« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

秋篠宮が「大嘗祭」に一石!! 宮内庁は「聞く耳持たず」!!&ゴーン逮捕に浮かれて人質司法を野放しにするメディアの無知と無恥!!

 天皇代替わりの最大の行事である「大嘗祭」について秋篠宮が「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と持論を述べたそうで、これはまったく正しい見解だ。政治的発言がどうしたこうしたという異論・反論がこれからかまびすしくなるんでしょうね。

 でもって、こうした意見について、宮内庁長官は「聞く耳を持たなかった」そうだ。こちらの“お言葉”の方が、大嘗祭云々よりも数段インパクトがある。皇室というのは、いつの時代も権力のオモチャってことなんだね。ようするに、「お飾り」でいてくれればいいだけで、意見なんか口にするのはもってのほか。でないと、権力者が好き勝手に国を壟断することできませんから。

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」

 ところで、26日のエントリーで、ゴーン逮捕で日本の人質司法が世界にさらされるって書いたんだが、どうやらあっちゃこっちゃでそんな動きが出てきているみたいですね。ウォールストリート・シャーナルは「宗教裁判」と批判してるってさ。

 宗教裁判かどうかはともかく、逮捕、再逮捕を続けていけば何年だって拘留することは可能という人質司法は「詐欺や私的金融取引を行った前歴のない世界企業のトップにではなく、暴力団の構成員にこそふさわしいものだ」とかなり核心をついている。もっとも、暴力団の構成員にだって、こんな人権無視しちゃいけないんだけど・・・。

・ゴーン前会長への日本の処遇は「宗教裁判」 米紙が批判

 で、こうした海外からの批判に対して、東京地検次席検事は「国ごとにそれぞれの制度があり、自分の国と違うからと言って簡単に批判するのはいかがなものか」って居直りましたとさ。これまでも国連人権委員会からさんざん勧告を受けている人質司法に反省のカケラもないんだね。

東京地検、海外メディアに反論 勾留期間「国ごとに制度ある」

 かつて検事だった落合弁護士が「日本の人質司法の怖さが徐々に世界に知れ渡る」ってツイートしてるけど、これをきっかけに少しでも司法改革が進むなら、外圧もまた楽しってことか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

「外国人労働者問題は議論したらキリがない。いくらでも問題点が出てくる」(平沢勝栄)・・・議論を重ねて問題に「キリをつける」のが国会の務めだ! 議論して働け!!&「殉愛」名誉毀損裁判で、百田尚樹が敗訴!

 ナベツネ死亡説はデマ、って読売が言ってるんだが、だったら死亡説が流れた時になぜ即否定しなかったのかねえ。「誤報」ではなく「デマ」って強弁しているのもなんだかなあ。

渡辺主筆は「退院の準備」 巨人オーナー、容体デマ否定

 そんなことより、参議院で移民法案の審議が始まった。もう出口は見えちゃってるからなんだろうね。メディアの扱いの小さいこと。でも、移民法案の審議で見えてきたってことがあるはずなんだね。それは何かと言えば、国会運営システムのあり方だ。

 移民法案では、会期がどうしたこうしたとか、初老の小学生・ペテン総理の遠足がどうしたこうしたとか、いろいろ理由を上げて採決強行したんだが、だったらそんなシステムを抜本的に改革しろって論点はとても重要なことなのだ。それをするのがジャーナリズムってもんじゃないのか。

 小選挙区制が続く限りは「勝つか負けるか」「白か黒か」しかないんだから、へたすると選挙が終わった時点で国会審議なんかいらなくなっちゃうんだよね。それを阻止するためには、国会運営のあり方を改めるしかない。

 警察官僚崩れの平沢君が移民法案強行採決について、「この問題は議論したらキリがないんです。いくらでも問題点が出てくるんです」てなことをのたまってくれちゃってるけど、この発言こそ国会を舐めてる典型なんだね。「キリがない問題」をしっかりと議論して一定程度の合意をして「キリをつける」ことが国会の務めってことを、こやつは忘れている。議員なんか辞めちまえ!

Photo

 政権と与党が一体化している現状を考えると、質問時間は野党9:与党1くらいでちょうどいいんじゃないの。そして、通年国会にする。税金からベラボーな歳費頂戴してるんだから働け。役人の作文読んでるだけなら、それこそ「単純労働」の極みってなもんです。

Photo_2

 でもって、「内閣総理大臣その他の国務大臣の国会出席の義務」を定めた憲法63条を厳格に適用すること。国会開催中の総理大臣の外遊は全会一致の許可がない場合は認めない・・・そのくらいのことをしなくちゃダメですね。そうすれば、ペテン総理のように都合が悪くなったら海外遠足という逃げは打てなくなりますから。

 「タガが外れる」という言葉があるが、いままさにこの国の政治そうした状況下にある。その外れたタガを修復できるのは、一般大衆労働者諸君しかいない。そのためには、「諦めない」ことなんだね。「国民の無力感」こそが、独裁者が最も好むご馳走だってことをいま一度肝に銘じたい今日この頃なのだ。

入管法強行採決に『ひるおび』田崎史郎、八代英輝らが「野党が悪い」! 安倍が目茶苦茶をしても責任転嫁“ヤトウノセイダーズ”

 最後に、売文芸人の百田シェンシェイが、やしきたかじんをネタに商売した「殉愛」をめぐる名誉毀損裁判で敗訴です。ざまあみやがれ!・・・というわけでお後がよろしいようで。

百田尚樹氏の「殉愛」で名誉毀損、幻冬舎の敗訴が確定

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

白紙委任の入管法改正案(移民法案)を強行採決・・・まるで全権委任法だな!!&次は水道民営化か!&「万博誘致で風呂敷広げすぎた」(松井大阪府知事)・・・はあ~っ!!

 ゴーン逮捕はスピンではない、なんて声もあるようだけど、昨日の移民法案強行採決とそれを報道するメディアのスタンスから推測するに、やっぱりゴーン逮捕は移民法案隠しの意図があったことは間違いない。そこに元相撲取りの離婚騒動が加わって、ワイドショーは枯れ木も山の賑わいです。

入管法改正案が衆院通過 野党「拙速」8党派反対

「検事の癖が抜けない」法相 論破の姿勢に異例の注意も

 それにしても、最後は数で押し切ればいいってんなら、もう国会はいりませんね。軍事オタクのアンポンタン石破君が「成立させるだけなら圧倒的多数でできる。ただ、それでは国会の意味がない」ってごまめの歯ぎしりしたそうだが、お説ごもっと。

 本来、こういう視点はメディアこそが持つべきもののはずなのに、そこは完全にネグっちゃって「野党がだらしない」ってdisるキャスターやコメンテーターがいるんだから情けない。

 民主党政権の時には重箱の隅をつつくようにしてさんざんバッシングしたくせに、ペテン政権には重箱の隅をつつくこともしないんだから、何をかいわんやなのだ。

 ま、いまさら何を言ったところで、そんな政権に絶対的な数を与えてしまったのは国民ですからね。映画『帰ってきたヒトラー』で「私を選んだのは普通の国民だ。私を怪物と呼ぶならば、選んだ選挙民が悪い」とヒトラーは言い放つが、まさに同じ言葉を一般大衆労働者諸君は突きつけられているってことだ。

 絶対的多数ってことになると、メディアも「与党の驕り」なんてことを口にしたりする。だったら、強行採決の前に、ちゃんと言わんかい、ってなもんです。

 でもって、今になって言われてもねえという思いを強くしたのが、昨夜のテレビ朝日『報道ステーション』だ。移民法案強行採決の後に水道民営化を取り上げてたんだが、遅すぎだろう。こういう「やってる感」をアピールするためのアリバイ工作がいっちゃん罪つくりなんだね。

【報ステ】「水道の運営権を民間に」水道法改正案

 6月に審議入り、7月に衆議院で可決された時には、ほとんどの新聞・TVはスルーしたんだよね。2013年にひょっとこ麻生が水道民営化をぶち上げてから、一部のメディアではその問題点が指摘されていたにもかかわらずですよ。

 水道民営化については、ひょっとこ麻生の娘婿がフランスの水道マフィア企業の幹部なんてことも取り沙汰されている。つまり、一族の利益のためってのが透けてるんですね。移民法案といい、水道民営化法案といい、まさに売国の法案なんだから、いまこそ右翼の皆さんは「NON」の声を上げるべきなんじゃないのでしょうか。

あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に

 最後に、大阪のチンピラ知事だ。なんと、「世界80億人が参加できる体制を作りたい、と世界各国で(の誘致活動で)風呂敷を広げすぎるぐらい広げてきたので、日本の総力を挙げていただかなければ実現不可能だ」って泣きが入ったってね。はあ~、ってなもんです。

大阪万博 「風呂敷広げすぎた」松井知事が協力要請

 浪速のど根性で、どうぞおきばりやす!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

「単純労働とは何か」(山尾志桜里)VS「こうした場において具体的、個別具体的に例を示すのは控えた方が良いと考える」(安倍晋三)・・・「こうした場」だと! 国会舐めとんのか!!

 入管難民法改正案、その実は移民法の強行採決が今日にもありそうだ。それもこれもペテン総理の外遊日程に合わせてのことで、法案の中身はいまだにスッカスカ。昨日の衆議院予算委員会もひどいものでした。答弁に立った初老の小学生・ペテン総理は「ご飯論法」全開で、まともに質問に答えようとしない。ていうか、答えられないってのが本当のところか。

「雇用に悪影響ない」根拠は? 入管法改正、かわす首相

 なんてったって、どんなに具体的に質問しようが、「まだ決まっていない」「これから検討する」だもんね。ようするに、外国人労働者受入人数や単純労働の定義といったことは、すべて法案成立後に「分野別運用方針」を作成して法務省が決めていくってことなんだね。

 つまり、省令ということで、これには議員はまったく関与できない。政権の思うままに運用できるというわけだ。これを世間では「白紙委任」と言う。ヒトラーの全権委任法が脳裏を掠めます。

【信号無視話法】山尾議員vs安倍総理 2018年11月26日 衆議院 予算員会 (入管法 強行採決直前)

 それにしても、昨日のペテン総理の低脳ぶりは凄まじかった。白眉は、なんといってもアニー山尾君とのやり取りだ。

山尾 単純労働には拡大しないという単純労働とは何か。特段の技術も技能も知識も経験も要らない仕事とは、どういう仕事か?
安倍 お尋ねの点については様々な作業が考えられるものの、こうした場において具体的、個別具体的に例を示すのは控えた方が良いと考える。

 おいおい、国会だぞ。舐めとんのか!! こうした移民法案のいい加減さを伝えるのがメディアの務めだろうに、TVではゴーンゴーンゴーンゴーンと除夜の鐘が鳴りっばなし。たまに移民法に触れたと思ったら、政治部キャップとやらが「明日にも採決の姿勢です」とまるで他人事で、「オメーの考えを述べよ」と思わずTVに向って毒づいちまった。

【報ステ】入管法「単純労働とは?」野党が総理追及 

 まともに議論をしない政治屋とそれを見て見ぬ振りするメディア、そしてそんな状況でも内閣支持率でバックアップする一般大衆労働者諸君の存在が、なんとも疎ましい小春日和の朝である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

長期拘留、密室の取調べ、接見禁止・・・ゴーン逮捕でさらされる日本の司法制度の闇!

 東京新聞朝刊が、1面と中面の「こちら特報部」で法廷通訳の人員不足を取り上げている。法廷通訳とは外国人被疑者の裁判の際の通訳で、検察官や弁護人の作成した書類の翻訳といったことまでまかされているのだとか。そのくせ1回の通訳料は15000円程度で、なんと「公判前に準備する資料の翻訳は無報酬」っていうから、まさに日本の司法はブラック企業ってことだ。

 法廷通訳の担い手が少なくなって、そのスキルが低下していくと冤罪にだって繋がりかねないんだから、外国人労働者を受け入れるならこうした制度の整備にも力を注がなくてはいけないんだよね。

法廷通訳、担い手不足 5年で200人減 ニーズ増

 で、通訳とくれば、ゴーンの取り調べだ。おそらく、フランス語の通訳がついてるんだろうけど、フランスでは「面会での会話は日本語しか認められない」と日本の司法制度が槍玉に上がっているとか。ま、面会における外国語の禁止というのは、立会人に理解のできない秘密のやり取りを避ける意味があるから一定程度は仕方のないところもあるんだろうけど、中世並みと揶揄される日本の司法制度は今後フランス国内で問題視されるに違いない。

 たとえば、弁護士のつかない取調べ、家族との接見禁止、そして人質司法と悪名高い長期拘留などが、中世並みと揶揄される所以で、森友学園疑獄では籠池夫妻が10ケ月も監禁されて問題になったばかりだ。

・ゴーン逮捕で日本の“中世並み”司法制度に海外から一斉批判! それでも特捜部は自白強要のために長期勾留するのか

 日産クーデターは、どうやら日産をルノーの子会社化しようとするフランスとそれを阻止する日本の代理戦争の観を呈してきて、裏には相当どす黒い駆け引きがあるようなんだね。そこんところは勝手にしやがれってなもんだが、この事件をきっかけに日本の司法制度の闇に光が当てられるのはちょっとしたケガの巧妙かもしない。ていうか、そうあって欲しいと願う今日この頃なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

「カジノありきの大阪万博」・・・オフィシャルスポンサーに米カジノ企業5社の事実!!

 大阪万博が決定したとたんに、それまでの反対の声はかき消され、お祭りムード一色なんだから、おそらく戦争に突入する時もこんなんじゃなかったのか。「赤信号みんなで渡れば怖くない」といった類の同調圧力ってのは、日本のお家芸みたいなもんですからね。

400億円超 民間負担焦点 経済効果は2兆円規模

 で、昨日のエントリーにも書いたように、大阪万博ってのはカジノとセットってことをここで改めて強調しておきたい。ていうか、「カジノありきの大阪万博」と言っても過言ではない。なんたって、カジノだけでは人工島・夢洲の交通インフラ整備なんできませんからね。

 共産党のたつみコータロー君がツイートしているように、実際に万博のオフィシャルパートナーには、「米国のカジノホテルチェーン『シーザーズ・エンターテインメント』や、トランプ米大統領の大スポンサーであるシェルドン・アデルソン氏が会長を務める『ラスベガス・サンズ』など、米国企業が5社も名を連ねている」んだね。

 これが何を意味するかなんて、シロートにだって容易に想像がつく。だからこそ、招致決定の瞬間にゲッペルス気取りの世耕君や経団連の幹部連中、そして大阪のチンピラ知事が飛び上がって欣喜雀躍したってわけだ。

2025年大阪万博 前年カジノ誘致 2大事業課題

なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

 ゴーン逮捕と大阪万博の影に隠れて、入管難民法改正案も水道民営化も原発賠償法改正案も、ロクな審議もせずに強行採決していくつもりなんでしょうね。浮かれている場合じゃありませんよ、ったく!

【くろねこの競馬予想】

 今年のジャパンカップは、この手薄なメンバーならアーモンドアイで差し切れる。万が一があれば若干長いと懸念される距離の壁か? それでも、このメンバーなら潜在能力で勝ちきれる・・・というわけで中心はアーモンドアイ。
 相手は難しいけど、スピード馬場になってシュヴァルグランに期待。京都大章典ではサトノダイヤモンドに屈したとはいえ、重い馬場への適正の差が敗因では。天皇賞・秋のようにレースを引っ張る形になった時のキセキの前残りに注意。
◎アーモンドアイ、○シュヴァルグラン、▲サトノダイヤモンド、△キセキ、スワーヴリチャード、サンダリンギブルー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

カジノとセットの大阪万博が決定・・・「事業運営費の9割を入場料で賄う」と早くも捕らぬ狸の皮算用!&「日の丸の服を着て行ってもいいのか」で香山リカ氏の講演中止・・・脅しに屈した南丹市!!

 2025年の万博が大阪に決まった。カジノとセットで人工島の夢洲開発を目論んでいるのだろうが、そんなにうまくいくのかねえ。ていうか、いまそんな大型イベントに夢を託している場合か。

 「会場建設費の約1250億円は、国、大阪府・市、経済界が3等分で負担する」そうだが、東京オリ・パラでもわかるように予算はどんどん膨れ上がることは間違いない。そして、「人件費など事業運営費の約820億円の9割を入場料で賄う」なんて捕らぬ狸の皮算用しているってんだから、危なっかしいったらありゃあしない。

 さらに、「総額2億1800万ドル(約246億円)の発展途上国を中心とした参加国への支援を改めて約束した」そうで、大阪のお大尽ぶりが凄まじい。大阪には生活保護受給者が4人に1人なんて区もあるんだよね。いま支援が必要なのは、そこだろう。

 万博の祭りの後は、カジノで搾り取ろうってか・・・いやはや。

BIE総会 25年万博、大阪に決定 55年ぶり開催

 ところで、京都・南丹市が開催を予定していた精神科医の香山リカさんの講演会が、妨害予告を受けて中止になったってね。「日の丸の服を着て行ってもいいのか」「香山さんをよく思わない人が行くかもしれない。大音量を発する車が来たり、イベント会場で暴力を振るわれ、けが人が出たら大変だろう」なんて脅迫めいた匿名の電話があったんだってね。

 これに対して、南丹市は「会場の混乱を避けるためにやむを得ず、講師の差し替えを決めた」って言い訳しいる。おいおい、そんなに簡単に白旗上げちゃったら、相手の思う壺だろう。どんなに取り繕ったって「市が脅しに屈した」のは間違いない。おそらく、こういう行政の弱腰は全国に波及してるんだろうね。

 香山リカさんの講演会は「子育て講演会」と銘打たれたもので、南丹市のホームページでは「恵まれた住環境と安心して子育てができるまち」と謳っている。それが、匿名の脅迫に敢然と立ち向かうことなく腰砕けになっちまうんだもの、講演者も守れないのに「安心して子育て」なんかできるわけがありませんよ、ったく。

香山リカさん講演中止 「日の丸の服着ていく」市に妨害電話

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

陸山会事件でドジ踏んだ元特捜部長がゴーンの弁護士に!!&「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事だ」(桜田義孝)&会計検査院が公文書改竄について「違法だけど職員の懲戒処分は見送り」・・・わけわかんない!!

 ゴーンの弁護士に、陸山会事件で東京地検特捜部が虚偽の捜査報告書というドシ踏んだ時の次席検事だった大鶴君が就任したってね。ホリエモン逮捕の捜査指揮をとったのもこの男で、ヤメ検の弁護士がすべて優秀とは限りませんからね。どうなることやら。

・ゴーン会長の弁護人に元東京地検特捜部長

 ところで、そのポンコツさかげんに日々磨きがかかっているカーペンター桜田君なんだが、国会答弁で言うに事欠いてこんなサノバビッチぶりを発揮してくれてます。

「多くのスタッフの協力に基づく答弁書を、間違いのないように読むことが最大の仕事だ」

 こういう無能な男を適材適所と強弁する初老の小学生・ペテン総理の任命責任は限りなく大きい。にしても、このところのカーペンター桜田君の国会答弁は、やたら強気の姿勢が目立つんだね。いまひとつ野党の追及に迫力がないということもあるんだろうが、ひょっとしたらペテン総理からなんらかの地位保全の約束があったのかもね。生活保護叩きの鬼嫁・片山君もノラリクラリと逃げ回っているし、やっぱりゴーン逮捕はスピンってわけですか!?

「答弁書を間違いなく読むことが最大の仕事」 桜田五輪相、スマホは「使う」

桜田五輪相、止まらぬ問題発言 党内「タイミング最悪」

 さて、久しぶりに森友学園疑獄です。会計検査院が財務省の文書改竄について、追加検査の結果をまとめたってね。それによれば、「財務省の行為を違法と認定する一方、かかわった職員らの懲戒処分の要求は見送った」そうだ。

 おいおい、違法行為に手を染めたのにお咎めなしって、わけわかんない。そもそも、会計検査院ってのは「国会及び裁判所に属さず、内閣からも独立した憲法上の機関」であり「国や法律で定められた機関の会計を検査し、会計経理が正しく行われるように監督する職責」があるんだよね。

 だから、本来ならどんな人物や組織の「ご意向」があろうと、そんなものに「忖度」する必要はないんだね。でも、やってることは「忖度」しっぱなし。これじゃあ、「内閣からも独立した憲法上の機関」が泣こうというものだ。

財務省文書改ざん、違法と認定 懲戒要求はせず 検査院

 アメリカでは、不法入国者をめぐる新たな措置を差し止めた連邦裁判所の判事を「オバマ判事」と批判したトランプに対して、「連邦最高裁判所の長官が『オバマ判事もトランプ判事もいない』と反論」している。連邦最高裁の長官は保守派としてつとに有名なんだが、司法の独立性を守るためならトランプの「ご意向」なんかクソ食らえって敢然と異議を唱えたわけだ。

 これこそが「独立した機関」の矜持ってもんです。会計検査院に連邦最高裁長官ほどの誇りがあれば、シュレッダー佐川君を筆頭とする違法官僚を野放しにはしないだろうに・・・なんてこったいの勤労感謝の日の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

「民が黙れば民主主義は消える」・・・映画『華氏119』が描くアメリカは日本の写し絵でもあった!

 いまさらではあるんだが、マイケル・ムーアの『華氏119』を観た。実に示唆に富んだドキュメントでありました。ともすると、トランプ批判のドキュメントという側面だけが語られるけど、それはちょいと矮小化し過ぎというものだ。

 宣伝惹句に「2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?!」とあるように、このドキュメントは「世界の終わりの始まり」ってところにマイケル・ムーアの思いが込められている。

 一言で言えば、「民意なんてクソ食らえ」って奴らが政治を牛耳るようになったことが悲劇の始まりってことだ。そのシンボルがトランプであり、そこに至るまでには様々な予兆があり、そこから目を背けてきたメディアや市民にも責任があるとムーアは語る。

 その典型的な例が、政治を企業経営の延長とする知事の出現により起きたミシガン州の水道汚染問題で、トランプはこの知事の手口を雛形にしているとムーアは指摘する。そして、オバマもまた、同じ穴のムジナだと断じる。

 さらに、「民意なんてクソ食らえ」を心情とするサノバビッチな政治屋どもが生まれる背景には、1億人が選挙に行かないという現実があることも見逃さない。

 「民が黙れば民主主義は消える」。最後に響くこの言葉こそが、このドキュメントの真髄だ。そして、それは日本の写し絵でもあるのだった。

 それにしても、トランプのインセストまがいのイバンカへの溺愛ぶりは実におぞましい。このドキュメントが大統領選前に公開されていたら、この1点だけでトランプ大統領はこの世に存在していなかったに違いない。娘を可愛いがって何が悪いという居直りは、「ばくしんの友」とゴルフをやって何が悪いという傲慢ぶりと重なって、暗澹たる思いにかられたのでありましたとさ。

・イバンカ氏、政府情報を私用メールで百通 大統領の長女

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

「ゴーン一強体制の弊害」を論じるなら「安倍一強体制の犯罪」もしっかり検証しろ!!&ゴーン逮捕を隠れ蓑に入管法審議入りを強行!!&「安倍内閣が北への軍事行動をするなら支持」(米子市長)

 自民党に落語議連(落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会)だとさ。小泉の小倅も参加してるんだが、徒党を組んで落語を聴こうなんて、粋じゃないねえ。

自民、落語議連設立 寄席文化継承目指す 小泉進次郎氏ら参加

 そんなことより、日産だ。案の定とは言え、ゴーンゴーンゴーンゴーンゴーンと、除夜の鐘じゃあるまいし、かまびすしいったらありゃあしない。それがまた、判で押したように、「一人に権限が集中し過ぎた」と「ゴーン一強体制」の弊害をもっともらしく解説してるんだね。

 しかし、「権力集中」が原因とするなら、ペテン政権なんてその最たるものだ。布袋頭・甘利君のあっせん利得疑惑、財務省の公文書改竄、初老の小学生・ペテン総理の私人の妻が関与した森友学園疑獄、そしてペテン総理と「ばくしんの友」との悪巧み(加計学園疑獄)と、これすべてペテン総理への権力集中が原因んだよね。そこをほったらかしで、「ゴーン一強体制」を批判してもまたく説得力がありません。

法人としての日産も立件へ 長期で巨額の虚偽記載を重視

・東京新聞社説
権力集中だけが原因か

 それはともかく、考えてみれば、これだけの大物を事情聴取というプロセスをすっ飛ばして、いきなり逮捕ってのもおかしなものなんだね。そこには何らかの政治的判断があると思うのが普通じゃないのか。作家の中沢けいがこんなツイートしてたけどおっしゃる通りです。

日産の幹部が官邸にお詫びに参上したってのも、いろいろ裏があるからこそ、ってなもんです。

「お騒がせし申し訳ない」 日産専務、首相官邸に

 でもって、ゴーン逮捕を隠れ蓑にするかのように、入管難民法改正案の審議入りを委員長職権で強行しやがりました。外国人労働者失踪問題の資料に改竄の疑いがあるってのに、ヤメ検の法務大臣・山下君は役人の作文を読んで謝罪したふりして責任を取ろうともしない。

 それなのに委員長職権で審議入りってのは、それだけこの法案を成立させなくちゃいけない相当の理由があるってことなんだね。ようするに、自らの保身のために経済界の「ご意向」にそったということなんじゃないの。「今回の入管法改正案は経団連の要望に沿っている」って経団連会長が公言してるんだから、何をかいわんやなのだ。

 最後に、米子市長が拉致問題について、こんなネトウヨ発言したってね。

「もし安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、あるいは憲法を改正するというのであれば、全面的に支持をして、この拉致被害の回復、主権の侵害の回復に、私たちは国民として全力で当たりたい。全力で支援をし、そして支持したいと思っております」

 一朝事ある時は、先陣を切ってお国のために戦ってください。それこそが、言葉が命の政治家としてあるべき姿でありましょう。それにつけても、ウマシカにつける薬はないとはよく言ったものだ。

「安倍内閣が軍事行動なら支持」拉致問題めぐり米子市長

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2018年11月20日 (火)

ゴーン日産会長逮捕・・・これで、入管法も片山も桜田もモリ・カケ疑獄もすべては霧の中、ってか! それにしても、日産社長の正義感面した記者会見はなんとも気分が悪い!!

、 昨日の夕方に速報が飛び交ってからというもの、メディアはゴーン一色。まるで極悪人扱いという、手の平返しの凄まじいこと。それにつけても、日産の社長の記者会見はゴーン憎しが言葉の端々に感じられて、なんとも気分の悪いものだった。

日産会長逮捕 報酬50億円過少記載疑い  東京地検 別の役員と共謀

 これって、ようするにクーデターだよね。別にゴーンの肩持つわけじゃないけど、「一人に権限が集中し過ぎた。負の側面であることは事実で、将来に向けて精算していきたい」なんて社長の会見聞いてるとまるで「正義のヒーロー」面しちゃって、だったらゴーンの悪さを見逃した自分たちの無能さはどうなんだよ、って突っ込みたくなっちまう。

 それにしても、またしても絶妙なタイミングなんだね。国会では、入管難民法改正案ですったもんだしている今、ゴーン逮捕はワイドショーの格好のネタですからね。これで、入管難民法改正案はもちろん、片山も桜田も麻生も、さらにはまだまだ終わっちゃいないモリ・カケ疑獄も霧の中ってことになっちまうんじゃないのかねえ。ていうか、それを目論んでいるんじゃないのか。

・田中龍作ジャーナル
またスピン、ゴーン会長逮捕 入管法改悪の目くらまし

日産カルロス・ゴーン氏逮捕は見せしめか!? 「次のターゲットは●●」「ウラに政府陰謀と消費税10%」事情通が暴露

 何十億という高額報酬が槍玉に上げられているのもわかりやすい。これなら、高額所得者に鉄槌というイメージ操作ができて、東京地検特捜部としても「やってる感」をアピールできますからね。

 地検特捜部と日産の間で司法取引があったんじゃないかという憶測も飛んでいるようだし、ゴーン一人を悪者にしてシャンシャンというわけにいきまんよ、たぶん。

・ゴーン容疑者の捜査で司法取引 特捜部に日産社員協力か

 そう言えば、ゴーン逮捕は、思いの他根が深そうなジャバンライフ隠しって噂もあるようだけど、どうなんでしょうねえ。

警視庁が捜査開始「ジャパンライフ」と安倍政権のただならぬ関係! 首相の最側近やメシ友記者が広告塔で7千人の被害

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

診療代の「妊婦加算」は「少子化に逆行」と同時に「女性差別」そのものだ!&無許可だった片山さつきの広告看板!&産経新聞、全国紙から撤退!!

 教育の無償化をまさに否定するかのようなひょっとこ麻生の「人の税金で大学」発言なんだが、こういう本来は推進すべき政策を否定するような動きってのが底抜けの馬鹿政権には多々ある。このところ降って湧いたように話題になっている「妊婦加算」もそのひとつだ。

 これは、「妊婦の診療には薬の処方などで特別な配慮が必要」だからってんで「妊娠中の女性が病院や診療所を外来受診した際、今春から請求されるようになった」診療費のことで、なんと産婦人科以外の病院、たとえば歯科にかかても請求されるんだとか。

 コンタクトレンズを作る際の眼科検診でも請求されるっていうから、そりゃあ女性にとったら間尺に合うわけがない。そもそも、「妊婦の診療には薬の処方などで特別な配慮が必要」と言うなら、アレルギーのあるひとはどうよ。こういうひとたちこそ「薬の処方などで特別な配慮が必要」なんじゃないのか。でも、「アレルギー加算」なんて聞いたことありませんからね。

 「少子化対策に逆行」という意見もあるようだけど、なによりも「妊婦加算」は女性差別そのものだろう。「妊婦加算」より「妊婦控除」こそなすべき政策ってことだ。

妊婦加算なぜ 「少子化対策に逆行」批判噴出

 ところで、生活保護叩きの鬼嫁・片山君の看板問題なんだが、さいたま市の許可を受けていなかったそうで、取り外されたってね。鬼嫁曰く、「業者に広告費用を払っているだけなので、条例に関する話はうちに来ない」そうです。生活保護叩きする前に、テメーのケツを拭きやがれ!!

片山大臣の看板、市の許可受けず設置 指摘受け真っ白に

 看板をとくれば、産経新聞が全国紙の看板を下ろすとさ。部数減少で経営難だってんだが、しょせんは自民党広報紙なんだから、これからは「アベ様のサンケイ」としてネトウヨ相手にせいぜいフェイクニュースを垂れ流すことだ。ついでにフジTVも全国ネットから退場したらどうだ。

【超話題】産経新聞が「全国紙」の看板を下ろす決定!販売網を首都圏と関西圏などに縮小!販売部数の減少で財務状況が厳しさを増す

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

「人の税金を使って学校に行った」(麻生太郎)と東大出身の北九州市長を口撃・・・税金で飲み食いしているスットコドッコイに言われる筋合いはない!!

 昨日からナベツネ死亡説がネットを駆け巡っているようで、初老の小学生・ペテン総理が外遊から帰国するまで読売は発表を先伸ばししているとか。果たして、真相やいかに。

 そんなことより、またしてもひょっとこ麻生が他人の悪口を言って顰蹙買ってるってね。なんでも、福岡市長選の応援演説で北九州市の市長が東大出身ってことをあげつらって「人の税金を使って学校に行った」って批判したんだとか。税金使って飲み食いしたり、愛人に貢いだりしているスットコドッコイに言われたかない、っなもんです。

麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

 それにしても、福岡市長選とは何の関係もない北九州市長を槍玉に上げるってはどんな了見なんだろうね。この男、ほとんどビョーキなんじゃないのか。少なくともまともな神経ではないことは確かだ。他人を貶めることで自らの正当性をアピールしようという卑劣な手口は、ペテン政権になってからというもの政治屋どもの常套手段になってるんだね。

 銀座のクラブでホステス前にしてオダ上げてるのと同じ感覚で政治ごっこやられちゃたまったもんじゃありませんよ、ったく。

 そもそも、朝鮮人労働者から搾取し続けた一族の末裔に「人の税金を使って学校に行った」なんてことを言われる筋合いはありません。私学にだって多額の助成金が出てるわけで、ちなみにこやつの出身校である学習院は補助金の多い私立大学ベスト50にランクインしているんだよね。

 それはともかく、ひょっとこ麻生の品性下劣さは、もはや看過できないレベルまできているのは間違いない。ゴルゴ13はどこぞにいないものだろうか。

Gif

【くろねこの競馬予想】

 マイル路線を引っ張る主役が不在だけに、どの馬にもチャンスはありそう。というわけで、モズアスコットの連覇を阻むのは、ようやく充実の秋を迎えたロジクライ。相手はアエロリット。天皇賞・秋では先行して4着に粘ったアルアインの一発に注意。
◎ロジクライ、○アエロリット、▲アルアイン、△モズアスコット、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、ジャンダルム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

北方領土をめぐるペテン総理の二枚舌外交・・・4島どころか「2島を追うもの1島も得ず」になりますよ!!外国人技能実習生失踪のデータに数字の誤り・・・「誤り」ではなく「捏造」だろう!!

 パソコンを使えないサイバー大臣・カーペンター桜田君のポンコツ振りは、国境を越えて世界中で物笑いの種になっているようだ。ああ、恥ずかしい。

「最強のセキュリティー」 桜田五輪相、PC出来なさすぎて海外で「大人気」に

 そんなことより、北方領土だ。初老の小学生・ペテン総理は、どうやらプーチンとの会談で「歯舞群島、色丹島が日本に引き渡された後でも、日米安保条約に基づいて米軍基地を島に置くことはない」って阿っていたってね。

 口から出まかせでその場を取り繕うとしたんだろうけど、日米地位協定ではアメリカが基地を置きたいと言い出したら。それを拒否するのは難しいはずなんだね。何事も「総理のご意向」ならぬ「アメリカのご意向」が安全保障では優先するわけで、こんな発言はへたするとトランプに足元見られて、「だったら日米FTAのことはわかったな」って駆け引きに使われちゃいますよ。

最終的には、プーチンにもトランプにもいいようにあしらわれて、北方領土は戻ってこないわ、日米FTAは突きつけられるわ・・・なんてことになるんじゃないのか。ょうするに、「2島を追うもの1島も得ず」ってことですね。

「歯舞・色丹に米基地置かない」安倍首相、プーチン氏に

 ところで、昨日のエントリーで外国人労働者失踪の実態調査で法務省が資料を改竄していたようだと書いたんだが、どうやら数字そのものを捏造していたらしいことが発覚。「低賃金」(そもそもこの選択肢そのものが改竄なのだが)による失踪を86%としていのが67%の誤りで、「厳しい指導」も5%と言ってたのが実際は12%だったってね。

 議論のベースとなる数字の捏造ってのは裁量労働制にもあったんだが、こんなんで法案成立をごり押ししよぅつてのは、いかにその法案が胡散臭いものかってことを自ら暴露しているようなものなのだ。

国の失踪実習生の調査に誤り 理由が賃金87%→67%

やっぱり外国人実習生調査結果は嘘だった!「最低賃金以下」「過重労働」「暴力」を隠蔽…それでも安倍政権は来週強行採決

 最後には強行採決仕掛けてくるんだろうが、こままペテン総理一派のご乱行をほったらかしにしておくと取り返しのつかないことになりますよ・・・って、もうなってるか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

技能実習生失踪の実態調査で法務省が資料を改竄!!&「USBを使う場合は穴を入れるらしいですけど、細かいことはよく分かりません」(桜田義孝)。ポンコツにますます磨きがかかってる!!

 技能実習生の失踪に関する実態調査についてのヒアリングで、法務省が提出した資料に改竄があったってね。法務省の資料では「より高い賃金を求めて」という理由での失踪が86.9%となっているのに、実際の回答の選択肢は「低賃金」「契約賃金以下」「最低賃金以下」となっていたそうだ。

 つまり、失踪は職場の劣悪な環境のためではなく、あくまでも私利私欲という印象操作をしようとしていたってことだ。この聴取票はプライバシー保護を理由に開示を拒否しているんだが、その裏には実情を隠蔽しようという意図があったことがバレちゃったというわけだ。

失踪実習生の調査結果 政府きょう公表 集計だけの方針

・田中龍作ジャーナル
【外国人労働者失踪】安倍政権、またもや公文書改竄と首相虚偽答弁

 入管難民法改正案は、とどのつまりは低賃金労働者の確保にあるんだね。審議が長引けば長引くほど技能実習生の失踪(と言うよりは脱走に近い)の実態が世間に公になって、現代の奴隷制度ってことが明るみに出ちゃうんだから、そりゃあ成立を急ぐわけだ。

「特定1号」技能水準示せず 外国人就労拡大で法務省

 ところで、カーペンター桜田君がサイバーセキュリティー担当でありながらパソコン使えないとかで、国会が紛糾したというから笑っちまう。「USBジャックをご存知か」と問われて「たとえあったとしても万全の対応をする」って頓珍漢な答弁したそうで、ははは、「ハイジャック」と間違えちゃったのね。

 でもって、頓珍漢答弁の白眉がこれです。

「(USBを)使う場合は穴を入れるらしいですけど、細かいことは私はよく分かりませんので、専門家に答えさせます」

 いまどき、三流芸人ですらこんなギャグはかましませんよ、ったく。カーペンター桜田君は「自分は大工だからわからない事もある」とわけわかんない弱音吐いたりしてるそうだが、そりゃあ大工に失礼だろう。謝れ!!

・サイバーセキュリティー担当、桜田氏はUSB知らず

また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

プーチンに足元見られてるのにご満悦の愚か者!&「外国人労働者の最終的な見込み数は改正成立後に示す」(法務省)。闇鍋つつくような法案審議ってことだ!!&片山さつきに暴力団がらみのスキャンダル!!

 海外に行ってる暇なんかないだろうに、初老の小学生・ペテン総理はプーチンと会談してドヤ顔で記者会見。しかし、その中身ときたら、前進どころか日ソ共同宣言を基礎にするってことで大幅に後退しちまいました。しかも、北方領土返還後は米軍基地をつくらないとアメリカの正式な合意文書を担保として差し出せって迫られちゃいました。

 ようするに、適当にあしらわれているわけで、仮に択捉、国後の2島返還が実現したとしても、「引き渡される2島の主権が日ロどちらに属するかなどの条件などについて(日ソ共同宣言には)書かれていない」というのがプーチンの一貫した主張ってことを忘れちゃいけない。

 「やってる感」を目一杯演出しているつもりなんだろうが、結局はのらりくらりとかわされて、またぞろ経済支援を約束させられてシャンシャンってことなのだろう・・・シロートの妄想だけど。

日ソ宣言基礎に領土交渉 日ロ首脳「平和条約」加速合意

 ところで、外国人労働者受入れの人数が5年間で最大34万人だとさ。でも、この数字はあくまでも「ざっくりとした数字」(法務省)だそうで、最終的な見込み数は「改正成立後に示す」ってさ。ようするに、何も決まってないけど法案だけは通せって言ってるわけで、立法事実もへったくれもありません。

 もはや、法案審議の体をなしてません。こんなんで法案が成立していくんだったら、国会なんていらなくなっちまう。まさに、この国は「虚構国家」に変貌しつつあるってことだ。

外国人受け入れ、介護6万人 「14業種 5年で34万人」政府提

 最後に、生活保護叩きの鬼嫁・片山君の政治資金収支報告書の訂正が、収入で計450万円(34件)、支出で計90万3000円(6件)になったてね。秘書が交代して混乱していたなんて見え透いたこと言ってるようだが、さらに事務所費疑惑まで浮上。「全く使われていない疑惑がある場所を事務所として政治資金で支払っていた」と文春砲が炸裂してます。

片山氏、収入記載漏れ450万円 収支報告書訂正またも

片山さつき大臣「事務所費」にも疑惑発覚

 これでも更迭できないのは、ペテン総理の任命責任が問われるのが必至だからなんだね。第一次政権の雪崩を打つような閣僚のスキャンダル勃発の悪夢が脳裏をよぎっているんじゃないのか。生活保護叩きの鬼嫁・片山君には新たに暴力団がらみのスキャンダルが発覚してるから、本人にすればそろそろ辞任なんてことを考えてもおかしくはないんだが、ペテン総理はそれすらも押さえ込んでいるのかもしれない。

片山大臣にさらなる疑惑 暴力団との“密接交際者”から事務所無償提供、秘書給与肩代わり

 ま、仮に片山・桜田のポンコツコンビが更迭されたところで、後釜はさらにポンコツがやってくるんだろうから、こういうのを無間地獄と言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

「移民」は「技能労働者」、「日米FTA」は「日米TAG」、「徴用工」は「労働者」・・・哀れな嘘のつけるひとでなし!!&日銀が政府発表のGDPに不信感!!

 日大の悪質タックルで、元監督と元コーチの立件が見送られた。警察は日大OBが多いからさもありなん、ってことか。しかし、立件しないってことは、タックルした選手が勝手にやったって言ってるようなもので、これでいいのか。

悪質タックルで警視庁 「つぶせ」は傷害意図せず 日大前監督立件見送りへ

 そんなことより、入管難民法改正案だ。実態は移民政策でありながら、「移民」を「技能労働者」と言い換えることで深刻な人手不足解消のためって誤魔化しをしているんだね。そもそも立法事実すら怪しい法案で、深刻な人手不足って言うならちゃんと数字を示してからにしやがれ、ってなもんです。

外国人受け入れに「上限」 5年で最大34万人試算 野党は不備追及へ

 でもって、言い換えとくれば、「徴用工」を「労働者」って言い出してるのもそのひとつで、なかでもこれこそ三百代言の白眉ってのが「日米FTA」と言い募っている「日米TAG」だ。アメリカ副大統領のペンスが来日して、初老の小学生・ペテン総理と日米貿易協定について会談したけど、来日前にツイッターで「FTAに向けた交渉について議論する」ってハッキリと言ってるんだね。

 ようするにペテン総理は嘘をついてるってことなのだ。こんなにわかりやすい嘘を、なんでほったらかしにしてるのか。「実態は日米FTA」ってメディアは口にしてるけど、ペテン総理が嘘ついていることにはいたって寛容なんだね。なんで「日米TAGは嘘」ってハッキリ言わないのかねえ。

日米交渉「サービスも対象」 ペンス氏、市場開放迫る 首相と会談

 ペテン政権の得意技に、データ捏造・改竄ってのもある。なんと、日銀がそうしたペテン政権の体質に不信感を持ち始めたそうだ。なんでも、「国内総生産(GDP)など基幹統計の信頼性に日銀が不信を募らせ、独自に算出しようと元データの提供を迫っている」とか。

 これに対して「内閣府は業務負担などを理由に一部拒否している」ってんだが、そもそも日銀が政府が発表した数字を疑うというのは凄い話なんだね。ペテン政権の終わりの始まりか・・・!?

【安倍首相のウソノミクス】ついに、日銀までが安倍政権を疑い始める!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

「違法行為はなかった」から障害者雇用水増しに関与した厚労省職員にお咎めなし!&国民の年金使った北方領土買収計画が発覚!!

 障害者雇用水増し問題で、厚労省は関与した職員の処分を見送ったってね。その理由が「道義的な責任はあるが、処分に値する違法な行為はなかった」からだとさ。もう何をかいわんやです。法では掬いきれない様々な問題に対処すること。これこそが、全体の奉仕者たる公僕に求められるものであって、法には触れていないからって理屈が通るなら、公僕としての倫理観なんかまるで意味のないことになっちまいますよ。

 血の通った政治とか行政ってのはそういうこった・・・なんて青臭いことつぶやいてみる火曜の朝である。

厚労省、障害者水増し処分せず 「違法行為ない」

 ところで、ロイター通信によれば、2016年に初老の小学生・ペテン総理は、経営難に陥ったロシアの石油会社の株を20%購入することでプーチンに恩を売って、北方領土交渉を有利に進めようしていたそうだ。その資金には、なんとGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の積立金を充てようとしていたとか。そして、交渉人はゲッペルス気取りの世耕君だったとさ。

 ところがこの交渉は不調に終わったそうで、その理由をロイター通信はこう分析している。

「裁判で再生されたセチンの会話記録によると、日本が第二次世界大戦末期から続くロシアとの領土問題の進展とリンクさせようと要求したことで、交渉は暗礁に乗り上げてしまった」

 つまり、ペテン総理の思惑は見透かされていたってことだ。ちなみに、セチンとは交渉相手の石油会社の会長で、プーチンの側近と言われているとか。

 それはともかく、ようするに国民の年金使って北方領土を買収しようとしたわけですね。トランプへの忠誠の証として大量の兵器を購入するのと同じ発想で、そこには政治的理念とか哲学なんてものはカケラもありません。

安倍政権が北方領土のために“国民の年金”をプーチンに貢ぐ計画! 最側近のロシア国営企業株を年金積立金で…

 今週にもシンガポール外遊の途中にプーチンと会談する予定があるそうだが、もう足元見られちゃってますからね。またぞろ経済協力を約束させられてシャンシャンってのがオチなんじゃないのか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

日本人と外国人が共生する環境整備もせずに、低賃金労働力欲しさに移民政策を推し進めたら、この国は人種差別の嵐が吹き荒れることになるだろう!!

 昨日の京都競馬場は12レース中11レースで外国人騎手が勝利。最終12レースはどうにか日本人騎手が踏ん張ったものの、2~3着は外国人騎手が続き、その勢いは止まるところを知らない。これを受けて、今朝のTBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』ではMCの森本毅郎が「外国人騎手が勝ってひどいことになっている」と嘆く始末だ。

 でも、これっておかしくないか。外国人騎手が勝ち続けていることが「ひどいこと」なんていってるようでは、初老の小学生・ペテン総理と経済界が画策している入管難民法改正案が成立して、外国人労働者がどっと押し寄せてきたらどうするんだ。こんな感覚でいたら、おそらくこの国は人種差別の嵐が吹き荒れることになりますよ。

 そうならないためには、まずは外国人労働者の受入体制こそを議論しなくちゃいけないってことだ。たとえば、家族の帯同も認められる「特定技能2号」のひとたちの場合、日本語が話せない子供たちの語学教育はどうするんだろう。本来なら、ちゃんと日本語教育するための環境を整えてからの話でなくてはいけないんだよね。

問題山積 外国人労働者受け入れ拡大/無法労働増やす危険/溶接の技能実習で来日したのに就労先は産廃分別。社長の暴力で入院

 土曜日に放映されたTBS『報道特集』では、長年にわたって外国人労働者を受け入れてきた浜松市の取り組みをリポートしていたが、日本人と外国人が共生する環境を整えるのに30年かかったそうだ。それだけの覚悟が、今の入管難民法改正案にあるのだろうか。絶対にありませんね。つまるところは、低賃金労働力が欲しいだけなのだから。

 おそらく、このま入管人難民法改正案が成立しちゃうと、そこかしこで「外国人労働者が増えてひどいことになっている」という声が聞こえてくることになりますよ。そして、ありもしない「在日特権」のように「移民特権」なんて言い出す輩が出てきますよ。

報道特集 外国人労働者~現状と懸念 0110 201811101730

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

疑惑のポンコツ閣僚はどちらも二階派・・・さもありなん!&「高い歳費をもらっているのに改憲議論しないのは、国国会議員の職場放棄」(下村博文)。そんなことより自らの献金疑惑を説明することこそ、国会議員としての義務だろう!!

 国会は相も変わらずポンコツ内閣の在庫一掃閣僚のスキャンダルでてんやわんや。とうとう、TVのニュースでも、御用コメンテーターでさえ「辞任」という言葉を口にするようになった。カーペンター桜田君は連日の言い間違えで、もはや瀕死の状態。生活保護叩きの鬼嫁・片山君も、口利き、政治資金記載漏れに続いて、公職選挙法違反疑惑の看板問題で絶体絶命。

 ここまできたら2人の辞任は時間の問題、ってのが普通なんだろうけど、どちらも二階派ってのがミソで、土建政治の幹事長・二階君の面子ってのもありますからね。初老の小学生・ペテン総理が更迭なんて大鉈はふるえるわけがない。へたすると、御用コメンテーターに「辞任」をアピールさせておいて、最終的には追及する野党がヘタレだから首取れなかったっていうシナリオを描いててるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけど。

片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

 ところで、ペテン総理が日本会議と組んで強行突破しようとしている「憲法発議」なんだが、どうも雲行きが怪しくなったからなのだろう、ここにきて加計学園献金疑惑の下村君がやたら強気の発言を繰り返している。先週末にCSの番組でこんな発言しています。

「高い歳費をもらっているのに改憲議論しなかったら、国国会議員として職場放棄」

 ははは、相変わらずの馬×鹿ですね。憲法遵守義務こそあれ、改憲の義務なんてものは国会議員にはありません。そんなことより、テメーの献金疑惑を説明することこそ、国会議員としての義務なんじゃないのか。まずは、自分の頭のハエを追ってからにしろ!!

自民・下村氏「改憲論議しないのは国会議員の職場放棄」

1_2
クリックすると拡大します。

【くろねこの競馬予想】

 今年のエリザベス女王杯は混戦模様。7、8頭いる有力馬の中で、中心となりそうなのがノームコア。鞍上がルメールということもあって1番人気になっているようだが、秋華賞を飛ばしたローテーションも好感がもてる。大本命と言うより、連の軸として二重丸。昨年の覇者モズカッチャンは熱発明けというのが微妙でおさえまで。ここが引退レースのスマートレイアーに注意。
◎ノームコア、○レッドジェノヴァ、▲カンタービレ、△フロンテアクイーン、リスグラシュー、コルコバート、モズカッチャン、スマートレイアー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

「ポスト安倍は『岸破義信』」のハンパない小物感に大笑い!!&櫻井よし子が嘘を認めたにもかかわらず、植村裁判で請求棄却のトンデモ判決!!

 自民党の機関紙、産経新聞が「ポスト安倍は『岸破義信』」だとさ。岸田文雄、石破茂、菅義偉、加藤勝信の4人のことだそうで、かつての「三角大福」をもじったつもりなんだろうが、小物感はハンパではありません。ていうか、笑っちゃうよね。

 なかでも大笑いなのが、取り立てて実績がないのに総務会長に抜擢されたと思ったらポスト安倍の仲間入りしちゃったマルチ商法ジャパンライフの広告塔・加藤君だ。加藤君の母親と初老の小学生・ペテン総理の母親が昵懇の間柄で、その引きもあっての抜擢なわけで、いわば「親の七光り」ってことですね。

 そう考えると、「岸破義信」ってのは、マルチ商法ジャパンライフの広告塔・加藤君を売り込むための産経の企画書みたいなものなのかもね。それにしても、「岸破義信」から、菅と加藤の顔が咄嗟に思い浮かぶひとがどれだけいるのだろう、ってなもんです。

・ポスト安倍は「岸破義信」(きしばよしのぶ) 加藤勝信総務会長急浮上

 そんなことより、従軍慰安婦問題にまつわる朝日新聞の記事を捏造としたネトウヨの女王・櫻井よし子君らを相手に、記事を書いた植村隆氏が起こした名誉毀損訴訟に判決が出た。なんと、植村氏の請求棄却だと。この裁判では、ネトウヨの女王・櫻井よし子君が書いた植村批判の記事が「植村氏の名誉や社会的信用を毀損した」ことは認めているんだよね。

 ああ、それなのに、そのでたらめ記事の「相当性が認められる」ということで、この判決になったったんだとか。名誉毀損訴訟の難しさがここにはあるんだけど、やっぱり納得いきませんよね。なんてったって、ネトウヨの女王は従軍慰安婦の記事を否定するために「いくつかの記述に誤りがあることを認め」ている。つまり、嘘ついたんだよね。でも、判決にはそうした事実は反映されなかったというわけだ。

【速報】櫻井よしこ氏のずさんな取材を司法が追認!? 植村隆氏の名誉を毀損したが「捏造」と信じたのは仕方なかった!? 「言論で勝って裁判で負けた、悪夢のような判決」! 

櫻井よしこ氏が自身のウソを認める! 「捏造決めつけ」記述にも重大な誤り

 裁判の結果はともあれ、ネトウヨの女王・櫻井君は、ジャーナリストの片隅にも置けない大嘘つきってことは、しっかり記憶に刻みこんでおこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

入管法改正(移民政策)は外国人技能実習生の劣悪な労働環境の拡大版だ!!

 質問している記者に対して「国民の敵」って罵る大統領の前で、初老の小学生・ペテン総理はさぞかし萎縮しているんだろうなあ・・・なんてことを考えてみる週末の朝である。

・トランプ氏、強権再開 司法長官更迭/CNN記者「追放」

 そんなことより、入管難民法改正と言い換えている移民政策だ。この法案を語る上において、外国人技術実習生が引き合いに出されるんだが、その実態を検証する野党の聞き取り調査が行われた。これまでもその実態については様々に取り沙汰されていたが、この制度は何のことはない低賃金の労働力を手に入れるための奴隷制度みたいなもんなんだね。ひらたく言っちゃえば、体のいいタコ部屋みたなものです。

深夜まで働き時給300円…技能実習の課題残し新制度案 内山修2018年11月9日05時28分

 だからこそ、失踪者が続々と出ているわけで、ペテン総理と経済界が画策している移民政策ってのは、それの拡大版にしか過ぎない。日立が技能実習生を大量解雇したことが問題になっているけど、そうしたことが常態化するってことだ。従軍慰安婦や徴用工問題と重なる部分も多々あるんだね。それにしても、メディアは実習生の失踪を取り上げる時に、どうして不良外国人ってイメージをことさら強調するんでしょうねえ。

日立、99人を解雇した上で補償 技能実習生と最終合意

 そもそも、労働力不足って言うけど、本当か? まずはそこを疑ってかかることも重要なんじゃないか。外国人労働者が働く環境ってのは、それこそ昔は3Kと呼ばれた、あまりの低賃金に日本人が見向きもしなかった現場が多い。残念ながら、いまでは介護の現場すらそんな惨状だ。だからこそ、介護の現場では人手不足が深刻なわけだ。こうした状況を改善するには賃金形態を抜本的に見直して、誰もが働きたくなる環境を創出することが必要なんだね。

 でも、ペテン総理たちが目論んでいる移民政策はそこをねぐって、低賃金の労働力の供給ということしか考えていない。これって、どう考えても、たとえばひょっとこ麻生の実家である麻生探鉱における朝鮮人強制労働と通底する思想がありますね。

外国人労働者流入で賃金25%減…政府がひた隠す驚愕の論文

 もし、こんなでたらめ法案が成立したら、いずれ日本は世界中から非難されることになりますよ。そして、嫌韓、嫌中がエスカレートして、殺伐とした差別的な社会が形成されていくことだろう。在庫一掃閣僚のポンコツぶりをおもしろおかしく騒ぎたてるのもけっこうだが、そんなことばかりにかまけていると大変なことになりますよ。

外国人技能実習生が自ら語る日本での不当な労働実態

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

下院の民主勝利で、トランプの憎悪煽り戦術はより過激になるだろう!&小沢・前原・橋下が会食・・・こんなことしてる場合か!!

 アメリカ中間選挙は下院を民主党が制して、ぎりぎりだけどチェック&バランスが働いたということなのだろう。とは言え、上院は共和党、下院は民主党というねじれ現象が起きたことで、トランプはよりいっそう反対勢力に対して、憎悪を剥き出しにして喚き散らすんだろうね。敵を作って憎悪を煽り立てるのは北の首領様一族が得意としてきた戦術なんだが、いまやアメリカの大統領の得意技になってるんだから、ひたすら口をあんぐりさせるのみ。

米中間選挙 トランプ共和、下院敗北 「米国第一」に厳しい審判

・トランプ氏、民主に協力要請も強気崩さず 中間選挙受け会見

 それにしても、民主党もスターがいないんだね。オバマの再来かと期待されたテキサス州のオロークも、結局は共和党の牙城を崩すことができませんでしたからね。「ブルー・ウエーブ」も選挙戦終盤ではその勢いに若干の陰りも見えてたし、このままスター不在だと2年後の大統領選はトランプにしてやられますよ。

 しかしまあ、「民主党は頭がおかしい。ギャングを流入させる党だ」なんてフェイクニュースを吠えまくって憎しみをぶつけるトランプの演説を聴いていると、もう暗澹たる思いにとらわれてしまう。なんか、とてつもなくよからぬことが世界に蔓延していくような、そんな気がする木曜の朝であった。

 ところで、スター不在は日本の野党も同じで、本当なら立憲民主のエダノンがもっと存在感を示さなければいけないのに、野党統一名簿に否定的な素振りを見せたりして、いまひとつ煮え切らないんだね。そこへ持ってきて、昨日のエントリーで書いたように、国民民主は自民党に取り込まれそうだし、オザワンは風呂上りの口先番長・前原君とお子ちゃま・橋↓君と会食とくるんだから、もう何がなんだかわかりません。

立憲民主 枝野代表、野党統一名簿に同調せず

橋下徹氏、小沢一郎代表と会食 前原誠司氏がつなぐ?

 エダノンが「民主党政権時代に失敗した当事者と、もう1回政権交代をする」なんてことを口にしてることも、ひょっとしたら小沢・前原・橋↓会談に通じるものがあるからなのかも・・・なんて悪夢を見てしまう今日この頃なのだ。

枝野代表「失敗した当事者ともう1回政権交代を」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

自民と国民民主が密会。おめおめと毒まんじゅうを食わされるとは、アホかいな!!&片山さつきにまたしても記載漏れ発覚。常習犯ってことだ!!

 ああ、やっぱりな、ってことで、自民党と国民民主の幹部が密会してたってね。当初は、土建政治の自民党幹事長・二階君と国民民主の代表である腰抜け・玉木君も参加予定だったそうだが、急遽欠席になったとか。おそらく、二階と玉木が会談したんじゃあまりにも露骨だから、少しは世間の目を気にしたってところか。

 いずれにせよ、この会談は、国民民主が「改憲のCM規制を認めるなら改憲議論のテーブルについてもいい」なんて秋波を送ったことへの、具体的な返答だったんじゃないかねえ。改憲の話は出なかったって口裏合わせしているようだが、誰がそんなことを信じるもんですか。

 そもそも、是々非々なんて言ってるような政党ってのは、かつての民社党がそうであったように、いずれは権力に取り込まれていくものなのだ。その民社党について、ノイホイ菅野君がとても興味深いことをつぶやいている。

 国民民主も同じ道を歩くことになるんだろうね。その始まりが昨日の会談だったに違いない。こんなんじゃ、来年の参議院選での野党共闘なんて、夢のまた夢ってことだ。

自民、国民民主に接近=改憲で取り込み狙う

・田中龍作ジャーナル
二階幹事長らの密会現場撮った 改憲審議入りに向け自民が国民民主抱き込む

 ところで、ポンコツ答弁のカーペンター桜田君なんだが、「事前通告なかったから」なんて言い訳しとります。自らの無能さを恥じ入ることなく、失態を他人のせいにするなんてのは、まさに恥の上塗りってことだ。

 さらに、生活保護叩きの鬼嫁・片山君にいたっては、またしても政治資金収支報告書に記載漏れが発覚。「秘書が交代し、引き継ぎができていなかった。こういうことが起こらないようにしたい」だとさ。これはもう常習犯で、訂正したからOKという問題ではない。

桜田五輪相、大丈夫? 記者会見で「知らない」連発

片山地方創生相、新たに120万円の報告書記載漏れ

 いずれ、初老の小学生・ペテン総理の任命責任が問われることになるだろう。それには、権力の監視者たるジャーナリズムの存在が不可欠なんだが、アメリカ中間選挙に必死こいているようじゃダメだろ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

どつき漫才でボコボコの片山さつきと桜田義孝。ポンコツ内閣は「いぶしの銀の人材」どころか「錆びついた鉄屑」だ!!

 国会は、入管難民法改正案という、へたすると国のカタチを変えかねない重要法案を抱えているというのに、ポンコツ内閣の在庫一掃閣僚のおかげで吉本新喜劇も真っ青のドタバタ劇が展開されている。

 主役のひとりが、そもそも答弁能力が疑われていた五輪担当大臣のカーペンター桜田君だ。ラオックス蓮舫君を相手に、とんだどつき漫才を演じてくれた。たとえば、「東京オリンピックのビジョンは?」なんてストレートな質問に席すら立とうとせずに、お付きの役人の支持をじっと待つだけ。さらに、オリンピックの見込み予算額を「1500円」と言い間違えたり、そのポンコツぶりはさすが「適材適所」ってことだ。

 確か、初老の小学生・ペテン総理は、組閣にあたって「いぶし銀の人材」とのたまってたんだよね。ところがどっこい、これではいぶし銀どころか錆びついた鉄屑ってことだ。顔を赤くして、ひたすら汗を拭く姿を見た家族は、さぞかしやるせなかったことだろう。

 それにしても、組閣からの1ケ月間というもの、この男はいったい何してたんだろうね。まさか、大臣になれたからって、連日宴会していたわけじゃないだろう。お付きの役人も同罪だ。レクチャーする時間はたっぷりあったはずだから、大臣が阿呆だからは通用しません。予算委員会でも、質問のたびに役人自ら右往左往したところをみると、こいつらもただのポンコツなのかもね。

 そして、もうひとりの主役が、生活保護叩きの鬼嫁・片山君だ。舌ったらずの杉尾君の質問に、いちいち小走りで答弁席にやってくるその姿に、財務省のエリート官僚だった面影のカケラもありません。選挙運動で平気で土下座できちゃう誇りのなさもむべなるかなってことだ。

 過去の言動もここぞとばかりにつつかれて、もうボコボにされちゃってます。口利き疑惑は深まるばかりだし、いつ引導を渡されるか・・・期待に胸膨れる火曜の朝であった。

蓮舫氏追及に「れんぽうさん...」 新閣僚が“汗だく答弁”

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

「政治とカネ」で疑惑の新閣僚5人衆に、またひとり口利き大臣が登場。金にまみれたポンコツ内閣の行く末やいかに!!

 初老の小学生・ペテン総理が率いるポンコツ内閣が成立して早1ケ月。まだ何も仕事していないのに、「政治とカネ」がらみの疑惑が出るわ出るわ。談合で行政処分された業者から献金貰った裸でピンポンダッシュの沖縄北方担当大臣・宮越君。バスツアーで利益供与疑惑の「教育勅語を現代風にアレンジ」の文科大臣・柴山君、指名停止処分された企業から献金受け取った科学技術担当大臣の平井君。この男は、在庫一掃セールの代表みたいな陣笠です。

政治とカネ 新閣僚5人に問題 第4次安倍改造内閣1カ月

 そして、生活保護叩きの鬼嫁・片山君が「政治とカネ」の真打として注目が集まっているんだが、そんなポンコツにもうひとり仲間が加わった。地味すぎて誰も知らない農水大臣の吉川君だ。なんでも、現在係争中の太陽光発電所を巡る詐欺事件で口利きしてたんじゃないかという疑惑があるんだとか。裁判では「バッジの方」という言い方で被告人が国会議員の関与を認めているとかで、その御仁が吉川君じゃないかというわけだ。

 大臣会見で記者に「一部の報道で北海道の補助金詐取事件の口利きをした議員が吉川大臣だという声も上がっています」と質問されて、「お答えしようがない」なんてトンチンカンかな返答しているところをみると、限りなく黒に近いってことなのかもね。言下に否定しないところがなんとも臭い。

吉川農水相にも“口利き疑惑”が浮上 詐欺事件公判で「バッジの方」証言〈週刊朝日〉

 ポンコツ内閣の「政治とカネ」の中でも、片山&吉川の案件は事実ならかなり悪質ですからね。ペテン総理の命取りになったら愉快なんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

「憲法はその国の理想を描くもの」「『安倍色』を払拭していくことが必要だ」(下村博文)。憲法より、まずは加計学園からの200万円献金について説明しろ!!

 ホークスが勝ったからってわけじゃないけど、やっぱり日本のプロ野球にCSというシステムは無理があるんじゃないのかねえ。

 そんなことより、加計学園からの200万円献金疑惑の下村君だ。自民党憲法改正推進本部長になったもんだから、改憲を訴えて全国行脚をしてるそうだ。で、北海道の自民党支部研修会でこんな演説しましたとさ。

「憲法はその国の理想を描くもの」

 初老の小学生・ペテン総理が同じことをよく喚いてるけど、これってそそもそも間違いだから。そこをしっかりと報道しないメディアも同罪だよね。こやつらは確信犯でこういう発言をしているわけで、それをちゃんとメディアが検証しないと、そのうち「憲法は国の理想を描くもの」という考えがひとり歩きすることになりますよ。

 さらに、こんなことも言っている。

 「安倍政権のもとでは議論したくないと思っている人が多い。自民党全体でしっかり対応しながら、『安倍色』を払拭していくことが必要だ」

 これに対して軍事オタクのアンポンタン石破君は「安倍色を払拭するのであれば誰が責任を持って語るのか。総裁がきちんと党員の前で『自分の考え方はこうだ』とお述べいただかないと」と牽制したそうだが、これが正論というものだ。

 そもそも、「安倍色を払拭」したかったら、ペテン総理が権力握っているうちは憲法に触れなければいいだけのことですから。「安倍色を払拭」するってのはそういうこった。

 改憲を語る前に、この男にはやることがあるだろう。まずは、加計学園からの200万円の献金について説明してもらおうじゃないの。なんてったって、「都議選が終わったら丁寧にお答えします」って言ってたのはアンタなんだからさ。

自民・下村氏「安倍色、払拭が必要」 改憲訴え全国行脚

 ところで、産経が、顔も頭も貧相な官房長官・菅君がオール沖縄の玉木沖縄県知事に「対案」を求める、なんて記事を載せているんだが、この記事を読んでみると「普天間飛行場の危険除去について知事がどう考えているかをうかがってみたい」ってだけなんだね。それを「玉城氏に辺野古移設の「対案」を求める意向を示した」って勝手に解釈してるわけで、ま、産経らしいブラフですね。

 もっとも、「対案を出せ」って言い出しかねないのがペテン政権で、そのためには普天間返還と辺野古新基地建設がリンクしているというイメージ作りをよりいっそう仕掛けてくるだろうことは容易に想像できる。産経の記事も「辺野古移設」ってことを強調したかったはずで、ま、そうした流れの一環かもね。

「普天間の危険除去どう考えているのか」菅義偉官房長官、玉城沖縄県知事に「対案」求める意向

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

性懲りもなく「私は立法府の長」(安倍晋三)のバカ丸出し!&音声データにも知らぬ存ぜぬで片山さつきの絶体絶命!&記者会見で見せたフリージャーナリストの矜持!

 初老の小学生・ペテン総理がまたやらかしてくれた。国会議員の定数削減について質問されて、「私はいま立法府の長として立っている」だとさ。自らを「立法府の長」と口にするのは今回が2度目で、前回の時は答弁を「行政府の長」に書き換えてるんだね。

 さすがに今回は「立法府の長」と言った直後に「失礼、すみません。行政府の長として立っているわけで、立法府の議員定数について、私が少ない方がいいと言うことがあってはならない」って言い訳したんだが、だったら「憲法遵守義務のある総理大臣として改憲を口にすることがあってはならない」んじゃないの・・・なんて突っ込みたくもなろうというものだ。何にせよバカ丸出しは相も変わらずってことだ。

安倍首相「私は立法府の長」また言い間違え 直後に謝罪

 バカ丸出しとくれば生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきも似たようなもんです。口利き疑惑の中心人物とされる私設秘書について「秘書ではない」って言い張ってたんだが、「参院を出入りできる通行証を2011年10月から15年5月まで貸与していた」ことを認めちゃいました。

 「私設秘書でないと通行証は入手できない」って追求されて、「私設秘書には法令上の定義がない」なんて言い訳してるけど、お天道様はお見通しってことです。辞任どころか逮捕されちまえばいいのに。

衆院予算委 私設秘書?に通行証 口利き疑惑で片山氏

 最後に、安田純平さんの記者会見。お見事でした。過酷な状況にありながらも冷静な観察力は、これこそがフリーシジャーナリストの矜持なのだろう。安全地帯から野次飛ばしている御用コメンテーターや芸人、タレント風情がいかにチイセー野郎かわかろうというものだ。

安田純平さん叩くタレント達に戦場ジャーナリストが物申す-橋下氏、たけし氏、松本氏、三浦氏へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

質問無視してペラペラペラペラ。ヤメ検の法務大臣のポンコツぶりが凄まじい!!&「♯変態仮装行列」がトレンド入りで大笑い!!

 東芝がラクビーからの撤退を検討しているとか。ちょいと侘しい週末の朝である。

東芝、ラグビー撤退検討 合理化で他社に譲渡へ

 そんなことより、国会だ。昨日、国会中継を観ていたら、山下貴司とかいうヤメ検の法務大臣が答弁に立っていた。年金男・長妻君が「外国人労働者が何人増える見込みなのか」って入管難民法改正について質問したら、「まずあの移民ということについてでございますが」と質問無視して余計なことをペラペラペラペラ。しかも、役人の作ったペーパー読んでるだけなんだね。

 さすがに予算委員長の出戻り聖子君から「簡潔に」って注意されとりましたが、いやあ凄まじいポンコツぶりに、これが石破派のエースとは呆れる前に笑っちまいました。席に着いても横には役人がベッタリ張り付いて何やらレクチャーしているんだが、そんな時にもヤメ検の法務大臣は落ち着かない様子で、こういうのを「器にあらず」と言うんでしょうね。

入管法改正案の意味は? 失踪者は半年間で4000人超

 その他、生活保護叩きの鬼嫁・片山君は自身の口利き疑惑で右往左往。不思議なのは、夕方のニュースでこうしたシーンがほとんど流されなかったことだ。文春砲が炸裂してからのTV報道を見ていると、どうも鬼嫁の口利き疑惑に及び腰なんだね。「そのうち辞任させるからここはお手柔らかに」なんて話がついていたりして。

 鬼嫁の口利き疑惑が大騒動になると、入管難民法改正の審議が滞り、それどころかモリ・カケ疑獄だって再燃しかねない・・・なんて思惑が働いていたりして。

閣僚、目立つはぐらかし 「森友・加計」「口利き疑惑」衆院予算委

 最後に、渋谷センター商店街理事長がハロウィン騒動を「変態仮装行列」と喝破。このインタビューをたまたまニュースで観たんだが、思わず「座布団一枚」って叫びたくなりました。いまや「♯変態仮装行列」がトレンドだそうで、「笑点」の三平は理事長の当意即妙に学んだらどうだ・・・って関係ないか。というわけで、お後がよろしいようで。

・ハロウィン騒動をセンター商店街理事長が激怒「変態仮装行列」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

諦めムード演出のための辺野古工事再開!&「CM規制容認なら改憲議論に応じる」(玉木雄一郎)。それこそ自民党の思う壺だろう!&徴用工問題に深く関わる麻生財閥!!

 公明党の国交相・石井君が辺野古埋め立て再開にゴーサインを出したと思ったら、なんと今日にも工事を始めるんだとか。初老の小学生・ペテン総理は所信表明で「沖縄の皆さんの心に寄り添い、安倍内閣は、基地負担の軽減に、一つひとつ、結果を出してまいります」って言ってたその舌の根も乾かないうちにこれだ。

 ここまで工事再開を急いだのは、おそらく新基地建設に反対するひとたちに、徒労感を抱かせるためなのだろう。どこまでやっても最後はこれだ、という諦念に火をつけることで、オール沖縄の勢いを削ごうってことに違いない。まさに圧政そのもですね。

辺野古きょうにも工事再開 海上にフロート再設置

 ところで、国民民主の腰抜け・玉木君が「CM規制容認なら改憲議論に応じる」って言ってるそうだ。こういうバーターは自民党にすれば渡りに船なんだよね。とにかく、改憲議論という舞台に引きずり出せばこっちのもの、ってのが自民党の腹の内なんだから、腰抜け・玉木君の発言は飛んで火に入る夏の虫ってことだ。

 改憲議論をする前に、「なぜいま改憲なのか」をちゃんと検証することが重要で、それにはまずペテン総理の「憲法は国の理想の姿を示すもの」という認識そのものを問わなくちゃいけない。そこをねぐっての改憲議論なんて、みすみす敵に塩を送るようなもので、国民民主ってのはしょせんは自民党の補完勢力ってことだ。

国民民主・玉木氏“CM規制”議論進めば改憲議論“拒否せず”

 最後に、徴用工問題が日韓関係にとって新たな火種になりつつあるようだけど、そこに一枚噛んでいるのが麻生財閥なんだね。麻生炭鉱における朝鮮人那強制労働について、ちょいとお勉強したみるのも面白い。

麻生炭鉱での朝鮮人強制労働

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »