でっち上げ

2010年9月 3日 (金)

朝日的なるものをめぐって・・・。

 民主党代表戦の陰に隠れて、こっそりとシンキロー森君が町村派に退会届を出した。しょせんは、求心力が落ちた自身の立場をどうにか取り戻そうとするパフォーマンスなんだろうけど、「いつもの手だよ」なんて冷ややかな声もあるとか。今日から押尾公判も始まるし、バカ息子の名前が飛び出したりしたら議員辞職だってあるかもしれないからね。そんな思惑もあったんじゃないのと、講釈師みたいなハッタリをかましておこう。

 さてさて、その民主党代表戦だけど、昨日は記者クラブによる公開討論会があった。前列には、朝日、毎日、読売のゴロツキもどきの記者が陣取って無礼な質問を投げかけていたが、射すくめるようなまなざしで真摯に答えていた小沢君は立派だったね。それに引き換え、菅君の情けないこと。公開討論会なんだからさ、『朝生』みたいなディベートの場じゃないんだから、少しは総理大臣らしく政策論を交わしておくれ。

 党首選に入ってからというもの、ますます菅君へのこれまでのイメージが音を立てて崩れていく今日この頃。それは何故なんだろうとちょいと考えつつ公開討論を見ていたら、ハタとひらめいた。菅君ががなりたてる小沢批判のロジックが、これまでメディアや御用評論家がさんざん喚きたててきたロジックそのものなのだ。だから、まったくといっていいほど心に伝わってこない。菅君にとって、代表戦という舞台は、『朝生』と同じなんだね。

 で、面白いことに、菅君が喚きたてればたてるほど、TVのニュースなどでは小沢君の露出が多くなる。まるで小沢マンマンショーの感すらある。局としてはそういう場面を編集して、小沢君を貶めたいんだろうけど、見方によっちゃ逆効果になっている。それは、昨日の公開討論会も同じ。「政治とカネ」がテーマになって、朝日、毎日、読売のゴロツキ3人組が「小沢さん、覚悟してくださいね」なんて無礼な言葉を吐きながら愚にもつかない質問の矢を放てば、その間、菅君は壇上でひとりぼっち。どんどん存在感が希薄になっていく。これって、大いなる喜劇以外のナニモノでもない。

 それにしてもこの期に及んでも「政治とカネ」ってところに、ゴロツキ3人組が代表するメディアの思考停止がある。さらには、小沢批判のためには、コメントにちょいとした操作をしたり、TVでは映像を編集するなんて当たり前。犯罪的な行為としかいいようがない。一昨日の共同記者会見では、NHKが『ニュース9』の中で、普天間をめぐる小沢君の発言と菅君の発言の順番を入れ替えると言う編集を恥ずかしげもなくやっていた。このことは、植草一秀さんの『知られざる真実』に詳しいが、僕も実際に共同記者会見をTVで観ていたので、『ニュース9』のそのシーンをたまたま目にした時には、それこそ「開いた口がふさがらなかった」。

 今朝の朝日朝刊では、一面の「民主党代表戦討論会の論点」というカコミで、それぞれの政策の違いを顔写真付きで載せていたが、「普天間問題」では、記述の仕方に作為がある。「沖縄と米国の双方が納得できる知恵、ぜひ教えていただきたい」というのが菅君の言葉として載っているが、これだけだとあたかも菅君がそうした案を探っているように聞こえる。しかし、この発言は小沢君の意見に対して嫌味で言った言葉にしかすぎない。実際の討論会を聞いていれば、まったく意味が違うことがよくわかる。それにしても、ここまで来るとただの嘘だろう。

 社説に至っては、検証するのも馬鹿馬鹿しい。「政治観の違いが見えた」という見出しで、「「古い政治文化」か、「新しい政治文化」か。これが民主党代表戦の重要な論点に浮かび上がってきた」とは笑止千万。浮かび上がってきたんじゃなくて、無理やり浮かびあがらせて小沢批判に結びつけたいだけだろう。「この20年あまりの日本政治に大きな位置を占めてきた「小沢的なるもの」の是非が、代表戦を通じ最終的に問われることになる」って結んでるけど、いつものようにこうお返しします。

 戦後60余年にわたって日本のジャーナリズムに大きな位置を占めてきた「朝日的なるもの」の是非が、代表戦の報道を通じ最終的に問われることになる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

郵便不正事件の公判が面白くなってきた。

 郵政不正事件の公判がいよいよ佳境に入ってきた。東京、毎日が1面トップ、朝日も社会面トップで報じているように、厚生労働省の村上元局長の事件関与を認めたとされる元部下の供述調書の大半が証拠採用されないという決定がおりた。つまり、検察による有罪立証の柱がなくなったわけで、無罪判決に向けて大きく前進したことになる。

 調書が「検事の誘導で作られた」というのが証拠不採用の大きな理由だが、特捜が扱う事件は多くの場合供述調書がモノを言うため、往々にして検察の筋書き通りの調書を取るために被疑者や参考人に対して脅迫や懐柔などアメとムチを振りかざす。検察の作った調書にサインすればすぐ釈放してやるとか、とりあえずここはサインして裁判で戦えばいいじゃんとか、『リクルート事件・江副浩正の真実』(中央公論新社)にはそのあたりの話がゴマンと出てくる。そうした調書ありきの検察の捜査が、実は冤罪を生み出す温床にもなっている。

 今回、裁判所が検察の調書を証拠採用しなかった意味はとても大きい。郵便不正事は、検察の取調べのあり方そのものを問う画期的な裁判になるかもしれない。

 小沢君を告発した謎の市民団体が、検察審査会に起訴を求める上申書を提出したようた。「暴力団組長と組員の上下関係」を引き合いに出して、暴力団がらみの事件では組長と組員の「共謀」を認めた判例があるから、同じような関係にある国会議員と秘書の場合も「共謀」が成り立つ、なんて主旨のことをほざいているらしい。そっか、国会議員と秘書ってヤクザと同じだったのか。さすがにその筋に関連していると噂されるだけあって、言いがかりの付け方も堂に入っている。

 ここまでやるなら、謎の市民団体も正々堂々と名前を名乗ったらいかがだろう。メディアもその実体はおそらく掴んでいるだろうから、ちゃんと報道したらよさそうなものだが。それとも、何か報道できない理由でもあるんですかね。官房機密費とか裏金の真相を握られちゃってるとか・・・ま、あくまでも妄想ですけどね。

 相撲協会とヤクザの関係がいまさらながら問題になってるけど、この際、相撲協会も仕分けしちゃったら。どうみたって公益法人って自覚はないんだから、一度きついお灸すえたほうがいいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

3軒ハシゴ・・・本日は開店休業

 昨夜は久々に痛飲。渋谷ではじまり、最後は六本木へ。3軒ハシゴ。さすがに本日は朦朧状態。どうにかこうにかPCは立ち上げたものの、それだけでヘロヘロ。情けない。

 ところで、郵便不正公判に民主党のこわもて石井君が登場。凛の会の元会長に会ったとされる日は、ゴルフに行っていたというアリバイが出てきて、検察は大慌て。この事件は、どうやら冤罪の可能性もでてきているようだが、いまひとつメディアは腰がひけている。この事件では検察の狙いは石井君にあったはずで、小沢狂想曲における民主党追い落としの一環だったのは間違いない。しかし、とんだ的外れどころか、証人の供述のことごとくが公判で否定されて、このままでは裁判そのものが成り立たないのではないかとまで言われている。

 裁判の結果いかんでは、検察の大失態どころか、事件のデッチ上げすら疑われかねないのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

小沢君問題は地検特捜部のヤラセか!?

小沢君の政治団体である
陸山会の不動産取引にかかわる問題について、
地検特捜部とメディアががっちり手を組んだ
ゴシップ報道が垂れ流されている。

そもそも、この事件の発端は、
「世論を正す会」と名乗る怪しげな会が
小沢君の元秘書らを「政治資金規正法違反」で
告発したことにある。

しかし、その内容となるといまひとつわからない。
いったい何が問題なのか、事の真実がまったく見えてこないのだ。
メディアの報道も小沢君がまた金がらみで汚いことをしたらしい
という風評を煽り立てるような憶測記事ばかりで、
なんのことはない検察のリークをネタ元に
記者が勝手に都合のいいお話を書きなぐっているようにしか見えない。

それにしても、「政治資金規正法違反」というお題目は、
まさに水戸黄門の印籠のごとき威力があるものらしい。
今度の小沢君の件にしても収支報告書への不実記載という
これまでも多くの議員がやらかしてきたヘマにすぎない。
しかし、これでは事件にはなかなかなりにくい。
そこで出てきたのがその金の出所が西松建設に違いない
という憶測だ。

つまり、地検もメディアも小沢君をなんとか陥れるために
なりふりかまわぬ三文芝居を演じているのではなかろうか。

とまあ、いろいろこちらも憶測してしまうのだが、
いったい今度の件で小沢君がどんな悪さをしたのか
はっきりと説明してほしいものだ。

ふじふじのフィルター」さんの
04年の収支報告書に記載されていた!小沢氏から4億円借入したことが!
によれば、2004年の陸山会の収支報告書には
しっかり小沢君の名前が載っているとか。
これが本当なら地検は「世論を正す会」とやらに
ヤラセをさせたことになると思うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM