小沢一郎

2017年10月 2日 (月)

躊躇うな、動け! 新党結成して、野党共闘の原点に戻って戦え!!

 スヌーピーはコンタクトレンズを装着していた、というをなんともシュールな事実を知った月曜の朝に新聞開けば、猪八戒・枝野君が小池新党の踏み絵を良しとしない仲間をまとめて新党結成するそうだ。公示まで時間がないから、四の五の言っている暇はないわけで、決めたのなら躊躇うことなく動き出してほしい。そして、野党共闘の原点に回帰して戦うことだ。

 新党結成となれば、結果として小池新党の登場は民進党に巣食っていた「改憲」「安保法制」に寛容な連中を炙りだしたってことになる。それはそれでひとつの成果として、ここは前向きに考えることにしよう。

衆院選2017:「排除組」に受け皿新党 枝野氏ら共・社と共闘へ

 問題は、新党結成となって、またぞろ新聞・TVの新党へのdisりが始まるだろうということだ。小池新党というのはあくまでも自民党の補完勢力ですからね。だからこそ、新聞・TVは「政権選択選挙」なんてことを煽りたて、それによりペテン総理のブラックボックスである森友・加計学園疑獄隠しに手を貸していたんだね。

 でも、猪八戒・枝野君がリベラルをまとめて新党結成となれば、そうはいかない。野党共闘が一定程度の成果をあげることは参議院選挙でわかってますからね。そうなると、自民・公明・希望・維新による改憲翼賛体制の目論見に陰りが出てくることになる。それを阻止するためにも、新聞・TVに放ったペテン総理の草たちがいっせいに活躍し始めることでしょう。

 昨日のNHKの番組で、ヤメ検のエロ髭・若狭君が「小池代表はおそらく選挙に出ない。政権交代は次の次」てなことを口していたようだから、へたすると首班指名ではペテン総理に1票なんてこともないわけではない。そのくらいのえげつないことを、図に乗ったぼったくりバーのチーママ・小池君なら仕掛けてきても不思議じゃない。

 だからこそ、新党結成は極めて重要な意味がある。こうなると、自由党のオザワンはどういう動きをしてくるだろう。湯上りの口先番長・前原君を小池新党との合流でそそのかしたのはオザワンだという噂があるけど、森ゆう子君のツイートではそれはガセだともされている。願わくば、新党+共産+社民+自由の野党4党がひとつになって、ドカーンと記者会見やって、世間をアッといわせるような華麗なパフォーマンスを披露してほしいのだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

民進党幹事長に山尾志桜里、代表代行に枝野幸男&前原誠司が小沢一郎にすり寄る!?&首相官邸広報室が東京新聞にクレーム。新手の「言論弾圧」か!&TBS報道特集「朝鮮人虐殺~追悼文はなく」

 民進党幹事長にアニー山尾君、代表代行に猪八戒・枝野君の名前があがっているとか。とにかく、党内で足の引っ張り合いしている場合でないことは確かなんだから、そこんところよろしくなのだ。

民進幹事長に山尾氏起用へ 枝野氏は代表代行 新執行部

 でもって、湯上りの口先番長・前原君と剛腕オザワンが秘かに会談しているって噂が代表選前から流れていたんだが、仮にそれが事実だとしたら、なんでオザワンってのはいつもコッソリと動くんだろうね。そういう不透明感って、いまの時代にはけっしてプラスはならないと思うけどねえ。

 二人で会談してるんだったらそれをもっとオープンにして、野党再編なんてのがあるんだったら、それをさらにアピールしていかなくちゃ、一般大衆労働者諸君に理解なんかされませんよ。情報発信力という点では、剛腕オザワンも前近代的な政治家ですからね。これではネトサポ大量動員して情報操作するペテン一派には勝てませんよ。

民進代表選で援護受け 前原氏“小沢共闘構想”決断できるか

 情報操作って言えば、顔も頭も貧相な官房長官・菅君が東京新聞に記者会見でのモンチッチの発言についてクレームつけたってね。なんでも、「学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、8月25日の菅義偉官房長官の記者会見で、東京新聞記者の質問に不適切な点があったとして書面で東京新聞に注意を喚起した」そうで、「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」とさ。

相官邸広報室、東京新聞に注意 菅義偉官房長官会見での社会部記者の質問めぐり 

 バッカじゃなかろか。「未確認な事実」を質問し、確認するのが記者会見ってものだ。それが嫌なら、ペーパー配って予定調和の質疑応答してりゃいいじゃん・・・って、それがいままでの記者会見だったんだろうね。そんなぬるま湯につかった記者クラブにモンチッチが風穴あけたわけで、つまりは顔も頭も貧相な官房長官はかなりやり込められてるってことを自ら証明してたようなもんだ。

 こうした政権からの一種の「圧力」を伝えたのが産経新聞ってのがなんともはやで、産経の記者が韓国で不当逮捕された時には、日本のメディアは一斉に抗議したのを忘れたのかねえ。こうした「圧力」をモンチッチ叩きに利用するってのは、さすが自民党の御用新聞のそしりは免れませんね。

 それにしても、当の東京新聞ですら紙面でまったく触れてないのはどうしたことなんだろう。こういう時に、すべてのメディアが一丸となって政権に抗議しないから、舐められちゃうんだよね。ま、記者クラブそのものがモンチッチ排除に動いたりしちゃうんだから、多くを期待しても無理というものか。やんぬるかな!!

安倍官邸が東京新聞と望月記者に不当抗議! 菅官房長官への厳しい質問封じを狙い撃ちした卑劣な言論弾圧を許すな

 ところで、昨日のTBS『報道特集:朝鮮人虐殺~追悼文なく」は、ぼったくりバーのチーママ小池君の朝鮮人虐殺にまつわる歴史認識がいかに修正主義的かということがよくわかるリポートではありました。是非、ご視聴のほどを。

報道特集 朝鮮人虐殺~追悼文はなく・・・  0110 2017... 投稿者 YKami

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

「明日にでも農水省に来たら良いことあるかも」(山本有二農水相)。白昼公然と利益誘導するとは・・・もう逮捕しろ!&小沢・野田再会談。密室のボス交なんて古臭いことやってる場合か!

 貸金業者と付き合いの深い農水大臣・山本君の「冗談言ったら首になりそうになっちゃった」発言はさすがに波紋を広げて、TPPの委員会採決が延期なっちまいました。ペテン総理にとっては赤っ恥もいいところなのに、それでも辞任はさせないってんだから国民も舐められたもんだ。

 山本君のおちゃらかし発言の中で、「冗談言ったら・・・」以上に問題なのが「明日でも田所先生の紹介で農林水産省に来ていただければ、何か良いことがあるかもしれません」ってJAの関係者に呼びかけたことなんだね。これってTPP採決を前提にした明らかな利益誘導で、クラリオン蓮舫君が「驚き桃の木・・・」と呆れ返ったのも無理はない。

TPP農相「冗談」発言 続く不用意言動 政権内に危機感

 でもって、この男は貸金業者との癒着だけでなくて、輸入米業者から金を受け取ったという疑惑もあって、利権だけには鼻が利くという典型的な職業政治家なんだね。だから政治的理念なんてのはこれっぽちもありません。それが証拠に、なんとまあ地元高知のJAまつりでTPP反対の署名をしてたとさ。これを引き合いに出して、失言の数々はTPP採決を先延ばしにするための高等戦術なんて噂も一部で飛び交っているようだが、ま、いくらなんでもそれはうがち過ぎというものか。

「TPP強行採決」発言の山本有二農水相が輸入米の業者からカネ! TPP推進のために輸入米不正取引を見逃しか

“強行採決”暴言の山本農相 なんとTPP反対に署名していた

 それはともかくTPP採決を急ぎたいペテン総理にとって、おしゃべりマシーン山本の存在は頭の痛いところなのは間違いない。明日あたりに山本更迭、そして週明けに強行採決・・・なんて図面を引いてるんじゃないのかねえ。

 ところで、オザワンとノダメが再会談したそうだ。「衆院選協力一致で関係修復アピール」なんて見出しが新聞の片隅に載ってるんだが、なんかこういう密室の会議というボス交じみた古臭い手法は、けっして野党共闘にプラスに働くとは思えないんだが・・・オザワンももうちょっとの脳内近代化を図らないとダメなんじゃねえ、ってもう遅いか。

野田、小沢氏が修復アピール 衆院選へ準備加速で一致

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

小沢一郎と野田佳彦が会談・・・怪談の間違いじゃないのか&民進党、消費税増税延期法案に反対決定。てことは消費税増税賛成ってことか? 

 韓国の朴槿恵大統領が政治生命の危機でてんやわんや。裏には統一教会がなんて噂もあって、どこぞの国の総理大臣も同じようなものだから、そのうちこの男も失脚すればいいのに。

国政介入:崔順実氏と統一教会系「世界日報」の奇妙な関係

 そんなことより、オザワンとノダメが会談したってニュースが流れている。なんでも、「次期衆院選での野党共闘の在り方や衆院東京10区、福岡6区の両補欠選挙の敗因について意見交換」したそうだが、果たしてどちらから声を掛けたんだろう。オザワン抜きの野党共闘を喚いたり、共産党嫌いの連合に詫びを入れたりするようなノダメから、いまさら声を掛けるとも思えない。かといってオザワンがノダメと手打ちするような政局オンチとも思えないし、ふ~ん、政治家のやることは一般大衆労働者諸君の理解の範疇を超えてます。

 何が話し合われたにせよ、次の衆議院選挙では野党乱立では勝てるわけもなく、どうしたって本格的な野党共闘を組めなければ自民圧勝ってことになって、自民党総裁任期延長もあって一気に改憲に向けてなだれ込むことになりますからね。日経新聞は「手打ちか」なんて言ってるけど、そんな甘いもんにゃおまへんにゃ。まだまだ一波瀾も二波瀾もあることは間違いない。

民進・野田、自由・小沢氏が会談 野党共闘で意見交換か

 でもって、民進党は「消費税率を10%に引き上げる時期を来年4月から2年半延期するための法案について、アベノミクスの失敗によるものだとして、今後の採決で反対することを決めた」そうだ。フランケン岡田が代表の時には消費税率の引き上げを延期するための法案を提出しているから、これって大きな政策転換ってことになる。

 で、その意味するところなんだが、聞きようによっては「消費税増税賛成」とも取れるんだよね。そもそも、ノダメが代表の時に「税と社会保障の一体化」ということで、自民、公明と消費税増税を合意したわけだから、ひょっして先祖返りってことか。だとしたら、民進党は確実に潰れますね。ていうか、潰さないとダメだろ。

消費税率10%引き上げ延期法案 民進が反対決定

 11月にも新たな公約を発表するそうだが、そんなことよりもノダメ一派との決別宣言が先だと思うけどねえ、民進党は。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

「帰れコール」の嵐で、ペテン総理が立ち往生&「(改憲は)自民党結党の精神。選挙で争点とすることは考えていない」けど「次の国会から改憲議論」(安倍晋三)&党首討論会で小沢一郎に一喝された社会学者・古市憲寿のゲスっぷり。

 沖縄県民大会に6万人が結集。政治的という理由で自民、公明は不参加。沖縄における女性強姦殺人事件そのものが極めて政治的マターであるはずなのに、このひとたちはどのツラ下げて「県民の心に寄り添う」なんて事を口にできるのだろう。

抗議の沖縄県民大会に6万5000人 海兵隊撤退を決議

 そんな沖縄のことなんか頭の片隅にもないであろうペテン総理は、参議院選挙公示直前の日曜に吉祥寺で街頭演説するも、「帰れコール」が湧き起こり立往生したとか。しかも、そんな市民の声に対して、

「私は子供の時、お母さんからあまり他人(ひと)の悪口を言ってはいけない。こう言われましたが、あまり野党のことを批判したくありませんが、分かりやすくするために少し批判させてください。私は今、批判され・・・批判ばっかりしていると・・・(この会場には)妨害ばっかりしてばっかり人がいますが、みなさん、こういうことは止めましょうね、恥ずかしいですから」(ブログ「晴天とら日和」さんより引用)

 って喚き散らしたそうだ。国会では「日教組、日教組」とか「早く質問しろよ」とか、NHKが言うところの「自席発言」という野次を盛んに飛ばしてるくせに、天に唾するのもいい加減にしろってなもんです。それにしても、「お母さん」ときちゃいますか。還暦超えた男が公的な立場で発する言葉じゃござんせん。ブログ「晴天のとら日和」さんも指摘していたが、せめて「母」と言うのが大人の男ってもんだろう。

 それはともかく、「帰れコール」はズシンと響いたようで、その後に予定していた有楽町での演説をキャンセル。有楽町では野党統一の大街宣があって大いに盛り上がっていたいたから、さすがにその後にノコノコ顔出すことはできなかったんだろう。さらに、今日予定していた北海道遊説も取り止めだとか。さすが、チキンだな、ペテン総理は。

安倍晋三@吉祥寺街宣

 でもって、夜にはニコニコ動画の党首討論会に出席したペテン総理は、「(改憲は)自民党結党の精神。選挙で争点とすることは必ずしも考えていない」けど「参議院の結果を受け、どの条文を変えていくか、条文の中身をどのように変えていくかについて、議論を進めていきたい。次の国会から憲法審査会を動かしていきたい」なんてことをほざいてくれちゃってます。

 つまり、「改憲は自民党の党是だから、争点にしなくても自民党が選挙に勝てばもれなく改憲がついてくるんだぜ」って言ってるわけだ。選挙公約でも一番最後におまけ程度にわずか6行で「改憲」に触れているだけで、大手メディアでは「経済、経済」って言っておきながら、ニコニコ動画みたいな身内のメディアではこうした踏み込んだ「改憲」の発言をする。これは、明らかに詐欺ですね。

 しかし、「自民党の党是だから、争点にする必要はない」って発言は、選挙で勝つことは白紙委任されたことって言ってるようなものだろうに、こういうレトリックになんで新聞・TVは鈍感なんだろうね。やっぱり、来月の参議院選挙で「改憲」目論む勢力を勝たせたら、この国はとんでもないことになりますよ。

安倍首相「次の国会から改憲議論」 参院選後 具体的に条文審査

 最後に、この討論会の司会は、このところつとに御用学者ぶりが板についてきた社会学者の古市憲寿君が務めていたんだが、なんとまあオザワンに向かって「僕は小沢さんが再婚相手が見つかったか、聞いてみたいんですが」って質問したってね。さすがにこの質問にオザワンはムッとしたようで、古市君はおざなりな釈明したようだが、これがまたオザワンの怒りに火をつけちゃって、「お詫びするならお詫びするで、きちんとしなさい。そんな言い草ないでしょう」と一括されたってね。

古市憲寿氏、小沢一郎氏を激怒させる「再婚相手は見つかった?」 ネット党首討論中に質問 

【党首討論・発言詳報】

 政治家はもとより、その周辺の学者や評論家ってのもどんどん劣化してるんだね。社会性の欠如って言ってもいいかもしれない。こんなひとたちが、上から目線で新聞・TVで説教たれたりしてるんだもの、そりゃあヤングな諸君が大人を見限りたくなるのもわかろうというものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

B52が水爆を落っことしていたってさ。高度に管理された爆撃機でもこうなんだから、原発をコントロールしようなんてのは神をも畏れぬ所業なんだね。

 昨日のTV番組で、オザワンが「政界再編」について熱く語ったそうなんだが、何をいまさらという感は否めない。「自民党に対抗できる受け皿」って言われてもねえ。衆議院選で「脱原発」で野党をまとめ切れなかった時点で、オザワンのご威光にも翳りが出たことは間違いないからね。スッカラ菅君との民主党代表戦に破れてからというもの、お題目唱えるのはいいんだけど、どうもいまひとつ行動力に欠けているんですね。だから、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」なんてことになっちゃう。もう、オザワンでは野党再編は無理だろうし、いつまでもオザワンじゃないだろうと思う今日この頃なのだ。

 ところで、1961年にB52爆撃機がノースカロライナ州を飛行中に、水爆を落っことしていたってね。なんでも、「広島型原爆260個分に当たる4メガトンの威力」があって、もし爆発してたら「死の灰が首都ワシントン、フィラデルフィア、ニューヨークなど大都市まで及び、数百万人の命が危険にさらされた」ってんだから、笑い話じゃすみませんよ、ったく。

水爆落下 大惨事寸前 61年、米南部飛行中のB52から

 落っことした水爆は2個で、そのうちのひとつは起爆装置が作動していたそうだ。で、4つある安全装置のうち3個までが機能せず、もっとも単純なスイッチがかろうじて残っていたために爆発しなかったんだとか。かつて、ソ連の原子力潜水艦が核爆弾搭載したまま沈没したことがあったけど、その比ではありませんね、この事故は。しかも、公文書情報公開法で機密指定が解かれたからこの事故が明るみに出たそうで、レレレのシンゾー一派が画策している特定秘密保護法案が成立したら、こういう情報は未来永劫、闇に葬られることになるんですね。

 ま、それはともかくとして、公文書情報公開法によって明らかになった公文書によれば、1950年~68年の間に核兵器に関する重大事故は「少なくとも700件」は起きてたんだとか。ここまで多いと、事故によって核爆発が起きなかったのは、単なる偶然でしかなかったってことか。こうなると、原発に飛行機が墜落しないとも限らないっていう危惧も、あながち大げさなものではないね。なんてったって、高度に管理されているはずの爆撃機が水爆落っことしちゃうくらいなんだから、飛行機が原発を直撃する確立のほうがはるかに高いんじゃないの。数字に弱いから、計算したわけじゃないけど。

 ようするに、この世の中に「絶対」なんてことはないってわけです。だからこそ、「完全にコントロールされている」とか「完全にブロックされている」なんて発言は、神をも畏れぬ言い草であって、ま、そのうちあの男には天罰が下りますよ・・・なんて墓前に祈りたくなる墓参り予定の日曜日である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

株価が上がって浮かれてるけど、ようするに消費税増税するための景気対策ってことを忘れちゃいけない&そんなことは百も承知で、いまだに政治の争点隠しに加担するマスメディア

 マダム嘉田、女石松・森裕子、そしてイチロー君の昨日の記者会見って、なんだったんだろうね。結局、語るべきイチロー君は口を閉ざしたままで、あれじゃあ欲求不満は募るばかりです。どうとりつくろったって、「脱原発」に水を差したのは事実だし、来年の参議院選挙を見据えればその責任は重大なわけで、それなのにダンマリを決め込むのはちょいと情けない。っていうか、戦略ミスではないでしょうか。

 でもって、小沢一郎が嫌いだ、と公言するマスメディアの皆さんは、政党交付金を分捕っただのなんだのと、いつもの「政治とカネ」の延長線上でバッシングしている。しかし、よく考えれば、これっておかしな話で、今回の選挙の供託金没収だのなんだので8億円ほどの負債を未来の党は抱えることになるんだよね。で、形としては、それを生活の党が引き継ぐわけで、政党交付金くらいじゃ割が合わないんですね。でも、こういう視点では、絶対に語らないからね。新聞・TVは、どれひとつとっても、小沢の悪口ばかりで、「脱原発」のへの熱意が冷めていくことを危惧するメディアなんかありゃあしませんから。ホント、政局は語っても、政策は語らないひとたちだこと。

 そんなメディアのヘタれ具合が、衆議院選の争点隠しにも効果をあげたわけで、自民党はもうやりたい放題。原発は推進どころか、より原子力村を強固なものにしようとしているようだし、景気対策という名の消費税増税対策も着々と進行している。もちろん、「改憲」だって、今は多少は抑え気味ではあるものの、お友だちの右翼仲間が6人も閣僚に入っているからね。参議院選を乗り越えたらやるつもりでしょう。

 それにしても、株価が上がったって、新聞・TVははしゃいでいるが、こんなものは腹痛ボクちゃんの煽りに投機筋が乗っかっただけで、ようするに消費税増税前に「実質2%」の経済成長しなくちゃいけないわけだから、日銀脅してでもお札をすらせて、金だけはばら撒こうという寸法だ。でも、この金だって、日本強靭化という掛け声のもと、ゼネコンに大量に投入されて、結局のところ一般大衆労働者諸君には回りません。

 そもそも、消費税増税法案には、増税による増収分は「公共事業に充てる」っていう付則条項があるんだよね。これは、自民党が強引に書き加えさせたもので、つまるところ「公共事業」だけが唯一の景気対策という自民党のナントカのひとつ覚えが復活するってことを意味している。財務大臣のひょっとこ麻生君がソーリ時代に、「お台場につくろうとした国立メディア芸術総合センターが『国営マンガ喫茶』と酷評された」(東京新聞)ことを忘れちゃいけない。

 しかしまあ、なんですね、第三極が入り乱れて有権者は迷っているとか、脱原発は各党共通だから争点になりにくいとか、原発よりも景気が国民の願いだとか、年末の衆議院選で積極的に争点隠しに加担したマスメディアの罪は、万死に値すると我が家のドラ猫に言い聞かせる年の暮れであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

原子力空母乗組員が東電を訴えた。福島第一原発事故がもたらした汚染状況がいかに悲惨なものか、世界はお見通しってことでしょうか&日本未来の党分裂。どいつもこいつもアホかいな。

 松井秀喜が現役引退。日米通算20年の成績は見事なものです。膝の故障がなければなあとは思うものの、よくやった、拍手、そしてご苦労さん。

 ところで、福島第一原発事故で流出した放射性物質で被曝した原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員が東京電力を訴えたってね。誤った情報を流しやがって、とんでもねえ、120億円支払え、ってことらしい。「東電だけが入手できた当時のデータによると、原告が活動していた地域における放射線被ばく量は、チェルノブイリ原発から同距離に住み、がんを発症した人々の被ばく量にすでに達していたことになる」って言ってるんだが、つまりは世界は福島第一原発事故がもたらした汚染状況は、とんでもなく過酷で悲惨なものだってことをお見通しなんだね。除染すれば大丈夫、なんて与太飛ばしてるのは日本だけです。で、日本に対しても、「ロナルド・レーガンや乗組員への放射能汚染の危険はないと主張し続けていた」って指摘してるから、さあ、どんな具合になるんでしょうか。

・時事ドットコム
米空母乗組員8人、東電提訴=誤情報で被ばく、120億円請求

 腹痛ボクちゃん・シンゾーは、原発推進に大きく舵を切ろうとしているけど、世界から見れば、自分たちが原発推進しておいて、その結果事故が起きたってのに、その反省もしないうちに原発推進にシフトするとは、なんて馬鹿な奴らだ、ってことなんでしょうね。というわけで、ここで改めて、腹痛ボクちゃんのトンデモ答弁をおさらいしたいと思います。

吉井英勝:冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

 さて、日本未来の党は、ついに分裂です。何があったか知らんけど、「脱原発」に水かけやがって。新聞・TVは、ここぞとばかりに叩きまくってます。どいつもこいつも、異口同音に「小沢が悪い」の大合唱。馬鹿なコメンテーターは、「生活の党は政策もハッキリしない、脱原発もどうなるかわからない云々」なんてことをほざいてました。アホだね。生活の党ってのは、国民の生活が第一のメンバーなんだから、ちゃんと選挙前には公約発表しとります。反増税、反TPP、脱原発・・・って、ちゃんと公表してまっせ。たぶん、そんなことわかっていて、わざと生活の党=小沢一郎を貶めるために喚いてるんでしょう。ホント、タチの悪い奴らだこと。

 もっとも、だからといって、日本未来の党のゴタゴタはほめられたもんではありません。ハッキリ言って、マダム嘉田もイチローも、どちらもアホかいなです。ここからの失地回復は至難の業になるでしょう。マダム嘉田と女石松の森裕子が記者会見するらしいが、イチロー君にこそ説明責任があるんじゃないでしょうか。おい、イチロー、なんとか言え・・・と心でつぶやく師走の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

家屋修理費などの賠償書類7000人分が宛先不明で東電に送り返されてるとか。避難区域の留守宅に郵送したってさ。アホかいな&日本未来の党が代表人事でスッタモンダ。そんなことしている場合か。いくらなんでもメッキが剥がれるのは早すぎだろう。

 東電が家屋修理費の賠償書類を避難区域の留守宅に送ったりして、7000人分が宛先不明で戻ってきているそうだ。なかには、東電から慰謝料の支払いを受けて避難先もわかっいているのに、書類が届いていない住民もいるんだとか。ようするに、社内の情報共有システムがめちゃくちゃだってことなんだろうけど、なによりも誠意ってものが欠如してるんでしょうね、この会社は。人間味がないって言ってもいいのかもしれないけど、3.11以降の東電のおざなりなやり方を見ていると、血も涙もないって言葉がピッタリの体質なんだね。

 日本未来の党が、阿部知子の共同代表人事で揉めている。アホかいなです。んなことやってる場合じゃないだろうに。ちょっとでも期待した自分が情けなくなってくる。イチロー君も煮え切らないよね。裁判は終わったんだし、堂々と表に出てくりゃいいものを、黒衣に徹してるんだかなんだか知らないけれど、影で蠢くってのは関心しないけどねえ。来年の参議院選挙は、これからの日本の行く末を決する大事な選挙になるはずだってのに、いまさら党の人事でもめてるようじゃ、多くは期待できないでしょうね。マダム嘉田君も、なんかメッキが剥げてきてるようだし、いいかげんにしてほしい今日この頃なのだ。

 ところで、今日は民主党の代表戦らしいが、カバ男・海江田君は、「明鏡止水の心境」なんだとか。ははは、どこかで聞いた言葉だと思ったら、芸者くどいたのがバレて総理大臣辞任した宇野宗佑が辞任会見で口にした言葉だった。なんか、こちらも多くは期待できない、ショボイ代表戦であることよ。驕る平家は久しからずとはよく言ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 7日 (金)

大津市長が「国をだましてきた人」と小沢一郎批判。これって、選挙妨害ならびに人権侵害だろ&「アフリカに原子力を推進するために、福島原発事故の汚染を住民が受け入れることが必要」というトンデモ発言

 フィリピンでは台風被害が凄いことになっている。死者は300人を超え、行方不明不明も300人以上なのだとか。まだまだ被害は拡大するんだろうな。こういう時こそ、自衛隊を派遣して救援・救助活動したらどうなんでしょう。仰々しくPAC3配備して、落とせもしないくせに北朝鮮のミサイルだかに備えてる暇あったら、その方がナンボかマシってもんです。

 それにしても、選挙中に図ったかのような北朝鮮のミサイル騒ぎです。危機感煽るには、あまりにも絶好のタイミングで、ひょっとして北朝鮮にお願いしたんじゃないの、と疑いたくなるほどだ。老人のお使い・森本君は破壊措置命令なんてのを出すってんだが、そもそも本気で迎撃するつもりなら、まずは原発周辺にPAC3配備しなくちゃまずいんじゃないの。ま、すべてはパフォーマンスなんだろうけど、これでまた「改憲」勢力は選挙演説で声高に領土問題だなんだって喚き散らすんだろうね。

 ところで、今回の選挙ってのは、皆さん、必死こいて罵り合いをしてるんだが、なんとまあ品格のない選挙になっちゃったんだろう。血相変えてよその党を批判しまくっているんだが、そのくせ自分たちの政策をじっくり説明して、有権者の心に届けようなんて気はサラサラありません。がなりたてることが、あたかも「強い政治家」であるかのように錯覚しちゃってるんだね。なんともはや、スピッツまがいの政治家だらけになっちまったもんだ。

 でもって、マスメディアも、アナウンス効果を狙った選挙情勢と特定政党へのネガティブキャンペーンを垂れ流してるのは周知の通りだが、それに乗っかっちゃう首長なんてのもいるようで、あの悲惨ないじめ事件であたふたしていた大津市の越市長が公然と小沢一郎批判して、批判メールが殺到してるんだとか。なんでも、定例の記者会見で、嘉田知事の決断に敬意を表しつつも、「小沢さんは手を替え品を替え政党を替え、長年都合のいいことを言って、いろいろな問題を先送りにした。国民をだましてきた人と一緒になるのは残念だ」なんてことをよせばいいのに口走ったてさ。で、市長という立場での選挙中のこの発言は、選挙妨害じゃないの、ってことで、批判メールが殺到してるそうだ。

 選挙妨害かどうかは別にしても、「国民をだましてきた人」って表現は聞き捨てならんね。何をどのようにしてだましてきたのか、ここは是非ともご本人の口からご説明願いたい。きちんとした説明ができなけりゃ、選挙妨害以前に人権侵害にあたるはずだよ。こんなのが市長なんだもん、大津のいじめもさもありなんてことなのかもな。もっとも、こんな与太をオウ行二報道する産経もお里が知れるというものだけど・・・。

・msn産経WEST
「国民をだましてきた人と一緒になるのは…」 大津・越市長、小沢一郎氏と合流した嘉田知事に複雑な思い

 最後に、原発を糾弾するアッパレな芸人、おしどりマコ・ケンさんのブログに注目。11月に開催された「第3回放射線防護における科学と価値に関するワークショップ及び第6回放射線防護体系の進展に関するアジア会議」で、「アフリカに原子力を推進するために、福島原発事故の汚染を住民が受け入れることが必要」というトンデモ発言があったんだと。詳細は、是非お二人のブログで。

・おしどりマコ・ケンの脱ってみる?
「アフリカに原子力を推進するために、福島原発事故の汚染を住民が受け入れることが必要」というOECD/NEAアジア会議の件。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM