« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

埼玉でコロナ変異種のクラスター発生か!!&自民党全職員にPCR検査・・・「正確性に難がある」って検査抑制してきたくせに、どの口が!!

 イギリスで発生したコロナ変異種が、埼玉県のある職場で集団感染したってね。イギリスへの渡航歴がないことから、どうやら市中感染が起きているんじゃないかというんだが、日本は世界でも変異者感染が多いんだよね。特高顔のカス総理は「市中で一例でもあったらそこ(の国からの入国)は即停止したい」って得意げにのたまってたんだが、いまではEUに日本からの渡航禁止されちゃうんだから、ペテン師・シンゾーがほざいていた「日本モデル」って何だったんだろうね。

変異ウイルス 国内初のクラスター発生か 厚生労働省

 そんな中、組織運動本部職員がコロナに感染したってんで、自民党が全職員のPCR検査をするってさ。「正確性に難がある」ってdisりまくって、これまでさんざんPCR検査を抑制し、あげくに感染爆発の引き金を引いてきたくせに、足元に火がついたらこれだ。

 しかも、自民党には政党助成金という税金が入っているわけで、考えようによっては一般大衆労働者諸君が汗水流した金で職員のPCR検査をするのと同じだろう。妄想だけど。

 最後は金目のノビテルの無症状入院に続いて、ああ、やっぱり上級国民優遇なのねって声がネットで飛び交っているけど、「今だけ金だけ自分だけ」の自民党ならではのゲスの極みってことだ。

自民、全職員にPCR検査実施へ 党本部でコロナ陽性確認

| | コメント (1)

2021年1月30日 (土)

大阪維新と竹中平蔵、麻生太郎がタッグを組んで貪りつくす生活保護利権!

 生活保護申請の妨げのひとつとなっている「扶養照会」について、共産党のとっちゃん坊や・小池君が特高顔のカス総理に鋭く迫ったことは昨日のエントリーで紹介した。と思ったら、その生活保護について、しんぶん赤旗が、大阪維新とパソナ・ヘイゾー、ひょっと麻生がタッグを組んだ悪巧みをスクープしている。

 なんでも、大阪市には民間企業に委託する「総合就職サポート事業」があり、その特約条項に次のような記載があるんだとか。

「▽受給者が就職し、生活保護廃止になった場合▽保護申請中の人が就職し、受給に至らなかった場合―に1人当たり6万1111円が委託料に加算されます。また、職場に定着した場合は、さらなる加算も。逆に、支援を受けた人の就職率が50%未満であれば、基本委託料から割合に応じた減額があります。」

 つまり、「委託料とは別に生活保護打ち切りに結びつけば、成功報酬1件6万円まで払っていた」(宮本岳志全衆議院議員)ってことだ。でもって、業務委託を受けていた民間3社ってのが、パソナ、アソウ・ヒューマニーセンター、パーソナルテンプスタッフだとさ。何か匂うようね。そう、パソナは言わずと知れた竹中平蔵の会社で、アソウ・ヒューマニーセンターはひょっとこ麻生の弟が会長をつとめる麻生グループの人材派遣会社のひとつでしたとさ。

 総額約6億円の業務委託料のうち、パソナとアソウ・ヒューマニーセンターで5億円をほぼ折半してたというから、さぞかし美味しい利権なんでしょうね。

 「最終的には生活保護」(カス総理)なんてかましておいて、結局はお仲間でその利権を貪ってるんだから、思わず我が家のドラ猫に「起て同胞よ 行け戦いに」とくちずさんでしまう土曜の朝であった。

生活保護 1人廃止なら6万円余 委託企業へ報酬 大阪市が受給抑制 民間職員、就労を“違法指導”

1_20210130085601

2_20210130085601


| | コメント (1)

2021年1月29日 (金)

「最終的には生活保護」の舌の根も乾かないうちに「扶養照会」の壁!!&官房機密費を総裁選に流用か!?

 特高顔のカス総理の「最終的には生活保護」発言が波紋を広げる中、昨日の参議院予算委員会における共産党のとっちゃん坊や・小池君の「扶養照会」についての突っ込みはなかなか見応えがあった。

 生活保護申請の際には行政が申請者の親族に対して援助できるか確認する「扶養照会」ってのをやってるんだが、これって法的な規定はない。でも、行政は生活保護を支給しないための水際作戦として、この「扶養照会」を利用して親族に扶養の義務を押し付けようとしているんだね。

 それを嫌がって申請を躊躇するひとが多いのが現実で、とっちゃん坊や・小池君は、「扶養照会」の運用見直しを迫ったわけだ。「最終的には生活保護」とのたまってるんだから、当然法的根拠のない「扶養照会」の見直しに言及するかと思ったら、なんとカス総理は答弁を厚労大臣に丸投げしちゃいました。

 で、厚労大臣の田村君は、「家族関係が壊れているような場合は扶養照会が必要ない」って言い募るだけで、つまりは「扶養が保護に優先する」ってことはどうあっても譲らない。ようするに、旧来の家族制度そのままで、自民党改憲草案の「家族は、互いに助け合わなければならない」ってのはこういうことなんだね。

 「まずは自分で何とかしろ」「それでもだめなら親族でどうにかしろ」ってのがカス総理の本音で、最終的な「公助」に行きつく頃には、誰もかれもおっちんじまいますよ・・・それこそが狙いだったりして。

「最後は生活保護」と言ったのに、壁はそのまま? 菅首相が明言を避けたこと

Photo_20210129091101

 官房機密費についてもとっちゃん坊や・小池君は鋭い突っ込みを見せてくれた。なんでも9000万円超あった官房機密費が、総裁選後に4000万円台まで減っていたそうだ。つまり、総裁選に官房機密費が使われていたんじゃないかという疑惑が浮上するわけで、領収書のいらない官房機密費の闇は、税金の私物化という観点からも見過ごすわけにはいかない問題なんだね。日本学術会議の10億円をとやかく言うなら、官房機密費の明細も出してみやがれ・・・ってなもんです。


小池晃​ 参院議員 20年3次補正予算について 2021.1.28

| | コメント (2)

2021年1月28日 (木)

「定額給付金支給はない。最終的には生活保護がある」(カス総理)・・・生活保護に陥らないようにするのが政治だろう!!&自民・公明の幹部が銀座の高級クラブで夜遊び!!

 定額給付金があたかも施しかのごとくのたまったひょっとこ麻生に続いて、特高顔のカス総理が「それを言っちゃおしめえよ」と寅さんならずも悪態つきくなるような血も涙もない答弁しやがりました。

石橋(立憲)「収入を失い路頭に迷う人々、命を失った多数の人々に政府の政策は届いているのか」
カス総理「いろいろな見方がある。政府には最終的に生活保護があり、セーフティーネットを作っていくのが大事」

 ちょっと待て。ついこの前まで、生活保護の不正受給だなんだとイチャモンつけて、「このまま生活保護世帯が増え続けると、国家財政が破綻する」なんて印象操作までしたあげく、生活保護を求めるひとたちを水際で追い返してたのはどこのどいつだ。そう言えば、マキゾエ君の元鬼嫁・片山さつき君が旗振ってたっけ。

 そもそも、生活保護に陥らないようにするのが政治というもので、「最終的には生活保護がある」ってのはもはや総理大臣が責任放棄したようなものだ。生活保護でどうにかなるなら、年金も何もいらないってことになる。

 こうなったら、一斉に生活保護申請してやろうじゃないの。当然、役所は対応してくれるんだろうね。

定額給付金の予定ない、最終的には生活保護ある=菅首相


国会中継 参議院 予算委員会(2021/01/27)

 最後に、自民と公明の幹部がそれぞれ銀座のクラブで夜遊びしてたってね。笑っちまうのが、麻生の子分・松本君で、「店の要望・陳情を聞くために訪れ」ましたとさ。ははは、銀座の高級クラブが陳情かい。入院拒否に罰則の前に、こういうクズな議員こそ懲役だろう。

| | コメント (2)

2021年1月27日 (水)

Go To関連1兆円のまま補正予算案可決!&「一部の知事からGo Toトラベルの部分的再開を望む声も」(赤羽一嘉国交相)・・・どこの知事かハッキリ言ってみろ!!

 総額19兆円の第3次補正予算案が衆議院で可決された。Go To関連の1兆円はそのままで、野党の「感染拡大防止と医療体制への支援に注ぐべき」とした予算案の組み替え動議は、自公の多数で否決。補正予算ってのは3月いっぱいで使い切るものだってのに、1兆円ものGo To関連予算っていったい何に使おうとしてるんだろうね。

 そもそも、感染爆発が止まるところを知らず、医療崩壊も現実のものとなろうとしいている緊急時に、そこまで頑なにGo Toに固執するってのは、やっぱり何らかの利権が絡んでいるからなんだろうね。

【速報】第三次補正予算案 衆院予算委員会通過、GoToトラベル1兆円計上

コロナ対策の3次補正、28日成立 野党の組み替え動議否決

 でもって、担当大臣がGo Toについてこんな言い訳をしています。

「医療のひっ迫状況も厳しくない知事さんからは、部分的にもGoToトラベルの再開をしてくれないかとか、そうした話、ございます」(赤羽一嘉国交相)

 そうかい、そうかい。だったらその知事はどこのどいつか明らかにしてもらおうじゃないの。カス政権の特徴のひとつに「誰それがそう言っている」ってのがある。たとえば、コロナ対策についてカス総理が「専門家の意見を聞いて」ってよく口にするのがその典型だ。こういう言い草ってのは、つまるところ責任放棄してるってことなんだね。Go To再開して、コロナ感染がさらに増加した時には、知事のせいにできますからね。

GoToトラベル、赤羽大臣「一部知事からは部分的再開を望む声も」

 いずれにしても、補正予算案が可決されたってことは、3月までに頃合いを見計らってGo To再開する腹積もりなのだろう。このままだと、自民と公明に殺されますよ。


| | コメント (2)

2021年1月26日 (火)

会話能力ゼロのカス総理のおかげで、この非常時に不毛な国会!! ヤバイぞ、ニッポン!!

 昨日の衆院予算委員会を観ていて、つくづく思った。特高顔のカス総理は、会話能力が決定的に欠如してるんだね。とにかく、相手の発言を真摯に聞こうという姿勢がない。だから、答弁そのものが的外れなものになっちゃって、議論が成り立たない。

 もっと凄いのは、答弁求められても阿呆面晒して、座ったままで反応しないことが度々あることだ。その度に、委員長指名があるからって担当大臣がしゃしゃり出てくる。

 笑っちまったのは、橋龍命の江田君とのこんなやり取りだ。

江田「通常国会は6月、臨時国会は12月5日に閉めた。特措法改正も医療崩壊防止策もせずに政府は何をやっていたのか」
カス「私自身の就任は9月16日。そこから1日も休まず感染拡大を防ぐための対策をしていた」

 だったら、現在起きている感染爆発は何なんだ・・・ってことなんだね。それにしても、「1日も休まず・・・」って、そんなことこの非常時に当たり前だろう。

 なんとも不毛な国会なんだが、こんなにも無能で無知な棚ぼた総理大臣が差配する日本って、かなりヤバイと感じる今日この頃なのだ。

「全集中の呼吸」はどこへ? 首相答弁は棒読み、淡々、抑揚なし 

・毛ば部とる子
1月25日衆予算委のまとめ


2021年1月25日 衆議院 予算委員会

| | コメント (2)

2021年1月25日 (月)

自民党ネットメディア局がカス総理に「ツイッター活用術」をレクチャー・・・「国全体のデジタル化」を目指す本人のスキルがこの程度とは、頭がクラクラしてくる!!

 自民党のネットメディア局長代理とやらが、特高顔のカス総理に「ツイッターなどSNS(ネット交流サービス)を活用した発信方法など」についてレクチャーしたそうだ。カス総理のツイッター投稿に関して、「事実を淡々と伝えている。『熱量』がなければ拡散しない」てなことを助言しましたとさ。

 これじゃあ、まるで簡単スマホの使い方レッスンみたいなものだろう。施政方針演説で「グリーンとデジタルが次の成長の原動力」とぶち上げて、デジタル庁創設して「国全体のデジタル化を主導する」と意気込んでいた本人のデジタルに関するスキルがこの程度ってのは大いに笑えるのであった。

 「SNSで曲解して伝わるメカニズム」なんてこともアドバイスされたってね。「首相は『なるほど、こういうふうな形では確かに誤解されて伝わったりもするな』とすごく関心を持たれていた」(山田太郎ネットメディア局長代理)ってんだが、そもそも「誤解」なんかしてないから。カス総理の貧困なボキャブラリーと表現力おかげで、意味不明になっているだけだから。そこんところよろしくなのだ。

菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

「答える場ではない」 遮断の答弁で陥った菅首相の苦境

| | コメント (2)

2021年1月24日 (日)

「令和の運び屋」なんておちゃらけるブロック大王にワクチン接種まかせていいのか!!

 ブロック大王・河野君が、ワクチン担当大臣を仰せつかってのぼせ上ったのだろう、「『令和の運び屋』と言われるように頑張っていく」とおちゃらけてプチ炎上している。仲間内でのじゃれ合いだったらそれもいいだろうが、参議院本会議での代表質問に対する答弁なんだから、ウケを狙ったとしてもそのセンスはかなりお寒いものがある。

河野大臣 コロナワクチンで「令和の運び屋と言われるように」

 そうした場違いなお茶らけで顰蹙買うのはこの男の得意とするころで、オムレツマント事件なんてのもあったっけ。それもこれも過剰な自己顕示欲の為せる技で、それはまた「俺が、俺が」という独善性に繋がっていく。

 NHKのワクチン報道に噛みついたり、ワクチン接種について官房副長官と情報発信の主導権争いしてみたり、自分の正当性を主張するためには、平気で相手を貶めるという手法はトランプにさも似たりなんだね。

 こんなのがワクチン担当ってのは、ちょいと危険なんじゃないのか。なんてったって、ワクチンってのは、その安全性がどのくらい担保されているかが重要なファクターなのに、接種のスケジュールだけが既成事実として先行していくってのは納得いかない。

 ワクチンが予防のためのものなのか、それとも重症化しないためのものなのか・・・そんな基本的なことすらアナウンスされていない現状で、唯我独尊の独善野郎がワクチン担当大臣っては悪い冗談としか思えないのだけれど・・・・。

本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

| | コメント (1)

2021年1月23日 (土)

金目のノビテルが「熱などの症状はないが、既往症があるため入院」・・・都内の入院調整中のコロナ感染者が6000人超だというのに、釈然としないなあ!

 最後は金目のノビテルがコロナに感染したってね。「熱などの症状はないが、既往症があるため入院している」そうだ。PCR検査→陽性→即入院ってのは理想な医療体制で、金目のノビテルが入院できたのはいいことなのは間違いない。

 でも、問題なのは、入院・療養調整中のコロナ感染者が東京でも6000人を超えている中での即入院ってことなんだね。ネットでは「上級国民の優遇措置」なんて怨嗟の声が飛び交っているけど、それも無理のない話なのだ。しかも、感染発覚前夜には自民党のお仲間と会食してたというオチまでついてるんでからね。

石原伸晃氏がコロナ感染 既往症のため入院 前日は坂本大臣らと会食

コロナ感染・石原伸晃氏に「上級国民」批判 〝禁〟破り会食、即入院

自宅療養中に死亡、18人 病床逼迫し入院先見つからず

 報道では、「既往症があるから」ということなんだけど、何かと思えば不整脈だそうだ。不整脈は心不全の症状のひとつで、確かに心不全はコロナが重症化しやすい基礎疾患のひとつとされている。でもなあ、そんな患者はおそらくゴマンといるはずで、やっぱり国会議員でしかも自民党の世襲議員の特権ゆえのこととうがった見方されるのはいたし方ないんだね。

新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識

 いっそのこと、金目のノビテルが、自ら自宅療養を選べばよかったんじゃないのか。そして、実際の自宅療養の在り方を身をもって実践・検証すれば、政治家としての株も上がろうというものだ。でも、そうなると入院拒否ってことで、懲役になっちまうのか・・・コロナ罰則法が閣議決定したのと同じ日のコロナ感染ていうのが、なんとも皮肉な今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2021年1月22日 (金)

五輪選手村のコロナ施設転用に反対していたのはカス総理だった!! その裏には、五輪後の分譲マンション利権が・・・!?

 病床数が逼迫し、コロナに感染してもおいそれと入院できず、自宅療養せざるを得ないひとが全国で3万人を超えてるってね。そんな中、自宅療養中に症状が悪化して亡くなったひとは「8都府県で計16人に上る」(読売新聞よリ)んだとか。

【独自】感染し「自宅で死亡」16人、無症状で容体急変した例も…全国で3万230人が療養中

 そもそも、感染症において自宅療養なんてのは家庭内感染につながるだけで、なんの解決にもならないんだよね。だからこそコロナ感染者を保護・隔離する施設を整えるのが急務なわけで、そうした状況を踏まえてオリンピック選手村の活用が専門家の間では議論されてきたんだね。

 ところが一向に国が動かないのはどうしてなんだろうと思ってたら、なんと特高顔のカス総理が強く拒否していたそうだ。フジテレビ『とくダネ』に出演した二木芳人昭和大学客員教授によれば、

「ともかく診断された人を現場現場でその都度判断するのではなくて全部どこか大きな宿泊療養所とか待機所みたいなものをつくって、いったんそこに入って頂いてそこで正確な判断をしながら振り分けをしていくと。第1波の時から言っているんですが五輪の選手村を使ってはどうだって話をして、ずいぶん叱られましたけど」

 オリンピック選手村をコロナのための施設として活用するという案をカス総理やフリップ小池君が無視し続ける裏には、選手村がオリンピック後は分譲マンションとして販売される計画があるからなんだね。コロナのための施設なんかに使われたらマンションとしての資産価値は大幅に下がる可能性があるのがその理由に違いない。妄想だけど。

二木芳人教授 コロナ自宅療養者の相次ぐ死亡に「第1波の時から言っているんですが五輪の選手村を」

 カス総理やフリップ知事の考えそうなことで、ようするにコロナより利権が大事ってことだ。そんなんだもの、この非常時にもGO To トラベルについて担当大臣が「新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底するなど必要な見直しを行い、事業の再開を目指したい」なんてクズ発言するわけです。

GoTo「再開を目指したい」と赤羽国交相

| | コメント (2)

2021年1月21日 (木)

野党の野次に議場を睨みつけて凄んで見せる二階のふざけた態度・・・地回りのヤクザか!!

 衆議院本会議の代表質問ってのは、どうやったって一方通行なものだから、丁々発止の議論なんてのが期待できるものでないのは重々承知の上なんだが、それにしても野党の疑問に正面から答えるつもりがさらさらない態度ってのは、行きつくところ国民を舐めてるってことなんだろうね。

 なんてったって、立憲民主のエダノンに「新型コロナ感染拡大は、政治に引き起こされた人災だ」って突っ込まれて、「人災という指摘は当たらない」って特高顔のカス総理は懐かしのフレーズ使いやがりましたからね。

「菅氏にキレがなくなった…」 疑問はぐらかし、言い間違いも…首相答弁力に与党不安 衆院代表質問


【国会中継】衆院本会議 各党が代表質問(2021年1月20日)

 国民舐めてるとくれば、土建政治の二階君のふざけた態度も噴飯ものでしたね。「Go To トラベル」の張本人のくせにその反省のカケラも見せず、あげくは「オリンピックが子供の笑顔につながる」なんてほざく始末だ。

 呂律の回らない口調で原稿読むだけの代表質問に野次が飛んだら、議場を睨みつけて凄んで見せたそうだ。そもそもは政界渡り鳥で、それほどの実績もないくせにいつの間にか黒幕のような地位を手に入れて、すっかり勘違いしちゃったんだろうね。

 しょせんは、年老いた地回りのヤクザまがいの爺さんに過ぎないと思うのだけど、こういうのが選挙に強いってんだから、この国の有権者のレベルもそれだけのものってことだ。

自民・二階幹事長、議場にらむ 野党に結集呼び掛けの場面でやじ

| | コメント (2)

2021年1月20日 (水)

「国民に一律10万円再支給するつもりはない」麻生太郎)・・・税金はお前の金じゃない!!&「(政府に対して)いちいちケチをつけるもんじゃない」(二階自民党幹事長)・・・殴るぞ!!

 歩く暴言野郎、ひょっとこ麻生がまたやってくれた。なんとまあ、特定給付金について「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」とさ。さらに、コロナ禍で生活困窮に陥ったひとたちへの給付も否定したそうで、オザワンが「食べ物にも事欠く方々は確実に増え、炊き出しも目立つ。政治が寄り添うべき時に、財政庁の都合により全ての可能性を簡単に否定するのはあまりに残酷な物言い」とツイートするのもむべなるかなってものです。

 そもそも、「支給をするつもりはない」って、まるで自分の金で施しするようなこと言ってるけど、原資は税金ですからね。国民の金なんだよね。税金はひょっとこの財布じゃありませんよ、ったく。

 コロナ禍を乗り切るには、まずは手厚い補償が基本なのだ。補償があればこその外出自粛、営業自粛ってことだ。それが理解できない限り、この政権がコロナ禍に打ち勝つことは絶対にできません。

一律10万円の再給付「するつもりはない」 麻生財務相

 社会性の欠如した発言ってのは、何もひょっとこ麻生ではないようで、土建政治の二階のおっさんもNHK『クローズアップ現代+』のインタビューに、政府のやり方について「いちいちケチをつけるもんじゃない」って言い放ったってね。

 論評するのも馬鹿馬鹿しいほどのクソ発言ですね。老害って言うよりも、人間としての品性の問題だろう。自民党には衆議院比例区では「72歳定年制」ってのがあるんだから、選挙区でもその規定を適用して、ひょっとこ麻生や土建政治の二階のような薄汚れた爺さんを排除したらどうだ・・・ま、世襲議員だらけの自民党に自浄作用を期待しても無理だろうけど。

| | コメント (2)

2021年1月19日 (火)

「国民に負担をお願いする政策の必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」(カス総理)・・・言ってろ!!&河野太郎がワクチン担当相の場当たり人事!!&罰則ありきの特措法改正案を自公が了承!!

 「私が、一貫して追い求めてきたものは、国民の皆さんの『安心』」そして『希望』です」で始まり、「国民に負担をお願いする政策も必要になる。その必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」で終わった特高顔のカス総理の所信表明演説。惹句と結句の呆れるほどの白々しさに、開いた口が塞がりません。

 なんでも、17日は外出しないで所信表明演説の復習をしていたというんだが、それでも随所に読み間違いがあったりして、ようするにこの男には「集中力」ってものが根本的に欠けてるんだね。だから、コロナ対策ひとつとっても場当たり的になっちまう。

菅首相の思い・本気度 今ひとつ伝わらない施政方針 従来発言繰り返し

首相、施政方針でも言い間違い 「主体」を「ゼンタイ」


菅総理 就任後初の施政方針演説(2021年1月18日)

 場当たりとくれば、雨男・河野君のワクチン担当相ってのも、その典型なんだね。そもそも、経済担当相の女体盛り・西川君がコロナ担当ってのもおかしなもので、なこんなものは厚労相が一手に引き受けるものだろう。

 雨男・河野君はツイッターでちょいと突っ込まれるとすぐブロクするので有名なんだが、気に入らない奴にはワクチン打たせないなんて言い出したりしないだろうねえ。

コロナワクチン担当の河野氏「各省ヒアリングから」始動

 最後に、カス政権が提出予定の罰則ありきの新型コロナ特措法や感染症法の改正案を自公が了承したってね。それに対して、Facebookでこんな秀逸なコメントを見つけたので、それをご紹介してお後がよろしいようで。

<新型コロナ>事業者への財政支援、義務化へ 新型コロナ特措法改正案 罰則も導入

(これより引用)

選挙民のおかげで生活成り立っているのに国民が飲食店が時短営業に従わなかったり少しでも違反をしたりすると罰則規定。
それをやるなら
違法選挙やった者
国会で居眠りやった者
公職にありながら経費と偽り
浮気ホテル代を公金で支払った者
国民に密は避けろ会食は避けろと言いながら
会議のふりして豪華な宴会をやった者
その他文春ネタになるような行為をした者
全てに罰則規定設けたらどうですか。
まずは先陣を切って潔く罰せられて下さい。
税金を国の、国民のために使う権利がるなら
正しく使う義務がある。

(引用終わり)

| | コメント (2)

2021年1月18日 (月)

東京オリンピック中止の判断を国連に・・・誰も責任とりたくないってことか!!&悪夢のカス政権支持率急落・・・軒並み30%台に!!

 昨日のエントリーで、海外メディアの「オリンピック中止の可能性」報道について書いたんだが、IOC元副会長が「スポーツの枠を超えた問題として国連に判断を委ねる可能性を指摘」したってさ。

「これは単なるスポーツの問題、国益に関する問題を超えている。第三者を探しているなら国連に行き、大会をこのまま進めるかどうか解決を求め、関与を求める事例かもしれない」

 ってんだが、つまりアメリカのTV局への放送権料などの補償なんかがあって、誰もオリンピック中止の言い出しっぺになりたくないものだから、いっそのこと国連にどうにかしてくれってことなのだろう。IOCはもとより、JOCも腹の中では「オリンピック中止」は既定路線で、要はオリンピック中止後の諸々の金銭問題をどこが責任とるかという綱引きしてるってことだ。妄想だけど。

五輪開催の可否、国連が判断? IOC名誉委員が指摘

 でもって、「東京オリンピックを必ずやり切る」の特高顔・カス総理の支持率が急落だそうで、なんと軒並み30%台になったってね。これで東京オリンピックが中止になったら、もう悪夢のカス政権はニッチもサッチもいかなくなって、自民党内からもカス降ろしの声が強まってくるんじゃないのかねえ。

 今日から始まる通常国会では、コロナはもちろん、サクラ疑惑や日本学術会議問題だって終わったわけじゃないから、おそらくサウンドバック状態になってボロボロになるのは目に見えている。ひょっとしたら、あまりの醜態に6月の閉会までもたないってこともあるんじゃないか・・・なんて妄想も楽しい月曜の朝である。

菅政権の行方に黄信号、コロナ禍で支持率急落-きょう施政方針演説

| | コメント (2)

2021年1月17日 (日)

「オリンピック中止の可能性」を報じ始めた海外メディア! それを他人事のように垂れ流す五輪オフィシャルパートナーの日本のメディア!!

 イギリスと南アフリカで変異種が確認され、コロナ禍は新たなステージに移行しつつある。てことは、国内で2月にも始まると噂されるワクチン接種の効果ってのも、ちょいとクエッションマークがついてくる。

 そうしている間にも、コロナによる死者は世界で200万人を超え、感染爆発の勢いは止まるところを知らないってのに、鮫の脳みそ・シンキロー森君は「不安はまったくない。(五輪を)やることは決まっている。準備はほとんど終わっている。どうして7月のことを今議論するのか」と能天気なこと口走っている。

 特高顔のカス総理も「東京オリンピックは必ずやり切る」とまったく根拠のない強がりをぬかして顰蹙買っているんだが、さすがに海外のメディアから「正気か!」という疑念の声が上がり始めた。

「延期された東京五輪の開催は新型コロナのパンデミックによって日に日に不可能へ向かっている。JOCとIOC双方の担当者は安全な大会を開催することは不可能かもしれないと認め始めている。日本の世論調査では80%近くが中止か再延期と回答している」(ニューヨーク・タイムズ)
「まだ東京オリンピックの開催は決まったわけではない」(ブルームバーグ)」
「ウイルスの急速な広がりが五輪の計画を危うくしている」(AP通信)

 こうした海外メディアの声を日本の新聞・TVは他人事のようにサラっと流して報道している。でも、本来ならそうした報道は日本のメディアこそがすべきことなんだよね。それができない、ていうかしようとしないのはメディアがオリンピックのオフィシャルパートナーになっているからなのだ。つまり、オリンピック利権の当事者ってことだ。

おそらく、年内にコロナ禍が収まるなんてことは不可能だろうし、「オリンピックなんかしている場合か」というのがグローバルスタンダードになるのは目に見えている。無観客なんて声もあるけど、それはもうオリンピックじゃないし、そもそもオリンピックとは何のためのものなのか・・・日本のアスリートからもオリンピックへの意見が聞こえてきてもいい頃なのではなかろうか。ていうか、発言すべきだと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2021年1月16日 (土)

【感染症法改正案】病院に患者受け入れ勧告&コロナ調査拒否・虚偽に刑事罰・・・虚偽報告で刑事罰なら安倍晋三は即逮捕だろう!!

 特措法改正に向けての地ならしの意味もあるのだろう。感染症法改正案ってのが厚労省感染部会で了承されたってね。前から言われていたように、罰則ありきの改正案で、入院拒否や感染経路の聞き取り拒否・虚偽報告した感染者に刑事罰だとさ。

 さらに、感染者や受け入れなどの協力を医療機関に勧告でき、それに従わない場合は病院名を公表するってんだから、そりゃあ日本医学連合会が反対の声明を出すわけだ。

 そもそも、入院拒否とか患者受け入れ拒否とか、その裏付けとなる数字がどれほどあるというのだろう。厚労省の役人は「(根拠を)網羅的に把握するのは難しい」って臆面もなくのたまってるくらいなんだから、こんな根拠薄弱な罰則規定は国会でキッチリ議論しなくちゃいかんだろう。

 それにしても、時短要請に応じない飲食店の名前公表といい、感染者受け入れに難色を示す病院の名前公表といい、これってつまるところ国が脅しかけてるってことなんだよね。そうした実態を調査するにはそれなりのマンパワーだって必要になってくるだろうから、そのうちやたらチクリが横行したりするんじゃないのか。

 ひょっとして、それこそが狙いだったりして。「言うこと聞かないやつは首」って公言する陰険な特高顔のカス総理ことだから、けっして妄想ってことで片づけるわけにはいかない今日この頃なのだ。

「強要なら行政が院内感染に責任を」コロナ患者受け入れ「勧告」に民間病院は困惑 感染症法改正

保健所のコロナ調査で虚偽・拒否に罰金 厚労省、改正法案で検討

金子勝教授 「政府には処罰がないのか?」…特措法改正案「罰則」等に

| | コメント (2)

2021年1月15日 (金)

「ランチも自粛」(西村コロナ担当相)→「ふざけるな!」(堀埜サイゼリア社長)・・・と一喝! グッジョブ!!

 あたかもコロナ感染爆発の元凶が飲食店であるかのようにカス政権は煽りまくっているんだが、「8時以降の外出自粛」を訴えた割には効果があまりないという批判を受けて、女体盛りの西村君が「ランチも自粛を」と言い出したんだね。相も変わらぬ口から出まかせに、とうとうサイゼリアの社長が堪忍袋の緒を切って「ふざけるな」と一喝した。いやあ、グッジョブです。

政府の相次ぐ要請に猛反発 サイゼリヤ社長「ふざけんなよと」

 そもそも、「Go To イート」で外出を奨励したくせに、それが感染爆発につながったとたんに飲食店に対して営業自粛を強要するというポンコツ政策こそがすべての元凶なんだよね。飲食店にしてみれば、「時短要請」に続いての「ランチも自粛」ってのは、営業妨害以外の何物でもない。

 そりゃあ、サイゼリアの社長ならずとも啖呵のひとつもきりたくなろうというものだ。やっぱり、補償あってこその休業要請でなくてはならないんだよね。カス政権のコロナ対策がどこかピンボケなのは、経済的な支援がとことん抜けているからなのだ。

 持続化給付金や家賃給付金も早々と締め切りになるし、定額給付金についてもまったく見向きもしない。そのくせ、何百億円もかけてアベノマスクなんて不良品をばら撒くんだから、お話になりません。

 最後に、特高顔のカス総理が朝のホテル会食自粛でストレスがたまってるってさ。馬鹿言うんじゃないよ。コロナによる失業者が巷に溢れ、自殺者だって増加の一途を辿ってるってのに、ホテル会食できないくらいで泣き入れるんじゃねえ。読売もこんな記事書いてる場合じゃないだろうに、ったく。

かみ合わない質疑・言い間違い続出…会食自粛の首相、ストレス蓄積?


| | コメント (2)

2021年1月14日 (木)

事前通告なしの質問に慌てたカス総理が、つい「国民皆保険見直し」と本音をポロリ!?

 昨日の緊急事態宣言拡大後の記者会見は、どうせ記者会との出来レースだろうということでチラっと観ただけだったんだが、どうやら最後の最後でビデオニュース・ドットコムの神保哲生君がドカンとやってくれたってね。

 なんでも、医療法と感染症の改正について神保君が鋭く追及したら、なんと特高顔のカス総理は「医療法についても今のままでいいのかどうか。国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けて行く中で、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要はあると思っています」ってしどろもどろで答えましたとさ。

 このやり取りがネットでは、「菅義偉首相が国民皆保険の見直しに言及」とちょいとした騒ぎになってるんだが、なんてことはない事前通告なしの質問に慌てちまって、つい頭に浮かんだことを口にしちゃったってのが本当のところなんだと思う。

 でも、こういう緊張感のある質問こそが、記者会見では必要なんだよね。台本通りの記者会見では、「国民皆保険」なんて本音は絶対に出てきやしません。

 そんなぬるま湯みたいな記者会見だから、やたら言い間違いをして、それを横にひっついたコロナ分科会の尾身シェンシェイがフォローするという醜態を演じることになるのだ。

 神保君とカス総理とのやり取りをどのテレビ局もスルーという現実に、この国のジャーナリズムの下劣さが現れている。それが、半藤一利の訃報の日に重なるんだから、草葉の陰でなんとも皮肉なことだと氏も嘆いていることだろう。

迷走の菅首相 言い間違え、質問に答えず…西村、尾身両氏がフォロー

「菅義偉首相が国民皆保険の見直しに言及」とSNSで話題に ⇒ 実際には何と言った?


| | コメント (2)

2021年1月13日 (水)

カス政権が目論む「違反には罰金・懲役」の新型コロナ特措法改悪案!!

 年末に野党が提出した「国による補償措置」を盛り込んだ特措法改正案を無視して、さっさと国会閉じたくせに、いまになってカス政権が特措法改正案とは片腹痛い。しかも、罰則が優先で、補償については「地方公共団体の施策を支援するために必要な財政上の措置等を講ずるよう務める」だとさ。つまり、単なる努力目標ってことだ。

 そのくせ、罰則は厳しいんだよね。たとえば、入院を拒否した感染者は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」ときたもんだ。懲役ですよ、懲役。さらに、休業要請に正当な理由なく従わない事業者には、「50万円以下の罰金」だとさ。

 私権の制限、財産権の侵害の疑いがあるこんな改悪案を、コロナへの危機感が高まる中で出してくるってのは、やっぱりその行きつく先に緊急事態条項があるに違いない。だからこそ、懲役・罰金なんてのを前面に押し出して、ちょいと世論の動向を探っているんじゃないのかねえ。

 そもそも、国会を閉じずに野党の改正案を真面目に審議していたら、いま頃は補償をセットにした特措法改正案が成立していた可能性があるんだよね。そうすれば、こんな中途半端な緊急事態宣言にはならなかったはずで、外出自粛、営業自粛もスムーズに実現したと思うけどねえ。

 いずれにしても、罰則・懲役を柱とした特措法改悪案が18日に召集される通常国会で審議されるわけで、2月初めまでには成立させようと目論んでいるようだから、強行採決で国会は大混乱になるんでしょうね。その時には、メディアはどんな立ち位置でそれを報道するんだろう。もっとも、「政治家は会食するのが仕事」なんてことを吹聴する御用コメンテーターもいるから、どんな結果になるか目に見えてはいるのだけれど・・・。

「罰則ありき」のコロナ対策強化 野党「理解に苦しむ」 政府、改正案概要を与党に提示

| | コメント (2)

2021年1月12日 (火)

「1人でも変異種が確認されれば入国を禁止」(カス総理)ってボケかましているうちに、すでに34人の変異種感染を確認!!

「仮定の質問には答えられない」・・・特高顔のカス総理の常套句って、結局のところ予測すべき危機管理を放棄しているってことを意味している。「防衛費」なんか「仮定」の最たるもので、こんなツイートがしたくなるのもむべなるかなってことなんだね。

 「仮定」の話とくれば、テレビ朝日『報道ステーション』でコロナの変異種について問われて、カス総理は「1人でも変異種が確認されれば入国を禁止」ととぼけたこと言ってたんだね。ところがどっこい、、1人どころか既に34人から変異種が確認されてるってんたから穏やかじゃない。その中には、空港検疫をすり抜けた例もあるそうだから、もはや日本の水際対策は崩壊していると言ってもいいだろう。

 そう言えば、中国の武漢でコロナが猛威をふるっている時に、習近平を国賓として迎える準備をしていたペテン師・シンゾーは、「中国国民に対して2月春節の休暇に際しての日本旅行を要請」していたんだよね。ようするに、コロナ禍のスタート時点で、既に日本には水際対策の概念がなかったってことだ。

 でもって、変異種の怖いところは、日本で確認された感染者の約7割が無症状ということだ。「日本の空港検疫の検査では陰性だった後、変異種への感染が確認された例」もあるというから、PCR検査が遅々として進まない現状を考えると、とてもじゃないけど安閑とはしていられない。

英国の「コロナ変異種」、日本で34人、検疫すり抜け「水際に限界」 世界では49カ国・地域に

英国から男性帰国後、会食相手の2人が変異種感染 14日間の健康観察期間中に<新型コロナ>

・植草一秀の『知られざる真実』
感染者確認したら対応する謎の水際対策

 あたふたと言うか、右往左往と言うか、カス政権の単なる思いつきみたいなコロナ対策にまかせておくと、小松左京が『復活の日』で描いた世界が現実のものとなりますよ。

| | コメント (2)

2021年1月11日 (月)

入院・療養先が決まらない都内のコロナ感染者が6700人・・・五輪選手村をなぜ使わない!!

 おそらく、東京の医療体制ってのは、既に崩壊しているのだろう。でなけりゃ、入院・療養先が決まらないコロナ感染者が6700人なんてことにはなりません。ついでに言えば、昨年の暮れには「これまでは一律入院としてきた65歳以上の高齢者であっても70歳未満で基礎疾患のない人は、ホテルなどの宿泊施設での療養を検討」することになってるんだね。

東京、6700人の入院・療養先決まらず 病床・人手不足で

入院待機者の悲痛な声「コロナで死ぬか餓死するか」

東京都 医療ひっ迫 70歳未満で疾患ない人 ホテル療養検討へ

 フリップ小池君は、こうした状況の中でも、「これまで以上に危機感を持つ必要がある。死亡者を出さない、重症者を出さない、医療提供体制の崩壊を防ぐという3つの柱を軸に都民の命を守り抜いていく」なんて精神論をのたまっている。

 そもそも、保健所や病床数を削減し、医師不足なんて状況に追い込んだのはどこのどいつだ。そうしたツケがコロナ禍で一気に露呈したわけで、医療体制逼迫ってのは無為無策な政治家や官僚による人災ってことだ。

 そんなんで、よくもまあ「入院拒否に刑事罰」なんてことが言えたものだ。そんなことより、希望したって入院できないという現状をどうにかしやがれ、ってなもんです。

 コロナ禍に便乗して、緊急事態条項を改憲議論の俎上に載せようという動きもあるようだし、そんな状況だからこそ一般大衆労働者諸君の政治意識が問われる今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2021年1月10日 (日)

「入院拒否に刑事罰」・・・コロナ禍を利用した政治的思惑に要注意!!

「入院拒否に刑事罰」

 昨日の東京新聞朝刊の見出しなんだが、これを目にした時、おお、そうか、救急搬送されたコロナ感染の疑いの患者を拒否するのを防ぐためか、と一瞬思ったのであった。ところが、よくよく記事を読んでみると、「新型コロナウイルス対策を強化する感染症法改正をめぐり、感染者が入院拒否した際に刑事罰を科すことを検討」してるってんで、目が点になっちまいました。

Photo_20210110085401

 感染経路を把握するための行動歴などの聞き取りを拒否した場合も罰則を検討してるそうで、カス政権は後手後手に回るコロナ対策の失敗を一般大衆労働者諸君におっかぶせようって腹なんだね。入院や聞き取りを拒否するのは言語道断だけど、だからって罰則ありきで議論が進んでいることには、なんかいやあな予感がする。

 誰でも、どこでも、いつでも気軽にPCR検査を受けられるようにして、万が一陽性の場合は専門の施設に保護する体制を整えることが先決なんじゃないのか。それをしてこなかったから、これほどまでの感染爆発をまねいたわけで、政治家にも分科会の専門家にもまったく感染防止の理念がないのが問題なのだ。

 ああ、それなのに、「入院拒否に刑事罰」って、順序が逆だろう。そもそも、刑事罰ってのもいかがなものか。もし罰則を付けるにしても、行政罰が妥当なところじゃないのか。

 こういう罰則付きの感染法改正って、拡大解釈し出したら大変なことになると思うけどねえ。コロナ禍を利用しての政治的思惑には要注意なのだ。

入院や行動歴調査を拒否すれば罰則も 自宅・宿泊療養を義務化 政府が感染症法改正を検討<新型コロナ>

| | コメント (1)

2021年1月 9日 (土)

非常事態宣言のその夜に、テレビ朝日『報道ステーション』で無知・無能をさらすカス総理!!

「経路不明の感染原因の多くは飲食によるものと専門家が指摘している」(カス総理)ってんだが、経路不明なのになぜ「飲食によるもの」とわかるんだ・・・という疑念が消えない土曜の朝である。

 でもって、特高顔のカス総理がテレビ朝日『報道ステーション』に出演して、改めてその無能ぶりをさらけ出してくれたってね。MCの富川君のカス総理への阿りも話題とか。というわけで、「百聞は一見に如かず」。是非ともご笑覧ください。

 それにしても、こんな非常時に、政治家としてはもとより、いい歳した社会人としても失格の人物が総理大臣とは・・・。アメリカで憲法修正25条によるトランプ罷免が話題になっているように、日本でも憲法15条に「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」ってあるんだよね。残念なことに、罷免する方法が規定されていないのが、なんとも歯がゆい今日この頃なのだ。

『緊急事態宣言』菅総理に聞く 全編ノーカット1

『医療体制』菅総理に聞く 全編ノーカット2

『東京五輪』菅総理に聞く 全編ノーカット3

| | コメント (2)

2021年1月 8日 (金)

緊急事態宣言の記者会見で「国民の皆さんのご協力を賜りますことをお願いして、私からの挨拶とさせて頂きます」(カス総理)・・・えっ、宴会の来賓か!!

 緊急事態宣言の記者会見をライブで観ていたんだが、いやあ、最後の間抜けな一言で食事中だったのに吹いちまうところだった。曰く、

「これまで、国民の皆さんのご協力に感謝を申し上げるとともに、今一度、ご協力を賜りますことを、お願いして、私からの挨拶とさせて頂きます」

 お前は、宴会の来賓か。オリンピックについても、「ワクチンで国民の雰囲気が変わる」ってのたまってくれちゃって、そんな緊張感の欠けた記者会見を、さらにズッコケさせてくれたのが記者連中だ。なんとまあ、幹事社だけでなくどつもこいつも事前に質問通告していたようで、特高顔のカス総理はすべての質問にペーパーに目を落としながら答えやがりました。

 こんなんだから、「更問」なんてあるわけがなく、特定給付金などの質問には結局答えず仕舞い。記者連中もそれで良しとしてるんだから、もう記者会見なんて言葉は使わずに、報告会でいいんじゃないか。

 コロナ分科会の尾身シェンシイも緊急事態宣言を解除する条件を問われて、こんなボケかましてくれました。

「まずは具体的な、しかも強い効果的な対処策をうつこと。2つ目は、国と自治体が一体感を持って、明確なメッセージを国民に伝えること。3つ目は、なるべく早く(特措)法改正をしていただいて、経済支援などとしっかりと紐付けること。4つ目は、そうした上で国民のさらなる協力が得られること」
「今申し上げた4つの条件を満たすために、社会を構成するみんながしっかり“頑張れば”、1カ月以内でもステージ3にいくことは可能だと思っている」

 いやはや、専門家に「みんながしっかり頑張ればどうにかなる」って言われちまいましたよ。舐めとのんか!!

 「ドイツ政府はこの苦境の中に、誰一人として置き去りにしない」・・・ドイツのメルケルの演説が耳について離れない緊急事態宣言の朝である。

菅首相 「必ず事態を改善させるため ありとあらゆる方策を」

経済委縮を懸念し続け…また遅れた緊急事態宣言 絞った対策で感染抑制できるのか


菅首相「制約ある生活をお願いせざるを得ない」緊急事態宣言を発出(2021年1月7日)

| | コメント (2)

2021年1月 7日 (木)

カス総理は緊急事態宣言の国会説明を、安倍晋三は桜を見る会前夜祭の明細・領収書提示を、それぞれ拒否、拒否、拒否!

 ここにきての緊急事態宣言は、明らかに「Go To キャンペーン」による感染爆発が招いたものなのだから、批判の声を無視して強行した特高顔のカス総理には説明責任がある。ああ、それなのに、カス総理の議院運営委員会への出席を自民党が拒否したってね。そもそも、自民党に拒否する権利なんてあるのだろうか。

 自民党が何と言おうと、本人にその気があれば、自ら進んで説明すればいいことで、それもできないってのは、「本来首相であれば絶対に備えていなければならない『常識的感覚』が欠落している」(郷原弁護士)ってことなのだ。そんなんだから、緊急事態宣言にあたって、平然と「年末年始 陽性者数 少なくなるだろうと考えていた」なんてことを口にできちゃうんだね。

緊急事態宣言発令、菅首相の国会説明は見送りへ 昨年は安倍氏出席も今回は自民が拒否

 「常識的感覚の欠落」とくれば、その代表選手がペテン師・シンゾーだ。桜を見る会疑惑で問題となった明細書・領収書の提示を改めて拒否したってね。いろいろゴタクを並べて言い訳しているけど、その裏付けとなる明細書・領収書を提示しさえすればすべて解決する。頑なに拒否する理由って、どこにもないはずだけどねえ。

領収書も補填原資の説明もなく…安倍氏事務所、野党に“ゼロ回答” 「桜を見る会」夕食会巡り

 こうなったら、ホテル側が積極的に再発行しますよって態度表明したらどうだ。総理大臣の犯罪に絡んだことなんだから、それって社会的な立場のある企業として義務でもあるんじゃないのか。我関せずって態度は、痛くもない腹を探られることに繋がると思うんだけど、そうまでして守らなければいけないペテン師・シンゾーとのやましい関係があるんだろうか・・・なんて疑いをかけられることになりますよ。

| | コメント (2)

2021年1月 6日 (水)

「(特措法)罰則もあるという気合を掛ける」「(オリンピック)開催しないというお考えを聞いてみたいくらいだ」(二階自民党幹事長)・・・腐ってるな!!

 いやはや、凄い話だ。何がって、時短拒否した店は、店名を晒して罰金だそうだ。土建政治の二階君なんか「罰則が目的ではないが、罰則もあるという気合を掛ける」とさ。ヤクザ顔負けの言い草だ。んなことより、手厚い補償をちゃんと議論するのが筋だろう。

時短拒否の飲食店を公表へ 緊急事態で特措法の政令を改正

要請拒否の事業者への罰則 政府と与党は前向き、野党は慎重「まず補償」…特措法改正巡り溝<新型コロナ>

 罰則ってのは、すなわち私権の制限に繋がることなんだから、極めて慎重でなくてはいけない。なぜなら、権力ってのは、自らに都合のいいように法律を運用しかねないからだ。たとえば、国旗・国歌法なんかその典型なんだね。「強制はしない」って言っておきながら、いつのまにか教育の現場では国旗・国歌に楯突く教師は平気で処分されてますからね。

 飲食店にとっては「時短」や「休業要請」ってのは死活問題なんだよね。ラッシャー木村じゃないんだから「耐えて燃えろ」なんてことはできないのだ。耐えてるうちに野垂れ死にしちゃいますよ。これはもう、政治によるいじめですね。

 でもって、土建政治の二階君は、オリンピックについてもこんなクソ発言してます。

「開催しないということのお考えを聞いてみたいぐらいだ」
「自民党として開催促進の決議をしても良いくらいに思っている」

 ああ、いくらでも聞かせてやるから、ツラア出しやがれ、ってなもんです。こんな薄汚い老害政治屋に牛耳られているんだから、自民党も落ちたものだ。この爺さんのツラ見るたびに、腐臭が漂ってくる今日この頃なのだ。

二階氏、五輪「開催しないお考え聞いてみたいぐらいだ」

| | コメント (2)

2021年1月 5日 (火)

映画館・劇場は対象外で、飲食店いじめの緊急事態ザル宣言!!&「店名公表」も示唆する都知事の陰険!!

 ペーパー読みながらの特高顔のカス総理の年頭会見は、ただただ不安感を煽るだけで、有効なコロナ対策はノーアイデアってことを露呈しただけでしたね。いろいろゴタクを並べてはいるけど、結局のところ、「経路不明の感染源の多くは飲食によるものと専門家が指摘している」→「飲食店の時間短縮に協力いただくことが最も有効」→「緊急事態宣言の検討に入る」ってことなんだね。

感染拡大止まらず…否めぬ甘い見通し、遅い対応 緊急事態宣言に方針転換の菅首相<新型コロナ>

 つまり、「Go To トラベル」「Go To イート」は大失敗って言ってるようなものなんだが、「経路不明の感染源の多くは飲食」という根拠はどこにあるんだろう。「Go To トラベル」で感染者が増えたというエビデンスはない、って言い募っていたんだから、飲食が発生源というエビデンスを示してみやがれ。さらに、それを指摘している専門家ってのはどこのどいつか名を名乗れ、ってなもんです。

 でも、飲食店は目の敵にするくせに、「映画館や劇場などの施設は入場制限に含めない方向で考えている」ってんだから、7日にも発令される「緊急事態宣言」ってのはザルってことだ。

 飲食店いじめはフリップ小池君も積極的で、「要請に応じない店に対しては、コロナ対策の特別措置法45条に基づき『店名公表も活用し、感染拡大を何としても抑えていく』と表明」しましたとさ。パチンコいじめに突っ走ったイソジン吉村君をつい思い出しちまった。

緊急事態下、店名公表も 都知事「実効性高める」―新型コロナ

 いまさら言っても始まらないが、去年の緊急事態宣言の時に、飲食店に休業補償をして、1人当たり20~30万円の特定給付金を支給して、その上で2~3ケ月の「ロックダウン」を実行すれば、ここまで状況は悪くなっていなかったんじゃないのかねえ・・・個人の感想だけど。

 このままだと、無能な政治屋や役人のせいで、日本の居酒屋文化は消滅することになりますよ。


【LIVE】菅総理 年頭記者会見 緊急事態宣言の検討を発表 (2021年1月4日)

| | コメント (1)

2021年1月 4日 (月)

「緊急事態宣言」より「罰則付きの特措法改正」を目論むカス政権・・・野党が提出した「休業補償付きの特措法改正案」を反故にするつもりか!!&箱根駅伝の観衆批判に走るメディアの自粛警察化!!

 特高顔のカス総理が記者会見するそうだが、おそらく緊急事態宣言なんかできるわけもなく、グダグダ言い訳したあげくに罰則付きの特措法改正をほのめかすんじゃないのかねえ。緊急事態条項も視野に入れた議論に持っていければ、こんなに都合のいいことはありませんからね。

緊急宣言、効果を疑問視 特措法改正を優先―政府

 特措法改正については年末に野党が既に改正案を国会に提出しているんだから、コロナ対策に本気なら国会閉じずに審議するべきだったのだ。

 野党の改正案には、「知事の権限強化」や「休業要請に応じた事業者などに知事が給付金を支給できるとしたうえで、費用は全額または一部を国が負担」などが盛り込まれているんだから、これをたたき台にして年明けにも国会で成立させていれば、フリップ小池君たちが「緊急事態宣言」をわざわざ直訴しなくても済んだかもしれないんだね。

 メディアもこうした野党の提案をしっかり報道しやがれ。

新型コロナ 特措法改正案を野党が提出 知事の権限強化を

 ところで、箱根駅伝の沿道の応援がやたらバッシングされているんだけど、実際には沿道の観衆は85%減だったそうだ。そもそも、応援は控えましょうとアナウンスされたって、家のそばを選手が走ってたらちょいと見に行きたくなっても責められないんじゃないのかねえ。テレビでは確かに密な状況が映し出されていたけど、望遠で撮っているとけっこう密な映像になるのも事実なのだ。

 よく新宿なんかの改札を大勢の乗客が行きかっている映像が流れて、「今日も人出が・・」なんて批判的なナレーションがあったりするけど、これも望遠で撮っているから人の重なりが妙に濃厚に映し出されるのが原因とも言われている。

 箱根駅伝の応援批判は、なんか自粛警察につながる香ばしさがある。仮に無観客でオリンピックが開催されたとして、マラソンの沿道からの応援も箱根駅伝のように批判されるのだろうか・・・するわけきゃないだろう。メディアはコロナ禍におけるアスリートの戦いを美化しつつ、それを応援する沿道の観衆もまた美談仕立てにするに決まってます。

 そんなに沿道の応援を批判するなら、箱根駅伝に限らず、コロナ禍にあって敢えてイベント開催すること、それ自体を議論するのが先なんじゃないのか。

コロナで沿道様変わり、観戦者85%減…声援自粛・給水員はマスク

箱根駅伝 人途切れぬ沿道 日本テレビもついに赤テロップ表示で注意呼びかけ

| | コメント (1)

2021年1月 3日 (日)

東京都が「緊急事態宣言」を要請・・・国と都が責任のなすりつけ合いしている場合か!!

 フリップ大喜利の言葉遊びも限界にきて、とうとうフリップ小池君が神奈川、埼玉、千葉の知事を引き連れて「緊急事態宣言」を国に直訴した。1日のコロナ感染者が1300人超となって、もうこれ以上言葉遊びしてると自分の首が危ないってんで、国に強硬姿勢を見せてコロナ対策のマウントを取りにいったんだろうね。個人の感想だけど。

感染拡大が止まらない首都圏の4知事、緊急事態宣言発令を国に要請

 でも、よく考えてみれば、コロナが猛威を奮ってからというもの、フリップ小池君はどんな具体的な政策に取り組んだと言うでしょう。「ステイホーム」だの「営業時間短縮」だの、ついには「コロナを甘く見ないで」なんてことまで口にして、これすべて都民へのお願い事なんだよね。

 もちろん、東京都にできることってのは限られてはいるんだが、だからこそ国との交渉ってのが肝だったんだね。ああ、それなのに、特高顔のカス総理との政治的な綱引きにかまけて、結局のところ効果的な政策は何も打てずじまいだったってわけだ。

 これは国も同じようなもので、なんとフリップ小池君たちの「緊急事態宣言」要請に対して、女体盛りの西村君は「4月の緊急事態宣言と同等の対応を行う」なんてわけわんないココメントする始末だ。でもって、飲食店に対してさらなる「営業時間短縮」などの取り組みを都側に突き付けたってね。

 でも、これ以上の「営業時間短縮」なんてしてごらんなさい。多くの飲食店は潰れますよ。くろねこの地元のバーなんか、「1月、2月もいまの状態が続いたら苦しい」って泣きが入り始めましたからね。

 「営業時間短縮するなら金をくれ」ってのが本音で、ようするに「休業要請と補償はセット」の原点に返らないとダメなんだよね。それを「休業要請と罰則はセット」の特措法改正を企んでるんだから、何をかいわんやなのだ。

 「休業要請と補償はセット」と同時に、特定定額給付金も復活させて、今度は思い切って1人30万円くらいのインパクトある政策打たないと大変なことになりますよ。アベノマスクに何百億円もかけたこと考えれば、やる気になればやれますよ。いっそのことオリンピック止めちゃえば、その予算だって浮くんだからできないことはない・・・ってなことを我が家のドラ猫に正月早々囁いてみる、箱根駅伝の母校の出遅れに気もそぞろの朝である。


【ノーカット】1都3県知事 緊急事態宣言を要請、西村経済再生相・小池都知事らコメント(2021年1月2日)

| | コメント (1)

2021年1月 2日 (土)

自民党が「議員年金復活」を検討・・・コロナによる生活困窮者には目もくれず、よくもまあ!!

 そもそも、「富の再分配」ってのが政治の大きな役割なんだが、この国はいつの頃からか「自己責任」って言葉が飛び交い始め、ついには総理大臣が「自助→共助→公助」なんて言い出して、とうとう民間が「大人食堂」を開設して困窮者支援に当たらないとニッチもサッチも行かない状況に追い込まれてしまった。

議員年金の復活検討 自民党 「特権」に世論反発も

・田中龍作ジャーナル
大人食堂料理長「アベノマスク返すから税金返せ」

 ところが、「自己責任」を押し付ける政治家ってのは、自らを律するどころか「公助」が大好きなんだから話にならない。なんとまあ「自民党が2006年に廃止された国会議員互助年金と、11年廃止の地方議員年金の復活に向けた検討に入った」ってね。

 議員年金ってのは、「国会議員の場合、保険料は年126万6千円で10年間支払えば、65歳から年412万円が支給され、在職期間が1年増えるごとに年8万2400円増額されるという仕組み」で、まさに「特権」そのものなんだね。

 ところが、そんな「特権」が2006年に廃止され、それによって地方議員のなりてがいなくなりましたとさ。だから、ついでに国会議員も含めて議員年金復活を画策はしてるんだと。国会議員はともかく、地方議員の場合はスウェーデンのように国によっては無報酬のボランティアなんてことだってあるんだから、「年金がないから議員のなりてがいない」って発想が倒錯してるんだよね。

 そもそも、議員に年金ってんなら、法改正して一般の厚生年金に加入できるようにすればいい話だ。それをしないで議員のための特別な年金ってのは、つまるところ自分たちの特権だけは確保しようってことなのだ。

 「コロナが収束すれば検討を本格的に進めていく」そうで、このままだと一般大衆労働者諸君は無能な利権亡者どもにケツの毛まだ毟り取られることになりますよ。

議員年金の復活検討 自民党 「特権」に世論反発も

| | コメント (1)

2021年1月 1日 (金)

「世界の団結の象徴となる東京五輪を開催」・・・これがコロナ禍の総理大臣の年頭所感とは!!

明けましておめでとうございます。

  とは言ったものの、コロナ感染者が東京で1300人を超え、全国では4500人超という、なんとも重苦しい年明けとなったものだ。こういう緊急事態の時ってのは、どんな世界でもトップのリーダーシップがモノを言うのだが、特高顔のカス総理の年頭所感からは危機感の「き」の字も感じられず、正月早々、頭がクラクラしちまった。

「我が国は、多国間主義を重視しながら、『団結した世界』の実現を目指し、ポストコロナの秩序づくりを主導してまいります」
「今年の夏、世界の団結の象徴となる東京オリンピック・パラリンピック競技大会を開催いたします。安全・安心な大会を実現すべく、しっかりと準備を進めてまいります」

  コロナがいつ終息かるのか見当もつかないってのに、「ポストコロナの秩序づくり」ってなんのこっちゃ。「人類が打ち勝った証」と言い募っていたオリンピックを「世界の団結の象徴」に表現を変えてきたのは、何が何でもオリンピック開催宣言ってことなんだろうね。これまた空気の読めないことで。

 おそらく、この原稿って何日か前から用意されていたんだろうね。でなけりゃ、東京で1300人超のコロナ感染者というその日、こんな能天気な年頭所感なんて公表できるわけがない。

 4日にも緊急会見があるってんだが、そんなことより早く国会を開きやがれ。年末には「必要なことであれば躊躇することなく、特措法改正案を次期国会に提出し、成立させたい」って言ってたんだから、四の五の言わずに正月休み返上してでも国会を召集するのが正しい危機管理の在り方だろう。

 コロナに明け、コロナに暮れた2020年が終わり、2021年がコロナで世界が終わりにならないことを祈りつつ、今年もよろしくお願いします。

菅内閣総理大臣 令和3年 年頭所感

菅首相「コロナで世界の団結必要、象徴として五輪開催」=年頭所感

都知事が緊急事態宣言に触れる中、政府来年のコロナ対応は

| | コメント (1)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »