« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

さんざんやりたい放題の自民党議員の恥ずかしい言動・行動を振り返りつつ、皆様、良いお年を!!

 ちょいと風邪ひいちまった。さんざんの大晦日である。さんざんとくればペテン総理とその一派のやりたい放題で、なんとまあ新聞・TVはほぼ2ケ月も相撲取りの喧嘩で上を下への大騒ぎ。結局、その間に森友・加計学園疑獄もスパコン補助金詐欺も山口ノリマキの準強姦疑惑もお蔵入り。

 でもこの年の瀬にそんなことではたまりません。というわけで、昨日に続いて、今日は自民党のシェンシェイたちの恥ずかしい言動、行動を再確認。年越しても怒りを忘れずに、皆様、良いお年を!

・テレビでは見られない?2017年自民党関係の気になったニュースまとめ

2017年の自民党不祥事を振り返る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

今年1年を引っ掻き回してくれたペテン総理の私人の嫁の乱痴気振りを回顧!

国難だ、国難だって喚いていたペテン総理の年末は、優雅に兄弟揃ってゴルフ三昧だそうで、世の中すべて事はなしってか、クソッ!

 ところで、マルチ商法のジャパンライフの倒産に絡んで何人かの政治家の名前があがっている。で、その中になんとまあ、ペテン総理の私人の嫁の影がチラホラなんたとか。年明けの国会は、森友・加計学園疑獄+スパコン補助金詐欺に加えて、ジャバンライフ問題も俎上に上がってくるかもね。

・マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場

 というわけで、今年1年を引っ掻き回してくれたペテン総理の私人の嫁の乱痴気振りを回顧するのも一興かと・・・。

【1月】「アベシンゾウ」とラジオで大はしゃぎ、「嘘をつかない」と述べた新年

【2月】森友問題発覚も、当事者意識なしで「スキーは楽しい!」

【3月】「アッキード事件」のほかにも“昭恵口利き案件”の実態が続々と…

【4月】「国家機密漏洩疑惑」まで浮上も、夫と仲睦まじく花見のノーテンキ

【5月】心配事はマラソン、さらにレイプ疑惑発覚の山口敬之の弁解に「いいね!」

【6月】国会には出ずに「私が伝えたいと思っていることを伝えて!」と報道批判

【7・8月】籠池夫妻逮捕&谷査恵子イタリア栄転で「厄介払い」に成功

【9・10月】まったく懲りない! 怪しいイベントに「名誉顧問」就任発覚

【11・12月】「嫌いな夫婦」に選ばれても関係なし! 夫婦でまたも「悪巧み」会に

 詳しくはこちら↓のサイトで

最後は半裸インスタで炎上! 安倍昭恵夫人“夫に守られやりたい放題”の1年をカレンダーで振り返ってみた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

来年の改憲発議が既定路線であるかのような報道は、悪質な世論操作じゃないのか!?

 年末恒例、ペテン総理とお子ちゃま弁護士の橋↓が会食したってね。ごろつき知事の松井君も同席したそうで、おそらく改憲発議の時はよろしくってことなんだろう。新聞・TVも来年の改憲発議が既定路線であるかのように報道しているし、立憲民主も基本政策の中で「権力に歯止めをかけ、国民の権利を守る観点から議論し、真に必要な事項について検討する」って言ってるから、方向性は別としても改憲議論に前向きなことは間違いない。

安倍首相、橋下氏らと年末会談 憲法改正など協力確認か

立民、原発ゼロ法の制定明記 基本政策決定

 しかし、なぜいま改憲なのか?って声がどこからも聞こえてこないのはおかしな話なのだ。改憲しなくちゃいけない理由って何なのだろう。こういうプリミティブな議論こそいま必要なんであって、改憲そのものが目的化している現状ってのは、ある意味、異常なことだ。

 国会がどんどん劣化していく中で、国民だけが置き去りにされていく・・・そんな時代を誰も望んじゃいないだろうに、なんてこったいの今日この頃なのだ。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

メルトダウン隠蔽を民主党のせいにしていた東電の嘘が認定されたタイミングで、柏崎刈羽原発に「新規制基準に適合」のお墨付き。嘘つきが跳梁跋扈する「美しい国」ってわけか!&いつまで続く籠池夫妻の不当拘留!!

 この年の瀬に、原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機に対して新規制基準に適合のお墨付き。その理由が「福島事故の収束をやり遂げ、柏崎刈羽を安全第一で運営する」って一筆取ったからってんだから、国民舐めとんのかってなもんです。

意見募集「東電に資格ない」 柏崎刈羽「適合」決定 

 それにしても、適合を決定したタイミングがまた凄い。なんてったって、「炉心溶融という言葉の使用について官邸からの指示はなく、使わないよう社内に指示したのは清水正孝社長(当時)の判断だった」って調査結果が出た直後ですからね。この結果は、福島第一原発事故直後の炉心溶融という事実の隠蔽を民主党のせいにしていたってことを意味しているわけで、つまり東電は嘘ついてたってことだ。

炉心溶融公表遅れ「官邸の指示なかった」 検証委が結論

 こんな会社が「安全第一で運営する」って言っるからって再稼働にGOサイン出しちゃう原子力規制委員会ってのは、とことん腐ってますね。

 そもそも、東電は潰しておくべきだったんだね。それが、税金投入してどうにか倒産を免れているってのに、黒字決算だってんだからまさに盗人に追い銭とはこのことだ。

 もっとも、実際に再稼働するには地元の了承が必要だし、新潟県知事は「県独自の検証がなされない限り、再稼働の議論は始められない」という立場を崩していないから、すぐに何かが動き出すということはないというのが救いか。

 とにかく、この国はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてはいないってことを忘れないことだ。そして、その責任は東電にあるということもしっかりと胸に刻んでおこう。

 最後に、籠池夫妻の不当拘留はどうやら年を越しそうだ。法曹界はなんで沈黙を続けているのか。どう考えたって「総理のご意向」を忖度した不当拘留だってのに、何やってんだか。

森友学園は今?拘留中の籠池夫妻、長男、長女が語る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

「本当に騒がしい1年だって」「つらい1年だった」(晋三&昭恵)。全部、他人事のバカップル!!&「民進の政策を誰よりも分かっている私が立民に行くことで、良い形でつなぎ合わせていきたい」(蓮舫)。いやいや、つなぎ合わせなくていいから!!

 経団連の会合で、ペテン総理は1年を振り返り、「私にとって本当に騒がしい一年でした」ってのたまってくれたってね。そういえば、ペテン総理の私人の嫁も「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった」ってほざいていたっけ。どちらもまるで他人事だ。お騒がせしたのはオメーらのせいだろう。このバカップルにはほとほと呆れます。

安倍総理「申酉騒ぐ…本当に騒がしい一年だった」

 呆れるといえば、クラリオン蓮舫君が立憲民主党に入党するってね。でもって、こんなコメントしてます。

「原発政策などに共鳴した。民進の政策を誰よりも分かっている私が立民に行くことで、良い形でつなぎ合わせていきたい」

 いやいや、つなぎ合わさなくていいから。そんなことより、ノダメとは手を切ったのか。まずは自らを身奇麗にしてから言いやがれ。にしても、この期に及んでも立憲民主と民進が手を組めると思っているところがなんとも哀れなんだよね。

蓮舫氏、立民入党へ 山尾氏ら4人承認 野党第1党に

 民進が反安倍の声を結集できなかった原因が奈辺にあるのか、まったくわかってないんだね。こういう空気の読めないひとが入党することで、立憲民主のイメージに民進の色がつくことがとても危険な年の瀬である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

「森友・加計学園疑獄はデッチ上げだ」と喚き散らす御用評論家を提訴した朝日新聞の逆襲!!

 政治家や御用評論家、御用コメンテーターによる朝日新聞に対するバッシングは、ちょいと常軌を逸している。そもそも、総理大臣が旗振り役やってるんだから、なんとも「みっともない国」になったものなのだ。

 そんな目に余る状況にさすがに朝日新聞も業を煮やしたか、提訴という反撃に出たのは喜ばしいことだ。ターゲットになったのが、「森友・加計学園疑獄はデッチ上げだ」と喚き散らす御用評論家の小川栄太郎だ。問題となったのが小川君の著作である「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」で、もうタイトルからして為にする批判本であることが一目瞭然なんだね。

 提訴する前に、朝日新聞は小川君に対して抗議文を送りつけているんだが、それに対して「申入項目は、殆(ほとん)どが私の『表現』か『意見言明』への苦情に過ぎません」って逃げをうってきていたんだとか。ははは、何が「表現」なものか。こういうのは質の悪いアジテーションみたなもんで、何の根拠もないんだから相当に悪質だ。そんなものが「意見言明」って理由で許されるなら、人種差別などのヘイトだってお咎めなしってことになっちまう。どんな理由があるにせよ、他人を貶めるための言説に「表現の自由」なんてありません。

森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞

 こうなったら、朝日批判を喚き散らしている史上最低の議員・足立君にもアクション起こしたらどうだろう。もちろん、「私は朝日新聞に勝った」とトランプに自慢したペテン総理も、ほっておくって手はない。

 朝日新聞だけでなく、異論を唱えるメディアは徹底的に叩くというペテン政権のやり口に、そろそろ新聞・TVは堪忍袋の緒を切る時期に来ているんだね。いまならギリギリ間に合う。ここで踏ん張らないと、非国民、売国奴、鬼畜米英を煽り続けた戦前のジャーナリズムに堕することになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

夏のピーク時の電力使用量15%減。原発なくったってやっていけるってことだ!

 夏のピーク時における電力使用量が、福島第一原発事故以前と比べて約15%も減っているそうだ。節電技術が向上したと同時に、節電に対する意識が高まったことが原因なのだろう。約15%の電力使用量減ということは、原発26基分の出力に相当するというから、一般大衆労働者諸君の努力もたいしたものなのだ。

高まる意識、進まぬ帰還 福島事故後 電力ピーク使用15%減

 でもって、東京電力や中部電力の管内では「原発ゼロ」でこの夏を乗り切ったんだとか。つまり、原発なくてもやっていけるということだ。どこぞの御用キャスターが、「原発なければ江戸時代」ってほざいたことがあったが、そんなのは大嘘だったってことはもはや常識なんだね。

 「原発がなければ電力が不足する」なんて神話は崩壊しているわけで、大飯原発の1・2号機の廃炉が決まったのもそれを証明している。なんてったって、再稼動にかかる安全対策費を考えたら、採算が合わないってんだから、そりゃあ電力会社だって本音では原発やめたいんたよね。

大飯1、2号機の廃炉決定 福島以外の大型原発で初

 じゃあなんで原発に政治家どもがこだわるかといえば、それは原発が潜在的な「核兵器」だからなんだね。いつだって核兵器に転用できるって状況を保持していたいってことだ。実は、原発は電力とは何の関係もないと言っても過言ではないだろう。

 ああそれなのに、ゲッペルス気取りの経産大臣・世耕君なんかいまだに「原発コストは安い」なんて吹聴してまわってるんだから呆れちまう。原子力村の住人ってのは、ミミズほどの脳みそもないんだね。そんな奴らに危険極まりない原発をまかせていたら、こいつかきっとまた過酷事故が起きて、この国は崩壊することになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

日本版「ブライトバート」が日本の主要メディアになる日・・・!?

 ペテン総理がインスタグラムを始めたことについて、マツコ・デラックスが

 「インスタとかSNSっていうのは、ようはああいうのって、ものすごい操作できるってことを見てる人は(考えておくべき)。都合のいいように、それだけを信じるのは違うかなって思うんだよね。出てるものすらフェイクニュースである可能性もあるわけじゃん。トランプさんなんて、そういうやり方をしているわけじゃない? 『これが真実だ!』って言っているけど、それが真実かどうかはわからないわけじゃない?」

 ってその胡散臭さを指摘してるんだが、いやあ、おっしゃる通り。でもって、そんなペテン総理の思惑を見透かしたうえなのかどうか、フェイクニュース「ブライトバート」の大元締めでトランプの側近で、さらにいえばアメリカ版ネトウヨの総帥でもあるバノンが「ぜひ日本でブライトバートの事業を始めたい」って色気を見せてるってね。

・バノンが安倍首相を「トランプ以上にトランプ」と絶賛し、安倍応援団大喜び!「日本でもブライトバートを」と

 ペテン総理がやたらSNSに熱心なのは、マツコの指摘を待つまでもなく恣意的な「フェイクニュース」を垂れ流すことが目的なのは間違いないところで、「地方活性化の鍵はインスタ映えが鍵」なんて発言なんかその象徴的なものなのだ。「インスタ」映え」ってのは。事の本質とは無関係に、ただ「見栄えが良い」ことだけを主張してひとの歓心を買うことなんだね。言ってみれば、これもひとつの「フェイク」みたいなものなのだ。

 実は、言論界ではペテン総理によるフェイクニュースは既に始まっていて、月刊Hanadaにおける独占インタビューなんかその最たるものだ。そのインタビューが掲載された号の表紙を見れば、それだけでウンザリするほどのネトウヨ風見出しが並んでいる。こういう雑誌の独占インタビューを受けること自体が虫唾が走る思いがする。

Hanada

 かつて、ペテン総理は「私を右翼の軍国主義者と呼びたいのなら、そう呼んでいただきたい」とアメリカでの講演で居直ったことがあるが、それこそがこの男の本音そのものなんだね。おそらく、これからはますますネトウヨ政治屋としての発言を平然と口にするようになるだろう。それを諫める新聞・TVが存在しないどころか、NHKなんかアメリカ版のネトウヨの総帥であるバノンを、あたかも重要人物であるかのように持ち上げて恥じることがないんだから、何をかいわんやなのだ。

【くろねこの競馬予想】

 キタサンブラックのラストランとなる有馬記念。絶好の枠をひいたこともあって、この馬が主役であることは間違いない。というわけで、本命は迷わずキタサンブラック。相手はちょいとひねって、シャケトラとレインボーライン。小回りの中山なら先行集団での追走も可能。残り1000mあたりから流れが速くなったところで、早めにキタサンブラックにとりつくことができれば逆転も可能か。◎キタサンブラック、○シャケトラ、▲レインボーライン、△スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、オマカツエース、サクラアンプルール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

イージス・アショアに1600億円。なのに、母子加算は月額4000円減額。血も涙もないな、この政権は!&「事故から7年も経ったのだから、そろそろ自立したらどうかね」(吉野復興大臣)。誰のおかげで議員やってられるんだ、くそッ!!

 2018年度の一般会計予算案97兆7128億円を閣議決定。そのうち、防衛費は5兆1911億円で、4年連続で過去最高を更新だとさ。北朝鮮からミサイルが飛んでくるぞ、って煽った結果がこれです。

 でもって、憲法で保証された「生存権」に関わる生活保護費はバッチリ削減。食費や光熱費などの生活費に関わる生活扶助は3年間で160億円も削減するそうで、「ひとり親の生活保護世帯に支給される母子加算も、平均4000円減額」されるんだとか。

 月額4000円も差っ引かれたら、ただでさえギリギリの生活を強いられているんだから、それこそ死活問題じゃないのか。新聞・TVは相撲取りの喧嘩を馬鹿のひとつ覚えみたいに垂れ流している場合じゃないだろう。これこそが伝えるべきニュースじゃないのか。イージス・アショア2基に約1600億円の大枚はたくくせに、母子加算の4000円がそんなに惜しいのか!

 防衛費がどんどん膨らむ予算案ってのは、ようするに武器輸出三原則を放棄して兵器産業の扉を開放したことで、戦争で儲ける国に変貌しようという企みが着々と進んでいるってことの証なんだね。国家総動員法の悪夢が、へたすると甦るかもしれませんよ。

対北、膨らむ防衛費 6年連続増 5兆1911億円

生活保護費、7割の世帯が減額へ 都市部で減額幅大きく

Photo

 最後に、復興大臣が東日本大震災+福島第一原発事故による自主避難者に対して、「事故から7年も経ったのだから、そろそろ自立したらどうかね」と血も涙もない発言したってね。おそらく、この発言は復興大臣だけだはなくて、ペテン政権の本音そのものなんだね。帰りたくても帰れない・・・そんな状況に住民を追い込んだのは、原発推進してきたオメーらしゃないか。「全電源喪失はあり得ない」ってのたまったのは誰だったっけね。まさか忘れたとは言わせませんよ、ったく!

・田中龍作ジャーナル
吉野復興相が問題発言 原発避難者に「自立したらどうか」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

沖縄知事と面会もせずに芸人と遊ぶ総理大臣なんだから、「米軍ヘリの落下物はデッチ上げ」と沖縄を中傷する愚か者が跋扈するのもむべなるかなってことか!

 稀代の嘘つきが政権の座に居座ってからというもの、この国の民度ってのは底が抜けちゃったようで、他人を貶めることもへっちゃらになっちまったようだ。なんてったって、総理大臣が国民に向かって「あんなひとたち」って指差して平然としていられるんだから、そりゃあ国連から人権状況について218もの勧告を受けるわけだ。

日本の人権状況、各国から218の勧告 国連人権理事会

 なかでも、「人種差別や性差別、外国人差別、性的少数者差別などをなくす取り組みに関する勧告が目立っている」そうで、米軍ヘリコプターの部品落下事故で被害を受けた学校に「デッチ上げ」なんて誹謗中傷が相次いでいるってのもその延長線上にあるんだろうね。つまり、沖縄差別です。

 くろねこが幼少のみぎり、沖縄のひとたちって就職なんかでも露骨に差別されていた。銀行なんか沖縄出身というだけで門を閉ざしていたって話を聞いた覚えがある。そうしたいわれのない差別はどうにか解消されてきたはずだったのに、米軍ヘリコプターの部品落下事故にまつわる沖縄ヘイトは、一気に時代を逆戻りさせた感がある。

沖縄中傷にも苦しむ 基地そばの学校「動かせばいい」

 こうした沖縄に対する差別的言辞について、本来なら国として警告を発すべきはずなのに、ペテン総理はそもそもからして沖縄に冷淡なもんだから、まったく沈黙したっきり。翁長知事が米軍ヘリ落下物の抗議のため官邸を訪れていたってのに面会もせずに芸人どもと焼肉に舌鼓というのも、沖縄への差別意識の表れに違いない。

 「日本を取り戻す」どころか「日本をアメリカに売り渡す」ことにかまけているうちに、この国はどんどんみすぼらしくなっていく。米軍ヘリの落下物を「デッチ上げ」と中傷する愚か者は、みすぼらしさの典型ってことだ。そして、その親玉が総理大臣なんだから、そろそろこんな国とはおさらばしたい・・・なんて妄想したくなる有馬記念を前にした金曜の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

「お寺でミュージカル、遺跡のパワースポットでヨガ」「地方活性化はインスタ映えが鍵」(安倍晋三)。薄っぺらいなあ!!&相撲取りの喧嘩の現場にいたという学校関係者ってなぜスルーされるのか。傍観してたとしたら責任重大なんじゃないのか!?

 ペテン総理が、「自らも始めたインスタグラムを引き合いに出し、地方にインスタ映えする風景を増やすことで観光客を増やしたいと強調」しましたとさ。

 「地方活性化の鍵はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にあります。SNS映えするというのはインスタ映えするとも言われていますが、旅行ニーズが爆買いといった買い物中心の旅から、その場所でしか経験できない体験型に変わりつつあります。SNS映えする街道風景を増やしていきたいと思います」

「お寺でミュージカル、遺跡のパワースポットでヨガ。アイデア次第で観光客を集めるキラーコンテンツに生まれ変わる」

 いやあ、薄っぺらいなあ。お寺でミュージカルって、三流の広告代理店の企画書みたいなことを、「地方創生」なんて喚いていた総理大臣が口にするとはねえ。そもそも、「インスタ映え」なんて言葉をいまさらのように使うことに、この男の底の浅さが如実に表れてるんだね。中間管理職のオヤジが、部下の若者の気をひこうとして周回遅れの流行語をやたら使いまくって顰蹙買うのとさも似たり、ってなもんです。

 「地方交付税の分配額を500億円も減額」しておいて、インスタ映えする風景もないもんだ。こんな安っぽい男が総理大臣なんだもの、「こんな男を、私は選んだ覚えはない」と世界の中心で叫びたくもなろうというものだ。

安倍総理大臣 地方活性化は「インスタ映えが鍵」

 ところで、昨夕のTVのニュースは、相撲取りの喧嘩一色。昨日のエントリーで紹介した、森友学園疑獄における土地値引きがどうやら財務省主導だったらしいという東京新聞のスクープにはまったく触れず、能天気にも程がありますよ、ったく。

 とはいえ、相撲取りの喧嘩でひとつ気になっていることがある。それは暴行現場に同席していたという学校関係者ってやつだ。どうやら、被害者である貴ノ岩が相撲留学していた高校の関係者のようなんだが、なぜこのひとたちはスルーされ続けてるんだろう。貴ノ岩は相撲協会の事情聴取に他の力士や地元高校の関係者らの面前で、一方的に多数回にわたり暴行をうけたので恥ずかしかった」「その場にいた者がなぜ誰も止めてくれないのか」って話してるんだね。

 おそらく、相撲部の監督もいたんじゃないのかねえ。でもって、この監督の息子は白鵬の弟子として角界入りしてるんだね。もしその場にいて、暴行を制止することなく傍観していたとしたら、相撲取りの喧嘩の枠を超えて、なにやら陰湿な角界の暴力体質の成れの果てって気がしてくるんだが、どうなんだろう。その場にいたとされる学校関係者がダンマリ決め込んでいるのが、どうも納得いかない今日この頃なのだ。

貴ノ岩「一方的に暴行うけ恥ずかしかった」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

森友学園疑獄で「9mまでの範囲でゴミが混在」と工事業者に強要する財務省。これは官主導による不正値引きで、立派な背任だろう&「いくらなんでもバノンはまずい」(長島昭久)と呆れられた前原誠司。終わってるね&噂のウーマンラッシュアワー漫才一挙公開!!

 北海道東部沖で超巨大地震勃発の切迫したリスク。下北半島周辺の東通原発、使用済み核燃料再処理工場、さらには建設中の大間原発はどうなる。起きてからでは遅い、ということは東日本大震災+福島第一原発事故で学習したはずなのに・・・だめだな。

道東沖でM9級 30年内に最大40% 地震調査委公表

 ところで、リニア新幹線工事の不正入札は森友・加計学園疑獄から目を逸らさせるためのダミーなんて声が一部にはあるようなんだが、なんとその森友学園疑獄でゴミ処理をめぐって新事実が発覚。これまで工事業者と財務省との間で口裏合わせがあったことをうかがわせる音声タープがあったんだが、今度は国側が「9mまでゴミが混在している」ことを工事業者に認めさせるために必死に説得していことが暴露されちゃいました。

 工事業者が「3mより下から(ゴミが)出てきたかどうかは分からない。断言できない。確定した情報として伝えることはできない」と主張しているのに、財務省の役人は「言い方としては『混在』と、『9mまでの範囲で』」「虚偽にならないように、混在していると。ある程度、3m超もある。全部じゃないこと」と説得してるのがバッチリ、音声データで残されていましたとさ。

 これって、口裏合わせというよりは、明らかに官僚の側が「値引きの条件とするために9mまでゴミがあることにしてくれ」って嘘の報告を強要してますね。官主導による不正値引きってことです。こりゃあもう、立派な背任だろう。

 役人がそんな危険を冒してまで値引き交渉に精出したってことは、安倍晋三記念小学校の名誉校長に就任していたペテン総理の私人の嫁の存在が大きく影響しているだろうことは、シロートにだって容易に察しがつこうというものだ。

 ああ、それなのに、私人の嫁は公邸にお友だち集めて忘年会でドンチャン騒ぎをしているって噂があるんだから、世の中狂ってます。

「森友」国有地 売却協議の詳細判明 「9メートルまでごみ混在、虚偽にならぬ」

Photo

 狂っているとくれば、党を売った口先番長のユダ前原君だ。来日中のスティーブン・バノンの夕食会に出席して、馬鹿なツイートしてます。

 これにはさすがに隠れ自民党の長島君も呆れ顔で、「いくらなんでもパノンはまずい」だとさ。こいつら、もう終わってますね。

Photo_2

 気分の悪いニュースが続く今日この頃。お口直しに、ただいまネットで大絶賛中のウーマンラッシュアワーの漫才をご紹介してお後がよろしいようで。(にしても、よくこのネタを放送できたものだ。その意味ではまだTVも捨てたものではないのかもしれない)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

リニア新幹線はスーパーゼネコンによる税金の分捕り合戦ってことか。政界にも還流してるんだろうね&外相専用機をおねだりする世襲議員の愚劣さよ!!

 大林組のリニア不正入札は話がどんどん大きくなって、とうとうスーパーゼネコン4社による談合にまで発展ししそうな勢いだ。笑っちゃうのがそもそもの発端となった大林組で、4社による談合を公正取引委員会に自主申告してましたとさ。これは課徴金減免(リーニエンシー)制度を利用したもので、公取委に違反行為を自主的に申告すれば課徴金が減免されると同時に、最初に申告した会社は告発も免れるってんだから、鹿島、大成、清水にすれば抜け駆けしやがってってところだろう。

鹿島と清水 捜索 リニア受注調整か 独禁法違反疑い

 しかしまあ、リニア新幹線をめぐるスーパーゼネコンのいかがわしい動きってのは、ようするに財政投融資によって注ぎ込まれる税金の分捕り合戦ってことなんじゃないのかねえ。そもそもはJR東海が自己資金で工事するって息巻いていたところに、ペテン総理と昵懇の葛西会長がどこでどう手を回したのか、財政投融資を取り付けて9兆円という国家プロジェクトに仕立て上げたってわけだ。

 つまり、リニア新幹線はアベ案件ってことなんだね。森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺よりも何倍も大掛かりな税金ドロボーってことになるんじゃないのかねえ。妄想だけどさ。

 果たして、東京地検特捜部はこの国家プロジェクトをめぐる政財界の不埒な金の動きに、どこまで迫れるか。ひょっとしたら、とてつもなく大きな疑獄事件に発展するかも・・・なんてことを妄想すると、なぜかワクワクする今日この頃なのだ。

 最後に、ごまめの歯ぎしり・河野君が外務大臣専用機をおねだりしてるってね。社会保障費は1340億円も圧縮され、生活保護費も削減されて憲法で保証されている「生存権」すらも脅かされているってのに、世襲議員ってのはほんとにクソですね。

外相専用機導入を=河野氏「夜の空港待ち、耐えられぬ」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

「汚染水は海洋放出以外の選択肢はない」(更田原子力委員会委員長)。海は日本だけのものじゃない。汚染を拡げてどうする!!

 原子力委員会委員長の更田シェンシェイが「第1原発で増え続ける放射性トリチウムを含む処理水の処分について『希釈して海洋放出する以外の選択肢はない。風評被害を恐れる人への理解や同意を得られるよう、声を上げたい』」ってのたまったってね。

 おいおい、海ってのは地球上のどこまでも繋がってるんだよ。てことは、放射能汚染を世界中にばら撒くことを意味してるわけで、「選択肢はない」なんてのは言い訳にもなりませんよ、ったく。

「海洋放出以外の選択肢はない」 第1原発・処理水の処分方法

 というわけで、本日は叔母の急な訃報があり、お後がよろしいようで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

麻生太郎に続いてペテン総理が編集局長たちを前に新聞批判。そんな不埒な発言を編集局長たちはどのツラ下げて聞いていたんだろう。情けないったりゃありゃあしない!

 共謀罪に批判的な新聞に対して、「議論しているときはぼろかすにたたき、いまごろ『やって良かった』という。そういう新聞にお金を払って読んでいる人の気が知れない」ってわけわかんないことをひょっとこ麻生がのたまってくまれたというニュースが何日か前にあった。こやつの発言はいつだって銀座のクラブでホステス相手にオダ上げている金満家のものでしかないんだから、またかってなもんなんだが、こういうメディア批判というのはペテン政権になってから目に余るんだね。

麻生太郎副総理、東京新聞記者に「処罰法、結果として良かった。訂正記事出てない」

 批判された新聞・TVがこういう不埒な発言に何のリアクションもしないから、どんどんエスカレートしているって側面もあるんだろうが、それにつけても目に余る。てなことを考えてたら、なんとペテン総理が新聞社の編集局長を前にした講演でメディア批判を展開したってね。

「皆さんの中で学生が集まらなくて大変だという会社があるなら、政治と経済のニュースが従来型のステレオタイプ(紋切り型)に陥っているからではないか。皮肉でなく心配している」

 いやいや、大きなお世話だから。さらに、国会での与党の質問時間増を「妥当だ」とした回答が若年層に多かったという世論調査の結果については、「若い世代は自分で多様な情報を集めて判断している」だとさ。

 こういう発言を面と向かってぶつけられた編集局長たちってどんなツラしてその場にいたのかねえ。東京新聞は、「首相、各紙の報道姿勢チクリ」なんてまるで他人事のように記事にしているが、総理大臣が報道姿勢に対して講釈垂れてるんだぜ。ジャーナリズムの矜持はどこ行っちまったんだろうねえ、っていまさら嘆いても遅いか。

首相、各紙の報道姿勢チクリ 「紋切り型に陥っている」

 にしても、ペテン総理やひょっとこ麻生のメディア批判ってのは、これが報道の国家統制の始まりだったといつか思い返す時代がやってくるかもしれない・・・なんて嫌な予感がする今日この頃なのた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

「国難だ!」って喚いて解散総選挙したくせに、その舌の根も乾かないうちにチャラチャラ芸能人と遊んでるんだもの、それだけでもうこの国は終わってます。

 ストレスがたまるとすぐお腹が痛くなっちゃうくせに、ペテン総理は自らの健康管理にはけっこう無頓着なんだよね。それは首相動静を見ていればすぐわかる。政界や財界の仲間たちを引き連れてのステーキ・焼肉・高級中華といった連夜の飽食はよく指摘されることなんだが、そんなグルメ交遊の中でけっこう目立つのが芸能人との逢瀬なんだね。

 昨夜は、なんと松本人志やその子分たちと焼肉屋で遊んでいたってね。なんでも、フジTV『ワイドナショー』に出演してたそうで、ま、その流れの打ち上げってことなんだろうね。10日には、帝国劇場でユーミンのステージを観賞した後に、パレスホテル東京でユーミンと会食している。この時は、私人の嫁も同席しているんだね。

安倍晋三首相、「ダウンタウン」松本人志さん、指原莉乃さんらと会食

安倍晋三夫妻がユーミンと食事 昭恵夫人、涙で「つらい一年」発言に政治評論家が批判

「つらい…」の3日後 昭恵夫人“ユーミンとニコリ”の厚顔

 芸人はともかく、ユーミンにはちょいとガックリなんだが、ま、それは置いとくとして、2ケ月前を振り返ってみよう。衆議院選挙の真っ最中だ。そこでペテン総理は何と言っていたか。「国難だ!」って喚いていたんじゃなかったか。明日にも北朝鮮のミサイルが飛んでくる勢いで煽ってたんじゃなかったか。

 それがたった2ケ月でミュージシャンや芸人と遊びまくるってんだから、「国難」って何だったんだよってことだ。ようするに、ペテン総理ってのは思想や理念とは無縁の単なるアジテーターなんだね。そして、そのアジテーションに散りばめられたキャッチなフレーズだけを新聞・TVがことさらに誇張して伝えるものだから、サブリミナル効果のようにして一般大衆労働者諸君の脳裏に沁み込んでくるって寸法だ。

 とにかく、尋常な世の中ではないことは確かなんだね。なんてったって、総理大臣が嘘つきということがそれを象徴している。「国難だ!」って喚いていた男が、その舌の根も乾かないうちにチャラチャラ芸能人と遊んでるんだもの、それだけでもうこの国は終わってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

「税金とは国民から吸い上げたもの」(安倍晋三)。だから、増税。そのうち「死亡税」なんて言い出すに決まってる!&「放送してはならないものが放送された」(BPO委員長)。東京MXテレビ『ニュース女子』の沖縄ヘイトを糾弾!!

 選挙戦の最中にはまったく触れもしなかった政策を、選挙に勝ったとたんに持ち出してくるってのはペテン政権の常套手段で、この手口に何度騙されても懲りない有権者がこやつらをのさばらせているんだね。

 でもって、師走の慌しい中でやってくれました。与党税制改正大綱が、議論がまったく深まらないままに決定。年収850万円以上のサラリーマンは所得税が上がり、いつものようにほぼガラス張りのサラリーマンの収入が狙い撃ちにあったってわけだ。

 さらに、森林環境税、国際観光旅客税なんて目的税が課せられるんだと。国際観光旅客税って何のこっちゃなんだが、ようするに出国する時に一律1000円の税金が取られるんたと。だったら素直に出国税って言えばいいのものを、こういう言い換えでわざと分かりにくくするのはいつもの手口です。

 しかしなんですね、森林環境税とか国際観光旅客税といった目的税ってのは、これまでも無駄遣いの温床とされていたんだよね。たとえば、森林環境税なんてのは、へたすると無理矢理差使い道をデッチ上げて、伐採しなくてもいい樹木に敢えて手をつけるなんてこともあり得ますからね。とにかく税金を使い切ることが目的化しちゃうってことだ。それでも余ったら、研修なんて名目で海外旅行てなこともやりかねない。

 結局のところ、「取りやすいところから取る」ってわけで、だからこそサラリーマンがターゲットなるんだね。年収850万円以上は増税といったって、富裕層といわれる金満家にとっては増税なんか屁でもない。なんてったって、彼らの収入の多くは株の配当などの金融所得で、その所得税は20%に据え置かれたままなんだからね。

 「途上国の医療改善に3300億円支援」ってニュースが流れていたが、こうやって吸い取った税金も、その一部はペテン総理の人気取りのために海外にばら撒かれることになるんだから、一般大衆労働者こそいい面の皮なのだ。

 ペテン総理は国会で「税金とは国民から吸い上げたもの」って口を滑らせたことがあったが、あれは本音だね。だからこそ海外に大盤振る舞いしても何の痛痒も感じない。政治ってのは税金をいかに公平、公正に分配するかってことにを悩ませるものなのに、どうやって税金を吸い上げるかってことに腐心する政治屋ってのは、ま、古臭く言えば「万死に値」しますよ、ったく。

所得税・たばこ税…増税、個人に照準 税制改正大綱決定

 ところで、沖縄の辺野古新基地建設に反対する住民を悪し様に罵った東京MXテレビ『ニュース女子』に対して、BPOは「重大な放送倫理違反」があったと発表した。これは当たり前の話で、「放送してはならないものが放送された」というBPO委員長の言葉は重い。

 とは言え、『ニュース女子』だけでなく「放送してはならないもの」が放送されているのがTVの日常ということもけっして忘れてはいけない。

・放送倫理検証委員会 委員会決定
東京メトロポリタンテレビジョン『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

原発差し止め訴訟で火山のリスクに言及した画期的判決!&美濃加茂市長に下されたトンデモ判決は司法の崩壊の象徴か!?&森友学園疑獄で撤去したゴミは想定の100分の1。値引きの根拠が崩れたね!!

 沖縄の普天間基地に隣接した小学校の校庭に米軍ヘリの窓枠が落下したってんてだが、ひょっとしてわざとやってんじゃないだろうねえ。こんなに危険なんだから辺野古基地建設を急げって言ってんじゃないのか・・・なんて詮索もしたくなろというものだ。

 ところで、原発差し止めで広島高裁が画期的な判決を下した。なんと、火山の危険性に言及し、原子力規制委員会の適合判断は「不合理」と断じたってんだから拍手喝采なのだ。

 地震や津波に比べ、火山のリスクについては案外無視されてきたんだね。かつて、火山学会から「現在の火山学の水準では、噴火予測には限界があり、それを考慮した原発の規制基準の見直しが必要」と提言されたことがあるんだが、当時の規制委員会委員長だった田中シェンシェイは「火山学会が今更(見直しを)言うのは、私としては本意ではない」「とんでもないことが起こると平気で言わず、必死になって夜も寝ないで観測して頑張ってもらわないと困る」って逆切れしてたんだよね。

 御嶽山が爆発して、鹿児島の川内原発への火山のリスクが問題になった時にも、「御嶽山の噴火は水蒸気噴火であり、川内原発で想定される巨大噴火(マグマ噴火)とでは現象が違う。一緒に議論するのは非科学的だ」ってのたまったくらいですからね。

 そんな原子力村の自然の脅威を舐めた態度に広島高裁は鉄槌を下したってわけだ。なんてったって、世界の活火山の7%が日本に集中してるんだからね。そんな火山大国であり、さらに地震大国でもあるこの国にとって、原発は安全保障という観点からもとてつもないリスクを孕んでいる。ミサイル一発打ち込まれてご覧なさい。それだけで日本は沈没しちゃうってことを忘れてはいけない。

伊方3号 高裁が停止命令 広島地裁判断を覆す 

 広島高裁は画期的な判決だったが、美濃加茂市長にはトンデモ判決が下された。一審で無罪となりながら、検察が上告をして、とうとう最高裁で有罪が決定しちまった。収賄の罪が確定したわけだけど、この事件は警察と贈賄側が語らったんじゃないのという疑問が当初からあって、デッチ上げという声もあったんだね。だからこそ、一審は無罪だったんだが、それが高裁で逆転有罪となり、最高裁で確定しちまったということだ。

 こういうおかしな裁判を見るにつけ、一審の判決が被告に無罪の場合は、新たな証拠の提示がない限り、検察の上告は認めないというシステムにしたらどうなんだろう。一概には言えないんだろうけど、無理矢理の検察による上告ってのが冤罪を生み出す一因にもなってるということにもっと目を向けるべきなのでは・・・。

支援者ら衝撃広がる 美濃加茂市長辞職へ

 最後に、森友学園疑獄で問題になっているゴミの撤去なんだが、実際に建設用地から撤去したゴミは194トンで、これは国が算定した埋設ゴミの量の100分の1ってんだからベラボーな話なのだ。ようするに、シュレッダー佐川君は嘘つきまくってたってことだ。このことにより、値引きの根拠がさらに怪しくなってきたんだから、年明けの国会は荒れますよ。ていうか、荒れなくちゃおかしいだろう。

「森友」撤去ごみ 100分の1 194トン、国交省明かす

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

スパコン補助金詐欺は経産省では「麻生案件か甘利案件」という噂。政界の魑魅魍魎とペジー社をつないだのはアベ友で準強姦疑惑のあの男!?

 今年の漢字は「北」だとさ。ペテン総理が国難指定した北のミサイルを清水寺が忖度したってわけか。その他の理由に取ってつけたように日ハム・大谷の大リーグ入団とキタサンブラックの活躍ってのがあるのんだが、なんで大谷って思ったら本拠地が北海道だからだと・・・馬鹿馬鹿しくてお話になりません。

 そんなことより、新たなアベ友案件であるスパコン補助金詐欺だ。逮捕されたペジー社の社長と準強姦疑惑の山口ノリマキとの親密さをさらに深める事実が発覚。なんと、二人つるんで財団法人「日本シンギュラリティ財団」なるものを立ち上げていたってね。しかも、その所在地が山口ノリマキの実家なんだと。いったいこの財団を何に使おうとしていたのか・・・謎が謎呼ぶ詐欺詐欺事件というわけだ。

 で、「I am not ABE」の古賀茂明氏によれば、「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」んだとか。昨日エントリーにも書いたように、ひょっとこ麻生は早い時期からペジー社を持ち上げる発言してたからさもありなんなんだが、布袋頭の甘利君も関与していたとはねえ。

 こうした政界の魑魅魍魎とペジー社を繋いだのが山口ノリマキで、そのバックには総理がくっついているってことなんだろうね。どなたかがツイートしてたけど、森友学園の籠池、加計の加計、リニアの葛西、そしてスパコンの齊藤・山口といった人物相関図の中心に、いつも総理が鎮座ましましているってわけか。

・田中龍作ジャーナル
【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家

古賀茂明「東京地検のスパコン詐欺事件は安倍政権に飛び火するか、忖度で終わるか?」

ま、いつもの妄想だど、事実は小説よりも奇なりって言葉もあるから、くろねこの妄想もあながち間違いとは言えないかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

スパコン補助金詐欺でネトウヨの女王様の名前が浮上!&富岡八幡宮殺傷事件に垣間見る神社本庁の正体&「核の傘に守られている国へ。共犯者となるのですか」(ICAN事務局長)

 大林組の不正入札が発覚して、ペテン総理との癒着ぶりもチラホラ聞こえてくる今日この頃。もうひとつのアベ友案件であるスパコン補助金詐欺で、ちょいと興味深い人物の名前が浮上してきた。なんと、あのネトウヨの女王様・櫻井よしこ君だ。スパコン補助金詐欺の首謀者であるペジー社・齊藤元章容疑者は山口ノリマキのスポンサーだったことは衆知の事実だが、今度はネトウヨの女王様かあ。ひょっとこ麻生も、まだペジー社が海のものとも山のものともつかないうちから吹聴して歩いていたようだし、ペテン総理のお仲間の名前がボコボコ出てきて、豪華キャスト勢揃いとはこのことか。

 大林組もペジー社も、森友・加計学園疑獄から目を逸らさせるためのガス抜きか、なんて声もあるようだが、東京地検特捜の心中やいかに、ってなもんです。

“山口敬之のスポンサー”ペジー社・齊藤元章容疑者が櫻井よしことも意気投合! 安倍政権との関係も次々発覚

 ところで、富岡八幡宮の殺傷事件なんだが、どうもメディアの食いつきが思ったほどではない・・・どうしてなんだろうと思ってたら、どうやら骨肉の争いを繰り広げていた姉弟の爺さんってのが、日本会議の前身である日本を守る会創設に尽力した人物だったってね。

 やっぱりなあ。そもそもこの事件の原因のひとつが、姉が宮司に就任したことなんだが、その背景には神社本庁からの脱退ってのがあるんだね。神社本庁は女系天皇を良しとしないのと同じで、女性の宮司も認めていない。富岡八幡宮も姉の宮司就任要請を拒否されていたんだね。でもって、このままじゃ埒があかないってんで神社本庁を脱退して姉が宮司に就任したという経緯がある。

 そうした神社本庁との軋轢も、ひょっとしたら弟を凶行に駆り立てた要因になっているかもしれない。ま、妄想だけど。

 だから、この事件を掘り下げれば掘り下げるほど、神社本庁の存在がクローズアップされるというわけだ。そうなれば、神社本庁の男尊女卑体質が明るみになっちゃうし、日本会議との関係もとやかく取り沙汰される可能性もある。というわけで、なんらかの手を使ってメディアにプレッシャーかけてるんじゃないのかねえ。

 そもそも、神社本庁ってのは国の指定団体でもなんでもないわけで、言ってみれば全国の神社による親睦団体みたいなもんなんだね。それがこのところペテン総理とも手を組んで改憲にも色気を出しちゃったりして、「国家神道」の復活を画策しているかのようにも見える。そんな状況に異を唱えて、神社本庁を脱退する神社はけっこうある。明治神宮、気多神社、日光東照宮も脱退組だ。

 神社本庁が国の機関だと誤解しているひとはけっこういるわけで、富岡八幡宮殺傷事件でそれはまやかしってことが流布されれば、神社のあり方そのものが問われるようになるやもしれない。週刊誌なんかがどこまで神社の闇の部分に迫れるか。アニー山尾くんのストーカーに成り下った文春には、どうぞこちらもストーカーしてください、ってなもんです。

・・富岡八幡宮殺傷、姉弟の祖父は「日本会議」前身団体の中心メンバーだった! 背景に神社本庁の男尊女卑体質か

 最後に、ノーベル平和賞授賞式で、「核兵器は必要悪ではなく絶対悪だ」とスピーチしたサーロー節子さんに万雷の拍手を送りたい。そして、核の傘に守られる国へ「共犯者となるのか」と問いかけたICANのフィン事務局長にもエールを。というわけで、フィン事務局長のスピーチの一部を紹介して、お後がよろしいようで。

「私たちは死よりも生を選ぶ代表者」 ICAN受賞講演

米国よ、恐怖よりも自由を選びなさい。
ロシアよ、破壊よりも軍備撤廃を選びなさい。
イギリスよ、圧政よりも法の支配を選びなさい。
フランスよ、テロの恐怖よりも人権を選びなさい。
中国よ、非理性よりも理性を選びなさい。
インドよ、無分別よりも分別を選びなさい。
パキスタンよ、ハルマゲドンよりも論理を選びなさい。
イスラエルよ、抹殺よりも良識を選びなさい。
北朝鮮よ、荒廃よりも知恵を選びなさい。

核兵器の傘の下に守られていると信じている国々に問います。
あなたたちは、自国の破壊と、
自らの名の下で他国を破壊することの
共犯者となるのですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

リニア不正入札で大林組副社長事情聴取。特捜は政界まで手を突っ込めるか!?&新型ミサイルに7億円も注ぎ込むくせに、「低所得世帯よりも高い」から生活保護費大幅カットだとさ!!

 リニア新幹線工事に絡む大林組の不正入札は、副社長が任意で事情聴取されたってね。東京地検特捜部はけっこうやる気満々なのかも。で、その容疑ってのが「偽計業務妨害」だそうで、これって「虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて人の業務を妨害する罪」てことなんだが、平たく言えば「警察や消防、企業などへの度重なるいたずら電話や、ネットでの犯罪予告など」がそれにあたるんだとか。

 いたずら電話や犯罪予告って、つまりは脅迫だよね。ようするに、大林組は工事を受注するにあたって何らかの手段で脅迫したんじゃないのってことだ。建設会社がするとなれば、そりゃあその筋のひとを使うだろうから、つまるところ「ヤクザを使って脅した」ってことなんじゃないのかねえ。

大林組副社長を聴取=上層部の関与捜査-リニア入札不正・東京地検

 となると、ペテン総理との関係もにわかに現実味をもってくるというものだ。なんてったってペテン総理とその筋のいかがわしい関係ってのはこれまでも取り沙汰されてるわけですかすらね。そこにもってきて大林組との癒着ぶりも相当なものだそうで、ペテン総理と私人の嫁の結婚式には現在の大林組会長が友人として出席してるほどなんだとか。

衝撃の事実!安倍晋三事務所が暴力団雇う!

 ま、いつもの妄想だけど、つまりはそういうことなんじゃないのかねえ。って、どういうことなんだって突っ込まないように。

 ところで、生活保護費の見直しを厚労省がやってるんだが、どうやら最大13%のカットで、「母子家庭に対する加算(母子加算)については平均2割カットになる可能性がある」そうだ。その理由ってのが、「低所得世帯よりも生活保護費の方が高い」からなんだとさ。さすが世界に冠たる役人天国の官僚が考えそうなこった。

 そもそも、生活保護費ってのは弱者を保護するための最低限のセイフティーネットなんだよね。それを一般の低所得世帯よりも高いからその水準まで下げるってわけで、これって話が逆だろう。低所得世帯の生活水準をどう高くするかってことに腐心するのが官僚の役目だろうに。

生活保護見直し案 最大13%減 母子加算2割カットも

 こんなんだから、「国民年金だけじゃ生活できない」から議員年金復活しろって声が上がってくるのも当然なんだね。本来なら、国民年金だけでも生活できる環境をつくるのが政治家の仕事だろうに、そっちはほったらかしで、テメーらだけ税金から老後の保障してもらおうなんてのはフテー了見なのだ。

 役に立つかどうかもわからない陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」のために7億3千万円を予算計上するくせに、生活保護費は大幅に削減するこの国は、ペテン総理とともに破滅の道を歩み始めているのかもしれない。

陸上イージス、7.3億円予算計上へ 小野寺防衛相表明

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

リニア新幹線不正入札発覚。森友・加計学園疑獄もスパコン補助金詐欺も、そしてリニア不正入札も、そのすべての中心には総理の影が・・・!?

 なんと、リニア新幹線工事に絡んで不正入札が発覚したってね。でもって、この工事を請け負ってたのが大林組で、巷の噂では11月に大林組の親族の結婚式にペテン総理が出席してたんだってね。そもそも、リニア新幹線を仕掛けてたJR東海の葛西会長はペテン総理の応援団長みたいなもので、リニア新幹線にもおそらくペテン総理は深く関わっているはずだ。そこにもってきて請け負い業者の親族の結婚式に出席とくれば、あらぬ妄想もしたくなろうというものだ。

・リニア関連工事の入札 不正疑いで強制捜査

 東京新聞のモンチッチがこんなツートしてているのもむべなるかなってことだ。

 ようするに、森友・加計学園疑獄+スパコン補助金詐欺+リニア不正入札って具合に、すべての中心にはペテン総理がいるんじゃないか・・・なんて妄想も楽しい日曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

【名張毒ぶどう酒事件】未開示証拠を調べずに再審請求却下!&「人種差別主義が再び台頭し、まるで埋葬された怪物が目を覚ましつつあるかのように、文明化された通りの下でうごめいている」(カズオ・イシグロ)。静かなメッセージが心に沁みます。

 名張毒ぶどう酒事件再審請求がまたしても却下された。黄泉の国へと旅立たれた奥西さんはさぞかし無念なことだろう。それにしても、裁判所はなぜ検察が未開示としている証拠の開示に消極的なのだろう。なによりも、証拠の全面開示こそが公正な裁判の原点なのじゃないか。検察が自分たちに不利な証拠を隠蔽することが冤罪を生む原因にもなっているんだから、そこをスルーしたんじゃいつまでたってもこの国の司法は「中世」って批判され続けることだろう。

閉ざされた再審請求審を裁判員裁判にしてオープンに!~名張毒ぶどう酒事件の再審請求棄却決定から考える

・東京新聞社説
毒ぶどう酒事件 未開示証拠なぜ調べぬ

 ところで、カズオ・イシグロがノーベル賞授賞の記念講演を行った。けっして熱く語っているわけではなく、実に静かな言葉の数々なのだが、やんわりと心に沁みます。(ノーベル賞受賞直後に読んだこともないくせに「日本にもたくさんのファンがいます」とのたまったペテン総理の「無知と無恥」はいまさらながら恥ずかしい)

(これより引用)

「私は四十四歳だった。その時まで、第二次大戦とその恐怖や勝利については、親の世代に属することだと考えていた。だが、これらのとてつもなく大きな出来事をじかに目撃した多くの人々は近い将来、いなくなるということが、ふと頭に浮かんだ。記憶にとどめることは、私たちの世代の責任になったのか。親の世代から私たちの次の世代に、できる限り未来へ記憶や教訓を伝える義務があるのではないか。」

「忘れることと覚えていることのはざまで葛藤する個人を小説に書いてきた。国家や共同体が同じ問いに直面したら、どうなるかということを、物語として書きたかった。国家は個人と同じように記憶をとどめ、忘れ去るのだろうか。」

「ベルリンの壁が崩壊して以降の時代は、自己満足と、機会が失われた時代のように思う。富と機会における巨大な不平等が、国民、国家間で増大することが許されてしまっている。特に、〇三年の悲惨なイラク侵攻、〇八年の恥ずべき経済破綻後に、一般の人々に押しつけられた長年の緊縮財政政策は、極右的なイデオロギーと民族的ナショナリズムがまん延する現在を引き起こしてしまった。人種差別主義が再び台頭し、まるで埋葬された怪物が目を覚ましつつあるかのように、文明化された通りの下でうごめいている。特に二つの点においてだ。」

「もし私たちがこの不確実な未来で重要な役割を担おうとするなら、私たちがより多様であらねばならないと私は信じている。特に二つの点においてだ。」

「第一に、エリートが優先する世界の文化という心地よい区域を超えて、われわれに共通した文学の世界を広げなければならない。第二に、良い文学というものを形づくる定義をあまり窮屈かつ保守的に見ないということに大いに気を配らなければならない。分断が危険なほどに深まる時代において、私たちは耳を澄まさなければならない。良い作品を書き、読むことで壁は打ち壊される。」

(引用終わり)

 ちょっと長く引用してしまったけど、実に示唆に富んだ言葉だと思う。今日はじっくりカズオ・イシグロの言葉を噛み締め、そこに込められた「メッセージ」を読み解く1日なのである。

記念講演要旨

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

沖縄で保育園に米軍ヘリの一部が落下。日本の空は誰のものなのか!&「つらい1年だった」(安倍昭恵)。殴るぞ!森友学園、ごみ撤去費用10倍に!&獣医学部新設審査で「圧力を感じた」(設置審委員)&スパコン補助金詐欺もアベ友案件か!?

 普天間基地に近い保育園に米軍のヘリコプターの一部が落下。園児などに被害がなかったからいいってもんではない。問題なのは、日本の空は誰のものなのかってことだ。沖縄だけではない、東京もまたしかり。

 さらに危惧すべきは、この事件を口実に「いわんこっちゃない。だから辺野古移転を急がなくちゃいけない」って声がどこからともなく上がってくることだ。普天間返還と辺野古新基地建設はリンクなんてしていない。そこには基地利権をめぐる土建屋や政治屋の思惑が絡んでいることを忘れてはいけない。

保育園、米軍大型ヘリの落下物か=衝撃音、園児けがなし-近くに普天間飛行場・沖縄

 ところで、ペテン総理の私人の嫁が「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった。最後に立派な勲章を頂き、頑張って良かった」ってベルギー勲章授賞式でのたまったそうだ。ホント、食えない野郎だ。

昭恵首相夫人「つらい1年」 ベルギー勲章授与式であいさつ

 でもって、私人の嫁の関与が色濃い森友学園疑獄で、異常な低価格で売却された土地のごみ撤去費用について別の学校法人には約8430万円と見積もっていたことが発覚しちゃいました。なんと、森友学園との交渉ではごみ撤去費用は10倍に跳ね上がっているんだから、財務省は再調査しないなんて居丈高にのたまっている場合じゃないだろう。

「加計審査で圧力」証言 座長に訴訟リスクあると言われた

 加計学園疑獄についても、大学設置審議会の委員が「主査の委員(設置審の座長)から訴訟リスクがあると告げられ、圧力を感じた」と証言したってね。「設置審にかかったことで認可への道筋は付いていた」とも語っているそうだから、改めて「加計ありき」ってことが明確になってきたってわけだ。

「森友」ごみ撤去費10倍に 別見積もりでは8000万円

 これだけの状況証拠や関係書類が出てきているってのに、国会は明日で閉会。本来なら、こうした疑獄を徹底して追求しなくてはいけないメディアは相撲取りの喧嘩でドンチャン騒ぎ。しかも、富岡八幡宮の内紛で殺人まで起きちゃいましたから、今日からは神社スキャンダルで舞い上がるに決まってます。

 さらに、準強姦疑惑の元TBS社員の山口ノリマキとの関係が徐々に浮き彫りになってきたスパコン補助金詐欺だってある。ひょっとしたら森友・加計学園疑獄と同じ構図があるかもしれないというほどなんだが、ま、新聞・TVはその点はスルーし続けるんでしょうね。

自民激震 逮捕のスパコン社長は“アベ友記者のスポンサー”

・田中龍作ジャーナル
逮捕のスパコン社長 諮問会議メンバー入りもアベ友案件か

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

森友学園疑獄に新たな音声データ&「詩織さん」準強姦事件でホテルに連れ込む様子が防犯カメラに・・・&受信料合憲は「公平、公正」な番組作りが前提ってことだ!

 トランプがエルサレムをイスラエルの首都に認定して、中東に戦争の火種を植えつけちまった。それをまた日本は「動向を注視する」(菅官房長官)なんてアメポチ丸出しの主体性のない発言してるんだから呑気なもんです。

・トランプ米大統領、エルサレムをイスラエルの首都に認定

 でもって、国内に眼を向ければ、TVのワイドショーを中心に相撲取りの喧嘩に上を下への大騒ぎ。森友・加計学園疑獄では新たな音声テープが発覚し、元TBS社員の山口ノリマキの準強姦疑惑だって連日のように法務委員会で追求されてるってのに、日本のメディアってのはなんともお下劣なもんだ。

叱る籠池氏、財務局がお詫び 森友学園問題で新たな音声データ

・田中龍作ジャーナル
「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性

 こういうお下劣さが権力に付け入る隙を与えているわけで、ペテン政権によるNHKへの干渉なんてのはその最たるものなんだね。なんてったって、「右と言われりゃ右向いて、とても幸せ」ってのたまっちゃう会長がいたくらいですからね。受信料不払いってのも、そんな権力に取り込まれたNHKへのレジスタンスの意味もあるに違いない。

 ところがどっこい、最高裁大法廷は、NHK受信料は合憲の判断を下しちまいました。もっとも、こういう何の意味も持たない判決になるだろうっことは予想がついていたことではあるんだが、それにしたっていくらなんでも時代遅れな最高裁だこと。

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷 

・東京新聞社説
NHK受信料 強制は時代に合うか

 しかし、この最高裁判決の中で、NHKの存在理由となるべき「そもそも論」が展開されいるのには注目したい。ちょっと長いがこんな具合です。

放送は、憲法の表現の自由の保障の下、知る権利を実質的に充足し、健全な民主主義の発達に寄与する。この意義を反映し、放送法は公共放送と民間放送の2本立て体制を採用し、公共放送事業者としてNHKを設立。特定の個人や団体、国家機関から財政面で支配や影響が及ばないよう、受信設備を設置して放送を受信できる者に、広く公平に負担を求めることで支えられる事業体とした。受信設備設置者とNHKとの受信契約を定めた放送法64条1項は、NHKの財政基盤を確保するため法的に実効性のある手段として設けられた。

 これは放送法64条1項の意義について触れたもので、つまりは「NHKが公共のもので公平、公正な番組を制作するために国民から受信料を取るべきだ」って言ってるんだね。となれば、いまのNHKが「特定の個人や団体、国家機関」の介在を許さず、「公平、公正な番組作り」をしているかってことが、これからは重要なテーマになってくるはずだ。

 そのためには、「金は出すけど口も出す」「モノ言う視聴者」。これこそが正しい視聴者のあり方になってくる。NHKを監視するのは国民ってことだ。「みなさまのNHK」ってのは、それでこそ成立する。NHKは受信料が合憲ってんで浮かれている場合じゃありませんよ。ある意味、放送法の精神を遵守するからこその「受信料」ってことが判決で浮き彫りになったとも言えるんだからね。

 最後に、元NHKの堀潤氏がfacebookでこんなコメントしている。

「はやくやろう!NHKアーカイブスの無料開放、24時間地上波ニュースチャンネル、そして公共物としての電波と公共施設としてNHKのスタジオや機材を人々が使えるようにするパブリックアクセスを。受信料を払った分、使えるNHKに。」

 「受信料を払った分、使えるNHKに。」ってのはそれこそ「モノ言う視聴者」のあるべき姿なのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

スパコン補助金詐欺のベンチャー企業の陰で蠢く怪しげな人間関係・・・!! 準強姦疑惑のあの人物の名前も・・・!?

 TVのワイドショーは相撲取りの喧嘩をさも重大事件であるかのようにいまだに乱痴気騒ぎを続けている。でも、独自の調査能力なんてからっきしなもんだから、そのほとんどが伝聞や想像の域を出ない。江川紹子氏がツイッターで苦言を呈しているのもむべなるかな、ってなもんです。

 「根拠のない想像でストーリー作る」のはTVの得意とするところで、見てきたような嘘をつく講釈師もさぞかし呆れているんじゃなかろうか。そのくせ、森友・加計学園疑獄のペテン総理をめぐる怪しい人間関係については「想像」をまったく働かせることがないんだから、よくもまあお天道様の下を歩けたものだ。

 で、そのペテン総理の怪しい人間関係がチラホラという事件が新たに発覚。なんと、世界有数のスーパーコンピューター開発をめぐってベンチャー企業が約4億3100万円の補助金を騙し取ったそうだ。逮捕された社長ってのがなかなかに香ばしい人物なんだが、どうやらあの山口ノリマキがペテン総理との間を取り持ったらしいという噂がある。

「スパコン」ベンチャー企業社長を逮捕 助成金詐欺の疑い

準強姦疑惑ジャーナリスト、山口敬之氏が、安倍首相の名を使ってスパコンの補助金行政に介入

助成金詐欺で逮捕のスパコン業者・ペジー社は安倍御用記者・山口敬之氏のスポンサーだった! 巨額助成金に官邸の関与は?

 いやあ、これが事実とするなら、森友・加計学園疑獄と同じ構図の補助金詐欺ってことになりますね。森友学園疑獄ではペテン総理との橋渡し役としてのキーパーソンが私人の嫁で、今回のベンチャー企業による補助金詐欺では山口ノリマキがその橋渡し役を担ったんじゃないのかねえ。でもって、加計学園疑獄ではペテン総理自身がキーパーソンだったという・・・「根拠のない想像でストーリー作る」とすればこんな具合なんじゃないのかねえ。

 だいたい、海のものとも山のものともつかないベンチャービジネスに補助金を出すってのはかなりリスクを伴うものですからね。そりゃあ、政治家、なかでも総理のお墨付きってのは黄門の印籠よりもを威力を発揮する、ってなもんです。

 この補助金詐欺事件には東京地検特捜部が出張ってきてるんだが、裏で蠢く怪しげな人間関係にまで手を突っ込もうという壮大な絵図を描いていたら面白いことになるんだが、ま、そんなものは期待するだけ無駄だからやめておこう。というわけで、今日もまたお後がよろしいようで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

佐川国税庁長官の抜擢人事は「適材適所」(安倍晋三)。それを言うなら「論功行賞」だろう&「ヘイトスピーチは表現の自由」が17%。愚民化する日本を象徴する数字だね。

 参議院本会議の場で、ペテン総理はシュレッダー佐川君の国税庁長官人事について「それぞれのポストに最もふさわしい人材を適材適所で配置する、という考え方に基づいて行った」ってシレっと口にしたってね。会計検査院が指摘したように、森友学園疑獄ではさんざん「不適切」な答弁してきた役人の昇格人事が「適材適所」って、そりゃあないわ。それを言うなら「論功行賞」こそがふさわしい。

 こういう言い換えってのはペテン総理やその不愉快な仲間たちにとっては常套手段で、「戦闘」を「衝突」と強弁した網タイツの稲田君や「金額の提示はあったが価格交渉ではない」と言い募った茶坊主・太田君なんてのがいたっけ。

 それはともかく、不適切な値引きをした人物が「適材適所」って言うなら、なんで国税庁長官就任会見を開かないのか。いつまでたっても会見できないってことは、それだけやましいことがあるからで、そうやって逃げ回っているうちに世間は忘れてくれるとタカくくってるんだろうね。東大出身の財務官僚の成れの果てがこれだ。なんか哀れだよなあ。

国税庁長官は「適材適所」=安倍首相、森友答弁めぐり-参院本会議

 ところで、内閣府の調査によると、「在日コリアンなどに対するヘイトスピーチについての複数回答では『日本の印象が悪くなる』(47.4%)、『不愉快で許せない』(45.5%)など問題視する意見が上位を占めた」そうだ。この調査の中でちょいと気になるのが、「表現の自由の範囲内だ」が17%、「ヘイトスピーチをされる側にも問題がある」が10.6%という結果だ。

 「表現の自由」ってのはヘイトスピーチ擁護論でよく使われるが、「自由」ってのはけっして野放図なものではないんだね。だから、「表現の自由」にも一定の制約があるわけで、「人権の行使は他人の人間としての尊厳を傷つけるものであってはならない」ってのが原理原則ってことを忘れてはいけない。

 「ヘイトスピーチをされる側にも問題がある」ってのは、このところ話題の相撲取りの喧嘩がいい例で、「スマホいじってたから」殴られるのも当然という意見が飛び交っているのがその典型だ。でも、「スマホいじっている」ことはマナー違反ではあっても、だからって殴っていいわけではない。しかも弱い立場の人間に対して、暴力を振るうなんてのはどんな理由があろうと犯罪なんだよね。

 それと同じで、どんな理由があろうとヘイトスピーチされていい人間なんてこの世に存在しませんから。そこんところよろしく・・・というわけで、お後がよろしいようで。

日本人の17%が「ヘイトスピーチは表現の自由だ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

立憲民主、党綱領で「立憲主義と民主主義を『最高の価値』として守ると宣言」&「国家の記録を残すということは、国家の歴史を残すということじゃないですか」(福田康夫元総理)。森友・加計学園疑獄における杜撰な文書管理を一刀両断!

 土曜日に中学時代の仲間と居酒屋で忘年会だったんだが、開始時間の7時にはもう満杯の客で、さすがに年末と思ってたら、なんと9時になったら潮が引くように客の姿が消えてしまった。その後はガラガラの店内に、居酒屋の大将と思わず顔を見合わせ、ついため息ついちまった。アベノミクスもトリクルダウンもあったもんじゃありません。景気がいいなんてのはフェイクニュースの最たるもので、ひとつ間違うとバブル崩壊の時とは比較にならない株価大暴落ってことになりますよ。

 そんなことより、立憲民主が党綱領で「立憲主義と民主主義を『最高の価値』として守ると宣言」するそうだ。これまでの民進党時代の綱領とおさらばして新たな独自路線を掲げることは、フランケン岡田君なんかが唱える「野党再編」と一線を画すことになるわけで、自民党との対立軸もハッキリしていくだろうから喜ばしいことだ。

立憲民主「最高の価値」と宣言

 喜ばしてと言えば、あなたとは違うんですの福田元総理が、昨日のTBS『サンデーモーニング』のインタビューで、

「大事な記録を残さなかった役人、良心があったのかどうかという問題にもなる」
「国家の記録を残すということは、国家の歴史を残すということじゃないですか」

と森友・加計学園疑獄における杜撰な文書管理を批判したってね。官房長官や総理大臣在任中はいろいろあったけど、政治家としての根幹はまっとうなんだと改めて感心したのであった。これこそがまっとうな「保守」というものなんでしょうね。

 いまの自民党にはもうそんな政治家はいなくなりつつありますからね。あなたとは違うんですの福田君の意見というのは、考えてみれば当たり前のことなんだよね。そんな当たり前のことが、いまでは極めてリベラルな立ち位置に思えてくるんだから、いまの政治状況がどれだけ貧困なのかよってことだ。

【まっとう】福田元総理「大事な記録を残さなかった役人、良心があったのかどうかという問題にもなる」#サンデーモーニング

 ペテン総理の父親である安倍晋太郎は「晋三だけは政治家にしてはいけない。あいつには情がない」と言ったそうだが、カミソリ後藤田も「安倍晋三君だけは総理にしてはいけない」って警鐘を鳴らしていたという話もある。そうした先人の意を継いで、「打倒安倍」に立ち上がる自民党議員っていないもんなのかねえ・・・なんてないものねだりしてしまう月曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

立憲民主が「共謀罪廃止法案」を提出へ。野党にも呼びかけ。希望にとっては「踏み絵」だね&「行政府を忖度しているのかと疑われるような司法でいいのか」(枝野幸男)。籠池夫妻の不当拘留を一喝!!

 はしだのりひこの訃報に唖然、呆然。悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない・・・合掌!

 それはともかく、立憲民主党が共謀罪廃止法案を提出するってね。希望、民進、共産、自由、社民の5党にも呼びかけるとか。維新の会は自民の補完勢力ということで声はかけないというのはもっともなことだ。

 ここで面白いのは希望の対応ですね。なんてったって、ぼったくりバーのチーママ・小池君は「共謀罪法に賛成」と公言してはばからなかったんだから、さあ、新代表のしょせんは官僚あがりの玉木君はどうするどうする。これって希望にとっては「踏み絵」のようなもので、そこまで読んでたとしたらエダノンもひとが悪い、ってなもんです。

 いずれにしても、希望の立ち位置が少しは見えてくるのは間違いないところ。玉石混交、呉越同舟の希望は、対応いかんでは党内でかなり揉めるかも。それはそれで面白いことになるだろうから、興味津々ってところなのだ。

「共謀罪」廃止法案提出へ 立民が5野党に呼び掛け

 ところで、エダノンが籠池夫妻の長期不当拘留について「行政府を忖度しているのかと疑われるような司法でいいのか」と声を上げた。いまに始まったことではないが、これほど露骨で見せしめ的な手口ってのはいくらなんでも常軌を逸している。まさに「中世の司法制度」と海外から批判されているのもむべなるかななのた。

 この状態を放置したままでは世界の笑い者になりますよ。朝日新聞ものエダノンのインタビューでお茶を濁すのではなく、史上最低の議員なんかのヘイトまがいのバッシングもあるんだから、籠池夫妻の不当拘留に本気で取り組むことで、ジャーナリズムとしての矜持を見せてほしいものだ。

「行政府を忖度?疑われる司法でいいのか」立憲・枝野氏

籠池夫妻、異例の「勾留4か月」は「人質司法」か…弁護士が裁判所の対応を批判

【くろねこの競馬予想】

 一筋縄ではいかないダートのG1、チャンピオンズカップ。アウォーディーの巻き返しはあるかがひとつの焦点だろう。結論は、ある。ということで、アウォーディーが本命。相手はテイエムジンソク、サウンドトルゥー。一発があればミツバか・・・?
◎アウォーディー、○テイエムジンソク、▲サウンドトゥルー、△ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、ロンドンタウン、注ミツバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

「詩織さん」準強姦事件で逮捕状執行停止を命じた元刑事部長が法務委員会出席を拒否。やましくなかったら出てきやがれ!&麻生太郎、政治資金で1日200万円超の豪遊!!

 森友・加計学園疑獄とならんでペテン総理のアキレス腱のひとつである「詩織さんの準強姦罪事件問題」なんだが、30日にはみずほたんが参議院の予算委員会で取り上げたところ、議場が一時騒然となったってね。「『総理』という本を書いたジャーナリストを総理はご存知でしょうか。面識はあるでしょうか。ご存じでしょうか」と迫ったんだから、さもありなんてことだ。

 なんてったって逮捕寸前までいった元TBSの山口ノリマキとペテン総理は昵懇の間柄だし、逮捕状執行停止を命じた中村格刑事部長(当時)は顔も頭も貧相な官房長官・菅君の秘書官だったんからね。だからこそ、検察審査会でも不起訴相当の御託宣がくだったわけで、ま、この案件はタブーなんでしょう。

<議事中断>国会で伊藤詩織さんのレイプ被害が取り上げられた

 ところがどっこい。そうはいかのなんとかで、昨日の法務委員会では希望の党の柚木君がこの問題を取り上げたからさあ大変。出席を要請していた中村元刑事部長の姿が見えないことを追求された委員長は、シドロモドロでもうグタグダ。逮捕状執行停止命令にやましいところがなければ、国会で説明すればいいだけの話なのに、それができないってのはいかにやましいかって自ら証明しているようなもんなんだね。

 柚木君は不起訴相当とした検察審査会のあり方にも言及して、「起訴するだけの事由」とは何かを説明しろと迫るんだが、これまた検審の事務局が欠席で、お話になりません。

(前半)

(後半)

 昨日の法務委員会でわかったことは、この国の司法がいかにブラックボックス化してるかってことだ。ペテン総理のレイプ疑惑のお友だちを守るためなら、ひとりの乙女をこの社会から抹殺することも厭わないという邪悪な野郎どもの悪だくみを糾弾することができないとしたら、もはやこの国はアノミーそのものってことだ。

 最後に、政治資金収支報告書で明らかになったひょっとこ麻生の豪遊振りが凄まじい。なんと、

「16年の1年間で『会合』代として約160回、計約1947万円を支出」
「2月8日だけで銀座の天ぷら店や上野のフグ料理店など8、計約204万円を計上」
「12月28日も銀座のすし店やフランス料理店など9件、計約255万円に及んだ」                                 (東京新聞より)

 ってさ。ひょっとこ麻生の事務所は「法令にのっとり報告している」ってシレっとしてるってんだから、いい気なもんです。こんなのが国の預かる財務大臣だもんなあ。そりゃあ役人天国と言われるわけだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

「応援してると言っていただけますか?」(山本一太)「応援している!」(安倍晋三)。与党議員のおぞましき国会質問&「奥様は籠池氏に何を騙された?」と質問されてシドロモドロの総理大臣の醜態!

 森友学園疑獄は口裏合わせや露骨な価格交渉をしている音声データが発覚したっていうのに、ペテン総理も財務省の茶坊主・太田君も臆面もなくコンニャク答弁を続けたあげく、とうとう予算委員会は閉幕となっちまいました。

 しかしまあ、この間の国会質疑における自民党のシェンシェイたちのヨイショにはほとほと呆れます。なかでも、バッカじゃねえの、って改めて思い知らされたのが11月29日のスピッツ一太君の愚にもつかないおちゃらけ質問だ。

一太「応援してると、言って頂けますか?」
安倍「応援してる!」
一太「世耕大臣、いいじゃないか!と言って下さい」
世耕「いいじゃないか!」

 なんじゃこりゃあ、ってなもんです。ちょいと動画も観てみたんだが答弁するペテン総理とゲッベルス気取りの世耕君のバツの悪そうな苦笑いがなんとも醜悪でおぞましい。


おちゃらけ質問は7:34:19あたりから始まります。

 醜悪とくれば、なんといっても「奥様のことについてですね、籠池さんのことを、こういう人だから騙されてしまった。これは一体どういう意味の発言なんですか」って立憲民主の逢坂君に突っ込まれてシドロモドロになるペテン総理だ。文字に起こすとこんな具合です。

「ま、つまりですね、いわば、えー、善意でですね、善意によって、えー、いわば、あー、この、ま、例えばですね、え、例えば、 安倍晋三記念小学校という名前を使うことは止めてくれということは妻から言っているにも関わらず、それはその通りにしていない、ということでありますし、言わばそういう寄附行為についてですね、利用しないということを述べているにも関わらずそういうことを行っているということでございます。人物を図る上においてはですね、大変重要な要素ではないかと、このように考えます」

 ははは、自分でも何言ってるかわかってないね。さすがに逢坂君も「はあ??」ってキョトンとしとります。笑っちゃうのが横にいる出戻り聖子君で、「何、このひと?」って顔に出ちゃってます。

支離滅裂答弁は1:31:59あたりから始まります。

 ほとんど病気だろうってほどの答弁なんだが、これがTVのニュースで流れることがないのがいまの日本なんだね。これくらい雄弁にベテン総理の人となりを物語る映像はないってのに、何やってるんだか。現役の横綱とカルトめいた親方との確執は異常な執着で報道し続けるくせに、国の安全保障にも関わる総理大臣の病的な虚言癖はほったらかしなんだから、何をかいわんやの今日この頃なのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »