« 世界中が「対話の時」を模索する中で、ひとり拳を上げて喚き続ける暗愚の首相。プーチンにも「(問題の解決は)政治的・外交的手段によってのみ可能」と一蹴されるわけだ。 | トップページ | 県連会長まで離党を検討。小沢・鳩山なき後の民進党は、タガの外れた烏合の衆ってことだ。解党しちまえ!&NHKスペシャル「沖縄と核」にドキュメントの底力を見た!! »

2017年9月10日 (日)

週刊誌という褌で相撲取るお手軽TV報道&「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れてはいけない!

 とうとう夢の9秒台へ! ジェット桐生君、アッパレです!!

 でもって、アッパレでないのはアニー山尾君で、何度も書くけど自覚が足りな過ぎたね。それにしても、鬼の首を取ったようなTVによるバッシングの嵐ってのもいただけない。水に落ちた犬を叩くのにも限度ってものがあるだろうに。

 そんなTVの実態をノイホイ菅野氏がこんな具合に評している

「1)文春や新潮が膨大なコストと人手を使ってネタを何ヶ月も追いかけて記事をつくる。テレビはそれを読み上げる
2)騒ぎになったんでスキャンダルの当事者が会見する。それをテレビが撮影するって流ればっかりでしょ?
テレビ、コスト一切かけてないでしょ?w」

「週刊誌の不倫報道に腹が立たないけど、テレビの不倫報道に腹がたつのはこの点なのだ。文春にしろ新潮にしろ、ものすごい人手とコスト使ってネタを追いかけて写しかも、週刊紙がネットで流した動画をそのまま使用するというお手軽さだ。真とって記事書いてる。昔はテレビもそうやったんやろうけど、最近違うでしょ?「週刊誌がコストかけて作った記事」を読み上げてるだけでしょ」

 おっしゃる通りなのだ。スピード今井君の不倫騒動でもそうだったように、TVは他人の褌で相撲を取っているだけで、独自の調査報道にはまったく手をつけていない。だから、不倫が事実かどうかっていうことも、週刊誌ではこう書いているって言っているだけで、その記事に対する責任は週刊誌におっかぶせてるだけなんだよね。

 そのくせ、説明責任がどうしたこうしたってコメンテーターがしたり顔するんだから始末に終えない。そもそも、不倫の説明責任って何だ? 犯罪犯したわけではないんだから、お騒がせして申し訳ありませんとしか言い様がないんじゃないの。それとも、「したことはしたけど、いくまでにはいたりませんでした」って落語のフリみたいなことくっちゃべればいいとでも言うのか。

 そんなことより、同じ「しおり」でも「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れちゃいけない。元TBS記者にしてペテン総理のお抱えライター、山口ノリマキの「準強姦疑惑」だ。この事件については、前事務次官の前川氏もこんな発言をしている。

「彼女の方が私よりも100万倍、勇気があると思います。私が現職中に加計問題を告発したとしても、それよりもよほど勇気がいることだと思いますし、彼女が問題提起をした権力の闇の方がずっと根深い気がします。」

 「彼女」とは山口ノリマキを告発したあの「詩織」さんのことだ。アニー山尾君の不倫騒動なんか言ってみれば個人の問題だが、こちらはそうはいかない。ジャーナリストが地位を利用してレイプまがいの事件を起こした、いわば「犯罪」ですからね。週刊文春は、この件に関してはダンマリ決め込んでるけど、なんか「忖度」でもしてるんじゃないの。

【偏向報道】文春よ「もう一人の『しおり(詩織)』問題」はどうした?叩きやすい相手しか叩けないのか(オプエド)

"レイプは魂の殺人です" #詩織さん 現在の心境を語る。完全修正版+資料集 #JusticeForShiori #山口敬之

 逮捕状まで出てるってのに、官邸に深く関わる警察幹部が手を回して反故にしたという事実だけでも、この事件の闇は深いんだよね。アニー山尾君の不倫疑惑を面白おかしく報じるのもけっこうだけど、巨悪はもっと別の場所にいるってことにもっと自覚的にならないと、しょせんは週刊誌、ゴシツプ野郎のそしりをまぬがれませんよ、ったく。

|

« 世界中が「対話の時」を模索する中で、ひとり拳を上げて喚き続ける暗愚の首相。プーチンにも「(問題の解決は)政治的・外交的手段によってのみ可能」と一蹴されるわけだ。 | トップページ | 県連会長まで離党を検討。小沢・鳩山なき後の民進党は、タガの外れた烏合の衆ってことだ。解党しちまえ!&NHKスペシャル「沖縄と核」にドキュメントの底力を見た!! »

マスゴミ」カテゴリの記事

山口敬之」カテゴリの記事

コメント

モンチッチーに殺害予告。

記者が、まともならば疑問に思う事や例え噂であっても
担当者に真偽を質すことは極当たり前のことなのだが、
加計学園の認可保留についてのモンチッチーの質問に
頭にきた?貧相顔が、官邸広報室を使って、東京新聞に
「要請書」なるものを送り付けた。が、内容は恫喝だ。

しかも、認可保留から2週間もたつというのに
文科省の公式発表まで待て、というものだ。

戦時中の大本営発表を彷彿とさせる。

尤も、発表は、官邸記者クラブとグルになってのことで、
情報独り占め、官邸垂れ流し記者の面目躍如。
これでは、真実が国民には伝わりません。

で、IWJの岩上安身によれば、東京新聞には
「モンチッチー殺害予告」の電話があったという。
これについて、貧相顔は「警察に届ければいい」だと。
レイプ男を逮捕直前に逃がしたのとは大違いの対応。

ブログ、と違う内容でごめん。

投稿: 岡目五目 | 2017年9月10日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/71666637

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌という褌で相撲取るお手軽TV報道&「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れてはいけない!:

« 世界中が「対話の時」を模索する中で、ひとり拳を上げて喚き続ける暗愚の首相。プーチンにも「(問題の解決は)政治的・外交的手段によってのみ可能」と一蹴されるわけだ。 | トップページ | 県連会長まで離党を検討。小沢・鳩山なき後の民進党は、タガの外れた烏合の衆ってことだ。解党しちまえ!&NHKスペシャル「沖縄と核」にドキュメントの底力を見た!! »