« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月16日 (金)

技能実習生失踪の実態調査で法務省が資料を改竄!!&「USBを使う場合は穴を入れるらしいですけど、細かいことはよく分かりません」(桜田義孝)。ポンコツにますます磨きがかかってる!!

 技能実習生の失踪に関する実態調査についてのヒアリングで、法務省が提出した資料に改竄があったってね。法務省の資料では「より高い賃金を求めて」という理由での失踪が86.9%となっているのに、実際の回答の選択肢は「低賃金」「契約賃金以下」「最低賃金以下」となっていたそうだ。

 つまり、失踪は職場の劣悪な環境のためではなく、あくまでも私利私欲という印象操作をしようとしていたってことだ。この聴取票はプライバシー保護を理由に開示を拒否しているんだが、その裏には実情を隠蔽しようという意図があったことがバレちゃったというわけだ。

失踪実習生の調査結果 政府きょう公表 集計だけの方針

・田中龍作ジャーナル
【外国人労働者失踪】安倍政権、またもや公文書改竄と首相虚偽答弁

 入管難民法改正案は、とどのつまりは低賃金労働者の確保にあるんだね。審議が長引けば長引くほど技能実習生の失踪(と言うよりは脱走に近い)の実態が世間に公になって、現代の奴隷制度ってことが明るみに出ちゃうんだから、そりゃあ成立を急ぐわけだ。

「特定1号」技能水準示せず 外国人就労拡大で法務省

 ところで、カーペンター桜田君がサイバーセキュリティー担当でありながらパソコン使えないとかで、国会が紛糾したというから笑っちまう。「USBジャックをご存知か」と問われて「たとえあったとしても万全の対応をする」って頓珍漢な答弁したそうで、ははは、「ハイジャック」と間違えちゃったのね。

 でもって、頓珍漢答弁の白眉がこれです。

「(USBを)使う場合は穴を入れるらしいですけど、細かいことは私はよく分かりませんので、専門家に答えさせます」

 いまどき、三流芸人ですらこんなギャグはかましませんよ、ったく。カーペンター桜田君は「自分は大工だからわからない事もある」とわけわかんない弱音吐いたりしてるそうだが、そりゃあ大工に失礼だろう。謝れ!!

・サイバーセキュリティー担当、桜田氏はUSB知らず

また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

プーチンに足元見られてるのにご満悦の愚か者!&「外国人労働者の最終的な見込み数は改正成立後に示す」(法務省)。闇鍋つつくような法案審議ってことだ!!&片山さつきに暴力団がらみのスキャンダル!!

 海外に行ってる暇なんかないだろうに、初老の小学生・ペテン総理はプーチンと会談してドヤ顔で記者会見。しかし、その中身ときたら、前進どころか日ソ共同宣言を基礎にするってことで大幅に後退しちまいました。しかも、北方領土返還後は米軍基地をつくらないとアメリカの正式な合意文書を担保として差し出せって迫られちゃいました。

 ようするに、適当にあしらわれているわけで、仮に択捉、国後の2島返還が実現したとしても、「引き渡される2島の主権が日ロどちらに属するかなどの条件などについて(日ソ共同宣言には)書かれていない」というのがプーチンの一貫した主張ってことを忘れちゃいけない。

 「やってる感」を目一杯演出しているつもりなんだろうが、結局はのらりくらりとかわされて、またぞろ経済支援を約束させられてシャンシャンってことなのだろう・・・シロートの妄想だけど。

日ソ宣言基礎に領土交渉 日ロ首脳「平和条約」加速合意

 ところで、外国人労働者受入れの人数が5年間で最大34万人だとさ。でも、この数字はあくまでも「ざっくりとした数字」(法務省)だそうで、最終的な見込み数は「改正成立後に示す」ってさ。ようするに、何も決まってないけど法案だけは通せって言ってるわけで、立法事実もへったくれもありません。

 もはや、法案審議の体をなしてません。こんなんで法案が成立していくんだったら、国会なんていらなくなっちまう。まさに、この国は「虚構国家」に変貌しつつあるってことだ。

外国人受け入れ、介護6万人 「14業種 5年で34万人」政府提

 最後に、生活保護叩きの鬼嫁・片山君の政治資金収支報告書の訂正が、収入で計450万円(34件)、支出で計90万3000円(6件)になったてね。秘書が交代して混乱していたなんて見え透いたこと言ってるようだが、さらに事務所費疑惑まで浮上。「全く使われていない疑惑がある場所を事務所として政治資金で支払っていた」と文春砲が炸裂してます。

片山氏、収入記載漏れ450万円 収支報告書訂正またも

片山さつき大臣「事務所費」にも疑惑発覚

 これでも更迭できないのは、ペテン総理の任命責任が問われるのが必至だからなんだね。第一次政権の雪崩を打つような閣僚のスキャンダル勃発の悪夢が脳裏をよぎっているんじゃないのか。生活保護叩きの鬼嫁・片山君には新たに暴力団がらみのスキャンダルが発覚してるから、本人にすればそろそろ辞任なんてことを考えてもおかしくはないんだが、ペテン総理はそれすらも押さえ込んでいるのかもしれない。

片山大臣にさらなる疑惑 暴力団との“密接交際者”から事務所無償提供、秘書給与肩代わり

 ま、仮に片山・桜田のポンコツコンビが更迭されたところで、後釜はさらにポンコツがやってくるんだろうから、こういうのを無間地獄と言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

「移民」は「技能労働者」、「日米FTA」は「日米TAG」、「徴用工」は「労働者」・・・哀れな嘘のつけるひとでなし!!&日銀が政府発表のGDPに不信感!!

 日大の悪質タックルで、元監督と元コーチの立件が見送られた。警察は日大OBが多いからさもありなん、ってことか。しかし、立件しないってことは、タックルした選手が勝手にやったって言ってるようなもので、これでいいのか。

悪質タックルで警視庁 「つぶせ」は傷害意図せず 日大前監督立件見送りへ

 そんなことより、入管難民法改正案だ。実態は移民政策でありながら、「移民」を「技能労働者」と言い換えることで深刻な人手不足解消のためって誤魔化しをしているんだね。そもそも立法事実すら怪しい法案で、深刻な人手不足って言うならちゃんと数字を示してからにしやがれ、ってなもんです。

外国人受け入れに「上限」 5年で最大34万人試算 野党は不備追及へ

 でもって、言い換えとくれば、「徴用工」を「労働者」って言い出してるのもそのひとつで、なかでもこれこそ三百代言の白眉ってのが「日米FTA」と言い募っている「日米TAG」だ。アメリカ副大統領のペンスが来日して、初老の小学生・ペテン総理と日米貿易協定について会談したけど、来日前にツイッターで「FTAに向けた交渉について議論する」ってハッキリと言ってるんだね。

 ようするにペテン総理は嘘をついてるってことなのだ。こんなにわかりやすい嘘を、なんでほったらかしにしてるのか。「実態は日米FTA」ってメディアは口にしてるけど、ペテン総理が嘘ついていることにはいたって寛容なんだね。なんで「日米TAGは嘘」ってハッキリ言わないのかねえ。

日米交渉「サービスも対象」 ペンス氏、市場開放迫る 首相と会談

 ペテン政権の得意技に、データ捏造・改竄ってのもある。なんと、日銀がそうしたペテン政権の体質に不信感を持ち始めたそうだ。なんでも、「国内総生産(GDP)など基幹統計の信頼性に日銀が不信を募らせ、独自に算出しようと元データの提供を迫っている」とか。

 これに対して「内閣府は業務負担などを理由に一部拒否している」ってんだが、そもそも日銀が政府が発表した数字を疑うというのは凄い話なんだね。ペテン政権の終わりの始まりか・・・!?

【安倍首相のウソノミクス】ついに、日銀までが安倍政権を疑い始める!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

「違法行為はなかった」から障害者雇用水増しに関与した厚労省職員にお咎めなし!&国民の年金使った北方領土買収計画が発覚!!

 障害者雇用水増し問題で、厚労省は関与した職員の処分を見送ったってね。その理由が「道義的な責任はあるが、処分に値する違法な行為はなかった」からだとさ。もう何をかいわんやです。法では掬いきれない様々な問題に対処すること。これこそが、全体の奉仕者たる公僕に求められるものであって、法には触れていないからって理屈が通るなら、公僕としての倫理観なんかまるで意味のないことになっちまいますよ。

 血の通った政治とか行政ってのはそういうこった・・・なんて青臭いことつぶやいてみる火曜の朝である。

厚労省、障害者水増し処分せず 「違法行為ない」

 ところで、ロイター通信によれば、2016年に初老の小学生・ペテン総理は、経営難に陥ったロシアの石油会社の株を20%購入することでプーチンに恩を売って、北方領土交渉を有利に進めようしていたそうだ。その資金には、なんとGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の積立金を充てようとしていたとか。そして、交渉人はゲッペルス気取りの世耕君だったとさ。

 ところがこの交渉は不調に終わったそうで、その理由をロイター通信はこう分析している。

「裁判で再生されたセチンの会話記録によると、日本が第二次世界大戦末期から続くロシアとの領土問題の進展とリンクさせようと要求したことで、交渉は暗礁に乗り上げてしまった」

 つまり、ペテン総理の思惑は見透かされていたってことだ。ちなみに、セチンとは交渉相手の石油会社の会長で、プーチンの側近と言われているとか。

 それはともかく、ようするに国民の年金使って北方領土を買収しようとしたわけですね。トランプへの忠誠の証として大量の兵器を購入するのと同じ発想で、そこには政治的理念とか哲学なんてものはカケラもありません。

安倍政権が北方領土のために“国民の年金”をプーチンに貢ぐ計画! 最側近のロシア国営企業株を年金積立金で…

 今週にもシンガポール外遊の途中にプーチンと会談する予定があるそうだが、もう足元見られちゃってますからね。またぞろ経済協力を約束させられてシャンシャンってのがオチなんじゃないのか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

日本人と外国人が共生する環境整備もせずに、低賃金労働力欲しさに移民政策を推し進めたら、この国は人種差別の嵐が吹き荒れることになるだろう!!

 昨日の京都競馬場は12レース中11レースで外国人騎手が勝利。最終12レースはどうにか日本人騎手が踏ん張ったものの、2~3着は外国人騎手が続き、その勢いは止まるところを知らない。これを受けて、今朝のTBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』ではMCの森本毅郎が「外国人騎手が勝ってひどいことになっている」と嘆く始末だ。

 でも、これっておかしくないか。外国人騎手が勝ち続けていることが「ひどいこと」なんていってるようでは、初老の小学生・ペテン総理と経済界が画策している入管難民法改正案が成立して、外国人労働者がどっと押し寄せてきたらどうするんだ。こんな感覚でいたら、おそらくこの国は人種差別の嵐が吹き荒れることになりますよ。

 そうならないためには、まずは外国人労働者の受入体制こそを議論しなくちゃいけないってことだ。たとえば、家族の帯同も認められる「特定技能2号」のひとたちの場合、日本語が話せない子供たちの語学教育はどうするんだろう。本来なら、ちゃんと日本語教育するための環境を整えてからの話でなくてはいけないんだよね。

問題山積 外国人労働者受け入れ拡大/無法労働増やす危険/溶接の技能実習で来日したのに就労先は産廃分別。社長の暴力で入院

 土曜日に放映されたTBS『報道特集』では、長年にわたって外国人労働者を受け入れてきた浜松市の取り組みをリポートしていたが、日本人と外国人が共生する環境を整えるのに30年かかったそうだ。それだけの覚悟が、今の入管難民法改正案にあるのだろうか。絶対にありませんね。つまるところは、低賃金労働力が欲しいだけなのだから。

 おそらく、このま入管人難民法改正案が成立しちゃうと、そこかしこで「外国人労働者が増えてひどいことになっている」という声が聞こえてくることになりますよ。そして、ありもしない「在日特権」のように「移民特権」なんて言い出す輩が出てきますよ。

報道特集 外国人労働者~現状と懸念 0110 201811101730

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

疑惑のポンコツ閣僚はどちらも二階派・・・さもありなん!&「高い歳費をもらっているのに改憲議論しないのは、国国会議員の職場放棄」(下村博文)。そんなことより自らの献金疑惑を説明することこそ、国会議員としての義務だろう!!

 国会は相も変わらずポンコツ内閣の在庫一掃閣僚のスキャンダルでてんやわんや。とうとう、TVのニュースでも、御用コメンテーターでさえ「辞任」という言葉を口にするようになった。カーペンター桜田君は連日の言い間違えで、もはや瀕死の状態。生活保護叩きの鬼嫁・片山君も、口利き、政治資金記載漏れに続いて、公職選挙法違反疑惑の看板問題で絶体絶命。

 ここまできたら2人の辞任は時間の問題、ってのが普通なんだろうけど、どちらも二階派ってのがミソで、土建政治の幹事長・二階君の面子ってのもありますからね。初老の小学生・ペテン総理が更迭なんて大鉈はふるえるわけがない。へたすると、御用コメンテーターに「辞任」をアピールさせておいて、最終的には追及する野党がヘタレだから首取れなかったっていうシナリオを描いててるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけど。

片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

 ところで、ペテン総理が日本会議と組んで強行突破しようとしている「憲法発議」なんだが、どうも雲行きが怪しくなったからなのだろう、ここにきて加計学園献金疑惑の下村君がやたら強気の発言を繰り返している。先週末にCSの番組でこんな発言しています。

「高い歳費をもらっているのに改憲議論しなかったら、国国会議員として職場放棄」

 ははは、相変わらずの馬×鹿ですね。憲法遵守義務こそあれ、改憲の義務なんてものは国会議員にはありません。そんなことより、テメーの献金疑惑を説明することこそ、国会議員としての義務なんじゃないのか。まずは、自分の頭のハエを追ってからにしろ!!

自民・下村氏「改憲論議しないのは国会議員の職場放棄」

1_2
クリックすると拡大します。

【くろねこの競馬予想】

 今年のエリザベス女王杯は混戦模様。7、8頭いる有力馬の中で、中心となりそうなのがノームコア。鞍上がルメールということもあって1番人気になっているようだが、秋華賞を飛ばしたローテーションも好感がもてる。大本命と言うより、連の軸として二重丸。昨年の覇者モズカッチャンは熱発明けというのが微妙でおさえまで。ここが引退レースのスマートレイアーに注意。
◎ノームコア、○レッドジェノヴァ、▲カンタービレ、△フロンテアクイーン、リスグラシュー、コルコバート、モズカッチャン、スマートレイアー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

「ポスト安倍は『岸破義信』」のハンパない小物感に大笑い!!&櫻井よし子が嘘を認めたにもかかわらず、植村裁判で請求棄却のトンデモ判決!!

 自民党の機関紙、産経新聞が「ポスト安倍は『岸破義信』」だとさ。岸田文雄、石破茂、菅義偉、加藤勝信の4人のことだそうで、かつての「三角大福」をもじったつもりなんだろうが、小物感はハンパではありません。ていうか、笑っちゃうよね。

 なかでも大笑いなのが、取り立てて実績がないのに総務会長に抜擢されたと思ったらポスト安倍の仲間入りしちゃったマルチ商法ジャパンライフの広告塔・加藤君だ。加藤君の母親と初老の小学生・ペテン総理の母親が昵懇の間柄で、その引きもあっての抜擢なわけで、いわば「親の七光り」ってことですね。

 そう考えると、「岸破義信」ってのは、マルチ商法ジャパンライフの広告塔・加藤君を売り込むための産経の企画書みたいなものなのかもね。それにしても、「岸破義信」から、菅と加藤の顔が咄嗟に思い浮かぶひとがどれだけいるのだろう、ってなもんです。

・ポスト安倍は「岸破義信」(きしばよしのぶ) 加藤勝信総務会長急浮上

 そんなことより、従軍慰安婦問題にまつわる朝日新聞の記事を捏造としたネトウヨの女王・櫻井よし子君らを相手に、記事を書いた植村隆氏が起こした名誉毀損訴訟に判決が出た。なんと、植村氏の請求棄却だと。この裁判では、ネトウヨの女王・櫻井よし子君が書いた植村批判の記事が「植村氏の名誉や社会的信用を毀損した」ことは認めているんだよね。

 ああ、それなのに、そのでたらめ記事の「相当性が認められる」ということで、この判決になったったんだとか。名誉毀損訴訟の難しさがここにはあるんだけど、やっぱり納得いきませんよね。なんてったって、ネトウヨの女王は従軍慰安婦の記事を否定するために「いくつかの記述に誤りがあることを認め」ている。つまり、嘘ついたんだよね。でも、判決にはそうした事実は反映されなかったというわけだ。

【速報】櫻井よしこ氏のずさんな取材を司法が追認!? 植村隆氏の名誉を毀損したが「捏造」と信じたのは仕方なかった!? 「言論で勝って裁判で負けた、悪夢のような判決」! 

櫻井よしこ氏が自身のウソを認める! 「捏造決めつけ」記述にも重大な誤り

 裁判の結果はともあれ、ネトウヨの女王・櫻井君は、ジャーナリストの片隅にも置けない大嘘つきってことは、しっかり記憶に刻みこんでおこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

入管法改正(移民政策)は外国人技能実習生の劣悪な労働環境の拡大版だ!!

 質問している記者に対して「国民の敵」って罵る大統領の前で、初老の小学生・ペテン総理はさぞかし萎縮しているんだろうなあ・・・なんてことを考えてみる週末の朝である。

・トランプ氏、強権再開 司法長官更迭/CNN記者「追放」

 そんなことより、入管難民法改正と言い換えている移民政策だ。この法案を語る上において、外国人技術実習生が引き合いに出されるんだが、その実態を検証する野党の聞き取り調査が行われた。これまでもその実態については様々に取り沙汰されていたが、この制度は何のことはない低賃金の労働力を手に入れるための奴隷制度みたいなもんなんだね。ひらたく言っちゃえば、体のいいタコ部屋みたなものです。

深夜まで働き時給300円…技能実習の課題残し新制度案 内山修2018年11月9日05時28分

 だからこそ、失踪者が続々と出ているわけで、ペテン総理と経済界が画策している移民政策ってのは、それの拡大版にしか過ぎない。日立が技能実習生を大量解雇したことが問題になっているけど、そうしたことが常態化するってことだ。従軍慰安婦や徴用工問題と重なる部分も多々あるんだね。それにしても、メディアは実習生の失踪を取り上げる時に、どうして不良外国人ってイメージをことさら強調するんでしょうねえ。

日立、99人を解雇した上で補償 技能実習生と最終合意

 そもそも、労働力不足って言うけど、本当か? まずはそこを疑ってかかることも重要なんじゃないか。外国人労働者が働く環境ってのは、それこそ昔は3Kと呼ばれた、あまりの低賃金に日本人が見向きもしなかった現場が多い。残念ながら、いまでは介護の現場すらそんな惨状だ。だからこそ、介護の現場では人手不足が深刻なわけだ。こうした状況を改善するには賃金形態を抜本的に見直して、誰もが働きたくなる環境を創出することが必要なんだね。

 でも、ペテン総理たちが目論んでいる移民政策はそこをねぐって、低賃金の労働力の供給ということしか考えていない。これって、どう考えても、たとえばひょっとこ麻生の実家である麻生探鉱における朝鮮人強制労働と通底する思想がありますね。

外国人労働者流入で賃金25%減…政府がひた隠す驚愕の論文

 もし、こんなでたらめ法案が成立したら、いずれ日本は世界中から非難されることになりますよ。そして、嫌韓、嫌中がエスカレートして、殺伐とした差別的な社会が形成されていくことだろう。在庫一掃閣僚のポンコツぶりをおもしろおかしく騒ぎたてるのもけっこうだが、そんなことばかりにかまけていると大変なことになりますよ。

外国人技能実習生が自ら語る日本での不当な労働実態

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

下院の民主勝利で、トランプの憎悪煽り戦術はより過激になるだろう!&小沢・前原・橋下が会食・・・こんなことしてる場合か!!

 アメリカ中間選挙は下院を民主党が制して、ぎりぎりだけどチェック&バランスが働いたということなのだろう。とは言え、上院は共和党、下院は民主党というねじれ現象が起きたことで、トランプはよりいっそう反対勢力に対して、憎悪を剥き出しにして喚き散らすんだろうね。敵を作って憎悪を煽り立てるのは北の首領様一族が得意としてきた戦術なんだが、いまやアメリカの大統領の得意技になってるんだから、ひたすら口をあんぐりさせるのみ。

米中間選挙 トランプ共和、下院敗北 「米国第一」に厳しい審判

・トランプ氏、民主に協力要請も強気崩さず 中間選挙受け会見

 それにしても、民主党もスターがいないんだね。オバマの再来かと期待されたテキサス州のオロークも、結局は共和党の牙城を崩すことができませんでしたからね。「ブルー・ウエーブ」も選挙戦終盤ではその勢いに若干の陰りも見えてたし、このままスター不在だと2年後の大統領選はトランプにしてやられますよ。

 しかしまあ、「民主党は頭がおかしい。ギャングを流入させる党だ」なんてフェイクニュースを吠えまくって憎しみをぶつけるトランプの演説を聴いていると、もう暗澹たる思いにとらわれてしまう。なんか、とてつもなくよからぬことが世界に蔓延していくような、そんな気がする木曜の朝であった。

 ところで、スター不在は日本の野党も同じで、本当なら立憲民主のエダノンがもっと存在感を示さなければいけないのに、野党統一名簿に否定的な素振りを見せたりして、いまひとつ煮え切らないんだね。そこへ持ってきて、昨日のエントリーで書いたように、国民民主は自民党に取り込まれそうだし、オザワンは風呂上りの口先番長・前原君とお子ちゃま・橋↓君と会食とくるんだから、もう何がなんだかわかりません。

立憲民主 枝野代表、野党統一名簿に同調せず

橋下徹氏、小沢一郎代表と会食 前原誠司氏がつなぐ?

 エダノンが「民主党政権時代に失敗した当事者と、もう1回政権交代をする」なんてことを口にしてることも、ひょっとしたら小沢・前原・橋↓会談に通じるものがあるからなのかも・・・なんて悪夢を見てしまう今日この頃なのだ。

枝野代表「失敗した当事者ともう1回政権交代を」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

自民と国民民主が密会。おめおめと毒まんじゅうを食わされるとは、アホかいな!!&片山さつきにまたしても記載漏れ発覚。常習犯ってことだ!!

 ああ、やっぱりな、ってことで、自民党と国民民主の幹部が密会してたってね。当初は、土建政治の自民党幹事長・二階君と国民民主の代表である腰抜け・玉木君も参加予定だったそうだが、急遽欠席になったとか。おそらく、二階と玉木が会談したんじゃあまりにも露骨だから、少しは世間の目を気にしたってところか。

 いずれにせよ、この会談は、国民民主が「改憲のCM規制を認めるなら改憲議論のテーブルについてもいい」なんて秋波を送ったことへの、具体的な返答だったんじゃないかねえ。改憲の話は出なかったって口裏合わせしているようだが、誰がそんなことを信じるもんですか。

 そもそも、是々非々なんて言ってるような政党ってのは、かつての民社党がそうであったように、いずれは権力に取り込まれていくものなのだ。その民社党について、ノイホイ菅野君がとても興味深いことをつぶやいている。

 国民民主も同じ道を歩くことになるんだろうね。その始まりが昨日の会談だったに違いない。こんなんじゃ、来年の参議院選での野党共闘なんて、夢のまた夢ってことだ。

自民、国民民主に接近=改憲で取り込み狙う

・田中龍作ジャーナル
二階幹事長らの密会現場撮った 改憲審議入りに向け自民が国民民主抱き込む

 ところで、ポンコツ答弁のカーペンター桜田君なんだが、「事前通告なかったから」なんて言い訳しとります。自らの無能さを恥じ入ることなく、失態を他人のせいにするなんてのは、まさに恥の上塗りってことだ。

 さらに、生活保護叩きの鬼嫁・片山君にいたっては、またしても政治資金収支報告書に記載漏れが発覚。「秘書が交代し、引き継ぎができていなかった。こういうことが起こらないようにしたい」だとさ。これはもう常習犯で、訂正したからOKという問題ではない。

桜田五輪相、大丈夫? 記者会見で「知らない」連発

片山地方創生相、新たに120万円の報告書記載漏れ

 いずれ、初老の小学生・ペテン総理の任命責任が問われることになるだろう。それには、権力の監視者たるジャーナリズムの存在が不可欠なんだが、アメリカ中間選挙に必死こいているようじゃダメだろ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

どつき漫才でボコボコの片山さつきと桜田義孝。ポンコツ内閣は「いぶしの銀の人材」どころか「錆びついた鉄屑」だ!!

 国会は、入管難民法改正案という、へたすると国のカタチを変えかねない重要法案を抱えているというのに、ポンコツ内閣の在庫一掃閣僚のおかげで吉本新喜劇も真っ青のドタバタ劇が展開されている。

 主役のひとりが、そもそも答弁能力が疑われていた五輪担当大臣のカーペンター桜田君だ。ラオックス蓮舫君を相手に、とんだどつき漫才を演じてくれた。たとえば、「東京オリンピックのビジョンは?」なんてストレートな質問に席すら立とうとせずに、お付きの役人の支持をじっと待つだけ。さらに、オリンピックの見込み予算額を「1500円」と言い間違えたり、そのポンコツぶりはさすが「適材適所」ってことだ。

 確か、初老の小学生・ペテン総理は、組閣にあたって「いぶし銀の人材」とのたまってたんだよね。ところがどっこい、これではいぶし銀どころか錆びついた鉄屑ってことだ。顔を赤くして、ひたすら汗を拭く姿を見た家族は、さぞかしやるせなかったことだろう。

 それにしても、組閣からの1ケ月間というもの、この男はいったい何してたんだろうね。まさか、大臣になれたからって、連日宴会していたわけじゃないだろう。お付きの役人も同罪だ。レクチャーする時間はたっぷりあったはずだから、大臣が阿呆だからは通用しません。予算委員会でも、質問のたびに役人自ら右往左往したところをみると、こいつらもただのポンコツなのかもね。

 そして、もうひとりの主役が、生活保護叩きの鬼嫁・片山君だ。舌ったらずの杉尾君の質問に、いちいち小走りで答弁席にやってくるその姿に、財務省のエリート官僚だった面影のカケラもありません。選挙運動で平気で土下座できちゃう誇りのなさもむべなるかなってことだ。

 過去の言動もここぞとばかりにつつかれて、もうボコボにされちゃってます。口利き疑惑は深まるばかりだし、いつ引導を渡されるか・・・期待に胸膨れる火曜の朝であった。

蓮舫氏追及に「れんぽうさん...」 新閣僚が“汗だく答弁”

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

「政治とカネ」で疑惑の新閣僚5人衆に、またひとり口利き大臣が登場。金にまみれたポンコツ内閣の行く末やいかに!!

 初老の小学生・ペテン総理が率いるポンコツ内閣が成立して早1ケ月。まだ何も仕事していないのに、「政治とカネ」がらみの疑惑が出るわ出るわ。談合で行政処分された業者から献金貰った裸でピンポンダッシュの沖縄北方担当大臣・宮越君。バスツアーで利益供与疑惑の「教育勅語を現代風にアレンジ」の文科大臣・柴山君、指名停止処分された企業から献金受け取った科学技術担当大臣の平井君。この男は、在庫一掃セールの代表みたいな陣笠です。

政治とカネ 新閣僚5人に問題 第4次安倍改造内閣1カ月

 そして、生活保護叩きの鬼嫁・片山君が「政治とカネ」の真打として注目が集まっているんだが、そんなポンコツにもうひとり仲間が加わった。地味すぎて誰も知らない農水大臣の吉川君だ。なんでも、現在係争中の太陽光発電所を巡る詐欺事件で口利きしてたんじゃないかという疑惑があるんだとか。裁判では「バッジの方」という言い方で被告人が国会議員の関与を認めているとかで、その御仁が吉川君じゃないかというわけだ。

 大臣会見で記者に「一部の報道で北海道の補助金詐取事件の口利きをした議員が吉川大臣だという声も上がっています」と質問されて、「お答えしようがない」なんてトンチンカンかな返答しているところをみると、限りなく黒に近いってことなのかもね。言下に否定しないところがなんとも臭い。

吉川農水相にも“口利き疑惑”が浮上 詐欺事件公判で「バッジの方」証言〈週刊朝日〉

 ポンコツ内閣の「政治とカネ」の中でも、片山&吉川の案件は事実ならかなり悪質ですからね。ペテン総理の命取りになったら愉快なんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

「憲法はその国の理想を描くもの」「『安倍色』を払拭していくことが必要だ」(下村博文)。憲法より、まずは加計学園からの200万円献金について説明しろ!!

 ホークスが勝ったからってわけじゃないけど、やっぱり日本のプロ野球にCSというシステムは無理があるんじゃないのかねえ。

 そんなことより、加計学園からの200万円献金疑惑の下村君だ。自民党憲法改正推進本部長になったもんだから、改憲を訴えて全国行脚をしてるそうだ。で、北海道の自民党支部研修会でこんな演説しましたとさ。

「憲法はその国の理想を描くもの」

 初老の小学生・ペテン総理が同じことをよく喚いてるけど、これってそそもそも間違いだから。そこをしっかりと報道しないメディアも同罪だよね。こやつらは確信犯でこういう発言をしているわけで、それをちゃんとメディアが検証しないと、そのうち「憲法は国の理想を描くもの」という考えがひとり歩きすることになりますよ。

 さらに、こんなことも言っている。

 「安倍政権のもとでは議論したくないと思っている人が多い。自民党全体でしっかり対応しながら、『安倍色』を払拭していくことが必要だ」

 これに対して軍事オタクのアンポンタン石破君は「安倍色を払拭するのであれば誰が責任を持って語るのか。総裁がきちんと党員の前で『自分の考え方はこうだ』とお述べいただかないと」と牽制したそうだが、これが正論というものだ。

 そもそも、「安倍色を払拭」したかったら、ペテン総理が権力握っているうちは憲法に触れなければいいだけのことですから。「安倍色を払拭」するってのはそういうこった。

 改憲を語る前に、この男にはやることがあるだろう。まずは、加計学園からの200万円の献金について説明してもらおうじゃないの。なんてったって、「都議選が終わったら丁寧にお答えします」って言ってたのはアンタなんだからさ。

自民・下村氏「安倍色、払拭が必要」 改憲訴え全国行脚

 ところで、産経が、顔も頭も貧相な官房長官・菅君がオール沖縄の玉木沖縄県知事に「対案」を求める、なんて記事を載せているんだが、この記事を読んでみると「普天間飛行場の危険除去について知事がどう考えているかをうかがってみたい」ってだけなんだね。それを「玉城氏に辺野古移設の「対案」を求める意向を示した」って勝手に解釈してるわけで、ま、産経らしいブラフですね。

 もっとも、「対案を出せ」って言い出しかねないのがペテン政権で、そのためには普天間返還と辺野古新基地建設がリンクしているというイメージ作りをよりいっそう仕掛けてくるだろうことは容易に想像できる。産経の記事も「辺野古移設」ってことを強調したかったはずで、ま、そうした流れの一環かもね。

「普天間の危険除去どう考えているのか」菅義偉官房長官、玉城沖縄県知事に「対案」求める意向

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

性懲りもなく「私は立法府の長」(安倍晋三)のバカ丸出し!&音声データにも知らぬ存ぜぬで片山さつきの絶体絶命!&記者会見で見せたフリージャーナリストの矜持!

 初老の小学生・ペテン総理がまたやらかしてくれた。国会議員の定数削減について質問されて、「私はいま立法府の長として立っている」だとさ。自らを「立法府の長」と口にするのは今回が2度目で、前回の時は答弁を「行政府の長」に書き換えてるんだね。

 さすがに今回は「立法府の長」と言った直後に「失礼、すみません。行政府の長として立っているわけで、立法府の議員定数について、私が少ない方がいいと言うことがあってはならない」って言い訳したんだが、だったら「憲法遵守義務のある総理大臣として改憲を口にすることがあってはならない」んじゃないの・・・なんて突っ込みたくもなろうというものだ。何にせよバカ丸出しは相も変わらずってことだ。

安倍首相「私は立法府の長」また言い間違え 直後に謝罪

 バカ丸出しとくれば生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきも似たようなもんです。口利き疑惑の中心人物とされる私設秘書について「秘書ではない」って言い張ってたんだが、「参院を出入りできる通行証を2011年10月から15年5月まで貸与していた」ことを認めちゃいました。

 「私設秘書でないと通行証は入手できない」って追求されて、「私設秘書には法令上の定義がない」なんて言い訳してるけど、お天道様はお見通しってことです。辞任どころか逮捕されちまえばいいのに。

衆院予算委 私設秘書?に通行証 口利き疑惑で片山氏

 最後に、安田純平さんの記者会見。お見事でした。過酷な状況にありながらも冷静な観察力は、これこそがフリーシジャーナリストの矜持なのだろう。安全地帯から野次飛ばしている御用コメンテーターや芸人、タレント風情がいかにチイセー野郎かわかろうというものだ。

安田純平さん叩くタレント達に戦場ジャーナリストが物申す-橋下氏、たけし氏、松本氏、三浦氏へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

質問無視してペラペラペラペラ。ヤメ検の法務大臣のポンコツぶりが凄まじい!!&「♯変態仮装行列」がトレンド入りで大笑い!!

 東芝がラクビーからの撤退を検討しているとか。ちょいと侘しい週末の朝である。

東芝、ラグビー撤退検討 合理化で他社に譲渡へ

 そんなことより、国会だ。昨日、国会中継を観ていたら、山下貴司とかいうヤメ検の法務大臣が答弁に立っていた。年金男・長妻君が「外国人労働者が何人増える見込みなのか」って入管難民法改正について質問したら、「まずあの移民ということについてでございますが」と質問無視して余計なことをペラペラペラペラ。しかも、役人の作ったペーパー読んでるだけなんだね。

 さすがに予算委員長の出戻り聖子君から「簡潔に」って注意されとりましたが、いやあ凄まじいポンコツぶりに、これが石破派のエースとは呆れる前に笑っちまいました。席に着いても横には役人がベッタリ張り付いて何やらレクチャーしているんだが、そんな時にもヤメ検の法務大臣は落ち着かない様子で、こういうのを「器にあらず」と言うんでしょうね。

入管法改正案の意味は? 失踪者は半年間で4000人超

 その他、生活保護叩きの鬼嫁・片山君は自身の口利き疑惑で右往左往。不思議なのは、夕方のニュースでこうしたシーンがほとんど流されなかったことだ。文春砲が炸裂してからのTV報道を見ていると、どうも鬼嫁の口利き疑惑に及び腰なんだね。「そのうち辞任させるからここはお手柔らかに」なんて話がついていたりして。

 鬼嫁の口利き疑惑が大騒動になると、入管難民法改正の審議が滞り、それどころかモリ・カケ疑獄だって再燃しかねない・・・なんて思惑が働いていたりして。

閣僚、目立つはぐらかし 「森友・加計」「口利き疑惑」衆院予算委

 最後に、渋谷センター商店街理事長がハロウィン騒動を「変態仮装行列」と喝破。このインタビューをたまたまニュースで観たんだが、思わず「座布団一枚」って叫びたくなりました。いまや「♯変態仮装行列」がトレンドだそうで、「笑点」の三平は理事長の当意即妙に学んだらどうだ・・・って関係ないか。というわけで、お後がよろしいようで。

・ハロウィン騒動をセンター商店街理事長が激怒「変態仮装行列」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

諦めムード演出のための辺野古工事再開!&「CM規制容認なら改憲議論に応じる」(玉木雄一郎)。それこそ自民党の思う壺だろう!&徴用工問題に深く関わる麻生財閥!!

 公明党の国交相・石井君が辺野古埋め立て再開にゴーサインを出したと思ったら、なんと今日にも工事を始めるんだとか。初老の小学生・ペテン総理は所信表明で「沖縄の皆さんの心に寄り添い、安倍内閣は、基地負担の軽減に、一つひとつ、結果を出してまいります」って言ってたその舌の根も乾かないうちにこれだ。

 ここまで工事再開を急いだのは、おそらく新基地建設に反対するひとたちに、徒労感を抱かせるためなのだろう。どこまでやっても最後はこれだ、という諦念に火をつけることで、オール沖縄の勢いを削ごうってことに違いない。まさに圧政そのもですね。

辺野古きょうにも工事再開 海上にフロート再設置

 ところで、国民民主の腰抜け・玉木君が「CM規制容認なら改憲議論に応じる」って言ってるそうだ。こういうバーターは自民党にすれば渡りに船なんだよね。とにかく、改憲議論という舞台に引きずり出せばこっちのもの、ってのが自民党の腹の内なんだから、腰抜け・玉木君の発言は飛んで火に入る夏の虫ってことだ。

 改憲議論をする前に、「なぜいま改憲なのか」をちゃんと検証することが重要で、それにはまずペテン総理の「憲法は国の理想の姿を示すもの」という認識そのものを問わなくちゃいけない。そこをねぐっての改憲議論なんて、みすみす敵に塩を送るようなもので、国民民主ってのはしょせんは自民党の補完勢力ってことだ。

国民民主・玉木氏“CM規制”議論進めば改憲議論“拒否せず”

 最後に、徴用工問題が日韓関係にとって新たな火種になりつつあるようだけど、そこに一枚噛んでいるのが麻生財閥なんだね。麻生炭鉱における朝鮮人那強制労働について、ちょいとお勉強したみるのも面白い。

麻生炭鉱での朝鮮人強制労働

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ