« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

ペテン総理の辞任は「病気」だけが理由なのだろうか・・・河井バカップル買収事件との関係やいかに!?&「菅政権」はモリ・カケ、サクラ隠しが目的か!?

 病気を最大の理由にした辞任は作戦通りに大成功だったようで、異論に耳を傾けない強権的な政治姿勢にほっかむりして、巷には「労い」ムードが漂っている。確かに体調不良であることは事実なんだろうけど、だとしたらそれは国のトップシークレットでもあるはずなんだね。

 それなのに、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君なんかが、何故に「体調不良」をテレビ番組の中でわざわざ吹聴したのか。しかも、その直後にはメディアに事前通告して、病院通いの車列を見せつけるようなことまでしている。

 本来なら隠密裏に事を進めるものを、こうまで大びらっにするのには何か裏があるんじゃないか・・・と思ってたら、河井バッカップル買収事件の原資とされる1億五千万円の振り込みデータを入手した某週刊誌が決済した人物を特定したという噂が流れてきた。つまり、「体調不良」は事実ではあるけど、いま辞任するほどのものではない。しかしながら、誰が決済したか特定されてしまうと自らに火の粉が降りかかる恐れがある。だから、いまのうちに「病気」を理由に辞任して、自らの首を差し出すことで買収事件での告発から免れよう・・・という妄想が成り立つんだね。

 そう妄想すると、土建政治の二階君が画策する「菅政権」というのも納得がいくんだね。なんてったって、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは初老の小学生・ペテン総理とは共犯関係みたいなものだから、モリ・カケ疑獄やサクラ疑惑などの「総理の犯罪」をもみ消すためにも、これほどうってつけの人物はいない。さらに、河井バカップル買収事件には土建政治の二階君も自民党幹事長としてけっして浅からぬ関係があるはずで、検察との関係を考えると睨みを利かせられる地位に居続けることが自らの保身にも繋がるって計算しているに違いない。

二階派、菅氏支持の方針固める 自民党総裁選で

 ペテン総理辞任で内閣支持率が56.9%と急上昇しているけど、そのあとに来るのが「菅政権」ってなったら、一般大衆労働者諸君はどんな反応をするのだろう。恐いもの見たさで、そんなことが妙に気になる月曜の朝である。


| | コメント (2)

2020年8月30日 (日)

二階と菅がタッグを組んだ「菅政権」で秋には解散総選挙!?・・・舐められたものだ!!&ペテン総理にエールを送るユーミン・・・「価値観を共有」のトホホ!!

 初老の小学生・ペテン総理の病気を理由にした「政権投げ出し」で、自民党内は後継選びに上を下への大騒ぎ。そんな中、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの名前が浮上してきている。メディアは昨日あたりからこぞって「菅擁立論」を煽り始めたようで、その裏では土建政治・二階君が暗躍してるとか・・・。

菅氏が自民総裁選に立候補検討 各派、動き本格化 9月中旬に首相指名

「安倍・麻生」vs「二階・菅」 国家権力を私物化する総裁選の行方

 フルスペックの総裁選を回避して、両院議員総会でシャンシャンにしようという動きが決定的になったいま、ガースの芽はかなり濃厚なのかもね。小渕が病に倒れた時に、赤坂プリンスホテルに野中広務、森喜朗、亀井静香、村上正邦、青木幹雄の5人組が集まり、密室で森政権を誕生させたのと似た構図ですね。おそらく、水面下では議論はかなり煮詰まっているはずで、だからこそのメディア報道なんだね。誰がリークしているのやら。

 これって、明らかに石破潰しのための画策なんだろうに、メディアはそこのところにはまったく触れないんだね。密室政治の典型だってのに、権力側のリークを無批判に垂れ流すだけなんだから、こんなんじゃ誰が総理になろうと何も変わらない。

 つまるところは、政治家はもちんなんだが、ジャーナリズムそのもののあり方を立て直さない限り、この国の劣化は止まらないってことだ。

 最後に、ユーミンが自らのラジオ番組で、ペテン総理にエールを送ったってね。「私の中ではプライベートでは同じ価値観を共有できる、同い年だし、ロマンの在り方が同じ
だとさ。なんだかなあ。

芸能界にもアベノショック…松任谷由実、会見見て「泣いちゃった。切なくて」

| | コメント (1)

2020年8月29日 (土)

ペテン総理の辞任で、何もかもチャラになったわけではない。モリ・カケ、サクラにカツユキ・アンリの買収事件・・・責任追及はこれからが本番だ!!

 てっきり肩透かしを食らわせるつもりと思ってたら、なんと「辞任」とは・・・。いやあ、オドロキモモノキなんだが、もっと驚いちゃったのは記者クラブの連中との、なんとも情緒的なジャーナリズムの「ジ」の字もない質疑応答だ。

 自民党本部からの1億五千万円が原資だったのではないかと疑われている河井バカップルの買収事件について、誰も質問しないのには呆れちまいましたよ。病気が理由とはいえ、一国の総理大臣が任期半ばで辞職するってんだから、これまでウヤムヤになってきた政治責任についていまこそ追及すべき場だったんだよね。

 モリ・カケ疑獄も桜を見る会も、まだ終わったわけではないんだね。初老の小学生・ペテン総理の責任追及ってのは辞任でチャラになるものではない。だからこそ、昨日の会見ってのはとても重要な意味を持っていたのに、これではお涙頂戴のお別れ会ですよ、ったく。

疑惑の霧中に消えた首相 モリカケや桜…当事者の思いは

 ペテン総理は、「政治空白を回避するため」にこのタイミングでの辞任となったって言い訳してるけど、それを言うなら国会閉じてからの2ケ月間ってのは何だったんだろうね、野党の臨時国会召集要請も拒否したまま、いっさい記者会見も開かず、どうやらその辺から体調不良に陥っていたようで、それを取り巻き使って吹聴させて、前回のような「政権投げ出し」のイメージを消すための地ならしをしたんじゃないのか。とすれば、これほどの「政治空白」がどこにある。

 結局は、無責任ってことに帰結するんだね。そんな無責任野郎にやりたい放題させちまった8年間だけど、これですべてが変わるってものではない。誰がペテン総理の後釜に座ろうと、その人物が同じ穴のムジナでは意味がないんだね。

岸田、石破両氏の争い軸 菅氏を推す声も 次期総裁選

 どうやら、フルスペックの総裁選ではなく両院議員総会で後任を決めることになるらしい。党員票に強いアンポンタン石破君潰しの意味もあるのだろう。昼間の幽霊・岸田、顔も頭も貧相な官房長官・ガース、ごまめの歯ぎしり・河野・・・どの顔見てもゾッとしない今日この頃なのだ。


【ノーカット】安倍首相が辞意表明 「潰瘍性大腸炎が再発」

Photo_20200829080501

| | コメント (2)

2020年8月28日 (金)

ペテン総理が「続投」で肩透かし!?&麻生太郎の誹謗中傷にテレビ朝日はなぜ抗議しない!!

 どうやら、初老の小学生・ペテン総理は、今日の会見で「進退」には全く触れずに肩透かしをくらわすようだ。昨日のエントリーで書いた「いやあ、検査の結果、健康には何の問題もありませんでした」が当たっちまったってことか。てことは、「体調不良」説は取り巻きや御用メディアを総動員しての茶番劇ってことになるわけで、独裁国家の首領様もかくやの宮廷政治がいまこの国では横行してるってことなんだね。

 「続投」となった場合、メディアがどんな報道の仕方をするか、けだし見ものではある。「元気なら国会開け」と迫るような気概は・・・ないだろうなあ。

安倍首相、健康状態説明へ PCR検査拡充を発表―28日に記者会見

 ところで、ひょっとこ麻生が、性懲りもなくまたやらかしてくれたってね。なんでも、25日の記者会見でテレビ朝日の記者からペテン総理の体調を聞かれ、

「テレビ朝日?おたく?あっそう。各社同じ情報を流してるんですか?あの画像の映りの悪いテレビ朝日でも顔色よく映ってたもんね、あれ。だろ?無理して顔色よくして流したわけじゃないだろ?ねぇそんな技術もないだろうし」

 って暴言吐いたそうだ。このところのアメリカ大統領選の罵り合いにウンザリしていたんだが、いやいやそれに輪をかけたチンピラまがいの下品な政治屋がこの国にはいたことを改めて痛感したのであった。知性や慎み、奥床しさ、そして気の利いたユーモアが政治の世界から消えてから久しいが、ひょっとこ麻生ってのはそうしたお下劣な政治状況を体現するシンボリックな存在なんだね。

 こうしたゲスがのさばるようになったのは、これもまたひとえにメディアの責任なんだよね。テレビ朝日云々の発言なんか、何の根拠もない誹謗中傷そのものなんだから、テレビ朝日は抗議してしかるべきなのだ。それとも、これもまた「麻生節」として聞き逃すつもりか。

 口だけの進次郎がペテン総理の体調をとやかく報道するメディアに対して、「根掘り葉掘り、さまざまな憶測が出て、尾ひれがついていろいろなことが出る状況を私は醜いと思う」ってコメントしたそうだが、ひょっとこ麻生の暴言・妄言・虚言の「醜さ」こそ直々に諫言してみやがれ・・・ってなもんです。


| | コメント (2)

2020年8月27日 (木)

ここまで自作自演で話を盛り上げて、「いやあ、検査の結果、健康には何の問題もありませんでした」となったら、それこそ暴動が起きますよ!!

 週刊文春が、初老の小学生・ペテン総理の体調は予想以上に深刻だとスクープして、一気に辞任が現実味を帯びてきたようだ。それを裏付けるように、仏文学者で武道家の内田樹が新聞2社から「安倍政権の総括」原稿を依頼されたとツイートしている。ようするに、安倍辞任の予定稿ってやつですね。

 こうなると明日のペテン総理の記者会見が大いに楽しみになってくるんだが、ここまで話を盛り上げておいて「いやあ、検査の結果、健康には何の問題もありませんでした」となったら、それこそ暴動が起きますよ。なんてったって、「体調不良」を吹聴し出したのはペテン総理の取り巻き連中なんだから、それなりの病状であることは間違いな。

 ペテン総理の健康がそんなに危機的な状態にあるなら、とっとと休養もしくは辞任して後任にまかせるべきだろう。ペテン総理の都合だけで国政がストップしているんだから、いつまでもったいつけてるつもりなんだ。

 この男には、石橋湛山の潔さなんて、爪の先程も理解できないんだろうね。

| | コメント (2)

2020年8月26日 (水)

ペテン総理が28日に記者会見・・・辞任か居座りか!?&河井バカップル裁判、検察は買収の原資に触れず!!&大阪万博のロゴマークに「大腸ポリープみたい」の声!!

 どうやら、28日に初老の小学生・ペテン総理が記者会見するそうだ。自身の体調や新型コロナウイルス対策について説明するってんだが、今頃は官邸と幹事社が必死こいて脚本書いてるに違いない。妄想だけど。

安倍首相、28日会見へ調整 コロナ対応、体調言及も

 辞任会見になる可能性なきにしもあらずだけど、そうなると麻生臨時政権誕生というさらなる悪夢の幕開けとなる確率が高そうだから、それはそれでまた難儀なことなんだよね。仮にそうなったらなったで、おそらくひょっとこ麻生では選挙は戦えないだろうから、残り1年の任期をまっとうすることになるのだろう。「悪夢のような自民党政権」のやりたい放題がまだまだ続くかと思うと、夜も眠れなくなって昼寝しちまう今日この頃なのだ。

 ところで、河井バカップルの裁判が始まったんだが、昨日の初公判で検察は買収の原資となった1億5千万円についてはまったく触れることがなかったってね。「安倍総理から」と30万円受け取った町議もいたんだから、その原資である1億五千万円と買収との関係性は重要なファクターなはずだ。ようするに、検察は自民党、つまりはペテン総理の関与には手を付けないって腹積もりなのだろう。

 買収された側の処分も見送ったままで、その捜査手法の違法性を突かれると、この裁判の成り行きは予断を許さない状況になりますよ。

現金配布は何のため? 選挙運動か政治活動か 河井前法相夫妻初公判

証人120人で年またぎ必至 河井前法相夫妻の「100日裁判」

 最後に、大阪万博のロゴマークが、あまりにもグロテスクだとネット雀が大騒ぎ。制作者サイドは「小さい頃に万博で見た太陽の塔がすごく衝撃的で。岡本太郎さんのようなパンチのある作品を作りたいと思っていた」ってんだが、いやあ、岡田太郎にとってはさぞかし迷惑な話じゃないのか。どうでもいいけど。

作者「こいつはカワイイ」大阪・関西万博のロゴマークが決定

Photo_20200826084601


| | コメント (2)

2020年8月25日 (火)

「これからまた仕事を頑張りたい」(安倍晋三)・・・後継者問題の調整がつくまでの病気を利用した時間稼ぎか!?&世田谷区が看護・保育職員らを対象に無料PCR検査を実施!!

 いったいこの騒ぎは何なんだろうね。言わずと知れた、初老の小学生・ペテン総理の健康問題だ。定期的な検査なら、何も大仰に車を連ねて病院に向かう演出する必要なんかないわけで、ましてや取り巻き連中がメディアを使って「体調不良」を喧伝する必要もさらさらない。

 TBS『ゴゴスマ』ではタレント医者のコメンテーターが、「一般的には、上司が体調不良で検査受けたからといって、進退についてどうしたこうしたというのは失礼ですよね」てなことをコメントしてたけど、そういうことは「体調不良」を吹聴しているあっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君に言ってやれ。

 結果、ペテン総理は「先週の検査の結果を詳しくうかがい、追加的な検査を行った。これからまた仕事を頑張りたい」ってなコメントでお茶を濁してるんだが、これって病気を利用した時間稼ぎなんじゃないのか。つまり、ペテン総理の体調はかなり深刻ではあるものの、後継者問題でひょっとこ麻生、土建政治・二階、昼間の幽霊・岸田たちの調整がついてないってことを意味しているのでは・・・。でなけりゃ、「これからまた仕事を頑張りたい」って言ってるんだから、臨時国会を即刻開いてみやがれ、ってなもんです。

安倍総理の体調は? 自民党内から「1年持つのか」

 ペテン総理がまったく仕事しないものだから、とうとうしびれ切らした世田谷区は、区内の介護施設職員や保育園・幼稚園の職員など約2万人を対象に無料でPCR検査を実施するってさ。無症状者からの感染拡大を防ぐためには、PCR検査が必須なのは言うまでもないところで、本来なら「Go To キャンペン」なんて感染拡大にアクセル踏むような馬鹿な政策なんか中止して、国が率先してやるべきなんだよね。

 ああ、それなのに、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「Go To キャンペーン」について、「やらなかったことを考えたら大変なことになっていた」なんてぬかすんだから、感染拡大で医療体制が崩壊しつつある沖縄が怒りに震えるのもむべなるかなってことだ。

介護者・保育者ら2万3000人をPCR検査へ 世田谷区が公費で希望者全員に

| | コメント (2)

2020年8月24日 (月)

「出席者の中に公表を望まない人がいる」(西村コロナ担当相)から専門家会議の議事録黒塗りって、頭おかしいんじゃね!!&ペテン総理、午前中に再び慶応病院へ!!

 コロナ分科会の前身である専門家会議の議事録が黒塗りののり弁状態だったことは22日のエントリーで紹介したんだが、なんと女体盛り・西村君がこんな言い訳しやがりましたとさ。

「(出席者の中に)自分は公開されない前提で話したという意見をいただいたので、残念ながら公表できないということになった」

 いやはや、自らの発言に責任持てないようなひとが政府の専門家会議に参加するんじゃない、ってなもんです。でも、よく考えれば、名前の公表が嫌なら、名前だけ黒塗りすればいいだけの話なんだよね。問題は「誰が」よりも「何を」会議で話したかったことなんだから。

 ようするに、政府としてはハナっから公表する気はなかったってことなんじゃないのかねえ。なんとなれば、専門家会議ってのはあくまでもアリバイ作りみたいなもので、その実は政府の言いなりに結論づけてくれればいいだけなんだね。いわば権威付けのためのダミーみたいなものだ。

 確か、専門家会議のメンバーからは、発言者も含めて積極的に議事録の公開を求める声も上がってじゃなかったか。こうなったら、メディアはかつての専門家会議のメンバーひとりひとりに取材して、真偽のほどを突き詰めるべきだと思うけどねえ。やらないだろうけど。

西村大臣、黒塗り速記録の理由説明 「公表望まない人がいる」

 ところで、初老の小学生・ペテン総理が今日の午前中に慶応病院へ検査結果を聞きに行くってね。そのまま入院→辞職なんてこともあったりして・・・。

安倍首相、24日に病院再訪
 

| | コメント (2)

2020年8月23日 (日)

今月中にも内閣総辞職、後継に麻生太郎を指名。これを快く思わない二階は「菅首相」を画策中・・・とかなんとか永田町が騒がしくなってきた!!

 テレビに「速報」の文字が名流れるたびに、すわ、初老の小学生・ペテン総理に何かが・・・ってな妄想をしてしまう今日この頃。明日には、財界の男妾・佐藤栄作を抜いて首相在職最長記録になるそうだが、どうやら27日に予定されていた「お祝い会」が延期なったてっね。その理由がふるっていて、「議題がないから」だとさ。コロナ・パニックの収束どころか第2波、第3波が危ぶまれてるってのに、議論すべきことがないってことは、自民党にとって版型コロンウイルスの猛威は取るに足らないことって言ってるようなものだ。

 ペテン総理が出席するはずの25日の自民党役員会も中止になったとかで、「健康問題」は思いの他、深刻なのかもね。そんなこともあってか、明日以降のどこかで内閣総辞職なんて噂も飛び交っている。その時には副総理であるひょっとこ麻生が後継指名されるなんてことまで永田町雀がピーチクパーチク。この動きを快く思っていない土建政治の二階君と顔も頭も貧相な官房長官・ガースが、「菅首相」を画策しているとかしてないとか・・・。

 いずれにしても、これからの1、2週間は永田町の動きから目が離せません。ジャンジャン。

25日の自民役員会中止 首相在職最長祝いも延期 体調に配慮か

| | コメント (1)

2020年8月22日 (土)

米大統領選の垂れ流しは臨時国会召集拒否の目くらまし!!&「感染拡大はピークに達したと考えられるものの、再び増加するおそれ」・・・新型コロナウイルス感染症対策分科会の支離滅裂!!

 初老の小学生・ペテン総理の体調不良が浮上したとたんに、メディアは「お疲れモード」の演出に一役買っているようで、ひょっとこ麻生の「147日間連続執務」の大嘘はほったらかしのまま「同情作戦」が進行中の今日この頃。それをさらに後押しするかのように、メディア、特にテレビはアメリカ大統領選のアレコレを必死になって垂れ流している。

 おいおい、よその国の大統領選にかまけている場合か。ペテン総理が公務復帰なんて格好つけてる裏側で、臨時国会召集を改めて拒否してるんだよね。アメリカ大統領選よりも優先して報道すべきはこっちの方だろう。なんてったって、憲法違反なんだから。

 でもって、今度はその言い訳に、立憲と国民の合流を持ち出してるってね。「立憲民主党と国民民主党の合流によって国会の会派構成にも影響があり、その動向を見極めたい」と自民党国対委員長でおばさん顔の森山君がのたまってくれたってさ。

 憲法違反である臨時国会召集拒否、しかも何の権利もない自民党が拒んでいるってことに、どうしてメディアは突っ込みを入れないのかねえ。それとも、臨時国会どころか、ペテン総理の体調不良が深刻で、ここ1、2週間で何らかの動きがありそうだからそれどころじゃないとでも言うのだろうか。それならそれで、ちょいと楽しみではあるんだが・・・。

立民の臨時国会の早期召集の求めに 自民 応じられない姿勢

 ところで、新型コロナウイルス感染対策分科会が「全国的には今回の感染拡大はピークに達したと考えられるものの、再び増加するおそれがある」てな見解を発表した。おいおい、「再び増加のおそれ」があるなら「ピークに達した」って言い草はおかしいだろう。

・・コロナ分科会 “感染拡大ピーク達するも再び増加のおそれ”

 ワクチンに対しても、過度な期待は持つのは禁物みたいな提言をしているんだが、そうした諸々の見解や提言ってのはどんな議論があってのものなのか・・・そこが重要なポイントだと思うんだが、なんと情報公開請求したら「分科会の前身で、政策決定に大きな影響を与えてきた専門家会議の発言記録」の「ほとんどが黒塗り」だったてっね。

ワクチン高齢者らを優先 安全性・有効性への「過度な期待」に戒め コロナ分科会が提言

【独自】新型コロナ専門家会議の発言録入手 “検証”阻む黒塗りの壁

 おそらく、分科会の議事録も同じのり弁なんじゃないのかねえ。情報を独り占めしたい感染症マフィアとまで噂されるメンバーが勢揃いした分科会だから、さもありなんてことなんだが、そんなに秘密にしたいってことは、裏側では731部隊もかくやの人体実験でもしてるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけど。

| | コメント (2)

2020年8月21日 (金)

IR疑惑の秋元衆議院議員が保釈中に偽証買収で再逮捕!!&検察の違法な司法取引で河井バカッブルの逆襲!!&伊藤詩織さんが杉田水脈らを提訴!!

 保釈中にも関わらず、贈賄側に証人の際の偽証を依頼したとして、カジノ汚職・秋元君が再逮捕された。本人は事実無根と容疑を否定しているけど、これが事実としたら凄い話なんだね。

 世界中から中世のような司法システムと揶揄される日本の人質司法がいまだに改善されないのは、「証拠隠滅の恐れ」という保釈条件を検察や裁判所が錦の御旗のように振りかざすことにその理由のひとつがある。そこをかいくぐって保釈されるには、弁護士の努力は並大抵のものではなくて、それで保釈されたってのに裁判の証人を偽証で買収しようなんてのは、長期の拘留で容疑者を拘束して取り調べしたい検察にとってはそれみたことかってことになる。

 郷原弁護士が辞任したと思ったら、無罪請負人の弘中弁護士がカジノ汚職・秋元君の弁護人を引き受けたばかりで、さあ、どんな法廷闘争が繰り広げられていくのか、けだし見ものではあります。

公判控える現職衆院議員が買収工作関与か 秋元容疑者逮捕 前代未聞の事態に

 法廷闘争とくれば、河井バカップルの公職選挙法違反もちょいと雲行きが怪しくなってきた。河井バカップルに買収された地元の政治家たちが刑事処分されず、違法な司法取引があったんじゃないかと河井バカップル側が主張し始めてるんだね。

 検察は100人にものぼる地元議員をお咎めなしとしたままで、このままだと河井バカップルの主張も説得力を持ってくるんじゃないのかねえ。検察は、どうする、どうする。

「被買収」側、続々出廷へ 議員らの証言が鍵 河井夫妻買収事件公判

 最後に、伊藤詩織さんが、自民党の杉田汚水脈と大澤昇平元東京大学大学院特任准教授を提訴した。同じように提訴されたはすみとしこが見苦しい言い訳をツイッターで喚き散らしているけど、こちらの2人はどんな屁理屈をこねてくるか、これもまたけだし見ものな今日この頃なのだ。

伊藤詩織さんが杉田水脈衆院議員と大澤昇平さんを提訴 「ツイッターの投稿で名誉を傷つけられた」

| | コメント (2)

2020年8月20日 (木)

「これから再び仕事に復帰して頑張っていきたい」(安倍晋三)・・・体調不良を装う「同情作戦」で、秋には解散総選挙か!? 

 初老の小学生・ペテン総理が公務復帰ってメディアが騒いでるんだが、ようするに「お疲れモード」演出の総仕上げってことか。まるで、「満身創痍でも頑張るバカボン」のごとくブラ下がりに応じたペテン総理曰く、

「体調管理に万全を期すために先般検査を受けた。これから再び仕事に復帰して頑張っていきたい」

 だとさ。それをまた記者連中はボーと聞いているだけで、「だったらいつ国会開くんですか」の一言が出てこないんだから、なすべき「ウォッチ・ドッグ」の務めはどこへやら。ペテン総理の「同情作戦」にまんまと乗せられて、このままだと「消費税5%」で解散総選挙ってのもありなんじゃないのかねえ。

首相の公務再開「思いが強い」官房長官


健康状態に懸念の声も・・・安倍総理が公務復帰(20/08/19)

 そんな中、立憲と国民が合流するってんだが、それを待っていたかのようにメディアは批判的な論調でこれを報道している。ま、いつもの政権批判をしつつも、最後は野党をdisることでバランスをとるという公平を装った偏向報道の典型ですね。

 立憲と国民の合流にはいろいろ批判はあって当然だけど、野党がひとつにまとまらなければ小選挙区制では勝ちようがないのも事実なのだ。おそらく、今後はメディアは一斉に立憲と国民の合流に対して否定的なキャンペーンを張ってくることは間違いない。足腰が弱ってきているペテン政権にとって、野党がひとつにまとまることくらい怖いものはありませんからね。

国民民主、立憲との合流決定 分党は代表、幹事長一任

 ペテン総理の体調不良を前面に押し立てた「同情作戦」は、ひょっとしたら立憲・国民合流を睨んだ上での、秋の解散総選挙に向けたイメージ戦略のひとつだったりして・・・ま、いつもの妄想だけど。

| | コメント (1)

2020年8月19日 (水)

「147日間休まず連続で働いたら、普通だったら体調おかしくなるんじゃないの」と麻生太郎がペテン総理の“勤勉ぶり”を演出する大嘘ついて大炎上!

 あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利の背筋が寒くなるお追従をきっかけに、メディアが初老の小学生・ペテン総理の「お疲れモード」をこれみよがしに後押ししする中、今度はひょっとこ麻生が「勤勉総理」を演出する大嘘こいてくれました。曰く、

「147日間休まず連続で働いたら、普通だったら体調おかしくなるんじゃないの。あなたも147日間、休まず働いてみたことあるか?ないだろうね、だったら意味わかるでしょ?140日働いたこともない人が、働いた人のこと言ったって分かんないわけですよ」

 首相動静を見ていれば、この発言がどんなにふざけたものかわかろうというもので、早速、ネットではいかにペテン総理が仕事をしていないかの検証が始まる大騒ぎ。この1週間のペテン総理の動きはこんな具合です。

10日月 休み
11日火 朝10時から夕方6時半まで
12日水 午後1時過ぎから5時頃←半ドン
13日木 午後1時過ぎから6時半←半ドン
14日金 午後2時過ぎから6時半←半ドン
15日土 戦没者追悼式等1時間半程度
16日日 休み
17日月 休み

麻生氏「休む必要あると言った」 首相の日帰り検診巡り

安倍首相“健康不安”説に乗じて側近と応援団が「147日休んでない」「首相は働きすぎ」…ならば「147日」の中身を検証、これが働きすぎか

安倍首相の問題点は「十分休んでいるか否か」ではない

 いつもの記者を小馬鹿にしたような物言いに、誰も首相動静を持ちだして反論しないってのもどうかと思うんだが、こうした政治家の大嘘ってのはいまやグローバルスタンダードになっちまったようで、その総元締めがトランプなんだね。ところが、さすがに海外のメディアは気合が違う。なんと、トランプに面と向かって「3年半が経ちますが、アメリカ国民についてきたすべての嘘を悪かったと思っていますか?」と切り込みましたとさ。

 これに対して、トランプは一瞬何を言われているかわからなかったようで、口ごもりながらもその質問の真意を理解すると、「『アー』と声を漏らしながら目が泳ぐような表情を浮かべ」たまま無視したそうだ。この質問をした記者は「5年間、彼にこれを尋ねるのを待っていた」とツイッターでその意気込みをつぶやいていたとか。

記者「国民についてきた嘘を悪いと思ってますか?」トランプ氏硬直

 持ちつ持たれつの記者クラブでは、こうはいきません。ひょっとこに麻生に「あなたも140日休まないで働いたことはないだろ?」と突っ込まれて、「ハイ」って答えちゃうんだから何をかいわんやなのだ。

 それにしても、ちょっと裏取りすればわかる政治家の嘘を無批判に垂れ流すメディア、特にテレビ朝日『報道ステーション』はもう終わってますね。

| | コメント (3)

2020年8月18日 (火)

ペテン総理が慶応大病院で検診・・・臨時国会拒否を正当化するメディアもひと役買った茶番劇か? 

 昨日のエントリーであっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君の「強制休暇」発言を取り上げたら、まるで図ったかのように初老の小学生・ペテン総理が慶応大学病院で検診の速報が流れたのであった。すわ、病気療養=辞任かなんて憶測が飛び交ったものの、夕方には帰宅。なんとも、奥歯にものの挟まったような感が拭えない。

安倍総理が病院へ 自民議員「もう限界ではないか」

限界か安倍首相…夏休み強行を海外メディアが酷評

安倍首相“吐血報道”に続き慶應病院入りで8月31日辞任説も…官邸や側近が健康不安情報を煽る異常 政権放り出しを正当化する目的か

 そもそも、総理大臣の健康状態ってのは安全保障上も重要なファクターで、安易に噂話ですら流布されるものではない。それを茶坊主の布袋頭がテレビ番組で公然と口にしたってことは、臨時国会召集拒否を正当化するためのブラフじゃないのかという意見がある一方、いやいや、それほどまでに体調不良が悪化してるんだという観測もあったんだね。

 そこにもってきての検診で、それをまたテレビが速報で流すという茶番が繰り広げられたものだから、一気に政権を投げ出すんじゃないかという方向に空気が変化したのも無理はない。

 でも、果たしてどうなんだろう。ひょとしたら、メディアも一役買った茶番劇で、そこまでしても臨時国会からトンズラしたいというペテン総理の強い意志が働いていたりして・・・。

 鬱病という噂もあるけど、なんでもいいからこうしたお騒がせをしている場合じゃないことは確かなんだね。ああ、それなのに、政治家やメディアが三文芝居にうつつを抜かしていられるんだから、何ともお気楽な国になったものだ。

| | コメント (3)

2020年8月17日 (月)

自民・甘利明税調会長が、ペテン総理に鳥肌立つお追従・・・「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」!そんなに「責任感が強い」なら、責任取って辞めるのが筋ってものだ!!

 あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が、フジテレビの番組で初老の小学生・ペテン総理に歯を浮くようなお追従を口にしたってね。曰く、

「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」
「数日でもいいから強制的に休ませなければならない」

 おそらく、臨時国会召集を拒否していることへの批判をかわすという意味もあるんだろうね。それにしても、「責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」とはねえ。なんか、背筋が寒くなるような気色悪さに眩暈がしてきますよ、ったく。

 そう言えば、布袋頭・甘利君もあっせん利得疑惑で大臣辞任した時に、「睡眠障害」とかで国会さぼりまくってたっけね。都合が悪くなったら休む・・・つまりそういうことだ。

 そこまで言うなら、誰も止めやしないから、永遠に休みやがれ。「責任感が強い」ってんなら、責任取って辞めるのが筋ってものだ。

甘利氏、安倍首相を「休ませて」 コロナ対応で疲労蓄積を心配

| | コメント (2)

2020年8月16日 (日)

戦没者追悼式で「歴史に向き合う」かわりに「積極的平和主義」を口にするペテン総理!&靖国参拝でしたり顔の進次郎に「そこじゃない。モーリシャスへ行け」の声!!

 昨日の戦没者追悼式で、初老の小学生・ペテン総理の挨拶から「歴史と向き合う」という文言が消えた。その代わりに持ち出してきたのが「積極的平和主義」だ。これって、なんのことはない2013年12月に閣議決定されたペテン政権の「国家安全保障戦略」の基本理念なんだね。

 「積極的平和主義」をペテン政権が言い出した時にも議論されたんだけど、そもそもこの言葉は平和学の研究家、ヨハン・ガルトゥング博士が提唱した理念で、「戦争がなく、かつ『構造的暴力』も排された真に人々が平和である状態を『積極的平和(Positive Peace)』と説いたものだ。

 それを、ペテン総理がパクったわけだけど、こやつの口にする「積極的平和主義」には、集団的自衛権の行使や武器輸出三原則の形骸化といった「戦争ノスタルジー」の色合いが濃いんだね。そんな文言を「歴史と向き合う」代わりに口にしたってことは、ひょっとしたら居直りやがったのかもね。オリンピックにかまけてコロナ対策に失敗し、あげくに体調不良まで噂され、「辞任」「退陣」の二文字がチラつく中、総理大臣としての「最後っ屁」だったりして・・・妄想ですけど。

安倍首相の式辞から「歴史と向き合う」消える 「積極的平和主義」に初めて言及 全国戦没者追悼式

 そんな中、4人の閣僚が靖国神社参拝をしたってね。その中には、口だけの進次郎、加計のポチ・みのたけ萩生田の顔もあって、いろんな野次が飛んでます。

安倍政権で最多の4閣僚 靖国参拝 終戦の日の閣僚参拝は4年ぶり

環境大臣でもある口だけの進次郎には、「そこじゃないだろう。モーリシャスへ行け」てな声があって、これは日本タンカー座礁による海洋汚染にまったくコメントしないヘタレぶりを揶揄してるわけですね。

 でもって、文科大臣でもある加計のポチ・みのたけ萩生田君には、元文部科学事務次官の前川喜平氏が痛烈な批判の礫を投げかけてます。曰く、

 これはもう、おっしゃる通り。政教分離原則という視点で見ると、戦没者追悼式の挨拶で「御霊(みたま)」という言葉がしょっちゅう使われるんだが、これだって元々は神道用語なんだね。国家神道の元、戦場に送られて悲惨な最期を遂げた戦没者に対して使うべき言葉ではありません・・・なんてことをツラツラ考えてみる日曜の朝である。

| | コメント (1)

2020年8月15日 (土)

「内閣の準備不足などとして、召集時期を合理的期間を超えて大幅に遅らせるのは、悪意すら感じさせる」・・・「立憲デモクラシーの会」が臨時国会を拒否するペテン政権を一喝!!

 日本が戦争に負けた日。日本人だけでなく、多くのアジアの人々も、この戦争の犠牲となったことを忘れずに・・・。

きょう終戦75年 コロナ禍で式典縮小、国歌斉唱なしに

 ところで、初老の小学生・ペテン総理は、「気分は、もう夏休み」なのだろう。ほとんど、午前中は自宅にこもったままで、午後に官邸という重役出勤を続けている。そんなグータラ野郎に怒りの鉄槌です。憲法学者や政治学者でつくる「立憲デモクラシーの会」が、臨時国会召集を拒否するペテン政権と自民党に対して「国民への説明責任を回避していると言わざるを得ない」と声明を発表した。

 「内閣の準備不足などとして、召集時期を合理的期間を超えて大幅に遅らせるのは、悪意すら感じさせる」とまで言い切る、なんとも痛快な声明文だ。

 臨時国会召集については、網タイツのゴスロリ・稲田君が「合理的な期間を判断するのは内閣だ」と召集拒否の正当性を喚き散らしてたんだが、これについても「立憲デモクラシーの会」が一喝。「とんでもない間違い。内閣に国会の活動を止める資格はない」(石川健治東大教授)と、これまた一刀両断の小気味よさだ。

国会召集、稲田朋美幹事長代行が事実上拒否 新型コロナ巡り「判断するのは内閣」

 さらに、国会閉会中に勝手に議論を始めた「敵基地攻撃能力」についても容赦ない。こんな具合です。

「憲法上重大な疑義のある『敵基地攻撃利能力』が政権・与党内で軽々しく議論されている」
「防衛政策の根本を転換する話。国会での説明なしに、与党と内閣だけで進めるのは憲法の破壊だ」

憲法学者ら、説明責任回避と批判 臨時国会召集拒否を巡り

Photo_20200815081301
クリックで拡大

 考えてみれば、こうした指摘ってのは、本来ならメディアが率先してやるべきことなんだよね。ああ、それなのに、臨時国会召集拒否を憲法違反と正面から訴えかけるメディアはほとんどない。特にテレビでは皆無なんだよね。ましてや「敵基地攻撃利能力」にからめての論調なんて、どこにも見当たりませんからね。

 案の定、「立憲デモクラシーの会」の声明も、東京新聞などの一部のメディアが報道したたけで、テレビの夕方のニュースは相も変わらずコロナとお役立ち情報一色のワイドショー化が進んでいる始末だ。

 戦後75年。それは、政治とジャーナリズムの関係が戦前回帰へと突き進む75年でもあったのか・・・てなことを我が家のドラ猫にしたり顔で語りかけてみる大日本帝国敗戦の日の朝である。

| | コメント (1)

2020年8月14日 (金)

「命を削って仕事してるのに、批判され続けて疲れてるんだよ」(自民党中堅議員)・・・「ペテン総理はお疲れモード」演出に手を貸す安倍サポ全開のTBS!

 昨日の夕方、TBS『Nスタ』を観ていたら、唐突に「安倍総理の足取りが少し重い気がする」なんてナレーションが流れたのには、一瞬何のこっちゃと我が家のドラ猫と見つめ合ってしまった。よくよく観れば、「日々、分刻みのスケジュールの中、一挙手一投足まで注目される安倍総理。ゆっくり休暇を取れるのは、いつになるのでしょうか」と締めくくられたこのニュース、ようするに初老の小学生・ペテン総理が夏休みも取らずに頑張っているってことを暗に言いたかったんだね。

 それにしても、「命を削って仕事してるのに、批判され続けて疲れてるんだよ。心中お察しするよ」なんて自民党中堅議員とやらのコメントを垂れ流すのには呆れちまう。本気で「命を削って」までコロナと戦っている医療従事者に失礼だろう。

 そもそも、コロナ・パニックをほったらかして夏休みを取ろうという了見が大きな間違いなんだね。この状況の中、総理大臣なんだから、夏休み返上で働くのが当たり前で、それができないほど体力が劣化しているなら即刻、職を辞すこった。

 しかしまあ、「(官邸では)このコロナ禍で、いかに総理に効果的な休暇を取ってもらうか、1つの検討課題となっている」なんてことをシレッと解説しちまうTBS官邸キャップってのも、頭の中は相当なお花畑なんでしょうね。駄目だ、こりゃ!

安倍首相の“足どり”に注目 4月以降の歩き計測すると・・・

安倍首相の夏休み、中ぶらりん コロナ禍で定まらず

| | コメント (1)

2020年8月13日 (木)

「黒い雨」訴訟、国と広島県・市が控訴・・・血も涙もない蛇蝎のごときペテン政権!!

 あり得ないことではないと思ってたら、やっぱりやりやがりました。「黒い雨」訴訟で国が控訴だとさ。初老の小学生・ペテン総理は広島、長崎の原爆式典にシレっと参加して、コピペの挨拶したかと思ってたら、その舌の根も乾かないうちにこの仕打ちだ。

 厚労大臣としてまったく仕事をしていないマルチ商法の広告塔・加藤君がこの時とばかりに出張って、「十分な科学的知見に基づいたとは言えない判決」だから控訴したってコメントしてるが、そんなこと言うならそもそも国が「黒い雨」が降った範囲を定めたのだって「「十分な科学的知見に基づいたとは言えない」んだよね。川を隔てて、あっちとこっちで「黒い雨」の降り方が違うなんてことがどれほど非科学的なことか。

 広島県と広島市も、国に控訴断念を要請していたのに、どこでどう腰砕けになっちまったのかねえ。形の上では「援護区域拡大」というバーターがあったからってことになってるけど、国からかなりの圧力がかかったことは想像に難くない。それにしても、「援護拡大を視野に入れ、検証を進めたい」(加藤厚労相)ってんなら、控訴する意味なんかないんじゃないのか。

 党内からも控訴に批判的な意見が多くあったってのに、広島が地元の政調会長、昼間の幽霊・岸田君は何やってんのかねえ。こういう時こそ、存在感を示す絶好のチャンスなのに、やっぱりペテン総理からの総理禅譲を期待して腰が引けちゃってるんだね。7月3日にペテン総理と会食してるけど、その時に今回の控訴も話題に上がってたんじゃないのか・・・妄想だけど。

 ひょっとして、国は裁判が長引く中で、高齢の原告に残された時間はそう多くないことを計算してるんじゃないのか。ひょっとこ麻生の「いつまで長生きするつもりだ」という声が聞こえる今日この頃なのだ。

「黒い雨」訴訟 広島市と県が控訴 原告「逃げの姿勢で許せず」

| | コメント (1)

2020年8月12日 (水)

周庭さん、パスポート没収で保釈!!&青息吐息のペテン政権を前にして、立憲・国民の合流ゴタゴタの体たらくは、なんとも罪深い!!

 国家安全維持法違反の疑いで逮捕された周庭さんが保釈された。逮捕後わずか1日での保釈ということは、見せしめ逮捕だったってことなのだろう。民主化運動なんかにかまけてるとこうなるぞって香港市民を脅してるってことだ。

 周庭さんはパスポートを没収されているそうで、まだまだ予断は許さない状況だけど、とにかく世界が注視していることを発信し続けることが、民主化運動に命をかけている香港市民を弾圧し続ける中国への牽制になることは間違いない。

香港の民主活動家・周庭氏が保釈 「政治弾圧だ」と批判

周庭さんと「リンゴ日報」創業者を保釈

 そんな命がけの香港の民主化運動に比べ、わが国の政治家どものなんと鈍くさいことよ。何のことって、立憲と国民の合流の1件だ。なんと、タマキンが国民を分党、つまりは解体して、立憲との合流派と反対派で袂を分かつんだとさ。

国民民主、分党へ 立憲との合流、自身は不参加―玉木代表

 立憲と国民の合流がお流れになったのは、エダノンが頑なに消費税減税を拒否したからと囁かれているんだが、果たしてそれだけが交渉決裂の理由なのだろうか。おかげで、国民のタマキンの株が上がっているようなんだが、そもそも国民ってのはぼったくりバーのチーママ小池君と希望の党で徒党を組もうとしたんだよね。憲法への考え方も改憲色が強いし、消費税減税以外の政策では自民や維新の遠い親戚みたいな立ち位置なんじゃないのかねえ。

 もっとも、立憲と国民の合流の経緯を見ていると、エダノンの発信力の弱さってのが、一番のネックになっていたのも否定できないことではあるんだね。カリアゲ福山君にまかせっきりで、党首であるエダノンの肉声がほとんど聞こえてこない。これじゃあだめだよね。

 「小異を捨てて大同につく」って言葉があるけど、どんなことしても政権を取るぞって迫力は微塵もないのが今回の合流話なのだ。このままだと「呉越同舟」の野合になっちまうのが関の山だろうから、交渉決裂という結末はさもありなんてことだ。

 青息吐息のペテン政権を前にしての立憲と国民の体たらくは本当に罪深い・・阿呆らしくてため息も出ない今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2020年8月11日 (火)

香港政府が国安法違反容疑で周庭さんを逮捕!! 日刊紙「アップル・デーリー」のジャーナリストも同罪で連行!!

 中国による香港への弾圧がエスカレートする中、民主化運動のリーダーのひとりである周庭さんが国安法(国家安全維持法)違反の容疑で逮捕された。同じく、中国に批判的な日刊紙「アップル・デーリー」の創始者である黎智英らジャーナリスも同罪により逮捕された。

 香港の「1国2制度」は、1984年の英中共同宣言で、50年間は維持することを国際的公約としたはずなんだね。それにもかかわらず香港国家安全維持法を一方的に全国人民代表大会常務委員会で可決して、香港の中国化を強行するってのは、ようするにアメリカとの覇権争いがその背景にはあるのだと思う。

 つまり、トランプはどこまでいっても不動産屋で、なんでもかんでも「ディール」ってことに収斂しちゃう、高度な政治交渉とはまったく無縁のうつけ者ってことで足元見られちゃってるんだよね・・・ってあくまでも個人の見解なんだが、ここまで中国が強気になれるってのは、それだけアメメリカを中心とした新自由主義連合が目先の利権漁り政治に陥っていることも影響しているんじゃないのかねえ。

 習近平の国賓訪日という難題を抱えている初老の小学生・ペテン総理は、中国による香港への弾圧がエスカレートするごとにお腹がキュンキュンしてるんじゃなかろうか。習近平の前では「蛇に睨まれた蛙」みたいなものなんだから、国賓訪日を中止するにしてもなかなか言い出せなくて、そのまま政権投げ出してくれたら面白いんだけど・・・ま、妄想ですけどね。

 それはともかく、周庭さんは中国本土へ移送の危険もある。世界の監視の眼が、それを阻止する唯一の手立てなのだが・・・。

周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

・田中龍作ジャーナル
【香港】周庭さん逮捕の瞬間 友人の記者が撮った


| | コメント (2)

2020年8月10日 (月)

「コロナが収束した後に、より良い仕組みとなるよう法改正を検討していく」(安倍晋三)・・・長崎で「やる気ゼロ」のペテン総理記者会見!!&「コロナにイソジン」の吉村大阪府知事に大阪府歯科保険医協会が抗議文!!

 予想されていたこととはいえ、ここまで露骨だと、「舐めてんのか」と悪態のひとつもつきたくなろうというものだ。何かって、広島と長崎の平和祈念式典での初老の小学生・ペテン総理の挨拶のことだ。なんと、今年もまた地名以外はほぼ同じ文面のコピペだったってね。

 スピーチライターに文章力がないってこともあるんだろうけど、ようするにペテン総理にとっては原爆もただのルーティンってことを意味してるってことだ。そんなんだから記者会見も性懲りもなくやらせの質疑応答になっちまうんだね。ところが、なんと長崎での記者会見ではカンペがカメラに捉えられちゃって、そんな予定調和の記者会見に手を貸しちまうメディアにも批判の目が向けられる始末だ。

安倍首相の被爆75周年あいさつ、広島と長崎で“ほぼ同じ”だった。過去の例も調べてみると...

 で、その記者会見なんだが、ペテン総理のやる気のなさはハンパじゃありません。その白眉が特措法についてのこの発言だ。

「事態が収束した後に、より良い仕組みとなるよう検討していく」

 バッカじゃなかろか。コロナ対策に有効な「より良い仕組み」とするために緊急で法改正が必要なのに、「事態が収束した後に」なんて悠長なこと言ってる場合か。家が燃えてるのに、効果的な消火法は家が燃え尽きてから考えよう、って言ってるようなもんなんだね。

 ようするに、特措法改正するには国会開かなくちゃいけないから、こんな馬鹿丸出しの発言しちゃうのだろう。コロナで青息吐息の飲食店のことなんか頭の隅にもありはしません。

 そんなに国会が嫌なら、もう辞めなはれ。コロナ対策の最善の一手は内閣総辞職、これだろう。そうすれば、「コロナにイソジン」なんてアホ抜かすどこぞの知事みたいなのもいなくなるんじゃないのか。

安倍首相、緊急事態宣言回避に全力 「4月発令時の影響甚大」

首相記者会見、2問で終了 複数の追加質問受け付けず


安倍総理 記者会見 2020年8月9日(日)

 そのイソジン吉村君に大阪府歯科保険医協会が「知事の不用意な発言は、医療現場と府民に混乱をもたらし、治療にも支障をきたしている」と抗議文を突き付けたってね。うがい薬のメーカーの株が上がって、インサイダー取引の疑いもあるようで、口は禍の元とはよく言ったものだ。

「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

“うがい薬発言”で殺到した客や問い合わせ。ドラッグストア店長の苦悩「満身創痍な状態が続いている」

| | コメント (1)

2020年8月 9日 (日)

「桜を見る会」招待者名簿の整理番号「60」は首相枠だった!! マルチ商法会長を招待したのはペテン総理で決まり!?

 長崎原爆の日。「黒い雨」裁判で、国は控訴するのだろうか。

 それはさておき、コロナ・パニックであまり注目を集めなかったんだが、桜を見る会前夜祭のパーティにまつわる公職選挙法違反の疑いで、全国の法曹関係者279人が初老の小学生・ペテン総理などを告発した。これは5月の告発に続く第2弾で、ペテン総理一味を逃がしてたまるかという法曹界からの強いメッセージでもある。

桜を見る会告発状279人分提出

 そんな中、桜を見る会の招待者名簿の整理番号「60」が首相枠だったことが、国立公文書館の招待者名簿公示で明らかになったってね。公示された名簿は小泉政権時代のものとはいえ、おそらく「60」が首相枠ってことが慣例になっていたことは容易に想像がつく。

 てことは、サクラ疑惑で問題になったマルチ商法「ジャパンライフ」の会長への招待状の整理番号「60」は、やっぱりペテン総理の招待枠だったてことになるんだね。サクラ疑惑の渦中では、「60」の整理番号は「1回限り」って言い訳してたけど、それも嘘だったってことになるんじゃないの。

「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

 こうなると、ペテン総理は臨時国会からますます逃げ回ることになるに違いない。野党は臨時国会召集要請を拒否されたことで腰砕けになるんじゃなくて、いまこそ「憲法違反」として断固糾弾すべきなんだよね。ああ、それなのに、メディアには「野党反発」と舐めた報道されちゃう始末だ。それもこれも、どうあっても臨時国会召集させるぞって迫力に欠けているからなのだ。

 週刊ポストが「安倍首相を引きずりおろす『最終手段』!『落選運動2020』を始めよう」という特集記事を組んでいるけど、それにならって「憲法違反」を旗印にした「臨時国会召集国民運動」くらいの気迫をもって情報発信していかないと野党はその存在意義すらなくなることになりまっせ。

【週刊ポスト】安倍首相を引きずりおろす「最終手段」!「落選運動2020」を始めよう

| | コメント (1)

2020年8月 8日 (土)

「自立した1人暮らし」「同居者に喫煙者がいない」・・・厚労省による自宅療養の要件緩和があまりにも非現実的で、これは何かのギャグか!?

 コロナ感染者の自宅療養については、それがいかに無謀なことかさんざん指摘してきたんだが、なんと厚労省が自宅療養の要件を緩和したってね。

新型コロナ 自宅療養を認める基準を公表 厚生労働省

 何度も言うけど、新型コロナウイルスは感染症指定されいるわけで、自宅療養という選択肢はあってはならないことなのだ。それなのにそのための要件を緩和するって、バッカじゃないの。

 しかも、自宅療養が可能な条件ってのが、なんとも現実離れしたもので呆れちまう。

「独居で自立」も自宅療養対象に 感染拡大で要件を緩和

Photo_20200808082401

 でもって、注釈として、「外出せずに自宅療養に専念してもらうため、食事の配達や医療専門職による健康管理が必要」となっているんだね。これって、自宅療養の域を超えて、もはやプライベーな医療施設なんじゃないか。

 NHKの報道では、「軽症患者や無症状の人は原則宿泊施設で療養することになっていますが、希望する人が多い自宅での療養」って言ってるけど、実際は軽症患者や無症状の人のための医療体制がまったく整備されていないことを物語っている。でなけりゃ、家庭内感染が拡大している現状で、自宅療養なんて最も危険な選択をできるわけがない。

コロナ軽症者の受け皿整わず 自宅療養、2週間で3.8倍

 全国の自宅療養者は、感染者全体の4割に達しようとしているそうだから、もっと真剣にこの課題に取り組まないと大変なことになりますよ。

| | コメント (2)

2020年8月 7日 (金)

「まだ質問があります」(朝日新聞記者)の声を官邸職員が手をつかんで制止・・・ペテン総理はそれを無視してトンズラ!!&「この夏は『特別な夏』」・・・パネル・ダンスがキレッキレの百合子の新曲(笑)

 「旅行に行け」「帰省はするな」「旅行しながら働け」「自粛しろ」「経済回せ」・・・もう何がなんだかわからいないのよ。植木等ならずともそう嘆息したくなる今日この頃。そもそも、PCR検査ひとつとっても、拡大派に抑制派と専門家だって意見が割れているんだから始末が悪い。

 こんな時こそ、政治家ってのはリーダーシップを発揮すべきものなんだが、昨日の初老の小学生・ペテン総理とぼったくりバーのチーママ小池君の記者会見からはそんな素振りのカケラすら見えててこない。それどころか、「3密」とか「大人数の会食は控える」とか、いまさらの言葉が虚しく口をついて出てくるだけ。

安倍首相の引用データ不正確、GoToで宿泊増の沖縄「医療体制すでに逼迫」

 ペテン総理なんか、ほぼ50日ぶりの記者会見だってのに、幹事社による事前通告の質問が終わったら、そのまま会見を打ち切る始末だ。さすがに朝日新聞の記者が「まだ質問があります」と手を上げたら、なんと官邸報道室の職員に手をつかまれて制止されたってね。官邸報道室は否定してるそうだが、おそらくなんらかの身体的接触があったのは間違いない。

安倍首相、予定の質問にだけ答えて会見打ち切り

官邸職員、朝日新聞記者の腕つかむ 首相会見の質問制止

 先日のブ下がりでは、「総理、逃げるんですか」と質問を無視して立ち去ろうとしたペテン総理に記者が抗議の声を上げていたが、昨日の朝日新聞記者にも見られるように、予定調和の記者会見に少しづつではあるけど変化の兆しが出てきたのは評価したい。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ小池君なんだが、「この夏は『特別な夏』」だとさ。まるでアイドル歌謡のタイトルみたいなパネル振りかざすその姿に、やる気はまったく感じられません。「特別な夏」どころか「夏にご用心」の方がよほど気が利いてらあと悪態のひとつもつきたくなろうというものだ。

・「お盆の帰省・旅行控えて」小池知事が呼び掛け 「自粛」言及しない首相と対照的

 国とその首都のトップがこれだもの。こ奴らの存在そのものが、この国を「緊急事態」足らしめているというお粗末の一席で、お後がよろしいようで。

| | コメント (2)

2020年8月 6日 (木)

「自民党は臨時国会召集を拒否」の不可解・・・そもそも、自民党に拒否権はない!!&「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、言いたいことが言えなくなる」(吉村大阪府知事)・・・辞めれば!!

 広島に原爆が投下された日。国会から逃げ回っている初老の小学生・ペテン総理は、今年もまたコピペの挨拶をするつもりなのだろうか。

 そのペテン総理は、憲法53条に基づく野党の臨時国会召集要請を無視したまま、すべてを自民党に丸投げする始末だ。でもって、自民党は臨時国会召集を拒否ってんだが、そもそも自民党にそんな拒否権はありません。臨時国会召集は政府に対してのものなんだから、メディアは「自民党は、早期の召集に応じない方針を野党側に伝えた」なんてシレッと解説してないで、「憲法違反」とキャンペーン張って、ちったあジャーナリズムとしての誇りを持って仕事してみやがれ。

 憲法53条には、「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」って規定されている。つまり、政府にだって拒否権はない。「召集する期限の規定がない」なんてのは後付けの屁理屈で、それが証拠に悪名高き自民党改憲草案には「要求があった日から二十日以内に臨時国会が召集されなければならない」って書かれてるんだよね。

 改憲を喚くんだったら、臨時国会は自分たちの作った改憲草案を実行するいいチャンスなんじゃないの。ああ、それなのに、吐血したなんて噂話をリークして健康不安を煽ってまで臨時国会から逃げ回るんだから、ペテン総理には信念のカケラもないってことだ。

自民議員も「臨時国会開いて」 党幹部は早期召集拒否

首相「3ない」で追及逃れ 国会開かない、出ない、会見もしない コロナ対応「迷走」で

 信念がないってくれば、大阪府知事のイソジン吉村君だ。「コロナにイソジン」のパフォーマンスが、あまりにも非科学的で非難囂々となったとたんに言い訳全開です。曰く、

「一部誤解があるところが見受けられる」
「うがいをすることで感染拡大に寄与するのではないかということで府民に呼びかけた。予防効果があるわけではないし、治療薬ではない。そういうことは言っていない」

さらに、

「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。ぼくが感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、ぼく自身、言いたいことが言えなくなる」

 何言ってんだか。昨日の会見では、目が泳いじゃって、シドロモドロの醜態を晒してくれたんだが、サラ金の武富士によるスラップ訴訟で宇都宮弁護士にフルボッコされた時もこんなんだったんでしょうね。

 チンピラ松井といい、もっとさかのぼればお子ちゃま・橋↓といい、維新ってのは政治家になってはいけないひとたちの集まりなんだということを、改めて教えてくれた「コメナにイソジン」の顛末ではありました。

“うがい薬”発言、府民に誤解は? 吉村知事、メディアに反論「予防効果があるとはひと言も言っていない。責任をもって発信する義務がある」

うがい薬 官房長官は検証注視 専門家「防御力落ちる可能性」


| | コメント (2)

2020年8月 5日 (水)

吉村大阪府知事の「コロナにイソジン」の笑えない啖呵売・・・やっちまったな!!

 寅さんだったらもっと小気味いい口上で唸らせてくれるんだろうが、そこは芸も能もない大阪府知事、ネズミ男・吉村君のことだから「えっ、何? バカじゃないの」ってリアクションが返ってくるのも無理はない。何のことかと言うと、「コロナにイソジンが効果的」ってプレゼンをネズミ男・吉村君が記者会見でぶちかましちゃったんだね。

うがい薬がコロナに効果か研究

 トランプの「消毒液注射」や「抗マラリヤ薬」と一緒で、何の医学的根拠もなく、それどころか劇的な副作用の怖れがあるんだから、「やってる感」演出のためのパフォーマンスと聞き流すわけにはいかない。

 イソジンなど「ポビドンヨード」が含まれているうがい薬は、過剰摂取すると甲状腺などに負荷を掛けるとも言われ、妊婦さんや授乳中のお母さんたちも使用は危険とされている。口中のウイルスを一時的に除去することはできても、そんなのは気休め程度のもので、コロナウイルスは口の中だけにいるわけではありませんからね。

 そもそも、イソジンがどうしたこうしたと政治家が公に口にするのって薬事法違反じゃないのか。おかげで、トラッグストアに人が押し寄せ、うがい薬を買い漁ったそうで、そんなことも予測つかなかったのかねえ。それほどのウマシカってことなんだろうね。

 あまりの批判殺到に、「ポピドンヨードの効能としてコロナに効くとは薬事法上も言えません」とか「また吉村がおかしなこと言い出してるとネット上の大批判がありますが、構いません。(研究を担当した)松山先生の研究成果を信じて頂かなくても構いません」とか、言い訳しつつ居直ってるんだが、こういうのをマッチポンプと言います。

「おかしなこと言い出してる…構いません」大阪府・吉村知事がうがい薬に着目 成分の「ポピドンヨード」がコロナに有効とする研究結果を紹介

吉村知事 うがい薬の転売は「犯罪行為」…薬事法、自由に販売できない

 それにしても、ネズミ男・吉村君の「コロナにイソジン」の啖呵売には笑える要素がカケラもありません。ひとの命に関わることをこんな与太話に落とし込めるってのは、さすが武富士の顧問弁護士としてサラ金とグルになって高金利で消費者を苦しめただけのことはある・・・ってなもんです。

Photo_20200805085301

| | コメント (2)

2020年8月 4日 (火)

都内の自宅療養者数が500人を突破!!&家庭内感染防止のために「高齢者と同居者は歯磨き粉分けて」(小池百合子)の大間抜け!!&臨時国会は10月!?

 7月26日のエントリーで、コロナ陽性者の自宅療養が実は医療崩壊を物語ってるんじゃないかと書いたんだが、その自宅療養者数が524人に達したってね。入院・療養等調整中も含めると、なんと1000人超の陽性者が宙ぶらりんな状態になっている。

 新型コロナウイルスは感染症なんだから、そもそも自宅療養という選択肢はあってはいけない。それなのに自宅療養が罷り通っている現状に、なぜメディアは疑問を抱かないんだろう。家庭内感染が問題になっているけど、自宅療養ってのは家庭内感染してくださいって言ってるようなものだろう。

東京都 258人感染確認 新型コロナ 200人以上は7日連続

都内の最新感染動向

Photo_20200804084101

 そんな中、ぼったくりバーのチーママ小池君はこんな能天気なコメントして呆れられてます。

「高齢者と一緒に暮らす方々には食事の時間を違えるとか、歯磨き粉を変えるなど工夫をしていただきたい」

 おいおいだよね。この危機感の欠如した態度は何だ、ってなもんです。

小池知事「高齢者と同居者は歯磨き粉分けて」…東京で258人感染

 このままだと、自宅療養による家庭内感染がますます増えて、取り返しのつかないことになるんじゃないのかねえ。そうならないためにも、PCR検査を「いつでも、誰でも、何度でも」受けられる体制を整えて、陽性者を一定期間隔離する施設の整備に力を注ぐべきだろう。

 ああ、それなのに、ペテン政権は野党の臨時国会召集要求を拒否したまま、10月の臨時国会を検討中なんだとさ。国民の命と経済を天秤にかけやがって、これでも自民党内からは倒閣の兆しも見えないんだから、もうため息も出ませんよ、ったく。

政府・与党、臨時国会は10月以降 早期召集要求応ぜず

| | コメント (2)

2020年8月 3日 (月)

コロナ担当・西村は「罰則付き休業補償」を口にするも、ペテン総理は特措法改定に否定的で「臨時国会はやらないから」とさ・・・寝言は寝て言え!!

 とうとう罰則付きの休業要請を、コロナ担当の女体盛り・西村君が口にした。以前からチラつかせていたことで、ああ、やっぱりね、ってなもんです。でもって、休業補償については、「事実上の補償は既にやっている。持続化給付金や雇用調整助成金、地方創生臨時交付金でかなりの部分をカバーできている」から無視だそうだ。

罰則付き休業要請「あり得る」 西村再生相インタビュー

 そう言えば、この詐欺師面した女体盛り男は、「クラスターが発生した飲食店は、同意なしで店名公表する」って脅しもかけてるんだね。それが嫌なら休業要請に従えって言ってるようなもので、どんなに感染対策していても感染者が出たらそれは自己責任ってことだ。

クラスター発生、同意なく飲食店名公表へ 政府が通知

 罰則付きの休業要請といい、店名公表といい、こんなことしたらこの国の飲食店は壊滅しますよ。しかも、こういう政策ってのは、感染者を出した飲食店への差別にも繋がっていくのは間違いない。岩手県初の感染者への誹謗中傷がハンパじゃないそうだが、「夜の街」や「パチンコ」などあたかもコロナ汚染の巣窟であるかのようなイメージ操作の結果育くまれた差別意識の延長線上にあるんだね。

 でも、「パチンコ」でクラスターは発生していないことを忘れちゃいけない。大阪のネズミ男・吉村君が、「パチンコ」を目の敵にしてdisりまくっていたのは何だったのかねえ。

 それはともかく、罰則付きの休業要請するには、特措法の改定が必要で、それには臨時国会を開く必要があるんだね。ところが、初老の小学生・ペテン総理は、6月末に既に「臨時国会はやらないから」ってのたまってたってね。国会開いちゃったら、コロ対策だけでなく、モリ・カケ・サクラにテンピン黒川問題と追及される案件が目白押しだから、ここは逃げまくるしかないってことだ。

官邸、特措法改正及び腰 支持率低迷、国会審議に背―罰則導入、権限明確化が論点

 いわば、いまの日本は“無政府”状態と言っても過言ではないだろう。ああ、それなのに、立憲と国民は党名がどうたらこうたらと、くだらないつばぜり合いにうつつを抜かしてるんだから、一般大衆労働者諸君はいい面の皮というものだ。

| | コメント (2)

2020年8月 2日 (日)

新型コロナ分科会の「指標を数値の形で明示すべき」に官邸が猛反対・・・「コロナ」と「経済」を天秤にかけるペテン政権!!

 新型コロナウイルス感染症対策分科会が、7月31日に「新型コロナの感染状況を四つの段階に分けた上で、感染防止策として飲食店への休業要請や、緊急事態宣言を検討するよう政府に求めることで一致した」というニュースが流れて、その中で「東京都や大阪府の現状について『感染漸増段階』に当たる」という分科会の会長である尾身シェンシェイの見解が示されていた。

感染状況、4段階で対策 状況に応じ営業自粛要請 新型コロナ分科会

 4つのお願い、じゃなかった、4つの段階とは

(1)感染ゼロ散発段階
(2)感染漸増段階
(3)感染急増段階
(4)感染爆発段階

 だそうで、なんか言葉そのものが意味不明だし、そうした分類の科学的根拠はどこにあるんだというのが正直な感想だった。なんてったって、数値的目標がないんだから、意味ねえじゃんと思ってたら、なんと、分科会は「指標を数値の形で明示すべき」という主張してたのに「官邸は数値化に反対」したってね。

 ようするに、数値を明確化しちゃうと、緊急事態宣言を出さざるを得ない状況にもなってくるわけで、とにかく経済を回したいペテン政権にとっては「余計なことしやがって」ってことになるからというわけだ。

 だったら、いまある分科会ってのは、ペテン政権の「ご意向」に専門家によるお墨付きを与えるだけの、それこそ御用専門家会議ってことになっちまう。ていうか、そうなっているから、いつまでたってもドラスティックなコロナ対策、たとえば「いつでも、どこでも、誰でも、無料で」のPCR検査が実現しないんだね。

対策強化の指標示せず 経済考慮し官邸が抵抗―新型コロナ分科会

 31日のブラ下がりで、初老の小学生・ペテン総理は、

「まずは徹底検査です。陽性者の早期発見、そして早期治療を進めていきます。また重症化予防は極めて重要であります」

なんて寝ぼけたコメントしていたが、1日2万件のPCR検査って息巻いていたのはいつのことだ。分科会のシェンシェイたちは、こんなのを相手にしないで、そろそろ専門家としての誇りを持って世間に情報発信していかないと、福島第一原発事故でその曲学阿世ぶりが暴露されちゃった原子力村の御用学者と同じ道を歩むことになりますよ。

安倍首相「徹底検査を」

| | コメント (1)

2020年8月 1日 (土)

「臨時国会で何の議論をするのかまだ定かでない」(森山自民党国対委員長)・・・世はなべて事もなし、ってことか! この税金ドロボーが、なんて言い草だ!!

 遅ればせながらではあるが、野党が憲法53条に基づく臨時国会召集を要求した。これに対して、自民党国会対策委員長のおばさん顔・森山君は、「臨時国会で何の議論をするのかまだ定かでない」からって、拒否の姿勢を見せてるってね。

4野党、臨時国会召集を要求 憲法根拠、政権は否定的

Photo_20200801083501

 いやいや、議論すべきことは山ほどあるだろう。たとえば、自動化給付金ひとつにしたって制度上いまだに受け取れないひとがいる。これをどうにかするには法改正が必要なんだから、それには国会開かないとお話にならないんだね。

 さらに言えば、休業要請に従わない業者には給付金返還させようなんて声が自民党から出ているんだが、これって法的根拠はどこにあるんだ。こういうことこそ、国会で議論すべきことなんであって、自民党が勝手にどうこうできることではない。

休業要請従わない場合は 給付金返還を提言

 ああ、それなのに、自民党だけでなく、メディアも臨時国会開催にはなんとも歯切れの悪い報道しかしないんだね。お決まりの「政権側は早期召集に否定的」なんてことを他人事のように垂れ流すだけ。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、自分や女体盛り・西村君が毎日会見してコロナについて説明しているから、初老の小学生・ペテン総理の記者会見は必要ないなんてほざいてるってね。だったら、ペテン総理なんかいなくてもいいってことじゃねえか。

 自民党幹部の中には、「9月末まで召集は困難だ」ってぬかす奴がいるってんだが、何がどうすると困難なのか説明してみやがれ。こいうコメントは、どうして実名報道しないんだろうね。オフレコを利用した政治家の言いたい報道を無批判に垂れ流すのはいいかげんにしやがれ。

安倍首相、野党の臨時国会召集要求について明言避ける 会見にも消極的

 それはともかく、憲法53条に基づく臨時国会召集については、那覇地裁が「内閣に召集する義務がある」という判決を出している。ペテン政権は開催期限が規定されていないからという理由で、今回もまた野党の要求を棚ざらしにする気なんだろうが、こんな状況に言論で立ち向かおうとしないとしたら、この国のメディアはやっぱり「翼賛体制」がお似合いのヘタレってことになりますよ。

那覇地裁、臨時国会召集めぐり初判断 「招集は憲法上の義務」


| | コメント (2)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »