« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

「統計偽装」は、やっぱり「アベノミクス偽装」。厚労省が実質賃金マイナスを白状!! ペテン政権は偽装を知ってて閣議決定したのか!?

 どうやら、厚労省による統計偽装は、「アベノミクス偽装」のために仕組まれたってことがハッキリしてきたようだ。なんてったって、昨日の野党合同ヒアリングでは統計偽装がなければ2018年度の実質賃金は大幅マイナスだったことを厚労省の役人が認めちゃいましたからね。

実質賃金 大幅マイナス 専門家算出 厚労省認める

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】「実質賃金マイナス」 ついに厚労省が認めた

 何度も書くけど、では何故こんなことを厚労省の役人が仕出かしたのかということだ。そしてまた、その事実を知った大臣が官邸に伝えることなく、予算の閣議決定にシレっとサインしたのは何故なのか・・・。役人はもちろん、ペテン総理のポチにしかすぎない厚労大臣にそんな度胸はありません。

 ペテン総理は、12月28日に偽装の事実を知ったってぬかしているけど、これって加計学園疑獄でいつ獣医学部新設を知ったのかって問われた時と同じ言い訳なんだね。厚労省が何をやってるか知ってるどころか、積極的に指示してたかもしれないわけで、統計偽装の裏にはペテン総理とひょっとこ麻生のツートップが鎮座してると考えた方がスッキリするというものだ。

 ペテン総理は厚労省にすべてをなすりつけようと躍起になっているようだけど、それが上手くいったらその先には「消費税増税延期」を画策しているのではなかろうか。またしても「新しい判断」ってやつで、それを掲げて衆参同日選挙なんてこともあり得るかもね。

 それにしても、アベノミクスをヨイショしていたエコノミストのシェンシェイたちは、この始末をどうつけてくれるんだろう。基幹統計を偽装するとはとんでもない、って騙されたふりしてるけど、統計の怪しさを指摘していた専門家だっているんだからね。さあ、どうする、どうする!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

毎月勤労統計不正の聞き取りの7割は身内による調査・・・知ってたはずの厚労大臣は「質問がなかったため答弁しなかった」。恥知らず!!&モナ細野が自民二階派入り。これまた恥知らず!!

 橋本治が亡くなった。早すぎだろう。「背中の銀杏が泣いている」・・・合掌!!

Photo_2

 ところで、毎月勤労統計不正はますます混迷を深めているようで、なんとまあ聞き取り調査の7割は身内の調査だったとさ。特別監察委員会も結局は同じ穴のムジナだったわけで、よくもまあ記者会見で「組織だった隠蔽はなかった」なんてシレっと言えたものだ。恥知らず!!

 恥知らずとくれば、国民年金未納だった厚労相・根本君も人語に落ちない。特別監察委員会の聞き取りに厚労省幹部が同席・質問をしていた事実を隠したていたんじゃないかと突っ込まれて、「質問がなかったため答弁しなかった」とさ。

 でも、こやつは24日には「必ず委員がヒアリングした」って答弁してんだよね。つまり、嘘ついてましたってことだ。それを「質問がなかったから」って、月夜の晩ばかりじゃないんだぜ。

厚労省、崩れた中立性 「身内調査」7割 統計不正、全面再聴取へ

 初老の小学生・ペテン総理にすれば、ここはなんとしてでも厚労省を悪人に仕立てて幕引きを図りたいんだろうが、どうやら毎月勤労統計不正ってのは2018年度の賃金伸び率を操作するためだったんじゃないかという疑いがもたれているんだね。ようするに、「アベノミクス偽装」が明らかになりつつつあるわけで、その指揮をとったのがひょっとこ麻生という図式だ・・・なんて噂も飛び交っている。

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】 安倍首相は「実質賃金マイナス」を知らなかった 

 ああ、それなのに、「景気拡大は戦後最長」なんて吹きまくってるんだから、どこまで面の皮が厚いんだか。基礎となるデータに不正があったことが発覚してるってのに、新聞・TVもよくもまあこんなフェイクを垂れ流せるものだ。

 基幹統計という国の政策の根幹となるデータを偽装してたってことは、内閣ひとつがぶっ飛ぶどころか、そこに関係した政治家や官僚は刑事訴追されて当たり前なんだよね。「戦後最長の景気拡大」どころか「戦後最悪の政官の犯罪」なんだから。

 最後に、モナ細野が無所属のまま自民党二階派のメンバーになるだとか。こやつの正体がハッキリしたってことなんだろうが、それにしても細野も二階、これまた恥知らずなことで。

細野豪志氏 無所属のまま自民二階派へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

賃金基本統計でも不正処理・・・日本沈没!&「アベノミクスは今なお、進化を続けています」(安倍晋三)。言ってろ!!&警備会社が辺野古新基地建設に抗議する市民の特定リストを作成。ペテン政権が関与か!?

 TVニュースのトップが「大坂なおみ」と「嵐」だとさ。難問山積の国会が始まったってのに、首相施政方針演説は後回し。毎月勤労統計不正にいたっては、ほとんどスルーしやがりました。テレビ朝日がこれじゃあってんでTBSに変えれば、こちらもまた「嵐、嵐、嵐」。さすが底抜けニッポンを支えるTVだけのことはある・・・くそっ!!

 でもって、毎月勤労統計でけでなく賃金基本統計でもおかしなことしていたってね。もう四の五の言ってないで、統計法違反で特捜は動きべきなんだよね。やらないだろうけど。新聞・TVは厚労省悪人論でまとめようとしているしね。本来なら、役人が独断でこんなことする必然性ってないわけで、やっぱり年金問題と重ね合わせちゃうことで何らかの忖度が働いているってことなのだろう。

 それが証拠に、初老の小学生・ペテン総理はいけしゃあしゃあと施政方針演説しとりましたからね。「最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」なんて喚いて失敗したから、今回は早めに新聞・TVに手を回したんじゃないのかねえ。そう考えれば、「嵐、活動休止」も絶妙のタイミングってことだど。

賃金基本統計でも厚労省、不適切処理

統計不正聴取 厚労次官級ら同席 監察委員「早い報告、省要請」

 それはともかく、いつものようにまったく具体性のない施政方針演説だったんだが、笑っちゃうのがこのくだりだ。

「成長の果実をしっかりと分配に回すことで、次なる成長につながっていく。『成長と分配の好循環』によって、アベノミクスは今なお、進化を続けています」

 毎月勤労統計不正が発覚して、「アベノミクス偽装」だなんて声もあるってのに、この能天気ぶりには笑っちまう。

 さらに、消費税増税については、

「来年度予算では、頂いた消費税を全て還元する規模の十二分な対策を講じ、景気の回復軌道を確かなものとすることで、『戦後最大のGDP六百兆円』に向けて着実に歩みを進めてまいります」

 だとさ。「消費税を全て還元する規模の十二分な対策」って、だったら消費税増税しなくてもいいんじゃないか。そんなことより、法人税をしっかりと徴収してみやがれ。

総理大臣施政方針演説

 最後に、辺野古新基地建設に反対して海上で抗議する市民を特定するために、警備会社が名前や顔写真、親族といった個人情報を作成していたってね。どうやら、国が依頼していたという指摘もあるようで、これはもう国家による弾圧ですね。

辺野古警備会社の抗議者特定リスト入手 市民「政府関与」と指摘

辺野古反対派リスト「国が作成依頼」 警備会社の内部文書を入手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

監察委の調査に厚労省官房長が同席・質問。役所主導の疑い!?&「放射線はニコニコしている人には影響ない」(山下俊一長崎大教授)の裏で「深刻な可能性がある」の二枚舌&ジャニタレ活動休止を速報でうつTVの退廃!!

 毎月勤労統計不正のおかげで賃金伸び率がハッキリしないってんで、消費税増税にも影響がありそうとか。でもって、特別監察委員会の聞き取り調査を厚労省職員が代行してたことは既にバレちゃってるんだが、なんと「課長・局長級職員への聞き取りに、同省幹部の定塚由美子官房長が同席し、質問もしていたことが分かった」ってね。

 官房長ってのは人事や不祥事対応を担う役職って言うから、そりゃあ聞き取りされた職員にとってはさぞかしプレッシャーだったことでしょう。勘ぐれば、口封じのために聞き取りに同席していたってことも十分にあり得るんだね。

 この官房長の腹黒いところは、国会では「職員が聞き取り調査を行った」と答弁していたのに、自分が課長・局長級職員の聞き取りに同席・質問していたことには口をつぐんでいたことだ。今日から国会が始まるけど、こういう「パブリック・サーバント」という認識の欠如したキャリアを刑事訴追までもっていくことができなければ、なんのための国会だってことになるんじゃないのか。

監察委に厚労省官房長も同席 聴取の第三者性確保されず

 ところで、福島第一原発事故の際に「放射線はニコニコしている人には影響ない」と発言して大顰蹙を買った長崎大学の山下シェンシェイが、その発言と同じ日に「深刻な可能性がある」って見解を洩らしていたってね。こういうのを世間では「二枚舌」と言います。

 つまり、表向きにはヘッチャラを装っておいて、実際はその深刻さを認識してたわけで、これって一般大衆労働者諸君を置き去りにした関東軍にさも似たりです。東電社員の家族が真っ先に被災地から逃亡したのもさもありなんてことだ。

 原子力村の垂れ流す「フェイク」にご用心、ご用心・・・ってなもんです。

震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録

 最後に、昨夕、テレビ朝日『サンデーステーション』を観ていたら、突然、アナウンサーが「ニュースの途中ですが速報です」と一言。何事かと身構えたら「嵐、活動休止」だとさ。いやあ、ずっこけました。しかも、2年先の話だと。これからの2年間を解散ビジネスで稼ごうというジャニーズの広報だったってわけだ。NHKも相撲中継中にテロップで速報を流したとか。世界で一番芸能ニュースが多い国と揶揄されるのもむべなるかなってことだ。

嵐・大野に活動休止を決意させた同棲謝罪会見強要と「新しい地図」の言葉…長瀬、中居もジャニーズ離脱か

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

【毎月勤労統計不正】「さほど大きな問題はない」(森山自民党国対委員長)。底抜けニッポンを象徴するうつけ者!!&【森友学園疑獄】検察審査会がシュレッダー佐川をこっそり「不起訴相当」に!!

 大坂なおみの全豪オープン優勝は、どんなに賞賛してもしきれない。2セット目を逆転されて落とした時には万事休すと思ったが、そこからの立て直しがさすが世界1位なんだね。全米に続いて全豪とグランドスラムを2連勝なんて、凄すぎて言葉もありません!!

 別の意味で言葉もないのがこの下衆野郎だ。なんと、自民党国会対策委員長の森山裕が、毎月勤労統計不正について「今回はさほど大きな問題はないように今のところ思う」とぬかしやがりました。これに対して、共産党のとっちゃん坊や・小池君が強烈なカウンターパンチをお見舞いしてます。

自民国対委員長、統計不正「さほど大きな問題はない」

 それにしても、こんな認識しかないおっさんでも議員やってられるんだから、いかに永田町ってところがお気楽なところかってことだ。そう言えば、この男は、鹿児島市議会議長の時に、暴力団の抗争に関与した嫌疑で事情聴取されてるとか。お里がしれる、ってなもんです。ま、底抜けニッポンを象徴するうつけ者のひとりってことだ。

 ところで、久しぶりに森友学園疑獄だ。公文書改竄で検察審査会がシュレッダー佐川君に「不起訴相当処分」の議決を出してましたとさ。議決が出たのが11日ってんだが、メディアは一切報道していないのはどうしたわけなんでしょうねえ。昨日になって朝日新聞がようやく小さな記事にしたようなんだけど、ようするにメディア自身の腰が引けちゃってるんてだね。「野党の追及が甘い」なんてdisする資格なんかさらさらありませんよ。

佐川氏ら不起訴、検察審が「相当」 改ざんは「非常に悪質」

・天木直人のブログ
佐川らを「不起訴相当」にした検察審査会の正体を追え

 京都産業大学総合生命科学部教授で歌人でもある永田和宏さんが「言葉の危機は時代の危機」と歌に詠んで警鐘を鳴らしているが、その言葉をそっくりこの国の腐った政治家とメディアにぶつけてやりたい今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

毎月勤労統計不正は再調査。ならば、特別監察委員会の人選もやり直せ!!&「日本という国の信頼が小さなことから崩れることを避けないといけない」(麻生太郎)。口が曲がるわけだ!&総務省がインターネット家電を利用して監視社会の実験スタート・・・!?

 違法な毎月勤労統計は、どうやら再調査するそうだ。とは言うものの、特別監察委員会の人選を一からやり直して、名実ともに第三者(そんなのがいればの話だけど)による委員会を発足させなければ、おそらく同じ轍を踏むことになりますよ。

政府、幕引き急ぎ裏目 統計不正 聴取やり直し 

 なんてったって、この違法な調査ってのは、役人だけでできることではありませんからね。年末の今年度予算の閣議決定だって、ひょっとしたらペテン政権はこの違法調査を知った上でのことかもしれないんだよね。そうなれば、福島みずほたんの言うように「アベノミクス偽装」の疑惑が濃厚になるし、当然「刑事訴追」だって視野に入ってくるだろうし、捜査の手は初老の学生・ペテン総理にも伸びることだってないわけじゃない。

安倍首相に「勤労統計」不正知りながら予算閣議決定していた可能性が…真相隠ぺい、根本厚労相に責任押し付けか

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】実質賃金はマイナスだった 安倍首相が世界に大ウソ

 そんな不法で不適切な統計数字の操作は厚労省だけでなくほとんどの省庁でも発覚して、顔も頭も貧相な官房長官のガースーは「甚だ遺憾」なんて間抜けなコメントしているんだが、その白眉はひょっとこ麻生だ。なんと、「日本という国の信頼が小さなことから崩れることを避けないといけない」たとさ。いえいえ、もっと大きなところから、既に日本は崩れてますから。アンタの存在もそのひとつだ・・・なんて毒づきたくもなろうというものだ。

不適切処理で閣僚陳謝 22基幹統計

 とにかく、政治家も官僚も、特に福島第一原発事故以後ってもの「いまさえよければ、後は野となれ山となれ」できちゃってますからね。この底抜けの日本を立て直すには、そうたやすいことじゃありませんよ、ったく。

 野党だって、国民・自由VS立憲・社民なんて内輪もめやってる場合じゃないんだよね。ああ、いやだいやだ。

 最後に、こんなニュースがさりげなく流れてるんだけど、これって監視社会のための実験なんじゃないか。Tカードの個人情報提供よりも、もっと怖い話だと思うけどねえ。

総務省 IoT機器に無差別侵入し調査へ 前例ない調査に懸念も

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

毎月勤労統計不法調査の検証報告書原案は厚生省職員が作成!&厚労省だけじゃない・・基幹統計の半数に不適切処理が発覚!! 底抜けニッポン!!&沖縄県民投票は3択に!!

 毎月勤労統計の違法調査を検証した特別監察委員会の胡散臭さは、「厚労省の組織的隠蔽ではない」なんて間抜けな結果発表した時点で明らかなんだが、なんとその検証そのもののも一部は厚生省職員におまかせだったってね。つまり、身内で聞き取りしていたわけで、どこが第三者委員会なんでしょう。放火犯に現場検証させてるようなもんなんだからさ。

 こんな特別監察委員会を国民年金未納の厚労大臣・根本君は「有識者だけで構成し、中身は第三者委員会だ」と強弁している。ま、どんなに中立性を訴えたところで、報告書原案まで厚労省の職員が作成してたってだけで、もうすべては破綻しています。

 それにしても、そもそもなぜこんな違法調査に手を染めたのかねえ。役人にすれば何のメリットもないんだから、ここはやっばり政権がらみってことか。そう考えれば、違法調査が始まったのが小泉政権の時で、それを第一次ペテン政権が引き継いだってことも・・・。ま、いつもの妄想ですけど。

厚労省 身内で不正調査 報告書原案、職員が作成 勤労統計

厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

 でもって、厚労省の違法調査が発覚して慌てたんだろうね。各省庁が基幹統計について点検したら、なんとまあ56あるうち22の基幹統計に不適切処理が見つかったってさ。いやあ、もうこの国は底が抜けちゃってます。

毎月勤労統計は、ILO(国際労働機関)やOECD(経済協力開発機構)にも報告されている。基幹統計がこれほど杜撰ってことがバレちゃって、日本が出す統計なんて世界のどの国も信じちゃくれませんよ。「アンダーコントロール」と喚いた初老の小学生・ペテン総理の「大嘘」も、これがきっかけで検証が始まって、東京オリ・パラに参加拒否する国が出てきたら愉快なんだが・・・。

政府基幹統計、4割の22統計に間違い 抽出方法など

 最後に、沖縄県民投票が、「賛成」反対」に加えて「どちらでもない」の3択になったってね。これで沖縄全域で県民投票が実施されることになるってんだが、う~ん、本当にそれでいいのだろうか。グレーゾーンの選択肢って、それこそ「どちらでもない」って投票結果になるんじゃないのか!?

沖縄 全域で県民投票 辺野古賛否 3択案、県議会合意

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

警察への会員情報提供は、果たしてTカードだけなのか。カード業界が抱える構造的問題なのでは!?

 ワシントン・ポストによれば大統領に就任して以来のトランプの嘘が8158回なんだとか。これを朝日新聞が記事として取り上げているんだが、そんなことより初老の小学生・ペテン総理の嘘をしっかりと検証するのが社会の木鐸としての務めじゃないのか。

・トランプ氏の「ウソ」8158回 就任2年、米紙がファクトチェック

 そんなことより、会員情報を捜査令状もなしに警察に提供していたTカードの不埒さだ。厚生省の「毎月勤労統計」の違法調査や日ロ首脳会談なんかが重なって、あまり大きなニュースになっていないようなんだが、これってキャッシュレスがデフォルト化される時代にあってかなり深刻な問題なんだね。

 なんてったってカードってのは個人情報の宝庫ですからね。これを警察が捜査令状もなしに勝手に利用できるってことになったら、プライバシーなんて雲散霧消しちゃいます。

 会員情報の提供を会員に内緒で、しかもそこには何の躊躇いもないTカードは企業倫理のカケラもないってことだ。業務停止どころか、カード業界から退場させるべきだろう。

 そして、こうした情報提供がTカードだけではないかもしれないという不安に苛まれる今日この頃なのだ。

「Tカード情報を令状なく提供 他業者に要請、警察庁「ある」

Tカード情報提出」CCCに欠けている意識

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

「毎月勤労統計の違法調査は“織的隠蔽なし”」で幕引き図るとは、特別監察委員会が聞いて呆れる!!&安倍外交とは会談することと見つけたり!&国民民主と自由党が合流!? 気は確かか!!

 厚生省による「毎月勤労統計」の違法改竄について特別監察委員会とやらが報告書を公表したんだが、これはもうあからさまなトカゲの尻尾切りで、国民も舐められたものだとつくづく思う水曜の朝である。

「トカゲのしっぽ切り」では…統計不正、幕引き図る政権

 なんてったって凄いのが、すべて担当者の責任で、組織的隠蔽ではないって言い切っちゃってることだ。さらに、違法性は認めつつも刑事告発は見送るとさ。でもって、事務次官や歴代幹部は訓告、大臣は給与と賞与全額返済でご勘弁とくるんだから、ハナっから結果ありきの内部調査だったってことだ。

 そもそも、特別監察委員会ってのが胡散臭い。弁護士や統計の専門家の8名で構成されているとはいえ、こんな報告書が通用すると思っている時点で、どこ向いて聞き取り調査していたのか想像がつこうというものだ。

 役人が違法行為をしても何のお咎めなしって、福島第一原発事故の責任を追及し続け、志半ばにして亡くなった日隅弁護士の「主権在官」という言葉が改めて胸に突き刺さる。

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】マスコミが総裁選直前に一斉報道「賃金上昇」「GDP増」 

 さて、話変わって、日ロ首脳会談だ。共同記者会見で、初老の小学生・ペテン総理は、こうのたまった。

「相互に受け入れ可能な解決策を見出すための共同作業を力強く進めていく決意をプーチン氏と確認した」

 ははは、いまさらこれかい。こんなんでわざわざロシアまで私人の嫁連れて遠足に行かれちゃ、たまったもんじゃありません。ようするに、プーチンに軽くあしらわれたってことなんだね。いみじくも、ヤッシー田中君がfacebookでこんな書き込みしてました。

ウラジミール・プーチン大統領の三段論法🕺🏼共同記者発表not記者会見
①1956年の日ソ共同宣言に基づく日露平和条約締結への安倍晋三首相の意欲を確認した
②(平和条約締結に向け)骨が折れる作業が今後控えている
③日露平和条約は両国の国民に受け入れられ、世論に支持されるものでなくてはならない

 こうやって経済援助だけ引き出されて、ズルズル行くが関の山なんでしょう。ペテン総理の外交とは会談することと見つけたり、ってなもんです。

日露首脳会談 北方領土解決策探り合い 共同作業進めることを確認

 最後に、国民民主と自由党が合流するとか。オザワン、気は確かか!!

【速報】国民民主党と自由党“合流”で一致

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

「100ミリシーベルトを超えた子どもがひとりいたからといって、なにがどうなるというわけではない」とツイートした物理学者の鬼畜!&辺野古埋立はいまさら軟弱地盤で設計変更!!&「毎月勤労統計」の違法調査に麻生太郎の影!?

 昨日の東京新聞朝刊の1面トップを飾った「11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告」のスクープをNHKが後追い報道したそうで、タブーに踏み込んだ現場の責任者はさぞかし幹部から叱責されたんじゃないかと噂が飛んでいる。

11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告

 それはともかく、11歳少女の100ミリシーベルト被曝について、物理学者の菊池誠とかいう大阪大学教授がこんなひとでなしのツイートして炎上中。

 彼女の将来についての危惧など、この大学のシェンシェイは頭の片隅にもないのだろう。「プルトニウムは飲んでも安全」と吹聴した東大の大橋シェンシェイをいまさらながら彷彿とさせる鬼畜な発言であることは間違いない。結局、原子力村ってのは何も変わっちゃいないし、こんなのがいまだに跋扈している白い巨塔ってのもろくなもんじゃありません。

 ところで、辺野古埋め立てなんだが、どうやら軟弱地盤改造のために設計変更を沖縄県に申請することになるらしい。当然、県は許可しないだろうから、訴訟になって工事は一時中断なんてことも考えられる。

 ならばということなのだろう。現在埋立てているのとは別の区域で土砂投入を開始するんだとか。つまり、何が何でも沖縄の民意は蹴散らしてやろうってことなんだろう。

 でも、軟弱地盤については以前から指摘されていたことで、埋立てたところでいずれは設計変更が必要になることはわかってたんだよね。そうなれば工事費だって余計にかかるわけで、だったらハナっから埋め立てを急ぐ必要なんかなかったってことだ。

辺野古沖 別区域で3月土砂投入 軟弱地盤改造、県認めぬ構え

 辺野古埋め立てについては、見積りは3社からと決まっているのに1社だけを採用。それがまた割高だということも指摘されている。いったいどれくらいの利権が還流してるんでしょうねえ。そりゃあ、埋立て急ぐわけです。

<税を追う>辺野古の土砂、割高 1立方メートル1万円超 良質石材の倍

 最後に、厚労省の「毎月勤労統計」の違法調査について、案の定、ひょっとこ麻生の影がチラホラらしい。「ナチスに学べ」って放言して憚らないバカボンですからね。さもありなんてことだ。

・田中龍作ジャーナル
【賃上げ偽装】 麻生財務大臣が暗黙の指示、安倍首相も同席

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

日ロ首脳会談を前に「2島決着案検討」!! 戦略・戦術なき安倍お友だち外交の成れの果て!!

 フランスがルノーと日産の経営統合を日本政府に要求してるってね。とんでもなくどす黒い権力闘争がゴーン逮捕の背景にはあるわけで、日産の幹部連中もクーデター起こしたのはいいけど、どう決着つければいいかの戦略がなかったんじゃないのかねえ。

仏政府、ルノーと日産の経営統合を提案 日産の反発必至

 そんなことより、明日の日ロ首脳会談を前にして、初老の小学生・ペテン総理が「北方四島のうち色丹島と歯舞群島の引き渡しをロシアとの間で確約できれば、日ロ平和条約を締結する方向で検討に入った」とさ。でもって、「2島引き渡しを事実上の決着と位置付ける案」だってんだが、おいおい「2島で決着」ってそんな話はしっかりと国会で議論して、国民的コンセンサスを得る努力をしてからの話だろう。

安倍政権、2島決着案を検討 北方4島返還「非現実的」

 そもそも、「主権」の問題はどうするんだ。バッカじゃなかろか。外交のグランドデザインがまったく描けてなくて、すべてが行き当たりバッタリのその場しのぎってことだ。そのためには、嘘も平気で口にする。

 つまるところ、「毎月勤労統計」の違法調査がバレちゃって、アベノミクスがとんだまやかしだったことも周知の事実となりつつあるいま、参議院選挙前にはどうしても北方領土にメドをつけて、それを選挙戦の手土産にしたいってことなんだね。

 何をするにしても、自らの地位を死守するために汲々としているわけで、そこには高邁な政治的理念なんてカケラもありません。「慌てるナントカは貰いが少ない」と言われるが、貰いが少ないどころか国を売ることに繋がりかねないんだから、バカをいつまでも野放しにしてはいけない・・・てなことを我が家のドラ猫にこっそり囁く月曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

沖縄県民投票は「賛成」「反対」「どちらとも言えない」の3択案検討・・・なんてこったい!!

 昨夜、遊びに来た息子がTVのニュースを見ながら一言。「安倍って首相じゃなくて腫瘍だな」。心の中で小さくガッツポーズした団欒の夜であった。

 そんなことより、沖縄県民投票だ。なんと、沖縄県議会議長が「賛成・反対」の2択方式ではなく、「どちらとも言えない」というぬるい意見を加えた3択にするために条例改正を検討するってね。

 昨秋には自民党が「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択の条例案を提出して否決されているそうだが、社民護憲会派の議長がなんで県民投票を形骸化しようって動きを後押しするようなことするんだろう。

沖縄県民投票3択検討 県会議長 5市の不参加回避へ

県民投票「やはり2択に絞って」 ハンスト中の元山代表、3択改正案報道に考え示す

 それにしても、「どちらとも言えない」ってのはびいもんですね。そもそも、県民投票は県民の異議申し立てにより実施されることになったものだ。「どちらとも言えない」なんてのが選択肢になったら、それは県民投票の体を成さない。

 「どちらとも言えない」という県民には、まずは議会そのものが「賛成」「反対」の論を尽くすことで、「納得のいくための丁寧な説明の過程」(宇野重規東大教授)を示すことだ。それこそが政治家の務めというものだろう。

Photo_2

 こういう小賢しいというか姑息というか、子供だましのような手法を弄しようということは、ひょっとして政権筋から鼻薬でも嗅がされたか。

 前にも書いたけどペテン政権が投票結果に怯えているってことは実々で。自民党の陣笠、宮崎某の県民投票不参加指南なんか、明らかに裏ではペテン政権が意図を弾いてますからね。

 でもって、それを窺がわせるこんなツイートがあります。さもありなんてことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

「毎月勤労統計」の不法調査による国民へのツケは195億円。自分のケツは自分で拭け、厚労省の役人ども!!&沖縄県民投票不参加に賛成した市議一覧!

 新聞・TVは、検察と日産のリークを無批判に垂れ流し、ゴーンを極秋人に仕立てようと躍起になっている今日この頃。なんと、「毎月勤労統計」の不正調査のツケで、195億円が一般大衆労働者諸君の負担になるんだとさ。ふざけんじゃねえ。自分のケツは自分で拭きやがれ!!

勤労統計不正で予算案修正 事務費195億円 国民負担に

 というわけで、二日酔いの頭がブチ切れそうなので、沖縄県民投票不参加に賛成した議員と反対した議員の一覧をご紹介して、お後がよろしいようで。

1
2
3
4
5






| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

毎月勤労統計の資料を厚労省が廃棄。もうメチャクチャだな!&「改めて国民世論を呼び覚まし、憲法改正に向けて道筋をつける」(2019年自民党運動方針案)・・・馬鹿のひとつ覚え!!

 厚労省よる「毎月勤労統計」の不正調査について、事務次官などの関係者を懲戒処分にするそうだ。つまりは、トカゲのシッポ切りが始まったってことね。でも、不正調査の実態はまだ検証の最中であって、関係者の処分なんてのにかまけている場合じゃないだろう。

厚労事務次官ら懲戒処分へ 勤労統計、特別監察委が調査開始

 不正調査を補正するためのデータの一部を廃棄していたという事実も発覚したばかりで、その責任がどこまで及ぶかなんて誰にも想像がつかにないのが現状だ。へたすると、ペテン政権の屋台骨だって揺るかしかねない事態なんだよね。なんてったって、アホノミクスがどうしたこうしたなんていう根拠にも使われてきたデータなんだから、それに不正があったってことになれば、「いざなぎ景気超え」なんてかけ声も卓袱台返しになっちゃいますから。

勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

「最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」って喚いたあげく選挙で惨敗。結果、お腹が痛くなって総理辞任という失態を招いたことは、初老の小学生・ペテン総理にとってトラマウになっているはずで、「毎月勤労統計」の不正調査による失業給付などの過小評価は、その二の舞になる可能性大かもね。個人的には、そうなることを願う今日この頃なのだが・・・。

 ところで、自民党が2019年の運動方針案とやらを固めたってんだが、そのなかで改憲についてこんなことを前文に明記したってさ。

「改めて国民世論を呼び覚まし、新しい時代に即した憲法の改正に向けて道筋をつける覚悟だ」

 「呼び覚ます」とはねえ。「呼び覚ます」とは、つまり国民は潜在的に改憲の意向を持っているってことを言ってるわけで、「改憲に目覚めさせる」という上から目線の思いもそこにはある。舐めやがって!! 

改憲「世論呼び覚ます」=自民運動方針最終案

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

沖縄県民投票への不参加を煽る不埒な自民党議員・・・それだけペテン政権は投票結果に怯えているってことか!&ヤメ検弁護士が人権なんかクソ食らえで長期拘留擁護!!

 辺野古埋立ての是非を問う沖縄県民投票に不参加表明をする市がある中、市議会に県民投票予算案否決をレクチヤーしていた弁護士資格を持つ議員がいるんだね。沖縄以外のメディアはほとんどこの男についてて報道することはなかったんだが、どうやらここにきてこれではまずいと思ったのかどうかちょいとニュースで取り上げる動きが出てきたようだ。

 昨夜のテレビ朝日『報道ステーション』は「自民党議員が不参加指南か」と切り込んでいた、それでもまだまだ甘い。こうした不埒な議員の動きに何のお咎めもないとしたら、たとえば原発再稼動の住民投票なんてのも容易に阻止することがてきちまう。つまり、参政権の否定でもあるわけで、いち沖縄だけの問題ではないんだね。

【報ステ】沖縄県民投票 自民党議員が不参加指南か

50243797_171700253805230_7795605606

 不参加をレクチャーしたのは自民党の宮崎政久とかいう陣笠で、小選挙区では連発続き。毎度のように比例復活でどうにかこうにか議員になれたという厄介者だ。投票権の侵害だという声が大きくなってきたからなのだろう、なんと反論会見なんてのを開いたってね。県民投票について「否決することに全力を尽くすべきである」なんて文書までばら撒いておきながら、なんとも恥ずかしい言い訳でお粗末なものです。

「投票権を侵害」と市民が宜野湾市を提訴へ 原告団募集

”不参加指南”宮崎政久衆議院議員が反論会見

宮崎氏解釈を疑問視 法専門家「予算執行は義務」

 不参加表明のレクチャーなんていち陣笠が独断でできるわけがないんであって、その裏ではペテン政権が糸を引いている野は間違いない(あくまでも個人の妄想です)。顔も頭も貧相な官房長官のガースーは「そのような指摘は当たらない」ってお得意の「菅話法」で逃げるんだろうけど、そんな汚い手を使ってでも県民投票を阻止したいってのは、その結果に怯えているからなんだよね。

 だからこそ、諦めちゃいけない。声を出し続けていかないと、いいようにされちまいますからね。

 最後に、ゴーンの長期拘留について、ヤメ検の高井康行って弁護士が、人権なんかクソ食らえみたいな発言をTVでしたってね。こんなんだもの、これまでにも日本の代用監獄制度が世界から批判されるわけです。それにしても、こんな発言をヤメ検とはいえ弁護士が口にするとはいやはやの木曜の朝であった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

「ただハンコを押しただけ」とでも言わんばかりの釈明で、たった7分で会見場から逃げ去った竹田JOC会長!&ゴーン保釈却下。否認すると長期拘留という見せしめ!!&「原発再稼働どんどんすべき」(経団連会長)。言ってろ!!

 元皇族がウリの竹田JOC会長の記者会見は、日曜日のエントリーで予想した通り、まったく中身のない、それどころか我田引水の自己保身のためだけのパフォーマンスだった。しかも、想定通りに捜査中を理由に質疑応答はなし。会見後は逃げるようにして会見場を去っていきやがりました。

竹田会長、潔白強調 五輪招致 質問応じず7分間

竹田会長、潔白根拠のJOC調査 「欠陥だらけの報告書」

 しかしまあ、こやつの釈明を聞いてると、「ボクちゃンはただハンコ押しただけだもん」って言ってるようもんなんだね。たとえば、こんな具合だ。

「稟議書は、通常の承認手続きを経て、最後に回覧され、私が押印した。私の前には既に数人が押印していた」
「担当者が取引の概要説明を記載した書面の稟議書を起案し、その上司が順次承認した上で、理事長であった私に承認を求めるものだった。私自身はBT社との契約に関し、いかなる意志決定プロセスにも関与していない」

 つまり、自分はお飾りだったから責任ないってことを言いたいわけね。だったら、1500万円の報酬なんか貰わずに、ボランティアでやれ、ってなもんです。

 さらに、「契約に日本法において違法性はないとも結論付けた」とものたまってるんだが、いやいや、日本は関係ないから。フランスが捜査してるわけで、そんなこと言ったらゴーン逮捕だって「フランス法では違法性はない」ってことも成立しちゃうんじゃないのか。

 ようするに、まともに説明しない、質疑応答も拒否ってのは、どう考えたってJOC会長という要職に就く者としての責務を果たしているとは言えないってことだ。

・竹田JOC会長の会見全文

 でもって、ゴーンなんだが、保釈が認められなかたってね。その理由が「証拠隠滅の恐れ」ってんだが、ようするに「否認」してるからってのが一番大きな理由なんだよね。でも、否認するのは被疑者の権利だし、罪を犯していないという自負があればなおさらのことだ。そもそも、事件関係者に圧力かけて証拠隠滅する恐れがあるってんなら、「関係者との接触禁止」を条件にすればいいだけのことだ。

 さらに、保釈後はフランス在住を希望しているから「海外への逃亡」にあたるってんだが、だったら「国外への移動を禁止」すればいい。実際に、ゴーンと一緒に逮捕されたケリーは「海外渡航禁止」と「事件関係者への接触禁止」が保釈の条件になっているんだからね。

 こんなんだから、「人質司法」って世界中から非難されちゃうわけで、こうした視点からも新聞・TVはしっかりとこの事件を検証すべきなんたよね。ああ、それなのに、検察リークを垂れ流すだけで、ゴーン悪人論にやすやすと与しちゃうんだから、こいつらが事あるごとに野党の調査能力を云々する資格なんかありません。

・ゴーン前会長の保釈認めず 証拠隠滅の恐れ、判断か

 最後に、日立会長でもある経団連会長が「原発再稼働どんどんすべき」ってぬかしたってね。再稼動にあたっては「一般公開の討論を真剣にするべき」とも言ってるんだが、だったらすべての原発をストップしてからのことだ。そして、こやつが以前口にしていたように、「国民が反対するものは作れない」という原発を考える上での原点に立ち戻るべきなんだよね。

経団連会長「再稼働どんどんすべきだ」 ただ、一般公開の討論を真剣に

 聞きようにっては「国民が賛成すれば原発増設もできる」ってことで、つまりはそうした国民的コンセンサンスをどうにかしてデッチ上げろってペテン政権に暗に檄を飛ばしているのかも・・・って妄想してみる水曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

北方領土の名称変更とペテン総理の大嘘をどうにかしろ・・・ロシアが安倍お友達外交を一蹴!!&うるま市も県民投票不参加。民主主義そのものの否定だね!

 日ロ外相会談って、「やってる感」を精一杯演出しようとしてるんだろうが、なんか舞台裏がミエミエでお寒いもんだ。アベ様のイヌアッチイケーは、2島返還が既成事実のようにくっちゃべってたけど、いつから4島じゃなくて2島返還がコンセンサスになったんだ。こういうのを典型的ななし崩しって言うんだよね。

 でもって、会談では、ロシアの強硬姿勢にごまめはタジタジ。こんなことまで言われる始末だ

「日本が国内法で規定する『北方領土』の名称は受け入れられない」
「首脳間で合意を歪曲したり一方的な発言をしたりしないと取り決めた。約束を守るべきだ」

 ようするに、北方領土は南クリール諸島に名称変更しろ、初老の小学生ペテン総理の大嘘をどうにかしろ、ってことなんだね。これって、もはや北方領土交渉は暗礁に乗り上げたどころか、後退したってことを意味している。連休中のペテン総理はゴルフにうつつを抜かしていたようだが、さぞやお腹もが痛くなってることでしょう。

・ロシア外相、北方領土の名称変更要求 首脳会談は22日

北方領土 ロシア強硬、早くも暗雲 外相会談、共同会見なし

 ところで、辺野古埋立ての賛否を問う沖縄県民投票にうるま市が不参加表明。これで、沖縄、宜野湾、石垣、宮古島の4市とあわせて5市が県民投票不参加ということになった。県民のおよそ3割が投票の機会を奪われるというわけだ。

辺野古移設の県民投票 うるま市も不参加表明

 しかし、不思議なもんですね。不参加を表明している市でも、投票に賛成する有権者は70%を超えているんだね。それを首長や市議会がなんだかんだイチャモンつけて不参加を勝手に決めちまうってことに、なんで本土のメディアは無関心を装うっているんだろう。

 沖縄市の市長は「少数意見、反対している人に配慮をせず、全く強権的になっている」なんてゴタクを並べているが、寝言は寝ながら言いやがれ。さらに、「賛否二択を問う方式では、多様な民意を反映できない」ってのたまっているようだが、ようするに自民党と組んで県民投票潰しをしているってことなんだね。

 石垣市長なんか「(辺野古の)埋め立てにノーという多数意見が出ても、工事は止まらない。意思表示にはなるが、有効性に疑問が残る」なんてぬかしてくれちゃってます。これって、長いものには巻かれろって言ってるようなもので、こんなこと言ってたら選挙そのものだって意味がなくなっちまう。

 こうした沖縄の状況は、それこそが民主主義そのものの危機なんじゃないのか。新聞も「示せぬ民意3割」なんて傍観者づらしてるんじゃありませんよ、ったく!!

辺野古移設、示せぬ民意3割 4市が拒否 沖縄県民投票、告示まで1カ月

 最後に、どうでもいいことだけど、モナ細野が自民党入りを画策してるってね。ホント、節操のない野郎だ。男を下げるとは、こういうことを言うんでしょうね。

細野豪志氏、自民入り探る 無所属の展望見えず二階派接触、地元は反発

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

「北方領土の主権完全容認が日ロ平和条約交渉の前提条件」(ロシア外務省)・・・嘘を垂れ流すペテン総理の口害!!

 プーチンと初老の小学生・ペテン総理の首脳会談に先駆け、日ロ外相会談が今日、モスクワで開かれる。北方領土返還にからむ平和条約締結問題を議論するらしいが、ごまめの歯ぎしり・河野君にとっては針の筵のような会談になるに違いない。

きょう モスクワで日ロ外相会談 

 なんてったって、ペテン総理があたかも2島返還が既定路線であるかのように吹聴しまくってるものだから、いい加減なこと言うなと大使が呼び出されて釘を刺されたばかりですからね。

 さらに、先週末には「島々は第二次世界大戦の結果、ロシアの主権下になったことを完全に認めることが、平和条約問題の解決策の選択肢を見いだす重要な前提条件だ」ってロシア外務省が声明まで出してるんだから、ごまめの歯ぎしりにはこの会談はさぞかし荷が重いことでしょう。まさか「次の質問どうぞ」なんてわけにはいきませんからね。

・ロシア 平和条約交渉は北方領土の主権完全容認が前提条件

 それにしても、このロシア外務省の声明はかなりきつい条件突きつけていると思うんだが、なして新聞・TVはスルーしまくってるんてしょう。ペテン総理が吹聴する北方領土返還交渉が、まったく嘘だってことはこの声明ひとつで証明されてるってのにね。本来なら、新聞のフロントページを飾るトップニュースなんじゃないのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

「勤労統計」の偽装工作という極めて悪質な官僚の犯罪を「不適切調査」と言い換えるメディアの劣化!&JOC会長が15日に記者会見。「訴追の恐れがある」って質疑拒否したりして!!

 初老の小学生・ペテン総理が、私人の嫁と連れ立って海外遠足にお出ましになっているタイミングを見計らうように。国内では膿があふれ出す始末だ。なかでも、もっとも悪臭の放つ膿が、「毎月勤労統計」の捏造だろう。新聞・TVは「不適切調査」なんて言葉で事の本質を隠蔽しているけど、これは明らかな官僚による犯罪で、国の政策の前提となる基幹統計の偽造工作ってのは「国家転覆罪」にも匹敵するほどの大罪だ。

 官僚が鉛筆舐め舐めちょいと数字をいじっちゃいましたなんてレベルとはわけが違う。内閣が吹っ飛んでも、けっしておかしくはない。こんな具合に偽装ソフト作成してまでデータ改竄・捏造してるんだもの、内閣支持率に手を加えるなんてのは、お手の物なんでしょうね。そういえば、このところ内閣支持率が発表されてないのはなぜなんでしょう。

勤労統計、際立つ悪質性 不正を職員把握、意図的加工

 「毎月勤労統計」偽装に負けず劣らず悪臭を放つ膿がもうひとつ。竹田JOC会長の買収疑惑だ。どうやら、15日に記者会見開くようだが、おそらく手前味噌の言い訳するだけだろう。2億3000万円の具体的な明細を説明できなければ、記者会見しても意味ないんだよね。それとも「訴追の恐れがあるので」なんてシュレッダー佐川君を彷彿とさせる逃げを打ったりして。

JOC竹田会長 15日に会見 事実関係を説明へ

 いずれにしても、リオ・オリンピックでは同じく2億3000万円の賄賂疑惑で、ブラジル・オリンピック委員会会長が逮捕されてますからね。皇族気取りの竹田君も安穏とはしていられませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

竹田JOC会長を贈賄容疑でフランス当局が訴追。息子は「仮に百歩譲って意図的にお金を賄賂のつもりで渡していたとしても合法」とTVで発言・・・・この親にしてこの子あり!!

 いかれた息子がTVで御用コメンテーターとして活動中の竹田JOC会長が、東京五輪招致をめぐる贈賄容疑でフランス当局から訴追されそうだってね。これって、2016年にさんざん話題になったスキャンダルなんだけど、てっきりうやむやみになっちまったかと思ってた。でも、実際はコツコツと捜査してたってことなんだろうね。

 ゴーン逮捕への仕返しなんて声もあるようだけど、事件そのものは3年も前から噂されていたわけで、その可能性は低いかも。もっとも、仕返しだとしたら、それはそれで面白い展開にはなるんだろうけど・・・。

 それはともかく、メディアによっては「事情聴取に協力した」なんて表現してるようだけど、それは違うだろう。明らかに被疑者として取調べを受けたってことだ。ゴーンのように逮捕されなかっただけでもラッキーだったんじゃないの。

 コンサルタント料を支払ったとされるシンガポールのコンサルタント会社は、いまやペーパーカンパニーの疑いがあるようで、かなり胡散臭い錬途中に金が渡っているのは事実なんだよね。それだけ重大な局面だってのに、当の本人は木で鼻をくくったようなコメント出しただけで雲隠れ。何寝言をぬかしてるんだろうね。記者会見して説明責任を果たすのが、JOC会長という重い役職に就く者の務めだろう。元皇室の肩書きが泣くというものだ。

JOC竹田会長を捜査 仏当局、五輪招致めぐり 贈賄疑いで聴取と報道

 でもって、笑っちまうのが、いかれた息子が関西のTV番組で「仮に百歩譲って意図的にお金を賄賂のつもりで渡していたとしても合法。違法ではない」って発言したそうだ。この親にしてこの子ありとはよく言ったものだ。

JOC会長の長男・竹田恒泰氏が猛反論!「金をワイロのつもりで渡していたとしても合法。違法ではない」

 初老の小学生・ペテン総理の「アンダーコントロール」という大嘘で恥かいたあげくに、「金で買ったオリンピック」として後世に語り継がれることになるかもしれない東京オリンピクなんか、いっそのこと返上しちゃった方がいいんじゃないか・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝であった。

竹田会長「訴追」で東京五輪の危機を招いた政府・JOCの「無策」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

「あそこのサンゴは移した」」発言に「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」(アベ様のNHK)!&防衛省が辺野古埋め立てに不法な土砂を投入!!&ロシアが北方領土をめぐるペテン総理の虚言癖を一喝!!

 「あそこのサンゴは移した」という初老の小学生・ペテン総理の大嘘を垂れ流したNHKが「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」ってコメントを出したってね。さらに、「番組内での政治家の発言についてNHKとしてお答えする立場にはございません」だとさ。おいおい、それって政権の広報だって言ってるようなもんじゃないの。受信料をふんだくってるくせに、権力にシッポ振ることばかり考えているから、こうした発言を平気でできちゃうんだろうね。

 それにしても、これを伝える朝日新聞が「NHKの責任を問う声が上がっていた」って他人事なのがなんともなあ。毎日新聞も「さんご移植」発言について報じてるんだが、こちらも「『土砂の投入にあたって、あそこのサンゴは移している』と述べたことが波紋を広げている」と自らの見解は棚上げしちゃってるんだね。

 こういうメディアの姿勢そのもがペテン総理の「嘘」を助長させているのは間違いない。

首相のサンゴ発言、NHK「自主的な編集判断で放送」

安倍首相のサンゴ移植発言が波紋 政府、打ち消しに懸命

 でもって、辺野古埋め立てをめぐっては、ペテン総理だけでなく防衛省も「嘘」ついてたってね。以前も書いたんだが、埋立てをしている土砂が不法なものだという指摘があった。それがどうやら事実だったようで、なんと沖縄県の承認を得ずに土砂の割合を勝手に変更してたことが発覚しちゃいまた。

 沖縄県の立ち入り検査を防衛省は拒否しているそうで、それだけ後ろめたいことがあるのだろう。この国はもはや法治国家としての体を成していないってことだ。

辺野古工事で防衛省 県に無断で土砂割合変更

 国が平気で嘘をつく体質は海外からも顰蹙を買っているようで、とうとう北方領土をめぐるペテン総理の「嘘」についてロシアが抗議してきちゃいました。そりゃあそうだ、あたかも北方領土返還が既成事実であるかのようなこんな発言してますからね。

「(ロシア人の)住民に帰属が変わることを納得、理解してもらうことも必要だ」

 プーチンにしてみれば北方領土返還したって何のメリットもないんだから、経済援助だけ引き出して、主権はロシアのままで相互交流しましょうってのが本音なのだと思う。だから、ペテン総理にへたに与太飛ばされちゃうのは、迷惑このうえないということだ。

・ロシア、安倍首相発言に抗議=大使呼び「世論惑わす」

 ようするに、ペテン総理のばら撒く「嘘」は、国際社会から見ても鼻つまみものってことなんだね。それにしても、こうしたロシアのリアクションを新聞・TVはまともに取り上げようとしないんだから、どこまで腐ってるんだろうね、日本のメディアは。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

改変ソフトまで作成して勤労統計を偽装工作した厚労省の犯罪!!&性差別発言のネット投票で麻生太郎がダントツ1位!!

 厚労省の勤労統計偽装工作は、データを正しく装うための改変ソフトまで作成していたってね。改変ソフト作成していたってことは、偽装することが前提なわけで、これはもうどう言い訳しようと、官僚の犯罪だろう。

 森友学園疑獄における公文書改竄や働き方改革のデータ捏造が誰も責任取らずにうやむやになったことを考えれば、今回の厚労省の犯罪も誰一人としてお咎めなしで終わっちまうんだろうか。へたすれば、スケープゴートでノンキャリの職員の命が犠牲になることだってないとは言えない。

 ようするに、霞ヶ関はエリートの皮を被った犯罪者の巣窟なんだね。いやはや、とんでもない国になったものだ。

勤労統計、改変ソフトで偽装 失業給付過少 数十億円

 ところで、昨年1年間における政治家の性差別発言のワーストコンテストがインターネットで実施されて、ひょっとこ麻生の「「(セクハラ発言されて)嫌ならその場から帰ればいい」がワースト1位に輝いたってね。

 それに続くのが、杉田汚水脈の「LGBTは生産性がない」、加藤寛治の「必ず3人以上の子供を産み育てていただきたい」なんだとか。

性差別発言ワーストは麻生氏 政治家対象に学者ら主催のネット投票

 これは「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が主催したものなんだが、本来なら新聞・TVがしっかりと検証すべきことだ。ところが権力の犬に成り下がったメディアには、そんな気概はまったく期待できませんからね。

 ジャーナリズムが自らの責務を放棄した国というのは哀れなものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

辺野古署名20万筆超! ブライアン・メイも参加でネトウヨ発狂!!&厚労省が勤労統計でデータ偽装!!&「福島の放射能は安全」の早野龍五東大名誉教授の被曝線量データに誤り!!

 ホワイトハウスへの辺野古署名が20万筆を超え、クイーンのブライアンナ・メイも署名したとか。で、笑っちまうのが、ブライアン・メイの署名にネトウヨが発狂。「親日は嘘だった」なんてわけわかんないこと喚いてます。

辺野古署名、20万筆 メイさんら賛同 米回答義務の倍に

・クイーンのB・メイ「辺野古署名」にネトウヨが「親日は嘘だった」と逆恨み攻撃!『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…

 ところで、厚労省が勤労統計で偽装工作をしていたってね。なんでも、全数調査が必要なのに対象事業所の一部が調べられていないかったとか。これは「毎月勤労統計調査」と呼ばれるもので、「政府の経済分析や、失業給付の算定基準などに用いられる国の『基幹統計』」というから、それを偽装していたとしてたらかなり悪質だ。

 役所が基礎となるデータの偽装工作をするってのは、これはもう犯罪であって、ミスでしたで済む問題ではない。大臣の首が飛んだっておかしくはない。こうした政治家や官僚のモラルハザードこそ、国の安全保障を脅かすものなんだよね。もっとも、トップが大嘘こいてもジャーナリズムが押し黙る国になっちまってますからね。もう遅いかもね。

勤労統計、ミス隠し公表 根本氏「徹底調査する」

 でもって、データの偽装(?)とくれば、早野龍五東大大学院名誉教授だ。なんと、福島第一原発事故による被曝に関する論文で、被曝線量の基本となるデータを住民の同意なく使用していただけでなく、計算プログラムのミスにより「累積線量を三分の二に評価する重大な誤り」があったってね。

被曝線量過少、論文修正へ 実際は3倍「意図的でない」 早野龍五・東大名誉教授ら

 早野名誉教授といえば、「福島第一原発事故の放射能は危険ではない」「福島産は安全」と主張し続けてきた御仁で、誰とは言わないけど著名人のなかにもシンパがいるんだよね。計算プログラムのミスだとしても、これまでの「福島安全」発言に微妙な影が出てきたんだから、ちゃんと説明責任は果たしてもらわないとね。もちろん、シンパの方々にもお願いしまっせ。「おいしい生活」なんて言ってる場合じゃありませんよ、ったく!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

「希少生物は他の海に移した」というペテン師の大嘘を垂れ流したNHKの説明責任を問う!&沖縄市長が県民投票不参加を表明・・・首長にそんな権限があるわけない!!

 辺野古埋立てで「希少生物は他の海に移した」とのたまった初老の小学生・ペテン総理に、オール沖縄の玉城知事がやんわりと反論。

土砂投入海域のサンゴ移植ゼロ 辺野古、首相は「移している」と答弁

安倍首相がNHKジャック 辺野古工事“環境配慮”のウソ八百

安倍首相発言「環境負荷抑える努力」 玉城デニー知事や自然保護団体からは疑問の声

 ペテン総理はもちろんだけど、こんな大嘘を垂れ流したNHKはきっちりとその発言について検証する責任がある。聴取料をふんだくっておいて、テメーたちの流した放送には責任とらないってのは、それこそやらずぶったくりというものだ。

 それにしても、沖縄以外のメディアは何してるんだろうね。公共放送で総理大臣が大嘘こいたんだぜ。ここで突っ込まないでどうする。「嘘に慣れるな、嘘を止めろ。今年、嘘をやっつけろ」と宝島社は檄を飛ばしているけど、これこそ新聞・TVがなすべきことなんじゃないのか。恥を知れ!!

「嘘つきは、戦争の始まり」宝島社が出した新聞広告に注目集まる「嘘に慣れるな、嘘を止めろ。今年、嘘をやっつけろ」

Photo

 ところで、沖縄市長が県民投票に不参加を表明したってね。何度も書くけど、住民の意思とは関係ないところで、自治体が勝手に投票の権利を妨害するのって憲法違反じゃないのか。これもまた沖縄以外のメディアが沈黙するのはなぜなんだろう。

沖縄市長、県民投票に不参加表明 県内首長で3番目

木村草太氏が緊急寄稿 「県民投票不参加は憲法違反」

 こんなんだもの、北の圧政を笑う権利なんてこの国にはありません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

「土砂投入にあたっては、サンゴや希少生物は他の海に移しております」(安倍晋三)・・・嘘にもほどがあるというものだ!!&「フェイク本讃美の紀伊國屋書店に強烈な採用差別の過去!!

 県民の74%が賛成している沖縄の県民投票に不参加を表明した宮古島の市長に対するリコール運動の動きがあるそうだ。この市長ってのは県内の建設業界が強力な支持をしていて、基地利権にもとかくの噂があるんだよね。リコールの輪が宜野湾や石垣にも広がっていけばいいのだけれど・・・。

宮古島市民の直接請求権を踏みにじる下地敏彦市長をリコールせよ! - 宮古島の下地市長が県民投票に不参加宣言の暴挙

 その辺野古埋め立てについて、初老の小学生・ペテン総理が大法螺というのも馬鹿馬鹿しい大嘘をこいてくれたってね。

「土砂を投入していくにあたってですね、あそこのサンゴについては、これは移しております。
希少生物は他の海に移してるところです」

 これは、昨日放映されたNHK『日曜討論』での発言なんだが、おいおい、そんな話は聞いたことがないぜ。新聞・TVはこの発言をまったくスルーしているようだけど、辺野古の海の環境アセスについてはアメリカ国内でも問題視されているんだから、ペテン総理の大嘘はちゃんと検証しなくちゃいけないんじゃないの。

 そもそも、「サンゴや希少生物を他の海に移してる」ってどうやってやるんだ? 科学技術的にそんなこと可能なのか? ペテン総理には、是非とも「丁寧な説明」してもらおうじゃないの、くそっ!!

【!?】安倍総理「辺野古のサンゴや絶滅危惧種は、これは別の場所に移しております」→ネット上で「本当か?」「そんなの初めて聞いた」など騒然に!

22分35秒あたりに注目!

 ところで、売文芸人・百田シェンシェイのフェイク本を宣伝して顰蹙買っている紀伊國屋書店なんだが、かつてとんでもない採用差別が問題になっていたってね。なんでも、「ブス・チビ・家庭環境複雑な女子は採用不可」とかで、そんな前科があるんだもの、売文芸人のフェイク本にも親和性があるっことだ。こんな書店で本は買いたくないものだ。

・ブス・チビ・家庭環境複雑な女子は採用不可…紀伊國屋書店、過去に強烈な採用差別基準!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

「消費税を全て国民の皆様にお返しするレベルの十二分の対策」(安倍晋三)。ハア~? だったら増税しなけりゃいいんじゃねえ!?

 年明け早々、初老の小学生・ペテン総理ができもしない噓八百を機会あるごとに垂れ流している。昨日も、地元山口でこんな大法螺吹いたそうだ。

「現役世代からお年寄りまで、全世代型の社会保障制度へと変えていく年にしたい」
「人生100年時代を迎え、どこでも高い質の医療を受けられる制度は安倍政権でも強化していく」

首相、全世代型社会保障に意欲 山口市の会合で

 1日の年頭所感では、

「本年は最大の課題である少子高齢化の壁に本腰を入れて立ち向かいます」
「大きな転機が訪れる中で、戦後日本外交の総決算を果断に進めていく」
「平成の、その先の時代に向かって『日本の明日を切り拓(ひら)く』一年とする。その先頭に立つ決意だ」

 なんてことものたまってくれちゃっているんだが、おいおい、6年も政権の座に居座っていて、いまさらこれかい。ようするに、この6年にわたって何ひとつとして政治的成果なんて上げられてないってことなんだよね。

「戦後日本外交の総決算を果断に」 安倍首相が年頭所感

 でもって、4日の年頭記者会見では、「殿、ご乱心」どころか「狂ってる」んじゃないのと思わずつぶやいてしまったほどのシュールな発言してくれちゃってます。

「消費税の引上げについては、前回の反省の上に、本年、頂いた消費税を全て国民の皆様にお返しするレベルの十二分の対策を講じ、景気の回復基調をより確かなものとしてまいります」

 だったら消費税増税しなくてもいいんじゃねえ。「消費税を全て国民の皆様にお返しするレベルの十二分の対策」って、そういうことじゃないのか。

安倍内閣総理大臣年頭記者会見

 なんとかにつける薬はないとは言うものの、ここまで支離滅裂、無秩序でカオスな頭している男の存在って、それこそが「国難」というものだろう・・・なんてことを改めて我が家のドラ猫と意思一致した日曜の朝であった。

新年早々ウソ連発 安倍首相の年頭会見をファクトチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

「『一強状態』からの脱却を考えなければいけない」(岸田自民党政調会長)。だったらなぜ総裁選から逃げた!!&「LGBTたちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」(平沢勝栄)。ペテン総理の元家庭教師の阿呆丸出し!!

 いったいこの男は何をしたいのか・・・昼間の幽霊・岸田君のことだ。なんでも、2019年の抱負を問われてこう答えたんだとか。

「政治の安定、信頼回復という観点から、いわゆる『一強状態』からの脱却、こういったことを考えていかなければならないのではないかと思っている」

 いまさら感が凄すぎてクラクラしてきます。だったら、こやつはなして総裁選に打って出なかったのかねえ。初老の小学生・ペテン総理からの禅譲を期待して腰砕けになったのはどこのどいつだ。さらに、こんなことものたまってます。

「世の中で言われている1強と言われる状況は、官邸の立場に立っても、党の立場に立っても、決して好ましい状況とは受け止められていない。党としてしっかり存在感を示すことによって、状況を改善していく努力が大事なのではないか」

 いったい何が言いたいんだ、この男は。こんなのが宏池会の流れをくむ派閥の親分ってんだから、そりゃあペテン総理一派にいいようにされちゃうわけだ。

自民・岸田政調会長“ポスト安倍”に改めて意欲

 ところで、ペテン総理の元家庭教師で警察官僚崩れの平沢君が、正月早々から間抜けな発言してくれたってね。曰く、

「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。これは批判したら変なことになるからいいんですよ。もちろんいいんですよ。でもこの人(LGBT)たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」

 あり得ない喩えを持ち出して他者を貶めるという、政治家が一番してはいけないことを口にしちゃったんだね。ペテン総理の家庭教師だったことを引き合いにからかわれることの多いこの男は、そのたびに「安倍さんは私が教えたから馬鹿になったんじゃないかと皆が言うが、私が教えたからあの程度で済んだんだ」って自虐的な言い訳してるんたが、いやいやこうした発言からは「オメーがアホだからだろう」って改めて突っ込みたくもなろうというものだ。

“LGBTばかりになったら国はつぶれる”

 そう言えば、この男は、移民法案の審議中に「この問題は議論したらキリがない。いくらでも問題点が出てくる(からしょうがない)」ってメチャクチャなこと言って顰蹙買ったんだよね。こんなんだもの、さすがのペテン総理もこやつだけは閣僚に抜擢しないわけだ。馬鹿は馬鹿なりにひとを見てるってことなんでしょうか・・・(これはあくまでも個人の感想です)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

通販生活からのお年玉。意見広告「9条球場」!!

区 正月のほろ酔い気分を突如揺るがす熊本の地震。このところ何年も続く大規模な自然災害を奇貨として、初老の小学生・ペテン総理は必ずや「緊急事態条項」を仕掛けてくるに違いない。

 そんな動きを察したかのように通販生活が意見広告「9条球場」を発表した。正月で緩んだ頭を引き締めるためにも、通販生活からのお年玉をご堪能ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

紀伊国屋書店がフェイク本の宣伝ツイートで炎上・・・田辺茂一が泣いてるぞ!&「数の力で押し切るような国会運営は厳に慎まないといけない」(山口公明党委員長)・・・どの口が言うか!!&沖縄県民投票賛成は74%。投票の権利を妨げる権利は誰にもない!!

 大学ラグビーは10連覇を狙う帝京が敗れ、箱根駅伝は5連覇がかかる青学が往路でまさかの6位。波乱の予感のする年明けである。

 それはともかく、紀伊国屋書店が売文芸人の百田シェンシェイと有本香のサイン本に欣喜雀躍のツイートして呆れられている。節操のカケラもなくなっちまったんだなあ。田辺茂一が草葉の陰で泣いてるぞ!!

 節操がないとくれば公明党だ。なんと、山口メンバーが新年早々の街頭演説で、

「数の力で一辺倒に押し切るような運営は厳に慎まないといけない」
「国会では真摯(しんし)に議論を尽くして幅広い合意形成を作り出していくのも重要な役割だ」

 とさ。いけ図々しいと言うかなんと言うか。その前に、まずは下駄の雪と揶揄される我が身を振り返ってみやがれ、ってなもんです。こやつらにはいずれ仏罰が下ることは間違いない。

強引な国会運営は慎むべきだ…公明の山口代表が新年恒例の街頭演説

 最後に、沖縄県の世論調査で、辺野古新基地建設をめぐる県民投票への賛成が74%とか。投票への不参加を表明している宜野湾市でも賛成は73%、宮古島でも63%と、県民の投票への期待は大きいんだよね。

県民投票「賛成」74% 宜野湾73%、宮古63% 連絡会が世論調査

 民意を無視して自治体のボスどもが勝手に投票不参加を決定するという愚かな行為に、これまた天罰が下ることを切に願う正月3日の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

「国民の反対が強いのに原発を民間企業がつくることはできない」(経団連会長)。その心は、金の切れ目が縁の切れ目!&片山さつき「口利き疑惑」に新たな展開!!

 ローラの「辺野古署名呼びかけ」について大王製紙前会長の井川某が「スポンサーからしたら大迷惑」と発言したそうだ。それに対して作家の松井計が「100億以上、博打に注ぎ込んで特別背任の罪に問われた人がそんなこと言ったって、説得力なんぞはどこにもありゃしませんよ。常識的に考えて。」と強烈なクロス・カウンターでフルボッコしたという。新年早々、痛快なり!

 フルボッコとくれば、イギリスにおける原発計画が頓挫して、ざまあ~みろの大合唱を浴びる日立だ。で、その日立の会長は経団連会長でもあるんだが、これがなんと年頭の会見で「国民の反対が強いのに原発を民間企業がつくることはできない」とぶちかましてくれたってね。こんな具合です。

「お客様が利益を上げられてない商売でベンダー(提供企業)が利益を上げるのは難しい。どうするか真剣に一般公開の討論をするべきだと思う。全員が反対するものをエネルギー業者やベンダーが無理やりつくるということは、この民主国家ではない」

 ひらたく言っちまえば、利益が期待できないものには金は出せない、ってことで、原発もしかり。企業なんてものはそんなものです。電力会社だって、腹の底ではこんな厄介者は切り捨てたいというのが本音なんだよね。もっとも、儲かればやりますよ、ってのが反対側にはあるわけで、そういう原発経営のシステムを作れ、というペテン政権への脅しにもなっているのかもね。

 それにしても、なんでヘラヘラ笑って記者会見するんだろう、この男は。政官財と、どこもかしこもこんな下品な奴ばかりってのが、なんともはや・・・。

「原発 国民反対ではつくれない」 経団連会長

 最後に、ゴーンの逮捕でウヤムヤになりかけている生活保護叩きの鬼嫁・片山君の「口利き疑惑」に、ちょいと動きがあったようだ。年末のドサクサに報道された産経の記事によれば、「平成27年9月に関東信越国税局に何らかの問い合わせの電話をかけていた」ことが判明したそうだ。

 ようするに、「口利き」してたってことなんだよね。今月末の通常国会では、こいつもまたフルボッコされますよ。

片山さつき氏、関東信越国税局に問い合わせ 開示資料で判明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 年明け早々に、しょうもない話で恐縮ですが、なんとまあ初老の小学生・ペテン総理が、年末のドサクサに北方領土について腰砕けな発言してくれたってね。

「今、残念ながら4島には日本の島民が住んでいない。ロシア人しか住んでいない中で、その帰属を日本に変えることの困難さを(国民に)よく理解していただいているのかなと見ている」

 聞きようによっては、北方領土返還に白旗揚げちゃったようなものなんだね。おそらく、11月のプーチンとの会談で、日ソ共同声明の原点に返ることで合意させられちゃって、ニッチもサッチも行かないのが現状なのだろう。いまのうちに、北方領土返還がうまくいかないことの言い訳をしておこうという魂胆に違いない。

安倍首相、北方4島返還「国民、困難さをよく理解」

 それにしても、こういうセンシティブな問題を、忙しない年の瀬に、それもラジオ番組で口にするってのは、どこまでチキンな男なんでしょう。こんな男に「国破れて山河もなし」なんて状態にさせられちゃたまりませんから、夏の参議院選挙は何がなんでも勝たねばならぬ・・・なんてことを新年のご挨拶がわりとさせていただいて、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »