« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」(安倍晋三)。四の五の言ってないで、逮捕状執行停止した刑事部長を国会に呼べ!&スパコン補助金詐欺と麻生太郎の怪しい関係&公選法違反疑惑に居直る茂木経済再生担当大臣!

 昨日の衆議院予算委員会は、山口ノリマキによる準強姦疑惑の被害者である詩織さんが傍聴する中、希望の党のコーン頭・柚木君がペテン総理を追求。ああ、それなのに、NHKは国会中継をしなかったんだね。何かしらの意図を感じますね。

 それはともかく、なんでこの問題になると、当事者である山口ノリマキの名前がオフレコになっちまうんだろうねえ。昨日だって、実名がNGなものだから「元TBS記者」が連呼されて、考えようによっちゃTBSもいい面の皮ってわけで。で、笑っちゃうのがペテン総理の答弁で、「元TBS記者と親しい関係では」って質問されて、「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」とさ。

 ははは、籠池夫妻と同じで、ペテン総理は山口ノリマキ切りを開始したってわけだ。「それ以上でも以下でもない」って切り捨てられたんだから、いっそのこと山口ノリマキも洗いざらいしゃべっちまえば面白いんだが・・・。

 ペテン総理のオヤジの安倍晋太郎は「晋三には政治家としての情がない」って常々こぼしていたそうだが、さすがに親の目は確かだったんだね。

 この準強姦疑惑に関しては、山口ノリマキはもとより、逮捕状執行停止命令を出した当時の刑事部長の中村格を国会に呼ばないとお話にならないんだよね。それは、森友・加計学園疑獄も同じで、とにかく山口ノリマキ、中村格、シュレッダー佐川、ペテン総理の私人の嫁、さらには雲隠れ孝太郎まで、一日も早く国会に呼び出すこった。

首相、元TBS記者との交友否定

 で、山口ノリマキが橋渡ししたんじゃないかと囁かれているスパコン補助金詐欺なんだが、どうやらひょっとこ麻生が深く関わっていたような・・・この男も、そろそろ年貢納めてもらわないとね。

・スパコン助成「優遇疑い」 衆院予算委 野党が60億円追及

 最後に、キツネ目の茂木君に公選法違反の疑いです。政党支部の名前で線香なんかを有権者に配っていたそうだ。「自分の名前は書かれていないから問題ない」って居直っているようだが、公選法には「候補者の氏名を表示したり、氏名が類推されるような方法で選挙区内の者に寄付をしてはならない」ってあるんだね。政党支部長はキツネ目の茂木君なんだから、政党支部名で線香配ったりすれば、「氏名が類推されるような方法」に該当するんじゃないのかねえ。

 パソナ小野寺君は同じようなことで議員辞職。公民権停止もくらってるんだから、キツネの目の茂木君も往生際が悪いと、ペテン総理に「それ以上でも以下でもない」って捨てられますよ。

線香配布 茂木大臣は議員辞職すべきとの考え

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

東日本大震災の9年前に東電は巨大津波のシミュレーションを拒否していた!&再稼働間近の大飯原発は地震の揺れを過小評価!&森友学園疑獄を突っ込まれて「突然聞かれても答えようがない」(安倍晋三)。事前通告された質問にこれはないだろ。

 福島第一原発事故で、東電は「巨大津波は想定外」という立場を固持し続けているんだが、どうやらその傲慢な態度にも綻びが出てきたようだ。なんでも、東日本大震災の9年前に、「東北の太平洋岸ではどこでも大津波が起こる危険がある」(地震調査委員会)という長期評価を受けて、原子力安全・保安院(当時)が東電に対して「福島沖で津波が起きたときのシミュレーションをするべき」とお伺いをたてたそうだ。ところが東電に「ざけんじゃねえ」(って言ったかどうかは不明だが)と反発されて、すごすご引っ込んでいたというから呆れた話なのだ。

 ようするに、東電の危機管理能力の低劣さが福島第一原発事故に繋がったってことなんだね。現在進行中の当時の東電会長や社長を相手取った裁判でも「巨大津波は想定外」という態度を崩していないそうだが、どんな詭弁を弄そうとこやつらの責任は免れないってことだ。

福島津波試算 02年見送る 旧保安院、東電の反発で

 でもって、3月に再稼働予定の大飯原発でも、地震による揺れの算定方式に改めて疑問が出てきたそうだ。もともと揺れに対する算定が甘いという指摘はあったんだが、そうした専門家の声を原子力規制委員会は聞き入れてこなかったんだよね。そもそも、いまの原子力規制委員会には地震の専門家がひとりもいないってんだから話になりません。

 改めて地震の揺れを過小評価していたことが判明したいま、安全審査をやり直すのが筋ってもんだろう。

大飯の揺れ算定法「不十分」 地震調査委 規制委の認識疑問視

 最後に、昨日の国会で、私人の嫁は安倍晋三記念小学校の棟上式への出席を予定していたのかと問われたペテン総理は「突然聞かれても答えようがない」って舐めた答弁したってね。冗談じゃありませんよ。質問事項はちゃんと事前通告しているんだから、これって明らかな答弁拒否だよね。朝日新聞は「昭恵氏が実際に棟上げ式への出席を予定していたのかと長妻氏から尋ねられると、『突然聞かれても答えようがない』とかわした」って書いているけど、おいおい「かわした」じゃないだろう。「透けて見える」なんて書き方もそうなんだが、こういう政治記者特有の言い回しが、その発言の異常性をぼかしちゃってるということに、そろそろ気づけよ、ったく!!

野党「佐川隠し、やめて」 かばい続ける政権の事情は

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

「非正規という言葉を一掃する」(安倍晋三)。「言葉を一掃」すればいいんだから、そのココロは「全員が非正規」になるってことだ!

 「非正規という言葉を一掃する」ってペテン総理が施政方針演説で喚き、この言葉があたかも「働き方改革」のスローガンみたいになっているんだが、これってどこかおかしい・・・って思ってたら、昨日のBS朝日『激論!クロスフィア』で、共産党のトッチャン坊や小池君が「非正規という言葉をなくすと言ってるだけで、つまりは全員が非正規になること」って意味の指摘をしていたのには「そうだよね」とう頷いたのであった。

 「非正規という言葉を一掃する」って聞くと、「おお、みんな正規社員になるのか」ってつい思いがちなんだが、そうは問屋が卸さないってわけだ。ようするに、全員が非正規になれば、それこそが企業にすれば正規の雇い方になっていくってわけだ。そりゃあ、非正規という言葉はなくなりますね。

 こうした微妙なニュアンスを差し挟むのは、保険の契約書の最後に小さな文字で重要な条項が記されているのと同じで、いわばわざと誤解を招くような仕掛けになっているんだね。

 日本の労働生産性がG7の中でも最低となったのは、そもそも非正規が劇的に増加したことも要因のひとつなのだ。雇用が安定していないんだから、労働生産性が上がるわけがない。いろいろ矛盾点もあったとはいえ、日本式の終身雇用ってのは日本が経済成長するうえで重要な役割を果たしていたんだね。

 それがいまでは将来の展望よりも今日の米に汲々とする非正規だらけになっちゃったんだもの、そりゃあ労働生産性が下がり続けるのも無理はない。

 でも、もうダメだろうね。ペテン総理の「働き方革命」ってのは、企業がいかに低賃金で労働力を使い捨てできるかってのが核にありますからね。なんてったって、「世界で一番企業が活躍しやすい国」がペテン総理の目指すところなんだから。そこには、「働きやすい国」なんて発想は爪の先程もありゃあしない。でなけりゃ、パソナ会長のヘイゾーがいまだにでかいツラして政権内を闊歩しているわけがありませんよ、ったく。

安倍首相の空疎すぎる施政方針演説!「非正規という言葉を一掃する」は真っ赤な嘘、裏に格差温存のカラクリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

名護市長選告示。基地マネーで頬叩く自民党の悪辣!&「読売新聞が外相専用機の導入を後押ししてくれることを期待している」(河野太郎)。おねだりされた読売の情けなさ!!

 沖縄の名護市長選が今日告示される。差し入れ強要の松本君の「それで何人死んだんだ」発言もあってペテン政権は大慌て。早速のところスピッツ一太君が自民党推薦の候補の応援に賭け付け警護。「本当に不適切な発言だ。政府は気を付けてもらわないといけない」ってキャンキャン吠えたそうだ。そんなに言うんだったら、議員辞職を突きつけてみろ。議員辞めないとなったら、党籍剥奪して除名処分してみやがれ、ってなもんです。

 おそらく、自民党は現在は凍結されている「再編交付金」の復活をチラつかせて、だから辺野古の新基地建設をと訴えていくのだろう。集会という名目で居酒屋に有権者を集めて、タダで飲めや歌えやの大盤振る舞いが常態化しているなんて噂もある。札束で頬撫でるのは大得意ですから、自民党は。

 とにもかくにも、稲嶺陣営の応援に、遙か極東の地からエールを送る日曜の朝なのだ。

名護市長選きょう告示 新基地争点、一騎打ちへ

基地マネー、拒否貫くか受け取るか どうなる名護市長選

 ところで、ごまめの歯ぎしり・河野君が読売新聞主催のパーティで「読売新聞が外相専用機の導入を後押ししてくれることを期待している」ってのたまってくれちゃったそうだ。自民党の提灯記事ばかり書いている読売へのオベンチャラの意味あったんだろうが、こういう悪乗りの軽薄さってのが自民党の世襲議員の特徴でもあるんだね。世間知らずというか、社会性にとことん欠けている。

河野太郎外相、外相専用機導入に向け読売新聞に協力要請!?

 クシャおじさんを彷彿とさせる顔相といい、この男は政治家としてだけでなく、ひととしてもどんどん壊れていってますね。害務大臣と蔑まされるのもむべなるかなってことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

希望の党から排除される小池百合子の因果応報!&米軍ヘリ不時着について「それで何人死んだ!」って下衆な野次飛ばした大馬鹿者。その名は、松本文明(自民党)!

 どうやら、ぼったくりバーのチーママ小池君が希望の党から排除されるらしい。排除を声高に叫んだ本人が、今度は排除される。因果応報とはこのことか。ざまあかんかんです。でもって、モナ細野などの党結成のオリジナルメンバーはこれに反発。分党の可能性もあるとか。庇を貸して母屋を乗っ取られたようなもんだから、さもありなんてことだ。

 それにしても、希望の党ってのはいったい何だったんだろうね。民進党から鞍替えした連中だって威張れたもんではありません。おそらく、チーママ小池君を追い出した後は、立憲民主との統一会派を目論んでくるんだろうが、エダノンにすればだったら改憲や安保法案への立ち位置を明確にしろ、ってなもんだろう。

 このところ、エダノンとオザワンの接近が噂されているけど、チーママ小池君を放逐した後の希望の党との連携も視野に入れた内緒話をしているのは間違いない。希望の党の出方次第では、野党再編があるかもしれない・・・なんて妄想も楽しい今日この頃なのだ。

希望、小池氏離党で調整 野党連携重視、分党も視野

 ところで、自民党の松本文明が沖縄における米軍ヘリの不時着問題で、「それで何人死んだ」って野次飛ばして、内閣府副大臣から転げ落ちた。この下衆な野次は、福島第一原発事故の時に、「原発で一人も死んでいない」って鼻の穴おっぴろげてのたまって顰蹙買った、勝間和代シェンシェイを彷彿とさせますね。

松本文明氏 副内閣相を更迭される 米軍ヘリ巡りヤジ

 つい2、3前には野党議員に対して「売国議員」とツイッターで罵って炎上した大馬鹿者の町議がいたが、本来ならば政治家になってはいけない連中が政治家でございとふんぞり返っているこの国は、とことん三流国家に成り下ったというわけだ。

Photo

 昨日、92歳で亡くなった野中広務も、さぞかし草葉の影で無念な思いをしていることだろう・・・・合掌!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法」(安倍晋三)。こうした歪んだ憲法観を糾すことこそジャーナリズムの「歴史的使命」だろう。

 籠池夫妻の不当拘留について、どのメディアもスルーしっぱなしで人質司法は野放し状態。文春砲なんて自画自賛しても、しょせんは不倫がどうしたこうしたですからね。そんな中、アエラがこの問題をクローズアップしているのはせめてもの救いか。新聞・TVは何やってんだか。

接見禁止、窓なし独房 籠池夫妻の長すぎる勾留に元裁判官も疑問視

 ところで、参議院本会議で、ペテン総理はまたしても「どのような国づくりを進めていくのかという議論を進める時に来ている」と自らの憲法観を振り回したってね。こういう「特異な憲法観」(枝野幸男)に、新聞・TVはとんと無頓着なのはそれこそ「特異な現象」なんじゃないのか。

 改憲云々以前に、「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法」というペテン総理のいびつな憲法観に疑問をさしはさむことなく、エダノンの「主権者が政治権力を制限するルール」というしごく真っ当な憲法観と対比ざせることで、「激しい論争」なんて煽ってるんだね。これって、ペテン総理の「特異な憲法観」もひとつの意見としてあり得るって後押ししているようなもんじゃないのか。

Photo

 そもそも、「国の理想の姿」なんてのは憲法とはなんの関係もないんだね。「『理想の姿』は政党が綱領などで示すもの」というエダノンの批判はまったく正しい。その昔、愛国心や遵法精神を育成することを目的とした「期待される人間像」なんてのがあったが、ようするに「国の理想の姿」というのもこれと同じで、「国に忠実な国民」を育成するための縛りを憲法で定めようってことなんだね。自民党憲法草案を一読すれば、そんなことは一目瞭然。

 改憲云々なんてことより、まずはペテン総理のいびつな憲法観を糾すこと・・・それこそがジャーナリズムの「歴史的使命」なんじゃないのか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

「(9条2項は)できるなら削除がいいが、私の相場観からすると国民投票で(過半数の賛成を得るのは)困難だ」(高村正彦自民党副総裁)。「相場観」で憲法改悪されてたまるか!!

 東京の朝の最低気温はマイナス4度。そりゃあ、庭猫の水も凍るわけだ。

 そんなことより、昨日の衆議院代表質問でシュレッダー佐川君の国税庁長官更迭を求められたペテン総理は、「適材適所の考え方に基づいて行った」からって拒否したってね。森友学園疑獄についても「適正に処理された」、スパコン補助金詐欺も「法令にのっとてっ適正に実施された」ってぬかしとります。適材適所とは最も遠いところにいるペテン総理がよく言うわ、ってなもんです。

佐川国税庁長官の更迭要求、首相「適材適所」と拒否

 で、改憲については、「自衛隊員に『君たちは憲法違反かもしれないが、何かあれば命を張ってくれ』というのはあまりに無責任」だから憲法に自衛隊明記するって息巻いたそうだ。さらに、「任務や権限に変更が生じるものではない」とも言ってるんだが、だったら憲法いじらないでお得意の閣議決定で「自衛隊は合憲」って決めればいいんじゃないの。ていうか、自衛隊明記したら、いずれ「任務や権限の変更」を閣議決定して、解釈改憲するに決まってます。

 それはともかく、ペテン総理は事あるごとに「ほとんどの教科書に自衛隊が違憲であるという記述がある」って吹聴して、それを「憲法に自衛隊明記」の根拠のひとつとしているんだが、実はそれこそが嘘なんだということはおさえておきたい。

「自衛隊明記は責任」 衆院代表質問 首相、9条改憲意欲

 そもそも、9条の1項と2項を残したままの「自衛隊明記」ってのは大いなる矛盾なんであって、よりいっそう9条の解釈を混乱させることになるんだよね。でもって、ペテン総理の改憲前のめりを裏で支えるオニギリ顔の高村君が9条2項についてクソ発言をしている。

「できるなら削除がいいが、私の相場観からすると国民投票で(過半数の賛成を得るのは)困難だ」

 相場観だとさ。この言葉こそ、自民党の改憲派の憲法観を如実に表わしてるんだね。相場観で改憲を語るとはねえ。それこそ、語るに落ちたとはこのことか。

Photo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

またしても沖縄で米軍ヘリ不時着・・・整備不良が常態化してるってことか、くそッ!&草津白根山噴火。凄まじい破壊力の噴石が原発を直撃したら・・・想定外じゃ済みませんよ!!!!

 沖縄でまたもや米軍ヘリが不時着。「警告灯が点灯したから」と言ってるが、確か伊計島に不時着した時も同じような言い訳してたんだよね。機種が違うとはいえ、米軍ヘリは整備不良が常態化しているってことか。そんなんで沖縄の空を我が物顔で飛んでるんだから、明らかに日本を舐めてます。施政方針演説で「米軍機防護実施」を得々として語るペテン総理ですからね。これからも舐められまくるのは間違いないところで、沖縄はこの男が居座る限りを犠牲を強いられるってことてだ。

沖縄米軍 ヘリ不時着 今月3回目

 ところで、草津白根山が噴火して、飛んできた噴石でゲレンデは戦場のような騒ぎだったとか。まったくの不意打ちだったから、そりゃあ阿鼻叫喚となるのももっともなことだ。

草津白根山噴火 1人死亡 陸自訓練中に噴石 

 それにしても、噴石ってのは凄まじい威力があるんだね。こんなのが万が一にも原発を直撃したとしたら、さぞかしおぞましいことになるに違いない。

 ああ、それなのに、御嶽山が噴火した時に、原子力規制委員会の委員長(当時)だった田中シェンシェイは「御嶽山の噴火は水蒸気噴火であり、川内原発で想定される巨大噴火(マグマ噴火)とでは現象が違う。一緒に議論するのは非科学的だ」ってそれこそ非科学的な態度でコメントしてたんだね。

 さらに、噴火予知の難しさを訴える火山学者に向かって、「とんでもないことが起こると平気で言わず、必死になって夜も寝ないで観測して頑張ってもらわないと困る」とまでイチャモンつけていた。

 今回の草津白根山噴火では、原発と結びつけての論評はまったく見られないけど、ホントにそれでいのか。世界の活火山の7%が集中する日本で、ここ数年火山活動が活発化しているのは事実だ。草津白根山のような噴石が原発を直撃する可能性はけっして小さくない。もう、想定外じゃすみませんからね。

「規制委の火山リスク認識には誤りがある」

 最強の大寒波による強風で、柏崎刈羽原発の水処理建屋の外壁が剝がれたという報告もある。これは、原発がいかに脆弱化という証明みたいなものだろう。自然を舐めていると大変なことになりますよ。

強風で建屋の外壁剝がれる 柏崎刈羽原発

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2018年1月23日 (火)

「いよいよ改憲を実現する時がきた」「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」(安倍晋三)VS「憲法は国の形、理想の姿を語るものではありません。国民が公権力を縛るためのルートです。従って(首相と)憲法観が違うので議論のしようがありません」(枝野幸男)

 いやはや、凄い雪だった。雪の中、地元で飲もうとでかけたのはいいけれど、行きつけの店はみんなお休み。う~ん、雪見酒とはいかなかったか。

 そんなことより、ワシントン・ポスト紙によると、トランプが大統領に就任して以来「最初の1年間に虚偽や事実関係で誤解を招く主張を2140回繰り返した」って報じている。嘘をつかなかったのは1年間で56日だけで、そのほとんどがゴルフに興じていた時なんだと。

 ははは、まるでペテン総理と同じじゃん。こういう権力者の発言のファクトチェックってのは、日本のメディアも見習うべきなんだが。幹部連中が鮨友だらけじゃ無理な相談というものか。

・トランプ氏「うそ」1年で2140回 演説など分析

安倍晋三の嘘まとめ

 で、そのペテン総理は通常国会招集日の党会合で、「いよいよ改憲を実現する時がきた」って檄を飛ばしたってね。この前のめりぶりは、なかなか改憲の機運が盛り上がらないことへの焦りの裏返しなのだろう。なんてったって「改憲は歴史的使命」とのたまって憚らない男ですからね。個人の野望だけで改憲しようたってそうはいきませんよ、ったく。

 さらに、国会の施政方針演説では「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ。各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会で議論を深め、前に進めていくことを期待する」ってさ。憲法の何たるかをまったく理解してない証拠です。

 このクソ発言にエダノンが即反応。「憲法は国の形、理想の姿を語るものではありません。国民が公権力を縛るためのルートです。従って(首相と)憲法観が違うので議論のしようがありません」と切って捨てたのはごもっともなことなのだ。

 こうしたペテン総理の憲法観にまつわる発言を報じた東京新聞は、記事の最後で「憲法は、首相を含む公務員に対して憲法尊重擁護義務を定めている」と書いていたが、このことこそを声を大にして報道するのがメディアの責任なのだと我が家のドラ猫につぶやいた雪景色の朝であった。

首相「改憲実現の時」 国会開幕、自民議員にゲキ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

沖縄・南城市長選で翁長知事が支援する新人が勝利! 名護市長選に向けて弾みとなって欲しい&今治市で獣医学新設の市民説明会。加計孝太郎はトンズラ。それだけやましいってことか!

 西部邁が亡くなった。しかも自殺とは・・・合掌!

西部邁さん死去 近著に死生観を綴っていた

 沖縄では名護市長選を前にして、南城市長選で翁長知事が支援した新人候補が自民がバックアップする現職に勝利。僅か65票差という接戦を制した意味は大きい。名護市長選に向けて弾みとなって欲しい。

沖縄・南城市長選:知事が支援する新人当選 瑞慶覧長敏氏、65票差で現職破る

 ところで、今日から通常国会なんだが、森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺、リニア談合など、ペテン総理にとってはまさに針の筵だろう。そんな国会を前に、今治では加計学園の獣医学部新設について市民向けの説明会が開かれたってね。

 「市民からは、県と合わせて最大96億円の補助金の支出や、土地の無償譲渡に対する不満、加計氏が出席しないことに対する怒りの声が上がった」っんだが、これは当たり前の話で、へたすると加計学園系列の千葉科学大学を誘致したおかげで市の財政が逼迫した銚子市の二の舞になりかねませんからね。

 そんな重要な市民説明会にペテン総理の「ばくしんの友」である雲隠れ孝太郎は姿を見せなかったそうだ。国から莫大な補助金を注ぎ込んでもらうってのに、ホント、無責任な野郎だ。さらに、説明会の後の市長の囲み取材も「混乱をきたす」からって中止になったとか。ようするに、説明する気なんかさらさらないってことなんだね。

「加計学園」説明会に不満と怒りの声、納得してない

 ま、好き勝手できるのもいまのうちだ。加計学園は補助金を回すことでどうにか自転車操業してるようだが、獣医学部新設にまつわる疑惑が影響したのか岡山理科大学の受験者が激減してるっていうから、ひょっとすると経営破綻なんて可能性も噂されている。

 そうなれば、籠池夫妻と同じように、「ばくしんの友」とはいえ雲隠れ孝太郎もペテン総理に捨てられるかもよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

護衛艦「いずも」の空母改修案で、米軍機の発着も検討! いよいよ戦闘モードに突入か!?&統一会派に失敗して、分党が決定的となった希望の党。烏合の衆の末路は哀れなものだ!

 出場資格のない選手が特別枠でオリンピックへの参加許可って、いくらなんでもこれはやっちゃだめだろ。スポーツ貴族の利権の祭典と化したオリンピックなんか、もういらないだろうの日曜の朝である。

北朝鮮、平昌に22選手 韓国と初の合同チーム IOC発表

 そんなことより、日本の軍国化はジワジワと進行しているようで、海上自衛隊の護衛艦「いずも」を空母にしようという案が具体的になりつつあるってね。しかも、日米共同使用ということで、米軍機の発着も想定しているんだとか。これはもう、戦闘準備に入ったって思われても仕方ないんじゃないのか。

海自「いずも」空母改修案 米戦闘機発着、給油も

 そもそも、専守防衛という観点からも「攻撃型の空母の保有は許されない」というのがこれまでの政府見解だっんだよね。もっとも、「防衛のための空母は持ち得る」とも言ってきたんだが、艦載機として検討しているF35Bって戦闘機は敵地に進入するためのものというのが軍事専門家の見方で、そうなると空母「いずも」はどう解釈するんだって議論が湧き起こってくるんだろうね。

 ペテン総理ことだから、「『いずも』は攻撃型空母ではない」なんて閣議決定したりして・・・こんな妄想が妄想でなくなることが間々あるから笑えない話なのだ。

 笑えない話ときたら希望の党だ。民進党との統一会派に失敗して、とうとう今月中にも分党になるのが決定的なんだとか。ようするに、モナ細野などのオリジナルの結党組と民進党からの合流組みとの確執が、統一会派をきっかけにより深まったってことなんだね。

 でも、こんなことはちょいと考えればシロートにだって容易に想像がつくことで、統一会派なんて言い出した時点で、だったらなんで分裂したんだってことなんだね。

希望、月内の分党検討=執行部と結党組に溝

 とにかく、政党支持率がせいぜい1%なんて政党が手を繋ぐことで野党第一党の座を狙ったところに、国民を舐めきったシェンシェイたちの薄ら馬鹿ぶりが透けて見えちまったってことだ。こんな奴らが野党再編のキャスティングボードを握ろうなんて百万年早い。湯上りのユダ・前原君なんかこんな状況になっても「共産党には魂売れぬ」ってひとりほざいてるってんだから、いつまでも言ってろ・・・ってなもんです。

希望の党・前原誠司元外相「合流、全く後悔していません」「共産党には魂売れぬ」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

官房機密費なんか「いっそ廃止にしては?」(東京新聞)&国有地売却交渉記録文書開示。嘘つき国税庁長官にはキッチリ落とし前つけてもらおう&フランスで徴兵制復活だと!!

 使途不明が罷り通る謎の金、官房機密費の一部開示を最高裁が認めた。これまでの完全なブラックボックス状態に比べれば大きな一歩ではあるものの、支払先や具体的な使い道についてはこれまで通りに非開示ということだから、どこまで謎の金の真相に迫れるのかは疑問だ。

 東京新聞社説は「いっそ廃止にしては?」と書いていたが、おっしゃる通りなんだね。本当に必要な金ならちゃんと予算組んでやればいいだけのことだ。とにかく、一般大衆労働者諸君のあずかり知らないところで、政治家が勝手に動かせる金が存在すること自体が不埒な話なんであって、税金で野党対策なんかやられちゃたまりませんよ、ったく。

官房機密費文書、一部開示認める 最高裁初判断

・東京新聞社説
官房機密費 いっそ廃止にしては?

 不埒な話とくれば森友学園疑獄なんだが、国有地売却の交渉にからむ文書が開示された。シュレッダー佐川君が「廃棄した」って言い募っていた文書が出てきたわけで、はいそうですかだけではすみませんね。まずは、シュレッダー佐川君に虚偽答弁の責任をとらせること。すべてはそれからだ。

<近畿財務局>森友交渉の文書開示 内部で検討の詳細な記録

 最後に、フランスで徴兵制が復活するってね。スウェーデンでは「国民に戦争の準備をさせている」なんてニュースも飛び交っているようだし、どいつもこいつも戦争やる気満々ってことか? なんて時代になっちまったんだろう。

徴兵制復活へ 仏大統領表明 18~21歳の男女対象

【北欧:速報】スウェーデンは、国民に戦争の準備をさせている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

元自局アナウンサーの沖縄ヘイトに、「現場に行って勉強してこい」と一喝した毎日放送に万雷の拍手を!!

 東京MXテレビ『ニュース女子』の沖縄ヘイトに対してBPO(放送倫理・番組向上機構)が「重大な放送倫理違反があった」と指弾したのは記憶に新しいところだが、大阪の毎日放送ラジオでもパーソナリティーが「沖縄の基地反対運動をしている人は大部分が特定の勢力」と語っていたってね。

 でもって、この発言をほっとくわけにはいかないってんで、毎日放送の社長が「行き過ぎた発言だった」って謝罪したってね。さらに、「おわびで終わることではなく、近藤さんに実際に沖縄に行ってもらう方向」とまで踏み込んだ発言をしたっていうから、メディアとしての良心はまだ生きていたってことか。なんか、ホッとするなあ。

 社長の発言の中にある「近藤さん」ってのが問題発言をやらかしたパーソナリティーで毎日放送の元アナウンサーなんだとか。これまでもけっこう右寄り発言を繰り返してきていたそうで、ま、ちょいと図に乗ったんだろうね。本人は「私見とは申しましたが、純粋に反対運動されている方々を否定するような、思いを傷つけるような表現がありましたことをおわび申し上げます」って頭下げてるだが、喉元過ぎればなんとやらになるのがオチなんじゃないのか。

 なんてったって、「そこまで言って委員会」がその典型であるように、大阪の偏見放送ってのはかなりえげつないですからね。ペテン総理のお友だちの津川雅彦なんか、おい、気は確かかってほどにヘイトスピーチしてますからね。大阪ローカルってんで視聴者舐めてんだよね。ペテン総理が芸能人と酒食を共にする時のコーディネイトもこの男の仕業です。

 それはともかく、自局のアナウンサーの沖縄ヘイトに、「現場に行って勉強してこい」って指示した毎日放送には、万雷の拍手を送りたい。

毎日放送ラジオ「沖縄基地反対は特定勢力」と発言、謝罪

「完パケ」見ず放送...「ニュース女子」にBPOが指摘した6つの問題

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

北朝鮮との「国交断絶」を呼びかける外務大臣。気は確かか!!&「すぎはらあだちさん」(安倍晋三)って誰? 杉原千畝記念館でこれはあり得ない・・・馬鹿丸出し!!

 昨日のテレビ朝日『相棒』は、明らかに山口ノリマキの準強姦事件逮捕状執行停止をモチーフにしてましたね。タイトルの「暗数」ってのもなかなかワサビが効いている。やるなあ。

 そんなことより、ごまめの歯ぎしり・河野君が戦争につながりかねないトンデモ発言をかましてくれたそうだ。カナダのバンクーバーで開かれていた北朝鮮問題を話し合う関係国の外相会合で、「北朝鮮との外交関係の断絶や北朝鮮労働者の送還を呼びかけた」ましたとさ。

 こうやっていたずらに北朝鮮を挑発して何の得があるんだろう。これって、日本が泥沼の戦争へと突き進む要因のひとつとなったABCD包囲網を彷彿とさせますね。窮鼠猫を噛むって状況に追い込んでどうするんだろうねえ。外交の場でええかっこしいのつもりで発言したとしたら、それはそれで大きな問題で、その軽薄さは外務大臣失格と批難されても仕方ない。

 ごまめの歯ぎしり・河野君の発言は、北朝鮮に「戦争する理由」を与えたことになるという指摘もある。外交は武器を持たない戦争と言うけれど、それは強い言葉で相手をなじったり挑発したりするのではなく、お互いの立場に敬意を払ったうえで対話の中で理を尽くすことを意味しているはずだ。ごまめの歯ぎしりは、オヤジさんの河野談話に込められた理念を少しは勉強するこった。それにしても、外交の場で「国交断絶」なんて、こいつは気は確かか!?

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家

 気は確かかと言えば、ペテン総理がまたやってくたってね。なんでも、リトアニアの杉原千畝記念館を訪問した際に、杉原千畝の名前を「すぎはらあだちさん」って口にしちゃったそうだ。なんかもう、残念な野郎というよりは、馬鹿丸出しってなもんです。トランプの虚言、暴言、妄言は重箱の隅をつつくよに報道する新聞・TVもこれを完全スルー。

 読み間違いっていうレベルじゃありませんからね。「日本人として誇りに思う」といったそばからこれだもの。おそらく、杉原千畝について何も知らなかったんだろうね。でなけりゃ、「すぎはらあだちさん」なんて絶対に口にすることはありません。やっぱり、精神鑑定が必要なんじゃねえ。

【安倍晋三 「すぎはらあだち」さん?】 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

阪神淡路大震災から23年。立ち退きを迫られる復興住宅&ICANとの討論会で煮え切らない態度の立憲民主に、渇!&国交省が公用メール1年自動廃棄。「情報は国民のもの」ということを忘れるな!

 阪神淡路大震災から23年。復興住宅の期限切れで、避難住民に立ち退きを求める訴えを神戸市と西宮市が起こしているんだとか。いろいろ理由はあるんだろうが、決まりだからって杓子定規に法律を一律で運用するのはいかがなものだろう。やんぬるかなの水曜の朝である。

きょう阪神大震災23年 出て行けと言わないで

 ところで、ペテン総理が面会を拒否したICAN(核兵器廃絶キャンペーン)事務局長と与野党代表が公開討論会をしたってね。「核抑止力は必要だ」と言い募る自民党はさもありなんなのだが、立憲民主の立ち位置にもちょいと疑問ありですね。

 立憲民主の幹事長のカリアゲ福山君は「北朝鮮の脅威を挙げ『日本は核抑止力に依存する安保政策をとっている』と指摘」「長期的に日本は核廃絶を目指すべきで。禁止条約にどうアプローチするか、党として検討」ってんだが、なんとも煮え切らない態度なんだよね。結局、核兵器禁止条約に明確に賛同を表明したのは、共産、自由、社民、そして参議院会派「沖縄の風」だけで、立憲は態度を鮮明にしなかったというんだから、情けない話なのだ。

 北朝鮮の脅威を持ち出すなんて、それこそペテン総理の思う壺ですね。どういう文脈でカリアゲ福山君がこんな煮え切らない発言したのかはさだかではないが、なんかガッカリしちまうんだよね。立憲民主への淡い期待は、ちょっと舵取りを間違えると激烈な反発へと変貌しますからね。そこんところよろしくなのだ。

核禁止 響かぬ国会 ICAN事務局長と討論会

ICAN「日本も核兵器禁止条約に参加を」

 昨日はもうひとつ重要なニュースがあって、なんと国交省が公用メールについて「送受信後1年が経過したものをサーバーから自動的に廃棄することを決めた」そうだ。廃棄可能なメールの中には国会議員からの説明要求の連絡文書なんてのも入っている。つまり、政治家や官僚にとって都合の悪い文書は恣意的に廃棄しちまおうって魂胆なんだね。森友学園疑獄で学習したってわけか、クソっ!

 この国には「情報は国民のもの」という認識が決定的に欠けている。敗戦を前にすべての機密文書を焼却した軍部のやり方がいまもそのままってことだ。従軍慰安婦問題だって、都合の悪い関連文書はすべて焼却しちゃったはずで、歴史の検証に不誠実なのがこの国の政治家や官僚ってことなんだね。

 国交省の公用メール1年自動廃棄は、ほっとくとすべての省庁に波及するかもしれないから、「あぶない、あぶない、夏はほんとにご用心」なのだ。

<国交省>公用メール、1年で自動廃棄 政策検証が困難に

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

お笑い芸人と焼肉屋で遊ぶ暇はあっても、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)と面会する時間はないそうだ。一度精神鑑定した方がいいんじゃないか!?

 民進と希望の統一会派結成はまだひと悶着ありそうで、なんと分党も視野に入れてるんだとか。数合わせで徒党を組もうとするからこうなるんだよね。サルだって反省もするし、学習もするってのに、ホント、阿呆な奴らだ。

民進と希望 統一会派、参院で異論 正式合意、見通せず

 そんなことより、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の面会要請を、ペテン総理は多忙を理由に拒否したってね。芸人とは焼肉屋で3時間も酒池肉林する暇があるくせに、よくもまあ「日程調整が難しい」なんて木を鼻で括ったような態度がとれるものだ。

 世界で唯一の被爆国という立場は、核兵器廃絶に向けて絶対的な説得力があるんだよね。ああ、それなのに、ペテン総理は外遊先で北朝鮮の脅威を煽りまくって、火に油を注ぎまくっているんだから始末に終えない。

 こんなんだもの、「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」ってICANから批判されるわけだ。おそらく、世界中から日本は冷たい目で見られているんでしょうね。

ICAN 事務局長の首相との面会 政府から“調整困難”

ICAN事務局長が広島で講演 「日本は足踏み外した」と批判

 慰安婦問題をめぐる日韓合意を韓国が反故にしてたってんで、平昌オリンピック開会式に出席しないってペテン総理は駄々こねているそうだが、これだって世界から見れば「平和の祭典を政治利用しやがって」って後ろ指さされているに決まってます。そう言えば、ソチ・オリンピックの時には、世界中の首脳が同性愛を厳しく罰するロシアに抗議して開会式の出席を見送ったのに、ペテン総理はシレっと出席して顰蹙を買ったっけ。

 それはともかく、ICANとの意見交換を拒否したり、平昌オリンピックへのを出席をキャンセルしたり、ペテン総理の度量の狭さは、いずれこの国を世界の鼻つまみ者へと貶めることになりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

民進と希望が統一会派で野合。野党最大会派で自民党と手を組んで改憲にまっしぐらってわけか!!

 民進と希望が統一会派で大筋合意だと。これが成立すれば、野党最大会派ということで、自民党と組んで改憲にまっしぐらってわけか。こうなったら、希望とは相容れない民進の議員は立憲民主に行くことだね。でなければ、民進党が分裂した最大の原因である呉越同舟状態の再現ってことてすからね。

希望と民進、統一会派結成で大筋合意 両党に反対議員も

 「安倍一強政治に対峙するための統一会派」なんてのは嘘っぱちですから。ようは保守二大体制を目論んでるってことだ。安保法制も改憲も、自民党の考えとほぼ一致しているようなのがゴロゴロいるのがその証拠だ。だからこそ、立憲民主のエダノンは「統一会派はあり得ない」って拒否してるんだね。

 そもそも、希望、民進、立憲民主が統一会派なんか組んでごらんなさい。それこそ民進党の悪夢の復活で、だったらなんで分裂したのってことになる。立憲民主がなぜ支持されているか。それを考えたら、とてもじゃないけどこんな大義なき野合に与するわけにはいきませんよ、ったく。

「大事なのは草の根の声と歩む政党築くこと」 枝野氏

 にしても、統一会派とは無節操にも程があるというものだ。こいつらもまた、国民を舐めてるんだろうね。へたすると支持率が1%切っちゃうんじゃないかというジリ貧の希望にとっては、なりふりかまってられないってことなんだろうが、こやつらのトップにはぼったくりバーのチーママ小池君が鎮座ましましていることを忘れてはいけない。こんなのと統一会派で野合しようという民進も、これで終わりでしょうね。ホント、国民にとっては迷惑な話なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

森友学園疑獄で廃棄したはずの文書を一部開示。あの男の嘘を認めたってことか!&「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります」(安倍晋三)。海外にまで行って北朝鮮の危機を煽る愚か者!!

 森友学園疑獄で、シュレッダー佐川君が「廃棄した」と国会答弁していた文書の一部が開示されることになった。てことは、シュレッダー佐川君が嘘つてたことを認めたようなもんなんだから、当然こやつの処遇も問題にならなくちゃおかしい。こうなったら、大阪地検は近畿理財局に1日も早くガサ入れするこった。通常国会前にそんなことになったら、こりゃあ面白いことになるんだが、ま、ペテン政権の飼い犬に落ちぶれちまった検察にそんなたいそれたことはできるわきゃないか。

近畿財務局、森友文書一部開示へ 過去の請求に「廃棄」

 ところで。「国難」を置き去りにして優雅に大名旅行中のペテン総理が、エストニアにまで行って北朝鮮の危機を煽ってるようだ。

「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります。ITやサイバー分野をはじめとする幅広い分野での協力を一層強化していきたい」

 今回訪問している6カ国の中で、エストニアだけが北朝鮮と国交がないんだね。そこを見越しての発言なんだろうが、エストニアにしてみりゃいい迷惑なんじゃないか。そもそも、北朝鮮のミサイルはエストニアをターゲットにしてないし。

 特に北朝鮮との関係が悪化しているわけでもない国に行って北朝鮮の危機を煽る。こんな愚かな総理大臣を野放しにしていていいのだろうか。

 ああ、それなのに、これを伝えるTBSのニュースは「これまで深い交流のなかった国にも足をのばすことで、北朝鮮包囲網をより一層、広げたい狙いがあります」だとさ。これは明らかに恣意的なミスリードですね。ペテン総理がいたずらに北朝鮮の危機を煽っている間にも、韓国と北朝鮮は話し合いのテーブルにつき、アメリカだってその推移を見守っている。つまり、日本だけが勝手に危機を喚き散らして孤立しつつあるってことだ。

安倍首相、ヨーロッパ6か国歴訪の狙いは

 「海外にまで行って北朝鮮の危機を煽るんじゃない」って意見するメディアが存在しないこの国に、輝かしい未来なんかがあるわきゃない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

森友・加計学園疑獄報道で朝日新聞がジャーナリズム大賞受賞。TVはなぜスルーするのか!?&改憲について「拙速は駄目だが、機運が大事。いま機運が半分ぐらい出てきており、これを加速すべきだ」(二階自民党幹事長)。クズだな!!

 森友・加計学園疑獄に関する一連の報道により、朝日新聞が新聞労連ジャーナリズム大賞を受賞した。ところが、新聞・TVはこのニュースをスルーしてるのは何故だろう。森友・加計学園疑獄は朝日新聞の捏造だって喚いている史上最低の議員・足立君みたいなチンピラだっているんだから、ジャーナリズム大賞受賞のニュースはそんな動きに対する痛烈なカウンターバンチでもあるはずなんだね。それを当事者でもあるメディアがほとんど報道しないというのは、それこそ「忖度」が働いているからじゃないのかと疑いの目を向けられても仕方ないだろう。情けない話だけどね。

「森友・加計」朝日報道にジャーナリズム大賞 新聞労連

 ところで、土建政治の自民党幹事長・二階君が改憲についてこんなクズ発言してます。

「拙速は駄目だが、機運が大事。いま機運が半分ぐらい出てきており、これを加速すべきだ」

 ははは、「いま機運が半分くらい出てきており」だとさ。おそらく、直近の世論調査で「九条に限らず、憲法を『改正する必要がある』『どちらかといえば改正する必要がある』と回答した改正派は55%」という数字がチラついてるんだろうが、そこにはペテン総理一派が画策する「9条改憲」とはかなり温度差があるんだよね。それが証拠に「安倍首相の下での改憲に53%が反対」しているわけで、ペテン総理一派の戦前回帰に対する危機感ってのは、かなりの国民が無意識のうちに感じているってことだ。

改憲発議「1年もあれば」 自民・二階氏が意向

 おそらく、「なんのための改憲」ということを議論し始めたら、「改憲必要」という声はかなり低くなるはずだ。なぜなら、いまペテン総理一派が目論んでいる改憲は、「自衛隊について」「 緊急事態について「「 合区解消・地方公共団体について 」「教育充実について」の4項目あるんだが、そのどれもが憲法ではなく法律改定でいかようにでもなるものだからだ。だからこそ、ペテン総理一派は、ひたすら北朝鮮がどうしたこうしたと対外的な危機を煽るだけで、ベーシックな改憲議論を避けてるんだね。

target="_blank"安倍政権が目指す憲法改正を徹底解説 「改憲4項目」ってなんだ

 土建政治の自民党幹事長・二階君が「拙速は駄目」と言いつつ、「一年もあればいいのではないか」とスケジュールありきの発言をしているのも、「なんのための改憲」という議論を暗に封じ込めようという姑息な手段に他ならない。

 「改憲ありき」で理屈は後からついてくるってのは、加計学園の獣医学部新設とまったく同じメンタリティーのなせる技ってことだ。

 にしても、どうしてこうまでゴーマンな政治屋どもが跋扈するようになったのか。そこのところを心理学的に分析した動画があるのでご紹介。当たっているだけに笑ってる場合じゃないんだが・・・やっぱり笑える。必見です!

【心理学的】安倍政権がゴーマンな理由   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

ペテン総理、60回目の外遊は欧州6カ国。その理由は「行ったことがないから」だとさ&「歴史修正主義」をベースに自民党が近現代史検証を再開。「明治150年」もその流れの一環か!?

 エストニア、ラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア、ルーマニア・・・ペテン総理は欧州6カ国に60回目の外遊だとさ。なぜいま、この地味な6カ国なのか。旧共産圏で北朝鮮とも深い繋がりがあるから、なんて見方もあるそうなんだが、顔も頭も貧相な官房長官・菅君によれば「日本の首相が訪問していない国があること自体、不自然」なんだとさ。てことは何かい、「行ったことないから」ってまるで「そうだ京都行こう」のノリってわけかい。

 にしても、2012~16年にかけて48回の外遊にかかった費用が総額87億円というから、これはもうベラボーな税金の散財なんだよね。しかも、経済支援という名目で30兆円という血税を行く先々でばら撒いてるんだから、何をかいわんやなのだ。総理大臣の外遊ってのは、国会でチェックするシステムってないのかねえ。税金使って夫婦揃って海外旅行。こんな「おいしい生活」は、3日やったらそりゃあ止められるわけありません。

首相、欧州6カ国初歴訪へ 外遊 再登板後60回目 中韓関係で残る課題

 ところで、自民党に近現代史を検証する「歴史を学び未来を考える本部」ってのがあるんだが、その本部長に不正献金疑惑の下村君が就任したってね。でもって、「満州や極東国際軍事裁判(東京裁判)、連合国軍総司令部(GHQ)の占領政策を巡る意見交換会に入る」そうだ。

 そもそも、「歴史を学び未来を考える本部」の設置については、網タイツのコスプレ稲田君が主導的役割を果たしているんだね。「東京裁判で裁かれた日本の歴史をきちんと自分たち自身で総括する。何を未来に生かしていくかを政治家自身が踏まえる」(稲田朋美)というのがその発端で、これって「歴史修正主義」じゃないのって疑問の声があがったのもむべなるかなってことだ。

 そこで中立性を保つということでママチャリ野郎の谷垣君が本部長になったという経緯がある。ところが、谷垣君は政界引退となって、不正献金疑惑の下村君が本部中に就任したってわけだ。

 稲田も下村も思想信条は「歴史修正主義」にどっぷり浸かってますから、「歴史を学び未来を考える本部」がどんな集団なのか子供にだってわかろうというものだ。

1
クリックで拡大

 「明治150年」をやたら煽っているのも、そうした「歴史修正主義」の流れの中でのことであり、NHKの大河ドラマが『西郷どん』ってのもこれまたそんな流れを忖度したうえでのことなのは間違いない。

 いまはまだ小さな動きかもしれないけれど、3年後には高校で近現代史を学ぶ「歴史総合」が必修になることを考えれば、自民党の近現代史検証は極めて危険な匂いがする今日この頃なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

「今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」「来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」(小泉純一郎)。聞きようによっては「倒閣宣言」ととれなくもない・・・。

 ワンフレーズ純一郎と細川の殿様が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表した。立憲民主を中心とした野党連携も視野に入れてってことだそうで、ま、その言や良しといったところか。でもって、会見でワンフレーズ純一郎は、

「安倍首相に原発ゼロを進めるべきだと言っているが、今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」

「自民党には安倍晋三首相が(原発政策を)進めているから仕方ないなという議員が多いだけ。来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」

 って発言しているんだが、これって聞きようによっては暗に「倒閣宣言」を匂わせていると言えなくもない。秋の自民党総裁選を睨んで、昼間の幽霊・岸田君や出戻り聖子に遠まわしにハッパかけたようなもんなんじゃないのか・・・なんて妄想してみるのも面白い。

原発即時ゼロ法案 小泉元首相ら野党連携へ

 このタイミングでの原発ゼロ法案ってのは、経団連の次期会長に日立製作所会長が就任することへの問題提起って意味もあったりして。なんてったって、日立製作所はイギリでの原発新設プロジェクトを進めている最中ですからね。さらに、そのプロジェクトには日本のメガバンクが1.5兆円の融資を決定。しかも、その融資には国が全額補償するという特典付きときたもんだ。つまり、何かトラブルが起きたら、税金で補填しますよってわけだ。

 そんな企業の会長が経団連の次期会長ですからね。ペテン総理と手を組んで、原発利権で一儲けってことなんだよね。経団連会長が「財界総理」と敬意を持って称された時代は遠くなりにけりなのだ。

政府が公金で債務保証 日本の原発輸出に英国現地の反応は

 それはともかく、ワンフレーズ純一郎と細川の殿様の原発ゼロ法案は、まさか森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺といった一連のスキャンダル隠し・・・なんてことはないでしょうねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

「他の先進国と比べて首相出席が多い」「今のままでは首脳外交で出遅れてしまう」から国会出席削減を要求・・・って、芸NO人と飯食ってる暇はあるんかい!!

 漢字を読めないってのがペテン総理とひょっとこ麻生の共通点なんだが、新年早々にペテン総理がやってくれました。ツイートで、「そしてこの勝利に奢ることなく緊張感を持って選挙でお約束をしたことを一つ一つ実行していくことを誓いました」(太字はくろねこ)とさ。いつも官房機密費で芸NO人に奢りまくってるからこうなっちゃったんだろうね。

 もっとも、ペテン総理自らがツイートしてるわきゃあないだろうから、おそらくスピッツ一太あたりのチョンボなんだろう。にしても、どいつもこいつも頭悪いなあ。

 そんなことより、ペテン総理が国会に出たくないってゴネてるらしいね。なんでも、「他の先進国と比べて首相出席が多い」ってのが理由で、「今のままでは首脳外交で出遅れてしまう」なんてぬかす側近もいるとか。

 しかしなんですな、「他の先進国」云々ってんなら、削減した野党の質問時間も「他の先進国」並みにしてもらいたいものだ。なんてったって、与党の質問時間ゼロって国だってあるんだからさ、都合のいい時だけ海外との比較を持ち出すんじゃねえ。

与党、首相出席の削減狙う=「追及逃れ」と野党反発―国会運営見直し

 国会開会を前にしてこんなこと言い出しているってのは、森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺、さらには山口ノリマキの準強姦疑惑を追求されたくないってのが本音なのは間違いない。立憲民主のエダノンはシュレッダー佐川君の辞任要求を口にして揺さぶりかけてますからね。そんな国会にノコノコ顔出したら火達磨になるのは確実で、へたすると私人の嫁の証人喚問だって避けられない事態になることだって十分に考えられる。

 基本的に、ペテン総理はチキンですから。国会で袋叩きにならないようにいまから予防線張ってるってことなのだろう。ホント、情けない野郎だこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

米軍ヘリ、また不時着。「ちょっと多すぎる」(小野寺防衛大臣)。このコメントは間抜けすぎだろ!!&第二の森友疑惑の日本航空学園は教育勅語にご執心!?

 バノンの暴露本で「頭おかしいんじゃないの」って核心を突かれたからなんだろうね。トランプが側近の茶坊主に「あんたはエライ」って言わせたと思ったら、どうやらそれだけでは足りなかったようで、自ら「私は賢いというより天才だ。精神的に健全な天才と言うべきだろう」って自画自賛したそうだ。こういう恥ずかしいことを何の衒いもなくできゃうところが、この男の間抜けなところなんだね。ま、アベノミクスなんて自画自賛している男も似たようなもんか。

・トランプ氏「私は天才」=精神状態懸念の声に反発

 間抜けと言えば、防衛大臣のパソナ小野寺君だ。伊計島に続いて、またしても米軍ヘリが沖縄の読谷村に不時着したのを受けて、なんとこの男は「ちょっと多すぎる」だとさ。なんとまあ間の抜けたコメントだろうか。多い少ないの問題か、ったく。これじゃあ、日米地位協定でアメリカに強硬姿勢なんかとれるわけがない。

緊急着陸相次ぐ米軍ヘリ、防衛相「ちょっと多すぎる」

 ところで、第二の森友学園かと話題の日本航空学園なんだが、国有地払い下げという構図もそうだけど、その教育方針も酷似してるんだね。なんと、教育勅語にご執心のようで、叩けばホコリがわんさかってことになるんじゃないのか。というわけで、乞うご期待なのだ。

<財務省>山梨の国有地 格安販売 評価額の8分の1で

『雄飛台』 日本航空学園 理事長 梅沢しげお(うめざわしげお)ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」(枝野幸男)&ネトウヨ出身の経済評論家、三橋貴明がDVで逮捕!

 NHK『日曜討論』で、立憲民主のエダノンが「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」と啖呵切ったってね。その意気や良し。

 さらに、「憲法と言うのは何なのか、安倍さんは大きな勘違いしている。憲法は国民の皆さんが、国会議員が権力を乱用しないように国民が国家権力を縛るもの。 安倍さんにはこの理解が全くない」とペテン総理の急所を突いたそうで、こうした単刀直入の切り込みをこれからも大いに期待したい。

NHK日曜討論、枝野代表「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「憲法、安倍さんは勘違いをしている」

 とにかく、すべてにおいて責任の所在を明らかにしないという「けじめのなさ」が、ペテン総理をいまだに政権の座につけているひとつの要因でもある。森友・加計学園機極なんてその典型で、政治家も官僚も平気で嘘をついてるってのに、何のお咎めもなしなんだからね。それどころか、恥をさらしてでも嘘をつきまくれば出世が待っているとくるんだから、そりゃあ官僚も必死こいてペテン総理の支援に回ろうというものだ。

 エダノンがシュレッダー佐川君を名指しで俎上に上げたということは、そうした「けじめのなさ」を当たり前のようにしてきた政治家や官僚にとっては脅威なんじゃないのかねえ。もうねえ、気取っている場合じゃないんだから、どんどん個人攻撃すべきなんだね。

 ペテン総理の私人の嫁も関わっているんじゃないかとされるマルチ商法のジャパンライフ問題では、不正献金疑惑の下村君なんかの名前もチラホラ聞こえてきますからね。国会が始まれば、当然この問題も追求されることになるだろうから、疑惑がもたれている政治家の名前はとことん実名で追い込むこと。スネにキズ持つ身にすれば、名前が公になることくらい嫌なことはありませんからね。

 ところで、ネトウヨ出身の経済評論家の三橋貴明君がDVで逮捕された。相手が10代の幼妻ってんで2度ビックリ。ペテン総理の経済政策にはけっこう批判的だったけど、去年の暮れに会食して手打ちしたと思ってたんだが、やっぱり邪魔な存在だったか・・・なんて陰謀論も楽しい月曜の朝である。

経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻殴るなどした疑い

安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕! 会食が税金による接待だったことも発覚

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

「不時着」を「着陸」と報道するNHK・・・またか&「賃上げ3%お願いしたい」(ボケ晋三)「社会主義国じゃないんだから、賃上げと言っても・・・」(ツッコミ茂)&古田、池坊を一気の電車道!!

 いやはや、新年早々、米軍ヘリが沖縄の伊計島に不時着だとさ。「警告灯が点灯したため」というのがその理由なんだが、これをNHKは「米軍ヘリ 沖縄 伊計島の砂浜に着陸」で初笑いさせてくれちゃいました。

 「故障や燃料欠乏等のため、初めに予定しなかった場所に降りること」を不時着というんだから、「警告点灯」を理由にした緊急着陸はまさに不時着そのものなんだね。どうやら、今年のNHKも「アベ様のNHK」はようで・・・。

米軍ヘリ 沖縄 伊計島の砂浜に着陸

 でもって、そのアベ様なんだが、これまた経済三団体共催の2018年新年祝賀パーティーで「これはしっかりと経済の好循環を回していくためには、今年の賃上げ、はっきり申し上げまして3%お願いしたい、こう思う次第でございます」ってかましてくれたってね。

 これを受けてかどうか、娘が東電のアンポンタン・石破君が「社会主義国じゃないので、政府が企業に対してもっと賃金上げろと言っても、なかなかそうはならない」って牽制してくれちゃって、とんだボケとツッコミを演じてくれてます。

「賃上げ3%」財界にお願い 安倍首相

石破氏「社会主義国じゃないので、賃上げと言っても…」

 新春初笑いにしては、どちらの話も引きつった笑いしか出てこないんだが、お口直しに抱腹絶倒の相撲協会のグスグス振りをご紹介。相撲取りの喧嘩で貴乃花に降格処分を下した評議委員会の池坊保子は騒動勃発以来貴乃花をバッシングしてたんだが、なんとその段階で元ヤクルトの古田敦也に一気の寄りで完膚なきまでにフルボッコされてたってね。その文字起こしを紹介して、新春初笑いということでお後がよろしいようで。

【朗報】古田敦也さん、貴乃花叩きに躍起な池坊保子をボッコボコにしてしまう

(これより引用)

古田「貴乃花親方の行動を問題視していますが?
池坊「場所中は雑音をシャットアウトすべきなんです」
古田「はぁ、どういう意味ですか?
池坊 「本場所中に被害届を出すのはどうなのか?」
古田「被害届けを出すと問題なんですか?」
池坊「被害届けを出して混乱を招いたことが問題」
古田「被害届けを出したらダメなんですか?」
池坊「出すんだったら場所中じゃなくて場所が終わってからにしたらいいでしょう」
古田「巡業中の10月に出したんですよね?」
池坊「いえ、すぐに本場所があるのになぜ出したんでしょ?」
古田「出したのは場所前です!」
池坊「・・・・・・・・・・・」
古田「それだと、次の場所もすぐに来る、被害届出せないでしょ」
池坊「・・・・・・・・・・・」
古田「何を基準に判断するんですか?」
池坊「警察発表が第一です」
古田「じゃあ聞く必要ないじゃないですか」
池坊「いや警察に被害届けを出す前に報告しろということ」
古田「ええっ!」
池坊「ですから被害届けを出す前に協会に一言相談すべきなんです」
古田「暴行傷害という違法行為をされたのにですか?」
池坊「だって相撲協会の一員なんですから」
古田「なら相撲取りにとって、協会というのは国の法律より上位にくるとでも?」
池坊「そうですね」
古田「ええっ! じゃっじゃあお伺いしますが、もし今回まず協会に相談して協会が被害届け    を出すなと言ったらそれに黙って従うべきとでも?」
池坊「そうですね」
古田「ええっ!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

暴行事件とは別に、「貴乃花の言動に見え隠れする極端なナショナリズム」には要警戒!

 昨夜のペテン総理は、「東京・銀座のブルガリ銀座タワー。宴会場「プライベートルーム」で俳優の津川雅彦氏、木村佳乃氏、歌手の泉谷しげる氏らと会食」あらせられたそうだ。ふ~ん、泉谷がねえ。しょせんはこんなもんか。偉くなったもんだ。

首相動静

 そんなことより、相撲界でまたスキャンダル。今度は、立行司・式守伊之助が10代の若手行司にセクハラだと。本人は泥酔して覚えていないって弁明してるってんだが、ま、相撲協会ってのは上が下をいじめるという構図が染み付いちゃってるんだね。

 日馬富士の暴行事件だって、あんなのが民間で起こったら即逮捕だろ。「かわいがり」なんて言葉が当たり前のように口にされる世界なんかロクなもんじゃありません。セクハラ受けた若手行司も、泣き寝入りしないで警察に被害届を出すことをおすすめします。でないと、こいつら懲りませんから。

大相撲立行司、若手にセクハラ 式守伊之助、唇や胸に触れる

 でもって、去年の暮れからの相撲取りの喧嘩騒動は、貴乃花の降格処分で表向きはシャンシャンで手仕舞いだそうだ。相撲協会がどうなろうとそんなことはどうでもいいのだけれど、一連の騒動の中でとちょいと気になることがあるんだね。それは、中島岳志東工大教授やコラムニストの能町みね子が早くから指摘していた「貴乃花の言動に見え隠れする極端なナショナリズム」だ。貴乃花が支援者に送ったメールというのがあって、

そこでは相撲協会を『国体を担う団体」と位置付け、「日本を取り戻すことのみ」が「私の大義であり大道」だと述べている。九州場所の千秋楽打ち上げでも「日本国体を担う相撲道の精神」という言葉を使ってスピーチを行っている。

 っていうからけっこう筋金入りか。その背景にはある新興宗教集団の姿がチラホラだそうで、現役時代の洗脳騒動をちょいと思い出しちまう。貴乃花部屋の力士のツイートもどんどん右傾化しているというし、貴乃花の描く「改革」ってのにどんな思想的背景があるのか、ここは十分に警戒した方がいいとドラ猫に言い聞かせる土曜の朝であった。

相撲とナショナリズム 国威発揚への利用に懸念 中島岳志

能町みね子、貴乃花部屋の「右傾化」主張 親方のメールは「大日本帝国みたいな感じ」

貴乃花親方の心の拠り所となる人物?騒動の核心を握る2人を直撃

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

「国のかたち、理想の姿を示すものが憲法」(安倍晋三)。「立憲主義が権力者を縛るものという解釈は古い解釈」とほざいた男がよくもまあぬけぬけと・・・!!

 年頭所感で「明治150年」をかましたペテン総理が、昨日の年頭記者会見で「改憲」に意欲を示したってね。その言い草がなんとも笑止千万。こんな具合です。

「今年こそ、憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく。自民党総裁として、そのような一年にしたい」

「国のかたち、理想の姿を示すものが憲法。時代の変化に応じ、国のかたちを考えていく議論をするのは当然のことだ」

 「みすぼらしい憲法」だの「立憲主義が権力者を縛るものという解釈は古い解釈」だのとほざいていた男がよくもまあぬけぬけと、ってなもんです。そもそも、「憲法とは何か」「立憲主義とは何か」をまったく理解していないんだから、こんな男の「改憲議論」にそう簡単に乗れたものではありません。「安倍首相の下での改憲」に53%が反対という世論調査結果もむべなるかなということだ。

 でもって、「今後も国民主権などの基本理念は変わることがないが、時代の変化に応じて議論するのは当然だ」なんてこともぬかしてるんだが、ま、大きなお世話としいうものです。ていうか、自民党改憲草案を一読すれば、「今後も国民主権などの基本理念は変わることがない」とはとても読めないことは明白だ。

改憲議論「今年こそ」 首相「あるべき姿提示」

【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

 そんな中、立憲民主のエダノンがこうしたペテン総理の改憲前のめりを「安倍さんの趣味だ」って一蹴していたのには大いに笑えたのであった。そう、「安倍の趣味」。改憲ってこれに尽きるんだね。なんとなれば、国民の多くは特に改憲を喫緊のテーマとは考えていないからだ。多くの世論調査でも「改憲を急ぐ必要はない」という声が70%近くもあるんですからね。それこそが「民意」というものだ。

性急な改憲議論「首相の趣味」 枝野氏「必要性感じない」

 ペテン総理の「趣味」である「改憲音頭」に踊らされていると、ハーメルンの笛吹き男にかどわかされた子供たちのように、とんでもないところへ連れて行かれることになりますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

イギリスの原発新設プジェクトへ日本のメガバンクが1.5兆円の融資。しかも、日本政府が融資の全額を債務保証だとさ・・・違うだろ~~~!!

 トランプが「私の核のボタンの方がはるかに大きく強力だ」って北のカリアゲ君を威嚇したそうだ。おいおい、これじゃあまるで昭和のオヤジの一物自慢みたいなもんじゃねえか。そのうち、「核のボタン押すのなんか簡単だぜ」ってところまでエスカレートして、とんでもないことになっても知りませんよ、ったく。

・トランプ氏「私の核のボタンの方が強力」 正恩氏に応酬

 そんなことより、日立製作所がイギリスで進めている原発新設プロジェクトに、日本の3メガバンク(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友)と国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1.5兆円の融資を決定したってね。でもって、「事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する」とさ。つまり、何かアクシデントがあれば日本の税金で補填しますよってわけだ。

<原発輸出>英で新設、政府債務保証 大手銀など1.5兆円

 福島第一原発事故はいまだ収束に至らず、それどころかメルトスルーした核燃料がどんな状態になっているのかさえ皆目検討がついていない。さらに、日本はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてないんだよね。ああ、それなのに、イギリスの原発新設に政府が税金注ぎ込んでまで資金援助しようというんだから、心あるイギリス国民にすれば迷惑な話だろうに。

 国内で起きた原発事故すら手に負えないってのに、海外で原発新設に精出す現状ってのはどなたかがツイートしてたんだが、それこそ「シャブ中がヨレヨレになりながらシャブ売り歩いている」ようなもんなんだね。

 世界中が奇異の目で日本を見ていることを、一般大衆労働者諸君はそろそろ自覚した方がいいとつぶやいてみる世間では仕事始めの朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

「これが戦争の結末だ」とメッセージを込めて、ローマ法王が長崎被爆少年の写真を配布。日本の首相の正月は連日ゴルフと飽食に映画鑑賞・・・遊び呆けていられる「国難」がどこにある!!

 「国難」をほったらかして、ペテン総理は連日の飽食とゴルフ。そして、夜は高級ホテルにお泊まり。休日には沈思黙考。国の行く末に思いを馳せる・・・なんてことは、考えたこともないのだろう、この男は。正月三が日を遊び呆けていられるような「国難」なんてあるものですか。

首相動静

 ところで、原爆で破壊された直後の長崎で、弟の亡き骸を背負い、焼き場の順番待ちで佇む少年の写真ってのがありまして、けっこう有名だからご存知の方も多いことてしょう。その写真をローマ法王が「これが戦争の結末だ」というメッセージを付けて配付したってね。

 核廃絶に向けた強烈なアピールってところなんだろうが、こういうことこそ日本の総理大臣がすべきことなのだ。外遊先で何十兆円という金をばら撒くことしか能がない男には、とてもじゃないけど出来ないだワザだ。

・ローマ法王 「これが戦争の結末だ」長崎被爆写真配布を指示

Photo

 へたすると、この凛とした少年の写真を、ペテン総理は見たこともなかったりして。そうだったとしても、けっして不思議じゃないっていところが、この国の悲劇でもあるんだろうね。

 ああ、正月早々、どんどんこの国がみすぼらしくなっていく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

元TBS記者の準強姦疑惑をニューヨークタイムズが1面で報道! 覚悟しやがれ!!

 風邪ひいて寝正月というのもまた一興。なんて強がってみたものの、いくらなんでもそろそろどうにかならんものかの年明け2日の朝である。

 そろそろどうにかならんものかとくれば、とうとう年明けまで引っ張ってしまった籠池夫妻の不当拘留とペテン総理お抱えの元TBS記者、山口ノリマキの準強姦疑惑なんかその最たるものだろう。

 で、山口ノリマキの準強姦疑惑については、海外メディアがとても精力的に報道しているのが心強い限りなのだ。BBCによる詩織さんへのインタビューがあったり、ニューヨークタイムズがフロントペーでこの問題を取り上げ、アメリカで最もつぶやかれている記事の第3位なんだとか。性差別に対する問題意識の高さがこうした事実に反映されているのだろう。

 この記事の中では、日本のメディアの及び腰についても言及されていて、「報道は性的暴行をまったくカバーしていない」という東京新聞のモンチッチのコメントを載せている。

日本でも「#MeToo(私も)」の声 伊藤詩織さんの話

山口敬之レイプ容疑もみ消し疑惑 (NYT全訳掲載)

Photo

 山口ノリマキの準強姦疑惑はうまく揉み消せたとふんぞり返っていると、そのうちペテン総理もメディアから寝首をかかれることになりますよ。

 最後に、去年の11月に産経グループのOBが産経新聞の実情を暴露したというニュースが即行削除されていたとか。でも、しっかり概要が残っていてこれがさもありなんでなかなか笑えます。新春初笑いということで、お後がよろしいようで。

  • ●産経グループOBらが産経新聞社の実情を暴露し、幹部は『商売右翼』と述べている
  • ●また、産経の記者は朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、NHKの試験を落ちた人がなるという
  • ●東京本社の記者はコンプレックスが強く、自分の紙面を恥じている人が多いらしい
  • 産経グループOBらが産経新聞社の実情を暴露 幹部は『商売右翼』で記者は強い劣等感か

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2018年1月 1日 (月)

    謹賀新年!

     明けましておめでとうございます。

     熱はないものの身体の節々が痛くて、大晦日はほとんど寝たきり状態。おかげで、芸NO人の馬鹿騒ぎをTVで観ないですんだのは不幸中の幸いか。とはいえ、「孤独のグルメ」だけはしっかりと鑑賞したのであった。

     さてさて、年頭所感とやらでペテン総理が年明け早々かましてくれたのが「本年は、明治維新から、150年の節目の年です。」ってんだから、そのうち明治維新150年の記念行事なんかを利用して、新しい国家像なんてのを喚き始めるんだろう。でもって、改憲発議になだれ込もうって寸法に違いない。

     さらに、「人口が減少する日本は、もう成長できない。」とも言ってるんだが、そんな国にしたのはいったい誰なんだってことだ。

    改憲、今年中の発議めざす 自民方針 2019年春までの国民投票想定

    内閣総理大臣年頭所感

     というわけで、今年も叫び続けるぞドラ猫と意志一致した元旦なのてあった。

     今年もよろしくお願いします。

    | | コメント (4) | トラックバック (1)

    « 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »