« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

制限時間45分、立憲民主の持ち時間19分、安倍晋三は「時間稼ぎ」の質問はぐらかし、国民民主はモリカケ聞かずに首相と握手・・・これで党首討論とはおこがましい!!

 どうやら、今日にもシュレッダー佐川君の不起訴が正式決定するとか。想定内ではあるけど、こんなんでいいのかねえ。虚偽答弁はするわ、公文書偽造はするわ、これでお咎めなしってことは、大阪地検は司法としての責任を放棄しちゃったってことだ。

 もっとも、嘘だらけの総理大臣がいる国ですからね。官僚ごときの嘘は蚊に刺されたほどの痛痒も感じないってことか。TBSラジオ『おはよう一直線』で政治評論家の有馬晴海君がそうしたペテン総理の嘘を容認している現状について「国家の体を成していない」ってな意味のことをメントしていたけど、このままいくとホントにめちゃくちゃなことになりますよ。

佐川氏 31日にも不起訴へ、森友の決裁文書改ざん

 ひょっとしたらもうこの国は壊れちゃってるかも、って思いは、昨日の党首討論でも如実に表れてましたね。そもそも、45分という制限時間がなんともふざけた話で、野党第一党の立憲民主の持ち時間が19分ってんだから、これで党首討論とはおこがましい。

 しかも、ペテン総理は「長い前置き」を延々と垂れ流し、あげくには「質問をおうむ返し」して「論点をはぐらかす」という「ご飯論法」のアクセルを思いっきり踏み込んで、「無学者、論に負けず」を一直線なんだからまったく議論が噛み合わない。

 日本テレビのニュースではエダノンの質問が「たった3問」なんてdisってたが、いやいやそれを言うならペテン総理の「時間稼ぎ」のダラダラ答弁をこそヤリ玉にあげるべきだろう。

【党首討論詳報】「答えになっていない」 議論は平行線

「党首討論」国家基本政策委員会合同審査会(2018.5.30)

 でもって、腰抜け玉木君がモリカケ問題に一言も触れなかったんで、ペテン総理が討論終了後にすかさず駆け寄って握手したってね。腰抜け君もまんざらではなかったようで、国民民主の正体みたりで、なんとも胸糞の悪い党首討論なのであった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

「書き換えられた文書の内容を見るかぎり、黒を白にしたとかいう改ざんのような悪質なものではない」(麻生太郎)・・・「クレージーだ」(又市社民党党首)&「勢い余ったのかな。加計学園を信じる」(今治市長)。補助金詐欺に加担するってわけか!?

 日大アメフト部の監督とコーチは除名処分で永久追放。ペテン総理もひょっとこ麻生も除名できたらと思う水曜の朝である。

日大前監督・コーチ除名 アメフット関東学連、反則指示と判断

 で、そのひょっとこ麻生なんだが、ひん曲がった口でまたしてもやらかしてくれました。「書き換えられた文書の内容を見るかぎり、バツをマルにしたとか、黒を白にしたとかいう改ざんのような悪質なものではないのではないか」だとさ。つまり、悪質でないから改竄したってどうってことないよ、ってこと言いたいんだろう。

 さすがに、社民党のカマキリ又市君が「クレージー」と苦笑いしてたが、ここまでくると政治家っていうより社会人としてどうよってレベルですね。にしても、公文書改竄ってのはそれだけで犯罪なんだから、悪質かどうかなんてのはまったく関係ないことなんだね。こういう言い草ってのは、オッパイ福田君のセクハラ問題への対応にさも似たりで、ようするに事の本質がまったくわかっていないポンコツ野郎ってことです。

 こんなのが野放しにされているってのは、新聞・TVにも大きな責任がある。昨日のエントリーでも書いたけど、オザワンを期ズレでいじめぬいたくせに、公文書改竄という官僚の犯罪には反応が鈍いんだよね。

森友問題 文書改ざん「悪質なものではない」麻生財務相

 鈍いのは加計学園疑獄も同じで、今治市長の「勢い余ったのかな。とにかく、学園としても一生懸命だったのかなと思う。めりはりのあるというところで、おっしゃったのかな」なんてとぼけた記者会見を無批判に垂れ流すんだから困ったものなのだ。「補助金について再考しないのか」という記者の質問に「見解の相違」と言い放つ市長の映像に、思わず唾吐きたくなっちまいましたよ。

 「見解の相違」「仮定の話にはお答えできない」ってことを最近の政治家どもはよく口にするけど、これって説明責任を放棄しているってことなんだよね。なんでそこをん新聞・TVはちゃんと切り込まないかねえ。

“架空面会” 今治市長「加計学園を信じている」

・郷原信郎が斬る
加計学園「自治体騙し」自認文書で、「安倍政権側ストーリー」崩壊の危険

1

 それはともかく、今治市長は「加計学園を信じている」そうだから、早いところ森友も加計も関係者全員を国会に呼んで、証人喚問するこった。世論を喚起するのも新聞・TVの仕事なんだから、野党の追求が甘いなんてくさしてないで、「権力の監視者」たる機能をいまこそ果してもらいたいものだ。

 同時に、日大アメフト部の選手たちが「監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきて」しまった自らを悔い、「選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜く」ことで自分で物事を考えるアスリートに生まれ変わろうとしているように、一般大衆労働者諸君も自らの頭でいまの政治状況を考える力を身につけなくてはいけない・・・と我が家のドラ猫に囁いてみるのであった。

【日大アメフト部声明文全文】指示に盲目的に従順 ふがいない姿勢が一因 深く反省 チーム改革実行に一丸

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

「贈収賄はまったくない、という文脈で一切関わっていないと申し上げた」(安倍晋三)・・・いわゆるひとつの「新しい判断」! 言ってろ!!&安倍晋三は日大危機管理学部の名誉会長だった。

 いやはや、国会は「ご飯論法」がフルスロットルで、ペテン総理の断末魔が永田町に響きわたっております。なんてったって、注目すべきは、「私や妻が関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」って言ってたくせに、いつのまにか「贈収賄はまったくない、という文脈で一切関わっていないと申し上げた」って妄想が始まったことだ。

野党追及 論点すり替える首相答弁は… 「ご飯論法」

首相「贈収賄当たらない」 「辞任答弁」狭義に解釈

1

 これって、「関与」が濃厚になってきたから「贈収賄」を持ち出してきたってことで、ようするに絶体絶命ってことを自ら認めちゃったようなもんなんだね。橋龍命の江田君が「実際の裁判だったらもう詰んでいる。証拠固めは終わって、自白を待つだけだ」って語気鋭く迫っていたのは正しい。

 そもそも、贈収賄だったら有無を言わさず逮捕なんだから、言わずもがなのことなんだね。いま問われているのは、政治家としての「倫理感」「道徳感」であって、陸山会事件の時にさんざんオザワンをいじめぬいた「道義的責任」ってやつこそが問題なのだ。

 たかが期ズレで極悪人かのごとく報道した新聞・TVは、ペテン総理の嘘や誤魔化しにはとことん肝要で、あまつさえ野党の立証責任だの決め手に欠けるだのてことに話を歪曲化するんだから始末に終えない。これじゃあ、国会は裁判所みたいなもので、司法の領域まで担っていることになっちまう。それは違うだろー!

 政治家ってのは疑惑を持たれただけでアウトなんだね。国民の負託に応えるってことは、それほど重い責任があるってことだ。それは官僚だって同じこと。虚偽答弁を43回も繰り返したシュレッダー佐川君が逮捕もされずにノホホンとしていられる社会ってのは、やっぱり歪んでいる。

佐川前理財局長の国会虚偽答弁は43回

首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す

 ペテン総理が権力の座にある限り、その歪みはひどくなりこそすれ、正されることはけっしてないだろう。

 

 ところで、危機管理学部は日大と加計学園系列の大学にしかないって26日のエントリーに書いたんだが、なんと日大の危機管理学部の名誉会長はペテン総理なんだとさ。顧問には自民党の議員の名前もチラホラあって、なんだみんな同類だったとさ・・・てなわけで、お後がよろしいようで。

日大の危機管理学部、名誉会長に安倍晋三首相!現職議員も多数!設置は日大と加計系列のみ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

加計学園の「不自然な『自白』」(東京新聞)・・・これって、補助金詐欺だろう!?&「3人産めは賛同多数」(加藤寛治)、「男も育児は子供に迷惑」(萩生田光一)・・・自民党は心根が腐ってる!

 昨日のエントリーでもチラッと触れたんだが、加計学園が「安倍・加計面談」をデッチ上げていたとしたら、これって補助金詐欺ってことになるんじゃなかろうか。ペテン総理との面談があったからこそ、官邸の本気度を察知した愛媛県、今治市は本格的に動き始めるわけなんだからね。

 そもそもの動機が嘘だったってことになれば、それは明らかに詐欺だ。補助金なしでは加計学園は獣医学部新設なんかできるわけがないんだから、そりゃあ必死だったてことだ。

 もっとも、突然の加計学園の、東京新聞に言わせれば「不自然な『自白』」ってやつは、それこそが「総理のご意向」に添った「嘘」というのが濃厚だ。なんてったって、「折れたタバコの吸殻」ひとつで嘘ってのはわかっちまうものが世間ってものですからね。歩く「嘘つき」のお友達なんだから、類は類を呼ぶってやつです。

 こうなったら、愛知県も今治市も、加計学園への90億円とも言われる補助金はストップすべきだろう。加計学園は、ペテン総理をガードするために、とんだやぶ蛇になったかもしれないね。ざまあみろです。

 万が一、加計学園の嘘が事実だとしたら、総理の名前を騙ったわけだから、ペテン総理は「腹心の朋」を告訴すべきだろう。いずれにしたって、どいつもこいつも万事休すなのは間違いない。

柳瀬氏、官邸の本気示す 加計学部開設 県・市呼び奮起促す

・田中龍作ジャーナル
すでに42億円交付の現実 「補助金出さねば加計倒産、出せば今治市長背任」のシナリオ

1

 ところで、性懲りもなく「子ども3人産め」の加藤君が、話を蒸し返したってね。さらに、加計学園とズブズブの萩生田君が「言葉の上で『男女共同参画社会だ』『男も育児だ』とか格好いいことを言っても、子供にとっては迷惑な話だ。子供がお母さんと一緒にいられるような環境が必要だ」って抜かしたそうだ。自民党ってのは、上がああだからどいつもこいつも腐ってます。

3人以上出産「賛同多数」 自民・加藤氏が蒸し返す

自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

「安倍・加計面談」は加計学園の担当者が話を盛ったとさ。とうとう腹心の友までが嘘をつくはめになったってことか。これも「総理のご意向」か!? 哀れだね!

 共産党のとっちゃん坊や・小池君をして「想像を絶する言い訳」と言わしめたたってね。そりゃそうだ、なんと、加計学園が「安倍・加計面談」について「当事の担当者が実際になかった面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまったように思う」とさ。

 なぜなら、「当時、獣医学部設置の動きが一時停止していた時期であり、何らかの打開策を探していた」からだと。ははは、これが本当なら、加計学園はいち事業者という立場でありながら、政策主体である愛知県と今治市に嘘ついて騙したってことになる。

 てことは、加計学園の虚言に踊らされて、獣医学部設置という国家的プロジェクトが進展したってことだ。加計学園の署名すらないペーパー一枚のコメントの最後では、「なお、学生たちの平穏な教育環境を確保することが大学の責務と考えますので、夢と希望に溢れて、勉学に励んでいる在学生を、どうぞ温かく見守っていただけるようお願い申し上げます」なんて盗人猛々しいこと抜かしております。

加計学園がコメント発表 「誤った情報を与えた」

Photo

 加計学園の言い訳が事実だとすれば、加計学園・愛知県・今治市連合の信頼性なんか完璧に崩れちゃうわけで、これから拠出される補助金なんかとんでもない話ってことになる。

 でも、加計学園の言い訳は、ペテン総理の断末魔みたいなもんなんだね。つまり、ペテン総理の嘘を糊塗するために、とうとう当事者が嘘をつくはめになったってことだ。

 これは「ごめん」で済む話じゃありません。事実なら獣医学部設置のプロセスに不適切な行為があったということになるし、嘘ついてるとしたらそれはペテン総理の答弁が虚偽だったってことの証明ですからね。

 それにしても、こういう子供だましの言い訳してくるとは、恐れ入谷のなんとやらで、国民舐めきっている証みたいなものだ。おそらく、そこには「総理のご意向」もあったであろうことは疑いの余地がない。だって、こんな見え透いた誤魔化しを恥じ入ることなく実行できるのは、あの男しかいませんから。

【くろねこの競馬予想】

順調にきていればダノンプレミアムで決まりのダービーだろうが、一頓挫あったのはいかんともしがたい。というわけで、単穴まで。本命はジェネラーレウーノ。皐月賞は久々が影響したか、直線で差されてしまったが、ひとたたきした今回は粘り込めるだけのスタミナも万全。
相手は、毎日杯を勝ち上がったブラストワンピース。その他、皐月賞組からキタノコマンドール、ワグネリアン、エポカドーロ、ジャンダルム。
◎ジェネラーレウーノ、○プラストワンピース、▲ダノンプレミアム、△キタノコマンドール、ワグネリアン、エポカドーロ、ゴーフォザサミット、ジャンダルム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

今治市長、「安倍・加計面談」を認める!&籠池節健在の釈放記者会見&ペーパー読み上げるだけの麻生太郎の似非謝罪会見&「でたらめデータ」で高プロ制度強行採決!!&アメフト関東学連、監督の指示認定へ!

 働かせ方改革法案強行採決、籠池夫妻釈放、日大学長記者会見、さらにはひょっとこ麻生の傲慢謝罪会見と、話題がてんこ盛りの1日にあって、なんと言ってもその白眉は今治市長が「安倍・加計面談」を認める発言をしたことだろう。

 市の担当者から「理事長と首相が会ったという報告は受けたと思う」って今治市長は言ってるんだが、情報公開請求にも頑として首を縦に振らなかった御仁が、なぜ急に態度を一変させたのか。その裏に何があったのか。愛媛県知事の戦う姿勢にいまさら刺激されたわけでもないだろうに、何があったか気になるなあ。

 それはともかく、この発言で、ペテン総理が改めて窮地に陥ったことは確かで、週明けの集中審議は炎上必死ですね。

 でもって、愛媛県知事の戦う姿勢はますます過激になってきているようで、魔法の言葉の加戸君が愛媛県文書を「伝聞の伝聞だ」と批判していることについても、「僕こそが当事者だ。加戸前知事はいきさつをほとんどご存知ないのではないか」と一刀両断。この男、なかなかに喧嘩上手で、ペテン総理もさぞかしお腹が痛いことだろう。

加計問題 首相15年面会「報告あった」 今治市長、県文書裏付け

愛媛県知事 「何事も正直と真実を覆すことはできない」

 今治市長の発言で加計学園疑獄はまさにクライマックスを迎えようとしているように、森友学園疑獄も籠池夫妻釈放でいよいよ佳境に入ることになるのだろう。

 いやあ、それにしても、籠池のおっさんはタフですね。10ケ月という不当拘留にもめげずに、記者会見では籠池節がポンポン飛び出して、一発で会見場の主導権を握っちゃうんだからね。「嘘が堂々とまかり通るようになったら日本が滅びる」ってのはまさに正論で、いまこの国かが抱えている闇ってのはすべてこの言葉に行き着くんだね。

籠池夫妻保釈会見   

 そうした嘘が罷り通る伏魔殿が財務省で、なんとひょっとこ麻生がペーパー読みながら謝罪会見だとさ。役人が用意したペーパーを無造作に読み流しながらのどこが謝罪だ。しかも、本人の去就に関する記者の質問に、「おっと、もう一個あった」だとさ。もう、人として壊れちゃってて、自分がどう思われようと、まったく関心がないんだね。これって、ボケの兆候なんじゃないのか。

麻生大臣、森友文書廃棄で謝罪 辞任と昭恵氏関与は否定

 国民がどう思おうとおかまいなしってのは自民党も得意とするところで、なんとまあ、「でたらめデータ」が発覚してるってのに働かせ方改革法案を強行採決しちまいました。ジャパンライフの広告塔の厚労大臣・加藤君は、強行採決直後にヒトラーまがいに右手を上げてどや顔しとりました。採決のドサクサの中で、大きく手を振ってはしゃぐ自民党の女性議員がいたんだが、どうやら山梨選出の堀内のり子とか言う陣笠だそうだ。恥を知れ!

自民党はデータと事実を捨て、近代国家を放棄する覚悟があるか ー 高度プロフェッショナル制度の委員会採決を巡って

 最後に、日大学長の記者会見だ。ははは、いったい何のための会見だったんだろうね。冒頭に謝罪の言葉を述べただけで、その次には日大関係者へのお詫びときたもんだ。肝心の悪質タックルついては、「当事者の言い分に齟齬があるから」ってんで第三者委員会に丸投げ。いやしくも学長なら「私見ではあるが学生の言い分に利がある」くらいのことは言ってみやがれ。アメフト関東学連は「監督の指示」を認定する方向だってのに、これでよくもまあ危機管理学部なんてつくったものだ。

日大学長、アメフット問題で謝罪 一連の騒動「本学に責任」

日大反則、監督の指示認定 アメフット関東学連方針

 ちなみに、危機管理学部は日大の他には、加計学園系列の千葉科学大学、倉敷芸術大学にしかないんだね。そこには警察官僚が天下りしているそうで、なんのための危機管理学部かほんのり見えてきますね。

 それはともかく、理事長と反社会勢力との関係が取り沙汰されているんだから、新聞・TVは悪質タックル事件をきっかけにして、日大の闇の部分に切り込まなくちゃいかんだろう。いち青年による身を挺した告発に報いるため、新聞・TVも身を賭して権力と戦ってみやがれと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

「安倍晋三記念小学校」を2014年3月に財務省が認識・・・なんだ、ハナっから「総理案件」ってことか!

 米朝会談中止だとさ。トランプの言い草によれば、北のカリアゲ君が非核化でごねているからってんだが、ようするに外交を不動産ビジネスのディールと同じレベルで考えているから、ギリギリの瀬戸際でせめぎ合うチキンレースに痺れ切らしちゃったってことなんじゃないのか。

 北にすれば大統領補佐官のボルトンがリビア方式で盛んに挑発してくれちゃうんだから、そりゃあヘソ曲げるのもわからないではない。これで、朝鮮半島の危機感をまたぞろ煽り始めるメディアもあるだろうから、ペテン総理はちっとばかしほくそ笑んでいるかもね。

・トランプ氏、米朝首脳会談の中止表明 正恩氏宛てに書簡

 そのペテン総理はロシアに逃亡中で、森友・加計学園疑獄は主犯が留守なのもので、この週末はあまり盛り上がりはなさそうだ。とは言え、疑惑はますます深まっていることには変わりはなくて、本当ならもう詰んでるんだよね。

 昨日のエントリーで書いたように、私人の嫁の関与は明白なわけで、なんてったってその事実にさらに追い討ちをかけるはずの2014年5月8日から23日の間の4日間の交渉記録だけが抜け落ちているというのがなんとも怪しい。ていうか、出てきちゃうと関与が決定的になるから隠しているに違いない。でなけりゃ、隠す必要なんてないんだからね。

昭恵氏写真 提示記録なし 森友交渉文書 財務省「再調査する」

 でもって、新聞・TVではあまりスポッが当たってないテーマに、「安倍晋三記念小学校」がある。そもそも、、朝日新聞が「安倍晋三記念小学校」という記載があると報道したことに対して、ペテン総理周辺は「デマ」扱いしていたんだよね。

 ところが、今回出てきた森友関連文書には、「学園が新設を目指した小学校の名誉校長に安倍晋三首相の妻昭恵氏が就任する1年以上前の2014年3月、校名が『安倍晋三記念小学校』だったことを財務局が認識していたことを示す文書もあった」っていうんだから、関係者にとってはデマどころか周知の事実だったというわけだ。

 「安倍晋三記念小学校」という響きは、官僚にとってはさながら水戸黄門の印籠の役割を果たしただろうことは想像に難くない。これはとても重要な事実で、ま、外形的にはペテン総理と私人の嫁の関与は決定したってことだ。

国有地売却問題 近畿財務局、「安倍晋三小」14年認識 昭恵氏名誉校長就任前

 もう、楽になったらどうだ・・・って、TVの刑事ドラマだったらカツ丼食わせながら、肩叩くところだろう。

Photo
野党合同緊急大街宣 5月24日 18時 有楽町イトシア前

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

森友学園疑獄は、私人の嫁が関わった国有地不正払い下げの域を超えて、政治家と官僚による国家反逆罪だ!&日大アメフト前監督、おぞましい会見後に逃亡入院!!

 「昭恵氏隠し 鮮明に」。今日の東京新聞の一面を飾る見出しだ。これが、森友学園疑獄のすべてだ。ないと言ってた財務省と森友学園の交渉記録には、ハッキリと私人の嫁の関与が記載されていますからね。

「安倍総理夫人の知り合いの方が、近畿財務局管内の国有地で、今年5月に定期借地契約を締結し、社会福祉法人同様、(借地料を減額する)優遇を受けられないかと照会があった。学校法人に拡大されるなど、今後の方針について教えていただきたい」

 私人の嫁に代わってこう照会してたのが、イタリア栄転の谷査恵子君で、これが2015年11月のこと。これをターニングポイントにして、それまで森友学園につれない対応をしていた財務省の態度がガラリと変わるんだね。こういうのを世間では「関与」って言うんだから、ま、これだけでもペテン総理は約束通りに辞任すべきだろう。

 それにしても、ほぼ1000ページに近い交渉記録が、シュレッダー佐川君の「廃棄した」という答弁直後に、慌てて廃棄されているってんだから、これはもう財務省による国家反逆罪じゃないのか。公務員辞めたからって、シュレッダー佐川君が何のお咎めもなしに、安穏とこれからの人生をまっとうするとしたら、こんな理不尽なことはないだろう。

 森友学園疑獄は、私人の嫁が関わった国有地不正払い下げという域を超えて、国の成り立ちそのものが問われる、それこそ未曾有の政治家と官僚による国家の私物化ということだ。

森友交渉記録 佐川氏答弁後に廃棄 昭恵氏隠し 鮮明に 

消された「安倍昭恵」文書 財務省4000枚の森友文書公開も無意味 

財務省の改ざん文書決裁リストにあった驚くべき官僚2人の名前

Photo

 でもって、こちらは大学スポーツの私物化ってわけで、日大アメフト部の監督とコーチが会見したんだが、これがなんともおぞましいものだった。すべてを選手の未熟のせいにして、自分たちは「反則の指示はしていません」だとさ。

 記者の質問に、額に汗を浮かべながら、しどろもどろで答えるその姿は、まさに不誠実そのもの。質問にまともに答えずに、関係ないことをダラダラと喋る様は、似てるなあ、あの男に。

 さらに、居丈高に記者の質問を遮る日大当局の司会者。さすがに、暴力団との交際も噂される人物が理事長だけのことはある。

 最後に、監督は心労で日大病院に入院だとさ。殺人タックル強要された選手こそ心労の極みにあるだろうに、みっともない話だ。

<アメフット>日大前監督の内田氏、心労で入院へ

【会見全編】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが会見(2018年5月23日)   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

日大アメフト部の青年の毅然とした態度にならって、総理の犯罪に付き合わされている官僚も腹決めたらどうだ。それこそが、全体の奉仕者としての誇りというものだ!!

 日大アメフト部の選手の会見は、実に見事だった。しかし、その毅然とした態度で語られる内容はなんとも陰惨なもので、例えは悪いがヤクザの鉄砲玉を想像しちまった。それにしても、監督、コーチ、さらに大学当局のポンコツぶりは、日大そのものが最高学府としての資格がないってことを証明しちゃってます。受験生諸君は、いまからでも遅くはない。考え直した方がいいと思うよ。大きなお世話だけど。

 でもって、悪質タックルの強制以外にも、監督は「日本代表に行っちゃだめだよ」なんてことも強要してたってね。どこにそんな権利があるんだ。これは明らかなパワハラで、こんな輩が大学の人事権を掌握するナンバー2だってんだから、日大闘争が頂点に達した古田会長時代から何も変わってないってことだ。

 この期に及んでも、

会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。

 なんてことをコメントしてしまう日大広報部に対して、教員も学生も断固抗議すべきだろう。それでこそ、大学の自治というのは保たれるというものだ。できるかなあ、できないだろうなあ。

学生にこんな思いをさせる大学とは 日大危険タックル問題

 組長から若頭に命令が下って、それを末端の組員が実行する・・・こんな構図の象徴がペテン政権なんだね。森友学園疑獄のペテン総理→シュレッダー佐川→ノンキャリなんて図式は、まんまそれに当てはまる。この流れの中で、犠牲者が出たことを忘れてはいけない。

 加計学園疑獄だって同じで、ペテン総理→今井→柳瀬・藤原ってことなんじゃないのか。日大の選手ほどの潔さが官僚にあれば少しは局面も変わってくるんだろうが、蛙の面になんとやらの風情のお歴々にはそりゃあ無理というものか。

 2015年2月25日の雲隠れ孝太郎君との面談について、ペテン総理は「念のためよく調査し、官邸で入邸記録を探したが、加計氏が入邸した記録はない」って言い逃れしているが、顔も頭も貧相な官房長官・菅君は「入邸記録は廃棄した」って言い続けてるんだよね。てことは、ペテン総理が調査したという入邸記録ってのはどこにあったんだってことだ。

 これだけでペテン総理の言い訳は破綻しているよね。おそらく、世間は誰が嘘をついているかわかっている。本来なら、それだけで恥ずかしくって権力の座から降りるのが政治家の器量というものだ。それが、御用コメンテーターを総動員して、嘘かどうか立証できないなんて阿呆ぬかすから、守るべき規範がどんどん壊れていく。

首相、「加計氏と15年2月面会」否定 入邸記録廃棄 触れず

 残業代ゼロ法案の強行採決、森友学園文書の調査報告、さらに自衛隊の日報問題と、今日は何もかも一緒くたにして国会を踏みにじるつもりのようだが、永田町には日大アメフトの勇気ある青年の意気に感じる烈士はいないのか、ったく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

「獣医学部いいね」と安倍さんが言ったから、2月25日は加計記念日・・・ただいまネットで大流行!!

 いずれ愛媛県から爆弾が投下されるって噂は本当だった。なんと、2015年2月25日に、ペテン総理と加計学園理事長の雲隠れ孝太郎君が面談してたことが、愛媛県が作成した文書に記載されてましたとさ。

首相「獣医大学いいね」 加計理事長と15年2月面会 愛媛県が新文書

愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に獣医学部構想説明”

Photo

 その面談では、雲隠れ孝太郎君が獣医学部新設計画を滔滔と論じて、ペテン総理は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」って応じたそうだ。これが事実なら、「2017年1月20日に加計学園の獣医学部新設を始めて知った」というペテン総理の答弁は嘘ってことになるわけで、この1点でもはやアウトだ。

 さらに、文書には記憶喪失の柳瀬君や「総理のご意向」の藤原君の動きも克明に記録されているから、「指示も報告もなかった」という総理と元秘書官の口裏合わせもバレちゃったってことになる。

 この文書には新たに、現厚労大臣の加藤君の名前も上がっていて、面会したという事実は認めてるんだね。ペテン総理も雲隠れ孝太郎君も面談を否定しているけど、加藤君が面会を認めたってことは、愛媛県の文書はかなりの信憑性があるってことだ。

 首相動静に載ってないからってのを面談していないことの根拠にしているようだが、ペテン総理は「14日の衆議院予算委員会で、第一次政権時の首相の動静に加計氏の名前が出てこないと指摘」されて「一次政権の時も加計さんと会食したことはあるが、たまたま名前が外に出ていない。それはよくあること」って答弁している。つまり、首相動静に載ってないからってのは面談していないことの証明にはならないってことを自ら言ってるんだね。

 おそらく、愛媛県の文書には音声データもあるはずなんだね。証拠出せってペテン総理が喚いたら、きっとそのデータが出てきますよ。

 悪質タックルした日大の選手が「監督の指示だった」と記者会見するそうだが、ペテン総理の犯罪に付き合わされている官僚も、そろそろ腹決めたらどうだろう。ペテン総理が失脚すれば、出世もへったくれもないんだからね。

総統閣下は愛媛県新文書で「獣医大学はいいね」が暴露された事にお怒りのようです   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

「限られた時間のなかで一定の議論が尽きれば、採決をするのは当然だ」(自民・萩生田)。「残業代ゼロ」も「カジノ」も今週中に強行採決するつもりだな!!

 連休中に五頭連山で遭難した親子はどうなったんだろう。このところまったく情報が流れてこないのは何故だ?

 ところで、NHKの討論番組で加計学園とズブズブの萩生田君が「限られた時間のなかで一定の議論が尽きれば、採決をするのは当然だ」って働き方改革関連法案やカジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案の強行採決をほのめかしたってね。

自民・萩生田氏「議論尽きれば採決は当然」働き方・IR

 どんなに異論・反論があろうと数で押し切ればすべての法案は成立しちゃうのが現状とはいえ、こんなんだったら国会なんかいらないってことになっちゃうよね。そもそも、IRなんてのはギャンブル解禁法案なわけで、国がギャンブル依存症を促進するようなものなのだ。

 関連会社からの借り入れ金をカジノ資金に費やして特別背任容疑で実刑食らった大王製紙の元会長が言ってるように、

「依存症の根本的な対策は、そもそもカジノを作らないことではないか」
「現場や依存症のことがわかっていない」
「私に言わせれば、童貞と処女がAV作ろうと脚本を書いているようなもので、まったくピントがずれている」

 ってのが実体なのだ。

大王製紙元会長の井川意高氏、政府のギャンブル依存症対策に「童貞と処女がAV作ろうとしているようなもの」

 さらに、働き方改革関連法案(=残業代ゼロ法案)にいたっては、そもそも基になるデータの2割がデタラメだったことが判明している。つまり、議論する根拠がポンコツだったってことなんだね。ペテン政権はそんな現実を「2割のデータがデタラメでも、残り8割は大丈夫だ」って言い募っているんだから、もうお話になりません。

裁量労働制に関する厚労省データ、2割に当たる2000件超のデタラメが撤回に追い込まれ完全崩壊

 社民党の議員がそんなデタラメぶりをこう評しています。

「ぺヤングソースやきそばは、一個の製品の中に虫が入っていたからといって、すべての商品を回収した。そして、半年間にわたってなぜ起こったのか、原因をしっかり追及し、再発防止をした。もし、今のようなことをやっていたら、安心してカップ焼きそばを食べられなくなる」

 これこそがガバナンスってものだろう。

厚労省のでたらめデータ 社民・吉川氏「ペヤング見習え」

 おそらく、23日にもこうした法案が強行採決されると噂されている。その日は、延期になっていた森友学園の改竄前の文書が提出される予定だし、今週の国会は荒れますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

「うそや暴言が社会を腐らせる」(森健)。日大アメフト部しかり、いたるところで「アベ化」が進む日本の惨状!

 ピンクのネクタイで「かんさいがくいんだいがく」ときたもんだ。ひょっとこ麻生の「あらためて口頭で謝れと言うのですか? お詫びを申し上げます、はい」と同じで、これで謝罪しているつもりだとしたら、そりゃあ不遜というものだ。ていうか、そもそも歴史ある対戦校の名前を言い間違えるなんて、非礼の最たるものだろう。

 「悪質タックルを指示したのか」という質問にも「文書で回答する」って木で鼻をくくったような答えしかしないし、悪質タックルした選手については{SNSで叩かれて落ち込んでいる」とまるで他人事なんだね。

・アメフット悪質反則 日大監督辞任へ 被害者に謝罪 指示有無語らず

 ジャーナリストの森健氏が東京新聞に「うそや暴言は社会を腐らせる。自覚のない政府に延々と付き合わざるを得ないのが、日本の報道の不幸だろう」と書いていたが、日大アメフト監督の行動や言動はその延長線上にあるのかもしれないね(ま、強引なこじつけかもしれないけどさ)。

Photo

 もっとも、息を吐くように嘘をつきまくり、いまだに総理大臣の椅子にしがみつく男に比べれば、追い込まれたあげくとは言え「辞任いたします。弁解もいたしません」と監督辞任したのはなんぼかマシってところか。

 それにしても、こんなところまで「アベ化」が進んでいるという現実には、思わずため息ついてしまう今日この頃なのだ。

首相が秘書官に「口裏合せ」を懸念されることの“異常”

【くろねこの競馬予想】

 桜花賞の鬼脚を見せ付けられたら、今年のオークスはアーモンドアイで決まりなのでは。ロードカナロアの産駒だけに距離適正が云々されていたけど、大外回って差し切った桜花賞でその不安も一掃されている。相手も素直にラッキーライラック。距離伸びていいのは明らかだし、併せ馬状態に持っていければ勝機もある。
◎アーモンドアイ、○ラッキーライラック、▲サトノワルキューレ、△リリーノーブル、マウレア、オールフォーラヴ、ロサグラウカ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

シュレッダー佐川、不起訴! これで公文書改竄はやり放題!&「セクハラ罪という罪はない」「柳瀬元秘書官の面会記録は確認困難」を閣議決定&TPP承認案採決強行!

 おそらくそんなこったろうと予想はしていたものの、大阪地検がシュレッダー佐川君を不起訴処分にしちゃいました。それにしても、内容が大筋で変わってないから「虚偽公文書作成容疑」の立証はは困難ってのは、法律上はそうだとしてもとてもじゃないけど納得いくものではありません。

 そんなこと言ったら、公文書の書き換えなんてやりたい放題だろう。そもそも公文書管理の基本というのは、決裁済みの文書に役人が恣意的に手を入れる行為そのものを禁じているはずなんだよね。しかも、今回の改ざんは、ペテン総理の私人の嫁や政治家の関与がなかったかのように見せるために、彼らの名前を削除したりしているわけで、それは立派な「虚偽作成」だろう。

 財務省のガサ入れをしようとしない時点で、こういう結果になることは読めていたんだが、まだ検察審査会がありまからね。逃がしやしませんよ!

佐川前長官、不起訴へ 説明責任 必要性さらに

 ところで、そのうちやりかねないぞって冗談めかして言ってたら、本当にやりやがりました。なんと、「現行法令にセクハラ罪という罪は存在しない」って閣議決定しましたとさ。その程度によって、強制わいせつ、傷害、人権侵害などの犯罪行為とされる場合だってあるのがセクハラなんだよね。そのうち、「いじめ罪って罪はない」って言い出すいじめっ子が出てくるのは確実ですね。

「セクハラ罪という罪はない」の答弁書、政府が閣議決定

 さらに、「柳瀬元秘書官の面会記録は確認困難」って閣議決定もしたってね。首相官邸の面会記録は個人情報にも関わるから破棄してるとさ。これは嘘だね。ただでさえテロなどに対する厳格なキュリティーが求められているってのに、面会記録を破棄するなんて絶対にあり得ません。
 
 そのうちどこかから面会記録が出てきたら、この閣議決定はペテン総理の首を締めることになるのは確実だろう。ないと言ってたデータがダンボール何十箱分も出てくるのが役所ってもんですからね。

“柳瀬元秘書官の面会記録は確認困難”答弁書決定 

 で、モリカケ問題の影に隠れて、TPP承認案が強行採決。ホント、何を考えてるんだろうね。こんなことしてると、アメリカからFTAを強要されることになるのがわかんないのかねえ。こういうドサクサにまぎれてってのはペテン政権の得意技なんだけど、改竄前の森友関連文書の提出が23日に延期されたのも、残業代ゼロ法案をその日に強行採決する予定だからという噂もある。

 つまり、強行採決で森友関連文書から目を逸らさせようってことだ。なんとまあ姑息なことを。でも、それにコロっと騙されちゃうひとたちってのがいるのも事実なんだね。そうしたひとたちの存在こそがペテン政権を支えているわけで、やっぱり最終的な責任は国民にあるってことを改めて自覚した土曜の朝であった。

国会、与野党の攻防激化 TPP承認案は衆院通過

黒塗り理由に 改ざん前の森友文書“公表延期”の姑息な算段

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

安倍晋三、加計学園からの便宜共用に「調査中」と逃げの一手&「新聞なんてのは、その程度」(麻生太郎)&「倫理観や誠実さを失った指導者に市民が立ち向かわなければ、米国の民主主義は衰退」(ティラーソン前国務長官)。しかして、日本は・・・!?

 西城秀樹、逝く・・・残念!!

 ところで、悪質タックル事件で日大は泥沼にはまったね。「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていた」なんてヌケヌケと回答しちゃうんだから、そりゃあ関学だっておさまりがつきません。ていうか、こういう言い草って、明らかにタックルした選手個人の問題にすり替えているよね。

 そして、これを伝える新聞・TVがおしなべて「なぜ内田監督がは公の場にで対応しないのか。当事者が自ら口を開いて具体的な言葉で語らない限り、解決にはつながらない」って論調なんだね。お説ごもっとも。だったら、同じことをペテン総理にも言ってやれ、とTVに向かって毒づきたくもなろうというものだ。

日大側の「黙認」に怒り 「指導と乖離あったならなぜ注意しなかった」

 でもって、ペテン総理とくれば、「総理のご意向」の藤原君が加計学園から車をまわしてもらっていたことについて、「梶山弘志地方創生担当相が精査中であり、しっかり対応してもらいたい」と日大の回答書と同じように他人事なんだね。もっとも、これを「首相、追及かわす」って常套句で報じる新聞も新聞で、こういう時こそ「自ら口を開いて具体的な言葉で語れ」って突っ込むのがジャーナリズムってもんじゃないのか。

 内閣府の説明がさらに輪をかけて屁理屈にもほどがあるってものなんだね。「旅費の支払いが不要だと説明するための欄であり、支払い手続き上は問題はない」とさ。おいおい、だからって加計学園の車を「官用車」って記載する理由になんかならないだろう。わざわざ「官用車」って具体的に記載したのは何故かってことが問題で、内閣府の説明通りなら空欄にすればいいだけのことじゃないのか。

学園車問題「精査中」 首相、追及かわす

 ひょっとこ麻生も懲りもせずまた何か口走ったそうだが、もう完全にこの男は壊れちゃってますね。

1

 トランプに国務長官を解任されたティラーソンがアメリカの大学の卒業式でこんな演説をしたそうだ。

「指導者が真実を隠し、国民が事実に基づかない『もう一つの事実』を受け入れれば、国民は自由を放棄する道をたどる」

「倫理観や誠実さを失った指導者に市民が立ち向かわなければ、米国の民主主義は衰退していく」

前国務長官「指導者の真実隠蔽は自由捨てることに」

 政権与党の中からこうした声が聞こえてこないこの国では、既に民主主義は崩壊しているのかもしれないね。「モリカケにうんざり」なんて世論操作を新聞・TVが仕掛けてるんだから、それもまたむべなるかなってことか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

「(北朝鮮の)見てくれの悪い飛行機がシンガポールまで無事に飛んでくれることを期待するが、途中で落ちたら話にならん」(麻生太郎)。頭、大丈夫か!?

 日大アメフト部の危険な悪質タックル事件は、トップが説明責任を果たさないという政治状況の縮図みたいなものだ。当事者の選手は退部するそうだが、まさに公文書改竄で自殺した財務省の役人を彷彿とさせる。「壊せ」という監督の指示があったとすれば暴行罪どころか一歩間違えれば殺人未遂にだって問われかねない行為だってのに、日大の対応のなんと温いことよ。監督が大学の人事権握っている幹部ってこともあるんだろうが、これこそが日大が抱き続けている闇の部分なのだろう。ここを解消しないと、この大学は存在自体が危うくなりますよ。

日大アメフット部 解体危機、悪質タックル問題 監督続投なら選手ボイコットも

 でもって、この構図をペテン政権に当てはめれば、さしずめひょっとこ麻生の存在ってのが闇の部分ってことになるんだろうね(って強引に関係づけてみた)。世の中には「口が減らない奴」ってのがおりまして、ペテン総理とひょっとこ麻生ってのはその典型なんたが、またしてもやってくれました。なんとまあ、

「(北朝鮮の)見てくれの悪い飛行機がシンガポールまで無事に飛んでくれることを期待するが、途中で落っこちちゃったら話にならん」って言い放ったとさ。これをまた「麻生節」なんて見出しつけちゃう時事通信もなんだかなあなのだが、こういう他国を揶揄する暴言ってへたすると国際問題に発展しかねないんじゃないのか。

 この男って、オフィシャルの場でも銀座のクラブでの与太話みたいなことを平気で口にするんだね。それがどれほど子供じみているかってことを、おそらく本人は認識していないに違いない。これって心に深い病を抱えている証拠です。頭、大丈夫か・・・なんて要らぬお世話をしたくなるってものだ。

 さらに、こなんことも言ってるんだね。

「暗いやつを選ぶか、あまり頭の良くないやつを選ぶか。だったら、おなかの悪いのが一番いい」

 2012年の自民党総裁選のことを言っているそうで、石破、石原、安倍の順番なんだとか。凄いよなあ。大の大人が、それも副総理で財務大臣という立場で、よくもまあこんな差別につながるようなことを口にできるものだ。

「北朝鮮専用機墜落したら…」=米朝会談めぐり麻生節

 こんな奴が一時、総理大臣だったんだよね。新聞・TVで、御用評論家や芸NO人が「ペテン総理の代わりがいない」ってよく口にするけど、ひょっとこ麻生でも務まったんだもの、誰がやったってそこそこはできますよ。そういえば、鮫の脳みそなんてのもいましたからね。

 いま重要なことはペテン総理に一刻も早く退場してもらうことで、もしかしたらひょっとこ麻生の病的な暴言、放言、妄言がその露払い役を担ってくれるかもしれない・・・なんてことはないか!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

「総理のご意向」の経産官僚が加計学園の車を「官用車」と虚偽記載。便宜饗応のズフズブの関係か!?&安倍晋三のデッチ上げ答弁に、前川氏が逆襲!!

 アメリカ大使館のエルサレム移転で、中東は一触即発。これでトランプのノーベル平和賞は露と消えたか。

 それよりも、加計学園疑獄だ。な、なんと、「総理のご意向」発言の藤原君が、四国出張中に加計学園から車の便宜を図ってもらってたのに、出張記録には「官用車」と嘘の記載をしていたってね。やっぱり、加計学園と経産省はズブズブの関係ってことだ。

「官用車」と虚偽記載か 加計問題に新たな疑惑

Photo

 この件は、さすがに「記憶にない」では逃げ切れない。国家公務員の倫理規定違反は明らかだし、なによりも事業者からの便宜饗応なんだよね。

 ペテン総理と雲隠れ孝太郎君とのゴルフにも、事業者からの便宜饗応の疑いがかけられてるし、加計学園疑獄はいよいよクライマックスに突入か。

 そんなペテン総理に、前川喜平氏の逆襲です。事の発端は、「前川次官も含め、誰一人として私から何らか指示を受けていない」という14日のペテン総理の答弁で、これに対して「安倍首相が加計学園の獣医学部新設に自分が関与していないと主張するための材料として、私の名前に言及することは極めて心外であり、私の名前をこのように使わないでいただきたい」と前川氏が抗議文を突きつけたってわけだ。

前川喜平氏が「私の名前使わないで」 加計学園問題、安倍晋三首相答弁に猛抗議

安倍首相が集中審議で前川前次官の発言を捏造!「前川も京産大は熟度が十分でない、加計しかないと認めた」と大嘘

 他人のことをあげつらうってのはペテン総理の常套手段なんだが、思わぬところで反撃を食らって、さぞかしペテン総理のお腹も悲鳴を上げていることだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

「改めて口頭で言えということか。お詫び申し上げる。はい」(麻生太郎)。嘘つきとチンピラの猿芝居と化した国会!&加計学園と競合の京産大降ろしの内部文書が発覚!

 嘘つきとチンピラの猿芝居。昨日の国会ほど不愉快なものはありません。頭の不自由さにさらに磨きのかかったペテン総理の言語も意味も不明瞭な答弁に呆れる間もなく、本職でもいまどきこんなベタな口のきき方はしないだろうというほどチンピラモードがパワーアアップしたひょっとこ麻生はセクハラ謝罪もそこそこにひん曲がった口で野次を飛ばす始末だ。

 しかも、その謝罪ってのがほとんどガキの捨てゼリフで、「改めて口頭で言えということか。お詫び申し上げる。はい」だとさ。なんか、見てはいけないものを見てしまったような、なんとも言えないどす黒い怒りが湧き上がってくる。

麻生大臣、初めて口頭で「あ、お詫び申し上げます」

 さらに、野次について言えば、なんと予算委員長の官房機密費疑惑の河村君が「閣僚もそうだが、一般の方々も質疑中は静粛に願いたい」と口走って、火に油を注ぐという体たらく。閣僚以外の議員は「一般の方々」とはねえ。ハッキリ言って、こいつら社会人としても失格だね、こんな奴らが「道徳教育」を喚き散らすのは片腹痛い。

麻生氏やじで審議中断=衆院委

 そんな猿山の国会にあって、共産党が加計学園疑獄で爆弾を落としてくれた。なんと、「新設獣医学部は1校」と公表される2ヶ月も前に、京都産業大学に「新設は難しい」って伝えていた内閣府の文書があるんだとか。つまり、京都産業大に加計学園との競合を断念してもらって、穏便にお引き取り願おうってことだったんだろう。

 これが事実なら、加計学園ありきの証拠が出てきたことになるわけで、昨日の国会で乗り越え感いっぱいのペテン総理のお腹がまたぞろ渋りだすんじゃないのか。

公募前「2校難しい」 獣医学部新設

 内閣府は文書の存在について態度をハッキリさせていないようだけど、展開いかんではこれはただでは済みませんよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

「諸悪の根源は経産省にある」(山口二郎法大教授)&「安倍内閣が倒れたら、経済産業省に対するさまざまな攻撃が始まる。だから、恥じも外聞もなく首相を支える」(全経産省労組副委員長)&北朝鮮核実験場廃棄取材の国際記者団から日本は除外!

 共同通信の調査とは言え、なんか力抜けちゃうねえ。ま、記憶喪失の柳瀬君の答弁には75%が納得しないって答えているのは、せめてもの救いか。

柳瀬氏答弁、納得せず75% 働き方法案不要68% 共同世論調査

 加計学園疑獄の闇が深いのは、政策を推し進めるブロセスが歪められたということと、それを隠すために官僚が国会で平然と嘘をついているってことにある。その元凶はいずこにありや、ってことで、「諸悪の根源は経産省にある」って東京新聞「本音のコラム」で山本コータロー似の山口二郎法大教授が書いている。

 ペテン政権と経産省との結びつきはつとに語られていることで、記憶喪失の柳瀬君はもとより、影の総理とも噂される現在の首相秘書官・今井なんたらも経産省の官僚なんだね。原発政策にいつまでも固執するというのも、それが経産省マターだからで、「働き方改革」もしかり。

 さらに、経済財政諮問会議や産業競争力会議といったアベノミクスの中核である審議会も、経産省の息がかかっている。ちなみに、記憶喪失の柳瀬君とともに、加計学園疑獄で名前の出ている「総理のご意向」発言の藤原豊君も経産官僚で、こやつがこうした審議会を牛耳っている。そこに、パソナ会長のヘイゾーなどの有識者議員ってのが手先になって議論を誘導してるってわけだ。

Photo
クリックで拡大

 そんな経産省の横暴を、全経済産業省労働組合副委員長が告発している。曰く、

「第2次安倍内閣になって経済産業省は官邸を牛耳り、官邸主導による産業競争力会議や規制改革会議などを通じて自分たちのやりたい施策(社会保障費の削減、年金積立金を使っての株価操作、労働者保護の破壊、国家戦略特区による規制緩和等)を進めてきました」

「前から経済産業省は他省庁の縄張りにまで口を出すので霞が関の嫌われ者でしたが、官邸を牛耳ることによって大手を振って他省庁の庭先に入り込むことができました」

「その結果、今は経済産業省に対する他省庁の恨みつらみは頂点に達しているのではないかと思います」

「もし、安倍内閣が倒れたら、経済産業省に対するさまざまな攻撃が始まるのではないかと戦々恐々の日々を過ごしていて、そのため、恥も外聞もなく安倍首相を支えるのに必死なのではないでしょうか」

 さもありなん、ってことか。しかし、だからと言って、国会で官僚が嘘をついていいわけがない。告発の最後の言葉が、重く響く月曜の朝である。

「首相秘書官であった人間が国会で平気でウソをついていいということになると、日本という国はウソが平気でまかり通る国、フェイク国家になるわけで、立憲主義や民主主義以前の独裁国家になってしまって日本はいいのかという次元の問題になってしまっていると思います」

柳瀬元首相秘書官の大ウソ=安倍首相に報告しない・首相から指示ない・メモ取らない・名刺交換しない

 最後に、北朝鮮の核実験場廃棄で、取材の国際記者団から日本が除外されちゃいました。トランプという虎の威を借りて、「圧力だ!」って喚いているうちに、とうとう蚊帳の外どころかカウンターパンチでダウン寸前・・・そろそろ退場勧告のカウントダウンが始まるかも!!

北朝鮮の核実験場廃棄、国際記者団から日本を除外

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

「正直に対応していれば、安倍内閣はここまで追い込まれなかった」(橋本五郎)と鮨友も嘆く安倍晋三の嘘つき体質!!

 ペテン総理の鮨友である読売新聞の橋本五郎君が「五郎ワールド」というコラムで、「『正直』を何より大切にした高橋是清の『随想録』を引きつつ、〈正直に対応していれば、安倍内閣はここまで追い込まれなかった〉」とその嘘つき体質を嘆いて見せたそうだ。

 お仲間ですらこれだもの、ペテン総理や取り巻きの官僚がどんなに詭弁を弄そうとも、世間の風当たりは強まりこそすれ弱まることは到底ありません。

 法曹界からもあんな答弁は「法廷では通用しない」という声が上がっているようだし、どなに御用コメンテーターが「証拠が~、証拠が~」と喚こうと、作家の森達也氏が言うように「もしも、法廷なら、裁判官は『被告の主張はあまりに荒唐無稽で社会良識から逸脱している』と判決文を書く」ことになるだろう。

柳瀬答弁 「法廷では通用しない」不合理弁解に弁護士

Photo

 でもって、記憶喪失の柳瀬君が「アポ入れてくれたらいつでも誰とでも会う」って言ったってんで、早速官邸にはアポ取りの電話が殺到しているらしい。facebookでも「『総理秘書官と面会したいのでアポを取りたい』と言ったら、断られた」なんて投稿が散見されるし、日刊ゲンダイもいち早くアポ取りのルポを掲載している。偉そうに講釈垂れてるTVのニュースキャスターもやってみればいいんだよね。ライブでアポ取りなんてことになれば、それこそがTVの速報性の面目躍如ってことになるだろうに、誰もやらないんだよね。

真偽を検証 柳瀬氏答弁「アポがあれば誰とでも」は大ウソ

 結局のところ、このまま話がウヤムヤになるような方向に世論を誘導したいというのが新聞・TVの本音なのだろう。でも、北のカリアゲ君に「拉致問題は解決済み」なんて言われちゃったペテン総理は、どうあがいたところで崖っぷちなのは間違いないところで、週明けの国会は加計劇場のクライマックスの幕が切って落とされるかもしれない。そんな淡い期待に小さな胸を躍らせる日曜の朝であった。

「拉致は解決済み」 朝鮮中央通信、安倍政権を批判

【くろねこの競馬予想】

 大混戦のヴィクトリアマイルを象徴するように、人気も割れている。先週のNHKマイルカップでも書いたように、東京のマイル戦は200mをこなせるくらいのスタミナが要求される。というわけで、思い切って本命はソウルスターリング。相手はリスグラシュー。ワイドの超大穴にカワキタエンカ。ギリギリの前残りに夢を託す。

◎ソウルスターリング、○リスグラシュー、▲アウロリット、△ミスパンテール、ジュールポレール、アドマイヤリード、カワキタエンカ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

「なぜ日本は直接言ってこないのか」(金正恩」「北京ルート(FAX)などを通じてあらゆる努力をしています」(安倍晋三)・・・TV生出演するもしどろもどろで安倍自爆!!

 ひょっとこ麻生が性懲りもなく「はめられた」なんてことを国会で口走り、公明党の山口メンバーは加計学園疑獄を「どんな国政上の問題があるのか」とくさしてみたり、魔の三回生議員が「子供は3人産め」と暴言吐いたり、さらには「子供の使いじゃない」と記憶喪失の柳瀬君に怒りを顕にした中村愛媛県知事の国会承知を自民党が拒否したりと、もう書き連ねるのも嫌になるほどの議員シェンシェイたちの見苦しさに辟易する土曜の朝である。

麻生氏「はめられた」発言撤回 セクハラ認めた財務省と矛盾

加計問題「どんな国政上の意味あるのか」 公明・山口氏

・東京新聞社説
「3人産め」発言 女性蔑視の本音見えた

愛媛職員、柳瀬氏と名刺交換=面会で県の立場説明―知事公表、野党喚問要求

 ひとつひとつに文句垂れるのも面倒くさいので、そこはニュースソースを熟読していただくとして、見苦しさもここに極まれりなのがフジTVに生出演のペテン総理だ。そもそも、お仲間である民間のいち放送局で言いたい放題しようって魂胆がなんともチキンなんだが、それはさておくとして、この男がいかに頭が不自由かってことを改めて確認することができたのは収穫ってものか。

 なかでも、北のカリアゲ君が「なぜ日本は(拉致問題等について)直接言ってこないのか?」と発言した報道について質問されると、なんと「直接言ってこないのか、と言うことはおそらく、えー金正恩委員長に直接、と言う事、であろうと思います」だとさ。その後の迷演説は映像で確認していただくとして、これがさんざん「圧力かけろ」って喚いていた男の北朝鮮問題に関する認識かと思うと背筋が寒くなる。つまり、何も考えてないんだね。場当たりで物言ってるだけだから、局面の変化にまるで対応できない。あのしどろもどろかげんは一国の総理大臣ともあろうものが見苦しい・・・その一言に尽きます。

 こういう見苦しさって、もう総理大臣として機能していないってことなんだね。記憶喪失の柳瀬君の答弁についても、「総理秘書官が総理に報告しないのは問題では?」という質問に対して、こんな答えしてます。

「全然問題ない。会った内容が重要かどうかです。民間議員が公正に決めるので私が影響力を持って判断するものでない。途中経過はいちいち報告されず最後の段階で判断する前にされる。国家の重大事ではない限り途中経過報告は殆どない」

 凄いね。首相秘書官って選挙で選ばれたわけでもなく、総理大臣を補佐するのが仕事なのに、「国家の重大事でない限り」は独断で裁量していいんだ。そんな権限は首相秘書官にはありません。これは職務上の社会通念であり、こんな嘘を平気で口にすること自体がもはや政治家としてのモラルを逸脱している。

 メディアもそこは認めているくせに、確たる証拠がないからどうしたこうしたと言葉を濁す。これはとんでもない話で、誰もが嘘をついてるだろうと感じているだけで、もはや道義的責任があるのだ。世論の大きなうねりは、メディアが担っているという矜持やホコリがあるなら、新聞・TVは辞職勧告するのが筋というものだ。

首相会食受け柳瀬氏助言 加計側に学部新設対応策

 かつて、イラクでブッシュが記者から靴を投げつけられたことがあるけど、それくらいの気概をもって辞職勧告突きつけてやれ・・・と我が家のドラ猫と意志一致したのであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

「総理に報告したことも指示を受けたことも一切ない」(柳瀬元首相秘書官)。この男は、権限もなしに独断で重要案件を決裁してたのか!? ようするに、「誠心誠意、真実を語っていない」(中村愛媛県知事)ってことだ!

 予想通りに、かなり練りこまれた「記憶の調整」があったのだろう。記憶喪失の柳瀬君の答弁は一見、辻褄が合っているようにも聞こえてくるんだが、社会通念上、それはないだろう、って言い訳がてんこ盛り。なんてったって、ペテン総理は関係ないってところに話を収斂させることに汲々となっているから、ディテールをつぶさに検証するとほころびだらけなんだよね。

 その白眉が、「総理に報告したことも指示を受けたことも一切ない」って発言だ。ペテン総理の親友がからんだ案件で、官邸で関係者に3回も面談してるってのに、本当に報告してなかったとしたら、それはもう職務怠慢。橋本龍太郎の首相秘書官を務めた江田君が「これだけ首相主導の案件で、報告しなかったら職務懈怠だ」って指摘はまったく正しい。

 そもそも、首相秘書官は内閣法20条でこう定められている。

「内閣総理大臣に附属する秘書官は、内閣総理大臣の、国務大臣に附属する秘書官は、国務大臣の命を受け、機密に関する事務をつかさどり、又は臨時に命を受け内閣官房その他関係各部局の事務を助ける。」

 つまり、首相秘書官は総理大臣の手足であり、自分ひとりの判断で物事を進めることは断じてないってことだ。昨日の参考人招致がホンチャンの法廷だったら、こうした「社会通念上、あり得ない」って証言は、かなり心証を悪くするんだよね。

 「社会通念上、あり得ない」ってだけで、昨日の記憶喪失の柳瀬君の答弁は断罪されてしかるべきなのだ。それを、新たな証拠が出てこなかったからどうしたこうしたって野党を批判するのは、まったくの筋違いってもんだ。

際立つ加計優遇 参考人招致で柳瀬氏「官邸で3回面会」

石破氏「総理に秘書官が報告しないこと、考えられない」

 でもって、ペテン総理を守るためには仲間以外はdisりまくるのもこやつらの特徴のひとつで、愛媛県職員がまとめた面談記録に対して「私が伝えたかった趣旨とは違う形で伝わっている」「首相という言葉は使わないから違和感がある」なんてことを口走る始末だ。

 さらに、魔法の言葉の前愛媛県知事・加戸君は、あたかも愛媛県職員が首相秘書官にお言葉をたまわって舞い上がっちゃったから話をもったんだ、ってなことを不気味な笑いを浮かべながら答弁しやがりました。

 これに愛媛県知事が素早く反応。「県の信頼を損ねるような発言も時折あった。職員の誇りや信頼関係を壊しかねない」「強烈な言葉で言うなら、うそ」とまでコメントしている。当たり前だよね。

 そもそも、県にしてみれば、こちらが特区申請の当事者なんであって、加計学園ってのは事業者にすぎないんだね。ところが、官邸での面談では加計学園が全面に立っている。愛媛県や今治市の職員はいたかどうかわからないってんだから、これだけでも加計学園が特別扱いだったことが窺い知れるってもんです。

愛媛知事「どうして正直に言わないのか」 柳瀬氏発言に

 突っ込みどころ満載の参考人招致だったが、ひとことで言えば「こいつ、国民舐めてるな」ってことだ。全体の奉仕者である公務員が、ペテン総理ひとりの召使になっていろいろ画策してるってことに、内心忸怩たる思いはないのかねえ。ないんだろうなあ。あったらあんなにもスラスラ嘘つけないもんね。

 そう言えば、アポ入れてくれたらどなたにも会う、って言ってたから、今日当たり官邸に面談のアポ入れてみるか。

 野党の追及が甘いなんて他人事のようにくさしている新聞・TVってのも、なんだかなあ。そう思うなら、アンタらこそ調査報道してみたらどうだ。テメーのこと棚に上げて、グチャグチャ言ってるんじゃねえ・・・と毒づきたくもなろうというものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

財務省と森友学園の500ページ以上の交渉記録が発覚!&「ずっと野党でいる気なら、どうぞあちら(立憲民主)に行ってください」(大塚耕平)。身の程知らずも大概にせいよ!!

 ひん曲がった口でベラベラベラベラひとでなし発言を繰り返すひょっとこ麻生を、なんで記者連中は突っ込みも入れずにほっておくのかねえ。ひょっとこ麻生が図に乗るのは、メディアにも大きな責任があるってことだ。

 そんなことより、森友学園疑獄に新たな展開。なんと、ここ掘れワンワン、小判がザクザクってな感じで、財務省と森友学園との500ページもの交渉記録が出てきちゃいました。ペテン総理の私人の嫁や政治家の名前もてんこ盛りとか。大阪地検特捜部もこの記録の存在を確認してるそうだから、成り行き次第では私人の嫁の証人喚問が現実味を帯びてくるかもね。

財務省と森友 500ページ以上の交渉記録

 日中韓の三者会談という中味ゼロのパフォーマンスで、森友・加計学園疑獄から目を逸らさせようと必死こいてるペテン総理だが、世間の風はそんなに甘くはない。どうあがいてみても、かなり追い詰められていることは間違いない。影の首相と噂される首相秘書官の今井君が週刊文春のインタビューに答えて、ペテン総理と私人の嫁の責任に言及したのも、「知らぬ存ぜぬ」ではこれ以上もたないってことがわかってるからなのだろう。

 記憶喪失の柳瀬君の参考人招致が実現したのも、「記憶にない」では押し通せない証拠が出てきちゃったからに他ならない。

今井尚哉・首相秘書官が初めて語った安倍政権の「責任」

 肝心なのは、ひょっとこ麻生にいいようにあしらわれちゃうヘタレなメディアが、どこまでペテン総理の悪巧みを追及できるかなんだね。野党をくさしてばかりいないで、後押しするくらいでなくちゃ、「権力の監視者」としての看板が泣くというものだ。

 最後に、国民民主党の屁の突っ張りにもならない大塚君が、「旧民進党参院議員の多くが立憲民主党に流れたことを念頭に『あまり偏った野党では政権に絶対に近づけない。ずっと野党でいる気なら、どうぞあちらに行ってくださいという感じだ』と語った」ってね。

 共産党に続いて立憲民主にも喧嘩売ったってことだ。身の程知らずとはこのことか。情けない野郎だ。

「万年野党なら立憲へ」=あいさつでは連携呼び掛け-国民・大塚氏

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

「セクハラは親告罪。訴えられなければ罪ではない」「文書改竄はどの組織でもある個人の問題」(麻生太郎ひとでなし語録より)&暴言三佐、訓戒の大甘処分!

 この男、性懲りもなく「セクハラ罪という罪はない」ってことを改めて口にしやがりました。そして、「(セクハラは)親告罪で、訴えられなければ罪ではない」ともぬかしてます。ここまで馬鹿をさらけだせちゃうってことは、想像を超えた無知なんでしょうね。「訴えられなければ罪じゃない」って発想は、法の縛りはないものの人として守らなければいけない社会規範そのものを否定しているってことだ。

麻生氏、“セクハラ罪”発言 持論繰り返す

 さらに、公文書改竄についても、「どの組織でもありうる 個人の問題」とのたまってくれちゃって、これでは自殺した職員は浮かばれませんね。なによりも、ひょっとこ麻生は組織のトップであるということをまったく理解していない。すべてを「個人の問題」に矮小化することで、自らの責任はまったく放棄しちゃってるんだね。組織のトップは責任をとるために存在するものだってのに、それが部下に責任なすりつけるようでは世も末です。

文書改ざん「どの組織でもありうる 個人の問題」麻生氏

 世も末とくれば、野党議員に暴言を吐いた三佐が訓戒だとさ。しかも、「職務上ではなく私的な言動。文民統制を否定するものではない。政治的目的もなかった」から政治活動を制限した自衛隊法に抵触しないのがその理由なんだと。

議員に暴言 3佐を訓戒 防衛省、懲戒処分とせず

 いやはや、ここでも「個人の問題」にすり替えようって魂胆がミエミエだ。そもそも、三佐が暴言を吐いたのはとても偶然とは思えません。おそらく、野党議員を待ち伏せしていたのだろう。ジョギング中の野党議員にたまたま出会ったなんてのはできすぎですからね。

 「国民の敵」発言も、本人が否定しているから「事実として認定できない」そうだ。これも、オッパイ福田君のセクハラを擁護するひょっとこ麻生の物言いによく似てる。ようするに、「言った言わない」という水掛け論に敢えて持って行こうとしてるんだね。

 「事実として認定できない」からなんてのは何の理由にもならない。セクハラや暴言を指摘されたというその1点で、全体の奉仕者たる公務員は失格です。

 もっとも、疑惑を追及されて「証拠を出せ」って国会で居直っちゃうポンコツ野郎が総理大臣ですからね。どんどん守るべきモラルが崩壊していくのもむべなるかなってことか。なんてトホホな国になったものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

「国会正常化」と煽って野党を悪者にするメディアの大罪。国会が異常事態に陥ったのは誰のせいだ!!&元自衛隊員による公益社団法人「隊友会」が改憲運動! 賛助会員に現職自衛官も!!

 新聞各紙に踊る「国会正常化」の見出し。国会正常化ってことは審議拒否状態が異常ってことを言いたいんだろうね。まるで国会が停滞したのは野党の責任だってことを暗に煽ってるわけだ。でもって、野党が国会審議に応じたことを「世論の批判に耐えかねて」かのように報じることで、あたかも与党の側が正しいかのように印象操作してるんだね。

柳瀬氏10日に参考人招致 きょう国会正常化

 だいたいですね、国会正常化って何だ。そもそも野党の審議拒否は、モリ・カケ・日報・セクハラ・・・といったペテン政権による疑獄事件やスキャンダルが原因だ。そこをねぐったまま国会審議が再開されることのどこが「国会正常化」なんだ。

 記憶喪失の元首相秘書官・柳瀬君の参考人招致が決まったけど、これだってなぜ自民党が参考人にこだわって証人喚問を拒否し続けたのかをこそ問うべきなんだね。「調整がつけば記憶を取り戻し」なんて読者川柳で揶揄されちゃうような馬鹿馬鹿しいことが罷り通っている現実にメスを入れるのが、ジャーナリストとしての新聞・TVの使命だろう。

 野党をくさして悪者にすることが、実はペテン政権に手を貸しているってことを知らないとは言わせませんよ、ったく。

 ところで、退職した元自衛官による公益社団法人「隊友会」が「憲法改正賛同者署名活動 に参加しましょう」とホームページで呼びかけて改憲運動してたってね。この公益法人には賛助会員として現職自衛官も名を連ねているそうだから、政治活動を禁じた自衛隊法に違反している疑いもある。さらに、日本会議の影もチラついているようで、ちょいと注意が必要な雨の朝であった。

元自衛隊員らが憲法改正運動、公益社団法人・隊友会が自衛隊の施設利用!賛助会員には現役隊員も!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

「1億年たっても、(北朝鮮の)神聖な地に足を踏み入れることはできない」。安倍に一撃!&「共産党も選挙の時には多少気を使って」(大塚耕平)。恩知らず!&「親から『そろそろ国会に出ろ』と」(玉木雄一郎)。腰抜け!

 「口は災いの元」とはよく言ったもので、ペテン総理がしつこく「圧力、圧力」と海外に行ってまで喚き続けるので、北のカリアゲ君もいい加減にしろってことなんでしょう。

「1億年たっても、(北朝鮮の)神聖な地に足を踏み入れることはできない」
「日本は心を入れ替えろ」

 と脅されちゃいました。「日本が主導した対北朝鮮圧力の成果」だなんて妄想を白昼堂々と口にする無能のひとに、世界中が呆れ返っていることでしょう。北のこうした発言も、そんな世界の流れを読んだ上のことで、ペテン総理の阿呆ぶりはここでもしっかりと利用されてるってわけだ。

日朝対話「1億年後も無理」=北朝鮮紙、圧力姿勢批判

 阿呆ぶりとくれば、民進党の屁のツッパリにもならない大塚君だ。なんと、共産党に喧嘩売るようなこと口走ったってね。曰く、

「選挙の時にはやはり多少気を使っていただかないと、政権交代は起きない」

 おいおい、2016年の選挙では共産党が自党の候補を降ろして選挙協力したからこそ、民進党は一人区で議席を獲得できたんだろうに。ネットでは「恩知らず」って批難されてるけど、当たり前田のクラッカー、ってなもんです。

「共産党も選挙時は多少気を使って」民進・大塚代表

 でもって、希望のない党の玉木君も、「地元や親からも言われる。『そろそろ(国会に)出たほうがいい』と…」だとさ。そもそも審議拒否のきっかけをつくったのは自民党なんだからさ、振り上げた拳をそんな簡単に下ろしてどうするよ。審議拒否は野党にとって戦術のひとつであって、その証拠に自民党なんか野党時代には東日本大震災の非常時にだって審議拒否をしている。そうした事実をなんで突きつけてやらないのかねえ。ホント、喧嘩がヘタなんだよね。ていうか、喧嘩する気力も胆力も、そもそもからして持ち合わせちゃいないのかもね。

「親から『そろそろ国会に出ろ』と…」 “17連休”の6野党、批判に耐えかね審議復帰

震災時すらボイコット、審議拒否をあげつらう自民党の野党時代が酷すぎてブーメランの域を越え

 こんな奴らが一緒になって新党だなんて、ヘソが茶を沸かしますよ。しかも、「国民民主党」ってんだから、もうそのセンスのダサさに苦笑いするしかありません。

 今週にも、記憶喪失の元首相秘書官・柳瀬君の参考人招致があるかもしれないんだから、ここは野党一丸となって証人喚問要求で戦わなくちゃいけない局面なんだよね。新党だなんて言ってる場合じゃないのは自明の理で、そりゃあエダノンだって「空気読めてない」って批判したくなるってもんです。さあ、どうする、どうする!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

在韓米軍縮小で朝鮮戦争終了!? 慌てる韓国利権の安倍一族&セクハラ擁護する麻生太郎は世界の非常識!

 北と南の標準時が昨日から統一され、アメリカは在韓米軍の縮小を検討してるなんてニュースも流れ、とうとう朝鮮戦争終結宣言が現実のものとなる可能性は高まりつつある。CIAの手先だった爺さんの代から韓国利権と深く結びついてきたペテン総理は、「文の野郎」ってさぞかし歯ぎしりしてることだろう。

・トランプ氏 在韓米軍の縮小検討指示、NYタイムズ報道

 憲法記念日にNHKが憲法のアメリカ押し付け論を検証する番組を流したり、軍備を保持しない国、コスタリカのドキュメント『コスタリカの奇跡』が注目を集めたり、そして9条の意義を説き、軍拡に警鐘を鳴らす幣原喜重郎の直筆原稿が発見されたという記事にも、きっとイライラが募ってるんでしょうね。

幣原元首相 憲法9条、意義強調…原稿が宮城で見つかる

「憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~20180503

 このまま本当に朝鮮半島の非核化が実現したら、北のカリアゲ君やトランプにノーベル平和賞が授与されるなんてどんでん返しだってあり得ますからね。アメリカの押し付けで改憲しようたって、そうは問屋が卸しませんよ。

 ところで、ひょっとこ麻生の「セクハラという犯罪はない」発言なんだが、ノーベル文学賞が選考委員の家族によるセクハラ疑惑で今年は中止となったことを考えると、こんなクソ発言が世界を駆け巡ることで、日本という国への評価はとことん失墜していくんでしようね。世界がいかにセクハラを含む性的虐待に厳しいか。言葉の遊びなんてのたまっちまう感覚がいかに世界の常識からかけ離れているか。そんなことを改めて考えさせられるブログがあるので、是非、ご一読を。古き佳きアメリカの底力も、読み取れますよ。

正しい世界なんてない

【くろねこの競馬予想】

 東京のマイルはスピードだけでは勝てない。中距離をこなすだけのスタミナも要求される。となれば、NHKマイルカサップは、デビュー以来1800、2000を使われてきたギベオンが本命。相手はちょいとひねって、ルーカス。桜花賞惨敗のプリモシーンの巻き返しも・・・。
◎ギベオン、○ルーカス、▲タワーオブロンドン、△カツジ、プリモシーン、パクスアメリカーナ、ケイアイノーテック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

「セクハラ罪という罪はない。殺人とか強制わいせつとは違う」(麻生太郎)。セクハラは違法行為であることが世界の共通認識。この男は公職追放しろ!!

 馬鹿はどこまで行っても馬鹿だった。ひょっとこ麻生がマニラでの記者会見でとんでもないこと口走って、恥じの上塗りしてくれたってね。曰く、

「セクハラ罪っていう罪はない」
「殺人とか強わいせつとは違う」

 あげくには、

「役所に対しての迷惑とか、品位を傷つけたとか、そういった意味で処分した」
「(オッパイ福田の)人権を考えないといけない。言い分を聞かないと公平を欠く」(カッコ内はくろねこ)

 だとさ。こやつもペテン総理と同じ「無学者、論に負けず」のひとりということを改めて教えてくれるクズ発言です。

麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」

 そもそも、「セクハラ罪っていう罪はない」って言うけど、セクハラは罰則がないだけで「男女雇用機会均等法」に抵触する明らかな違法行為なんだね。しかも、事と場合によっては、セクハラも犯罪となる可能性があるってのは、世界共通の認識だ。

 たとえば、「傷害罪」だ。「人の身体を傷害した者」だけでなく、「精神を衰弱させるような精神的障害」にも摘要されることを忘れてやしませんか。その他、「強要罪」「名誉毀損罪」「侮辱罪」だって当てはまるし、場合によっては「暴行罪」「強制わいせつ罪」「強姦罪」だって適用される可能性だってある。

 だから、ひょっとこ麻生のくず発言は法律そのものを理解していない、無知からくるもんなんだね。閣僚であると同時に、立法府の国会議員でもあるんだから、女性の立場に立って考えれば法の不備にこそ言及すべきなのだ。

 だいたいですね、相手の人格を否定したり、傷つけたりすること自体が犯罪行為である。というわけで、ひょっとこ麻生のマニラでのクズ発言は、それこそがセクハラであり、セカンドレイプの確信犯と認定し、終身の強制労働に処す!!・・・ってなもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

記憶喪失の元首相秘書官、記憶の調整して中東から帰国!&「われわれは選挙で『戦争したっていい』と信任された」(政府高官)。政府高官って誰だ!?

 昨日は、東京日比谷ミッドタウンに行ってみた。綺麗な街づくりの典型なんだろうが、いかんせんシネコンとかで映画館はすべてビルの中に押し込められちゃってるんだね。かつての映画街としての情緒はどこに行った・・・と昭和のオヤジはつぶやいてみるのだった。

Photo

 そんなことより、記憶喪失の元首相秘書官・柳瀬君がペテン総理に同行していた中東大名旅行から帰国。「国会に呼ばれたら誠実にしっかりお答えしたい」だとさ。旅行中に、ペテン総理と記憶の調整してたんだろうね。それにしても、どんな超能力使ったら記憶の調整ってできるんだろうね。ユリ・ゲラーも真っ青です・・・って古すぎか!

柳瀬氏「国会で答える」 加計学園と面会認める方向

 ところで、5年前の話とは言うのだが、酔っぱらった政府高官が「極端なことを言うと、われわれは選挙で『戦争したっていい』と信任されたわけだからね。安全保障の問題とか、時の政権にある程度任せてもらわないと前に進めない」って番記者に語っていたそうだ。

 親しい番記者へのリップサービスと聞き流すことはとてもできませんね。おそらく、こうした感覚がペテン政権の本質なのだろう。だからこそ、あたかも白紙委任受けたかのように、公約ではほとんど触れなかったような政策も、選挙後に平気で数の力で押し切ろうとするんだね。

 18世紀の思想家、ルソーは「イギリス人民が自由だと思うのは間違いだ。彼らが自由なのは選挙の期間だけであって、選挙のあとイギリス人民は奴隷となり、無に帰してしまう」と当時のイギリスの議会制政治を批判したけど、まさにいまの日本の状況がそれに当てはまる。

 「われわれは選挙で『戦争したっていい』と信任された」という政府高官の発言も、むべなるかなってことか。にしても、政府高官って誰だ!?

今から5年前

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

迫田元理財局長を事情聴取。財務省を家宅捜索しないで、捜査してますってアリバイ作りか!?&「豊洲事業の遅れの責任を感じないのか?」(万葉倶楽部)に「都民が私を選んだ。都民のせいだ」(小池百合子)

 憲法施行から71年。まさか平和憲法の理念がこれほどまでに危機的状状況に陥るとは、当時は誰にも想像すらできなかったことだろう。森友・加計学園疑獄など一連のポンコツ不祥事で窮地に陥ったとはいえ、改憲を主導しているのはペテン総理という御輿を担ぐ日本会議ですからね。ペテン総理を厳しく批判するメタボ村上(誠一郎)君だってメンバーだってことを忘れてはいけない。

 ところで、国有地の異常な値引きの首謀者である元理財局長の迫田君が、大阪地検から任意で事情聴取を受けてたってね。告発されているわけだから事情聴取されるのは当たり前なんだが、どうも大阪地検のアリバイ作り臭いなあ。なんとなれば、事ここに至っても大阪地検は財務省にガサ入れしてないんだよね。本気で立件する気があるなら、まずは財務省を家宅捜索して関連書類を押えるのが普通だろう。

 いまだにその気配もないってことは、事情聴取なてのはカタチだけで、噂通りに年内にも立件は無理ってことで幕引きしようって腹なのだろう。事情聴取なんてのは名ばかりで、茶飲み話してるだけなんじゃないのか。

【森友問題】大阪地検特捜部、迫田元国税庁長官から任意聴取!国有地の値引きで

 さて、久しぶりにボッタクリバーのチーママ小池君の話題です。豊洲市場に観光施設を建設予定だった万葉倶楽部が、チーママ小池君が豊洲見直しをぶち上げたおかげで事業に支障をきたしたと訴えていたんだね。で、ここにきて、万葉倶楽部とチーママ小池君が直接会って協議をしたそうなんだが、「小池知事、豊洲事業の遅れの責任を感じないのか?」と詰め寄る万葉倶楽部に対して、チーママ小池君は「都民が私を選んだ。都民のせいだ」って言い放ったそうだ。

 「排除します」で失敗したくせに、まったく反省してないんだね。まるで、映画『帰ってきたヒトラー』における「私を選んだのは普通の国民だ。私を怪物と呼ぶならば、選んだ選挙民が悪い」ってセリフを彷彿とさせる発言だ。

万葉倶楽部・高橋会長 「小池知事、豊洲事業の遅れの責任を感じないのか?」→ 小池知事「都民が私を選んだ。都民のせいだ」

 この感覚って、おそらくペテン総理にも通じるものがある。議員というのは国民の負託があればこその存在であり、それには負託するに足る人物であるかどうかを有権者自身がチェックする必要があるんだね。でも、それを怠っているからこうした発言を為政者がいとも平然と口にする。投票行動には責任が伴うってことを、一般大衆労働者諸君はもっと自覚すべきだろう・・・なんてことを我が家のドラ猫につぶやいてみる憲法記念日の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

柳瀬元首相秘書官、加計学園との面談認める意向。でも、「県や市の職員は後ろにいたから記憶にない」。だから、「面会を認めても、嘘をついたことにはならない」とさ!&安倍晋三、ヨルダンの北朝鮮国交断絶を賞賛。お礼に16億円をブレゼント!?

どうあっても証人喚問は阻止したい。かといって、「記憶にない」で押し通すのは世論が許さない。だったら、面談したことは認めることで、偽証罪のない参考人招致で逃げ切ろう・・・なんてことを、日米会談そっちのけでホテルで協議してたんだろう。どうやら、記憶喪失の元首相秘書官・柳瀬君が、加計学園・愛媛県・今治市連合軍との面談を認める意向なんだとさ。

<加計問題>柳瀬氏、面会認める意向 国会答弁へ

 でも、笑っちゃうのが、記憶にないっていう国会答弁との整合性を図るため、「愛媛県や今治市の職員は加計学園関係者の後ろにいたから、記憶に残っていないのだろう。学園関係者との面会を認めても、うそをついたことにはならない」(自民党幹部)という屁理屈を主張するんだとか。

 「後ろにいたから、記憶に残っていない」って、子供騙しもいいかげんにしやがれって。ていうか、舐めくさってるよね。こんな言い訳が通用すると政治屋どもに思わせちまったってことは、やっぱり一般大衆労働者諸君にも責任はあるんだろうね。

 それはともかく、こういう姑息な言い訳せざるを得なくなったってことは、「記憶喪失」にならなくてはいけないそれなりの理由があったってことの証しでもある。でなけりゃ、ハナっから会ってましたって認めちゃえばいいだけのことなんだね。問題を複雑化しているのは、記憶喪失の柳瀬君本人に他ならないわけで、それなりのプレッシャーを上のほうから受けてたんだろうって、みんな思ってますから。ま、認めたからってシャンシャン手拍子にはなりません。ペテン総理が海外逃亡から帰国しての週明けの国会が楽しみだ。

 でもって、そのペテン総理は、ヨルダンで北朝鮮との国交断絶を称賛して、さらなる圧力を喚いたってね。そして、またしても16億円の無償資金協力というばら撒きをしてくれちゃいました。それにしても、北のカリアゲ君が「対話の用意がある」って言ってるそばから、それに水を差すようなことしてるんだもの、そりゃあ拉致被害者家族だってトランプ頼りになろうというものだ。

北朝鮮との国交断絶を評価 首相、ヨルダン国王と会談

 ノーベル平和賞受賞の噂に、「ノーベル賞はトランプ大統領が貰えば良い。我々が得るのは平和だけで良い」って韓国大統領は粋なコメントしているが、こういう血の通った言葉は、息を吐くように嘘をつくペテン総理には思いもよらないことだろう。嗚呼、情けない!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

中東に逃亡中の安倍晋三、電話会談の水増しと蚊帳の外を、トランプにツイートでバラされる!!

 蚊帳の外じゃない、蚊帳の外じゃない・・・って強弁すればするほど蚊帳の外であることを自ら証明しているってことに気づかないペテン総理なんだが、トランプのツイートでとうとう本当に蚊帳の外だってことが認定されちゃいました。

 事の起こりは、28日のトランプとの電話会談で、首相動静では日本時間午後10時33分から11時3分までの30分間ってことになってたんだね。でも、午後10時45分にトランプがツイートしていたことがバレちゃいました。てことは、ツイートしながらの電話会談だったってことも考えられないことはないんたが、会談には通訳も入るわだからそうなると話ができたのはほんの数分てことになっちまう。

 そこでツイートでトランプがどんなことを言ってたかってことを分析したひとがいて、そこには「spoke to」って表現があったというわけだ。つまり、こんなことをペテン総理と話したって過去形になっていたわけですね。ようするに、ツイートした時には、既にに電話は終わってたことになる。つまり、30分の会談ってのはかなりの水増しってことだ。

 さらに、重要なのは、「トランプ大統領は文大統領との電話会談について『talk with』という言葉を使い、『long and very good』な話し合いを持った」って表現なんだね。つまり、韓国大統領とはかなり親密な話し合いがあっということだ。でもって、ペテン総理については、「日本の安倍首相にも現在進行形の交渉について情報を提供しておいた」って、まさに蚊帳の外であることをほのめかされちゃったというわけだ。

安倍首相、「日米電話首脳『会談』」の捏造&水増しをトランプ大統領に大曝露されてしまう トランプ大統領からの数分間の情報通知を日米電話首脳「会談」と捏造し、トランプの何気ないツイートで嘘がバレる。

 このことは、今朝のTBSラシオの生島ヒロシの番組でヤッシー田中康夫ちゃんも言ってたことで、おそらく世界中で流布されてるんじゃないのかねえ。ニューヨーク・タイムズ紙は、当てこすりのように蚊帳の外の風刺画を掲載してますからね。ホント、「みっともない総理大臣ですよ、はっきり言って!!」

ニューヨーク・タイムズ

30henginytarticlelarge
The leaders of North and South Korea met for the first time on Friday, struck an accord to work toward peace and pledged to attempt nuclear disarmament. Officials in Japan noted a lack of specific plans in the agreement, and analysts in the country have suggested the tete-a-tete was merely symbolic.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »