マスゴミ

2016年2月13日 (土)

甘利ワイロ事件とゲス不倫とどっちが重要な問題か・・・ちょっと考えればわかりそうもんなのに、新聞・TVはそこまで落ちぶれちまったのか。

 ゲス不倫の宮崎君が議員辞職。女子アナ崩れの丸川君はここにきて発言撤回。それにしても、どちらの会見も、「こいつ反省してないな」ってのがミエミエで、「お前ら何様のつもり」ってのが正直な感想ですね。

 公募で採用された男と元女子アナという人気稼業の女性議員。およそ政治家としての素養とは関係ないところで候補者選びするのが自民党の得意技ですからね。「SPEED」の今井君もこのラインの延長線上にあるわけで、ますますこの国の政治は劣化の坂道を転げ落ちていくことでしょう。

 でもって、化粧崩れの総務大臣・高市君の「言うこと聞かないと電波止めるぞ」発言が権力による言論弾圧に繋がるという声がかまびすしい最中に、なんと産経新聞の論説委員と政治部長がペテン総理と会食。こういう無神経さに、この国のメディアと権力とのズフズブの関係が垣間見えるってわけだ。化粧崩れの総務大臣の発言というのも、こうした背景を十分にわかった上でのアドバルーンで、こうやって世論の反応を探ってるんだね。

<電波停止>「政治的公平性」解釈で政府統一見解

 閣僚のスキャンダルが相次いで浮上するのは、第一次安倍政権の末期ととてもよく似ているんだが、あの時と今との大きな違いは、なんと言っても新聞・TVがお仲間に加わっているってことだ。だから、閣僚スキャンダルをテコにして政権を揺るがすことは、けっこう難しい。権力の監視という機能を新聞・TVが果たしていれば、ワイロ甘利だってパテイー高木だって、今頃は議員辞職に追い込まれていても不思議じゃないんだからね。それがいまだに白昼堂々と永田町を闊歩しているんだから、まさにこの国の政治は無法地帯ってことだ。

 そんなことをツラツラ考えていたら、せっかく治りかけていた風邪がぶりかえしそうな土曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2015年12月22日 (火)

政治家の嘘や暴言が諸悪の根源なのに、知らん顔する新聞・TVが一番タチが悪い。

 新国立競技場はA案が有力だそうだ。鮫の脳みそが「B案がいい」ってわざわざ言ってのけたのは実はA案を通すため、って噂はやっぱりねってなもんです。

 ところで、国立市の市議会議長が、「出生届に嫡出子か非嫡出子(婚外子)かを記載する欄の廃止を国に促すよう陳情した女性が『婚姻届を出さずに子どもを育てることを同僚に“ひどい母親だ”と非難された』」と訴えた委員会で、「当然だよ」って野次を飛ばした議長が女性の反逆にあって謝罪、辞任した。このオッサンは「当時の社会情勢では当然のことだったのでは、とつぶやいたつもりで、陳情者を批判するつもりはなかった」って言い訳してるんだが、まったく反省してませんね。

国立市議長が謝罪、辞任 事実婚育児めぐり差別的やじ

 それにしても、地方議会も中央政界も、政治家の暴言、妄論、さらには嘘について、どうしてこうも寛容になってしまったんだろう。その最たるものがペテン総理なんだが、「早く質問しろよ」「日教組、日教組」なんて野次は、それだけで懲罰もんだ。NHKはそんな野次を「着席発言」って呼んでいたけど、そういうメディアのあり方が政治家シェンシェイをつけあがらせているんだね。

 諸悪の根源は、新聞・TVが政治家の嘘や暴言を見て見ぬ振りをするどころか、これみよがしに垂れ流すことにある。どれだけ批判されようと、蛙のツラになんとやらで、いまだにペテン総理の酒池肉林接待にいそいそと足を運ぶメディアの幹部連中がいる限り、来年の参議院選挙は凄まじい結果になるんじゃないかと二日酔いの頭で妄想する火曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015年7月14日 (火)

「(沖縄は)もう国としてもある意味、見限ってもいいような気がするが、いかがでしょうか「もう、そんな連中は放っておいてもいいと思うが、いかがでしょうか」(時事通信記者)・・・こういう心根の腐ったのがジャーナリスト面していることに、安倍晋三を調子づかせる一因がある。

 安保法制=戦争法案は、何が何でも明日強行採決する腹のようですね。

「私も丁寧に説明してきて、理解は進んできたと思う。各議員の協力でさらに理解を得られるようにしていきたい」(安倍晋三)

「もう論点は出尽くしている。賛成と反対の視点が固まっていれば、同じ事の繰り返しになる」(谷垣禎一)

「審議時間が100時間を超えており、また、維新の党から対案を出されたこともあって、論点はだいぶ整理されて、議論がされてきているというふうに思ってます」(菅義偉)

 こういう言い草ってのは、国民を舐めきってる証拠だね。どこの世論調査だって「説明不足」という声が圧倒的だってのに、よくもまあヌケヌケと口にできるもんだ。ここまでレレレのシンゾー一派が国民を舐めきった発言してもドヤ顔してられるのは、ひとえに新聞・TVの偏向報道のおかげです。なんてったって幹部連中が夜毎の接待漬けで飼いならされちゃってますからね。

 で、上が腐れば下も腐るのが世の常で、現場の記者連中もロクなもんじゃありません。とうとう、時事通信の記者が昨日の官房長官の定例記者会見で、沖縄県議会が埋め立て用の土砂の規制条例を成立させたことについて、「沖縄が(第2滑走路の)工期短縮を難しくするような決断をしたことについて、もう国としてもある意味、見限ってもいいような気がするが、いかがでしょうか」「もう、そんな連中は放っておいてもいいと思うが、いかがでしょうか」ってぬかしたってね。

 時事通信は「不適切な表現で、極めて遺憾だと考えている。すでに本人に注意をした」ってんだが、この発言は売文家・百田尚樹の「沖縄の新聞はつぶせ」発言と根っこは同じです。沖縄に対する明らかな差別意識の発露で、注意だけでシャンシャンと済ませていいもんじゃない。それこそ、ジャーナリストとしての資質の問題が問われている。もっとも、レレレのシンゾーと酒食を共にすることが仕事の田崎史郎なんてのが解説委員務めてる通信社ですからね。ジャーナリズムとしての自覚なんてのを期待するほうが土台無理な話なんだね。

時事通信、記者を注意 沖縄巡る質問で「不適切な表現」

 こういう心根が腐った記者もどきは、匿名報道なんてのは生ぬるい。実名報道して、ちゃんと落とし前つけないと、日本のジャーナリズムそのものが腐り果てていると世界中から物笑いのタネにされますぜ・・・って、もうとっくにされてるか。なんてったって、沖縄慰霊の日に「なぜ、安倍首相に『帰れ!』と言っている人々を映さないんだ」って海外メディアにツイートされちゃっても、蛙の面になんとやらでダンマリ決め込んじゃうヘタレですからね。

 明日とも噂される強行採決に、この国のジャーナリズム(そんなのがあったらのことだけど)は、いったいどんな報道をするのか、興味は尽きない今日この頃である。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2014年9月13日 (土)

朝日新聞へのバッシングの裏には、権力のプロパガンダ装置と化したメディアの姿が仄見える。

 朝日新聞へのパッシングが止まるところを知らない。自分のことは棚に上げた産経、読売の火事場泥棒まがいの朝日攻撃は、ひょっとしたらレレレのシンゾーの代弁者としてのお墨付きがあればこそなんじゃなかろうかと疑いたくもなろうというものだ。こうした言論機関による同じ言論機関に対する罵詈雑言というのは、少なからず権力側を利するものであって、もちっと抑制的にならないと、そのうち言論統制の口実になりかねませんよ、ったく。

 なによりも、鬼の首でも取ったかのように居丈高に朝日批判する新聞・TVだって、小沢狂想曲の時の恣意的な報道を考えれば、けっして他人のことをとやかく言えた義理ではありません。吉田調書の「誤報」に比べたら、こちらの方がもっと悪質かもしれないね。なんてったって、某TBSなんかはありもしない「事実」を再現ビデオとして流してたくらいで、小沢狂想曲の渦中では「誤報」どころか「捏造」に近い記事だってさんざん垂れ流されてたんですからね。もっとも、それに朝日も加担してはいたんだが・・・。

 にしても、ここまでひとつの新聞を叩きまくるってのは、やっぱり異常だ。常軌を逸している。朝日攻撃の品格のカケラもない罵詈雑言の裏には、権力のプロパガンダ装置と化したメディアの姿がチラホラ見える今日この頃なのだ。

・街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋
朝日新聞「誤報」事件  秘密保護法の生け贄

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年7月29日 (火)

麻生派研修会で割烹着姿ではしゃぎまわる女性記者&「国民が安全保障に臆病だから」(菅官房長官)安倍政権の支持率が低下したんだとさ。

 組織というのはトップが腐ると下もとことん腐るもので、レレレのシンゾーと酒食を共にするマスメディアの幹部連中を見習ったってことなんでしょうか、ひょっとこ麻生の派閥研修会に参加した番記者たちのはしゃぎようがとんでもなくお下劣だったとか。

 なかでも、「女性記者は割烹着を着て、“改造はあります!”と小保方晴子さんのモノマネをしながらAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を歌いました」ってんだから、これはほとんどキャバクラですね。

 上も下も権力とつるんで、そこに屈託を感じるならまだしも、自分たちも権力を握っているかのように錯覚して、美味しい汁をすすってるんだから、まともな記事なんて書けるわけがない。女性アナウンサーが軒並みクラブのチーママ状態になったように、いまでは女性記者がキャバクラ嬢まがいのことやってんだから、セクハラ野次なんてのにも寛容になっちまうわけです。

 新聞記者が“女”であることを武器にして媚売ってちゃ、いつまでたっても女性の社会進出なんて本物にはなりませんよ、ったく。

9月内閣改造で大ハシャギ 麻生派「派閥研修会」のお下劣

 ところで、貧相顔の官房長官・菅君が、来日中のカナダの外務大臣から安倍政権支持率低下の理由を聞かれて、「国民が安全保障に臆病だからです」って答えたそうだ。東京新聞が小さく報道してたんだけど、何をたわけたことをおっしゃっしゃってくれちゃってんでしょう。安全保障に臆病なんじゃなくて、嘘ついてでもやりたい放題をかましてくれることに危機感を覚えてるからこその支持率低下だってのに、何言ってんだか。

Photo

 ようするに、レレレのシンゾー一派のセンセイ方の人品骨柄の卑しさに辟易してるんです、一般大衆労働者諸君は。そこをまったく理解していないところがこの政権の痛いところなんだね。東京新聞「本音のコラム」でルポライターの鎌田慧氏が、「戦争をしたがる政府の敵は国民である。戦中に猛威を振るった憲兵隊の残虐さを見るとよくわかる」って書いていたけど、「国民が安全保障に臆病だから」って言葉こそ国民に対する敵意の表れなのかもしれない、そんな気がする夏の日差しが爽やかな火曜の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

F16墜落という最悪のタイミングでもオスプレイ陸揚げを強行する宗主国アメリカ&「原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人」と野次飛ばす「赤新聞(=イエロージャーナリズム)」。

 オスプレイが岩国基地に陸揚げされた。文句のひとつも言うべき政府が、「アメリカの決めたことだから」って知らん顔してるんだから、そりゃあ、どんなに反対があろうがアメリカにしてみれば屁でもない。根室沖ではF16が墜落するという、ま、普通なら米軍にとって最悪なタイミングだってのに、まったく問題にならないんだから、いかにノダメ一派が舐めつくされているかわかろうというものだ。なんちゃって外務大臣の玄葉君や年寄りのお使いの森本君なんか、アメリカサイドに立って沖縄に説得に行っちゃうんだから、売国奴ってのはこういうのを言うんでしょうね。

 しかし、逆に考えると、オスプレイってのは本土上空でも飛行訓練しようっていうんだから、そのことが沖縄と本土の基地問題に対する温度差を縮めてくれるきっかけになるかもしれない・・・なんてことを妄想したりする今日この頃。そりゃそうでしょう、いつ落っこちるかわかんない危険な代物が、超低空で訓練飛行するんだから、基地問題はうんと身近になるもんね。ならなくちゃおかしい。これをきっかけに、基地問題が、「沖縄基地問題」ではなく「全国基地問題」という視点で語られるようになるなら、オスプレイ強行配備ってのはとてつもなく大きな意味をもっているってことになるんだろうね。

 ところで、「さようなら原発10万人集会」における坂本龍一の発言に、今度は産経新聞がイチャモンつけてるね。ま、読むに耐えられる代物ではないので、無視するにこしたことはないのだが、おそらくこの「産経抄」ってコラムが言いたかったのは最後の数行にあるんじゃないだろうか。

(これより引用)

昨日の首相官邸周辺でのデモには鳩山由紀夫元首相も参加した。原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋どもに踊らされていることに参加者はそろそろ気付かれた方がいい。

(引用終わり)

 特に言いたかったのは、「原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人」ってとこでしょうね。こういう抗議行動なんかを批判する時の最終的な常套句ってのがこれですから。ま、わかりやすいっちゃわかりやすいんだけど、こうしたレッテル貼りってのは、その時点で思考停止してますから、理屈にも何もなっちゃいません。それにしても、時代錯誤というか、なんともアナクロな表現には、妙な懐かしさを覚えてしまった。いまだにこういう視点で物申す産経新聞てのは、自民党の機関紙と揶揄された頃の方がまだ保守の矜持みたいなものがあったような気がするのだが、このコラムにはその影すらないってのは敵ながら哀れなことよ。「赤新聞(=イエロージャーナリズム)」ってのは、こういうのを言うのでしょうね。産経新聞おそるるに足らず、ってことだけはよくわかった月曜の朝であった。

・産経抄 7月21日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月12日 (月)

自転車野郎から口だけ評論家に格下げだね、谷垣君。

 毎年この時季になると垣根の植え込みが生い茂ってきて、ゴールデンウイーク中にせっこら剪定していたのだが、どうも今年は天候不順のせいか垣根の植え込みも元気がない。週末の初夏のような日差しに垣根もグンと生い茂ってくるかと期待していたら、なんのことはない週が明けてみたら冷たい春雨。いったい今年の天候はどうなってるんだか。

 どうなってるんだかといえば、自転車野郎の谷垣君は、相も変わらず打倒民主を口走っているようだが、そろそろ具体的な政策で真っ向から論争挑んだらどうだろう。週末も奈良県連での挨拶で、「民主党の乱暴な政治に歯止めを掛けるには、自民党が真っ正面から取り組まなければだめだと思っている方が多い。私も政治生命を懸けて7月の参院選に突進していく覚悟を新たに固めた」(時事通信より)とくっちゃべったそうだが、いつまでも評論家みたいに現状分析していても始まらないよ。

 なによりも、インパクトのある対立軸がないんだよね、自転車野郎には。大嫌いだけど、差別発言男・平沼君のような超保守主義の方がその点はハッキリしているから喧嘩もできる。もっとも、数合わせでまったく思想信条の異なるよごれ髪与謝野君と一緒になっちゃったから、ただの野合で終わっちゃったけどね。こうなったら、いっそのこと自転車野郎谷垣君が離党して民主党と一緒になったらいかが・・・ま、これは悪い冗談にしても、それくらい民主党との鮮明な違いを出せないでいるんだよね。このままいったら、自転車野郎から口だけ評論家に格下げだね。

 ところで、4月10日の産経新聞に、『首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで』という記事が載っていた。たまたまネットのニュース検索で知ったのだが、これを読んだ時は、へえー、鳩山ポッポ君もやるじゃないと思ったのだが、どうも他のメディアはまったく触れた様子がない。日本の首相が「アメリカの言いなりになんかならないよ」って啖呵をきったようなものなんだから、これが事実ならその日のトップニュースでしょ、普通なら。

 で、どうも変だと思ってたら、どうやら産経新聞の脚色だったらしい。詳しくは、udonenogureさんのブログにおまかせするが、原典(タイム誌)にあたってみると、どうやら都合のいいように原稿をいじくっていたらしい。つまり、言葉は悪いが捏造ですね。誤報よりももっとタチが悪い。小沢狂想曲の渦中で石川議員が逮捕された時も、様々な捏造もどきの誤報が飛び交ったが、こんなの許しておいていいのだろうか。 民主党に限らず、政党や政治家はメディアの作為的な記事に対してもっと毅然とした態度をとるべきだと思う。でなければ、メディアに緊張感は生まれない。メディアに緊張感があれば、たとえばタレントもどきのコメンテーターの言いたい放題だって許されるわけもないのだから。

 いずれにしても、今回の産経新聞の記事に代表される、捏造もどきの不正確な記事を垂れ流している日本のジャーナリズムに未来のないことだけは確かだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

政界の秘密組織!?

 小沢一郎の側近といわれた元参議院議員の平野貞夫の『平成政治の20年史』(幻冬舎新書)をようやく読了。このテの回想録なり政治裏面史は数あれど、これだけの快(怪)作はそうそうないだろう。登場する政治家、経済人、ジャーナリスト等々、すべて実名というところにも、ドキュメンタリーとしての凄みを感じる。55年体制崩壊後の日本の政治が、どんな意図のもとに動いてきたのか・・・まるで、小沢狂想曲を発端とする現在の政治状況のひな型がそこにはある。つまり、この国の政治は、実のところ戦後から一貫して何も変わっていないのではないか、その裏にはアメリカはもちろん、それを是とするジャーナリズムや経済人、そして何も知らない、知ろうともしない国民がいるのではないかという思いが心に走る。それはともかく、55年体制崩壊後の政治がどんなメカニズムで動いてきたかを知るには、絶好の書であることは間違いない。

 で、この中で「三宝会」という気になる組織がチラっと出てくる。これは1996年に竹下元首相によって作られたもので、表向きは、「新聞、テレビ、雑誌などで活躍しているジャーナリストを中心に、政治改革や行政改革に反対する政・官・財の関係者が、定期的に情報交換する談合組織」(『平成政治の20年史』より)といわれている。

 ところが、この「三法会」なるものは、実は自民党にとって最大の脅威であった小沢一郎をメディアを使ってつぶすための組織だっという噂が根強くある。そのメンバーリストはネットにも流出しているから、誰でも検索すれば見ることができる。なかには大新聞のお歴々もいれば、世話人には某TV局のキャスターの名前もある。名誉毀損で訴えられたという話は聞いたことがないから、おそらくこのリストは本物なのだろう。なんてったって、表向きは政治家とジャーナリストなどの親睦会なのだから。

 その真偽はともかく、まるで半村良の『伝説シリーズ』を彷彿とさせる政界の秘密組織というところが、なんとも想像力を刺激してくれる。政治を裏で操る鎌倉の老人、なんてフィクサーもそうしたドラマには欠かせないキャラだが、あながちフィクションの世界だけの存在ではないのかもしれない。

 いやー、こうした闇の組織って、ゾクゾクしちゃうな。さしずめ、生方君なんか組織の下っ端の下っ端で、鉄砲玉みたいなものだったりして。そういえば、週末はTVに出まくってたけど、ICレコーダーで録音したことや、それをTVに流したこと、さらには高嶋君に断って録音したのかどうか、なんてことは誰も聞きゃしないもんね・・・間違ってたらごめんなさいね、、ちょっと想像力を逞しくしてみただけですから、悪しからず^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

沖縄の海に基地は似合わない

名護市長選は、僅差ながら基地反対派の稲嶺君が当選。
これで辺野古への基地移設は白紙になるかというと
まだまだ予断は許さない。
ひとつハッキリしていることは、
自公政権による日米合意を見直すきっかけができた
というところだう。

さて、この選挙結果を受けた新聞各紙の報道はというと、
ほとんどが「辺野古移設、困難に」といった論調で、
朝日新聞などは那覇支局長の署名の解説で、
「安保体制を支えてきた構造を見直さない限り、
基地問題の解決はない」とまで書いていた。

これってその通りだと思うが、そう言うのならば、
ついこの間まで「日米合意を守らないとアメリカが怒るぞ」
と煽って民主党を非難していたのは何だったのだろう。
あの扇情的報道にのっとるなら、
今度は基地反対に一票投じた市民に向かって
「そんなことしたらアメリカが怒るぞ」って言うのが筋だろう。
まさか、そうは言えないのはわかっている。
だからこその那覇支局長の署名原稿なのだろう。
つまり、個人の意見という体裁をとっておけば、
これまでの報道姿勢との矛盾は突っつかれないでもすむからね。

とまあ、ついついそんな邪推(?)もしたくなるのだが、
いま新聞やTVなどのメディアがすべきことは
「辺野古移設困難に」などと傍観するのではなく、
県外移設、国外移設を含めて民主党の移設場所探しを
応援することにあると思う。
「アメリカ怒らせちゃまずいぞキャンペーン」はもう忘れてあげるから、
名護市民の選択が基地反対となったいまは、
今後の基地とはどうあるべきかを含めて
自らの意見を明確にしてほしい。
それでも、日米合意が大切で、辺野古に基地は必要というなら、
その時は堂々と沖縄県民に向けて持論を展開して欲しいものだ。

インド洋給油も
中止したらアメリカが怒るぞって言ってたよね、君たちは。
でも、アメリカはそんなこと痛くもかゆくもない
ということも知ってたんだよね。
きっと、沖縄基地問題も同じだと思う。
そろそろアメリカの傘の下から抜け出して、
自らの思想、哲学でものを語ってみたらいかがだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月24日 (日)

水谷建設とは何ぞや、そしてその供述の信憑性は?

小沢君の事情聴取も終わり、
果たして小沢狂想曲がどんな形で進展していくのか、
しばらくは静観するしかないが、
この一連の騒動の中でひとつ気になっていることがある。
それが、水谷建設とは何ぞや、という疑問だ。
5000万円渡したという元水谷建設の幹部の供述が一人歩きして、
いつのまにかその供述があたかも真実であるかのように報道されている。

しかし、ちょっと待ってもらいたい。
この供述がどんな状況でなされたのか、
そしてそれは信ずるにたるものなか、
そうした検証なくしてこの供述を鵜呑みにしていいものなか。
そんな疑問を抱く報道機関はどこにも見当たらないのが不思議でならない。

と思っていたら、ゲンダイがやってくれました。
「小沢側に1億円 水谷建設元会長に偽証の過去」
と題された22日の記事によれば、
この会長は脱税の罪で服役中の身であり、
特捜部長の佐久間某がヘタうった
佐藤栄佐久前福島県知事の収賄事件の折に
偽証を働いた前科があるという。

小沢側に1億円 水谷建設元会長に偽証の過去

このことは、郷原弁護士が
『バックインジャーナル』に出演した際にも発言していたことだが、
その後どのマスコミもこのことをスルーしたまま
供述があったという事実のみを垂れ流しているのがどうも解せなかった。
水谷建設元幹部の供述は小沢狂想曲の中でも、
唯一具体性のある情報だ。
つまり、一連の金の流れに裏金があったか否かを判定する
重要なファクターとなっている。
その供述の背景にある胡散臭さを報道しないのは、
そこに何らかの意図があるからに違いない。
ここが崩れたら検察が描くストーリーは成り立たないのだから。

供述の信憑性はどんな事件でも真っ先に検証されねばならない。
その背景を見るかぎり、かなりいいかげんとしか言いようのない
土建屋のオッサンの供述を金科玉条の如く振りかざす検察と
それを知っていながら敢えて報道しないマスゴミに
果たして明日があるのだろうか。

PS

中山競馬のメイン、AJCCはトウショウシロッコが軸。
京都の平安ステークスは、タイシンオレンジを狙ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 夫婦別姓 | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 資金管理団体 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM