« 東京高検検事長の定年延長は「法解釈を変更した」、共産党は「いまでも暴力革命」・・・ペテン総理が本会議で懲りずに唾を吐き散らす!! | トップページ | ペテン総理との会食についてお粗末な言い訳する朝日新聞!!&東京新聞・望月記者を叩きまくる毎日新聞!! »

2020年2月15日 (土)

「梅雨がウイルスをやっつける」(川淵三郎・オリンピック選手村村長)・・・もう笑うしかないな!!

 新型コロナウイルスでわかったことは、ペテン政権には危機管理能力が完全に欠如してるってことだ。そもそも、SARS騒動の時に水際作戦は何の効果もないことがわかってたんだよね。それなのに何のの学習もしてなかったんだから、いやはや恐れ入ったものだ。

 新聞・TVは、「正しく恐れる」なんてキャッチをまるで広告キャンペーンのように喚き散らして、そのことが逆に不安を煽っていることに気づかない。「正しく恐れる」には「正しい情報」が必要なんだよね。今日は感染者が何人出たとか、感染経路がどうしたこうしたとか、そんなのだけが正しい情報とは言えない。

 新型コロナウイルスについて、実はその正体が未知のものだとするなら、その事実をどうやって伝えるか。それこそが危機管理というものじゃないのか。まだよくわかりもしないうちから、致死率が低いとか、ヒトヒト感染は確認されてないとか、症状がなくても感染の疑いとか、とにかく雑多な情報を専門家と称するコメンテーターも一緒になって垂れ流すんだから、この国の同調圧力の凄まじさを改めて教えられる、ってなもんです。

 そんなんだから、非科学的なことを平然と言ってのけるお調子者も出てくる。オリンピック選手村の村長に抜擢されて浮かれている川淵君なんか、

「色々な情報を聞く限り、インフルエンザより強いウイルスではないと聞いている。ウイルスは湿気や暑さに弱いと聞いていて、日本には、梅雨というウイルスをやっつける最高の季節がある。日本の知識や経験で必ず克服できると心から感じている」

 おいおい、「梅雨がウイルスをやっつける」ってどんな医学的根拠があって言ってるんだ。これって、戦時中の竹槍訓練を思い出しちまいましたよ。(戦時中に生まれてたわけではないけど)

新型肺炎対策で川淵氏「梅雨がウイルスやっつける」

【んなわけ】梅雨がウイルスやっつける【あるか】

 クルーズ船の監禁状態についても、海外からは「残酷」「倫理的でない」って声が聞こえてくる。ペテン政権の対応次第では、東京オリンピック中止なんて可能性も十分に考えられるかもね。

|

« 東京高検検事長の定年延長は「法解釈を変更した」、共産党は「いまでも暴力革命」・・・ペテン総理が本会議で懲りずに唾を吐き散らす!! | トップページ | ペテン総理との会食についてお粗末な言い訳する朝日新聞!!&東京新聞・望月記者を叩きまくる毎日新聞!! »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

新型肺炎は、「でんでん」の後手後手の対策で、
日本中に蔓延の危険が現実のものになりつつある。
この状況になってようやく専門家会議の設置だと。
「海外不倫出張」の大坪寛子は、厚労省を代表し、
率先して対策に当たる医者じゃ無かったのか?

新型肺炎に対する彼我の違い。
香港マラソン中止。
東京青梅マラソン開催。
対策費・香港32億㌦、日本9380万㌦。
検査件数・韓国1日5000件、日本300件。
保障・韓国、隔離患者4人家族に123ウオン支給。
有給休暇保障。
日本、何も無し。

ところで、海の向うの独裁者「花札」が、
親友が被告の裁判に介入、司法省に減刑を強要、
裁判長を個人攻撃、司法省が介入を批判すると、
「オレには裁判に介入する権限がある」と居直った。
海のこちらの独裁者は、取り締り元の官僚に
あめ玉を与えて籠絡している。
両者とも三権分立を知らないアホー。

おまけ。
「きっこ」のザレウタ(さだまさし・関白宣言風)。
お前に答弁させる前に、言っておきたいことがある、
かなり低次元な話しをするが、
国民の本音を聞いておけ、
聞かれたことにちゃんと答えろ、
漢字には必ず仮名を振っておけ、
決して逆切れするな、幼稚なヤジも飛ばすな、
いくらお前がバカでも一応総理なのだから。

投稿: 岡目五目 | 2020年2月15日 (土) 22時52分

クロネコさん、お久しぶりです。怒り心頭で、投稿させていただきます。身近で起こっていたことをご報告することで、日本国民を愚弄し、蔑ろにするabe脳天気政権の無策ぶりを批判していただきたい。

 ① 1月25日を少し過ぎた日にち、午後6時ごろ、近所の郵便局から、90cm×60㎝四方の段ボール、6箱ほど、中国に発送している中国の方がいました。はじめ、ちょっと不思議な発送をする人がいるんだなと、思う程度でした。片言の日本語と行き先が中国であるということで、合点がいきました。箱の中身は、すべて、使い捨てマスクでした。そういえば、中国では品不足だったと言っていました。で、その光景を見た後、すぐ、近所のホームセンターに行ったところ、マスクはすべて、売り切れでした。それ以後、どこに行っても、マスクを自分の都合のつく時間帯で、買うことはできません。2月中旬の現在は、マスクはおろか、アルコール除菌のティッシュも買うことができません。1月はだれが買いあさりに走り、今、だれが買いあさりに走っているか、詮索しません。

 ② しかし、その間の状況は、政府はしっかり把握していたはず。使い捨てのマスクは、中国産が多いそうです。わが日本には、臨時に、代替の使い捨てマスク、アルコール除菌のティッシュ、を作る、資源も、設備も、技術も、存在しないのでしょうか。眠っている資源をなぜ、特別の手当てを施して、もしくは命令を発して、稼働させないのでしょうか。
 現在、全く居直ったかのような、厚労大臣のコメントが着々と増えつつある、感染者の情報を、伝えています。おまえには、感染はひとごとなのか、と心で叫びました。感染経路など、一見、自治体のマターのように、思わせているけど、こんな世紀のパンデミックなど、そもそも、自治体の能力を超えているだろう。この政権得意の、ごまかし、隠ぺい、うそのうわぬり、がまた繰り返されそうです。

 ③ なんでも、アメリカ様の言うこと、することはまねるのに、なぜか、コロナウィルスだけ、はマネしなかったこの政府。様々な思惑でしなかったのかもしれませんが。当初から、アメリカなどからは日本の政策を不安視していた、ことを報道しない、日本のメディア。不倫を報道する暇があった、こういう報道をまじめに行ったら、と思います。不倫、薬物など、命あってこその営みだろうに。優先順位が違うだろう。

 ④ オリンピック前の、空景気に浮かれている日本。人間にとって基礎的な、一次産業、二次産業を衰退させておいたままにして、観光業なんかで、繁栄できるとでも思っているのでしょうか。なんとかスポーツのメジャーで優勝しようとかという夢(これも大事だけど)ではなく、一人一人の生活に根差した夢を、子供たちや若者に与えられない日本に、安定した繁栄は見込めず、待っているのは衰退のみか。

 もう怒り疲れました。皮肉にも、コロナウィルスのおかげで、日本の働き方改革は促進され、集会、セミナー、会議、宴会、などの行事は皮肉にも、政府が命令を発しなくても、自粛されることになるのではないでしょうか。

投稿: 匿名希望 | 2020年2月15日 (土) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京高検検事長の定年延長は「法解釈を変更した」、共産党は「いまでも暴力革命」・・・ペテン総理が本会議で懲りずに唾を吐き散らす!! | トップページ | ペテン総理との会食についてお粗末な言い訳する朝日新聞!!&東京新聞・望月記者を叩きまくる毎日新聞!! »