« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

年末恒例、笑いおさめ! シンゾー阿呆語録!! 皆さま、良いお年を!!

 初老の小学生・ペテン総理の年末は、ゴルフ三昧と鮨友との酒池肉林。なんとも、いい気なもので。

Photo
Jpg

 ジャーナリズムの体たらくもさることながら、、日本の政治状況における最大の悲劇は、政治家の日本語読解力と論理的思考力の驚嘆すべきほどの欠如だろう。そのくせ、嘘やはぐらかし、詭弁、言い換えといった詐術には長けているとくるんだから、これほどの悲劇が他にふあるだろうか。

 「ご飯論法」なんかはその典型で、東京新聞「本音のコラム」で山本コータロー似の山口二郎法大教授が「国を動かす指導者こそ、(中略)言語によるコミュニケーションや思考の基礎を身につけなければ、日本の未来は危うい」と嘆くのも、ハァもっともだもっともだ、なのだ。

Img20181230_15121808
クリックで拡大

 というわけで、もはや年の瀬の恒例となった感のある初老の小学生・ペテン総理の「嘘」「はぐらかし」「言い換え」の数々を振り返りつつ、ゆく年くる年を元気にお過ごしください。それでは皆さま、良いお年を!!

視覚化で「空っぽ」ぶりがよくわかる安倍総理答弁の異常さ<短期集中連載・2018年閣僚答弁プレイバック3>

安倍の虚言は今年もアクセル全開! 2018年、安倍首相がついた真っ赤な嘘とインチキを総まくり(前編)

今年の安倍は嘘のミルフィーユ状態! 2018年・安倍首相がついた真っ赤な嘘とインチキ総まくり(後編)

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

痴呆ぶり全開の年末特番の中で、地上派で「イラク戦争」、BSで「森友学園疑獄」を改めて検証するTBSに拍手!!&あの多母神閣下がレーダー照射でペテン総理を冷笑!!

 一昨日のエントリーでTVの年末特番の痴呆ぶりをちょいと嘆いてみたんだけど、なかにはジャーナリズムとしての矜持をどうにか死守しようと頑張っている番組がないわけではない。そのひとつが、昨夜のTBS『報道特集』だ。テーマは「偽情報で開戦~イラク戦争15年」。この愚かな戦争によりISなどのテロ組織が誕生したことは周知の事実なのだが、なんとその発端はイラク人の垂れ込み屋による嘘情報だったとか。この男のコードネームは「カーブボール」。

 「イラクに大量破壊兵器がある」という偽の情報に踊らされたCIAが、証拠をデッチ上げてまでイラクに戦争を仕掛けたプロセスが克明にリポートされ、やっぱり日本におけるイラク戦争の検証は改めてやり直すべきだと痛感したのであった。イラク戦争に真っ先に支持を表明したのは日本ですからね。当時の総理大臣は言わずと知れた小泉純一郎。

 トランプがフェイクニュースを駆使してまでイランを挑発する現状は、イラク戦争に酷似しているという指摘がアメリカ国内にはあるそうだ。万が一の時には、初老の小学生・ペテン総理は小泉と同じようにもろ手を挙げて支持を表明するのだろうか。そして、集団的自衛権とやらでアメリカの戦争に自衛隊員を送り込むつもりなのだろうか・・・なんて妄想もしてしまう年の瀬なのであった。

偽情報で開戦~イラク戦争

 そして、もうひとつ見応えあるリポートをしていたのがBS-TBS『報道1930』だ。加計学園と並んでペテン政権最大の疑獄事件である森友学園疑獄を最初にスクープした元NHK記者の相澤冬樹氏をコメンテーターに、忘れられがちな総理夫人の犯罪をさらなる検証で浮き彫りにした意味は大きい。地上派では絶対と言っていいほど取り上げませんからね。こちらも、是非ともご視聴のほどを。

 最後に、韓国軍によるレーダー照射だ。コラムニストの小田嶋隆が「現場の軍人の暴走を文民たる政治家が制止するのがシビリアンコントロールの意義だと思いこんでおったのですが、現場の軍関係者の制止を振り切って隣国との対立を深める方向に舵を切るタイプのシビリアンコントロールもあるということを学習いたしました。」とツイートしてなかなかに笑かしてくれたんだが、なんとあのタボガミ閣下がさすが軍事の専門家と見直したくなるような発言をしている。こんな具合です。

 おそらく、自衛隊内部でもペテン総理の存在は迷惑至極なんじゃなかろうか。決起する青年将校よ来たれ!!・・・ってなもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

官製株価はすべり込みで2万円台を死守! いくら年金注ぎ込んだのだろう!?&違法な「粘土質の赤土」で埋め立てられる辺野古の海!!

 大納会寸前のすべり込みで、株価は20014円で取引終わり。2万円台を死守するために、おそらく多額の年金が注ぎ込まれのだろう。なんてったって、官製株価を演出するために、この1年間で日銀の株買い入れ額は6兆円超ってんだから豪気なものです。

 「簿価(取得額)から三割余り株価が下がれば、日銀の自己資本はほぼ無くなる。常に爆弾を抱えているようなもの。買い入れを減らす方向に正常化すべきだ」(前日銀委員)という意見なんか、おそらく聞く耳持たないんだろうね。

 来年はどこまで株価が下落するか予測もつかないんだから、へたすると官製相場にうつつを抜かしたあげくにこの国は沈没することになりますよ。本来は政府とは独立した機関であらねばならない日銀の総裁に、初老の小学生・ペテン総理の腐った息のかかった人物を登用したことが、そもそもの問題なんだね。奴らを高く吊るさないと、大変なことになりますよ。

大納会の東証は下落、2万円台は維持 7年ぶり年間下落

ETF 6・5兆円過去最高 日銀の株式買い、歯止めなく

 ところで、辺野古の海を埋立てている土砂に違法性があるってね。なんでも、「沖縄産の黒石岩ずり」ってのが仕様書で取り決められていたのに、実は赤土が仕様されているとか。それが、ドローンによる上空からの撮影でバレちゃったんだとか。

Photo

 当事者である琉球セメントは調査を拒否しているそうで、そのことについて東京新聞のモンチッチ望月記者が鋭く追及したところ、顔も頭も貧相な官房長官・ガースーは質問にまともに答えることなく会見場を後にしたそうだ。

 でもって、その際のやりとりの書き起こしがあるので、是非ともご一読を。殴りたくなりますよ・・・ということでお後がよろしいようで。

(これより引用)

望月「民間業者の仕様書には沖縄産の黒石岩ずりとあるのに、埋め立ての現場では、今、赤土が広がっています。琉球セメントは県の調査を拒否してまして、沖縄防衛局は実態把握ができていないとしています。埋め立てが適法に進んでいるか?確認ができておりません。これ、政府としてどう対象するおつもりなんでしょうか?」

菅「法的に基づいてしっかり行っています。」

官邸スタッフ「この後、日程がありますので、次の質問、最後でお願いします!」

望月「望月です。あの~、適法かどうかの確認をしてないということを聞いてるんですね。粘土分を含む赤土の可能性が指摘されてるのにも関わらず…。」

官邸スタッフ「(望月記者の質問を、遮るように)質問は簡潔にお願いします!」

望月「発注者の国が事実確認をしないのは、これ、行政の不作為に当たるのでないでしょうか?」

菅「そんなことはありませんっ!」

望月「それであれば政府としてしっかり確認をさせ、仮に赤土の割合が高いのなら…」

官邸スタッフ「質問は簡潔にお願いします!」

望月「改めさせる必要があるんじゃないですか?」

菅「今答えた通りです。」

官邸スタッフ「はいっ!ありがとうございました!」

菅、足早に去る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

大阪万博とカジノはセット・・・大阪府知事とアメリカのカジノ業者が癒着!?

 今に始まったことではないとは言うものの、この年の瀬の地上派TVの痴呆振りには呆れます。こんなんだもの、政治屋が国民舐めきってエヘラエヘラしているのもむべなるかなってことだ。

 そんなことより、大阪万博だ。大阪万博とカジノはセットという証拠なのだろう。なんと、大阪のチンピラ知事とアメリカのカジノ業者が27回も面会してたってね。万博招致決定直後には、トランプのスポンサーであるカジノ大手「ラスベガス・サンズ」がホームページに祝福のコメントを掲載したっていうし、いったいどれだけの利権が動いているんだろう。その一部はトランプの懐にも転がり込むんだろうから、そりゃあ初老の小学生・ペテン総理がカジノ法案整成立に躍起になったわけだ。

米業者、カジノ建設に意欲 大阪万博決定翌日に祝意

 カジノってのはつまり博打を奨励しているようなもので、大阪万博のサブテーマである「心身ともに健康な生活」が泣きますよ、ったく。

 でもって、チンピラ知事は「都構想」を蒸し返すために、大阪市長と同時に辞職して、ダブル選挙を画策してるんだとか。だったら、ここは是非とも、浪速のど根性で落選させてやれ・・・と願う今日この頃なのだ。

大阪ダブル出直し選、師走の陣 維新、自民、公明どう動く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

国会で議論もせずに「IWC脱退」は憲法違反!!&株価大幅下落で「消費税増税中止」を争点に衆参ダブル選挙!?&東電の3悪人に求刑5年。ついでに、宮刑もしちゃえば!&セクハラ・フォトジャーナリストのクズすぎる言い訳!!

 IWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を正式に通告したそうで、前にも書いたけど「国際連盟脱退」のデジャヴュを見ているようだ。でもって、この脱退なんだが、こそっと閣議決定してその発表をずらしてたってね。これって、情報公開っていうか、政府としての説明責任を軽視してるんじゃないのか。

 そもそも、IWC脱退が国会でまったく議論されなかったのは、それこそ憲法違反だと思うけどねえ。憲法73条では条約を締結する際には「事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。」と定められている。条約締結が前提となってIWCに加盟しているんだから、脱退だって当然国会の承認が必要だろう。

 ぶっちゃけて言っちまえば、すべては来年の選挙を睨んでのことなんだね。初老の小学生・ペテン総理の地元である山口や土建政治の幹事長・二階君の地元である和歌山は捕鯨の本場ですから。でなけりゃ、この年末に唐突にIWC脱退なんてしやしませんて。

・IWC脱退表明 日本、30年ぶり商業捕鯨へ

・国会に説明なく、憲法軽視 早大・水島朝穂教授

・東京新聞「社説」
IWC脱退表明 これで捕鯨を守れるか

 選挙を意識とくれば、どうやら株価が一時的にせよ19000円を割り込んだりしたってんで、消費税増税中止を争点にしての衆参ダブル選挙を画策しているって噂が永田町で飛んでいるらしい。十分に予想できることで、かなり核心を突いた噂ではなかろうか。ペテン総理の考えそうなことです。

 それまでに、野党共闘の枠組みを決めることができるのだろうか・・・それが問題だ。

株急落は来年の様々なリスクの前兆、消費増税の余裕はない

 ところで、東電の3悪人に求刑5年だって。ついでに、宮刑にもかけてやったらどうだ!!

「歴史上類みない大事故」 東電旧経営陣に禁錮5年求刑

 最後に、フォトジャーナリストの広河隆一がセクハラだとさ。「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、僕は職を利用したつもりはない」なんて言い訳は、クズすぎるだろう。思想信条にかかわりなく、こういう男がこの世の中にはまだまだ跋扈してていることが恥ずかしい。

・フォトジャーナリスト広河隆一氏への#Metoo 性的被害を訴えた女性が語る、支配関係と業界改善の願い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

石垣市に続いて宜野湾市も辺野古埋立の県民投票に不参加・・・住民の投票する権利の侵害じゃないのか!!&改正入管法の基本方針を閣議決定。中身はスッカラカン!!

 ゴーンと一緒に逮捕されたケリーが保釈になった。検察の準抗告を裁判所が却下したわけだが、こうした裁定が基準となって誰であろうとむやみに拘束されない時代になって欲しいものだ。

日産ケリー前代表取締役の保釈決定 保釈金7000万円 東京地裁

 そんなことより、沖縄だ。辺野古埋立の県民投票に、石垣市に続いて宜野湾市も不参加を表明した。でも、これって住民の投票の権利を妨害だろう。市長や市議会が住民の意思を無視して県民投票不参加なんてことを勝手に決められるものなのだろうか。

 「県民投票の結果によっては、普天間飛行場の固定化につながる懸念が極めて強い」ことを宜野湾市長は県民投票不参加の理由にしているようだけど、おいおい、それは“個人の感想”ってやつだろう。ひょっとしたらペテン政権から何がしかの金をつかまされてるのか・・・って妄想だけど。

沖縄県民投票、宜野湾市も不参加 普天間飛行場の地元

 ところで、入管難民法改正案(=移民法)についての基本方針が閣議決定したってんだが、国会で「これから詰めます」って答弁していた詳細に関してはほぼゼロ回答。「必要に応じて見直す」「必要な措置を講ずる」なんて文言だらけで、一歩も前進していません。

 さらに、「政府全体で共生社会の実現を目指していく」と謳いつつ、具体的な施策は地方自治体に丸投げというお粗末さだ。

外国人就労「最大34万人」基本方針

 ようするに、この法案は低賃金の労働力が欲しいという大企業のおねだりに応えたもので、とにかく大量の外国人労働者を受け入れることだけが目的ってことだ。つまり、国が「たこ部屋」のブローカーしてるんだね。ひょっとこ麻生なんかそのあたりのノウハウを家訓として持っているだろうから、今頃舌なめずりしてるんじゃないのか・・・あっ、これも妄想ですからね、念の為。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

ダウ平均600ドル超の大幅下落。日経平均先物も2万円割れ・・・ブラッククリスマスの到来か!?&大阪維新が都構想で知事と市長のダブル選・・・落ち目の三度笠!!

ょ ダウ平均が600ドル超の大幅下落だそうで、それに引きずられるようにシカゴの日経平均先物がついに2万円割れで19250円に・・・経済のシロートでさえ、これが大変なことなんだろうということは想像がつく。ホワイトクリスマスならぬブラッククリスマスの到来か!?

・ダウ平均株価、600ドル超の大幅値下げ

・日経平均先物 CME(円建て)が2万円台を割る!1万9250円に急落、遂に大台が崩壊!世界的な株安に

 こうなるとこれまでペテン政権が年金を浪費して買い支えてきた株価も、そろそろ終焉を迎えることになるかもね。これまでの株高演出もバレちゃって、ようやく実態経済に近づくってことか。

 いざなぎ景気超え、なんて喚いていても、現実はこんなものです。トランプやペテン総理みたいな“アレ”な政治屋を選んじまった国民こそいい面の皮・・・ってなもんです。

 ところで、大阪のチンピラ知事が都構想を再燃させようと、大阪市長と一緒に辞職してダブル選挙画策してるってね。選挙となれば莫大な経費がかかるわけで、これもまた政治の私物化って言うんでしょうね。

知事と市長、ダブル選も=統一選、大阪都構想実現で-松井氏ら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

「背広を着た関東軍」(東京新聞)とは、なんとも言い得て妙で、お見事!!

 今朝の東京新聞「私説 論説室から」は、「いずも」の「空母化」が実は政治主導であったとして、ペテン政権で新設された国家安全保障会議について言及していた。「空母化は自民党提言、与党合意、閣議決定というシビリアンコントロールによって実現へと近づいている」と危惧しつつ、最後はこんな一言で締められる。

「『背広を着た関東軍』ほどおそろしいものはない」

 う~ん、お見事。「背広を着たペテン師」は「背広を着た関東軍」でもあったとは、なんとも言い得て妙で、来年の流行語大賞にノミネートしたいくらいだ・・・なんとことを我が家のドラ猫に囁いてみる忘年会疲れのクリスマス・イブの朝であった。

空母化が政治主導とは!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

憲法を超える存在とされる「日米合同会議」・・・「日本は本当に主権国家なのか?」とプーチンに皮肉られるわけだ!!

 辺野古埋め立てに抗議するホワイトハウス署名は17万筆を超える勢いだそうで、いかにたまりにたまった怒りが渦巻いているかということだ。でも、そのはけ口がこの国にはない。どんなに民意が「NON」を叫んでも、ペテン政権は聞く耳持ちませんから。それどころか、「全力で埋め立てを進める」なんて官房長官が国民に宣戦布告しちまうんですから、暴動が起きないのが不思議なくらいだ。

 だからこそのホワイトハウス署名なんだろうけど、でもよく考えてみるとこれって結局のところ日本に主権はないってことを暗に証明しているようなものなのかもね。見方によっては宗主国のアメリカに直訴しているようなものだと言えなくもない。

 実際、憲法を超える存在と言われる非公開の「日米合同会議」なんてのがありますからね。月2回開かれているとされるこの会議は鳩山ポッポもその存在を知らされず、結局は煮え湯を飲まされたとも噂されている。そりゃあ、プーチンに「日本は本当に主権国家なのか?」と皮肉られるわけだ。

【痛烈】露プーチン氏が「辺野古基地建設強行」に触れ、安倍政権に苦言!「日本は本当に主権国家なのか?」…領土交渉のマズさに日本政府は”完全沈黙”!

 いわばタブーとも言える「日米合同会議」について、なんとテレビ朝日『報道ステーション』がリポートしている。

 1日早いクリスマスプレゼントということで、見逃した方は是非ご視聴ください。自民党政権の歴史はアメリカの傀儡政権の歴史でもあることがよくわかる。

憲法を越える存在!?非公開の日米合同委員会

【くろねこの競馬予想】

 有馬記念の舞台となる中山の2500mはコーナー5回という極めてトリッキーなコース。流れひとつで結果は180度変わってくる。今年の有馬はハナを切るだろうと思われるキセキが14番という外枠を引いたため、果たしてレースの流れを作れるかどうか。ひょっとすると2、3番手ということも考えられる。そうなると、かなりのスローペースも予想される。となれば、レイデオロが中心か。相手はキセキ。内枠に入ったクリンチャーに要注意。オジュウチョーサンは1枠に入っただけに見せ場くらいはあるかも。印はまわせないけど、馬券は買います。
◎レイデオロ、○キセキ、▲ブラストワンピース、△シュヴァルグラン、パフォーマープロミス、ミッキースワロー、リッジマン、注クリンチャー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

なぜ最初に特別背任で逮捕しなかったのか? これこそ人質司法の典型だろう・・・検察はなりふりかまってられないほど焦ってるってことか!?

 やりやがったな、検察。保釈が囁かれていたゴーンが、特別背任で再々逮捕とは。それを報道するTV各局は、「本丸に着手」だの「拘留却下で前倒し」だのかまびすしい。でもって、金融商品取引法違反と違って特別背任は大罪だからゴーンも窮地に・・・なんてことをヤメ検の弁護士なんかにコメントさせている。

・ゴーン前会長再逮捕 保釈阻止へ「前倒し」 識者ら「強引」な手法批判

・ゴーン氏再々逮捕は、検察による「権力の私物化」ではないのか (郷原信郎)

 でも、おかしな話だよね。昨日のエントリーでも書いたけど、なんでハナっから特別背任で逮捕しなかったんだ。そもそも、日産との司法取引で大量の資料は手に入ってたんだから、やろうと思えばやれたはずなんだよね。それを形式犯とされる金融商品取引法違反で2度も逮捕して拘留し続けた。つまり、身柄をとにかく押えて、後は密室でギューギュー締め上げて自白させちまおあうって乱暴な考えがあったんじゃないのか・・・妄想だけど。

 昨夕のTVニュースでは、そうした人質司法の危うさという視点からの解説は一切なかったんだね。ついに本丸の捜査が本格化なんてことで舞い上がってましたから。そんな中、フジTV『グッディ』で、ご意見番の木村太郎が「長期拘留は精神的拷問」「自白を引き出すため」とハッキリと批判していたのには拍手を送りたい。

 特別背任で逮捕されて、おそらく週明けには10日の拘留がつくだろう(このへんのプロセスは経験者なのでよくわかるのだ)。で、それに10日がついて来月いっぱいは拘置所生活となるのは間違いない。

 でも、もはや多くの資料は検察の手にあるわけで、「証拠隠滅の恐れ」なんてないはずなんだよね。「逃亡の恐れ」というのもゴーンのステイタスからは考えにくい。いくら海外在住とはいえ「住所不定」ははまらないとなると、本来なら最初の10日拘留さえあり得ないってことなんだね。もちろん、裁判所は却下しないだろけど。

 カナダで逮捕されたファーウエィの幹部なんか、保釈されて在宅で取り調べされているように、国際感覚からはゴーンだって在宅起訴だっておかしくはない。日本の長期拘留による人質司法ってのは、国際的に批判の対象なわけで、ゴーン逮捕によりさらに注目が集まることはケガの巧妙(遣い方おかしいか?)ってことか。

 それにしても、特別背任とされる案件も10年も前の話で、実質的な損害が出ているわけでもないんだよね。しかも、特別背任は7年が時効で、ゴーンの場合は海外生活があるから時効は適用されないという検察の言い分も、なんか無理矢理感が横溢している。

 「予定されていた逮捕が前倒しされただけ」なんて声もあるけど、本当にそうか。検察は拘留延長却下されて焦ったんじゃないのか。でなけりゃ、ハナっから特別背任で逮捕してると思うけどねえ。本音を言えば、かなりの無理筋なんじゃないのか・・・てなことを我が家のドラ猫につぷやいてみる土曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

日本がIWC(国際捕鯨委員会)脱退・・・そんなに鯨が食べたいか!!&日産クーデターで検察の拘留延期を却下・・・ゴーンの逆襲はあるか!?

 日本がIWC(国際捕鯨委員会)脱退のニュースに、思わず「国際連盟脱退」が脳裏をよぎっちまった。ははは、いまや「何それ?」って言われちゃうかもね。それはともかく、IWC脱退で「日本の食文化」がどうしたこうしたという声がまたぞろ聞こえてくるんだが、いまの時代に鯨の需要ってそんなにあるのか。給食の鯨ベーコンや竜田揚げなんてのは、ただのノスタルジーじゃないのか。

 確かに、鯨は美味しい。特に、尾の身は絶品。バブルの頃に、築地のマグロ屋が実家である仕事仲間が、新年会に鯨の尾の身を手土産に持ってきたことがある。高級料亭に卸せばン十万と聞いて、みんな目の玉がひっくり返ったものだ。その鯨は、それまで食べた鯨は何だったんだというほど、この世も物とも思えぬ美味さで(表現力乏しくてすんません)、あれ程の鯨には、その後お目にかかったことがない。

 でも、だんからと言って、それが「日本の食文化」かと言えば、そんなことはない。あくまでも、珍味好みのグルメやグルマンのためのもので、庶民とは縁遠いものだ。IWC脱退を「日本の食文化」にかこつけて論じるのは、そんな具合で馬鹿馬鹿しい話なのだ。

日本背水 IWC脱退へ 関係者ら不安と支持「商業捕鯨へ前向きに」

 そんなことより、ゴーンの拘留延長が却下された。これの裁定について、元特捜検事のヤメ検が「却下は聞いたこともない。いつもこちらの要求通りに延長を出してくれた」ってコメントしてる。いやはや、語るに落ちますね。裁判所と検察の馴れ合いを認めたようなもので、いわゆる判検交流の悪しき習慣が国際的にも悪名高い人質司法を助長してるってことなのだ。

 検察は準抗告までして拘留延期を画策したようだけど、だったらハナっから特別背任で逮捕状取ればよかっただけの話なのだ。それを金融商品取引法違反という形式犯でしか逮捕できなかったんだから、捜査そのものがそもそも怪しげなものだったんじゃないのかねえ。日産の被害者ズラした幹部どものクーデーターに乗っかっちゃった検察の大失態ってことに、いずれなったら面白いのだけど。

・ゴーン前会長、きょうにも保釈 東京地裁、異例の決定 勾留延長を却下

 ゴーンは今日にも保釈されるんだろうけど、「裁判官が世論を意識した」結果という話も浮上している。もしそうだとしたら、それはそれで問題だ。確か、疑惑の総合商社・ムネオは437日、郵便不正事件の村木さんは164日、直近では森友疑獄で籠池夫妻が8ケ月も拘留されている。これこそ人質司法の典型例で、ゴーンの保釈が「世論を意識した」ものだとしたら、それは法の下の平等に反することになる。

 おそらく、裁判所としてはちょいと存在感を示してみた、というところなんだろう。検察とは一線を画した独自の判断を裁判所がどんな事件でも発揮できるようにならないと、この国の司法は中世並みというそしりをいつまでも免れることはないだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

50年前に「空母が欲しい」とおねだり!&都立高校で東京五輪ボランティアを強制!?

 空母じゃなかった多用途護衛艦なんだが、なんと1969年に開かれた外交・安全保障問題についての日米会議で、日本側がおねだりしてたってね。なんでも、当時の駐日アメリカ大使に「日本は空母建造を考えているか」と問われて、「もちろん欲しい」って統合幕僚会議議長が答えたとか。

 ようするに、専守防衛なんてのはお題目にすぎなかったってことなんだね。ずっと欲しくて仕方なかったものが、アメリカからの圧力をこれ幸いにして手に入れたってことか。なんてこったい。

日本側「空母欲しい」 外交文書公開69年、米との会議で

 なんてこったいなのが、もうひとつ。なんと、東京オリンピックのボランティア申込用紙を、都立高校では半強制的に提出させられているとか。「興味のある人だけ」という当初の話だったんだが、どうやら思ってたよりも希望者が少ないので半強制になったそうで、まるで「学徒動員」って噂されているそうだ。いずれ、こんな具合に「赤紙」も送りつけられることになりますよ。

【学徒動員】都立高校で東京五輪ボランティアの強制徴募が始まる

 というわけで、本日は、ちょいと体調がかんばしくないので(ただの二日酔いだけど)、お後がよろしいようで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

「空母」にあらず「多用途護衛艦」・・・どこまでペテン師なんだ!!&「記者の方とは意思疎通があったけど、一般の方は会見の動画を観て誤解した」(河野太郎)。底なしのクズ!!

 ペテン政権の事の本質を隠すための言い換えというのは、ほとんど犯罪的ですらある。これまでにも、安保法制を平和安全法制、武器輸出を防衛装備輸出、カジノを統合型リゾート、そして最近ではFTAをGTA、移民を外国人材と、あたかも戦争を事変、全滅を玉砕、撤退を転進と言い換えた戦時中を彷彿とさせる有様だ。

Photo

 そこへもってきて、今度は空母を多用途護衛艦だとさ。物は言いようとはよく言ったものだ・・・って関心してる場合じゃないんだね。こういう言葉のすり替えって、つまるところ国民を舐めきってるってことを意味てるんだからね。

新防衛大綱、空母化を明記 米軍との一体化補強

 それにしても、新聞・TVは「事実上の空母」って言ってるくせに、そうした言葉のすり替えについてほとんど言及しないのがなんとも癪に障る。これまでもずっとそうだったんだけど、結局のところメディアが言い換えを容認しちゃってることが、さらに初老の小学生・ペテン総理とその不愉快な仲間たちをつけあがらせているんだね。

 攻撃型の空母を容認するってことは専守防衛を逸脱するのは当たり前で、ようするにアメリカのプレッシャーが裏にはあるに違いない。集団的自衛権容認で憲法解釈を大転換して、今度はそのための武力を強化しようってわけだ。そして、いずれアメリカの戦争に駆り出されるという寸法だ。

 戦闘機を1兆円も爆買いしたのも空母があればこそで、いよいよこの国は戦時体制へと突入するってことだ。中国や北朝鮮の脅威を煽るのもそのための布石だろう。

 10代、20代の安倍支持率が高いとされているが、戦争に引きずり出されるのはそんな彼らなんだよね。こんなはずじゃなかった、って思った時にはもう遅いんだから、ちったあ目を覚ませと説教のひとつもたれたくなる今日この頃なのだ。

 最後に、ごまめの歯ぎしり・河野君が記者を相手に「次の質問どうぞ」の言い訳してるんだが、この男、底なしのクズですね。いやはや。

河野「質問された記者の方々も答えがないのは,多分,お分かりをいただいて質問をしていただいていたのだと思いますので,その意味でのコミュニケーションはあったんだと思いますが,そうしたことが分かっていない,YouTubeというか,動画をご覧になった方,あるいは議事録を読んだ方にしてみれば,あたかも質問を無視したように捉えられるということもあろうかと思いますので,そこについては不適切であったと思います。そこについてはお詫びをしたいと思います」

河野外務大臣会見記録(平成30年12月18日(火曜日)13時43分 於:本省会見室)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

「英原発開発、もう限界」(日立会長)・・・金の切れ目がなんとやら!&図書館民営化に図書館司書がストで抵抗!!

 イギリスにおける原発開発について、日立の会長は「もう限界」と口にし、社長は「経済合理性がなければ計画の凍結もあり得る」と言い放つ。なにをいまさら、ってなもんです。原発が実はコストパフォーマンスが劣悪なんてことは、福島第一原発事故以後というもの、耳にタコができるくらいに聞かされている。ようするに、日本では原発ビジネスが成り立たなくなったから海外輸出を目論んだのだろうんが、そのあげくがこの言い様だ。原子力村ってのがいかに無知蒙昧かってことの証明みたいなもんなんだね。

英原発の新設「限界」 日立会長、来月にも最終判断

 でもって、「経済合理性がなければ・・・」云々という日立の社長の発言ってのは、皮肉なことに規制緩和の名の元になんでもかんでも民営化に向う動きに対する警鐘にもなっているんだね。そりゃあそうだ、利益を上げるのが民間企業ですからね。その意味では、日立のシャチョサンの発言は正しい。

 民間企業とくれば民営化。民営化とくれば水道なんだが、雫石ではとんでもないことになってるってね。その詳細はソース(「民間水道業者「給水停止も」 岩手・雫石 経営悪化で追加料金請求」)を読んでいただくとして、水道だけでなくなんと図書館でも民営化問題が起きているってね。なんでも、「東京 練馬区が2つの区立図書館の運営を民間に委託する方針を示していることに図書館の非常勤の司書で作る労働組合が反対」して、「19日と26日にそれぞれ2時間のストライキを構えて交渉を続けて」いるんだとか。

 図書館司書ってのはけっこう熟練を要する職種で、それなりのノウハウを身につけるには経験が必要なんだよね。それを民間に委託しちゃうと、それこそ「経済合理性」ってやつが頭をもたげて、図書館司書としてのノウハウなんかすっ飛ばして効率一辺倒になりかねない。

 「TSUTAYA図書館」ってのが一時、話題になったけど、その杜撰な選書にはビックリしたものだ。練馬区がどんな民間業者を想定しているかはわかにらいなけど、同じ轍を踏むことになるんじゃないのかねえ。

 で、このニュースで気になるのは、市民の「賛否の声」ってやつだ。ストライキってのは働く者の権利なんだから、否定的な声があることを両論併記を意識してなのかわざわざ紹介するのがひっかかるんだよね。もっとも、マクロン政権に立ち向かうパリ市民を暴徒なんて報道して憚らないメディアが多いことを考えれば、それもまたむべなるかなってことか。

図書館の民間委託に反対 労組がスト予定 東京 練馬区

 民営化ってんなら、いっそのこと国会を民営化しちゃったらどうだ・・・なんてわけわかんない妄想してみる火曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

日立が英国原発計画凍結・・・ペテン政権の成長戦略崩壊!!&ポイント還元がわけわかんないことになっている!&軽減税率の財源に社会保障費!?&辺野古工事ストップのホワイトハウス署名!

 日立がイギリスでの原発計画を凍結したそうで、三菱重工のトルコ原発断念とあわせて、初老の小学生・ペテン総理と原子力村による原発輸出戦略はすべて暗礁に乗り上げちまいました。ざまあ~みろです。そもそも、福島第一原発事故すら現在進行形で、いまだに「原子力緊急事態宣言」は解除されてませんからね。そんな国が原発を海外に売り込もうって発想が狂ってるってことだ。

 原発輸出は、ペテン政権にとっては成長戦略の目玉でもあるわけで、それが頓挫したってことはアホノミクスはことくごとく失敗だったってことなんだね。「いざなぎ景気超え」なんてまやかし言ってる場合じゃないってことだ。これで消費税増税なんてしたら、この国の経済は悲惨なことになりますよ。

英原発計画、日立凍結へ 政府輸出戦略 全て暗礁

 でもって、消費税増税なんだが、軽減税率導入でポイント還元なんてことを言い出したあげくに、「消費税率は、商品(飲食料品と非飲食料品)や売り方(テイクアウトかイートインか)、店の形態(中小事業者かチェーン店かそれ以外の大手か)によって、3%、5%、6%、8%、10%の5種類に分かれることになる」ってさ。

 もう、消費税増税する意味すらわかんなくなってきちゃいました。こんなのが実施されたら、商店などの現場は大パニックになることは目に見えている。どこまでお馬鹿さんなんだろうね、どいつもこいつも。

安倍政権、消費増税対策で5種類の税率が混在…国民生活はパニックで多大な負担

 さらに、軽減税率の財源に社会保障費を利用としているとか。そもそも、「消費税増税分は社会保障費に使う」のが約束だったんじゃないのか。本末転倒と言うか、もう何がなんだかわかんなくちゃってますね。

 「組織は頭から腐る」と言うけれど、やっぱりトップが“アレ”だから、阿呆な国になっちまったってことなんだね・・って感心している場合じゃないのだ、プンプン!!

 最後に、辺野古新基地建設工事中止をアメリカ大統領に求める署名が始まりました。小さなことからコツコツと・・・ですね。

STOP辺野古工事 米大統領に届け 「署名を」沖縄ルーツ ハワイの4世

署名サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

辺野古の海を破壊した直後にゴルフに興じて薄ら笑いの安倍晋三&ブログで言い訳する河野太郎の小心&法務省が7千件超の公文書を誤って廃棄!!

 沖縄の海が壊されている最中に、その首謀者である初老の小学生・ペテン総理はゴルフに興じていた。プレイ中に記者から土砂投入について質問されると、薄ら笑いを浮かべて背を向けて去っていったそうだ。ごまめの歯ぎしり・河野君の「次の質問どうぞ」と同じで、語るべき言葉も、「寄り添う気持ち」もさらさらないものだからこうなっちゃうんだろね。

安倍首相、辺野古質問に苦笑い ゴルフ場で記者団に

 で、そのごまめの歯ぎしりが、ブログで言い訳してます。これがまた、およそ言い訳にも何もなってない代物で、ようするにどのような記者の質問も当意即妙にさばけるだけの器がないってことを暴露しちゃってるんだね。

 おそらく、この会見の模様は世界に向けて発信されてるだろうから、ロシアの北方領土担当であるラブロフだって観てるはずだ。さぞかし、ごまめの歯ぎしりの小人ぶりにほくそ笑んでいることだろう。「武器を持たない戦争」とされる外交の場では、政治家の胆力がモノを言う。ごまめの歯ぎしりは、「次の質問どうぞ」で、その心の弱さがあらわになっちゃいましたからね。史上最低の外務大臣という噂も流れ始めたようで、自民党の異端児からただの変節漢に落ちぶれたごの男には政治家としての未来はもうありません。

・ごまめの歯ぎしり
「次の質問をどうぞ」

 ところで、あまり大きなニュースになっていないようなんだけど、法務省が「公文書をつづったファイル計7688件を誤って廃棄」してたってね。法務大臣であらせられるところのヤメ検のニヤケ男・山下君は「不適切な廃棄は遺憾で、おわび申し上げる」ってコメントしてるようだが、「ごめん」ですむ問題じゃありませんよ、ったく。

 公文書管理法で定められた「廃棄前の内閣府への報告義務」を担当職員が怠ったのが原因としているけど、本当にそうか。担当職員ひとりの問題ではなく、公文書に対する緊張感が足りないのが正直なところじゃないのか。

法務省、公文書ファイル7千件超を誤廃棄 出勤簿など

 ようするに、森友学園疑獄における財務省の公文書廃棄・改竄と同じ体質が引き起こしたってことに違いありません。緩んでるんだよね、何もかもが。公文書ってのは将来、国がどのような政策判断をしてきたか、そのプロセスを知るための重要書類であって、それを廃棄したり改竄したりするってのは、歴史を隠蔽するも同じってことをまったく認識していないとしか思わざるを得ない。

 とは言え、トップが“アレ”だからね。そんなことを役人にだけ要求しても無理ってものか。「美しい国、日本」とは「愚か者の舟」なんだね。そこに乗り合わせちまった不幸を嘆いてるだけでは何も解決はしない・・・なんてことを我が家のドラ猫に説教してみる日曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

「全力で埋め立てを進めていく」(菅官房長官)、「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」(岩屋防衛相)・・・恫喝と責任転嫁! こいつらどこまでもイカれてる!!

 ジュゴンが暮らす辺野古の海に容赦なく投入される土砂・・・反対する声に顔も頭も貧相な官房長官のガースーがこう言い放った。

「全力で埋め立てを進めていく」

 イカレた野郎だ。頭も心も狂ってますね。そして所管大臣であるところのギョロ目の岩屋君は沖縄に責任転嫁する始末だ。

「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」

 これは、2022年度とされる普天間飛行場返還が辺野古新基地建設工事遅延で遅れる可能性について問われて答えたものだ。普天間の危険性がいまだに解消しないのは沖縄のせいだとさ。もはや狂気の沙汰です。

政府「奇策」連発 普天間22年返還困難 辺野古土砂投入

全力で埋め立て進めると官房長官

・沖縄タイムス
「ぶれることなく、県民の思いに応えたい」 玉城デニー知事のコメント全文

 そもそも、普天間返還と辺野古新基地建設とはリンクしていないんだよね。そんなんだから、「辺野古移設が唯一の解決策」という理屈が成り立つ根拠について、ペテン政権これまで避けてきているんだね。よく口にする「丁寧な説明」ってのをやっちまうと、ボロが出ることがわかってるってことだ。

 だからこその土砂強行投入なんだろうが、そうはうまくいきませんよ。海底の地盤がマヨネーズ並みに軟弱だってことが判明しているんだから、工事を進めるには地盤の改良が必要になってくる。これがけっこう大掛かりな工事なところにもってきて、沖縄県の許可が必要になってるとか。

 そうなれば、また工事は中断して振り出しに戻ることになりますからね。ようするに、普天間の危険性だけが永久に解消されずに放置されるってわけだ。新基地建設利権に群がったシェンシェイたちだけがほくそ笑むって寸法だ。

 そして、沖縄への国家によるレイプは、けっして他人事ではないということ。日本全国、どこでも同じことが起こり得るってことを肝に銘じたほうがいい。土砂強行投入は、それを教えてくれている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

辺野古の海に土砂が投入される日。12月14日はこの国の民主主義が蹂躙された日として永久に語り継がれることになるだろう!!

 昨夜は都内某所のタワーマンションのパーティルームにてかつての編集仲間と忘年会。お開きになって駅まで着いたところでスマホを忘れたことに気づき、それからがすったもんだ。セキュリティーが厳しいのもほどほどにしてほしいものだと、自らの失態をよそにつぶやいてみたのであった。というわけで、年の瀬のナイトビューのお裾分けです。

1

 そんなことより、沖縄だ。今日にも辺野古の海に土砂が投入される。どんなに民意が「NON」を突きつけても一顧だにせず、とことん強権を発動する。これじゃあ、選挙なんか何の意味もありません。

・デニー知事「強い憤り」 沖縄防衛局、県に辺野古埋め立て着手を連絡

辺野古 埋め立て予定地に土砂積んだ船が接岸 土砂投入へ

 「決められない政治」とねじれ国会をさんざん叩き続けたメディアは、ペテン政権一強となって「決める政治」が実現してさぞかし喜ばしいことだろう。でも、本来は「決める政治」の主役は一般大衆労働者諸君でなければいけないんだよね。為政者が民意を無視して勝手に「決めつける政治」を推し進めるのは、およそ議会制民主主義とはかけ離れた独裁ってことだ。

 辺野古の海を破壊する土砂は、この国の民主主義そのものを破壊する凶器ってことを忘れてはいけない。12月13日は日本の民主主義が壊れた日として、永久に心に刻みつけられることだろう・・・なんてことを我が家のドラ猫と意思一致した金曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

走れば走るほど税金かかる自動車税を画策中!!

 今年の漢字は「災」だとさ。どうでもいいけど、こんな愚にもつかないことそろそろ止めたらどうだ。オリンピックの年には「金」なんてのが2度ほどあったように、とりたてて意味なんかないんだからさ。年末の風物詩なんて言ってるのはTVだけってことだ。「アベこそ『災』」ってネット雀が囀っているのはご愛嬌というものか。

48381086_2471403239542785_271558043

 そんなことより、自動車に新たな税を課そうと画策してるってね。なんでも、「走行距離などに応じた課税を検討」しているそうで、「保有から利用へ」が謳い文句なんだとか。ようするに、ガゾリンから電気へというエネルギーのイノベーションの中、ガソリン税の代わりになるものってんで思いついたんだろう。

車への課税、走った距離で 与党税制大綱に検討明記

 それにしても、これって交通機関が発達して車がなくても何の痛痒も感じない都市部ならまだしも、車が必需品の地方では大変なことになりますよ。地方では通勤にだって車使うわけで、毎日税金払って通勤するようなものだ。

 さらに、流通業界もたまりません。想像するだに恐ろしい混乱が起きるんじゃないのか。ようするに走れば走るだけ税金がかかってくるわけだから、流通には大打撃だってのはシロートにだってわかる。霞ヶ関でノホホンとしている官僚の考えそうなことです。

 通販業界ではドローンで宅配なんてビジョンがあるようだけど、こうなるとドローン税なんてのも仕掛けてくるかもね。取りやすいところから取る・・・つまりはそういうことだ。「税収というのは国民から吸い上げた物でありまして」なんて答弁するポンコツが総理大臣なんだから、どんだけ「美しい国」なんだか。

 ところで、森友学園疑獄をスクープしたことでNHKを退職に追いやられた記者が、NHKの腐った内部事情を赤裸々に語ってます。ご一読を。

NHK森友スクープ記者が実名証言「特ダネへの圧力」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

日ロ関係の質問を「次の質問どうぞ」(河野太郎)と4回も無視・・・政治家としてだけでなく、人間失格!!

 政権から距離を置いているうちは一般大衆受けするような政策批判をしていた輩が、それなりの地位を用意されて政権の中枢に鎮座ましましたとたんにボスのケツを舐めまくる腰抜けに成り下がるというのはよくある話。さしずめ、ごまめの歯ぎしり・河野君なんかその典型だろう。

 ペテン総理に飼われるようになって脱原発の旗を降ろしてすっかり忠犬ぶりを発揮してたんだが、なんと北方領土がらみの日ロ関係についての質問に何も答えず「次の質問どうぞ」とスルーしたってね。それも4回も続けというんだから、さすがに記者もイラっときたんでしょう、「回答を拒否するのは不適切ではないか」ときたもんだ。そしたら、ごまめの歯ぎしりは「交渉に向けて環境をしっかりと整えたい」とはぐらかして会見は終了。

 まあ、凄いよね。そりゃあ、外交ってのはシビアなものだから、質問にストレートに答えずらいことだってあるだろう。それでも、そこをなんとか理解してもらうように「言葉」にするのが政治家の務めというものだ。なにより、こういう舐めた態度ってのは国民に対して失礼極まりない。ていうか、人間失格だろう。

 結局、政治家として自分の言葉を持ってないってことなんだね。初老の小学生・ペテン総理を筆頭に、どいつもこいつも官僚の用意した作文を読み上げることしかできないのが、情けないことにこの国の政治状況というわけだ。

 それにしても、こんなクズに向かって、「テメー、舐めとんのか」と啖呵を切れる記者がひとりもいないというのも悲しい限りだ。

・ハフィントンポスト
河野大臣、記者の質問無視して「次の質問どうぞ」4連発(ノーカット動画)

 記者とのやりとりは以下の通り(ハフィントンポストより)。殴りたくなりますよ。

――日ロ関係について伺います。先日、ラヴロフ外務大臣が日ロ平和条約の締結について,第二次世界大戦の結果を認めることを意味すると、日本が認めることが最初の一歩になるというような発言をされていますけれども、この発言に対する大臣の受け止めをお願いします。

「次の質問どうぞ。」

――今のに関連して伺います。大臣、国会答弁等でも日ロ関係については交渉に資することはないので、発言は一切控えるというふうにおっしゃってますけれども、今のように、ロシア側ではラヴロフ外相、ペスコフ報道官等々,いろいろな原則的立場の表明があります。これに対して反論を公の場でするおつもりもないということでよろしいんでしょうか。

「次の質問どうぞ。」

――引き続き、関連の質問なんですけれども、大臣は良い環境を整備したいということで、発言をこれまで抑制的あるいは抑えてこられたと思うんですけれども、一方でロシア側からは、どんどんこれまでとおりの発言が出てきます。こういった端から見たらアンバランスな状況が、実際の協議にも影響を与えるという懸念もあると思うんですが、その点に関してはどうお考えでしょうか。

「次の質問どうぞ。」

――大臣、何で質問に「次の質問どうぞ」と言うんですか。

「次の質問どうぞ。」

――先ほど来,ロシアの質問に「次の質問どうぞ」というふうに回答されていますけれども,大臣の従前のお立場というのは我々も分かってますけれども,公の場での質問に対して,そういうご答弁をされるというのは適切ではないんじゃないでしょうか。どう思われますか。

「交渉に向けての環境をしっかりと整えたいと思っております。」

                                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

「受け入れる人数には明確に上限を設け、期間を限定する」「2020年に新しい憲法を施行させたいとの気持は今も変わらない」(安倍晋三)・・・そういうのは国会で言え、チキン野郎!!&塚原帝国のバワハラ認めず! 腐ってるなあ、体操!!

 臨時国会が閉会して、初老の小学生・ペテン総理が記者会見をした。それを「アベ様のイヌアッチイケー」は通常の番組を変更してまでも速報ナマ中継。「やってる感」を演出するための大サービスってことなんだろう。

 で、記者会見の中身はというと、これがもう突っ込みどころ満載の言い訳のオンパレード。たとえば、移民法については、

「受け入れる人数には明確に上限を設け、期間を限定する」
「心配されているようないわゆる移民政策ではない」
「地方で中小事業者が深刻な人手不足に直面している。この現実に向き合わなければならない」

 そもそも、「地方で中小事業者が深刻な人手不足に直面している」のは、低賃金という劣悪な労働環境が大きく影響しているんだね。でなけりゃ、完全失業者が2%超えなんてことは起きませんよ。非正規だって減るどころか、その割合は40%に迫るほどなんだから、「深刻な人手不足」を解消するには、まずは賃金を含めて労働環境を整備することだ。

さらに、改憲については、

「2020年に新しい憲法を施行させたいとの気持は今も変わらない」

 だとさ。「新しい憲法を施行させたい」って、こいつは何様のつもりだ。新聞・TVは、この憲法遵守義務違反の発言を無批判で垂れ流しているんだから、凄い国になったものだ。

安倍晋三首相、官邸で記者会見!改正入管法批判への批判に反論!首相「移民ではない」「日本人と同等の待遇」

 それにしても、こういうことは国会で言いやがれ、このチキン野郎。海外遠足で逃げ回って、ろくすっぽ国会に出てきやがらないくせに、国会が終わったとたんにこれだ。やっばり、通年国会にしなくちゃだめですね。そうすれば、モリ・カケ疑獄だって忘れられることはないし、生活保護叩きの鬼嫁・片山君やカーペンター桜田君といったポンコツ大臣がお咎めなしなんてこともなくなるはずだ。

 どうやら、北方領土2島返還を手土産にしての衆参ダブル選挙も噂されているようで、来年はこの国にとって正念場になることは間違いない。

 最後に、体操のセクハラ問題は、お咎めなしなんだってね。しかも、塚原コンビは復帰なんだとさ。いじめ問題でうやむやな結論出す教育委員会と同じで、第三者委員会ってのもいいかげんなものだ。宮川選手が「信じられない」と白けるのもむべなるかなってもんです。

塚原夫妻のパワハラ認めず 第三者委 体操協会、職務停止解除

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

低所得高齢者の医療費軽減は廃止するくせに防衛費は5年で27兆円の「美しい国、ニッボン」!!

 昨日、従兄弟と飲んでいたんだが、右を自称する彼にとっても移民法はとんでもないということで、盛り上がったのであった。それにしても、「余市」の20年物は旨かった!!

 そんなことより、またしても初老の小学生・ペテン総理による弱者いじめだ。なんでも、低所得高齢者の医療費軽減の特例措置を廃止するんだとか。「年金収入が年168万円以下の高齢者約740万人が対象」で、消費税増税とのダブルパンチはつまるところ「老人は早く死ね」ってことなんだね。

低所得高齢者の医療費軽減廃止へ 75歳以上740万人が負担増

 でもって、防衛費は天井知らずで、なんと「2019年度から5年間の防衛予算総額を27兆円台とする方向で調整に入った」とさ。「防衛費1%枠」なんて言葉はどこ行っちゃったんでしょうねえ。役に立つかどうかもわからない兵器をアメリカから爆買いするなんてのは正気の沙汰じゃありません。

防衛費総額、5年で27兆円へ 大幅増、対米調達を推進

 国会は今日で閉じるけど、いつまでもペテン総理を野放しにしていると、日本の未来も閉じちゃいますよ・・・って、もう閉じてるか、くそっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

入管難民法や水道民営化法だけではない・・・漁業法、原子力賠償法の改悪も忘れちゃいけない!!&「恥を知れ! 保守と名乗るな!」・・・山本太郎、会心の雄叫び!!

 入管難民法 、水道民営化法が強行採決されて、新聞・TVはとってつけたような批判をいまさらながらにしている。朝日新聞なんか「記者の目」としてかなり突っ込んだ批判記事を載せたりしている。その内容はともかくとして、この記事の書き出しが、「安倍晋三首相が出席した6日の参院法務委員会。政府はこれまでの答弁を繰り返すばかりで、野党も攻め手を欠いたまま。およそ2時間の審議は、新味に欠けるやりとりばかりで埋め尽くされました」とくるんだから、ガックリなんだね。

 「攻め手を欠いて」いたのはあんたら自身だろう。圧倒的多数の前で、野党のできることは限られているし、初老の小学生・ペテン総理やヤメ検の法務大臣・山下君はまともな答弁してませんからね。そんな状況の野党をバックアップすのが権力の監視者としての務めだろうに、「野党も攻め手を欠いたまま。およそ2時間の審議は、新味に欠けるやりとりばかりで埋め尽くされました」なんて他人事なんだから話になりませんよ、ったく。

これが歴史的な政策転換の論戦か 記者が見た入管法審議

 それはともかく、そんな入管難民法、水道民営化法の影に隠れてしまっているのが。漁業法と原子力賠償法の改悪だ。漁業法は企業の参入を促し、企業にも漁業権を認めようというもので、そりゃあ個人経営の漁業関係者にとっては死活問題になりかねない。さらに、海外の企業だって参入するようになれば、日本の水産資源が簒奪されることだって考えられる。水道民営化と構図なんだね。

・東京新聞社説
漁業・水道・種子 誰のための改革か

 そして、原子力賠償法は、電力会社の賠償への備えを決めるもので、上限撤廃すべきなのに、なんと据え置かれてしまった。つまり、事故が起きても決められた限度額以上は賠償責任がないってことを意味している。事故への備えをを強化するどころか、企業に免責の口実を与えているようなものなんだから、このクッたれってなもんです。

改正漁業法が成立、企業参入促す 漁業権を抜本的見直し

古賀茂明「大問題の原子力損害賠償法改正案を国会でこのまま通してはいけない」

「賛成する者は2度と保守と名乗るな
保守と名乗るな
官邸の下請け!
経団連の下請け
竹中平蔵の下請け ~
この国に生きる人々を 低賃金競争に巻き込むのか?
世界中の低賃金競争に ~
恥を知れ
二度と保守と名乗るな
保身と名乗れ!
保身だ」

 入管難民法強行採決の国会における突貫小僧・山本太郎の叫びを、じっくりと噛み締める日曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

中身は役人に丸投げの移民法案を強行採決!!&ペテン政権を糾弾する森裕子の“男前”演説!!

 今日は、ジョン・レノンが凶弾に倒れた日であり、真珠湾攻撃で対米戦争の扉をこじ開けた日でもある。

 そして、開戦時に重要閣僚の地位についていたのが岸信介で、その孫の初老の小学生・ペテン総理が、とうとう移民法案を強行採決しやがりました。中身はすべて役人に丸投げの白紙委任とも言える法案を強行採決するとは、この国の立法府は壊滅したってことだ。

入管法改正案 成立へ 与党、参院委で採決強行 

 でもって、これに敢然と異議を唱えたのが女丈夫の森裕子君で、議長の制止を無視して制限時間を超えての演説は迫力満点。とうとう、議長は「連れて行け」と声を荒げたってんだから、この議長もお里が知れるというものだ。

 というわけで、森裕子君の“男前”の演説をとくとご覧じろ。youtubeのサイトには、演説の書き起こしがあります。

安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が「やめさせて連れてけっちゅうの!」と言論封殺、自民理事が暴力で妨害も

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

技能実習生69人死亡は「いま初めて聞いた」(安倍晋三)・・・だったら審議やり直せ!!&「改憲派を敵と位置付け、名指しで批判。国民の不安、怒りなどを覚醒させる」(川上和久国際医療福祉大学教授)・・・カルト集団のノリだな!!

 相撲取りの暴力沙汰がTVを賑わしている。そもそも、「無理偏に拳骨と書いて兄弟子と読む」のが相撲の世界で、いまの親方連中もそれで育ってきたんだから、そんな連中を一掃しない限り鉄拳制裁がなくなることはありません。

 鉄拳制裁といえば、野球だって同じです。あたかも「愛の鞭」のごとく喧伝されたスター監督だっていたんですからね。この国のスポーツ・ジャーナリズムもどうかしてます。

 そんなことより、海外遠足で遊び呆けていた初老の小学生・ペテン総理が、移民法の審議でひとの命をいかに軽視しているかと思わせる答弁してくれちゃいました。この2年間で死亡した外国人技能実習生が69名もいると指摘されて、この男はシレっとこんなこと言ってます。

「今初めて聞いたので答えようがない。今までの制度に問題がなかっと思っているわけではない。法務省が受け入れ先を調査すると承知している」

 「今初めて聞いた」って、よくも言えたものだ。これが本当なら、まずはテメーの不明を恥じるのが先だろう。そして、法案採決を見送って、改めて調査の上、次の国会で審議すべきことなんだね。

 普通に考えれば「初めて聞いた」なんてことは嘘に決まってるんだが、この男の場合はあり得るからなあ。おそらく、資料なんか何も読んでないだろうしね。ただただ財界からの要望を「はい、そうですか」って役人に丸投げしてるだけだろうから。

 それは、水道民営化法案もそうだし、漁業法改悪案もそうなんだね。なによりも、「安倍政権の成長戦略は結局、利益誘導の規制緩和にしかない」(金子勝立教大特任教授)ってことだ。このままほっとくと、一般大衆労働者諸君はケツの毛まで毟り取られますよ。

実習生69人死亡を公表 15~17年法務省資料

 ところで、国際医療福祉大学の川上和久とかいう教授が、「改憲派を敵と位置付け、名指しで批判するなどネガティブキャンペーンが必要」と自民党の会合でアジったってね。なんでも、

川上氏は配布資料で、国民投票となれば「野党(と一部マスコミ)による激しい『反』安倍キャンペーン」が始まり、「不安があおられる」と予測。その上で「改憲派自身も何らかの『敵』を作り、国民の不安、怒りなどを覚醒させるしか方法はない?」と世論対策の重要性を訴えた。

 ってんだから、ほとんどカルト集団のノリだ。この男、よくTVでも見かけるんだが、こんなのがコメンテーターとして御託並べてるんだから、TVのいかさまかげんがわかろうというものだ。

改憲投票へ反対派攻撃を=自民会合で有識者「指南」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

水道民営化法案の裏の旗振り役は竹中平蔵!&「足並みの乱れ」と枕詞つけて、政権の国会無視体質を野党のせいにする鮨友メディア!&民営化された水道の再公営化は不可能!?&片山さつきに公選法違反疑惑!!

 海外遠足から帰ってきた早々、初老の小学生・ペテン総理が調子こいて国会軽視の軽口叩いたってね。野党の要請で出席が決まった参議院委員会について「ややこしい質問を受ける」だとさ。それもエヘラエヘラ薄笑い浮かべやがって、ホント、朝っぱらから気分が悪いったらありゃあしない。

首相「明日は委員会、2時間出てややこしい質問受ける」

 でもって、国会だ。水道民営化法案が衆議院厚生労働委員会で強行採決された。どうやら、裏では私利私欲のヘイゾーが旗振り役をしているようで、どうあってもひょっとこ麻生の娘婿が幹部のフランスの水メジャーに水道を売り払うつもりなのだろう。

【重要法案】水道法改正案、衆院委で強行採決!ほぼ審議ゼロで!明日には本会議で成立へ!

 ああ、それなのに、昨夕のテレビ朝日『スーパーJチャンネル』は、水道民営化法案強行採決にまったく触れもせでなんだからもうジャーナリズムとしてのTVの役割を放棄しちゃってます。これに比べりゃ、TBS『Nスタ』の方がまだマシってなもんだ。

 テレビ朝日は『報道ステーション』もトップのニュースが相撲取りの暴力沙汰ですからね。もう、局をあげて鮨友ってことを居直ってんじゃないのか。

 ところで、その水道民営化法案なんだが、失敗したら再公営化すればいいなんて声もある。でも、どうやらそれが難しいとか。なんでも、TPPが発効されたらラチェット条項に引っ掛かるんじゃないかと言われているらしい。ラチェット条項は「一度民営化されたものは再公営化に戻してはいけない」ことになっているからというのがその理由なんだとか。その真相やいかに。

TPPが発効されたら民営化された水道は公営化に戻せない

 で、このところの移民法案や水道民営化法案についてメディアの報道で気になるのが、「野党の足並みが乱れて」という枕詞がつくことだ。まるで、野党が結束しないから法案審議も深まらず、結果として採決につながっているって言ってるようなもんなんだね。

 確かに、移民法案なんかは、国民民主が対案を出してきちゃって、採決に前向きなんてこともあるから、「足並みの乱れ」と言われれば「はい、そうですね」なんだが、それとペテン政権の国会無視した態度とは別の話だ。

 「与党も野党もどっちもどっち」なんてことをアナウンサー上がりのキャスターや御用コメンテーターはよく口にするけど、メディアが野党をくさしてどうする。民主党政権の時には重箱の隅を突き破ってでもバッシングしてたくせに、自民党にはなんともおやさしいことで。

 両論併記ってのは、権力監視機能を喪失した腰抜けメディアが自己弁護するための都合のいい言葉に成り下がっちゃってるんだね。

 最後に、生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきに、今度は公選法違反疑惑ださ。ムネオも顔負けの「疑惑の総合商社」ってことか!

片山さつき大臣、今度は公選法違反疑惑 - 「週刊文春」編集部

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

水道民営化法案が参議院厚生労働委員会で可決・・・TVは知らんぷり!&片山さつきが4回目の収支報告書訂正!!&辺野古埋め立てに手を貸した琉球セメントは岸・安倍一族の金ヅル企業と深い仲!!

 山手線新駅の駅名が決まった。「高輪ゲートウェイ」だとさ。それがどうした、ってなもんです。

 そんなことより、水道民営化法案が参議院厚生労働委員会で可決された。ああ、それなのに、TVニュースは「あおり運転裁判」(この裁判が重要なのは百も承知)と愚にもつかないグルメ情報が花盛り。ハッキリ言って、報道の体をなしてません(ま、今に始まったことではないけど)。

 でもって、水道民営化ではさんざんな目にあっている国が多い中、民営化失敗例の調査はたった3例だったそうだ。実際に民営化に失敗して再公営化したケースは35ケ国180件もあるってのに・・・。これって、残業代ゼロ法案や移民法案のデータ捏造と同じで、法案成立に都合の悪い事実は隠そうということなんだね。

 おそらく、今日にも参議院本会議で可決して、今週中にも衆議院で法案成立ってことになるのだろう。さぞかし、ひょっとこ麻生が口を曲げてほくそ笑んでいるに違いない。くそっ!!

水道「民営化」の海外失敗例、調べたのは3例のみ

水道民営化が参院委員会で可決!「安全で安い日本の水道」を崩壊させる法案の裏に安倍政権と水メジャーの癒着

 TVが触れないニュースがもうひとつ。それが、生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきの政治資金収支報告書訂正問題だ。これまで3回にわたって訂正していたことが発覚。「それ以上ない」って国会答弁してたくせに、な、な、なんと、4回目がありました。

 生活保護叩きの鬼嫁は「(過去3回の訂正で)繰り越しが増えるので反射的に増えてしまうものだ」と開き直ってます。てことは、反射的に5回目もあり得るってことか。土下座してでも議員の職にすがりつきたいという、人としての誇りのカケラもない恥知らずがここまでのさばっているってのも、やっぱりゴーンだ移民法だといった隠れ蓑のおかげなんでしょうね。

片山さつき氏 、収支報告書の訂正が4回に及んだ理由を釈明

 最後に、辺野古の海に14日にも土砂を投入するってんだが、土砂搬出に桟橋を提供した琉球セメントってのはそもそもの母体が山口県の宇部興産なんだってね。そして、「岸信介の長男であり安倍晋三の甥の岸信和がいた会社」だとさ。こんなんだもの、軍事用のカミソリ有刺鉄線を張り巡らして目隠しするはずだ。

 ジュゴンの愛した辺野古の海を血に染める・・・「沖縄に寄り添う」のこれが実態だ!!

沖縄県、工事会社立ち入り検査へ 辺野古の土砂搬出で知事

琉球セメント、一皮むけば宇部興産

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

技能実習生の3人に2人が最低賃金以下・・・法務省がデータ改竄して立法事実を捏造か!?&シャープが約3000人の外国人労働者雇い止め・・・「責任は下請け」の無責任!!

 盗撮容疑で現行犯逮捕されたNHK『おはよう日本』のプロデューサーが不起訴処分だと。検察はその理由を明らかにしていないんだが、最近はこういうケースが多いのはどうしたわけだ。処分理由を明らかにしないってのは、それこそ説明責任を放棄してるってことだ。検察には不起訴所分したことにやましいところがあるんじゃないのか。

盗撮容疑で逮捕の「おはよう日本」プロデューサー 不起訴処分に

 そんなことより、技能実習生問題だ。なんと、法務省のデータでは最低賃金以下で働かされていた技能実習生は22人(0.8%)とされていたが、資料のコピーを拒まれた野党が必死こいて手書きで書き写して精査したところ、1939人(67%)にも達することが判明したってね。

 実に失踪実習生の3人に2人が最低賃金以下でこき使われていたわけで、技能実習生制度は違法状態で運用されていることがバレちゃいました。

失踪実習生3人に2人が最低賃金を下回る 野党、聴取票2892枚集計

 そんな中、シャープの亀山工場で3000人の外国人労働者が雇い止めにあっていたという実態が発覚。シャープの広報担当は「業務委託した一次下請けが適正な人員を準備することになっている。雇い止めについてコメントする立場にない」とさ。はしなくも下請けに丸投げという企業の無責任体質があらわになってちまったということだ。

・シャープ亀山工場で雇い止め iPhone減産影響か

 日立もそうだったように、企業は外国人労働者を低賃金な労働力としてしか見ていないのは明らかで、移民法案ってのはそうした状況を固定化するための法整備ってことなんだね。だから、日立もシャープも氷山の一角ってことです。

 それにしても、データを改竄して立法事実を捏造してたことがバレちゃった以上は、移民法案は廃案にしないと立法府としての国会の権威そのものが揺らぎますよ・・・って、とっくのとうに揺らいでるか。

 ところで、ナベツネ死亡説は内閣調査室が流したという噂話があるそうで、ほんまかいなの火曜の朝である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

拉致問題を政治利用する中山恭子が、政党交付金2億円を私物化!?&外国人労働者失踪は低賃金だけではない! 中絶強要も・・・!!

 パリが燃えている。燃料税値上げをきっかに起きた大規模なデモが暴徒化していると報道されているけど、デモを支援する市民も日に日に増えているそうだから、それだけマクロン政権に対するウップンが溜まっているってことなんだね。フランス革命に決起した熱い血はいまも流れてるってことで。

 それに引き換え、日本は羊の集団と化してますからね。どれだけ政治家や官僚、そして財界人どもが好き勝手やっても、意に介する素振りすら見せないんだから、自分で自分の首を絞めているようなものだ。

反マクロンデモ、パリ130人超けが 南仏で死者1人

 そんなんだから、政党交付金で飲み食いするような不埒な輩も出てくるわけで、週末には拉致問題がなければただの右翼のおばさんの中山恭子君が政党交付金をポッポに入れてたのがバレちゃいました。党を離党する時に政党助成金を自らの団体に移すという典型的な手口で、これって法には抵触しないものだから、解党する時には皆さんやってることなんだね。

 法には抵触しないからって税金を懐に入れるというのは、形式的には明らかに横領だ。でも、それで政治家を辞する奴はひとりもいない。おそらく、拉致問題がなければただの右翼のおばさんも、このままお咎めんなしで済んじまうんだろうね。

こころ代表 離党日に2億円移転 中山氏、支部から団体に

 お咎めなしでいいんかいとくれば、技能実習生失踪問題だ。最低賃金以下で働かされている奴隷状態がその原因ということは判明しているんだが、それらに加えてバワハラやセクハラも凄まじいってね。たとえば、「外国人の技能実習生が妊娠し、強制帰国や中絶を迫られる例が相次いでいる」んだとか。

 「受け入れ機関側から『恋愛禁止』や『妊娠したら罰金』と宣告されるケース」もあるそうで、これはもう人権問題としてしっかり国会で検証しなくちゃいかんだろう。朝日新聞によれば、研修施設の担当者の中には「会社は実習生を効率よく働かせたい。妊娠したら生産能力が落ちる。実習生に産休をとらせる会社など聞いたことがない」なんてタコ部屋の親方みたいな不埒な発言する輩もいるってさ。

「中絶か強制帰国、どちらか選べ」妊娠の実習生は逃げた

米紙が見た「外国人を使い捨てるニッポン」 ミャンマー人技能実習生「私は奴隷だった」週100時間労働で月6万円

 ネットで「クールジャパンどころじゃない。クルーエル(冷酷)ジャパンだ」とつぶやく方がいたけど、座布団一枚なんて笑っちゃられない。実際に冷酷な状況の中に技能実習生は置かれている。移民法案では、「特定技能1号」に技能実習生を移行させるって言っている。でも、これってそうした奴隷的状況が恒常化するってことなんじゃないのか。

 こうした状況を広く知らしめるためにも、技能実習生が失踪した企業名と技能実習生の受入れ機関名を公表すべきだろう。そして、こうした企業や機関に対する罰則も法的に整備していかないと、大変なことになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

ステルス戦闘機F35を爆買いでトランプにシッポ振る安部晋三。その「おべっか」体質を嘲笑う海外メディア・・・ああ、恥ずかしい!!

 初老の小学生・ペテン総理の海外遠足であるところのG20で、ジャーナリスト殺害の首謀者の疑いがかけられている男がデカイ面して首脳外交している姿には違和感あるなあ。

 でもって、そのG20で、ペテン総理が最新鋭ステルス戦闘機F35を爆買いしていたってね。トランプが「感謝する」って記者会見でばらしちゃいました。毎日新聞によれば、「日本政府同行筋は会談後、『新たな購入を決定した事実はない』と説明」してるそうで、ペテン総理としては秘密にしておきたかったんでしょうね。

<外交>日米首脳会談 大統領、未定の戦闘機購入に「感謝」

 なんてったって、1兆円の爆買いという噂もあるくらいで、トランプへのペテン総理のポチぶりには海外メディアも呆れているってさ。会談では中間選挙の結果について「歴史的な勝利にお祝いを申し上げたい」って手もみしたそうなんだが、CNNは「各国の指導者がどれだけトランプ氏におべっかを使っているかの証左だ」とこの発言を揶揄してるほどだ。

 オバマの元選対関係者からは「安倍氏は中間選挙についてほとんど説明を受けていないか、トランプ氏の精神構造についてしっかり説明を受けてきたかのどちらかだ」と皮肉られる始末なんだから、恥ずかしいったらありゃあしない。

安倍首相の「おべっか」が拡散 米中間選挙「歴史的勝利」

 税と社会保障の一体化はお題目となっちまってるというのに、必要かどうかもわからない戦闘機を1兆円も爆買いする余裕なんていまの日本にはありません。新聞・TVはゴーンが日産を私物化してたなんて検察リークを垂れ流してバッシングしてるけど、こちらは推定無罪がありますからね。私物化でバッシングするなら、ペテン総理の税金垂れ流しをこそ叩いてみやがれ・・・と我が家のドラ猫に囁いてみる冬空の日曜の朝であった。

【くろねこの競馬予想】

 中京のタフなダートが舞台のチャンピオンズカップは、3歳ではなかなか太刀打ちできない。というわけで、人気のルヴァンスレーヴは単穴まで。本命はケイティブレイブ。大外一気はなかなかきかないタフなコースだけに、先行差しのこの馬には絶好の舞台。相手は前残りのサンライズソア。最内に入った牝馬のアンジュデジールに穴の気配か。
◎ケイティブレイヴ、○サンライズソア、●ルヴァンスレーヴ、△ウェスタールンド、アンジュデジール、オメガパフューム、パヴェル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

福島第一原発事故の反省もなく「新小型原発」の開発を検討!!&麻生太郎、税金で飲み食いの実態!!&水道民営化にフランスの水メジャー企業の関係者が関与!?

 東京新聞朝刊の1面に踊る「新小型原発開発へ」の見出しに、一瞬ドキっとしちまった。なんとなれば、初老の小学生・ペテン総理のかつての不埒な発言を思い浮かべてしまったからだ。

「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、小型であればですね」

 つまり、「小型原発」から「小型原爆」を連想しちゃったという、おそまつな妄想なのでありました。

 とは言うものの、経産省が「新小型原発開発」の検討に入ったというのは穏やかではない。再生エネルギーが世界の潮流になりつつあるいま、明らかに時代に逆行している。そもそも、世界が再生ネルギーに舵を取り始めたきっかけは、福島第一原発事故にある。その当事者である日本が、なんの反省もなしに小型原発の開発に乗り出すなんて、こんな倒錯した話はない。

 ゲッペルス気取りの経産相・世耕君は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁している。その答弁との整合性はどうとりやがるんだろう。まさか、「憲法上は原発だって問題ではないですからね、小型であればですね」とでも言い訳するのか、クソっ!!

新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省 

 ところで、ひょっとこ麻生が会合の名目で2000万円も浪費してたってね。高級料亭や高級クラブで飲み食いしてたそうで、もちろん何かと噂の六本木の会員制サロンもしっかり入ってます。

 ひょっとこ麻生には政党助成金の一部が自民党から渡っているんだから、税金で飲み食いしているといっても過言ではない。ああそれなのに、高級店で会合開く理由について、「それが必要な政治活動をしているから」とひょっとこの事務所は言ってるってさ。どんな政治活動やねんと突っ込みたくもなろうというものだ。

 老人医療費に難癖つけときながら、テメーは税金で飲み食いしてるんだから、そりゃあ口も曲ろうというものだ。

税金使うのと本質同じなのに 麻生氏団体 年2000万円「会合費」

Photo

 でもって、ひょっとこ麻生の娘婿がフランスの水メジャー企業の幹部だってことは11月28日のエントリーで紹介した。ところが、なんとその水メジャー企業である「ヴェオリア・エンバイロメント社」の関係者が内閣府民間資金等活用事業推進室で出向職員として勤務してるんだってね。

 福島みずほたんが暴露したんだが、この事実を新聞・TVはまったくスルーしている。ひょっとこ麻生の利権に「忖度」したか。

 これはもう出来レースでしょう。おそらく、水道民営化法案が成立したら、ヴェオリア・エンバイロメント社が乗り出してくるのは間違いない。ルノーと一緒で国営企業みたいなものだから、ひょっとしたら日産クーデターとのバーターなんてことも画策してたりして。

 マクロンがペテン総理と面談したがっているのも、そのあたりのことも踏まえた上でのことじゃないのか・・・妄想だけど。

水道民営化、推進部署に利害関係者? 出向職員巡り議論

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »