« 統計偽装がバレちゃったから「連合の調査」にすり替えて自己弁護する愚鈍な世襲政治屋!&「北方領土の日」に「島を返せ」のたすきは使用禁止!! | トップページ | 官邸が望月記者(東京新聞)の口封じを記者クラブに要求!! いわゆるひとつの言論封殺ってやつだ!! »

2019年2月 2日 (土)

息のかかった特別監察委員会を解散できない安倍晋三のどんづまり!&厚労省が賃金構造基本統計の隠蔽を認める!&年金14兆円をギャンブルですったくせに知らん振り!!

 デリヘルの女性に乱暴した容疑で役者が逮捕されたそうだが、厚労省の統計偽装ですったもんだしているこのタイミングってのもねえ。というわけで、竹村健一の言葉を改めて噛みしめてみるのであった。

「マスコミが、芸能ネタなりスキャンダル事件を連日連夜、執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている。そういう時こそ、新聞の隅から隅まで目を凝らし小さな小さな記事の中から真実を探り出しなさい」

 でもって、その統計偽装なんだが、初老の小学生・ペテン総理は頑なに新たな第三者委員会や検証委員会を設置することを拒んでるんだね。年金問題の時とは大違いだ。それもそのはず、年金問題は役所の杜撰なミスが原因だったから、真相究明にも積極的になれたんだね。ところが、統計偽装はそうはいかない。ひょっとこ麻生が指図して絵図を描いたなんて噂もあるし、なによりも特別監察委員会の委員長は厚労省所管の独立行政法人の理事長ってんだから、そもそもからして「身内の調査」を企んでいたってことだ。

 つまり、へたに第三者委員会や検証委員会を設置したら、統計偽装の構図がすべて明らかになっちゃう可能性があるってことだ。だからこそ、頑なに野党の要求を拒んでるってことなのだろう・・・ま、いつもの妄想ですけど。 

 毎月勤労統計の後を追うようにして発覚した賃金構造基本統計の不正については、どうやら厚労省は隠蔽の事実を認めた。てことは、毎月勤労統計の偽装も意図的な隠蔽があったのは容易に想像がつくことで、だからこそたった6日間の調査で幕引きを図ろうとしたのだろう。ペテン総とひょっとこ麻生にすればとんだ見込み違いだったことになる。

 さあ、この決着をどうつけるか。年金問題の時の長妻君のような猛者が、いまの野党にいるかどうか。その長妻君は厚労大臣だったんだよね。へたに真相究明しちゃうと、自らにも火の粉が降りかかる・・・なんてことをよもや考えてはいないでしょうねえ。

監察委、中立性見えぬまま 勤労統計不正 政府は見直し消極的 

隠蔽、勤労統計も疑い濃く 不正、賃金統計と同じ構図

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】麻生大臣の鶴の一声後 「検討会」開かれず「議事録」公表されず

 長妻君の名前が出たところで、話変わって年金問題です。なんと、GPIF(年金積立金官吏運用独立行政法人)が株による年金運用で14兆円もすっちまいましたとさ。借りた金でギャンブルやってスッテンテンになるのと同じで、責任者を出せ、ってなもんです。

 ていうより、カジノで106億円溶かした大王製紙の元会長のように、民間だったら逮捕されちまうんだから、他人の金(年金)だからってハイリスクな株運用で14兆円もすっちまったGPIFには市中引き回しくらいの処分は課してほしいものだ。でなけりゃ、これからもやりたい放題しますぜ、こやつらは。

公的年金運用損、最悪の14.8兆円 昨年10~12月

 こんなんで、年金70歳支給なんてことを画策してるんだから、そろそろ一般大衆労働者諸君も飼いならされた羊の皮を脱いで、暴動のひとつも起こしたらどうだ・・・てなことを我が家のドラ猫にオルグかけてみる冬の朝であった。

|

« 統計偽装がバレちゃったから「連合の調査」にすり替えて自己弁護する愚鈍な世襲政治屋!&「北方領土の日」に「島を返せ」のたすきは使用禁止!! | トップページ | 官邸が望月記者(東京新聞)の口封じを記者クラブに要求!! いわゆるひとつの言論封殺ってやつだ!! »

年金問題」カテゴリの記事

安倍晋三」カテゴリの記事

麻生太郎」カテゴリの記事

公文書改竄」カテゴリの記事

コメント

ジャーナリズムとは、
報じられたくない事を報じることだ。
それ以外は、広報に過ぎない。
ジョージ・オーウエル

首相官邸が、内閣記者会に
「特定記者の言動を規制せよ」、
と官邸報道室長・上村秀紀名で申し入れた。
特定記者とは、会見の度に貧相顔の官房長官に
厳しい質問を浴びせる東京新聞の望月衣塑子記者に
外ならないが、
望月記者の質問は、国民にとって至極まともな質問であり、
これに対する貧相顔の答弁は、
常に、木で鼻を括ったような答弁であり、
上村もまた、5・6秒ごとに質問は簡潔と邪魔をしている。

記者の背後には何百万人、何千万人もの国民がいる。
記者会見で特定記者を対象に規制するなど
あってはならないことだ。

この規制申し入れに記者会は何と応える。
まさか、記者会が率先して規制を働きかけた
ということではあるまいな。

であれば、内閣記者会が官邸の単なる広報機関に
成り下がっているということだ。

投稿: 岡目五目 | 2019年2月 2日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息のかかった特別監察委員会を解散できない安倍晋三のどんづまり!&厚労省が賃金構造基本統計の隠蔽を認める!&年金14兆円をギャンブルですったくせに知らん振り!!:

« 統計偽装がバレちゃったから「連合の調査」にすり替えて自己弁護する愚鈍な世襲政治屋!&「北方領土の日」に「島を返せ」のたすきは使用禁止!! | トップページ | 官邸が望月記者(東京新聞)の口封じを記者クラブに要求!! いわゆるひとつの言論封殺ってやつだ!! »