« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

サクラ疑惑で橋下が「辞職勧告」。さらに、野田、岸田、田崎にすら批判されて、四面楚歌の安倍の逃げ道は仮病で入院か!?

 桜を見る会疑惑で、自民党内からもペテン師・シンゾーに説明責任を求める声が上がってきたそうだ。出戻り・聖子君はNHKの番組で「自らの言葉で説明責任を果たしていくべきだ」と発言。昼間の幽霊・岸田君も「国民も大きな関心を示している。しっかりと説明努力を続けることが大事だ」と言い出してるってね。

「桜」、安倍氏は説明を 与党幹部

安倍氏、説明努力が大事 「桜を見る会」巡り岸田氏

 さらに、お子ちゃま・橋↓君までがペテン師・シンゾーに反旗を翻したようで、フジTV『日曜報道 THE PRIME』に出演して辞職勧告しましたとさ。

「本人であれば、確認できる。このホテルへの確認を国家のリーダーがやらず、『秘書からは補填はないと聞いている』っていうだけで国会答弁をしてたっていうのは本当に残念」
「これが事実なら、残念だけど議員辞職もやむなしだと思ってます」

 そう言えば、あの田崎スシローですら「秘書のせいにしてはね、これはやっぱりいけないんだろうと思うんです」って批判してたようだし、ペテン師・シンゾーはまさに四面楚歌で毎日ソワソワしてるんじゃないかねえ。

橋下氏、安倍氏「議員辞職もやむなし」 桜を見る会「確認すれば分かる」

田崎史郎ですら批判!「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態を振り返る これで「知らなかった」「秘書が…」が通るのか

 それもこれも、テンピン黒川君が賭けマージャンでしくじったのがケチの付き始めで、お子ちゃま・橋↓君や田崎スシローにまで「辞職勧告」されるようじゃ、もう終わりです。

 特高顔のカス総理にすれば、早いところペテン師・シンゾーに捜査の手が伸びて、「春の集い」パーティ疑惑がウヤムヤになることを願っているに違いないから、こうしたペテン師・シンゾーへの包囲網はさぞかし愉快なことなんじゃなかろうか・・・妄想だけど。

 最後に、ジャパンカップは凄いレースだった。3冠馬3頭のワン・ツー・スリーなんて、やろうと思ったってそうそうできるものではありません。コントレイルとデアリングタクトが、あのタフな馬場で凄い脚でアーモンドアイに迫ってきた時は鳥肌がたちました。直線半ばで先頭に立ったグローリーヴェイズに、一瞬夢を見せてもらいました。有馬記念に出てきたら面白いのだけれど。

 そして、やっぱりアーモンドアイですね。4コーナーを馬なりで回ってきた時のなんとも言えない風格に、感動すら覚えたのでありました。おそらく、長いこと語り継がれることになるだろうレースを、リアルタイムで観戦できたことに感謝!!

| | コメント (2)

2020年11月29日 (日)

河井杏里被告の秘書の有罪が確定。連座制で失職・・・次は1億5千万円の買収資金に関わる安倍とカス総理の番だ!!&総理就任以来2ケ月経っても記者会見開かないチキン野郎!!

 去年の参議院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を支払った公選法違反容疑で、河井バカップルの妻アンリの秘書の有罪が確定した。これで、連座制が適用されることになるだろうから、妻アンリの当選は無効となって、向こう5年間は公民権停止で立候補が禁じられる。

 当然の結果で、秘書に責任おっかぶせようとしても、さすがにこの案件では裁判所も「舐めんじゃねえ」ってことだ。

河井案里議員秘書の有罪確定へ 連座制で失職の可能性

 桜を見る会疑惑でさぞかしお腹が痛いであろうペテン師・シンゾーにとっては、この判決は他人事ではありません。三権分立が揺るぎない制度としてあれば、桜を見る会疑惑は本丸であるペテン師・シンゾーまで捜査の手は伸びるはずなんだね。ていうか、伸びなくてはいけない。それこそが「司法の独立」を証明するものなのだから。

 そうなると、特高顔のカス総理の「春の集い」パーティ疑惑だって、構図としては桜を見る会と同じなんだから、それこそ「スガもプリズン」なんてことも、単なる妄想ではなくなるかもね。

 それに、よくよく考えてみれば、河井バカップルの買収事件ってのは、その資金となった1憶5千万円の出所も核心のひとつになっているわけで、それにはペテン師・シンゾーもカス総理も、それぞれ当時の総理と官房長官という立場で深く関わっていることは間違いない。

 てことは、今後の裁判の行方いかんでは、この2人の責任問題が浮上することもないわけではない。それに加えて、日本学術会議問題、「Go To」キャンペーンの不手際、さらに突如持ち上がっ「春の集い」パーティ疑惑と、カス総理を取り巻く状況はけっして安閑としていられるものではないんだね。そんなんだもの、記者会見も開かず、ぶら下がりでもただ原稿を読み上げるだけの体たらくで、記者の質問に背を向けてスゴスゴと逃げ出すわけです。これぞまさに「伴食宰相」ってなもんです。

【くろねこの競馬予想】

 3頭の3冠馬(アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト)で持ちきりのジャパンカップ。確かに、この3頭の力は抜けている。でも、よく考えてみれば、前走こそが3頭にってこの秋の目標だったのは間違いない。ということは、メイチの勝負の疲れだってあるだろうし、ここはさらなる上昇というよりも現状維持の調教だったのでは・・・。
 3頭に割って入るとすれば、その筆頭はグーローリーヴェイズ。なによりも、あのラッキーライラックに3馬身半の差をつけた香港ヴァーズの神がかった走りが光る。ひょっとするとまとめて負かすことも夢ではないかも。有馬記念以来のワールドプレミアにも注意。
◎アーモンドアイ、〇コントレイル、▲グローリーヴェイズ、△デアリングタクト、ワールドプレミア、カレンブーケドール、キセキ、ユーキャンスマイル

| | コメント (1)

2020年11月28日 (土)

サクラ疑惑でまたひとつ確信犯を疑わせる新たな事実が発覚!!&カス総理主催の2500人パーティの会費がわずか1500円。サクラ疑惑と同じ差額負担でアウト!!

 NHKの桜を見る会疑惑報道がやたら熱が入っているようで、昨日はペテン師・シンゾーが確信犯だったことを暴露してくれました。

「安倍前総理大臣側が費用の一部を負担していたことについて、安倍事務所の関係者が、政治資金収支報告書に記載すれば不適切な支出だと指摘されるおそれがあったため、平成26年分以降は記載しないことにしたなどと、周囲に説明していることが関係者への取材で新たに分かりました」

 ぶっちゃけ、費用負担が違法であることがわかってたから政治資金収支報告書に記載しなかったってことで、語るに落ちるとはこういうのを言います。

「桜を見る会」の懇親会 指摘おそれ平成26年分以降不記載

・毛ば部とる子
安倍「前夜祭」問題 秘書任意聴取から1週間の動きまとめ

 でもって、特高顔のカス総理にも桜を見る会と同じ疑惑が出てきたってね。週刊ポストがスクーブしてるんだが、横浜のホテルで2500人の参加者があったパーティの会費が1500円だったとか。

「このホテルの大宴会場で土曜日に2500人規模のパーティーを企画する場合、ソフトドリンクとスナック菓子だけで1時間だとしても、お客さんの誘導などのスタッフは必要ですから1人5000円くらいが相場です。会費1500円なんて当社には絶対無理です」

 地元の企画会社からこんな声も聞かれるように、つまり差額はカス総理側が支払ったってことなんだね。桜を見る会と同じ手口なわけで、ネットでは「「安倍と仲良く逮捕で!」「スガもプリズン」なんてハッシュタグがトレンド入りしてるとか・・・実に愉快な土曜の朝となったのでありました。

菅首相の2500人パーティー 政治資金報告書に不記載だった

| | コメント (1)

2020年11月27日 (金)

【桜を見る会疑惑】ホテルから安倍側に見積書を発行!&前夜祭費用について総務省に事前に問い合わせ・・・補填を前提の確信犯か!!

 桜を見る会疑惑は日一日と深まっていってるんだが、今度は事前に前夜祭の見積りを取っていたことが発覚した。見積りでは一人当たり5000円を上回っていたそうで、これが何を意味するかというとハナっから不足分をペテン師・シンゾー側が補填するつもりだったってことだ。

 さらに、前夜祭を開催するに当たって、支出が生じた場合に政治資金収支報告書への記載義務があることを総務省に確認してましたとさ。それなのに収支報告書に記載がないってことは、確信犯ってことなんだね。詐欺師がひとを騙す前に、警察に「これって詐欺に当たりますか」って聞くようなものだ。

夕食会の見積書を事前に受け取り 安倍氏側、補填前提で開催か <桜を見る会問題>

 でもって、カツユキ・アンリのバカップルの買収事件で、桜を見る会疑惑の中心人物と目されるペテン師・シンゾーの秘書が深くかかわっていたことが裁判で判明したってね。こちらの事件も、1億5千万円の買収資金にペテン師・シンゾーの影がちらついているわけで、裁判の成り行き次第では面白いことになるかもね。

安倍前首相「桜を見る会」と河井夫妻1億5千万円疑惑に同じ秘書が関与

 報道によれば、桜を見る会疑惑について、東京地検特捜部は政治資金規正法違反(不記載)を視野に捜査をしてるようだけど、同法では「不記載の主体は会計責任者」って規定があるそうな。てことは、資金管理団体「晋和会」の代表であるペテン師・シンゾーはお咎めなしってことになる可能性大ってことだ。そう考えると、虚しさのあまり夜も眠れず、昼寝してしまう今日この頃なのだ。


| | コメント (2)

2020年11月26日 (木)

安倍晋三の資金管理団体「晋和会」が桜前夜祭の領収書を破棄・・・証拠隠滅か!?&不要不急の国民投票改正案採決に現を抜かす自民と国民民主!

 桜を見る会疑惑で、ホテル側が発行した領収書をペテン師・シンゾーの資金管理団体「晋和会」が、どうやら破棄していたってね。後援会ではなくて資金管理団体がやらかしたことというのが肝で、なぜなら代表者はペテン師・シンゾーそのひとだからなんだね。当然のごとく最終責任は代表者にあるわけで、秘書がやったことという逃げ口上は通用しません。

 それにしても、領収書の破棄ってのが事実だとしたら、明らかな証拠隠滅ってことになりますね。ドリル小渕君がハードディスクをドリルでぶっ壊したのと同じ犯罪ってことだ。これだけでも、ペテン師・シンゾーを事情聴取する十分な理由になると思うけどねえ。東京地検特捜部の本気度が問われるところだろう。

夕食会5年間900万円分の領収書破棄か 安倍前首相の政治団体宛てに発行<桜を見る会問題>

 ところで、東京都が「不要不急の外出自粛」を改めて言い出してるんだが、不要不急の最たるものがいま国会で動き始めている。それが、国民投票法改正案だ。昨日のエントリーで26日採決を自民党が提案したと書いたんだが、どうやらそれは延期になったようだ。とは言え、来月3日採決は視野に入れているようで、まだ予断は許さない。

 国会では、日本学術会議問題も中途半端なままで、コロナ対策も遅々として進まず、そこにもってきての国民投票法改正案採決・・・そう考えると唐突とも思える桜を見る会疑惑の再燃ってのは、カス政権にとってアキレス腱となりかねない諸問題から目を逸らさせるためのリークってのが、当たらずと雖も遠からずという思いが募る木曜の朝である。

| | コメント (2)

2020年11月25日 (水)

国会での虚偽答弁を正当化するためにも「秘書の責任」で逃げ切るシナリオか!!&サクラ疑惑のドサクサに国民投票法改正案の26日採決を提案!!

 「桜を見る会前夜祭」の会場となったホテルが発行した領収書の宛名が「晋和会」であることが判明して、ペテン師・シンゾーの国会答弁が真っ赤な嘘だったことは明々白々となったようだ。ひょっとしたら、今頃はドリルでハードディスクをぶっっ壊してる最中だったりして。

「桜を見る会」懇親会 安倍前首相の周辺関係者 一部負担認める

安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

安倍前首相の国会招致、野党が要求「国会でうそつき続けた」<桜を見る会問題>

Photo_20201125065801

 そんなことはともかく、東京地検特捜部はどのあたりに着地点を設定してるんだろう。さらに言えば、どうしてこのタイミングでのリークなのだろう。着地点については、秘書や会計責任者をスケープゴートにして、本丸のペテン師・シンゾーは知らなかったというストーリーを描いてるんじゃないのかねえ。公設第1秘書たちが自らの判断でしたことで、ペテン師・シンゾーには説明していなかったという、かなり無理筋の言い訳をしているって報道もあるようだし、そのラインで特捜と話がついてたりして。妄想だけど。

 でもって、このタイミングってことなんだが、どうやら自民党が国民投票法改正案について、26日採決を野党に提案したってね。国民民主が採決に前向きというのもあるんだろうが、この年末に一気に採決して改憲への道筋をつけるには、桜を見る会疑惑は絶好の隠れ蓑になりますからね。

自民 野党側に国民投票法の改正案 26日採決を提案

 ペテン師・シンゾーをそこまで利用するほど特高顔のカス総理に知恵が回るとは思えないんだが、やっばりこのタイミングでのリークってのは気になるところだ。

 いずれにしても、ペテン師・シンゾーが何も知らずに国会答弁してたなんて田舎芝居が通る道理がないわけで、心配なのは責任取る形で犠牲者が出ることなんだね。「秘書の責任」で逃げ切りを図るには、それが一番手っ取り早いってのは、これまで永田町でさんさん目にしたストーリーなんだから・・・。

| | コメント (2)

2020年11月24日 (火)

桜を見る会疑惑で安倍の公設第1秘書らを事情聴取。ホテル側から明細書提出も・・・これでも立件しないなら検察なんかいらない!!

 昨日の読売新聞朝刊1面をが、桜を見る会疑惑で検察がペテン師・シンゾーの公設第1秘書や支援者を事情聴取との文言が飾ったんだが、これって市民団体や弁護士による刑事告発を受けてのものなんだね。だから、おそらく形式的な捜査で終わるんじゃないかと思ってたんだが、どうも風向きが変わってきたようだ。

 なんでも、「『安倍氏側が一部費用を負担』していたことを示す領収書をホテル側が作成していたことが判明」したそうで、こうなると公職選挙法(寄付行為の禁止)違反と政治資金規正法違反(不記載)の疑いが濃厚となってくるんだね。

 でもって、ペテン師・シンゾーは、

「会費はホテル側が設定した。安倍事務所の職員が会場入り口で会費を受け取り、その場でホテル側に現金を渡した」
「収入、支出は一切なく、政治資金収支報告書への記載は必要ない」
「安倍事務所が補てんしたという事実は全くない」

 といった一連の国会答弁は虚偽だったってことにもなってくる。アベ友の読売の報道だっただけに、最初はどうせガス抜きとタカをくくってたんだが、NHKまで踏み込んだ報道をしてきているようだし、ひょっとしたらひょっとするかも。

 ペテン師・シンゾーが病気を言い訳に突然辞任したのは、こうした検察の動きを自然に掴んでいたからで、ひょっとしたらテンピン黒川君の定年問題も絡んで検察と何らかの取引があったのかもね。

 でも、そうだとすると。今回のリークは解せない。ペテン師と検察の間にも何かあったのか。いずれにしても、「安部前首相、逮捕」の見出しが頭を駆け巡る火曜の朝である。

安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

安倍前首相側の支払い「補てん」の有無捜査 特捜部、秘書を任意聴取 桜を見る会問題

| | コメント (2)

2020年11月23日 (月)

「知事の判断に委ねる」(西村コロナ担当相)VS.「国の責任で判断」(小池都知事)・・・「Go To」をめぐる綱引きに国民は蚊帳の外!!

 ペテン師が政権の座に居座ってからというもの、この国の政治家ってのはまず責任をとることがなくなった。ていうか、他人に責任をなすりつけることで、自らの地位を死守するという犯罪的行為に慣れ親しんでしまったんだね。

 特高顔のカス総理も当然その手法を受け継いでいるわけで、コロナ対策で右往左往しているのもどうやって他人に責任をなすりつけるか考えあぐねているからに違いない。そんなんだから、「Go To」見直しを表明したものの、具体的な対応については「知事の判断に委ねる」(西村コロナ担当相)という責任放棄を平然と口にできるのだ。

「まずは知事が判断」 GoTo見直し現場まかせの政府 募る知事の不安と批判

 で、知事の方も似た者同士ときてるもんだから、ぼったくりバーのチーママ小池君のようにまるで他人事のように「国の責任で判断を」てなことを口にするのも出てくるんだね。

 国と地方自治体との綱引きに、国民は蚊帳の外。ていうか、彼らの頭の中に国民の姿はありません。でなけりゃ、「知事の判断に委ねる」とか「国の責任で判断を」とか責任のなすり合いができるわけがありません。

 ようするに。この国に政治家は存在しない。いるのは利権だけが目当ての政治屋だけってことだ。そそもそも、「経済」とは「経世済民(世の中をよく治めて人々を苦しみから救うこと)」が目的のはずだ。そう考えれば、人が動けば感染も広がるコロナ禍の中、「Go To キャンペーン」なんて愚かなことは、そもそも政治家が率先してやることではありませんよ、ったく。

| | コメント (1)

2020年11月22日 (日)

「バカな大将、敵より怖い」のカス総理が「Go To」見直しを表明・・・だったら、記者会見開いて自分の言葉で説明しやがれ!!

 昨日のTBS『報道特集』でキャスターの金平君がある経済人の言葉を借りて「バカな大将、敵より怖い」と特高顔のカス総理を評していたのには笑っちまった。「ごもっとも」と頷きつつ、思わず茶を吹き出すところだった。ちなみに、この言葉、北海道の銀行頭取として名を馳せた御仁の経営哲学だったそうだ。

 でもって、名指しされたカス総理なんだが、劇的な「感染爆発」にオロオロしちゃったんだろうね。とうとう、「Go To トラベル」と「Go To イート」の見直しを発表せざるを得なほどに追い詰められちまいました。どうせなら、この3連休が始まる前に見直せばいいものを、決断力がないものだから昨日は羽田空港は大混雑だったらしい。

感染地域へのGoTo一時停止、イートも制限要請 菅首相、4日連続2000人超コロナ感染で転換

 見直しを発表したとは言え、「Go To トラベル」の対象地域は未定だし、「Go To イート」は食事券の新規発行停止などの検討を知事に要請するという生温いものなんだね。ようするに、知事に丸投げしたようなものだろう。

 その知事になんだが、地域によって温度差があるようで、ぼったくりバーのチーママ小池君なんか国に責任押し付けようとこんなコメントしてます。

「国が主体的にお決めになる、との流れで行われたもの」
「しっかり国の方で判断していただきたい。それが責任だ」

 ま、よく言うよ、ってなもんです。「ロックダウン」だなんて喚いていたのは、何だったんだろうね。本当なら、いまこそリーダーシップを発揮するときだろに。もっとも、それはカス総理も同じなんだが・・・。

小池都知事「GoToは国の責任で判断を」

 それにしてもこれまでさんざんこだわっていた政策を変更するってのに、カス総理は記者会見を開く気配もないってのはどんな了見してるんだろえねえ。おそらく、記者のどんな質問にも答えられるだけのロジックがないってことなのだろう。だめだ、こりゃ!

【くろねこの競馬予想】

 グランアレグリアが一本かぶりのマイルチャンピオンシップ。京都から直線坂のある阪神へとコースが変わったのがどう影響するか・・・。それでもアーモンドアイを振り切ったこの馬の連軸としての本命は揺るぎない。相手は、3歳馬のサリオス。皐月賞、ダービーと無敗の3冠馬、コントレイルの2着に甘んじたものの、その実力は世代でもトップクラス。大穴なら、スワンステークス惨敗で人気を落としているサウンドキララ。ワイド、3連複のヒモで買ってみたい。
◎グランアレグリア、〇サリオス、▲ラウダシオン、△、アドマイヤマーズ、レシステンシア、インテセィチャンプ、注サウンドキララ

| | コメント (2)

2020年11月21日 (土)

東京都医師会に続いてコロナ分科会も「Go To キャンペーン」の見直しを提言!! 「神のみぞ知る」(西村コロナ担当相)なんてヘラヘラしてる場合じゃないだろう!!

 女体盛り・西村君が新型コロナについて「感染がどうなるかっていうのは、本当に神のみぞ知る」って言い放って顰蹙を買っている。本音がポロリなんだろうが、コロナ担当相なんだからね、いくらなんでも「それを言っちゃあおしめえよ」ってなもんです。

今後の感染者数は「神のみぞ知る…」 西村担当相が発言

 そんな中、東京都医師会が「Go To トラベル」の一時中断を要請した。「10月1日から東京のGoToキャンペーンが始まった。私の目の錯覚かどうかわからないが、この2週間後からどうも感染が全国的に増えている気がする。いろいろな政府からの話もあるが、GoToキャンペーンで東京に来る人、出る人が多数増えてきたことが影響がないという話ではないと思っている」と尾崎医師会会長は危機感を示したそうだが、これこそが専門家の見識というものです。

Go To トラベル「一時中断を」 東京都医師会長が強く訴え 新型コロナ感染者急増で

 「ふんどしを締め直す時期」と非科学的な精神論を唱えていたコロナ分科会会長の尾身シェンシェイも、さすがに恥ずかしくなってきたのか、「Go To キャンペーン」の見直しを提言したそうだ。しかしなんですね、東京で「Go To 食事券」の発売開始というタイミングってのが、なんとも痛ましい。いかにコロナ分科会が後手後手の対策しか打てていないかを証明しているようなものなんだね。

政府のコロナ分科会「GoTo」見直し検討を提言 一部地域の除外も検討

 「Go To キャンペーン」の見直しが議論されるようになってきて、土建政治・二階君はさぞやお腹立ちのことだろう。なんてったって、日本旅行業協会会長として、美味しい汁を吸おうと目論んでいたんだろうから、そう簡単に引き下がるとも思えない。

 特高顔のカス総理にしたって、官房長官時代からの肝煎りの政策ですからね。面子潰されることを一番嫌うという噂もあるくらいだから、まだまだひと揉めもふた揉めもありそうな今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2020年11月20日 (金)

「静かなマスク会食」(カス総理)+「5つの小」(小池百合子)・・・これが新たな新型コロナウイルス対策とは、アホちゃいまんねん、パーでんねん!!

 バッハが離日したとたんに東京のコロナ感染者が500人を超え、もはや「感染爆発」の領域に入ったと言っても過言ではないだろう。ああ、それなのに、この国の為政者ってのはなんとも能天気なもので、特高顔のカス総理はヘラヘラとうすら笑い浮かべながら「静かなマスク会食のすすめ」だとさ。さすがに共産党の志位君から「Go To事業に固執するから、そんな愚にもつかない話になる」と突き放されちゃいました。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ小池君なんだが、コロナが猛威をふるい始めた当初は「ロックアウト」だなんてさんざん煽っていたくせに、ここにきて腰が砕けてトーンダウン。新たな新型コロナウイルス対策案が、なんとまあ「5つの小と心づかい」ってんだからあっと驚くタメゴローなのだ。それもお得意のフリップを振りかざしてなんだから、見ているだけで頭が痛くなっちまう。

 特高顔のカス総理といいチーママ小池君といい、この期に及んでのコロナ対策がこれかい。こういうのは対策とは言いません。単なる「コロナ・マナー」であって、ひとえに一般大衆労働者諸君の努力に委ねているだけなんだね。

 もっとドラスティックな対策、たとえば飲食店に対する一定期間の補償付きの休業要請なんてことをしない限りは、コロナの猛威は止められない。でもなあ、コロナ分科会会長の尾身シェンシェイが「ふんどしを締め直す時期だ」なんて非科学的な精神論を口にしちゃうくらいですからね。無能な政治家と専門家によって、自滅の道を突っ走ることになりますよ、この国は。

| | コメント (4)

2020年11月19日 (木)

NHKの悪意ある誤訳によるいまさらながらの鳩山叩き・・・恥を知れ!!

 オバマが回顧録を出版して、その中で鳩山ポッポを酷評しているとNHKが報道したんだね。たとえば、こんな具合です。

「感じは良いが厄介な同僚だった」
「3年弱で4人目の首相であり、日本を苦しめてきた硬直化し、目標の定まらない政治の象徴だ」

 で、ニュースは「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山氏が首脳会談で「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と発言したにもかかわらず、移設先見直しの検討を決めたことなどにオバマ氏は不信感を持ったとされる」と締めくくられる。

 オバマ回顧録に乗じて、改めて鳩山ポッポ叩きをしているようなものだろう。ところがどっこい、これが悪意にまみれたとんでもない誤訳だったんじゃないかという指摘が四方八方からNHKへ寄せられて大慌て。

 たとえば、「感じは良いが厄介な同僚だった」という表現は、原文では「A pleasant if awkward fellow」となっているんだが、これは「不器用だが感じの良い男」といったニュアンスなんだとか。

 また、「3年弱で4人目の首相であり、日本を苦しめてきた硬直化し、目標の定まらない政治の象徴だ」というくだりも、原文をちゃんと訳すと「鳩山は3年足らずの間に4人目、私が就任してから2人目となる日本の首相だった。(首相が短期間で代わるのは)この10年間、日本政治が硬直化し、迷走したことの表れであり、彼も7カ月後にはいなくなっていた」となるそうで、別に鳩山ポッポが「目標の定まらない政治の象徴」とは言ってないんだね。

 ここまで誤訳(?)するってのは、その背景には明らかに鳩山ポッポを貶めてやろうという“悪意”を感じてしまうのはくろねこだけだろうか。

 思えば、民主党政権時代にはメディアを上げて鳩山・小沢叩きをしたもので、それが現在のメディア不信の原因でもあるんだね。今回の恣意的な誤訳は、その延長線上にあるのは間違いないところで、結局のところメディアの劣化ってのはさらに深まっているってことだ。そりゃあ「世界報道自由度ランキング」でどんどん順位を下げるのも当然だろう。

 民主党政権時代は、「世界報道自由度ランキング」は17位、11位とランキングを上げたていたことを忘れてはいけない。

米 オバマ氏回顧録 「硬直化し、迷走した日本政治の象徴だ」

NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘

| | コメント (2)

2020年11月18日 (水)

コロナのドサクサにまぎれて、種苗法改悪案が衆議院農水委で可決・・・小規模農家絶滅の危機!!

 コロナ禍のドサクサにまぎれてのマイナンバーと健康保険証の一体化、ってなことを昨日のエントリーで書いたんだが、今度はドサクサまぎれに種苗法改正案の採決をしやがりました。この法案は、「新しい品種として国に登録された果物などの種や苗木を海外へ無断で持ち出すことを規制」するのと同時に、「国内農家の自家増殖(自家栽培)も制限」される恐れがあることから、反対の声も多かったんだね。

 「国内農家の自家増殖(自家栽培)も制限」ってのは、「新品種の種や苗を増やす場合には開発者の許可」が必要となるからで、つまり大手の種苗企業が「新品種の種や苗」を独占できるってことで、個人が「自家増殖(自家栽培)」することは違法ってことになるんだね。

 ただでさえ農業の先行きは暗いってのに、新種の種や苗すらも自由にならないってことになったら、日本の農業はそのうち消滅することになりますよ。

 こんな重要法案をわずか6時間の審議で採決しちまったんだから、コロナ禍のドサクサにまぎれやがってと毒づきたくもなろうというものだ。

 日本学術会議問題もウヤムヤのままの状況だってのに、アメリカ大統領選にかまけていたメディアは、今度はオリンピックがどうしたこうしたと舞い上がり、国会で何が起きているかまったく報道しないんだから、何をかいわんやなのだ。

 こんなんだもの、詐病疑惑のペテン師が大きな顔して出歩き始めるのもむべなるかなってことだ。

種苗法改正案 衆院農水委で賛成多数で可決

【漫画版】なぜ、種苗法改定案で海外流出は防げないのか

| | コメント (2)

2020年11月17日 (火)

「健康保険証とマイナンバーカードの一体化」で保険証の発行停止を自民党が提言・・・マイナンバーカードの強要か!&N95マスクで来日のバッハIOC会長・・・それでもオリンピック強行の愚!!

 コロナのどさくさにまぎれて・・・かどうかは知らないが、カス政権が健康保険証とマイナンバーカードの一体化に伴い、「保険証の発行を将来的に停止する方向で検討」してるってね。つまり、マイナンバーカードを拒否したら健康保険証が失効しちまうってことだ。

 そんなにまでしてマイナンバーカードを普及させたいのか。その裏には何があるんだ。これもデジタル化の一環か・・・様々な憶測が頭の中を駆け巡るんだが、とどのつまりは個人情報を一括して国が管理したいということなんだろう。

 でも、そのためには政権への信頼性が担保されていないとダメなんだね。モリ・カケ・サクラ、そして日本学術会議問題と、ペテン師から特高顔へと受け継がれた「由らしむべし知らしむべからず」体質ってのがある限りは、健康保険証のみならず、運転免許証とマイナンバーカードの一体化だって認めるわけにはいきません。

 それにしても、こうした重要政策が国会を無視した形で議論されていることに、とてつもない恐怖を感じる今日この頃なのだ。

【独自】政府が健康保険証の将来的な発行停止を検討、マイナカードとの一体化で

 ところで、IOC会長のバッハと特高顔のカス総理が会談したんだが、ちょいと気になったのがバッハが付けていたマスクなんだね。ちょいと変わったデザインだなあと思ってたら、なんとプロユースのN95マスクだってさ、

 こんな重装備で来日しなくてはいけない国でオリンピックなんて、バッハ自身が「そりゃあ無理というものだ」って言ってるようなものだ。マンガだね。

IOCのバッハ会長着用のマスクが話題

| | コメント (2)

2020年11月16日 (月)

バッハIOC会長、東京オリンピック中止を通告か!?&自社さ政権がケチの付き始めで、ついに社民党分裂が分裂!

 昨日来日したIOC会長のバッハが、今日にも特高顔のカス総理や、このところ存在感の希薄なというかコロナ対策に何の手立ても打たないぼったくりバーのチーママ小池君と会談するそうだ。バッハ来日は東京オリンピック中止を通告するためという噂が飛び交っていたが、果たしてどんな話し合いになるんでしょうね。

 おそらく、東京オリンピック中止はIOCにとってもいかんともし難い状況であることは間違いないところだろう。なんてったって、アメリカもヨーロッパはコロナの猛威が止まるところを知らず、いまのままではとてもじゃないけどオリンピックどころではありませんからね。

 そうなると、誰が中止を言い出すかなんだね。それによって、放映権料など後始末の金をどこが負担するかが決まってきますから。IOCにすれば、日本が中止を言い出してくれるのがベストなわけで、そんな綱引きが密室で展開されるんでしょうね。

 ところで、社民党がついに分裂、というか実質的には消滅なんだろうなあ。思えば、自社さ連立政権で自民党に取り込まれたのがケチの付き始めで、民主党政権では社会党の政策にこだわったあげく連立を脱退したのも今となってはミスだったんじゃないのかねえ。

 今の共産党ほどの柔軟性が社民党ていうか社会党にあったら、ちょっとは日本の政治状況も変わっていたのだろうけど、その柔軟性とはけっして自民党と連立政権を組むことではなかったはずで、やっぱり党の存在理由を自ら放棄してしまったことが社民党(社会党)を今日たらしめた大きな要因なんだね。悲しいね。

社民分裂、残るも離れるも「いばらの道」 立民との合流容認、国会議員は福島党首のみ

・田中龍作ジャーナル
立憲との合流 社民地方党員「アウシュビッツ行きの列車には乗せないで」

| | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

「感染は急拡大しているが、GoTo使うかは皆さんの判断だ」(西村コロナ担当大臣)・・・後は知ったこっちゃない、自己責任でどうにかしろ、ってことか!!&「外国人観光客の入国後の2週間待機を免除」でオリンピックにGO!!

 国内の新型コロナウイルス感染者が昨日も1700人を超え、もはや感染爆発に一歩踏み込んだ状況と言っても過言ではない。ああ、それなのに、この国の為政者はノンビリしたもので、特高顔のカス総理は「緊急事態宣言や『Go To』キャンペーンの見直しは、専門家も現時点でそのような状況にはないとの認識を示している」とシレっと言い放つ始末だ。

菅政権、GoTo対応でジレンマ コロナ「第3波」、難しい判断

 さらに、コロナ担当の女体盛り・西村君に至っては、「Go To トラベル」について、「利用するかどうかは国民の国民のみなさんの判断だと思います」だとさ。つまり、「Go To トラベル」で旅行したあげくに、新型コロナウイルスに感染したとしても、それは自己責任、って言ってるようなものなんだね。

GoTo使うかは「皆さんの判断だ」西村経済再生相

 カス総理の「専門家も現時点でそのような状況にはないとの認識」という発言だって、よく考えてみれば専門家に責任押し付けているようもので、女体盛り・西村君の発言ともども為政者が口にすることではありませんよ、ったく。

 ここまできても「Go To キャンペーン」を止められないのは、ひとえにカス総理自らの肝煎りでスタートしたという面子と、全国旅行業協会会長の土建政治・二階君の利権が絡んでいるからに違いない。ようするに、国民の命なんてどうでもいいって言ってるのと同じです。

 そんなんだから、東京オリンピックにもいまだにこだわり続けているんだね。今日にもIOCのバッハ会長が来日するってんだが、それに合わせたように「外国人観客については入国後の2週間待機を免除し、公共交通機関の使用を認める方向で検討」していますとさ。

五輪の訪日客、2週間待機免除を検討 交通機関も使用可

 尾身シェンシェイの新型コロナ対策分科会は、こういう動きにどれだけ関わっているのだろう。オリンピックありきで意見調整しているとしたら、それこそ日本学術会議任命拒否で問題とされている「政治の僕としての学問」に成り下がっていると言わざるを得ませんね。

 とにもかくにも、カス政権の緊張感の希薄なコロナ対策は、それこそ「鬼滅の刃」ならぬ「自滅の刃」となってこの国を滅ぼすことになりますよ。

【くろねこの競馬予想】

 ラッキーライラックが大外に回って、波乱含みとなった今年のエリザベス女王杯。期待したいのは、札幌記念を圧勝したノームコア。無理のないローテーションで、京都競馬場改装で直線の短い阪神に舞台が移ったのもチャンスか。一発狙いなら、先行して粘った時のエスポワール。本命もありかと思っていたセンテリュオは調教イマイチで抑えまで。
◎ノームコア、〇ラッキーライラック、▲エスポワール、△サラキア、ラヴズオンリーユー、センテリュオ、ソフトフルート、ウインマリリン

| | コメント (1)

2020年11月14日 (土)

内閣広報官がNHK『ニュースウオッチ9』に「総理、怒ってますよ」と圧力・・・想定外の突っ込みで恥かかされた仕返しか!!

 特高顔のカス総理がNHKに圧力をかけたってね。なんでも、所信表明演説後に『ニュースウオッチ9』に出演した際のキャスターの突っ込みが気に入らなかったんだとか。日本学術会議任命拒否について、「国民への説明が必要なのでは」と問われて、

「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか。105人の人を学術会議が推薦してきたのを政府がいま追認しろと言われているわけですから。そうですよね?」

とキレ気味に答えたんだとか。でもって、この収録の翌日に、内閣広報官から1本の電話がありましたとさ。これをスクープした週刊現代によれば、

その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた。
「総理、怒っていますよ」
「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」
電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。

 これって、NHK『クローズアップ現代』のキャスターだった国谷裕子さんへの圧力とまったく同じ構図なんだね。とにかく気に入らない者はどんなことしてでもその首を取る。ふるさと納税について異を唱えた総務省官僚を左遷したのも、そうした恐怖政治の結果だ。

 国会答弁を見てもわかるように、とにかくディベート能力がゼロで、議論が成り立たない。そんな自らの弱点を知っているからこそ、異論に対しては言論で立ち向かうのではなく、権力を使って抑え込もうとする。

 そのための知恵袋が、おそらくゲシュタポ杉田君なのだろう。だからこそ、どうあっても日本学術会議任命がらみで国会に出席させるわけにはいかないんだね。

 公安警察をバックにしたメディアへの圧力は、ますます露骨になっていくのは間違いない。いつまでも忖度報道でヘラヘラしていると、取り返しのつかないことになりますよ。

菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』の質問に激怒し内閣広報官がNHKに圧力!『クロ現』国谷裕子降板事件の再来


| | コメント (1)

2020年11月13日 (金)

「第3波の定義を定めているわけではない」(加藤官房長官)、「Go To トラベルは継続してしかるべき」(二階自民党幹事長)・・・大丈夫か、日本は!!&通訳を介した15分程度の電話会談を「100点満点」と自画自賛!!

 専門家からは「急速な感染拡大の始まり」という懸念する声が上がり、医師会会長も「第3波と考えてもいいのではないか」と現状分析しているってのに、ジャパンライフの広告塔・下等官房長官は「政府は具体的な定義を定めているわけではない」だとさ。土建政治の二階君が旗を振る「Go To キャンペーン」を持続させるためには、「第3波」なんて口が裂けても言えないってことなんだね。

第3波定義せず、加藤官房長官 コロナ感染拡大巡り

 そもそも、新型コロナウイルスの「急速な拡大」が始まったのは、「Go To イート」「Go To トラベル」に加えて、「Go To 鬼滅の刃」のメディアをあげてのお祭り騒ぎが原因と言っても過言ではない。そう考えれば、「第3波」ってのは無策の末の「人災」と言えなくもないんだね。

 サクラ疑惑の時に、当時は官房長官だった特高顔のカス総理が「反社会勢力の定義は定まっていない」って強弁したのと同じで、つまりはそこを認めちゃうと自分たちの責任を追及されちゃうから、ここはどうにか誤魔化しておこう、どうせ時間が経てば忘れるさ、なんて腹積もりでいることは間違いない。

 「Go To キャンペーン」で大手の観光業だけが潤って、そこから政治資金が政治屋に還流して、これまた懐が暖かくなって、結局のところ馬鹿を見るのは「Go To キャンペーン」に踊らされて、あげくにはコロナに感染する一般大衆労働者諸君ってことなんだね。

 そりゃあ、土建政治の二階君が「Go To キャンペーン」の来年5月までの延長を喚くのもむべなるかなってものです。

GoTo、5月まで延長を 二階自民幹事長

 最後に、特高顔のカス総理がバイデンと電話会談して、「尖閣諸島への日米安保適用を確認した」そうだ。でも、通訳を介したわずか15分の会談で、そんな重要な政治マターを突っ込んで話せるわけがない。おそらく、日本側からこういう発表するけどよろしいでしょうかってお伺いたてた結果なんだろうね。それが証拠に、アメリカ側の発表では尖閣諸島への言及はありませんから。

 こんな会談を「100点満点」だなんて評価する政府高官がいるそうで、それをまた無批判に垂れ流すメディアもあったりするんだから、何をかいわんやの週末の朝である。

バイデン氏、尖閣の安保条約適用を明言 菅首相と電話会談、日米同盟強化確認

| | コメント (2)

2020年11月12日 (木)

日本学術会議問題をテーマに予算委員会集中審議も「逃げ切りに自信」(自民党幹部)・・・盗人猛々しいにも程がある!!&女川原発再稼働に宮城県知事が同意!!

 予算委員会の集中審議が今月中に開かれるらしい。当然、日本学術会議任命拒否問題が審議の中心テーマになるのだろうが、なんとまあ自民党内には「国民の批判は広がっていない」という判断があるんだとさ。でもって、「自民党幹部は『事務所に批判の電話も少ない』と述べ、『逃げ切り』に自信を示す」ってんだから、国民も舐められたものだ。

 それにしても、「逃げ切りに自信」なんてことを淡々と記事にするメディアもどうかと思う。そこには「権力の監視者」という矜持のカケラもない。モリ・カケ・サクラもそうであったように、こんな報道姿勢だから、「時間が経てばどうにかなる」って政治屋どもが勘違いするんだね。予算委員会の審議に、まるで緊張感がないのも、「忖度」メディアが一役買っているってことだ。

自民、学術会議問題で「逃げ切り」に自信 「批判の電話も少ない」 月内に集中審議

 しかし、世の中には「時間が経ってもどうにもならない」ものがある。原発もそのひとつだ。なんてったって、日本はいまだ原子力緊急事態宣言の真っ只中にあるんだよね。ああ、それなのに、宮城県の女川原発再稼働に知事や市長が同意しましたとさ。

 カス総理の原発推進に呼応してのことなんだろうけど、結局のところはいまだに原発マネーに取り込まれているってことなのだ。東日本大震災の被災地でありながら、原発から脱却するための政策を何にも打ち出すことができなかったのは知事や市長、さらには議会の責任だろう。

 「訓練などで避難計画の向上を図っていく」(村井宮城県知事)なんて能天気なコメント聞くと、頭がクラクラする晩秋の冷たい朝である。

女川原発の再稼働へ 「金が落ちるならしょうがねえ」 住民避難の不安は残したまま

女川原発の同意 再稼働に歯止め利かなくなる恐れ <解説 小川慎一>

| | コメント (2)

2020年11月11日 (水)

会食の際のマスクの使い方って、コロナ対策も「自助」ってことか!&カス総理、身内には手厚い「公助」・・・自己破産の実弟がJR東日本の子会社に幹部入社!!

 日本学術会議任命拒否について「いつまでやってんだ」って声があるんだが、だったら「いつまでアメリカ大統領選やってんだ」って毒づきたい今日この頃。それにしても、テレビのアメリカ大統領選引き延ばし作戦ってのは露骨ですね。

 そんな中、新型コロナの猛威は止まる所を知らず、東京はもとより北海道、大阪も手の施しようがない状況になりつつあるようだ。こうなったら、飲食関連には手厚い休業補償をして、飲むなら家でを一定期間徹底させる必要があるんじゃないのかねえ。

 そもそも、「Go To キャンペーン」なんてもっての他で、これだけでもペテン政権からカス政権へと繋がるコロナ対策がいかに杜撰なものかわかろうというものだ。ああ、それなのに、新型コロナウイルス対策分科会会長の尾身シェンシェイは、会食の際のマスクの使い方なんてギャグかましてくれる始末だ。つまりは、コロナも「自助」でどうにかしろってわけだ。

 でもって、一般大衆労働者諸君には「自助」を突き付けておきながら、特高顔のカス総理は身内にはおやさしいようで、なんと自己破産した実弟をJR東日本の子会社に幹部として入社させてたってね。身内には「自助」より「公助」ですか。

菅義偉首相の実弟が自己破産後、JR企業の役員に就任していた

 カス総理には、反社会勢力の影がチラつく「第二の森友疑惑」もあるようだし、そりゃあメディアがアメリカ大統領選にかまけるのも頷けるというものだ・・・いえ、いつもの妄想ですけどね。

菅首相後援者の神奈川県有地転売疑惑 反社会勢力も関与か

| | コメント (2)

2020年11月10日 (火)

日本学術会議攻撃は「反知性主義」による愚民政策の成れの果て!!&日本学術会議が「同意なき性交の犯罪化」を提言!!

 ジャパンライフの広告塔・下等官房長官が日本学術会議任命拒否について、「政府方針に反対したからということで任命の判断したものではない」って改めてのたまったくれた。昨日のエントリーで紹介した、「会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先導する事態を懸念」したのが理由とする「複数の政府関係者」によるリークへの反論ってことなんだろうが、いつまでこういうコンニャク問答を繰り返すつもりなのだろう。

Photo_20201110085702

 おそらく、その背景には、ペテン政権から続く「反知性主義」による愚民政策があるに違いない(個人の感想ですが)。「10億円の税金」だの「答申をしていない」だの「「バランス、多様性がない」だの、ひたすら日本学術会議の組織論に話をすり替えるその手法は、いかに学術会議が偏向しているかというイメージ操作そのものなんだね。

 だからなんだろう。日本学術会議についての世論調査では、特高顔のカス総理の説明が不十分とする意見が56%なのに、「政府が進める学術会議の見直しの議論については、見直しに『賛成』が66%」もいる。

JNN世論調査、「学術会議」説明不十分56%

 これこそ、「日本学術会議は偏向している」というカス政権の世論操作のたまものなんだね。実際のところ、ほとんどの一般大衆労働者諸君が、これまで日本学術会議の存在に思いを馳せたことなんかなかったんだから。本当なら、これを機会に自分の頭で日本学術会議とはなんぞやと考えなくてはいけないのに、「反知性主義」による知的エリートへの攻撃に喝采を送っちゃってるんだよね。

 そんな中、日本学術会議が「同意のない性交の犯罪化」を提言した。山口ノリマキを念頭に置いたわけではなかろうが、その意気や良し、ということでお後がよろしいようで。

「同意ない性交、犯罪に」 学術会議、刑法改正へ提言

Photo_20201110085701
クリックで拡大

| | コメント (3)

2020年11月 9日 (月)

「会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先導する事態を懸念」して任命拒否・・・リークした「複数の政府関係者」とは!?

 日本学術会議問題をいつまでやってんだ、って加計学園不正献金疑惑の下村君がのたまってくれたってね。説明責任は任命拒否した特高顔のカス総理にあるんだから、こういうのを盗人猛々しいって言うんだね。そんなことより、テメーの不正献金疑惑の説明をとっととしやがれ。

「野党は学術会議ばかり」 自民・下村氏、いら立ち

 でもって、任命拒否は、「安全保障関連法や特定秘密保護法に対する過去の言動を問題視」して、「会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先導する事態を懸念」したのが理由だと「複数の政府関係者」が明らかにしたそうだ。

官邸、「反政府先導」懸念し拒否 学術会議、過去の言動を問題視か

 ああ、やっばりねということで、その理由については別に驚くことはないんだが、これをリークしたのが「複数の政府関係者」ってのが肝なんだね。メディアがこういう匿名報道する時ってのは気をつけなくちゃいけないんだが、政権発足から間もないこのタイミングで「複数の政府関係者」からリークされるってのは、ひょっとしたら内閣の屋台骨が早くも揺らいでいるんじゃなかろうか・・・なんて妄想したくなっちゃうんだね。

 「不正選挙だ」って喚いてるトランプを諫める動きが共和党の中から出ているようだけど、おそらく日本学術会議問題へのカス総理の頑なな態度に対しても同じような動きが自民党の中から出ているのかもしれない。ゲシュタポ杉田君を重用するあまり、政権そのものが潰れちまったら元も子もありませんからね。

 ここまできたら、ゲシュタポ杉田君の首を切って、任命拒否撤回することだ。そして、新たに日本学術会議から推薦を受けた上で、6名の任命を決定するのが言い訳地獄から脱する唯一の道だろう。「複数の政府関係者」がリークしたのは、そんな発想があるからなのかもしれない・・・なんて妄想も楽しい月曜の朝である。


| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

自民・新藤がTBS-BS『報道1930』でカス総理擁護で醜態!&「学問の自由と言えば水戸黄門の印籠のようにひれ伏さなくちゃいけないのか」(伊吹文明)!

 アメリカ大統領選がようやく決着。バイデン勝利で、トランプはロシアに亡命か・・・なんて冗談はともかく、バイデン大統領誕生でTPPが蒸し返されるかもね。ディベート能力ゼロどころかマイナスの特高顔のカス総理ではとても太刀打ちできないだろうなあ。

 でもって、そのカス総理なんだが、ゲシュタポ杉田君が黒幕であることを隠蔽しようとして墓穴を堀りまくっているんだが、そんなカス総理を擁護する自民党の幹部連中ってのもロクなもんではありません。

 週末のBS-TBS『報道1930』に、慰安婦は性的奴隷ではないと強弁する自民党の新藤義孝君が出演して、カス総理のヨイショをくっちゃべっていたんだが、これが論評にも値しないただの負け惜しみと開き直り。これには、同席していた共産党のとっちゃん坊や・小池君も、さすがに反論する気も起きなかったのだろう。なかば呆れ顔で苦笑いするしかなかった。

 さらに、体罰容認の伊吹文明君なんか、元文部科学大臣でありながら、日本学術会議の存在理由そのものを否定するような戯言を口にする始末だ。こんな具合です。

「学問の自由と言えば、何かみんな水戸黄門さんの印籠の下にひれ伏さなくちゃいけないのか」
「一方的に政治的な問題に声明を出すとか、学術会議の肩書を持って政治的な発言をすることは自粛しないといけない」

自民・伊吹氏 「学問の自由は水戸黄門の印籠なのか」学術会議問題で反論

 かつて、中曽根政権の官房長官だったカミソリ後藤田君は、ペルシャ湾への自衛隊掃海艇派遣が閣議決定されそうになった際に、「この議案が閣議に提出されても私は絶対にサインしませんよ」と大勲位・中曽根君に迫り、これを阻止したものだ。

 時には、権力者に対して自らの政治生命を賭けて諫言するのも側近の使命なんだね。新藤、伊吹の両君だけでなく、カス総理の周辺に屯する政治屋諸君には、カミソリ後藤田君の気概はとても真似できないだろうね。

 そう言えば、カミソリ後藤田君は警察庁長官から大勲位に乞われて官房長官になったんだっけ。ゲシュタポ杉田君も元公安の警察官僚上がりなんだけど、やっぱり人としての器が違うってことか・・・情けない。

| | コメント (1)

2020年11月 7日 (土)

日本学術会議問題に新たな言い訳。「今回は事前調整がうまくいかなかったから任命拒否」(カス総理)・・・てことは、前から政治介入してたってことか!?

「以前は正式な名簿の提出前に、内閣府の事務局などと会議の会長との間で一定の調整が行われていた」
「(任命拒否があった)今回は推薦前の調整が働かず、結果として任命に至らない者が生じた」

 5日の参院予算委員会で、特高顔のカス総理は日本学術会議任命拒否の理由について、こんな新たな言い訳を口にした。つまり、日本学術会議とは以前から会員の任命にあたって事前に打ち合わせしていたってことで、明らかな政治介入ってことになる。

 というわけで、昨日の参院予算委員会では、共産党のとっちゃん坊や・小池君が舌鋒鋭くカス総理を追及。タイミングのいいことにそのシーンをライブで観ていたんだが、カス総理の答弁ってのが実に馬鹿丸出しで、ほとんど質問の意味すら理解できていないんだね。答弁に立つたびに、後ろから役人がメモを渡して、カス総理はそれを読み上げるだけ。「自助だろ」って野次が飛んだのもむべなるかなってものだ。

17年には学術会議側と事前協議 首相、候補者の推薦前に<任命拒否問題>


小池晃(日本共産党)VS菅義偉内閣総理大臣 2020年11月6日参議院予算委員会

 でもって、その「事前調整」については山際寿一・前会長が反論。曰く、

「事前調整というのは、相互が話をして調整するもの。私は(杉田和博官房副長官と)直接会うことも電話で話をすることも、事務局長を通じて断られた。話し合いたいとの官邸からの誘いもなかった」

 つまり、ゲシュタポ杉田君がすべてを差配していたってことなんだね。首相を差しおいて官房副長官が日本学術会議会員の任命に関わっていたとなれば、それは完全にアウトだから、カス総理としてはどんなことがあってもゲシュタポ杉田君の関与を認めるわけにはいかない。結果、支離滅裂な答弁で、自らの政治家としての資質まで問われることになっちまったというわけなのだろう。妄想だけど。

人事めぐる事前調整「なかった」 山極前会長が首相答弁に反論<学術会議の任命拒否>

 TBS『NEWS23』で週刊文春の編集局長が「杉田官房副長官による公安的な思想チェックが6人任命拒否の理由」なんてことを口にして物議を醸しているようだけど、おそらくそれが事の真相なんじゃないのかねえ。

123243952_2061783477290945_6348947992178
「6人が政府の政策に反対していたからという理由ではないですよ。ある捜査機関が洗っていたから。共産党との関係、中国との関係。杉田官房副長官はオールドタイプの公安。何か問題が起きる前に抑えるという。面識はありますが、ストイックな人で自宅にも泊まらず官邸に詰めている。霞が関で彼に逆らえる人など一人もいません」(『NEWS23』より)

 素直に任命拒否を撤回して、ゲシュタポ杉田君の首を切っちまえばここまで大事にならずにすんだだろうに・・・つまりは、カス総理には問題の本質を理解する能力が欠如していて、危機管理能力ゼロってことなんだね。

 予算委員会の答弁は、この男が総理大臣という以前に、政治家として終わっていることを雄弁に語っているのは間違いない・・・と我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝である。


| | コメント (2)

2020年11月 6日 (金)

日本学術会議任命拒否の内部文書が発覚・・・でも、国会提出は拒否!! 公文書管理法違反じゃないのか!?

 アメリカ大統領選一色のテレビ報道にゲンナリしてたら、立川談慶師匠のつぶやきに目から鱗の週末の朝である。

 でもって、日本学術会議任命拒否なんだが、どうやら任命拒否についてゲシュタポ杉田君が内部協議した際の公文書の存在が明らかになりましたとさ。そんなものがあるんだったらサッサと出せばいいじゃん、って思うのが人情というもの。と思ったら、国会提出は拒否しますだと。

首相、任命拒否と多様性「直結せず」 先週は「多様性を念頭に判断」 学術会議問題

 人事に関わることだからってのがその理由だそうだ。この理屈が通るなら、これからは人事に関わる公文書は一切秘密ってことになるんじゃないのか。それって、公文書管理法に抵触するんじゃないのか・・・なんて様々な疑問がかけめぐるんだが、そもそもは「なぜ任免拒否したのか」という説明があればすべては解決することなんだね。

 そこをうやむやにしたまま支離滅裂な言い訳に四苦八苦するから、問題がどんどん複雑化しちゃうわけで、特高顔のカス総理のこういう頑なな姿勢ってのは法的に糾弾することってできないものなのだろうか。こんなやり方が罷り通るなら、どんな問題も知らぬ存ぜぬって居直っていれば「はい、それまでよ」になっちまう。

 やっぱり、メディアが傍観者になっちゃっていることが、そうした権力者の居直りを常態化させちゃってる一番の理由なんだろうね。国会で演じられているカス総理主演のスラップスティック・コメディーにはほとんど見向きもせず、アメリカ大統領選にかまけているメディアの姿を見ていると、モリ・カケ・サクラ報道の反省なんか爪の先程もないってことがよくわかる、ってなもんです。

| | コメント (2)

2020年11月 5日 (木)

日本学術会議任命拒否の黒幕は、やっぱりあの公安上がりの官邸官僚だった!!

 予想通りの大混戦のアメリカ大統領選なんだが、それ以上にドタバタ喜劇が演じられているのが予算委員会だ。主演は、もちろん特高顔のカス総理。なんと申しましょうか、ポンコツ答弁にも限度があるというもので、もはや聞く耳を持たず、質問に答える気もないってことなんだね。

 そもそも、質問の真意そのものを理解しようという気がないんだから、これはもう議会制民主主義を否定したようなものだろう。

 でもって、とうとうゲシュタポ杉田君が日本学術会議任命拒否の黒幕だったことがバレちゃいました。これはもう明らかな日本学術会議法違反で、ゲシュタポ杉田君の国会招致を自民党が拒否する理由はなくなりましたね。

学術会議6人除外、首相「杉田副長官から報告」

 日本学術会議問題ってのは、ハナっから任命拒否が法律違反という1点に尽きるんだね。カス総理がどんなに見苦しい答弁繰り返そうと、法を犯しているという事実は動かしようがないんだから、立法府たるべき国会はその1点で追及することが肝要だ。

 メディアも、言ってみれば「総理の犯罪」なんだから、そこを徹底的に突っ込むべきで、アメリカの大統領選に舞い上がっている場合じゃありませんよ、ったく。

 百聞は一見に如かず・・・ということで、予算委員会でカス総理演じるドタバタ喜劇をとくと御覧じろ。


【国会中継】衆院予算委 全閣僚出席で基本的質疑(2020年11月4日)

| | コメント (2)

2020年11月 4日 (水)

大飯原発4号機が停止して、国内の稼働中の原発は1基に!! それでも「再稼働」どころか「増設・新設」までも企むカス総理の時代錯誤!!

 アメリカ大統領選でテレビは上を下への大騒ぎ。アメリカ事情に詳しいとされるコメンテーターが、どの局にも顔を出して競馬予想のごときコメントを垂れ流している。トランプのポンコツさを面白おかしく解説するのもいいけど、特高顔のカス総理の支離滅裂な国会答弁の方がよっぽどスラップスティックだと思うけどねえ。

 そんなカス総理の政策の目玉のひとつに原発再稼働があるんだが、福井県の大飯原発4号機が定期検査で停止となって、国内で稼働しているのは佐賀県の九州電力玄海原発4号機だけになったんだね。「原発がなくなったら江戸時代に逆戻り」なんて阿呆ぬかしたTVキャスターがいたけど、なんのことはない原発なくても日本の電力事情に何の問題も起きていないのが現実だ。

関電の稼働原発、ゼロに 大飯4号停止で国内1基に

 カス総理が所信表明で喚いていた「脱炭素社会」ってのは、しょせんは原発を「重要なベースロード電源」とすることが主眼で、そこには福島第一原発事故の反省なんかカケラもない。

 真剣に「脱炭素社会」を考えるなら、まずは「原発ゼロ」を基本に据えて、再生可能エネルギーを「重要なベースロード電源」とするための政策をこそ検討すべきなんだね。国内で稼働中の原発が1基という今こそ、そのタイミングだと思うけど、日本学術会議問題でのカス総理のポンコツぶりを見せつけられると、暗澹たる思いがする今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2020年11月 3日 (火)

【日本学術会議問題】聞かれたことには答えず、見苦しい言い訳を繰り返す、カス総理の支離滅裂なポンコツ答弁!

 予想されていた事とは言え、あまりの右往左往ぶりには呆れると同時に笑っちまいました。何がって、予算委員会における特高顔のカス総理の支離滅裂な答弁だ。日本学術会議任命拒否をめぐる質疑で、論理性のカケラもない見苦しい言い訳を繰り返した挙句に、「人事に関わる事なのでお答えは差し控える」だもんね。

 でも、それだって総務大臣時代に政策に反対したNHK職員の更迭を自慢気に著書に書いていることを指摘されて、あたふたしちまうんだから、総理大臣の座は荷が重いんじゃないのかねえ。

首相、迷走する任命拒否理由 野党「国会国民を愚弄」学術会議問題

 さらに、橋龍命の江田憲司君に任命拒否した6人の名前を聞かれて、こんな答弁して笑われる始末だ。

江田「任命拒否をされた6人のお名前はご存じでしたか?」
菅「東京大教授の加藤陽子先生以外の方は承知していませんでした」
江田「加藤陽子先生以外の著作や研究論文も読んだことはないのか?」
菅「それ、読んだこと、ありません」

 それなのに、「既得権益」だの「閉鎖的」だの、日本学術会議のあり方については饒舌になるんだね。だったら、どこがどう「既得権益」なのか、具体的に説明して欲しいものだ。できやしないだろうけど。

菅首相「加藤陽子先生以外は承知してない」 著作も未読

【詳報】「加藤陽子先生以外を知らない」のに悩んだ首相


今井雅人(立憲民主党)VS菅義偉内閣総理大臣 2020年11月2日衆議院予算委員会

 ペテン師・シンゾーの申し送り案件だからカス総理は説明に苦慮しているという噂もあったり、実は以前から公安上がりの官邸官僚が任命拒否した6名の身辺調査をしていたなんて話もあったりして、なぜカス総理が任命拒否の説明を拒むのかいまひとつわからないんだが、いずれにしても予算委員会の様子を見る限りは、このまま押し切ろうという姿勢は変わらないだろうということだ。

公安警察が「学術会議」除外6人を極秘調査!「下半身トラブルも洗い出し…」

 おそらく、これからの国会運営は、質問には答えず、関係ないことをタラタラとしゃべくって時間稼ぎしつつ、最後は強行採決・・ってのが常になるんじゃないのかねえ。それを止める法的な手立てがないのがなんとも歯がゆい。やっばり、国会議員を国民がリコールできる制度ってのが必要だと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2020年11月 2日 (月)

大阪都構想否決で維新沈没!!&&「2年半の任期を全うして引退」(松井大阪市長)・・・いますぐ辞めなはれ!&橋下徹と公明党が密約!

 開票からしばらくの間、なかなか反対票が伸びないのでちょいと暗い気分になったのだが、終わってみれば1万3千票差で維新の野望を粉砕・・・いやあ、よかった、よかった。大阪府知事のイソジン吉村君は開票後の記者会見で「都構想に再挑戦することはない」って涙目でコメント。大阪市長のチンピラ松井君は「けじめをつけなければいけない」と引退をほのめかしたものの、なんとまあ、残り2年半の任期を全うしてからなんだとさ。

 引退宣言した政治家が2年半もの間市長の座に居座るってのは、その間の政策についての責任はどうなるんだ。辞めるなら潔く「今でしょ」・・・ってなもんです。

「大阪都構想」再び否決 松井氏は政界引退表明

「大阪都構想」再び否決 松井大阪市長 任期全うし政界引退へ

 でもって、お子ちゃま・橋↓君が、コロナ禍の中で住民投票を急いだのは公明党との密約があったからって暴露しちゃいました。なんでも、「衆議院選挙の議席を維新は公明党に譲る代わりに賛同してもらった」んだとさ。ようするに、党利党略で無理筋の大阪都構想をゴリ押ししたってことで、語るに落ちましたね。

大阪都構想で公明党と維新が密約 橋下徹氏「衆議院選のイスを維新は公明党に譲る代わりに賛成になってもらった」

 語るに落ちるとくれば、維新と手を結んだ公明党だ。集票マシーンとしての創価学会の反乱で、なんと学会員の半数は反対に回ったそうだ。「下駄の雪」と揶揄される公明党の存在理由は、これでますます薄くなっていくんじゃないのかねえ。

 大阪都構想で維新が勝利した暁には、維新を政権に取り込んでやりたい放題の国会運営を目論んでいた特高顔のカス総理にとっても、住民投票の結果はさぞや苛立たしいことだろう。今日から始まる予算委員会でどんな醜態を晒してくれるか、大いに期待したい爽やかな週明けの朝である。

| | コメント (2)

2020年11月 1日 (日)

大阪都構想否決で浪花のど根性見せたれや!!

 いよいよ今日は、大阪吐構想じゃなかった大阪都構想の投票日。ここにきて、大阪市長のチンピラ松井君が、行政コストの増加を口にした職員を恫喝し、それを報じた毎日新聞に理不尽な謝罪要求を突き付けたりして、必死こいてるんだが、そりゃそうだ。大阪都構想が否決されたら、維新の会そのものの存在意義が問われることになりますからね。

本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

 今回の大阪都構想ってのは、そもそもからして無理筋なんだよね。既に、2015年には否決されているわけで、それをまたぞろ持ち出して住民投票を仕掛けてくるのは、いわゆる「勝つまでジャンケン」の類で、およそまっとうな政治手法とは言えない。

 しかも、チンピラ市長やイソジン知事は、大阪都構想のメリット(それもかなり怪しげなものだが)しか口にしない。行政コストの増加などのデメリットを一切説明しないのは、フェアじゃないんだね。そんなんだもの、デメリットを口にした職員を吊るし上げて、「捏造しました」なんてみせしめのような謝罪会見をさせるわけだ。

 住民投票がどう転ぶかは予断を許さない状況だけど、もし可決されたら自公+維新の新たな政権が誕生する可能性もないとは言えない。そう考えると、大阪の話で済ませるわけにはいかないんだけど、投票権のない立場ではなんとも歯がゆい日曜の朝である。

【くろねこの競馬予想】

 アーモンドアイ一強ムードの天皇賞。その強さは認めつつも、前走の安田記念のようにスタートでつまずくと、直線一気もハナ差届かずなんてこともあるかもしれない。逆転があれば、その筆頭は宝塚記念でようやくG1馬となったクロノジェネシスか。菊花賞のアリストテレスのようにアーモンドアイをピタリとマークしてプレッシャーをかけれたら面白い。
◎アーモンドアイ、〇クロノジェネシス、▲ダノンキングリー、△キセキ、ダノンプレミアム、フィエールマン、ダイワギャグニー

| | コメント (1)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »