« 「“60”は首相官邸や与党の関係」(内閣府)。総理の犯罪まであと一歩!!&入管の深刻な人権侵害の実態!! | トップページ | サクラ疑惑、IR汚職、かんぽ生命詐欺etc・・・年末に上がった打ち上げ花火で、年明けの国会は大炎上!! »

2019年12月25日 (水)

「60は総理推薦枠」が確定。共産党・宮本議員が資料を発見・・・詰んだな!!&記者会見で返答に窮し、壊れ行く官房長官の醜態!!

 これで詰んだな。何がって、「桜を見る会」の招待状の通し番号だ。内閣府が「60は首相官邸や与党の関係」と認めたことは昨日のエントリーで書いたんだが、なんと共産党の宮本議員が国立公文書館で新たな資料を発見。それによれば、2005年の小泉政権時には「60」が「総理大臣の推薦枠」と明記されてましたとさ。

 その資料には、当時官房長官だった初老の小学生・ペテン総理も押印してるから、周知の事実だったわけなんだね。この事実に対して、内閣府の役人は「05年はそういったことだったのかもしれない」とムニャムニャ言ってるようだが、役所ってのは前例踏襲が基本で、特別な理由がなければずっと「60」は「総理枠」として使ってきているのは間違いない。変えたとすれば、それ相当の理由が必要で、そこには説明責任が出てきますからね。そんなことを一介の役人が独断でやるわけはありません。

「桜を見る会」招待客区分番号 「60番台は従来、官邸や与党」

・田中龍作ジャーナル
【桜を見る会】アベ首相枠は5千人以上 国立公文書館で共産宮本議員が資料発見

 というわけで、状況的には詰んでるんだが、これを報道するメディアがいまひとつ覇気がないんたね。目新しさのカケラもない日韓会談は大仰に報道してるけど、それかい、ってなもんです。野党は週刊誌報道以外の独自調査ネタがないってさんざんdisってたくせに、メディア特にテレビはこうした共産党議員の奮闘はまったくスルーですからね。どこ向いて報道してるかわかろうというものだ。

 でもって、こんな詰んだ状況に、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは記者会見でもどんどん壊れているようで、昨日なんか朝日の記者に「個人情報を公開できないというなら、どうして政府は桜を見る会の過去の映像をインターネットテレビで公開し続けているのか」と切り込まれて右往左往。嘘に嘘を重ねたあげくの醜態に、腹の中では疑惑の張本人であるペテン総理を「クソ野郎」なんて罵倒してたりして。

 これまでは、東京新聞の望月記者が孤軍奮闘していた官房長官記者会見も、こんな具合にちょいと様相が変化してきたのはめでたい。年が明けたらすべてチャラなんてわけにはいかなくなってきたから、なんとも愉快な年の瀬ではある。


2019年12月24日(火)午前-内閣官房長官 記者会見


|

« 「“60”は首相官邸や与党の関係」(内閣府)。総理の犯罪まであと一歩!!&入管の深刻な人権侵害の実態!! | トップページ | サクラ疑惑、IR汚職、かんぽ生命詐欺etc・・・年末に上がった打ち上げ花火で、年明けの国会は大炎上!! »

安倍晋三」カテゴリの記事

菅官房長官」カテゴリの記事

桜を見る会」カテゴリの記事

コメント

新「桜を見る会」+「前夜祭」+「晩餐会」

「桜を見る会」の平成17年(2005年小泉内閣)の
総理推薦60は737人だったのが、平成27年
(2015年でんでん内閣)の60は、マルチの人さえ
2357番で3倍にも増えている。
「昭恵枠」だったり、後援会動員だったり、
自民党員招集だったり、反社の人やマルチの人を
呼び込めば18000人は超すわナ。
「私物化」極まれりだ。

ところで、中国系カジノ推進の秋元司が、
収賄の疑いで逮捕された。
で、喜んだのが米系カジノを横浜にという
「貧相顔」。
「早期に、着実に進める」と宣っています。
秋元は「二階の土建屋」の子分だから・・以下略。

ついでに、
セクシー風船太郎が、幽霊会社に選挙用の
ポスターを発注して、4300万円を後援会や
政党支部から支払ったが、キックバック狙いかもと
週刊文春が伝えている。
これだけならまだしも、人妻との不倫ホテル代も
政治資金から支払っているなど総額8000万円の
疑惑が浮上だとよ。
今度はポエムでは済まされんよ。

投稿: 岡目五目 | 2019年12月25日 (水) 23時39分

そもそもこういう調査は、マスコミが真っ先にやらなければいけないんだよね。
それが報道でね。
アヘやガースの言う事を、ただ垂れ流すのは報道ではない。

マスコミが自分で動かず、野党ディスってばかりいるので宮本君自分で調べた。GJ。

秋元が収賄で逮捕ってんだが、じゃぁ同じく収賄の甘利はどうなんだ?
って考えると、これ結構裏が深い。

検察のヤッテル感。ガス抜き。
検察内部での反発。
色々言われてはいるが、いまいち判らん。

ドイツ在住の「毛ば部とる子」氏が別の視点から「邪推」している。
日本というIRの草刈り場をめぐる「米中の争い」

http://kebabutoruko.com/20191223-akimoto/

う~ん、オイラも色々邪推するけど、そこまでは考えなかった。

ちょっと気に留めておいていい視点だと思う。

投稿: こなつ | 2019年12月25日 (水) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「“60”は首相官邸や与党の関係」(内閣府)。総理の犯罪まであと一歩!!&入管の深刻な人権侵害の実態!! | トップページ | サクラ疑惑、IR汚職、かんぽ生命詐欺etc・・・年末に上がった打ち上げ花火で、年明けの国会は大炎上!! »