんよ。これもまた、記者クラブと為政者との癒着のなせるワザなんだろう。

 「それはAIだからです」ってのは、いつでもどこでも使えそうだな。「このハゲー!」に続いて今年の流行語大賞の有力候補の登場です。ジャンジャン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

「存立危機なら迎撃可能」(小野寺防衛大臣)。敵意剥き出しの米朝の下卑た言葉のどつきあいを諫めるのが日本の役割だろうに・・・この国には外交ってものがない証拠だ。

 ああ言えばこう言う。まるでチンピラの口喧嘩のような品格のカケラもない下卑た言葉のどつきあい。「世界が目にしたこともない炎と怒りに直面することになる」なんて、およそ現実の政治の世界で、しかもアメリカの大統領が口にするものではありません。北朝鮮のカリアゲ君だって褒められたものではないことは百も承知だが、トランプの怒りにまかせた感情剥き出しの暴言の行き着く先は、日米開戦へとなだれ込むきっかけのひとつでもあったABCD包囲網なんてのがチラっと頭をかすめてしまう。

「誰も見たことない事態起きる」 トランプ氏北への警告激化

「存立危機なら迎撃可能」 北「グアム周辺に4発計画」

 そんなアメリカの尻馬に乗って、防衛大臣のパソナ小野寺君は「集団的自衛権」「存立危機事態」なんてことを軽々しく口にする始末だ。あげくにPAC3を四国に緊急配備するそうたが、日本の上空をミサイルが飛んだくらいで迎撃なんかしてご覧なさい。それこそ宣戦布告になっちまいますよ。

 そもそも、北のカリアゲ君は、グアムを直接攻撃するなんて言ってませんから。グアムから30kmほど離れた海域に落としてやるって喚いてるだけなんだね。北朝鮮の「やるやる詐欺」の挑発に「売られた喧嘩は買おうじゃないか」と息巻いてると、最後は窮鼠猫を噛むなんてことになる危険があるんじゃないのかねえ。

 「誰も見たことない事態起きる」なんてトランプの脅しに刺激されて、万が一カリアゲ君がミサイル発射にゴーサイン出したと仮定して、間違ってグアム直撃しちゃったり、そうでなくてもグアムの領海にミサイルが届いたちゃったりしたら、それはもうアメリに先制攻撃しかけたことになるから、これはもう大変なことになりますよ。

 そうならないために外交ってのがあるんじゃないのか。アメリカと北朝鮮の間に立って「まあまあ、そんなにいきり立ってないで、ここは冷静になって話し合おうじゃないの」って手を差し伸べるのが日本の役割だろう。それでこそ、国際社会において日本の株も上がろうというものだ。ああそれなのに、「存立危機なら迎撃可能」なんてことを国会で答弁しちゃうような軽率な男が防衛大臣なんだから、この国の行く末は、やっぱりアメリカの特別自治区ってところがオチなんじゃないだろうか。トホホだね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

自白強要しても「注意処分」でチャラ。日報隠蔽しても大臣辞職で幕引き、内部文書破棄しても官僚は大出世、あげくに「ここは質問に答える場所ではない」と記者会見で発狂する官房長官・・・ああ、日本が壊れていく!!

 万引きの疑いで事情聴取された中学生が、警官からヤクザまがいに脅されて自白を強要されていたってね。中学生の父親がICレコーダーを持たせて録音していたおかげで発覚したってんだが、録音していなかったらそのままウヤムヤにされていたんだろう。結局、中学生の万引きへの関与は認められなかったってんだが、取り調べた警官は注意処分でお咎めなしだと。警官の取調室における恫喝ってのは常態化しているわけで、当事者への厳罰はもちろん、取り調べの全面的可視化をしない限り、こうした下衆な警官は後を絶たないことでしょう。

取調官少年に暴言 弁護士会警告

 人権無視とも言える暴言吐いても「注意処分」でシャンシャンとはなんとも手ぬるいもんだが、手ぬるいとくれば国会議員のシェンシェイほどその恩恵に浴している人種はいない。閉会中審査への出席を拒否した網タイツ・稲田君なんかその最たるもので、日報隠蔽容疑をかけられているってのに、大臣辞職したからそれですべてチャラだとさ。

日報問題 防衛相、再調査を拒否

 こうした手ぬるさは森友学園疑獄、加計学園疑獄も同じで、だからこそ官僚どもは平然と議事録などの文書を破棄しちまうんだね。自分たちには司直の手は伸びない、ってタカをくくっているわけだ。なんてったって、日本の国会は独自調査の権限が極めて脆弱ですからね。政治家や官僚の疑惑は、与野党一体となった委員会を設置して徹底的に追求するアメリカとは雲泥の差だ。

 こんなんだから、財務省と森友学園との国有地買収にまつわる録音テープが出てきたりしても、「何それ?」で終わっちまう。加計学園疑獄では、今治市の職員と首相秘書官が面会していた事実が発覚したってのに、これまた「だから何?」でスルーされちまう。

学部新設、面会後に動く 首相秘書官、加計幹部に応対

 本来なら、新聞・TVがここを先途とキャンペーン張らなくちゃいけないんだよね。近頃は、「メディアにも責任はある」って口にするコメンテーターなんかもいるんだが、結局は口先だけのアリバイ作りなんだから、さらに罪深い。

 顔も頭も貧相な官房長官・菅君は、東京新聞の望月記者の粘り強い質問攻勢についに白旗上げて、「ここは質問に答える場所では私はないと思います」って思わず口にした。これですよ。こうやって執拗に質問を繰り返す。それで相手が根負けすれば、本音のひとつもポロリと出てくるんだね。

菅官房長官が壊れ始めた! 会見で「ここは質問に答える場所じゃない」、自分の著書のことを「知らない」

 森友学園疑獄、加計学園疑獄、日報隠蔽問題の3セットを幕引きさせないためには、メディアの粘り強い調査報道こそが必要なんだが、いまの日本にはそれがない。それこそが、この国が抱える最大の悲劇なのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

「総理、あなたは、どこの国の総理ですか?」・・・被爆者の叫びに無表情を装う鉄面皮&加計学園獣医学部新設は「保留」。ホトボリが冷めるのを待とうって寸法か!?

 サニブラウン、ボルトの記録を抜いて最年少で200m決勝進出! 18歳で世界陸上のファイナリストとは・・・万雷の拍手を!!

 それはともかく、昨日の長崎における平和祈念式典だ。被爆者から「総理、あなたは、どこの国の総理ですか?」と厳しい言葉を投げかけられて、能面のように無表情を装うペテン総理はなんとも哀れなものだった。そのくせ、記者会見では核兵器禁止条約について「署名、批准を行う考えはない」って言ってのけるんだから、被爆者ならずとも「あなたは、どこの国の総理ですか?」と詰め寄りたくなろうというものだ。

長崎原爆の日 「あなたはどこの国の総理ですか」

長崎原爆の日に考える 核廃絶への道程20170809hou... 投稿者 gomizeromirai

 そんなペテン総理のアキレス腱のひとつである加計学園疑獄でちょっと動きがあった。どうやら、獣医学部新設を文科省審議会が「認可保留」の方針なんだとか。「実習計画などが不十分で課題がある」というのが理由ってんだが、果たして額面通りに受け取っていいのだろうか。

加計学園の獣医学部新設の認可判断延期…設置審

 ホトボリの冷めるまで「保留」ってことにしておいて、秋風が吹いて世間が忘れかけた頃に「認可」しようってことなんじゃないのか。なんったって、獣医学部建設は着々と進んでいるわけで、「保留」さらには「不許可」なんてことになったら、加計学園は干上がっちまいますからね。加計学園が頼りにしている補助金は獣医学部新設が認可されなければおりませんから、どうしたってそれまでの資金が必要になってくる。でも、森友学園もそうだったように、加計学園もまた補助金があればこその獣医学部新設なんだから、へたすると加計学園の屋台骨そのものが揺らぐことになっちまう。

 これまで、加計学園の「腹心の友」とは、奢り奢られ、持ちつ持たれつでやってきたペテン総理にとっては、それだけは避けたいところに違いない。そう考えれば、「保留」ってのは、とりあえずのポーズってのが正直なところじゃなかろうか。

 そう言えば、当て逃げの文科相・林君なんか、いわゆる「石破4条件」を検証しないで認可の判断をするって言ってたんだが、その直後の「保留」ってのはなんとも不思議なタイミンクで、ひょっとしたら元祖電波芸者が吹聴していた「政治生命をかけた冒険」ってのは「『腹心の友』を切れ」ってことなのかも・・・なんてことも妄想してみる木曜の朝であった。

「4条件」検証せず認可判断 加計問題で林文科大臣

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

「日米地位協定見直し」「A級戦犯分祀」(江崎沖縄北方担当大臣)・・・午後には「原稿朗読」しながら発言修正&「総裁が苦しんでいる時に、外から批判するのは卑怯だ」(野田聖子)。勝手にしやがれ!&「諸般の事情」により、国税庁長官会見見送り。ああ、恥ずかしい!

 長崎に原爆の落ちた日。ペテン総理は広島に続いて、今日もまた「おためごかし」の鎮魂を捧げるのだろう。恥知らず!!

 ところで、答弁朗読の沖縄北方担当大臣、シロート江崎君がまたやらかしてくれた。ていうか、考えようによっては歓迎すべき発言ではあるんだが、これが「シロート」ならではの後先考えないゆえのものだとしたら、それで翻弄される沖縄にとってはこれほど迷惑なことはない。こんな具合です。

「やっぱり日米地位協定、もう少し見直さないと。これも私の門外漢。だけど私はそういった気持ちを持ってます」

「10数年来、靖国は出かけておりません。理由はできうれば分祀かな、できうれば」

 これまで、閣僚にとってはタブーでもあった「日米地位協定見直し」と「A級戦犯分祀」を矢継ぎ早にまくしたてるとはねえ。これこそ、シロートの恐さ、ってなもんです。この勢いで、大いに物申して欲しいものなんだが、やっぱりそうはいきません。午後には、「地位協定のあるべき姿を追求していくべきだ」って発言を修正。いくら「シロート」とはいえ、沖縄のひとたちを「うれしがらせて泣かせて消えた」ことにならなければいいのだけれど・・・。

「地位協定見直しを」「分祀を」 江崎大臣 異例発言次々

沖縄の期待、「原稿朗読」で覆す 江崎氏、地位協定見直し発言を半日で修正

 シロートと言えば、「私は馬鹿です」の前法務大臣、金田君を忘れちゃいけない。そんな男が幹事長代理に就任だって。これだけでも笑えるんだが、なんとまあ幹事長代理や副幹事長ってのが何人もいるってんだから、人事の大安売りだ。で、筆頭副幹事長が、胡乱な目つきの進次郎だと。組織運動本部長代理にはドリル小渕の名前もあったりして、自民党役員人事は、まさに枯れ木に山の賑わいってところか。

<自民党>小渕氏、3年ぶり要職 組織運動本部長代理に

 枯れ木に山の賑わいとくれば、これはもうペテン内閣の顔ぶれの右に出るものはないわけで、なかでも出戻り聖子がなかなか香ばしい存在となっている。ペテン総理を「君子豹変」と評価したかと思ったら、今度はこんなお追従を口にしている。

「私の信条に『義を見てせざるは勇無きなり』という言葉がある。自民党で私たちは基本的に仲間。総裁が苦しんでいる時に、外から批判するのは卑怯だ。外野で言ってきたことを、中できちんと伝えることが必要とされる」

 なんか、「家庭内野党」と一時もてはやされたペテン総理の私人の嫁の姿とダブって見えてくる。「男を下げる」とはよく言うけれど、「女を下げた」ね、この発言は。

野田聖子総務相「外から首相を批判し政権を弱くするのは卑怯」 インタビュー詳報

 最後に、論功行賞で国税庁長官に成り上がったシュレッダー佐川君の会見は見送りだってね。「諸般の事情により」ってのが理由だそうで、こうやってビクビクしながら役人やっていくのも、さぞかし気骨が折れることでしょう。茨の道はさらに続きます。ざまあねえや。

国税庁長官、就任会見見送り=異例の判断、「森友」追及懸念か

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

国家戦略特区議事要旨を改竄か!?&「日本ファーストの会」設立。「お国が第一」のアナクロニズム&河野外務大臣、中国に「アメポチか!」と嫌味言われてタジタジ。

 国家戦略特区ワーキンググループの議事要旨に「加計学園」の名前が記載されていなかったことは昨日のエントリーで紹介した。そこにもってきて、さらに発言内容が改竄されているのではないかという疑惑が持ち上がった。なんでも、議事内容を公開するかどうか聞かれた愛媛県が「非公開を希望する」と発言したそうなんだが、なんとこの発言がザックリ削除されていたってね。そして、「提案したこと事態については公開していいか」という質問には「はい」と答えていて、そこだけが議事録に記載されている。つまり、体裁として、愛媛県が議事内容公開に賛成したことになってるってわけだ。

 これが事実とするなら、「情報公開の徹底を図り、透明性を十分に確保すること」という国家戦略特区の基本方針はまったく建前だけで、その実は恣意的に議事内容を操作していたことになるんだね。それでも、ワーキンググループ座長のワンマン八田君は「一点の曇りもない」ってほざいてるんだから、神経疑っちゃいますよ。

特区WG、発言内容を書き換え 「公開」巡り趣旨正反対に

加計側提案 記載せず 特区WG議事要旨「獣医学部設置を」

 法律家からもそうした国家戦略特区のあり方に異議申し立てが出てきたようで、「加計学園問題追及法律家ネットワーク」が「計画を国家戦略特区に認定したプロセスに問題がある」として、ペテン総理ご一統に質問状を突きつけたそうだから、このまま逃げ切り図ろうたってそうはいきません。

加計の学部新設、首相らに質問状 弁護士などのグループ

 ところで、ヤメ検のエロ髭・若狭君が政治団体「日本ファーストの会」を設立した。なんで「国民ファースト」じゃないんだ・・・と一瞬思ったんだけど、どうやら「国民ファースト」ってのは既に政治団体として登録されていたそうな。だからといって「日本ファーストの会」とはねえ。「お国が第一」なんてネーミングは、それだけでお里が知れようというものだ。

 民進党離党表明したのはいいけどまったく見向きもされないモナ細野君や本籍は自民の長島君あたりが参加して年内にも新党結成なんだとか。これで湯上りの口先番長・前原君が民進党代表になってごらんなさい、与野党揃って「改憲」勢力だらけの国会になっちまいますよ。

 森友、加計、日報隠蔽のトリブルパンチに年内解散なんて声もあるようだけど、政界再編の動きは予断を許さない状況になってきたことは間違いない。

「日本ファースト」設立 若狭氏、年内に新党目指す

 最後に、外交デビューなんて浮かれていたごまめの歯ぎしり・河野君が、中国のギョロ目の外務大臣・王毅に一喝されちゃいました。南シナ海問題で、米軍支持の考えを口にしたことに対して、「アメポチするんじゃねえ」なんて意味のことを言われたそうで、ざまあかんかんです。

 内閣改造で河野支持が50%超えているそうだけど、そもそもごまめの歯ぎしりはリベラルでもなんでもありませんから。意味じくも、政界の失楽園・船田君がこんなこと言ってます。「太郎氏はリベラルと言うより、歴史観は安倍首相に近い。期待が失望に変わると、ショックは増幅する」。そんな日も、そう遠くはないことでしょう。

王外相、河野氏に「あなたの発言に失望」 父親に言及後

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

国家戦略特区のヒアリングに出席しているのに、議事要旨には「加計学園」の記載なし・・・「議事をすべて公開するオープンな形で議論している」(安倍晋三)は大嘘だった!!

 世界陸上のマラソンは、ロンドン市街を駆け巡るかなりトリッキーなコースで、スピードとスタミナな要求されるタフなレースとなった。男女とも入賞なしという結果にはなったが、20キロ過ぎまでは先頭集団でレースというこれまでに比べれば積極的な姿勢と、これが日本代表最後となる川内の脅威の粘りに拍手。

 トリッキーとくれば、森友、加計の両疑獄と日報隠蔽問題における関係閣僚や役人、さらには学園関係者のなにやら怪しげな一連の動きもそうなんだね。どこか常識にかからないというか、そんなこと普通はあるかってことの連続。「あったものをなかったことに。いた人をいなかったことに――このところ問題になった3件に相通じる現象」と江川紹子氏がつぶやいていたが、まさにさの通りなんだね。

 でもって、加計学園疑獄で新たなトリックが発覚。これまで「特区の運営は、議事をすべて公開するオープンな形で議論している」ってペテン総理は国会で答弁していたってのに、なんとまあ、2015年6月に愛媛県と今治市からヒアリングした際に、加計学園の幹部が同席していことを議事要旨に記載していなかったとさ。

 ヒアリングをしたワーキンググループの座長で、パソナ会長の平蔵とともに独裁をふるう八田君は、加計学園は説明補助者として参加していたから、「通常、説明補助者名を議事要旨に記載していない。特区の制度にかなう運営だった」と強弁している。ところがどっこい、京都産業大学は京都府との共同提案者ということで、去年10月のヒアリングの議事要旨にはちゃんと名前や発言が記載されている。

 てことはこんな推理が成り立つ。「加計学園ありき」で事が進んでいることを隠すために、ヒアリングに加計学園が参加していたことを隠す必要があったんじゃないのかってことだ。だから説明補助者なんてことを持ち出したんじゃないのか。そうしないと、「議事をすべて公開するオープンな形で議論している」なんてのは大嘘ってことになっちゃいますから。

 さらに言えば、議事要旨に加計学園の名前が載っていたら、「今年1月20日に知った」というペテン総理の答弁との整合性がとれなくなっちまう。なんてったって、ペテン総理は国家戦略特区の最高責任者なんだから、ヒアリングの議事要旨を読んでいないなんてことはあり得ませんから。

特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし

 加計学園内部からも批判の声が上がってきてますからね。内閣改造のおためごかしで、すべてにら幕引きしようたって、そうはいきませんよ、ったく。

1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

「答弁はお役所の原稿を朗読」「北方領土問題は素人」(江崎沖縄北方領土担当相)。世襲議員が早速やってくれた&「戦争放棄」の発案者は幣原喜重郎&オスプレイ、オースラリア沖で墜落!!

 広島に原爆が落ちた日。核兵器禁止条約を歯牙にもかけないペテン総理は、どの面下げて平和式典に出席するのだろう。そして、どの口で慰霊碑の前で鎮魂の祈りを捧げるのだろう。

 こういう恥知らずな男が総理大臣に居座っているんだから、自ずとその閣僚たちも腐っているはずで、そのうちボロが出るだろうと思っていたら、早速にも沖縄北方相がやってくれた。なんとまあ、閣僚答弁は「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。答弁書を朗読かな」だとさ。さらに、北方領土問題に関しては「素人は素人。白紙で、皆さんの知恵で色をつけてもらうことが大切」ときたもんだ。

 この男、かつて通産大臣だった江崎真澄の息子で、ペテン総理の入閣要請に「激務をこなせる自信がない」って一度は断っているんだとか。それを、派閥の長である土建政治の二階君に説得されて渋々大臣になったってんだから、それだけてお話になりません。政治家を家業とする、箸にも棒にもかからない世襲政治屋ってやつです。

江崎沖縄北方相 答弁「役所の原稿朗読」 地元・愛知で発言入閣は「重荷」

 それにしても、「役所の原稿朗読」するだけなら、大臣なんて誰でもできらあ。こんな無責任な奴が沖縄北方担当相っだもんね。そういえば、前任者の鶴保君もロクなもんじゃなかったっけ。辺野古に派遣された機動隊員の「土人」発言を擁護するようなコメントしてたのは、いまでも忘れはしない。

 こんなのを無理矢理大臣にしたってのは、ようするに土建政治の二階君のグループからどうしても閣僚を出したいという力学が働いたからなんだよね。毎度のこととはいえ、ほんと、舐めたことしてくれるものです。

 ところで、昨日のTBS『報道特集』は「憲法」がテーマだったんたが、幣原喜重郎とマッカッサーが新憲法について、3時間にわたった二人だけの会談を記したメモが紹介されたのはとても興味深いかった。そこには、「戦争放棄」は幣原の提案だったことがはっきりと書かれていて、マッカッサーもその意見に大いに賛同したことは、これまでも語られてきたことなのに、「おしつけ憲法」という声にかき消されがちだったんだね。

 昨日の報道特集では、そのメモ(といってもノート1冊分と言う大量のものだ)の実物を、それを記した秘書官の遺族が保存していることをリポート。ここまで突っ込んだ取材は、初めてではないだろうか。さらに、ペテン総理がかつて「みっともない憲法」と罵った際の映像が流れ、これもまったくの初見だったんだけど、実際に目の当たりにすると、こんなのが総理大臣とは、なんと日本はシュールな国なのかと改めて認識したのであった。

Photo

 というわけで、絶対にこの男に「改憲(=壊憲)」なんかさせてはいけない、という思いを新たにする原爆の日の朝である。

報道特集「仲代達矢さん、桂歌丸さんが語る「戦争と憲法」・平和憲法の原点に迫る」 - 17.08... 投稿者 kieuquan1132

 最後に、オスプレイがオーストラリア沖で墜落! こんな危険な飛行物体が日本の上空を飛んでいることにもっと危機感を覚えないと、大変なことになりますよ。

・オスプレイ、豪沖で墜落 3人不明 普天間から演習参加

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

「腹心の友」も網タイツも国会招致せず! 「厳しい叱咤を真摯に受け止める」結果がこれだ。「女体盛り」大臣なんかがいるから、いずれまたボロ出すだろうけど・・・!!

 ご祝儀相場ってやつなんだろう。毎日新聞、共同通信の世論調査で、内閣支持率が8ポイントほど上昇。「下げ止まりに安堵」なんてことも毎日は書いている。そりゃあそうだろう。内閣改造のTVニュースを観れば、あっちでもこっちでも、出戻り聖子とごまめの歯ぎしり・河野君のヨイショばかりですからね。いつのまにか、「ごまめの歯ぎしりの英語力は凄い。外務大臣に最適な人事」なんて与太まで飛び交っている。英語だけかい・・・なんて突っ込みいれたくなるのは、くろねこだけだろうか。オヤジの洋平まで引き合いに出して、中国、韓国も歓迎なんて提灯記事は、こちらの顔が赤くなろうというものだ。

内閣支持率44%に上昇 不支持43%で拮抗

 でもって、ペテン総理は、そんな支持率アップに気をよくしたんだろうか、御用TVに出演しまくって、またぞろ「アベノミクス」を吹聴しまくってるんだから御し難い。「改憲」はとりあえず置いといてという、いつもの薄汚い手口だ。

 それを援護射撃するように、このところ「安倍マンセー」に転んだ、土建政治・二階君のお友だちでもある政治評論家の森田実君が「安倍総理は憲法改正を事実上断念した」「早期の解散総選挙もあり得る」なんてことを吹き始めている。日刊ゲンダイでさんざんペテン総理批判を切り広げていたことなんかどこ吹く風。ホント、呆れます。

「早期の解散総選挙もあり得る」「安倍総理は憲法改正を事実上断念した」森田実氏が講演

 それはともかく、喫緊の課題である、森友、加計、さらに日報隠蔽問題については、「国民の厳しい叱咤を真摯に受け止めたい」ってぬかしてたくせに、「腹心の友」も網タイツも国会に呼ばないってんだから、結局のところ何の反省もしてないってことだ。

首相「反省」後も変わらず 加計氏招致消極的 稲田氏隠し

 「耳の穴からスッと手ェつっこんで奥歯ガタガタいわしたろか!」 ってなもんやの今日この頃なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

「女体盛り」大臣、「仁風林疑惑」大臣、「当て逃げ」大臣・・・今度の内閣も変態仮面で枯れ木に山の賑わい&能書き言ってないで、さっさと臨時国会を開け!!&築地場外の火事はどこか焦げ臭い!?

 「仕事人内閣」だと。中村主水があるまいし、ホント、いつまでたっても「言葉遊び」の好きな連中だこと。さらに、キツネ目の茂木君が就任した新しい役職が「人づくり革命担当」ってんだから、なんじゃこらだ。ひと昔前の「期待される人間像」なんてのを思い出しちまった。ようするに、政治的なメンタリティにおいて、自民党ってのはまったく進歩してないってことなんだね。

「人づくり革命担当」にネットでは戸惑いの声も

 進歩してないからこそ、性懲りもなく変態仮面をまたぞろ大臣にしちゃったんだろう。1億総活躍担当大臣を仰せつかった松山君のことだ。なんと、この男はかつて未成年者の「女体盛り」で物議を醸してたってね。19年前の話とはいえ、パンティ高木君に負けず劣らずのスキャンダル男ってことだ。

Photo

 そうかと思えば、公職選挙法違反で公民権停止になった過去を持つ小野寺君みたいなのもいる。この男も臍下三寸に問題があって、パソナグループの接待組織、仁風林の喜び組のオネーチャンととかくの噂があるんだね。

 そういえば、文部科学大臣の座を手に入れた林君だって、当て逃げ事件なんてのがあった。ま、事ほど左様に、叩けばホコリのひとつやふたつは出てくる内閣であることは間違いない。

 なんてったって、森友、加計の主犯であるペテン総理がトップですからね。こんな男が、「先の国会では、森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果となりました。そのことについて、冒頭、まず改めて深く反省し、国民の皆様におわび申し上げたいと思います」なんて頭を下げたところで、それこそ盗人猛々しいってことなんじゃないのか。何度も言うけど、すべての元凶はペテン総理自身であって、お詫びなんてどうでもいいから、説明責任を果たせってことに尽きるんだね。

安倍首相と加計学園“癒着”の決定的証拠! 加計が職員を安倍の選挙に動員していた事実を文春がスクープ

 能書きは聞き飽きたから、さっさと臨時国会召集して、森友、加計、さらには日報隠蔽に関わるすべての関係者を証人喚問しやがれ、ってなもんです。

 最後に、築地場外で火事があった。どうも嫌な感じだ。ただの火事なのか。火付け盗賊の仕業じゃないのか。「『老朽化していて危ない』『狭い』・・・市場移転に乗じた再開発に利用されなければよいのだが」って「田中龍作ジャーナル」が書いていたが、おそらく誰しもそんな思いが頭を掠めたに違いない。果たして、真相やいかに!?

・田中龍作ジャーナル
築地場外で火事 マスコミ大出動

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

世襲議員だらけの内閣改造。こんなんで支持率アップだなんて国民舐めてるなあ&教科書選定で灘高に圧力。校長が声明文&田原総一朗がペテン総理に「離婚のすすめ」・・・「政治生命をかけた冒険」がこれか!?

 サプライズがないのがサプライズ。なんてったって、骨格は変えないってハナっから言ってるんだから、どんなに人事をいじったところで、人心一新なんてできるわけがない。こんなんで支持率アップを狙っているとしたら、国民も舐められたもんです。

 国民舐めてるとくれば、加計学園とズブズブの萩生田君の幹事長代行人事だ。ちったあ役職から遠ざけるかと思ってたら、それどころか党の要職だもんね。でもって、萩生田君に代わって官房副長官に就任したのが、これまたペテン総理のお稚児さんのひとりである西村康稔君なんだとか。官房副長官が兼務することになっている内閣人事局局長は、またしてもお仲間が鎮座ましますってことか。

 娘が東電のアンポンタン石破君をして「まさか受けるとは思わなかった」と言わしめたのが、「踏み絵」を踏んで自民党に復党した経歴を持つズッコケ野田君だ。やっぱり大臣の椅子をチラつかせられて、転んじゃいました。ていうか、元々ペテン総理とは同期の間柄で、その意味ではお友だちのひとりなのかもしれない。

 ま、ズッコケ野田君と外務大臣という分不相応な椅子を手に入れたごまめの歯ぎしり・河野君については、どうぞご勝手に、ってなもんです。

 それにしても、世襲議員だらけの内閣ってのは、なかなか香ばしいものがありますね。

野田聖総務相 河野外相 経験者多用で安定狙う

Photo

 話はガラリと変わって、灘高校の校長が「歴史教科書採用を巡って同校に有形無形の『圧力』がかかっていることを具体的に開示、かつ極めて冷静に分析し、いまこの国で起きている『歴史情報戦』がどのような段階にあるのかわかる声明文」(津田大介氏ツイートより)を出した。

 教科書問題の闇については、菅野完氏もこのところ言及していて、どうやらこの国の教育はとんでもない状況に陥っているようだ。是非、声明文をご一読を。

謂れのない圧力の中で ある教科書の選定について

 最後に、元祖電波芸者の田原君が「政治生命を懸けた冒険」なんてもったいぶったことを吹聴して歩いてるんだが、ひょっとしてペテン総理に「離婚のすすめ」をしたんじゃないかと噂になっている。事実としたらズッコケなんだが、なきにしもあらずってところがなんとも笑える。

安倍昭恵夫人の無防備な人脈 田原総一朗氏も離婚のススメ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

近畿財務局と森友学園の国有地払い下げ交渉の音声データが発覚。「あらかじめ価格について申し上げることはございません」(佐川理財局長・当時)は嘘だった!!

 梅雨が戻ってきたような不順な天候に、夏休みを楽しみにしていた子供たちは、さぞかしうらめしい思いをしていることだろう。

 うらめしい言えば、「文書は廃棄した」の論功行賞で国税庁長官に栄転したシュレッダー佐川君だ。なんと、国有地の格安払い下げについて、森友学園と近畿財務局との交渉の様子を録音した音声データが出てきちゃいました。

(これより引用)

池田国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃられる『0円に近い』というのが、どういうふうにお考えになられているのか、売り払い価格が0円ということなのかなとは思いますけど、私ども、以前からちょっと申し上げているのは、『有益費』の1億3,000万円という数字を国費として払っているので」
諄子容疑者(60)「それは当たり前やん」
池田国有財産統括官(当時)「その分の金額ぐらいは、少なくとも、売り払い価格は出てくると。そこは何とかご理解いただきたい」

籠池泰典容疑者「(池田氏が)言っているような、『1億3,000万円がうんぬん』というものよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」
池田国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃる0円に近い金額まで、わたしは、できるだけ努力する作業を今やってます。だけど1億3,000万円を下回る金額にはなりません」

(引用終わり)

 こうやって、最終的には1億3400万円で話がついたってわけだ。でもって、この売却額の妥当性を捏造するためにゴミの撤去費用を8億2000万円と算出したってことなんだね。ここまで近畿財務局が一介の学校経営者にすぎない籠池前理事長に便宜を図ったってことは、それなりの「忖度」をしなくてはいけない理由があったっんだろうってことだ。

 その際に、水戸黄門の印籠代わりになったのが、ペテン総理の私人の嫁で、それこそ「総理のご意向」がチラついたに決まってます。

「森友」新事実 「土地価格」音声データ入手

近畿財務局との値引き交渉の音声データが示すもの201... 投稿者 gomizeromirai

 こうなったら、大阪地検特捜部は、背任の疑いで財務省に手をつけないわけにはいかないだろう。ていうか、そうしないなら籠池夫妻逮捕はそれこそ国策捜査のそしりを免れません。

 さあ、どうする、どうする、ってなもんだが、悪者になっても嘘をつき通すことで国税庁長官に上り詰めたシュレッダー佐川君にとって、籠池夫妻逮捕はさぞかしうらめい出来事に違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

参考人招致拒否ってことは、やましいことがあればこそ&補助金返還してるし、逃亡の恐れもない籠池夫妻を逮捕する理由ってあるのだろうか?

 頭が「空」の網タイツ・稲田君が、閉会中審査への参考人招致を拒否したってね。出席すれば袋叩きにあうのは目に見えているから、どんなそしりを受けようとここは忍の一字ってことなのだろう。しかしまあ、辞任さえすればそれですべてチャラとは、政治家シェンシェイってのはなんて美味しい商売なんだろう。

 いちご鼻の竹下君なんか「(辞任という)一番重い責任の取り方をした。辞任した閣僚を国会に呼び出すことはやってはいけない」だとさ。「首相を侮辱した」って喚いて民間人の籠池君を証人喚問で国会に引っ張り出したくせに何言ってやがる。そもそも、網タイツは辞任でなくて更迭だろう。

自民、稲田氏招致を拒否 閉会中審査

 網タイツが辞任せざるを得なくなったのは、日報隠蔽という安全保障に深く関与する案件なんだよね。さらに、都議選での「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願い」発言もある。これなんか、明らかな公職選挙法違反で、失言や暴言どころか法律違反を犯してるってことなんだね。

 だからこそ、辞任したからって問題がチャラなになったわけではない。「ごめん」ですむなら警察はいりませんよ、ったく。

 でもって、これは余談なんだけど、参考人拒否でやたら強気のいちご鼻の竹下君の一族が経営する建設会社が加計学園の工事を受注してるんだとか。ふ~ん、こいつもやっぱり加計学園に一枚噛んでいたのか。どいつもこいつも、ロクなもんじゃありません。

加計学園問題で前川氏の証人喚問を拒否していた竹下自民国対委員長、やっぱり利害関係者でした

 ところで、籠池夫妻が2度目の事情聴取で逮捕された。逮捕そのものは予定調和みたいなもんだから驚きはしないが、搾取したとされる補助金はすでに返還されているわけだし、逃亡の恐れだってないし、もちろん家宅捜査で証拠の数々は押収したんだから証拠隠滅の恐れだってない。てことは、本来なら逮捕する理由ってないんだよね。逮捕するなら、それこそ1回目の事情聴取の時にすればよかったんであって、このいまさら感は何なんだろう。

 逮捕ということで、これまでオフレコになっていた籠池君の証言なんてのがポツポツと出てきているようだし、結果としてペテン総理と私人の嫁は枕を高くして眠れない夜が続くんじゃなかろうか。そう思えば、なんとも愉快な今日この頃なのだ。

「逮捕後公開」を条件に籠池氏が明かしたこと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ