« 民進党潰しが成功して、選挙後は自民党&希望の党で改憲翼賛体制の出来上がり!? | トップページ | 保守と極右の「政権選択」にかまけて、今回の解散のきっかけとなった「森友・加計学園疑獄」を風化させてはいけない!! »

2017年9月30日 (土)

「全員を受け入れることはさらさらない」(小池百合子)ってんなら、むしろ排除されたことを「誇り」とするのが政治家の矜持というものだろう&山口敬之氏(元TBS社員)の「準強姦罪」疑惑に対する検察審査会の不起訴相当議決に情報開示請求

 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とはよく言ったもので、調子こいてやり過ぎると、その揺れ戻しは凄まじいブーメランとなって我が身に降りかかってくる。ペテン総理のアキレス腱となって、とうとうリセットするために解散に打って出ざるを得なくなった森友・加計学園疑獄なんてのは、その典型みたいなもんだろう。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ・小池君のいけいけどんどん振りがけっこう鼻についてきているんだね。昨日も、民進党のノダメやスッカラカン君の処遇をめぐって「全員を受け入れることはさらさない」ってぬかしやがりました。そこまで言われりゃ、てやんでえってなるのが人情というもの。ノダメもさすがにカチンときたんだろう。「先に離党していった人の股をくぐる気はまったくない」って、排除の論理を最初に口にしたモナ細野にカウンターを浴びせている。

 「安保法制と改憲」という踏み絵をチラつかせるというチーママ小池君のお調子振りに、さすがに敢然と立ち向かう動きが出てきたようで、逢坂誠二君が「希望の党とはどうしても肌が合わない」ってんで無所属での出馬を決めたそうだ。二枚舌の猪八戒・枝野君も無所属で立候補する検討に入ったとか。さらに、「考え方の近い前衆院議員らと新たな政党の結成も入れている」そうだ。

小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野 

民進内、合流拒否も 無所属出馬や残留の動き

 東京新聞「こちら特報部」で、かつて民主党結成時に「排除の論理」で入党拒否されたムーミンパパ・武村君が「排除された人はむしろそれを誇りに、新しい道を自ら切り開けるといい」とコメントしていたが、それが政治家の矜持というものだろう。維新とも提携しようという希望の党にシッポを振る、阿部知子や柚木道義なんて輩には、とうてい理解できない政治家の在り様だ。

22046179_807715646069804_2096457972
無節操、無定見の変節漢

 社民党との共闘を進める共産党は、希望の党に合流しなかった民進党議員とは共闘するとエールを送っている。今回の民進党解体騒動は、リベラル勢力がひとつにまとまって「反安保法制」「反改憲」で選挙を戦うチャンスと捉えたい今日この頃なのだ。

 最後に、山口ノリマキの準強姦疑惑を不起訴相当とした検察審査会の議決に対して、補助弁護人の名前と審査員の平均年齢の情報開示請求をしました。これでチャラにはさせませんよ。

健全な法治国家のために声をあげる市民の会

<詩織さん>真相究明求め民事訴訟へ 東京地裁に提訴

|

« 民進党潰しが成功して、選挙後は自民党&希望の党で改憲翼賛体制の出来上がり!? | トップページ | 保守と極右の「政権選択」にかまけて、今回の解散のきっかけとなった「森友・加計学園疑獄」を風化させてはいけない!! »

小池百合子」カテゴリの記事

山口敬之」カテゴリの記事

希望の党」カテゴリの記事

枝野幸男」カテゴリの記事

野田佳彦」カテゴリの記事

コメント

立て「猪八戒」。今こそ立つ時だ。

「伝聞情報は、勘違い、思い込み、思惑など
不正確性がある」などと呑気なことを言ってる場合か。
ならば、真実を話せ。

「民進党」消滅の危機なのだ。
今こそ、代表代行の権限を行使せよ。
勝手に党を売り、仲間を裏切りながら、自分は無所属で
立候補する、とアホなことを言って代表面している
「口先番長」を追放せよ。
更に、思想・信条をかなぐり捨て、支援者を裏切って
極右「緑のタヌキ」に唯々諾々と尻尾を振る輩を除籍せよ。

情報によれば「緑のタヌキ」は、既に、「民進党員」の
13人乃至15人は不要と切り捨てている。

これらの人々を糾合し、「民進党」の旗を掲げよ。
市民連合は、支援を表明している。
また、社民党、共産党も共闘を歓迎している。

立て「猪八戒」。時間が無い。
今こそ一世一代の勝負を賭ける時ぞ。

って、こんな檄飛ばしていいのかな。

訂正・お詫び。
昨日の小嶋田隆は、小田嶋隆につき訂正。ごめんね隆さん。って、また間違えてしまった。

投稿: 岡目五目 | 2017年10月 1日 (日) 00時20分

追加
面白いの見つけたので貼っときます
「前原氏と小池氏が都内ホテルで」

http://twitter.com/Lilium61564849/status/913766266397065216

週末ですので楽しんでください。

投稿: こなつ | 2017年9月30日 (土) 12時25分

「さらさらない」という言い方に、我が家では夫婦そろって「お前は何様だ~!」

昨日のコメント投稿時までは「まぁそういう選択肢もあるかもね」と我慢していたけど、あの言い方で我慢の限界を超えました。

逢坂誠二君に続いて、自由党の玉城デニー君も無所属で戦うと表明。
山本太郎君も不参加の方向らしいし、エダノン含めさらに新しい動きに期待したい。

なんだか結果として、政治家一人一人の(というか人としての)生き方が問われることになったね。

投稿: こなつ | 2017年9月30日 (土) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/71846740

この記事へのトラックバック一覧です: 「全員を受け入れることはさらさらない」(小池百合子)ってんなら、むしろ排除されたことを「誇り」とするのが政治家の矜持というものだろう&山口敬之氏(元TBS社員)の「準強姦罪」疑惑に対する検察審査会の不起訴相当議決に情報開示請求:

« 民進党潰しが成功して、選挙後は自民党&希望の党で改憲翼賛体制の出来上がり!? | トップページ | 保守と極右の「政権選択」にかまけて、今回の解散のきっかけとなった「森友・加計学園疑獄」を風化させてはいけない!! »