偏向報道

2019年7月18日 (木)

ジャニーズ事務所の圧力に屈したTV局!? 芸能界でもこうなんだから政治報道においておや!! 民放各局の言い訳やいかに!!

 参議院選挙終盤のタイミングで、ジャニーズ事務所が公取委から注意処分のニュース。なんでも、元SMAPの3人のTV出演に圧力をかけたのがその理由だそうで、これまたいまさら感が強いんだよね。そんな噂はSMAP解散直後から囁かれていたわけで、やっぱり政財界に大きな影響力を持っていたボスの死ってのが大きく影響してるんだろう。CIAとも関係があったなんて都市伝説(?)もあるくらいだから、ひょっとしたら公取委もこれまでそんな影に怯えていた・・・なんな妄想もできないことはない。

元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委

 で、このニュースを受けて、民放各局はどうするんでしょうねえ。今日のワイドショーはけだし見ものです。どんな言い訳するんだろう。それとも、自分たちのヘタレ具合はスルーか。

 それはともかく、芸能界ですらこうなんだから、政権による圧力が日常茶飯だろうことは容易に想像がつこうというものだ。ペテン総理への「忖度」なんて、忖度している自覚もないくらい当たり前のこととして報道マニュアルに組み込まれているのだろう。

どうやら、ジャニー喜多川の闇の部分についても週刊誌が動き出しているようで、死んだらどんな悪事も容赦なく晒されるってことなんだね。そんなんだもの、ペテン総理が「あんなひとたちに負けるわけにはいかない」って喚くわけだ。ひとたび権力の座を滑り落ちたらお縄になることは自分がよく知っているだろうから・・・妄想だけど。

アベが最も聞かせたくない街頭演説はコレだ!「権力側が憲法を変えたいなんて図々しい」(山本太郎)

アベが最も知られたくない数字はコレだ!下がり続ける賃金と苦しくなる生活。

・れいわ新選組街頭演説スケジュール

7月18日(木) 山本太郎 計3本
12:00-13:30 福島・福島駅東口
15:30-16:30 栃木・宇都宮駅西口
19:00-20:00 茨城・水戸駅南口デッキ

7月19日(金) 山本太郎 計2本
12:00-13:00 愛知・名古屋栄松坂屋前
17:00-20:00 東京・品川駅港南口「れいわ祭2」

7月20日(土) 山本太郎 計3本
12:00-13:00 山梨・甲府駅南口
16:00-17:30 東京・多摩センター駅南口
16:00-20:00 東京・新宿駅西口小田急デパート前「新宿センキョ」

【字幕入り動画&文字起こし】政見放送・れいわ新選組代表 山本太郎

| | コメント (3)

2019年5月10日 (金)

北の飛翔体は「安全保障に影響ない」(安倍晋三)。避難訓練まで演出したヒステリーはどこへ!!&「表現の自由」を楯に、改憲のCM規制に民放連が反対意見!&経産省のキャリアが覚醒剤・・・ワイドショーの静かなことよ!!

 どうやら、北のカリアゲ君が再び「謎の飛翔体」をぶっ放したようだ。初老の小学生・ペテン総理は、「現時点で、わが国の安全保障に影響があるような事態は確認されていない」って平然を装っている。でも、ちょっと待って、プレイバック、プレイバックなのだ。だったら、去年、さんざん北のミサイルの脅威を煽って、戦時中の空襲警報まがいの避難訓練まで仰々しく演じてみせたのは何だったんだってことだ。

 ようするに、北のカリアゲ君と会談したいものだから、必要以上に危機感を煽るのはまずいってことなんだね。つまりは、北の脅威ってのはその程度のものってことで、メディアもそのへんはしっかり忖度して、以前のように危機感煽るようなヒステリックな報道してませんからね。

首相「安全保障に影響ない」北朝鮮また2発 批判は抑制へ

 そうした報道姿勢は、メディアがいかに「総理のご意向」に敏感になっているかの証明みたいなもんなんだが、特にTVはその傾向が顕著なんだよね。たとえば、昨日の憲法審査会で審議された国民投票時におけるCM規制についての民放連(日本民間放送連盟)の意見なんか、その典型だ。なんとまあ、「表現の自由」を引き合いに出して、CM規制に反対しましたとさ。

 「表現の自由」ってんなら、バラエティーショー化した日頃のニュース番組をまずはどうにかしてから言いやがれ。ペテン政権のリークを垂れ流すだけでなく、切り張り編集で印象操作してきますからね。

 それはともかく、改憲の国民投票に関わるCMを規制もせずに好き放題にさせてご覧なさい。そりゃあ資金力のある勢力のいいようにやられちゃいますよ。もっとも、それだけTV局は儲かるわけで、「表現の自由」なんてことより企業利益の追求を優先しているだけじゃないのかねえ。

テレビ局が憲法国民投票のCM規制を拒否した裏! 金欲しさに公平性無視、安倍自民党の「改憲CM」大量放送に全面協力

 最後に、経産省のキャリアが覚醒剤で逮捕され、省内の机からは注射器が発見されたってね。本来なら、事務次官、大臣はもとより、ペテン総理も国民に向って謝罪すべきなんじゃないのか。ピエール瀧の時には相方の石野卓球まで謝罪しろんなんて喚いていたTVの何と静かなこと。ここでも、何らかの忖度してるんでしょうねえ。

経産省内で覚せい剤使用か=逮捕官僚の机から注射器-警視庁

| | コメント (3)

2019年3月15日 (金)

官邸前でマスコミ労組が望月記者支援で抗議集会&NHKへの偏向報道批判に「指摘は真摯に受けとめる」・・・どこかで聞いたセリフをぬけぬけと!!&「4選は禁じられている。ルールに従う」(安倍晋三)。どの口が抜かすか!!

 昨日は、「マスコミ記者らで作る労働組合の団体、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)」が官邸前で、官房長官記者会見における東京新聞・望月記者への「異常な締め付け」に対する抗議集会が開かれた。でも、この集会を自分たちの問題として報道したメディアがどれだけあっただろうか。内閣記者会の自覚のなさは問題外だが、それを他人事のように傍観するメディアもまた同罪だ。

「会見は何の場かと聞いたところ、長官はあなたの質問に答える場ではないと暴言を吐いた。なんという権力者の驕りだろうか。政権が長期化する中、官邸会見が政府にとっての広報になっていないかと日々感じている」(望月記者)

・田中龍作ジャーナル
マスコミ労組が史上初の官邸前抗議 「望月記者を孤立させるな」

 ところで、NHKによる官邸忖度の偏向報道がこのところ一段とエスカレートしている。野党議員の国会演説を恣意的に編集した暴挙はその典型で、当事者である立民会派の小川君が昨日の衆議院総務委員会で「野党の主張を報道の骨子に取り入れてない。政権与党に都合のいいことを言う(報道)という批判がある」と指摘したそうだ。

 これにNHKの幹部は「指摘は真摯に受けとめる」だとさ。初老の小学生・ペテン総理の口移しかい。こやつらの使う「真摯」ってのは、その裏側に「そんなこと知ったことか。バーロー」って意味が込められているのは子供だって知っている。調べたわけではないけど。

 さらに、「自主的な編集判断」なんてことも繰り返し答弁しているんだが、ようするに「官邸の関与」を否定したいがための方便なのだろう。でも、「自主的」ってことはNHKが独断で偏向的編集しているってことを認めたようなもので、これはこれで受信料で成り立つ公共放送局としてはあってはなにらないことだ。

 そもそも、放送法27条には「協会は、その業務に関して申出のあつた苦情その他の意見については、適切かつ迅速にこれを処理しなければならない。」とある。つまり、「指摘は真摯に受けとめる」なんておためごかしで許されるものではないんだね。切り張り編集は放送法4条2項「政治的に公平であること。」に抵触するだけでなく、3項の「報道は事実をまげないですること。」に明らかに反している。

NHK、野党の「政権寄り」批判に「真摯に受け止める」

小川淳也議員、NHK幹部と国会で対峙

 タレントの薬物騒動で放映自粛するなら、野党議員の演説を切り張りで歪曲したNHKは組織解体に値するだろう。

 最後に、「4選」についてペテン総理は「自民党の規約で(総裁連続)4選は禁じられている。ルールに従うのは当然だ」とさ。おいおい、既にルールを破って3選を可能にしたのはどこのどいつだ。「どの口が」ってのはこういうのを言います。ルールを勝手に変更するのはペテン総理の得意技なんだが、それを世間では「独裁」と呼ぶ。

安倍首相「最後の任期に全力」=自民総裁4選論に

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

「税金とは国民から吸い上げたもの」(安倍晋三)。だから、増税。そのうち「死亡税」なんて言い出すに決まってる!&「放送してはならないものが放送された」(BPO委員長)。東京MXテレビ『ニュース女子』の沖縄ヘイトを糾弾!!

 選挙戦の最中にはまったく触れもしなかった政策を、選挙に勝ったとたんに持ち出してくるってのはペテン政権の常套手段で、この手口に何度騙されても懲りない有権者がこやつらをのさばらせているんだね。

 でもって、師走の慌しい中でやってくれました。与党税制改正大綱が、議論がまったく深まらないままに決定。年収850万円以上のサラリーマンは所得税が上がり、いつものようにほぼガラス張りのサラリーマンの収入が狙い撃ちにあったってわけだ。

 さらに、森林環境税、国際観光旅客税なんて目的税が課せられるんだと。国際観光旅客税って何のこっちゃなんだが、ようするに出国する時に一律1000円の税金が取られるんたと。だったら素直に出国税って言えばいいのものを、こういう言い換えでわざと分かりにくくするのはいつもの手口です。

 しかしなんですね、森林環境税とか国際観光旅客税といった目的税ってのは、これまでも無駄遣いの温床とされていたんだよね。たとえば、森林環境税なんてのは、へたすると無理矢理差使い道をデッチ上げて、伐採しなくてもいい樹木に敢えて手をつけるなんてこともあり得ますからね。とにかく税金を使い切ることが目的化しちゃうってことだ。それでも余ったら、研修なんて名目で海外旅行てなこともやりかねない。

 結局のところ、「取りやすいところから取る」ってわけで、だからこそサラリーマンがターゲットなるんだね。年収850万円以上は増税といったって、富裕層といわれる金満家にとっては増税なんか屁でもない。なんてったって、彼らの収入の多くは株の配当などの金融所得で、その所得税は20%に据え置かれたままなんだからね。

 「途上国の医療改善に3300億円支援」ってニュースが流れていたが、こうやって吸い取った税金も、その一部はペテン総理の人気取りのために海外にばら撒かれることになるんだから、一般大衆労働者こそいい面の皮なのだ。

 ペテン総理は国会で「税金とは国民から吸い上げたもの」って口を滑らせたことがあったが、あれは本音だね。だからこそ海外に大盤振る舞いしても何の痛痒も感じない。政治ってのは税金をいかに公平、公正に分配するかってことにを悩ませるものなのに、どうやって税金を吸い上げるかってことに腐心する政治屋ってのは、ま、古臭く言えば「万死に値」しますよ、ったく。

所得税・たばこ税…増税、個人に照準 税制改正大綱決定

 ところで、沖縄の辺野古新基地建設に反対する住民を悪し様に罵った東京MXテレビ『ニュース女子』に対して、BPOは「重大な放送倫理違反」があったと発表した。これは当たり前の話で、「放送してはならないものが放送された」というBPO委員長の言葉は重い。

 とは言え、『ニュース女子』だけでなく「放送してはならないもの」が放送されているのがTVの日常ということもけっして忘れてはいけない。

・放送倫理検証委員会 委員会決定
東京メトロポリタンテレビジョン『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

小池応援団の処分問題と衆院補選を絡めての報道は、知名度の低いヤメ検にとって大きなアドバテージとなるだろう。これって偏向報道じゃないのか?&築地移転にまつわる怪しげな金の流れが発覚!?

 都知事選でぼったくりバーのチーママ・小池君を応援したヤメ検のエロ髭・若狭君の処遇がどうなるかと思っていたら、なんとまあ厳重注意でシャンシャン。しかも、チーママの後釜として衆院東京10区補選の自民党公募に応募することも認められた。小池応援したら一族郎党処分するぞってお達しは、結局のところただの脅しだったってことか。

 チーママが落選してたら即刻除名だったんだろうが、自民党のまま都知事に当選しちゃったから事を荒立てることはないってことね。ようするに、何の信念も理念もない政党でございますって自ら言ってるようなものだ。もっとも、それは自民党に限ったことではなく、この国の政党の業みたいなものなのだが・・・。

 それはともかく、ただでは転ばないのが自民党で、エロ髭・若狭君の処分問題を衆院東京10区補選に絡めることで、新聞・TVを選挙運動に上手に使っとります。土建政治の二階君との会談を終えたエロ髭・若狭君をまるで凱旋将軍のように取り扱ってますからね。テレビ朝日『スーパーJチャンネル』なんか、そのへんを突っ込まれることを百も承知だったんだろう、このニュースの最後に既に発表されている民進党と共産党の候補者をアリバイつくりで紹介していた。これって、都知事選の時のその他の候補者ってやつと同じ扱いだね。

 公示前だってのに、「小池都知事も支持してくれる」なんて見出しが新聞紙面を飾るんだもの、それだけでエロ髭・若狭君の知名度は急上昇。投票前に勝負あったようなものだ。陸山会事件では郷原弁護士にさんざん論破されたヤメ検が、いまや時の人ですからね。腐ったとはいえ、新聞・TVの影響力というのはまだまだ侮ってはいけないということだ。もうひとつ言えば、ペテン総理の鼻薬がここでも効いているってことなんだね。

衆院東京10区 出馬意向の若狭氏に厳重注意処分 自民、分裂回避を模索

 ところで、築地市場の移転問題なんだが、これまでも自民党都連と中卸組合の幹部との癒着が噂されていたんだが、移転推進派が「2013年の東京都議選直前に、自民党東京都連(自民党東京都支部連合会)に200万円の献金をしていた」って週刊文春がスクープしている。

 なんでも、築地・水産仲卸政策協力会ってのが献金していたそうなんだが、「この政策協力会は、築地市場に住所を置く任意団体で、政治団体としての届け出はない」のだとか。さらに、「代表を務める伊藤淳一氏は、東京魚市場卸協同組合(東卸)の理事長を務め、移転推進派の中心人物」で、この御仁はチーママ・小池君のヒアリングの時に声を荒げるようにして移転を主張している姿がニュースで流れていた。

 ところが、この献金については、組合員には知らされていなかったというから、なにやらきな臭くなってくる。落選中だった都議会のガン・内田君がこの時の選挙で復活。でもって、移転先の豊洲市場の電気設備工事を受注したのが内田君が役員を務める企業ってんだから、まあ、皆さんやりたい放題です。

築地移転推進派が自民党都連に200万円献金

 厳重注意でエロ髭・若狭君の処分問題が幕引きされたことに、自民党都蓮は不満タラタラだそうで、そこにもってきて築地の移転問題に絡む怪しげな金の流れにチーママ・小池君が手を突っ込んできたら、それこそガチで抗争が勃発。オリンピックも含めて、すべてが卓袱台返しになったらさぞかし愉快なんだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

ほら、言わんこっちゃない。再稼働直後に高浜原発が緊急停止&「私たちは怒っている」。テレビキャスターが高市発言に反撃開始。

 再稼働準備中に一次冷却水が漏れたのもなんのその、再稼働を強行して顰蹙を買った高浜原発が、試運転4日目にして原子炉停止。「今後詳しい原因や対策を国に報告するまでは稼動しない」って関電は説明しているそうだが、なんのことはない世界最高水準の安全技術なんてものただのまやかしだったってことが暴露されちゃったってことだ。

 サラブレッドだって休養明けのレースは細心の注意を払うもの。それが原発ならなおのことだ(ってなんのこっちゃ)。原子炉ってのは中性子線によってどんどん劣化していくもので、へたするとバリンと割れちゃう可能性があるんだね。今回はどんな理由かはさだかではないけど原子炉の緊急停止でおさまったからいいようなもんで、最悪の場合を考えたらとてもじゃないけど再稼働なんてしちゃいかんのですね。奇しくも昨日は東電幹部が強制起訴された日でもあるわけで、同じ日に高浜原発の原子炉緊急停止ってのは、「もう原発やめなはれ」っていう天の声かもしれないね。

高浜原発4号機が緊急停止 再稼働直後、変圧器で異常か

 ところで、化粧崩れの総務大臣・高市君の「言うこと聞かないと電波止めるよ」発言に、ようやくテレビキャスターが反撃開始です。会見したのは、田原総一朗、青木理、鳥越俊太郎、金平茂紀、岸井成格、大谷昭宏の6人のキャスター。「私たちは怒っている」っていうスローガンはいかさないなあと突っ込みいれるのをじっとガマンして、とりあえず拍手を送りたい。

 この会見で田原君は「全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念なことに、多くのテレビ局の多くの番組が何も言わない」と語っているんだが、もうこの言葉に尽きるんだね。化粧崩れの愚かな発言があってからというもの、どのTV局もまったくリアクション起こしませんからね。そんなんだから鮨友だなんだって揶揄されちゃうんだが、それにしたってまったく反論もしないというのは、ある意味で視聴者を舐めてるよね。

「私たちは怒ってる」高市氏発言に抗議 岸井氏降板語る

 そんな中でのテレビキャスターの会見ってのはとても意味のあるものなのだが、問題がないわけでもない。それはこうした動きを持続できるかどうかということだ。特定秘密保護法の時は声明出したのはいいけど、それっきり尻すぼみでしたからね。そうしたもどかしさをどうにか払拭して、市民も巻き込んだ大きなうねりとなるように、とにかくあらゆる機会に声を上げ続けて欲しい。でなけりゃ、ただのガス抜きになっちゃいますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2016年2月21日 (日)

「言うこと聞かないと電波止めるぞ」って脅した直後に、ニッポン放送のラジオ番組でペテン総理が言いたい放題。さすが、グループの会長がゴルフだバーベキューだと腰巾着しているだけのことはある。

 ペテン総理が自分のケツも拭けない辛坊治郎のラジオ番組に出演して言いたい放題だったそうだ。「リーマンショックのようなことが起こっているとは考えていない」「自衛隊の存在をしっかりと明記すべきだ」なんてことをほざきつつ、あげくのはてには「民主党全体の質問を見ていると、だんだん共産党と似てきた」とか「民主党の政治家なら、政治家を辞めるという選択肢もある」とか、民主党批判を繰り広げたってね。フジサンケイグループのニッポン放送ならではの政府広報番組ってわけだが、こういう放送こそ「公平中立」を逸脱するもので、世間では「偏向」と言う。

<安倍首相>衆院10減、今国会で…公選法改正に意欲

 それにしても、放送への権力の介入が問題なっているこのタイミングで、自分の言い分を無批判に垂れ流してくれる番組に嬉々として出演するその政治的センスの傲慢さってのは、恥ずかしい限りだ。と同時に、それをまたヨイショする放送局ってのも、さすが会長がゴルフだバーベキューだとペテン総理の腰巾着していることだけのことはある。

 こういうメディアの権力へのおもねりについては、世界中のメディアが実は深刻な問題として捉えているようで、イギリスの「ザ・ガーディアン」は「日本のTV報道番組のアンカー3人が失職する。安倍政権を批判したからだ。失職しない報道部長らは安倍首相と頻繁に会食して、安倍の意見を拝聴しているらしい」と報道しているほどだ。

日本のテレビ司会者は、政治的圧力によって、彼らの仕事を失った

 もはや、国際社会から見たら日本のジャーナリズムってのはほとんど開発途上国並みどころか、それ以下の扱いなんじゃないのかねえ。報道の自由度ランキングで日本は世界61位という事実がそれを物語っている。ちなみに、韓国は60位で台湾やパプアニューギニアだって日本よりは上位に位置している。こういう現実を日本の新聞・TVはほとんど報道しませんからね。

報道の自由度ランキング

 ペテン総理になってからというもの、報道の自由度ランキングは下がる一方で、そのくせたとえば教育への公的支出なんかはOECD(経済協力開発機構)加盟国中最下位という体たらくだ。なんか、とても大切なことが日本という国から失われつつあるんだね。そうした現実を、我々一般大衆労働者諸君がどれだけ認識しているか。おそらく、世界中の目が極東の島国に注がれているはずで、それを知らないのは日本国民ばかりなり・・・ってことで、本日のところはお後がよろしいようで。

教育への公的支出、日本また最下位 12年OECD調査 

【くろねこの競馬予想】

 今年もやってきましたG1の季節。その第一弾フェブラリーステークスは、ちょいと混戦模様。3連覇を狙うコパノリッキーに期待したいところだが、ダートの新星ノンコノユメの一気の末脚も侮れない。さらに、デムーロを鞍上に迎えたモーニン、根岸ステークスで復活の兆しが見えたグレープブランデーなど、伏兵も多士済々。
 というわけで、本命はモーニン。東京のダート1600mはかなりタフなコースだから、できるだけ前につける馬が有利なことは言うまでもない。先行抜け出しでしのぎきった根岸ステークス上がり35.4秒はダテじゃない。相手筆頭はこれまた逃げてよし、抑えてよしのコパノリッキー。ノンコノユメは後方一気の脚質でとりこぼしもあると見て単穴まで。
◎モーニン、●コパノリッキー、▲ノンコノユメ、△ロワジャルダン、グレープブランデー、タガノトネール、ホワイトフーガ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

「アベ自民党の言うこと聞かないと電波止める」ってさ。

 「SPEED」の今井絵理子が自民党から出馬するらしいという噂が流れていたんだが、どうやら内定したとか。本人がどう思っているかはわからんけど、もしこれが事実なら、残念ながらこれからの人生を「裏切り者」の刻印背負っていくことになるんじゃないだろうか。それにつけても、沖縄のひとたちを舐めるのもいいかげんにせーよなのだ。

今井絵理子氏の公認内定=参院比例、SPEEDメンバー―自民

 ところで、化粧崩れの総務大臣・高市君が、「政治的に公平でない放送を続けたら、そのうち電波停止もあるかんね」ってな脅しをかけたってね。放送法違反を念頭においてのことなんだが、そもそも放送法ってのは倫理規定であって、だからって放送局を処罰するものじゃない。もし放送法違反の疑いがあば、それはBPO(放送倫理・番組向上機構)がそれなりの判断をくだすべきことだ。

 ようするに、「アベ自民党の言うこと聞かなければ電波止めますよ」ってこと。平たく言えばそういうことだ。もう呆れて言葉もありません。ほとんど狂気の沙汰というか、こんなあからさまな恫喝されても、放送局がダンマリを決め込むようなら、自らの手で首を絞めるようなもんです。

高市総務相、電波停止に言及 公平欠ける放送に「判断」

 それにしても、ペテン総理一派ってのは、なんでこうもわかりやすい脅しを平然とやってのけられんだろう。こういう強権発動ってのは、たいていは政権末期に起こるようなことなんだよね。独裁国家の終盤ってのは、たいていそうだ。自分たちに都合のいい数字を持ち出して、なんでもその場しのぎの言い訳してるのも、もうアホノミクスの終焉が見えているからなのかもしれない。もしかしたら、薬漬けの生活でとうとう「殿、御乱心」なんてこともあるかも・・・なんて妄想してみた、ますます風邪がひどくなる火曜の朝であった。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2016年1月17日 (日)

朝日放送『正義のミカタ』をBPOに申し立て。ネトウヨ化する御用タレントの言いたい放題にお灸をすえることになるか。

 『たかじんのそこまで言って委員会』に代表される関西民放のトーク番組のネトウヨ化って、以前からとても気にはなっていた。たとえば、ペテン総理の幇間俳優・津川雅彦なんか東京ではそれほどでもないくせに、関西ではネトウヨ脳に気合を入れてでさんざんぱら喚き続けている。突貫小僧・山元太郎君が反原発で干されそうになった時には、

「役者が政治的発言を するというのは、やっちゃあいかんことだよ。特に若いうちはね。役を演じる上でニュートラルであるべき。 いろんな役をやるので色がついてない方がいい。ぼくの歳になると、体制に対する反抗は色がつくものじゃないし、自分で処理ができる(けれど)」
「同情申し上げる。(でも)自業自得だね」

 なんてことを口走っていた。で、「男は徴兵に行き国を守る訓練をして一人前になれる」てなことものたまってくれちゃっているんだが、そんなんでペテン総理の覚えめでたきを得て、「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」の座長に抜擢されたんだから、さぞかし本望なことだろう。

 それはともかく、そんな関西民放のなかでもいろいろと評判の朝日放送『教えて! ニュースライブ 正義のミカタ』に対して、奈良-沖縄連帯委員会が「番組で翁長雄志知事や沖縄県民を差別、愚弄する発言があったとして放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ申し立てた」ってね。

 番組の中で、「辺野古の反対運動の3分の2は本土から。仕事です。日当も労働組合から出ている」とか「沖縄県や知事は新基地と言うけれど、新基地ではなく改築」なんて阿呆くさい気告げんがあったことに対して堪忍袋の緒を切ったってわけだ。そう言えば、ケント・ギルバートも同じようなこと喚いていたし、たけし軍団の玉袋筋太郎もNHKの番組で玉袋筋太郎も「辺野古の反対運動しているのはプロ市民」なんて与太を飛ばしてたこともあった。御用タレントってのはどいつもこいつも似たような多磨の回路してるもんなんだね。

朝日放送「正義のミカタ」をBPO申し立て 奈良-沖縄連帯委

「あさイチ」で玉袋筋太郎が沖縄の基地反対派をけん制「プロ市民も出たり」

 関西民放のトーク番組のネトウヨ化ってのは、大阪W選挙の結果にも少なからず影響しているような気もする。いわゆる時事ネタをいじりまくる「ぼやき漫才」とは意味が違いますからね。明らかにある意図を持って、皆さん発言してますから、やっぱりここらでお灸すえたほうがいいんじゃないかと思う今日この頃。果たして、BPOがどんな結論出しますやら。

 そうそう、これは余談だけど、お子ちゃま弁護士・橋↓君って、爆笑問題のカミさんが社長のタイタン所属なんだっけ。なんだ、みんなお仲間か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

選挙権年齢引き下げによる政治教育について、高校の授業で「立憲主義に言及することは政権批判であり、偏向教育だ」って喚く産経新聞の反知性主義。

 秋篠宮の娘の成年式のニュースが、「安全保障法制整備」や「政治とカネ」を押しのけてトップで扱われるTVは最早終わってますね。金曜のTV朝日『スーパーJチャンネル』なんか、速報のテロップ打っちゃって、バッカじゃなかろかなのだ。

 でもって、いまひとつ注目されないのが選挙権年齢引き下げです。一昨日のエントリーで、教育再生会議が乗り出して高校生の世論操作する恐れがあるんじゃないのかって書いたんだけど、自民党の機関紙であるところの産経新聞が日教組の偏向教育なんてことを書いてます。こんな具合です。

(これより引用)

 総務省や文部科学省は、模擬投票など体験型の学習を含め、憲法や政治に関する教育の充実を教育委員会や学校に促している。

 懸念されるのは、こうした教育の機会を捉えて一部の教員らが特定の政治的主張を教室に持ち込むことだ。

 今年の日教組教研集会でも、中学の授業で「立憲主義」について「権力を持つ者をしばる」といった説明を強調し、憲法改正を目指す安倍晋三首相を批判するような授業が報告された。教員の一方的な考えを押しつけたり、生徒を誘導したりする授業が相変わらず行われているのが実態だ。

 自民党は主権者としての自覚を促す教育のあり方を検討するとともに、偏向指導の歯止めも打ち出す方針だ。教員には政治的中立が強く求められ、政治活動を教室に持ち込むことがあってはならない。早急な手立てが必要だ。

(引用終わり)

 いやはやです。「立憲主義に言及することは政権批判であり、偏向教育だ」ってんだから、恐れ入谷の鬼子母神とはこのことです。これって、逆に言えば、国の主張を生徒に押し付ける教育も可能ってことだよね。ようするに、選挙権年齢引き下げの裏には、それにかこつけた「政治教育」ってのが横たわってるってことです。

 日教組の偏向教育をあげつらうことで、産経はいみじくもそうしたレレレのシンゾーと不愉快な仲間たちの目論見をほのめかしちゃったったてわけです。「教育を政治の場にするな」っていう見出しは、逆に言えば「政治の場にする絶好の機会」ってことを意味しているわけで、産経の言を借りるなら「懸念されるのは、こうした教育の機会を捉えて『国』が特定の政治的主張を教室に持ち込むこと」に他ならないってことです。そのうち、21世紀版の「修身」や「教育勅語」が学校で語られるようになりますよ・・・桑原、桑原。

【主張】18歳選挙権 教室を政治の場にするな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM