« 「国会法」に規定がないから野党の質問時間削減してもオッケーだと・・・まさに「法の盲点をつく」あくどい手口だ! | トップページ | 「安倍は選挙に勝った かもしれないが、多くの人々は 首相としての彼を欲していない!」(英ロイター)。鮨友だらけの日本のメディアには口が裂けても言えやしない!! »

2017年11月 1日 (水)

「謙虚な姿勢で、丁寧な説明」(安倍晋三)とのたまってたくせに、モリ・カケ問題が恐くて国会開けない・・・これが本音か!?

 座間の9人殺害は、日本の犯罪史上にあって特筆すべき猟奇事件になるかもしれない。それにしても、特別国会にあわせるかのような事件発覚は、会期や野党の質問時間削減などをめぐる与野党の攻防からちょいと世間の目を逸らさせる効果があるかもね。

 でもって、その国会なんだが、ペテン総理は「謙虚な姿勢で、丁寧な説明」とのたまってたくせに、どうにかして会期延長は避けたいってのが本音のようだ。それもこれも、「森友・加計学園疑獄」追求から逃れるため。それに尽きるんだね。

 質問時間を与党7の野党3にしようって企みも野党の追及を削ぐためのもので、そんなに自民の若造議員どもが質問したいなら通年で国会開けばいいだけのことだ。そんな若造議員どもから臨時国会を開けって声がまったく聞こえてこないのも、「オメーら、誰に言わされてんだよ」ってなもんです。

特別国会の会期折り合わず 与野党であす改めて協議

 「森友・加計学園疑獄」については、加計学園とズブズブの萩生田君が「加計学園問題は、すでに説明責任を果たし、それよって国民が一定の理解を示している」って言ってるように、これがペテン総理ご一統の心境なのだろう。だから、おいそれと国会も開けない。情けない話です。

 それにしても、こいつらは自分を正当化する時に、よく「国民」って言葉を使うんだね。野党の質問時間削減でも、顔も頭も貧相な官房長官・菅君が「議席数に応じた質問時間の配分は、国民から見れば、もっともな意見だ」ってぬかしてくれている。こやつらの口にする「国民」ってのは、いったいどこの誰のことなんだってことだ。

 5日にトランプがやってきて、ペテン総理とゴルフ三昧する中で、「森友・加計学園疑獄」はもちろん、会期や野党の質問時間削減なんて問題も埋没していくのだろう。新聞・TVもお祭り騒ぎで煽るに決まってます。そうやって、年明けの国会までまったく審議をしない税金ドロボー状態が続くってことだ・・・なんてこったい!

|

« 「国会法」に規定がないから野党の質問時間削減してもオッケーだと・・・まさに「法の盲点をつく」あくどい手口だ! | トップページ | 「安倍は選挙に勝った かもしれないが、多くの人々は 首相としての彼を欲していない!」(英ロイター)。鮨友だらけの日本のメディアには口が裂けても言えやしない!! »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

特別国会が始まりました。
一応、会期が来月9日までになったようですから
立憲民主党など野党も充分作戦を練って
「酷男」をギャフンと言わせて欲しいものです。

で「黄泉の国」の爺っちゃんが、「酷男」と「稚児頭」を
逮捕しろと叫んでいます。

http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/5287655.html

投稿: 岡目五目 | 2017年11月 1日 (水) 19時47分

自民党がアベシンゾーのLINEスタンプを作ったてんだが、まぁノーテンキな政党ですね。てか、そんな気色悪いものばら撒くな。

自民の質問したいという若造議員、新潟1区で比例復活の石崎徹とかいうゲス野郎(興味のある人は調べてね)。
ネット上で「じゃあお前、質問主意書何通出してるんだ?」って突っ込まれてます。
国会をパフォーマンスの場にしないでくれ。

自民が下野していた時、国体委員長だった岸田君がまっとうな意見を述べています。

(引用)
 野党の主戦場は国会です。しかし、国会が閉じられていれば、野党の発信は限られます。まず、国対委員長として、政府与党に対し、国会を開かせ、わが党をアピールするための機会を作ることが必要です。そして、限られたチャンスを有効活用し、わが党の思いを国民に伝えていかなければなりません。
(引用終わり)

詳しくは

http://www.jimin.jp/activity/colum/114137.html

ところでさ国税庁の佐川君
国税庁職員との団交の場でも相変わらずです。
全国税労働組合機関紙(佐川君の写真付き)

http://www.kokko-net.org/zenkokuzei/kikanshi/pdf/2078.pdf

投稿: こなつ | 2017年11月 1日 (水) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/72107940

この記事へのトラックバック一覧です: 「謙虚な姿勢で、丁寧な説明」(安倍晋三)とのたまってたくせに、モリ・カケ問題が恐くて国会開けない・・・これが本音か!?:

« 「国会法」に規定がないから野党の質問時間削減してもオッケーだと・・・まさに「法の盲点をつく」あくどい手口だ! | トップページ | 「安倍は選挙に勝った かもしれないが、多くの人々は 首相としての彼を欲していない!」(英ロイター)。鮨友だらけの日本のメディアには口が裂けても言えやしない!! »