« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

年末恒例、ペテン総理の今年の「嘘」の総まくり!!

 昨年の大晦日と同じ書き出しなのが笑っちゃうんだが、初老の小学生・ペテン総理は連日のゴルフ三昧で、夜は「男どもの悪巧み」仲間と豪華ディナーだとさ。でもって、「大変な1年だった」なんてほざいてくれちゃったそうで、お前が言うな・・・ってなもです。そんな1年になったのはひとえにオメーのせいだと悪態のひとつもつきたくなろうというものだ。

首相「大変な1年だった」 2日連続でゴルフ

Photo_20191231070001

 それにひきかえ、突貫小僧・山本太郎君は、寒空の下、炊き出しに精を出していたってね。総理大臣に炊き出しやれとは言わないけれど、ようは政治家としての心根の問題なんだよね。「晋三には情がない」とオヤジの晋太郎が評していたというのも、大いに頷けるというものだ。

 というわけで、今年も年末恒例、ペテン総理の今年の嘘の総まとめで、お後がよろしいようで。

 皆様、良いお年を! そして、年明けもよろしくお願いします・・・ジャンジャン!!

今年はサイコパスぶりがさらにエスカレート! 2019年・安倍首相がついた真っ赤な嘘とインチキ総まくり


| | コメント (1)

2019年12月30日 (月)

IR汚職に官房長官の側近の名前がチラホラ・・・年明けにはさらに政権中枢に拡大か!?

 秋元なんたらが逮捕されたカジノ汚職なんだが、どうも出てくる名前が小物ばかりでなんだかなあと思ってたら、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの側近の名前がチラホラだってね。内閣府IR推進本部の事務局トップがその御仁で、500ドットコム幹部と仲良くシンポジウムに参加していたとか。

菅官房長官の右腕もIR汚職企業と関係か 内閣官房IR推進本部の事務局トップが500ドットコムCEOと仲良くシンポジウム参加

IR汚職事件がどんどん拡大! 12人リストに続き安倍首相の実弟・岸信夫議員と贈賄容疑者のツーショット写真も

 年明けの国会が大炎上する可能性がさらに高まったってことか。このままじゃ終わらせませんから、そこんとこよろしくとつぶやいてみる小晦日の朝である。

| | コメント (1)

2019年12月29日 (日)

ペテン総理との忘年会で、番記者が記念撮影で大はしゃぎ!?

 内閣記者クラブのキャップ連中が初老の小学生・ペテン総理と懇談会という名の酒盛りしたってんでプーイングを浴びたのは記憶に新しい。普通、人間ってのはそうした批判に晒された時には、ほとぼりが醒めるまではおとなしくしてるのが節操というものなんだが、内閣記者クラブってのは懲りない面々が集まってるんだね。なんと、御用納めの27日に官邸地下の大広間で年末恒例のペテン総理との忘年会に皆さん、ノコノコとお出かけしましたとさ。

 「桜を見る会」疑惑の真っ最中だから今年は中止しよういう声も記者会にはあったそうだが、官邸側が「まあまあ、固いこと言わずに」ってんで例年通りに開催されたとか。そこを固辞するのがジャーナリストとしての矜持というものなんじゃないのかねえ。

 で、会の終盤には恒例のペテン総理や顔も頭も貧相な官房長官・ガースとのツーショットで、大いにもりあがったそうだ。「中には『令和』と揮毫された色紙を持参して菅長官とフレームに収まる記者や、安倍首相とも菅長官とも握手でポーズを決める記者もいた」ってんだから、何をかいわんやなのだ。

 こんな腑抜けな番記者どもが、裸の王様をますますつけあがらせているているわけで、まさに「豚もおだてりゃ木に登る」手助けをジャーナリスト(?)がしてるんだから、どんだけこの国は三流国に成り下がったかわかろうというものだ。

首相と番記者の“ごっつあん忘年会” 記念撮影に今年も長蛇

 忘年会の後には、ぺテン総理はガースと連れ立って、維新の会のお子ちゃま・橋↓君、大阪のチンピ市長・松井君と会食したってね。おそらく、カジノや改憲ついて談合したんだろうが、この年末も「男たちの悪巧み」ってか・・・阿呆くさっ!!

首相が橋下氏、松井市長と会談 大阪都構想が話題に、菅氏も同席

| | コメント (1)

2019年12月28日 (土)

自衛隊法を拡大解釈して、「調査・研究」を名目に海上自衛隊中東派兵を閣議決定!! この国では、もはや議会制民主主義は崩壊している!!

 「調査・研究」を名目にして、海上自衛隊の中東“派兵”を閣議決定しやがりました。「♯お前が国難だ」の初老の小学生・ペテン総理にとって、閣議決定はドラえもんの四次元ポケットみたいなもんなんだね。

海自、来月中東へ 1年間派遣 調査・研究名目、260人規模

 しかし、これは恐いことですよ。これまでもさんざんくだらない閣議決定があったけど、今回は自衛隊の海外派兵ですかね。しかも、不測の事態が発生した場合には武器の使用も辞さないってんだから、本来なら国会で議論して特別法を制定するのが筋ってものだ。それを自衛隊法の拡大解釈という悪手で海外派兵が閣議決定されるんだから、これはもう議会制民主主義というシステムが、日本では崩壊している証明だろう。

・東京新聞社説
自衛隊の中東派遣 国会の統制欠く危うさ

 これほどの一大事をテレビはいっさいの解説をつげずに淡々と垂れ流すだけなんだから、これこそ大本営発表の典型と言わざるを得ない。

 ペテン総理が目論む改憲に、総理大臣が独裁を発揮できる「緊急事態条項」があるが、もはや閣議決定がその役割を果たしているってことだ。閣議決定という勝手放題をただ黙って見過ごしていると、いつか来た道どころか、もっと悲惨な時代がやってくることになりますよ。


| | コメント (1)

2019年12月27日 (金)

京都不倫旅行の首相補佐官がヘリパッド建設に非協力的な民間企業に圧力!&「桜を見る会」の招待者名簿、決済なし!&カジノ汚職の元IR担当副大臣の公務記録提出を拒否!!

 辺野古の米軍基地建設は、軟弱地盤のせいで工期が大幅に伸び、さらに建設費も1兆円を超す可能性すらあることが発覚。このままだと、新基地建設は10年かかっても完成は覚束ないなんてニュースが流れたと思ったら、なんと、沖縄のヘリパッド建設に絡んで、京都不倫旅行のゲシュタポ補佐官・和泉君が、民間企業に脅しをかけてたってね。

首相補佐官、米軍ヘリパッド建設で便宜打診か 「海外案件は何でも協力」内部メモを本紙が入手【メモ全文あり】

辺野古の工事費、9000億円に肥大 当初想定の約3倍に 工期も長期化、13年

 県民との関係を悪化させたくない民間企業に無理矢理ヘリパッド建設に協力させるため、「海外案件は何でも協力する」とバーターを持ちかけ、さらに反対する住民については「反対は活動家だけ。中立とか言うのは勘弁して」とまで発言していたそうだ。

 これが事実なら、「政権中枢の高官が民間企業に便宜供与を打診し、行政をゆがめた」(沖縄タイムス)ことになるんだね。初老の小学生・ペテン総理が口にする「沖縄に寄り添う」ってのは、つまるところ金で横ツラはたいて脅しをかけるってことを意味してるってわけだ。

 ところで、「桜を見る会」の名簿について、新たな事実が浮上。なんとまあ、第2次ペテン政権が誕生した2013年から、名簿の決済が廃止になっていましたとさ。決済なしってことは、政権が勝手に招待者を決めてたってことになるのかねえ。当然、責任の所在も明らかではないってことだ。

 ようするに、「桜を見る会」を私物化して、税金使ってペテン総理の後援者を接待するためのシステム作りには、名簿の決済ってのが邪魔だっんじゃないのか。これって、公金横領みたいなもんだと思うけど、いったいどこまで腐ってるんだか。

桜見る会招待、大臣判断なく決定 名簿の決裁、第2次安倍政権以降ではゼロ

 最後に、カジノ汚職で逮捕された秋元なんたらの内閣府副大臣時代の面会・出張の記録提出を、政府が拒否したってね。「捜査中のため」ってのがその理由だそうで、つまりは政権中枢も関わっている可能性があるから隠蔽しようって魂胆なのだろう。秋元なんたらは単なる入り口で、その先に本丸があるってことか。

秋元司容疑者の記録提出拒む 出張・面会、政府「捜査に関係」

 ペテン総理の弟の名前もチラホラ聞こえてくるし、心当たりのある政治屋はこの年の瀬に眠れぬ夜を過ごしているに違いない。

| | コメント (3)

2019年12月26日 (木)

サクラ疑惑、IR汚職、かんぽ生命詐欺etc・・・年末に上がった打ち上げ花火で、年明けの国会は大炎上!!

 師も走る年の瀬の慌しい中、東京地検特捜部がでっかい打ち上げ花火を上げた。遂に、内閣府副大臣でIR担当だった秋元なんたらが逮捕された。10年ぶりの政治家逮捕なんてメディアは騒いでるけど、これまでだって逮捕されないのが不思議なくらいの政治家の金にまつわる犯罪はあったんだよね。甘利、ドリル小渕の件はどうだったんだってこった。

収賄容疑で逮捕の秋元議員 「一切身に覚えがない」

Photo_20191226081001
クリックで拡大

 それはともかく、秋元なんたらは否認しているから、事件の成り行きはしばし静観する他はない。でも、この事件に絡んだとされる中国の企業って、ちょっとスケールが小さいんだよね。裏にはもっと大きな組織があるんじゃないかと妄想してみたりするんだが、どうなることやら。

 どうなることやらとくれば、秋元なんたらを突破口に、どこまで政界に手を突っ込めるかってのも大いに興味のあるところだ。なんてったって、秋元なんたらの親分は土建政治の自民党幹事長・二階君ですからね。とりあえず、2名ほど自民党の陣笠議員の名前が上がっているようだけど、それで終わりじゃ世間が黙ってませんよ。

IR汚職、秋元議員逮捕に続き安倍直系議員にも強制捜査…中国企業から接待受けた「政治家12人リスト」も流出

 事はカジノがらみの案件ですからね。これまでだって利権の噂は絶えなかったわけで、こんなのは氷山の一角なのだろう。この収賄事件が、裏に潜む巨悪を隠すためのガス抜きでないことを願うばかりだ。

秋元司衆院議員逮捕に元地検特捜部検事「かなり驚き」 事件の争点は「本当に本人が直接受け取ったのか」

青木理氏、秋元司衆院議員を捜査の東京地検特捜部に「本当にやるべきことって他にもあるんじゃないですか?今回の桜を見る会だって…」

 ところで、口だけの進次郎に裏金疑惑だとか。ようするに、政党交付金を使って、印刷ブローカーに高値で発注してキックバック受けてたんじゃないかってんだが、これは十分に考えられますね。くろねこもバブル全盛の頃に印刷所を持たないブローカーと付き合ったことがあるけど、キックパックを平然と提案されましたからね。(もちろんお断りしたのは言うまでもない)口だの進次郎はお互い持ちつ持たれつってことで、かなり美味しいお付き合いしてたんじゃないのかねえ・・・妄想だけど。

小泉進次郎環境相 “幽霊会社”に高額発注で政治資金4300万円を支出

 桜を見る会、IR汚職、かんぽ保険詐欺、小物だけど口だけの進次郎の裏金疑惑・・・いやあ、年明けの国会が楽しみだ!


| | コメント (2)

2019年12月25日 (水)

「60は総理推薦枠」が確定。共産党・宮本議員が資料を発見・・・詰んだな!!&記者会見で返答に窮し、壊れ行く官房長官の醜態!!

 これで詰んだな。何がって、「桜を見る会」の招待状の通し番号だ。内閣府が「60は首相官邸や与党の関係」と認めたことは昨日のエントリーで書いたんだが、なんと共産党の宮本議員が国立公文書館で新たな資料を発見。それによれば、2005年の小泉政権時には「60」が「総理大臣の推薦枠」と明記されてましたとさ。

 その資料には、当時官房長官だった初老の小学生・ペテン総理も押印してるから、周知の事実だったわけなんだね。この事実に対して、内閣府の役人は「05年はそういったことだったのかもしれない」とムニャムニャ言ってるようだが、役所ってのは前例踏襲が基本で、特別な理由がなければずっと「60」は「総理枠」として使ってきているのは間違いない。変えたとすれば、それ相当の理由が必要で、そこには説明責任が出てきますからね。そんなことを一介の役人が独断でやるわけはありません。

「桜を見る会」招待客区分番号 「60番台は従来、官邸や与党」

・田中龍作ジャーナル
【桜を見る会】アベ首相枠は5千人以上 国立公文書館で共産宮本議員が資料発見

 というわけで、状況的には詰んでるんだが、これを報道するメディアがいまひとつ覇気がないんたね。目新しさのカケラもない日韓会談は大仰に報道してるけど、それかい、ってなもんです。野党は週刊誌報道以外の独自調査ネタがないってさんざんdisってたくせに、メディア特にテレビはこうした共産党議員の奮闘はまったくスルーですからね。どこ向いて報道してるかわかろうというものだ。

 でもって、こんな詰んだ状況に、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは記者会見でもどんどん壊れているようで、昨日なんか朝日の記者に「個人情報を公開できないというなら、どうして政府は桜を見る会の過去の映像をインターネットテレビで公開し続けているのか」と切り込まれて右往左往。嘘に嘘を重ねたあげくの醜態に、腹の中では疑惑の張本人であるペテン総理を「クソ野郎」なんて罵倒してたりして。

 これまでは、東京新聞の望月記者が孤軍奮闘していた官房長官記者会見も、こんな具合にちょいと様相が変化してきたのはめでたい。年が明けたらすべてチャラなんてわけにはいかなくなってきたから、なんとも愉快な年の瀬ではある。


2019年12月24日(火)午前-内閣官房長官 記者会見


| | コメント (2)

2019年12月24日 (火)

「“60”は首相官邸や与党の関係」(内閣府)。総理の犯罪まであと一歩!!&入管の深刻な人権侵害の実態!!

  「桜を見る会」の招待状の通し番号について、「60」は「首相官邸や与党の関係だった」って内閣府が認めたってね。通し番号が問題になってから1ケ月以上経つんだが、これ以上抗っても無駄ってことが分かったってことか。

政府「60番台は首相、与党枠」認める ジャパンライフ問題、野党は追及強化

こうなったらせ洗いざらいぶっちゃけて、反社会勢力やマルチ商法の会長を招待したのは、初老の小学生・ペテン総理だってことを白日の下にさらしちまうこった。そうすれば、公僕でありながら政権のために必死になって言い訳考えるような惨めな状況から解放されるのにね。

カジノ誘致が絡んだ中国企業との外為法違反事件は、下っ端の元副大臣の逮捕が間近になってきて、ひょっとするとさらに上、たとえば土建政治の自民党幹事長・二階君の首筋に冷たい風
吹きこませるようなことになるかもしれない。そうなると、この事件を利用して「逃げ切り」を図ろうという思惑は雲散霧消して、新たな火種となって政権を揺るがすことになるかもしれない。

自民党・秋元司衆院議員の逮捕Xデイが目前に! 二階幹事長や菅官房長官も絡むカジノ疑惑に検察が踏み込む理由

 内閣府が{60」が「首相官邸や与党の関係だった」って認めたってのも、そうした流れを読んだ上のことだったりして・・・妄想だけど。

 ところで、日本の入管による人権侵害問題が、年明けからはいっそうスポットを浴びることにりなりそうな気配だ。フリージャーナリストの志葉玲氏のリポートで、その実態をちょいとお勉強の火曜の朝である。

・志葉玲タイムス
衝撃映像:入管施設での集団暴行の実態

| | コメント (2)

2019年12月23日 (月)

「日本が世界の真ん中で輝いた年」(安倍晋三)・・・寝言は寝ながら言え!!&記者の質問にぶち切れる自民党幹事長の異様な老醜!!

 災害が相次ぎ、消費税増税で景気はさらに悪化の一途をたどり、さらに金絡みで閣僚が辞任するわ、「桜を見る会」疑惑では総理大臣の公職選挙法&政治資金規正法違反が浮上し、マルチ商法との関係までが発覚するわ・・・そんな1年を初老の小学生・ペテン総理は「日本が世界の真ん中で輝いた年」ってのたまってくれたそうだ。

首相、報道写真展を観賞 「日本が世界で輝いた年」

 寝言は寝ながら言え、ってなもんなんだが、こんな愚にもつかないペテン総理の発言をこれまたニュースとして仰々しく報道するメディアっても何考えてるんだか。どこぞの国の首領様じゃあるまいしという声が聞こえてくるのも、むべなるかなってものです。

 安全地帯で好き勝手ほざいてないで、国会に出てきて説明責任とやらを果してみやがれ。

 ところで、土建政治の幹事長・二階君が記者の質問にぶち切れて、悪態をついたそうだ。この映像って、見ているこっちが恥ずかしくなるもので、異様ですね。怒りっぽくなるのはボケの始まりと言われるけど、ひょっとしたらこのオッサンは既にいかれちゃってるんじゃないのか。


 こんなのが影の実力者とか大物政治家扱いされてるんだもの、「日本が世界の真ん中で輝」くどころか、「世界の笑いもの」になる日もそう遠くはない今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2019年12月22日 (日)

ペテン総理の元秘書である下関市長による「大学私物化」が炎上中。その背景にペテン政権が画策する「教育の私物化」がチラホラ・・・!?

 昨日のTBS『報道特集』にはガッカリ! 伊藤詩織さんが全面勝利した裁判の直後だというのに、番組冒頭のコメントで取り上げたものの、「今日は(報道)できませんが、いつの日かお伝えしたいと思ってます」(カッコはくろねこ)とさ。言い訳にもなってない。Facebookであれこれご意見を吹聴して、「やってる感」だけは満載のキャスター、金平君も、詩織さんの裁判を取り上げるならいまこそだろうに、何やってんだか。こんなんだから、テレビは見放されちゃうんだよね。

 そんなことより、ペテン総理なんだが、ドラッグレイプ魔の山口ノリマキといいマルチ商法の山口隆祥といい、どうやら「山口」は鬼門のようで、なんと地元の山口県でも私物化による5つの疑惑が浮上しているとか。その中で、いま最もホットに炎上しているのが、ペテン総理の元秘書で、「桜を見る会」の私物化を擁護した下関市長による「大学私物化」疑惑だ。

なんでも、「経済学部のみの単科大である下関市立大で5月末、突如として湧いた『特別支援教育特別専攻科』の新設。学内の正式手続きを経ることなく、3教員の採用人事まで決まったことに、教員の9割超が反対する異常事態」となっているんだとか。これを主導したのが下関市長で、この問題は郷原弁護士が以前から指摘してたんだよね。

 山口県は公共事業でもかなり優遇されていて、民主党政権時に比べて3倍にも膨れ上がっているってね。レイプ魔とマルチ商法の「山口」に続いて、来年は新たに「山口県私物化(=教育の私物化)」が新たなキーワードとして浮上してくるかもしれない。驕る平家はなんとやらで、ペテン総理が日本版シャウチェスクになる日も近いと見たがいかに!!

【くろねこの競馬予想】

 アーモンドアイの参戦が急遽決まって、1強ムードが高まる今年の有馬記念。しかし、そうスンナリといくだろうか。確かに、アーモンドアイはいまや世界最強クラスと言っても過言ではない。とは言え、熱発で香港遠征を中止した事実がどうもひっかかる。

 中山の2500mはスタミナも要求されるから、ここはワールドプレミアに期待。中団待機で、4角を回ったところで4、5番手の位置取りなら勝機は十分。相手にはリスグラシュー。アーモンドアイにはちょいと苦しい小回り中山も、この馬にはお誂え。穴なら、鞍上が横山典ではなくムーアというのが気になるが、その先行力は中山でこそのキセキに要注意。
◎ワールドプレミア、○リスグラシュー、▲アーモンドアイ、△キセキ、スワーヴリチャード、フィエールマン、サートゥルナーリア、ヴェロックス

| | コメント (1)

2019年12月21日 (土)

かんぽ生命詐欺事件の情報漏洩で総務省事務次官を更迭・・・民間なら懲戒免職のケースなのに、退職金もガッポリの役人天国!!&マルチ商法「ジャパンライフ」弁護団がペテン総理の説明責任を表明!!

 かんぽ生命と日本郵便の保険不正販売問題ってのは、つまりはお年寄りを言葉巧みに騙して実績を上げるという詐欺事件なんだね。で、その詐欺事件でどのような処分を下すかってことを大臣と官僚が協議してたら、なんと官僚のトップである事務次官がその情報を事もあろに処分の対象である日本郵便に洩らしてたってね。

前代未聞、次官の情報漏洩 旧郵政省の先輩後輩が背景か

かんぽ不正処分案 総務次官が漏えい、更迭 元次官の郵政副社長に

 慌てた総務省は電光石火でこの事務次官を停職3ケ月の懲戒処分にして、当の事務次官はこれを受けて待ってましたとばかりに辞職願を提出。結果、事実上の更迭ではあるものの、事務次官は退職金をポッポに入れてめでたく退職になりましたとさ。

 民間だったら企業秘密の漏洩で懲戒免職のケースだよね。それがン千万円の退職金まで貰っての退職なんだもの、盗人に追い銭とはまさにこういうのを言うんだね。

 で、その情報を洩らした相手というのが、これまた総務省事務次官だった男で、かんぽ生命詐欺事件を取り上げたNHKに介入して、放送を妨害したのもこやつの仕業なんだね。で、化粧崩れの総務大臣・高市君は、「監督官庁の出身者が日本郵政の幹部に就任していたことが問題だった」てなことを口にしているようなんだが、これこそ天下りの構図そのものなんだから何をいまさらだ。

 役人根性そのままのトップと民間企業になったことで業績至上主義を強いられる現場との軋轢が生んだ構造的な詐欺事件は、まさに郵政民営化のツケなんであって、ワンフレーズ総理だった小泉君の責任はやっはり大きいってことなのだ。

 でもって、こうした天下りによって官僚が甘い汁を吸い、一般大衆労働者諸君が被害を蒙る構造ってのは、マルチ商法「ジャパンライフ」問題なんかがその典型で、「桜を見る会」疑惑が引き金となって発覚した初老の小学生・ペテン総理をはじめ政治家やジャーナリスト、御用評論家などが広告塔になっていたことについて、弁護団がペテン総理にその経緯について説明を求める会見を行った。

 メディアが「桜を見る会」の「さ」の字も報道しなくなってひと安心しているかも知れないけど、世の中はそう甘くはいかないものだ。「天網恢恢疎にして漏らさず」の喩えもある。そう簡単に逃げおおせると思ったら大間違いってことを思い知らせてやるから、首を洗って待ってやがれ・・・てなことを我が家のドラ猫に息巻いてみせる土曜の朝である。

ジャパンライフ弁護団 安倍総理に説明求める

いまさら聞けない「桜を見る会問題」マルチの有名人ジャパンライフ元会長と政治家たちのズブズブな40余年

| | コメント (2)

2019年12月20日 (金)

「桜を見る会前夜祭」で会費払わず、領収書もなし・・・ペテン総理虚偽答弁と公選法違反の疑い!!&伊藤詩織さんの「法的措置」宣言に怖気づく山口敬之応援団!! 

 IR推進に絡んで元副大臣が中国企業と手を組んだ不正資金疑惑が勃発。これを隠れ蓑にして初老の小学生・ペテン総理は、「桜を見る会」疑惑から「逃げ切り」を図ろうとしているが、そうは問屋が卸さない。

 なんと、「桜を見る会前夜祭」の出席者の中に会費を払わなかった支援者がいたってね。さらに、聞き取り調査した出席者40人のうちで領収書を貰った記憶のある人は1人もいませんでしたとさ。これが事実なら、政治資金規正法&公職選挙法違反は明らかなわけで、さあ、年も押し詰まったところでペテン総理のお腹はさぞやキューキューと悲鳴をあげていることでしょう。

「桜懇親会費払わず」 出席者聞き取り 下関市議が報告

 悲鳴をあげるとくれば、山口ノリマキの応援団として伊藤詩織さんにセカンドレイプまがいの誹謗中傷を仕掛けていた連中だ。沈没船から逃げ出すネズミのように、早速逃亡を図る輩が出てきた。上念司と有本香がその筆頭で、みっともないったらありゃあしない。

山口敬之さんが会見、「官邸の働きかけがあったか?」海外記者からの質問に何と答えたのか

 笑っちゃったのが、小川榮太郎だ。記者会見後の記者とのやりとりに割って入ったのはいいけど、詩織さんに「私はあなたから一切、取材を受けていないです。その中で、あなたがジャーナリストとして一方的に書かれるのはどうなのかと問いたい」と一喝されて沈没しちゃいました。ざまあみろです。

伊藤詩織さんが「この際ですから」と苦言。質問者に「私の下着を公開するな」

 伊藤詩織さんは、裁判で一定程度の区切りがついたら、これまで受けてきた中傷やセカンドレイプに「法的措置をとる」と名言している。おそらく、彼女の断固とした戦う姿勢に、山口ノリマキの応援団は怖気づいてることだろう。杉田汚水脈やはすみとしこも、首を洗って待ってるこった。

伊藤詩織さん、中傷やセカンドレイプに「法的措置をとる」

伊藤詩織さん、月刊Hanadaやはすみとしこなどに法的措置へ


【ノーカット】ジャーナリストの伊藤詩織氏が日本外国特派員協会で会見

| | コメント (1)

2019年12月19日 (木)

伊藤詩織さん、全面勝訴! 東京地裁は「信用性には重大な疑念がある」と山口敬之(元TBS社員)を断罪!!

 元TBS社員の山口ノリマキによる伊藤詩織さんへの準強姦事件(ドラッグレイプ)の民事裁判で、東京地裁が詩織さんの主張を全面的に認め、山口ノリマキに330万円の支払いを命じる判決を出した。しかも、山口ノリマキによる詩織さんへの反訴は棄却。さらに、山口ノリマキの「信用性には重大な疑念がある」「酩酊状態で意識のない伊藤氏に対し、合意がないまま性行為に及んだ」とし、詩織さんの全面勝訴となったのでありました。いやあ、めでたい。

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める

伊藤詩織さん「自分が潰れてしまったら…」と耐えた日々 「被害を話せるような社会」を目指すために

伊藤詩織さん「有意義なこと」 山口敬之さん「 納得できない」。判決後の記者会見で、それぞれが語ったこと(詳報)

 とはいえ、山口ノリマキは即刻控訴ってんだから、どこまで恥知らずなんだか。しかも、小川榮太郎、花田紀凱を引き連れた記者会見では、「伊藤詩織容疑者と呼べ!」と息巻いたってんだから、どこまで腐ってるのか。こんな姿を家族はどんな思いで見ていたのだろう。そう考えるとまったくやりきれない。

敗訴の山口敬之さん「納得いかない。すぐに控訴します」 伊藤詩織さんとの訴訟

 しかしなんですね、詩織さん勝訴のニュースをTBSは真摯に報道すべきなんだよね。「誠に遺憾」なんてコメント出してるけど、誰に対して遺憾なんだ。まさか、詩織さん勝訴が遺憾ってんじゃないだろうね。

 それはともかく、この判決で、逮捕状を執行停止にした中村格の責任ってのが、改めてクローズアップされるんだね。山口ノリマキと同じように、この男も断罪されてしかるべきなのだから。それと、どいつもこいつも初老の小学生・ペテン総理のお仲間ってことだ。つまり、性犯罪であると同時に、時の政権トツプが関わっているかもしれない政治問題でもあるって事を忘れちゃいけない。

山口敬之の性暴力認定で擁護していた上念司や足立康史議員が速攻逃亡、なお伊藤詩織さんへの謝罪はなし

 控訴審では、ペテン総理が手を回す可能性も否定できないから、この勝利に安心はしていられないのだが、とりあえずは祝杯を上げて、詩織さんへのエールとしたい!!

伊藤詩織さん「勝訴」 連れ込む山口記者の姿を目撃…控訴審でカギを握る「ドアマンの供述調書」

 最後に、詩織さんのお母さんのコメントを山口ノリマキは何と聞く!!

「娘の勇気を誇らしく思っています。心配もありましたけど、よく頑張ったとほめてあげたいと思います。山口氏には『あなたにもし娘がいたら』と想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったら、親なら胸が張り裂ける思いなんです」


【報ステ】“性暴力被害”伊藤詩織さん勝訴(19/12/18)


| | コメント (2)

2019年12月18日 (水)

「桜を見る会」疑惑の8項目の質問状すべてに回答拒否。情報開示を拒むのは証拠隠滅と同時に、「知る権利」の侵害だろう!&森友学園疑獄のゴミ問題で情報不開示は違法の判決!!

 予想されていたとは言え、国会が閉じてからというもの、テレビのニュースから「桜を見る会」の「さ」の字も聞こえなくなった。それどころか、政治の「せ」の字ですら見当たらない。あるのはグルメ情報やお得情報ばかりで、昨日のTBS『Nスタ』なんか、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されたとかで、タイ古式マッサージについて垂れ流す始末だ。

 でもって、現場の記者たちはといえば、昨夜も初老の小学生・ペテン総理と居酒屋で懇談会だとさ。こんなんだもの、「桜を見る会」に限らず、ペテン政権の疑惑について質問主意書を出しても「お答えは控える」なんてゼロ回答が頻発するんだね。

 なんでも、今年に入ってからは420回も回答拒否をしているそうで、昨日も私人の嫁に関わる経費についての回答を拒否したそうだ。それって税金ですからね。情報公開しないってことは、怠慢というよりも証拠隠滅に等しいんだよね。ようするに、「お答えは控える」ってのは、それだけやましいからに違いない。

・・首相動静(12月17日)

安倍政権の「お答え控える」答弁、今年だけで420回に批判が殺到

桜質問 政府ゼロ回答 推薦枠「60番」など調査せず

Photo_20191218081401

昭恵氏の日当や交通費「お答え困難」 答弁書を閣議決定

五輪チケット「首相枠」の存否、「お答えは困難」 政府答弁書

 しかし、野党の質問に「お答えを控える」なんてことがあっていいのだろうか。議員ってのは国民の代表なんだから、回答拒否ってことは国民の「知る権利」の侵害だと思うけどねえ。なぜこんな態度が批判もされずに罷り通っているのか。

 「否認」を続けて逃げ切りはかる犯罪者みたいなもので、なんだやっぱりこいつらこそが反社だったてわけか。そう考えれば、「回答拒否(=否認)」も納得いくってものか・・・なんてこったい!!

 最後に、森友学園疑獄におけるゴミの売却価格や値引きの理由を開示しなかったことについて、大阪高裁が一審の判決を覆し、国の対応を違法として賠償を命じる判決を出した。久しぶりに司法の健在ぶりを見た気がする。森友・加計学園疑獄はまだ終わっちゃいないということだ。

森友問題 売却価格や値引き理由 不開示は違法 大阪高裁

| | コメント (2)

2019年12月17日 (火)

「反社会勢力の定義は困難」だから「お困りの場合は警察へ」(菅官房長官)。「自己責任」でどうにかしろってか。おととい来やがれ!!

 このところの世論調査では軒並み内閣支持率が下がって、同時に「桜を見る会」疑惑についても「納得していない」が70~80%にも達している。それでも、「納得する」が10%超もあることが不思議なんだが、それはともかくとしてさすがにこの流れは見過ごせなくなったか。顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「謙虚に受け止める」「国民の皆さんの声に耳を傾けながら一つ一つ丁寧に対応していきたい」っていまさらのように口にしたってね。

内閣支持率、軒並み低下 各社世論調査 桜説明「納得せず」大半

調査結果を「謙虚に受け止める」 桜を見る会で菅官房長官

 ま、反省なら猿でもできるわけで、その場しのぎの嘘を息を吐くようにつくのがこの政権の得意技だから、腹の中はどうなってることやら。それが証拠に、「反社会勢力の定義は困難」とした閣議決定について、2007年の閣議決定との整合性を指摘されて、ガースはこんなことほざいとります。

「指針は全く変わってませんから。指針はその通りで、ただその...暴力団はじめとする反社会的な勢力と関係の遮断のために、全力で取り組んでいく中で、の判断でありまして...指針については、全く変わってません」
「個別の件でお困りであればですね、それは警察、関係省庁にご相談いただければ、しっかり対応して...」

 いやあ、苦しい、苦しい。こんことほざいて、自分で恥ずかしくないのかねえ。そもそも、指針が変わっていないならなぜ「定義は困難」なんて閣議決定したんだってことになるよね。現実に、「反社と判断して取引停止した場合、相手に『定義を示せ』と言われ、訴訟や慰謝料を求められかねない」という声があるってんだが、それに対して「お困りであれば警察に相談して」って言われてもねえ。ていうか、これって、お得意の「自己責任」でどうにかしろって言ってるようなものだろう。

「反社」認定→取引停止→「定義示せ」どうすれば? 不安の声に菅長官「お困りであれば警察に」

 それにしても、「困ったら警察」って、その原因を作った張本人が口にすることかねえ。「国民の生命と財産を守る」ことが政治家の務めであり、国家の最大の責務だろうに。おととい来やがれ・・・ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年12月16日 (月)

「桜を見る会名簿はできるだけ早く消去するのは当たり前」(世耕弘成参院幹事長)。行政文書を適切に保存管理するのが国の仕事だろうに、阿呆も極まれりってものだ!!

 テレビ朝日を恫喝して謝罪させたゲッベルス気取りの世耕君が、なんと「桜を見る会」の招待者名簿について「会が終わったらできるだけ早く消去するのは、ある意味当たり前だった」なんてことをほざいてくれたってね。

桜を見る会名簿は「早期消去が当たり前」 自民・世耕氏が講演

 阿呆も極まれりってもんで、個人情報を含む行政文書を適切に保存管理するのが国の仕事なんだよね。何度も書くけど、そもそも「桜を見る会」の招待者ってのはそれなりに功績のあった人ってのが建前なんだから、名簿を公表することは名誉なことでもある。だいたいですね、住所まで公表しろって言ってるわけではないんだから、個人情報になんかひっかかるわけがない。

 個人情報がどうしたこうしたってんなら、セキュリティ上の脆弱さが指摘されてるマイナンバーなんか即刻廃止すべきなんだね。でも、それはやらない。なぜかといえば、マイナンバーは個人情報の塊で、国民を管理するにはこんなに都合のいいツールは他にないからなんだね。

 ようするに、ゲベッルス気取りの世耕君の「早く消去するのは当たり前」って言葉はご都合主義の最たるもので、それだけヤバイお歴々がペテン総理の名のもとに招待されていたってことを証明しているようなものなのだ。

 終戦直後に大量の行政文書が焼却され、軍の悪行の数々が闇に葬れ去られたのと同じで、「桜を見る会」の招待者名簿の廃棄ってのは、歴史に対する冒涜でもあるってことを忘れてはいけない。

 最後に、アフガニスタンで銃撃に遭い亡くなった中村哲医師の合同葬が福岡で行われ、上皇、上皇后からも弔意が寄せられた。でも、あの男からは何の音沙汰もありませんでしたとさ。

【動画あり】惜別と意志継承を誓う涙 福岡で中村哲医師の合同葬 各界から供花続々

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

「桜を見る会」疑惑追及にまったく動かず、ペテン総理の「逃げ切り」に手を貸すメディアに喝!!

 内閣支持率が急落ってんだが、森友・加計学園疑獄の時もそうだったように、マスコミがその動きを止めたとたんに、どんな悪事も忘却の彼方へと消え去り、いつのまにか支持率は高値安定ってことになるんだね。

内閣支持急落40.6% 「桜」影響、「森友」以来の下落 時事世論調査

 実際、「桜を見る会」が炙り出した一連の疑惑・・・初老の小学生ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反、反社会勢力と政治家、マルチ商法「ジャパンライフ」とのズフズブ関係etc・・・について、マスコミはペテン政権と一緒になって「逃げ切り」に手を貸してますからね。

 たとえば、「週刊誌のネタ以外に野党は独自の調査ができていない」なんて言い出す岩井なんたらという日大の教授みたいなのがいるんだよね。いやいや、それよりもマスコミこそ独自の調査報道するべきで、ニューオータニに突撃取材をかけるとか、「シンクライアント方式」を徹底的に検証するとか、「桜を見る会」疑惑を追及する手立てはいくらだってあるんだよね。でも、それはやらないで野党がどうたらこうたらってのはおこがましい。「国会審議が進まない」なんてすべてを野党のせいにする初老の小学生・ペテン総理を批判できないわけです。

「桜を見る会」問題、ホテル前夜祭「値引き」疑惑の深層

桜を見る会、野党が追う“芸能人ギャラ支払い疑惑”…多数招待の元締めの存在

 とはいえ、そんなふざけた状況を指をしゃぶって見ているわにはいかないわけで、ここで改めて「桜を見る会」に蝟集した反社会勢力のお歴々のご尊顔をつらつら眺めなつつ、この恨みはらさでおくべきかと呪ってやりたい今日この頃なのだ。

桜を見る会半グレ画像

Photo_20191215064301

【くろねこの競馬予想】

 阪神ジュベナイルフィリーズのリアアメリアは、初の揉まれた競馬でなす術もなく敗北したが、それでも後方から追い上げた末脚には見所十分。朝日杯フューチュリティSのサリオスも1倍台の圧倒的人気で、リアアメリアの二の舞がなきにしもあらず。というわけで、タイセイビジョンに期待。中団で脚を溜めて、4角回った時に内をつければ勝機は十分。相手は迷わずサリエス。穴なら、逃げ粘った時のビアンフェか。初の芝で人気が下がったタガノビューティーが超大穴。
◎タイセイビジョン、○サリエス、▲ビアンフェ、○ペールエール、レッドベルジュール、ウイングレイテスト、ラウタシオン、タガノビューティー

| | コメント (1)

2019年12月14日 (土)

「政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれ大変申し訳なく」(安倍晋三)。反省のカケラもなく野党批判するペテン師! しかも、ニューオータニで!!&これこそ反社勢力・・・麻生太郎のゴロツキ記者会見!!

 イギリスでは保守党が圧勝して、来月にもEU離脱とマスコミは喧しい。でも、よくよく考えれば、離脱の是非を問う国民投票の際に、離脱派の旗振り役だったジョンソンは「離脱すれば、EUの供出金から週に3億5千万ポンド(約500億円)がNHS(医療費が原則無料の国民保健サービス)に回せる」って宣伝したんだね。

 でも、これは嘘だったことが投票後に発覚。EU離脱ってのは、フェイクで勝ち取ったという側面がある。ああ、それなのに、総選挙の結果はこれだもの。単純小選挙区制ということもあるのだろうが、かつて、7つの海を支配した大英帝国は、嘘つき船長の舵取りで厳しい航海に船出することになりますよ。

 なんてことをつらつら書いてみたものの、よその国のことをとやかく言えた立場ではないんだね。なんてったってこの国は、稀代の嘘つき野郎と品性のカケラもないゴロツキ野郎が牛耳っているんだから、

 でもって、稀代の嘘つき野郎なんだが、内外情勢調査会の講演でこんなことぬかしやがりました。

「一昨年と昨年はモリカケ問題、今年の春は統計の問題、この秋は桜を見る会。政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれてしまっていることを国民の皆様に大変申し訳なく思っております」

 ようするに、自分の悪行は棚に上げて、野党が悪いってほざいたってことだ。反省の態度が微塵もないってのはペテン師の性みたいなもので、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものだ。ちなみに、この会場は、ホテルニューオータニ。一般紙はなんでそこを隠すかねえ。これもまた「忖度」ってやつですか。

“モリカケ”“桜”多くの審議時間、安倍首相「大変申し訳なく」

首相「審議時間割かれ申し訳ない」“疑惑の会場”で講演も夕食会にはだんまり

 そして、もうひとりのゴロツキ野郎はと言えば、記者会見におけるチンピラまがいのパワハラぶりで、改めてこの男の品性下劣に注目が集まっている。詳細は記者会見の様子をノーカットでご覧いただくとして、つまるところこのひょっとこ野郎ってのは、社会性がまったく欠如してるんだね。その意味では明らかに「反社会的」であって、その存在こそが「反社会勢力」と言っても過言ではない。

麻生太郎副総理の記者会見に「まるで反社のよう」と批判殺到


麻生太郎記者会見ノーカット

 それにしても、こんな悪態つかれて、まったく抗議の声すら上げない財務省記者クラブってのは、なんて腰抜け揃いなんだろう。ひょっとこ麻生が増長するのは、こうした記者の腑抜けな態度にもその原因があるってことだ。「権力の監視」が聞いて呆れますよ、ったく!!

| | コメント (1)

2019年12月13日 (金)

「データ復元は不可能だと聞いている}(菅官房長官)・・・ならば、そんなこと吹き込んだ職員を連れて来い!!&メディア幹部も一枚噛むマルチ商法「ジャパンライフ」の深い闇!&NHK新会長は安倍シンパ「四季の会」のメンバー!!

 「桜を見る会」の招待者名簿データについて、ペテン政権は「復元することは考えていない」と閣議決定したんだが、昨日の記者会見で顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「復元が不可能と聞いている」って改めて言ってるんだね。

「桜を見る会」官房長官“内閣官房の電子データ復元不可能”

 「考えていない」ってのと「不可能」と言い切るのとは意味が違うんじゃないのか。うがった見方をすれば、「考えていない」ってのは「復元できるけどしない」ともとれるんだよね。この微妙な言い回しを記者連中は漫然と聞き流しているようだけど、前川喜平氏も言うように、ここは突っ込みどころなんじゃないのか。

 さらに言えば、「不可能だと聞いている」なら、誰から聞いたのか。おそらく内閣府の職員なんだろうけど、そやつを連れてきて説明させたらどうなんだ。よく考えてみれば、「シンクライアント方式」について、ちゃんと検証した新聞・TVはひとつもないんだね。まずはそこから手をつけるのが「調査報道」の基本なんじゃないのか。

 でもって、「桜を見る会」疑惑によって期せずして炙り出されたマルチ商法「ジャパンライフ」問題なんだが、初老の小学生・ペテン総理が広告塔になっているから信用したって被害者が声を上げているのに、いまひとつ新聞・TVの食いつきが悪い。なんでだろ~なんでだろ~と思ってたら、どうやらマスコミの幹部連中も広告にひと役買ってたりするからなんだね。道理で動かないわけだ。

・田中龍作ジャーナル
ジャパンライフ被害者 「安倍総理がついているから」と言われて9千200万円

 最後に、あまり話題になっていないけど、NHK会長人事が発表されて、みずほフィナンシャルグループの元会長が任命された。「どこかの政権とべったりではない」なんて記者会見では口にしたそうだけど、その実はペテン総理を囲む財界人の集まりである「四季の会」のメンバーなんだね。あまり話題になっていないだけに、要注意ってことです。

NHK新会長に前田晃伸氏!最近の報道に安倍官邸が強い不満&”官邸主導”で新会長選出か!財界人の安倍シンパ「四季の会」メンバーだったことも明らかに!

| | コメント (2)

2019年12月12日 (木)

首相補佐官が山中教授の口封じのついでに京都不倫旅行・・・!?&世耕参院幹事長のクレームに屈したテレビ朝日!&半グレが私人の嫁とのツーショットを営業ツールに使用中!!!!

 加計学園義国で初老の小学生・ペテン総理の威を借りて、当時の文科次官だった前川喜平氏を恫喝した首相補佐官の和泉某が厚労省の女性幹部と京都に不倫旅行だとさ。不倫しようが何しようが、男女の仲ってのは他人が首を突っ込むことではないのでどうでもいいんだが、その不倫旅行の真の目的ってのがなんとも香ばしい。

 文春砲によれば、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するための出張旅行だったってね。で、何のための面会かと言えば、iPS研究の予算削減を通告するためだったんだとか。iPS研究の予算削減については、山中教授は強く懸念を示していたから、口封じの意味もあったのかもね。

 文春砲が事実とするなら、加計学園疑獄で「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と前川氏を脅したのと同じ手法ってことだ。山中教授に引導渡してすっかりハイになった2人は、その後は睦まじく不倫旅行を楽しみましたとさ。

 そんな関係を2人は当然のごとく否定しているけど、憎からず思うからこそ手を組んでお散歩しちゃうわけで、くんずほくれつの京都旅行の夜はさぞかしお熱かったことでしょう・・・って妄想するのもおぞましい木曜の朝である。

安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」

大坪寛子の大学・経歴と年収は?和泉補佐官とのハグ&あ~ん不倫画像も

 恫喝とくれば、ゲッベルス気取りの世耕君だ。なんでも、テレビ朝日『報道ステーション』が都合のいいように切り張りして報道したのが「印象操作だ」ってんで、ツイッターでdisりまくったってね。テレビ朝日ときたら、慌てて謝罪して、放送の中でも「お詫び」したそうだ。

 テレビ局による都合のいい切り張りについては、腹話術師のいっこく堂がTBSの番組で発言内容を切り張りされて、「誤解を招く恐れがある」と改めてブログで発言の真意を説明したことがあったはかりで、「切り張り」報道ってのはテレビ局の劣化の象徴みたいなもんなんだね。

 だから、その点についてはゲッベルス気取りの世耕君の指摘は間違いではない。ただし、参院幹事長という職にある政治家がテレビ局の報道内容にクレームまがいのことを仕掛けるってのは別問題だ。へたすりゃ、言論弾圧に繋がることですからね。

 そもそも、「印象操作」はペテン政権の得意技で、世耕君だって「桜を見る会」の写真をブログから削除して一生懸命証拠隠滅してるんだから、どの口が言うか・・・ってなもんです。

テレ朝、報ステでおわび 自民世耕氏、放送前にツイート

 最後に、私人の嫁が「桜を見る会」で半グレと撮った写真が、反社会勢力の営業に使われてたってね。夫唱婦随というか、破れ鍋に綴じ蓋というか、ホント、食えないバカップルだこと。

安倍昭恵「桜を見る会」握手写真を半グレが「営業」に活用中

Photo_20191212082501


| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

「反社会勢力の定義は困難」の閣議決定!&ニューオータニの明細書は7年間保管。再発行も可能!&ジャパンライフから消費者担当相にお中元!!

 自民党の元農水大臣が金の恨みで銃撃されたってんだが、あいつだったらよかったのにと一瞬悪魔が囁いたのだった。ま、誰とは言いませんけど。

 そんなことより、またしても素っ頓狂な閣議決定だ。なんと、反社会勢力について、「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とさ。「桜を見る界」に反社会勢力が参加していたことが発覚して、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが「定義が一義的に定まっているわけではない」と苦し紛れに言い訳したことを補填するためなのだろうが、ホント、好き勝手やってくれるものだ。

「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

 そもそも、反社会勢力については、第一次安倍政権の2007年に、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と定義されているんだね。法務省のホームページには、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」と題して、反社会勢力について詳しく解説されている。

・法務省
企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

 この閣議決定で喜ぶのは反社会勢力そのものなんだね。いまどきは金融機関で口座ひとつ作るにしても反社会勢力との関係の有無を聞かれる。でも、「定義は困難」って政府が言ってるんだから、虚偽申告したってそれを理由に解約することはできなくなるんじゃないのか。

 この閣議決定は社会規範そのものを揺るがすことになりますよ。「朝令暮改」という言葉があるけど、自己正当化のためなら前言を翻すことを屁とも思わないペテン政権の体質は、それだけで十分に「国難」に値するだろう。

 こうなると、吉本芸人が反社会勢力との関係で謹慎させられたのは、何だったんだってことになるんじゃないのか。どうでもいいけど。

政府「反社会的勢力の定義は困難」を閣議決定に怒りの声が殺到

 でもって、事の始まりの「桜を見る会」疑惑なんだが、初老の小学生・ペテン総理の後援会主催による「前夜祭」の明細書についての野党の調査に対して、ホテルニューオータニが「一般論として会合などの明細書や領収書は7年間保管しており、主催者から要請があれば再発行は可能」と説明したってね。こうなったら、安倍晋三後援会に明細書の再発行を要請してもらおうじゃないの。そうすれば、初老の小学生・ペテン総理の政治式か規正法&公職選挙法違反疑惑もクリアになるだろうから。

「桜を見る会」懇親会ホテル 明細書は7年間保管 再発行可能

 さらに、「騙された方が悪い」の消費者担当大臣・衛藤君についても、マルチ商法「ジャパンライフ」からお中元を貰ってたことが発覚。ズブズブの関係がバレちゃいました。

ジャパンライフ元会長 消費者相にお中元

 ようするに、「桜を見る会」疑惑に「幕引き」もなければ、「逃げ切り」もできないってことだ。ちょいと、ワクワクする師走の朝である。

| | コメント (3)

2019年12月10日 (火)

「改憲、必ずや私の手で成し遂げる」(安倍晋三)。行政の長の権限を超えて、身の程知らずに何をほざく!! そんなことより、とっとと国会に出てきて説明責任を果してみやがれ!!

 国会閉幕で、初老の小学生・ペテン総理は嬉々として記者会見をしやがりました。でもって、改憲について問われて、「必ずや私の手で成し遂げる」だとさ。おいおい、改憲ってのは、国民が望んでこそのものであって、オメーが成し遂げるものじゃないだろう。

「桜」名簿 復元指示せず 国会閉幕、首相会見 「改憲、必ずや私の手で」

 マスコミも、行政の長としての権限を逸脱した、憲法遵守義務違反のこんな発言を、シレっと垂れ流すんじゃない。「これで逃げ切りとなっていいのでしょうか」なんて他人事のコメントはいらないんだよね。「権力への怒り」を忘れたジャーナリズムほど危険なものはないんであって、これで終わりにしたくなかったらマスコミこそが起ち上がるべきなのだ。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「残念ながら、(説明が)国民に理解されていない」と「桜を見る界」疑惑についてコメントしたそうだが、何を言ってやがる。さっさと名簿を公開すれば、それで疑惑のすべては解明される。それをしないのは、こやつの責任なんだね。それをよくもまあ「理解されていない」だなんて、あたかも国民側に問題があるようなことのたまわれるものだ。

菅長官「桜を見る会、残念ながら国民に理解されてない」

 「逃げ切ろう」としたって、来年の桜の季節になれば、みんな一連の疑惑を思い出す・・・ってツイートがあったけど、おっしゃる通る。お天道様はお見通しなのだ!!

 とにもかくにも、安全地帯で四の五のほざいてないで、とっとと国会に出てきて説明しやがれ、ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年12月 9日 (月)

萩生田文科相に公職選挙法違反疑惑!! 「身の丈」にあった「桜を見る会」のマイナーバージョンか!?

 いよいよ、今日で国会が閉じるんだが、このまま「逃げ切り」なんてことにさせるつもりか、マスコミは。ま、あまり期待はしていなんだけど、それでも少しはジャーナリズムの意地を見せて欲しいものだ・・・なんてことをつらつら思っていたら、週刊朝日がやってくれました。

 なんと、加計学園のポチであるところの身の丈・萩生田君が、地元の後援者たちを集めて、「桜を見る会」疑惑と同じような仕組みで公職選挙法違反の疑いのあるイベントを続けているってね。詳細は記事を読んでいただくとして、おそらく公選法に抵触する可能性があるなんてことは本人はともかくとしても優秀な秘書が付いていればわかることなんだね。

 そういう側近がいないなんてことは考えにくいし、「地元の有権者にお金、モノを渡したり、ごちそうしたりしたら公選法違反でお縄になりますよ。これは基本のき、どの国会議員でもわかっていること」と自民党議員も言ってるそうだから、確信犯ってことだって十分に妄想できる。

安倍首相最側近の萩生田文科相も公選法違反?!「桜を見る会」疑惑と同じ構造【スクープ】

 団扇で大臣辞職した歯の立派な議員もいたことを考えれば、身の丈・萩生田君の公選法違反疑惑は、即刻退場がふさわしい。ていうか、その前に初老の小学生・ペテン総理の追放が先か。いずれにしても、ペテン総理の稚児集団の番頭への疑惑ですからね。ただではすまない、いやすませてはいけない「文部科学大臣の犯罪」なのである。

 最後に、お口直しということで、ウーマンラッシュアワーのパンクな漫才で笑っていただいて、お後がよろしいようで。


ウーマンラッシュアワー THE MANZAI 2019 マスターズ 2019年12月8日

| | コメント (2)

2019年12月 8日 (日)

「世界レベルのホテルを50か所程度新設を」(菅官房長官)・・・それ、いま言うことか。それとも、第2、第3のニューオータニで利権確保か!?

 「桜を見る会」疑惑が勃発してからというもの、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの記者会見は日を追うごとに論理破綻が進行し、とうとう「官僚からの差し紙ではなく自分の言葉で答えろ」とTBSの金平君から叱責されちまいました。一瞬、ムッとしたガースだが、その目はほとんど死んでましたね。

 そんなガースが熊本地震の被災地を視察して、唐突に「わが国は世界レベルのホテルが不足していると言われており、今後、各地に世界レベルのホテルを50か所程度新設することを目指している」ってのたまったそうだ。

 はあ~、それ、いま言うことか。ていうか、50の高級ホテルって、どこにそんな需要があるのかねえ、バッカじゃないの。それこそ第2、第3のニューオータニを作って、新たな利権を確保しようって魂胆なんじゃないのか・・・なんて声がネットを騒がせているのもむべなるかなってもんです。

官房長官 外国人誘客に「世界レベルのホテル約50か所新設を」

 それにしても、壊れかけのガースってのはみじめなもんですね。記者会見では目が泳いだりして、失笑をかったりもしている。初老の小学生・ペテン総理ともども、「桜を見る会」疑惑のプレッシャーは、相当深刻なものがあるのは間違いない。

「桜を見る会」関連文書にまつわる、問題と矛盾と逃げだらけの政府答弁。安倍総理に突き刺さる「9年前のブーメラン」

 これまでなら、そろそろ自民党内から「安倍降ろし」の狼煙が上がってもいいはずなんだよね。ああ、それなのに、そんな気配は微塵も感じられないんだから、いかに自民党が腐っちまっているかってことだ。

 ペテンやひょっとこ、そしてガースみたいな品性のカケラもない、歩く無教養に支配されていることを恥ずかしいと思わない政治屋が跋扈する限り、この国に明るい未来なんてやっくるわけがない。

【くろねこの競馬予想】

 ひょっとしたらとてつもない大物が誕生するかもしれない今年の阪神ジュベナイルフィリーズ。というわけで、本命はリアアメリア。なんといっても、持ったままで楽勝の新馬戦が圧巻。ここも完勝するようなら、来年の牝馬3冠は約束されたようなものか。
◎リアアメリア、○ウーマンズハート、▲クラヴァシュドール、△レステンシア、マルターズディオサ、ヤマカツマーメイド

| | コメント (1)

2019年12月 7日 (土)

「桜を見る会」疑惑が暴きだした総理大臣とマルチ商法の癒着!!

 9日の会期末を前に、テレビ各局は菅原&河井カップルの説明責任を追及し始めている。この唐突な動きにはなんか違和感あるんだよね。もちろん、3人の逃亡者を追い詰めるのには異論はない。しかし、もっと大きな「悪」の存在はどうなのよってことだ。言わずと知れた、初老の小学生・ペテン総理のことだ。

河井案里参院議員が適応障害と診断書提出「1カ月の療養必要」 

 野党の要求する集中審議を自民党が拒否し続けることで、説明責任から逃げ回っているペテン総理にこそ、メディアは「国会に出てこい」と声を大きくしてぶつけるべきだろう。それもせずに、菅原&河井カップルをいまさらのように吊るし上げるのは、それを隠れ蓑にしてのペテン総理隠しを疑いたくもなろうというものだ。

 そもそもは「桜を見る会」の私物化から始まった「サクラゲート」は、ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑を掘り起し、とうとうマルチ商法「ジャバンライフ」疑獄へと発展してきている。オヤジの晋太郎時代からの付き合いということも発覚して、「個人的な関係は一切ない」という答弁も虚偽の疑いが濃厚になっている。

 さらに、消費者庁に圧力をかけてマルチ商法を野放しにして、被害者をいたずらに増加させた疑いすら囁かれ始めているのだ。「桜を見る会」の私物化なんて話はとうに通り越して、総理大臣がマルチ商法に手を貸すという、戦後最大の疑獄事件の様相も呈してきているんだね・・・ちょっと妄想入っちゃってるけど。

安倍晋三は詐欺会社ジャパンライフの山口代表と会っていた❗️辞職では済まない!地獄へ堕ちろ

安倍首相とマルチ商法「ジャパンライフ」を結んだ政治家の実名

ジャパンライフ招待問題で大門氏 消費者庁の処分遅れなぜ

・田中龍作ジャーナル
アベ首相虚偽答弁 ジャパンライフ会長と訪米

 ペテン総理との懇親会に出席しなかった毎日新聞は、このところ官房長官の記者会見でも力の入った質問を投げかけている。新聞各社が一丸となってペテン総理を攻めるなら、今でしょ!! それでこそ、ジャーナリズムとしての矜持が保てるというものだ。

| | コメント (2)

2019年12月 6日 (金)

「バックアップデータは公文書ではない」→「災害などの後に復元されたのは公文書になる」・・・論理破綻というより、人として破綻している。

 「共謀罪」をめぐって喧々諤々している時に、初老の小学生・ペテン総理の「そもそも」発言がさらに事態を紛糾させたことがあった。でもって、どうにか事をおさめようと、ペテン政権は「『そもそも』には『基本的に』という意味もある」と閣議決定した。ようするに、「解釈改憲」と同じように、日本語の意味すらも自分たちの都合のいいようにすり替えたんだね。

 「桜を見る会」疑惑をめぐる顔も頭も貧相な官房長官・ガースの一連の言い訳を聞いていると、改めてこやつらが「日本語」そのものを弄んでいることに気づかされる。「バックアップデータは公文書ではない」なんてことを言い出したと思ったら、今度は「災害などの後に復元されたのは公文書になる」だとさ。

 論理破綻というよりか、ほとんど人として破綻してますね。こんな答弁を日夜ひねり出している官僚ってのも愚かなもので、「公僕」という言葉がなんとも虚しく響く。

菅氏、災害後復元なら「公文書」 データの扱い巡り

菅氏「バックアップデータは対象外」 5日午後の会見

 「桜を見る会」疑惑から炙り出される政治家や官僚の「無恥と無知」を見るにつけ、この国が奈落の底へと突き進んでいることを実感する今日この頃なのだ。

| | コメント (3)

2019年12月 5日 (木)

「(「桜を見る会」疑惑は)国民の理解をいただきつつある」(森山国対委員長)、「バックアップデータは行政文書ではない}(菅官房長官)・・・こんなこと言わせていいのか!!&売国法案、日米FTA成立!&中村哲医師、アフガンに死す・・・合掌!!

 アフガニスタンで人道支援に全身全霊を捧げていた中村哲医師が銃撃され亡くなった。言葉もありません・・・ただただ、ご冥福をお祈りします。

中村哲医師 撃たれ死亡 アフガン支援活動中

 で、国内に目を向ければ、野党の国会会期大幅延長を自民党が拒否。「桜を見る会」疑惑からの逃げ切りを図るおばさん顔の自民党国対委員長・森山君は、「国民の理解をいただきつつある」だとさ。理解どころか、疑惑は止まるところを知らず、マルチ商法のジャパンライフ問題にまで発展。被害者からは、初老の小学生・ペテン総理の説明責任を求める声まで上がってるんだね。

異例の国会延長要求 「桜」追及、与党は拒否―野党

 でもって、名簿データについては、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが、「バックアップデータは行政文書ではない」だとさ。その理由はと問えば、「バックアップファイルは一般職員が業務に使用できるものではないことから、組織共用性に欠いており、行政文書に該当しない」からってんだから、詭弁もここに極まれり、ってなもんです。

廃棄のバックアップデータ「行政文書ではない」 菅長官

「バックアップは行政文書」 専門家が菅氏の説明批判

 メディア諸君、政治家にこんなこと言わせていいのか!! いま起ち上がらないでなんとする!!

桜を見る会、安倍政権のごまかし見破る六つの注意点 野党を批判している場合でない理由

 ところで、事実上の日米FTAである日米貿易協定が国会を通過。年明けには発効されることとなった。立憲も国民も、よくもまあスンナリとこんな売国法案を通したものだ。「桜を見る会」疑惑をめぐっての審議拒否を中途半端に妥協しちまったから、こうなったんだよね。つまり、立憲も国民も日米FTAでは共同正犯みたいなものだ。

車関税 日米食い違い 日米貿易協定を国会承認

・植草一秀の『知られざる真実』
今国会最大焦点日米FTA承認を黙認した野党

 それをまた、イノシシ出現なんて色物ネタにうつつを抜かして、ろくに報道しないテレビのニュースってのも、お気楽なものです。やっぱり、この国は一度ガラガラポンしないとダメかもね。

| | コメント (3)

2019年12月 4日 (水)

「うまく逃げ切った」(自民党幹部)、「首相が逃げ勝った」(公明党)・・・このまま国会が閉じるなら、そこからはメディアがペテン政権に攻め込む番だろう!!

 ひょっとこ麻生が用もないのに海自の潜水艦に乗り込んで休日を楽しんだってね。初老の小学生・ペテン総理も、国会さぼってジャニタレのコンサートに出張って、ふんぞり返ってたそうで、こいつら気分は王侯貴族か・・・ケッ!!

 そんなことより、国会の会期末が迫る中、野党が要求している集中審議も拒否し続けて、これで「うまく逃げ切った」と自民党は呵呵大笑しているようだ。公明党も「野党は弱い。首相が逃げ勝った」とほざいてるってんだが、でも、「逃げ切った」ということはそれだけやましいことがあったという証明でもあるわけだ。

 ここは重要な攻めどころで、メディアは「「『いつまで続けるつもりなんだ』という世論の批判が返ってくるかもしれない」(立憲民主党の関係者)との声もあり、迫力を欠く」なんて評論家面してないで、自らが野党を鼓舞して、ペテン総理一派の悪行の数々を告発しなければいけないんだね。いまこそ、ジャーナリズムの「権力者の監視」という役目を果たすべきなのだ。

政権は自信「逃げ切った」 桜を見る会、幕引き図る

桜を見る会 野党求める集中審議 与党は応じず 引き続き協議

 「桜を見る会」疑惑が、ジャパンライフという思わぬ闇をさらけ出したことで、事はペテン総理ひとりの問題ではなく、ジャパンライフに関わったとされる、たとえば、二階、加藤、もっと遡れば中曽根、そしてペテン総理のオヤジの晋太郎まで網に引っ掛かってきましたからね。だからこそ、自民党はどんなことがあっても幕引きしようと躍起になっているわけだ。

Photo_20191204080501

【秀逸】モーニングショー「桜を見る会特集」が話題に!悪徳マルチと自民党との”蜜月”や、前代未聞の安倍政権の”反社会性”を分かりやすく批判!

 メディアはここでひるんで何とする。国会が閉じた後は、メディアこそが「桜を見る会」にまつわる疑惑追及の旗振り役を担わなければいけない。でもなあ、週明けの新聞・TVの論調からは、そんな気概は微塵も感じられないんだね。「シンクライアント方式」というおいしいネタひとつ、満足に検証できていないんだから・・・。

 とは言え、メディアのヘタレぶりをいつまでもくさしていたところで何の展望も見出せないんだから、ここは「メディアもガンバ!!」とエールを送っておこう。

| | コメント (3)

2019年12月 3日 (火)

「シンクライアント方式」で墓穴を掘ったペテン総理・・・「データ復元不可」は大嘘!!&「営業の秘密」でホテルが明細書公開拒否・・・ここまでダシにされて、ニューオータニは何か言ったらどうだ!!

 一方通行の本会議でのやり取りを「国会論戦」なんて言い換えるNHKにはほんと呆れちまう。もっと呆れちまうのが、初老の小学生・ペテン総理の答弁で、役人の書いた作文を棒読みするだけなんだから、それこそ「気楽な稼業」ときたもんだ。

 とはいえ、昨日の答弁には、実は役人の巧妙な罠が仕掛けられていたのではなかろうか。名簿データが復元できない理由を、ペテン総理はドヤ顔でこんな答弁してるんだね。

「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなくサーバでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、サーバのデータを破棄後、バックアップデータの保管期間を経た後は復元は不可能である」(「サーバ」って発音してたようなんだが、ようするに意味わかってないってことね)

 「シンクライアント方式」なんて意味もわからず棒読みしているんだろうけど、どうやらこれで墓穴掘っちまったようなんだね。聞きかじりなんだが、「シンクライアント方式」というのは、サーバーでデータ管理をしているから、目の前のPCにはデータは残っていないのはその通り。でも、それはデータがPCに残っていないってだけで、サーバーに記録されたデータはよほど意図して破壊しない限りは消去されることはないんだとか。つまり、サーバーにもデータが残っていないとしたら、それこそ隠蔽工作しましたと言ってるようなもの・・・らしい。

 こんなことを官僚が知らないはずがないんであって、「シンクライアント方式」なんて言葉を差し込んだのは確信犯なんじゃないのかねえ・・・妄想だけど。

「データ復元不可」のシンクライアント方式 桜を見る会

安倍総理のシンクライアント発言!桜を見る会問題に与える影響は?(「シンクライアント方式」の解説は必読)

 さあ、どうする。ここから先は、専門の技術者のお知恵拝借で、野党は攻め込まなければいけない。それは、メディアも同じだ。「データ復元はかなり難しい」なんてどこぞの大学教授のコメント載せてお茶を濁してるようじゃダメだろう。いまこそ、メディアも起ち上がってみやがれ!!

参議院本会議 田村とも子氏質疑書き起こし2019.12.02


安倍晋三「桜を見る会」田村智子・共産【全17分】12/2 参院・本会議

 最後に、「桜を見る会前夜祭」の明細書などについて、ペテン総理はこんな答弁をしている。

「ホテルから明細書等の発行はなく、ホテルは営業の秘密にかかわり資料提供には応じかねるとの報告を受けた」

 おかしな話だよね。これだと、ホテルニューオータニが明細書等の発行を拒否しているってことになるんだが、事は記総理大臣の政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑だ。潔白を証明するためにも、積極的に公開こそすれ、「営業の秘密」を理由に拒むなんてことがあり得るのかねえ。

夕食会の明細、首相「『営業の秘密』と報告受けた」

 ホテルニューオータニは、老舗ホテルとしてのステータスに恥じない社会的責任を果たすべきなんじゃないのか。それとも、ペテン総理の共犯者の道を選ぶうのだろうか。敢えて言わせてもらえば、恥を知れ!・・・ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年12月 2日 (月)

「ジャパンライフ」問題で、あたかも「騙された方が悪い」かのようにのたまう衛藤消費者担当相の冷血!!

 後援者を大量招待した私物化、初老の小学生・ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反、反社会勢力と政治家の闇、証拠隠滅のシュレッダー、そしてジャパンライフ(←いまここ)・・・てな具合に、「桜を見る会」にまつわる疑惑の数々はどんどんその領域を広げている。急な展開に、おそらく一般大衆労働者諸君にはとまどいもあると思うんだが、ここは倦むことなく疑惑のひとつひとつをキッチリと検証していく必要がある。

 そんな中で、政治家や官僚どもの陳腐な言い訳や開き直りってのが、随所で飛び出しているんだが、なかでもひどかったのがジャパンライフ問題の所管大臣である衛藤消費者担当相の記者会見だ。

 30日のTBS『報道特集』でキャスターの金平君が「総理の招待状というのが非常に有力な広告として使われていた。消費者の観点から看過できない問題だと思うが」と質問する映像が流れたんだが、なんとこの男はあたかも「騙される方が悪い」とでも言いたげなコメントしやがりました。こんな具合です。

「私は個人的に言えば、誰と誰と会いましたよと名刺を出すような方は、何かちょっとおかしいかなと思うんですけど・・・。私としては最初からそのような方はむしろ要注意だと思って普段から接しています」

 たまたま、食事をしながら観ていたんだが、思わずサンマをテレビに投げつけそうになりましたよ、ったく。言うに事欠いてなんてなまやさしいものではありません。おそらく、こうした考え方はペテン政権の閣僚の全員に共通するものなんだろうね。弱者にはなんでもかんでも「自己責任」を押し付けるくせに、自分たちの不正行為は説明するどころかトンズラするのが常なんだから、そんな野郎にこんな口たたかれる筋合いはありません。

「桜」招待状“信用した” ジャパンライフ被害者ら悲痛 野党ヒアリング

 国民年金保険料未納が問題になったこともある消費者担当相、衛藤晟一の名前をしっかりと頭に刻み込んでおこう・・・と我が家のドラ猫と意思一致する月曜の朝であった。

| | コメント (2)

2019年12月 1日 (日)

ペテン総理を囲んで官邸キャップ連中が中華の夜に首相補佐官がNHKを恫喝!!&首相補佐官を怒らせた「桜を見る会」疑惑についてのNHKの論考が秀逸!!

 11月20日の夜に、高級中華で内閣記者会のキャップ連中が初老の小学生・ペテン総理と懇談したことで大顰蹙を買っているんだが、そんな中どうにかこうにかジャーナリズムとしての矜持を保ったのが毎日新聞なんだね。聞くところによれば、キャップ本人は参加する気満々だったんだが、どこからともなく「そりゃあないんじゃないの」という声が上がって寸前のところで思いとどまったってのが真相とか。

 それでも、あの東京新聞ですら参加してたんだから、その意気や良しとしておこう。だからなのだろう、毎日系でもあるTBSは、たとえば夕方の『Nスタ』のようにけっこう「桜を見る会」疑惑に突っ込んでるんだね。もっとも、コメンテーターとして出演する報道局政治部長は腰が引けた解説ばかりで、屁のツッパリにもならないのが玉にキズなのが難点なんだが・・・。

 でもって、ペテン総理とキャプ連中の中華の夜に、首相補佐官の今井某があからさまにNHKを恫喝したってね。今井某の叔父はホテルニューオータニの幹部ってのは知られたところで、「桜を見る会前夜祭」にまつわる疑惑を精力的に取材していたNHKがお気に召さなかったのだろうね。このところのNHKが「桜を見る会」疑惑についてちょいと日和気味なのはそのせいか、ってなもんです。

 でも、NHKのアーカイブでは、それまでの取材から見た「桜を見る会」の論考がしっかりと検証できる。お時間があれば、いや無理にでも時間を作って、是非ともその論考をご一読あれ。

「『桜を見る会』と公文書」(時論公論)

 おまけで、大勲位・中曽根君が亡くなった。亡くなった人間をとやかく言いたくはないのだが、あまりにもヨイショ報道が多いので、慰安所設置を自慢するこの政治家の人となりを端的に表す美輪明宏のエピソード(『サンデー毎日』(2013/2/10【佐高信の政経外科】)を紹介して、お後がよろしいようで。

(これより引用)

中曽根に会って、いきなり、「キミらみたいなのは海軍魂を知らんだろうな」と言われた美輪は、
 「ええ、年齢が年齢ですから、海軍魂は知りませんけど、原爆にやられました。竹槍の練習もさせられたし、銃後の守りでいろいろやらされました」と返し、
 さらにこう反論した。

 「でも、おかしいですね。そんなに海軍魂とやらが大層なものだったら、何で負けたんですか。向こうが原爆つくってる時に何で私たちは竹槍をつくらされてたんですか」
 中曽根の無礼に対する美輪の怒りは、これでとどまらない。
 「自分の同僚を見殺しにして、おめおめと帰って来て、腹も切らないでのうのうとしている。そういう面汚しの厚かましいのが海軍魂なら、私は知らなくて結構です」
 トドメを刺されて中曽根は撫然として席を立って行ったという。

 その後、新幹線に乗ったら、中曽根が先に座っていた。美輪の席はその真後ろである。それでも仕方がないから知らん顔をして座っていると、秘書が次の車輌に行き、老夫婦を連れて来て交替した。逃げたわけである。
 この逸話を紹介した後の美輪のタンカがまた気持ちがいい。
 「男の風上にも置けない。てめぇ、キンタマついてんのかですよ。たかが芸能人風情に対してね」

(引用終わり)

【くろねこの競馬予想】

 秋のダート王を決めるチャンピンオンズカップは、インティの巻き返しに期待。このところ2戦は精彩を欠いているが、前走は明らかに主戦ジョキー、武豊の代打ちだった川田の騎乗ミスもあったように、けっして力負けしたわけではない。鞍上に武豊が戻ったことだし、ここを勝ってダートのチャンピオンとして復活して欲しい。
 相手は、5戦して負けなしのクリソベリル。安定感抜群のチュウワウィザードとゴールドドリームも争覇圏か。
◎インティ、○クリソベリル、●ゴールドドリーム、△チョウワウィザード、ウエスタールンド、オメガパフューム

| | コメント (1)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »