朝日新聞

2014年2月 6日 (木)

「安倍政権打倒が社是」って、朝日新聞も買いかぶられたものだ。にしても、こんな発言する輩は、政治家のクズというよりウンコです。

 来週は高校時代の仲間との恒例の飲み会だったのだが、ひとりが食道がんで内視鏡の手術をするという連絡が・・・。なんともブルーな気分の朝である。

 そんな気分に追い討ちかけてくれたのが、レレレのシンゾーの国会答弁だ。なんでも、特定秘密保護法に否定的な新聞報道に恨みをもっていたようで、「飛んでいる(米軍の新型輸送機)オスプレイを撮り、友人に送ったら懲役5年という議論もあった」とか「誰かやってくださいよ。全くそんなことは起こらない。言った人は責任をとっていただきたい」とか、挙句のはてに「(朝日新聞は)安倍政権打倒は社是であると(聞いた)。そういう新聞と思って読んでいる」てなことまで喚き散らしてくれたってね。

朝日新聞は「安倍政権打倒が社是」…首相

 これって、国会答弁なんてもんじゃありません。ガキが駄々こねてるだけです。政治家のクズというよりウンコですね、この男は。粗暴な発言するお仲間がまわりにたくさんいるのもわかります。おそらく、仲間と酒飲みながら、口汚くウップンぶちまけてるんだろうね。なんか、想像ついちゃうなあ。

 「言ったひとは責任とってください」ってんなら、ちょいと言わせて貰えば、「最後の一人に至るまで、記録をチェックして、まじめにこつこつと保険料を払って頂いた皆さんの年金を正しくきっちりとお支払いしていく」って大見得切ってたのはどこのどいつだったっけ。「自分のことは棚に上げ」ってのは、こういうことを言います。

 とにかく、レレレのシンゾーってのは、相手をやりこめることが議論することだと思っている節がある。だから、相手に敬意を払うということがありません。当然、やり口は陰険になるし、息を吐くように嘘をつきます。国会が罵りあいの場に成り下っているのも、こういう無知で無教養な男が政権の座にふんぞり返って挑発してるからなのだと思えば、合点がいくというものだ。

 それにしても、「「(朝日新聞は)安倍政権打倒は社是である」なんてことを国会で言い放っちまうそのメンタリティってのは、朝日新聞に乗り込んで拳銃自殺した右翼に通じるものがありそうです。右翼の蛮行を礼讃した挙句に今上天皇が「現人神」だなんて妄言吐く大学のセンセイをNHK経営委員に推薦したりしちゃうのも、むべなるかなってことです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2013年5月29日 (水)

朝日が重い腰上げて「誤報」発言にボソっと反論。その論調の生温いこと。こんなんでお茶濁してちゃダメでしょ&佐賀地検の検事がカッターナイフで容疑者を威嚇!? 検察改革は遠くなりにけりだね。

 ようやく重い腰を上げて、朝日新聞がお子ちゃま市長・橋↓君の「誤報」発言に反論です。遅すぎだけど、やらないよりはマシか。世間からも「売られた喧嘩も買えないのか」って声がチラホラ出てきたし、ここらで何らかのリアクション起こさないとまずいかもって計算が働いたんでしょうね。でも、その論調はなんとも生温いんだね、これが。「誤報」なんて言われたんですよ。ボソっと社会部長の署名原稿でお茶濁している場合じゃないでしょ、ったく。こんなんだから、お子ちゃま市長に限らず芸人まがいのパフォーマンス好きの政治家を付け上がらせちゃうんだよね。これをきっかけに、他のマスメディアも一斉に「誤報」発言をつつき始めたら面白いんだけど、どうなることやら。

・朝日デジタル
「誤報」の指摘あたらない 朝日新聞大阪本社社会部長

 さて、検察がまたしでかしてくれました。佐賀地検の検事が取調べ中の容疑者にカッターナイフを突き出したそうです。録画・録音されていたから発覚したってんだが、録画されててもこんなこと平気でやるんだから、録画されない取調べではどんな脅迫してるかわかりません。やっぱり、どこか神経がマヒしちゃってるんでしょう。おそらく、これまでも同じようなことやってきてるんだろうね。だから、録画されてるにもかかわらず、習い性ってやつでついやっちゃったってところなんじゃないの。この検事は、カッターナイフを突き出した後に、カッターの柄で机を叩いて威嚇したそうだけど、検事にとってはこの程度のことは日常の風景なのかもね。

・東京新聞 TOKYO Web
容疑者にカッター突き出す=取り調べで検事、告発検討-佐賀

 PC遠隔操作事件における長期拘留だって、これと同じような暴力なんだよね。片山氏は「自殺した方が楽」って拘留開示の法廷で心情を吐露したそうだが、これこそが検察の狙っているところで、こうして弱気にさせて自白に追い込むって寸法です。PC遠隔捜査事件は、可視化を要求して以来取り調べは進んでいないからカッターで脅すような物理的な暴力は行使できないけど、留置場に閉じ込めておくだけで十分にその効果を発揮してるってわけです。

・47NEWS
コメント「自殺の方が楽」と片山容疑者 遠隔操作事件、法廷で

 検察改革ってのはどこ行っちゃったんだろう。結局、陸山会事件で検察のリークを垂れ流したマスメディアが、まるで反省していないから、検察を図に乗せているっていう面もあるに違いない。PC遠隔操作事件だって、性懲りもなく検察リーク垂れ流す新聞もあるくらいですから。このままだと、権力と検察の馴れ合いってのは、ますます巧妙になって、振り向けば治安維持法なんて時代がやってくるかも・・・って、朝っばらから縁起でもない妄想しちまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月24日 (火)

「小沢系議員」というお手軽表現で思考停止する新聞記者&関電の節電効果予測の「丼勘定」データ。

 いよいよイチロー裁判の判決が明後日と迫り、検察に対していくつか動きが出てきている。ひとつは、民主党を中心とした議員による検察審査会の強制起訴議決に関する検証要請だ。もっと早くなんでやらなかったの、という疑問は置いといて、この記事を書くにあたって多くの新聞が「小沢系議員」っていう表現を使っている。たとえば、朝日は、「検察審査会のあり方調査要請 小沢系議員ら「『法務委で』」っていう見出しを使っている。で、記事をよく読むと、ちゃっかりと「小沢氏に近い多数の議員のほか、新党大地・真民主、新党きづななどの議員も含まれる」ってエクスキューズしとります。ことほど左様に、何かっていやあ「小沢系議員」でひっくくっちゃうお手軽さってのは、実は何も考えてないってことの証なんだね。よく、雑誌の原稿なんかで、表現に困っちゃって「筆舌に尽くし難い」って安易に誤魔化しちゃうシロートさんがいるんだが、「筆舌に尽くし難い」ことを「尽くす」のがプロってもんです。「小沢系議員」って表現には、これに共通した思考停止があるんだね。おそらく、この記事書いた記者は、「小沢系議員」って書いた時点で、このニュースの独自の分析は放棄してます。もっとも、通信社の配信をそのまんま載せただけかもしれないけど・・・。

 東京新聞なんか、「小沢一郎元代表の支持議員」って表現を使ってます。これだけで、もうこの記事で何が伝えたいかわかろうというものです。検察審査会の強制起訴議決の検証、っていうテーマよりも、「小沢一派がなにかやらかした」っていうことを、暗に言いいたいわけです。そういえば、2、3日前のイチロー裁判の経緯を説明した記事でも、田代作文検事の捜査報告書偽造について、本文でまったく触れてなかったっけ。原発ではジャーナリズムの矜持をしっかりと発揮する東京新聞も、イチロー裁判のこととなると筆が鈍りまくっているのは、やっぱり記者クラブという温室に毒されているからなんでしょうね。

 そして、もうひとつ、「検察の在り方検討会議元委員有志」が「検察の在り方について第三者検証を求める!」要請書を持って法務省と検察庁を訪問。その後に、郷原信郎氏、江川紹子氏による記者会見があった。で、この要請書の賛同人に、田原総一朗、大谷昭宏の名前もあるのだが、この二人はTVにもコメンテーターとして出演していながら、けっこう上手に立ち回って、検察批判ってのをあからさまにはしないんですね。ヘビースモーカー大谷君なんか、陸山会事件の当初は検察の小沢一郎をターゲットにした無謀な捜査を批判していたくせに、このところのコメント聞いてると、なんか通りいっぺんのことしか言ってないもんね。本来なら、レギュラーでTVのコメンテーターとして出演しているジャーナリストを名乗る御仁たちが、もっと必死こいて検察批判してこなくてはいけなかったわけで、賛同人でお茶濁されてもなあ、とつくづく思うのであった。

 ところで、「夏の電力不足」を電力各社が報告したそうだ。それによると、関電と九電が突出して不足しているんだが、ちょいと不思議なことがある。たとえば、「関電が試算した8月の需給は、猛暑だった10年8月の最大需要(3095万キロワット)に節電効果を織り込むと、需要は3030万キロワットまで下がるが、供給力は2535万キロワットにとどまり、495万キロワット(16.3%)不足するという」んだが、これっておかしくないかなあ。「最大需要(3095万キロワット)に節電効果を織り込むと、需要は3030万キロワットまで下がるが」っていうけど、てことは節電効果ってたった65万キロワットってことになるよね。いくらなんでも低すぎる数字だと思うけどね。

 去年の9月に東電が発表した節電効果の数字があるんだけど、それによると、ピーク時には約900万kw以上の節電効果があったんだとか。大口利用者で29%、家庭で6%の節電努力があったっていうから、関西だってそれほど苦労せずにこれくらいの節電できるはずなんだよね。それともなにかい、関西のひとっての節電したくないとでも言うんでしょうか。んなはずあるわきゃない。つまり、関電のお手盛り数字の結果なんだよね、電力不足ってのは。これは、九電も同じです。こんな「丼勘定」で危機感煽って、原発再稼働画策するとはフテー野郎だ、ったく。

・家電Watch
東京電力管内、今夏の節電効果はピーク時に約900万kW以上
~8月の実績で16.8%節電

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

捜査報告書書き換えを田代作文検事の上司が指示!?&朝日への抗議書に見る読売のご都合主義

 昨日の中山6レースのメイクデビュー戦で勝った馬の名前は、なんとコップヒヤザケ。稀代のスプリンター、サクラバクシンオーの子供という良血なのだが、ちょいとトホホなネーミングに複雑な思いがする。かつて、馬名にはけっこう厳しい決まりがあって、売名行為なんてもっての他。歌手の春日八郎(それにしても、古いね)が、ヒット曲『お富さん』にちなんで「オトミサン」っていう名前を申請して門前払いを食らったって逸話も残っているくらいだ。もちろん、珍妙な名前ってのも駄目で、おそらく以前だったらコップヒヤザケは許可されなかったんだろうなあ。ま、個人的にはこういうギミックって嫌いじゃないのだが、どうせならあまり恵まれない血統で公公営競馬出身なんていうドラマが裏側にあってくれた方が、けっこうお茶目ってことで別の意味でアイドルホースになったりするのかも。

 コップヒヤザケはトホホなネーミングとはいえ、どこかしら愛嬌があって、これからも注目したくなるオーラがあるけど、心底トホホなのがフランケン岡田君だ。自民党に大連立持ちかけてたってね。こいつが原理主義者って言われる理由がわからん。どこが原理主義者やねんねんねん。ただの変節漢でしょ。でもって、昨日は改めて大連立に触れてこんなコメントしてます。「(民自)両党が互いに批判、反論する政治は国民が求めるものではない」とさ。誠司(前原)は求めてないけど、「互いに批判、反論する政治」は求めているどころか、それこそ政党政治の原点だろう。ま、このコメントの前後の流れがどんなものかは知らんけど、少なくとも原理主義者だったらこんなことは恥ずかしくて口に出しません。ようするに、ご都合主義なんだね。民主党がどんどん腐っていくのも、それが原因です。

 ご都合主義といえば、朝日がぶち上げた契約金問題で、ナベツネへの取材があまりに過熱したってんで、読売が「節度ある取材」を文書で報道各社にお願いしたそうだ。これまでの自分たちの取材態度も省みず、立場が変われば抗議する。これれもまたご都合主義の典型です。読売のご都合主義は、朝日に送った抗議文ってのがその白眉でしょう。なかでも、熨斗付けて読売に返送したのが次のくだりだ。

(これより引用)

 貴社は当球団の主張の一部を掲載していますが、ご承知のように、報道にあたっては、相手方の主張を踏まえ、自らの取材結果の正当性を改めて吟味することが不可欠です。自らの取材結果と異なる場合、相手の主張を単に併記すれば足りるというわけではありません。

 これらの記事は一般読者の普通の注意と読み方を基準にすれば、表現はもとより、見出しや扱い方等からして、当球団の行った契約には極めて問題が多く、社会的な批判を受けるのがあたかも当然であるかのように誤導するものであり、各選手や当球団の名誉を著しく貶めるものと言わざるを得ません。

(引用終わり)

 「社会的な批判を受けるのがあたかも当然であるかのように誤導するものであり」なんて下りは、涙が出るほど笑っちまいます。イチロー叩きもこういう手口だったよね。原発も、「あたかも当然であるかのように誤導」してきたんじゃなかったのか。盗人猛々しいにも程があるってもんだ。そこまで言うなら、朝日を他山の石として、この抗議文を読売本社の正面玄関に額装して飾っておくこった。

 ところで、産経ニュース(電子版)が、「石川議員の虚偽報告書、上司指示で書き換えか 複数検事、関与の可能性」の見出しで、「田代検事が報告書を作成した後、上司の指示を受けて書き換えた可能性がある」と伝えている。これって、かなりのスクープだと思うのだ゛が、いまのところ後追いがない。上司の指示があって書き換えたとなると、これはもう組織的な犯罪ですからね。週明けには、ひょっとしたらイチロー裁判は、風雲急を告げるかも・・・。

石川議員の虚偽報告書、上司指示で書き換えか 複数検事、関与の可能性

【くろねこの競馬予想】

 中山では皐月賞に向けた最後のトライアルレース、スプリングステークス。前走の共同通信杯で惜敗したディープブリランテが中心なのは間違いない。ここは相手探しか。で、同じ共同通信杯で4着だったストローハットが狙い目。人気を下げてる今回は、馬券的にも面白い。その他では、マイネルロブスト、グランデッツァ。渋った馬場で大穴ならデビュー以来2連勝のバンザイ。
◎ディープブリランテ、○ストローハット、▲マイネルロブスト、△グランデッサツァ、バンザイ

 阪神は古馬の重賞、阪神大章典。3冠馬オルフェーブルの今年のスタートはここから。こちらも相手探しか。別定だけにまぎれはなさそう。馬券的には、ギュスターヴクライとの1点勝負か。
◎オルフェーブル、○ギュスターヴクライ、▲ヒルノダムール

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月31日 (土)

何事も諦めちゃいけない・・・と肝に銘じる大晦日です。良いお年を!

 景気が悪い、とは言うものの、さすがに昨日の築地は人の波。東銀座から地下道を出て、万年橋を越えたあたりからもう築地の熱気が伝わってくるようで、この気ぜわしさが年末なのだ、と悠長に構えていたのが大間違い。凄まじい人の流れに翻弄されて、クタクタになっちまった。それでも、どうにかこうにかタコ、蒲鉾、鮭の買い出し3点セットをゲット。築地場外の雑踏をちょいと抜けて、「災難を除き、波を乗り切る」 という除稲荷神社に参詣。かつての編集部が築地市場と目と鼻の先だったので、徹夜の入稿明けにはたまにここで一杯やったものだが、この神社に足を向けたのは初めてのこと。ちょいと気分はおのぼりさんであった。

 暮れの混雑なんてのは当たり前だからそれほど苦はならなかったが、それにしても玉子焼き屋の前はどこも長蛇の列ってのは不思議なもんです。そんなに玉子焼きって正月の定番だっただろうか。お節の片隅にコッソリと鎮座ましましていたような気はするのだが、子供の頃を思い出しても、我が家では正月と玉子焼きがどうしても結びつかないのだが・・・。

Photo_3

 ところで、朝日新聞が、子供の作文調で増税路線擁護の社説を掲載したらしい。なんでも、「将来世代」であるところの「これから生まれてくる赤ちゃん」の口を借りた社説だというのを聞いて、ちょっと待てよ、その手口ってのは以前にもあったような・・・というわけで、拙ブログの過去帳をめくってみたら、ありました。昨年の7月10日のブログ「ああ、恥ずかしい・・・朝日のおこちゃまブログ」ってやつで、参議院選挙の前日のことだ。社説の見出しは、「あす投票 大人はわかってるかなあ」というもので、「社会保障と税―オトナはわかってる?」という今回の見出しともよく似ている。その時も書いたのだが、「こういう書き方って一番お手軽な方法で、一見小難しい問題を簡潔に説明しているようで、実は問題を矮小化、単純化してるだけ」なわけで、ま、朝日の読者欄によくある大人が書いた(?)ような子供の投稿ようなもんです。それにしても、書いてる本人が恥ずかしくないかね。雑文書きもなりわいのひとつであるくろねこにとっては、書き手の低俗なメンタリティーこそを問題にしたいところだ。社説の詳細は、「朝日新聞 読後雑記帳」さんのブログをどうぞ。

・朝日新聞 読後雑記帳
こどもの作文調で増税路線を暴走する俗悪社説

 さて、年末に来て、日本の原発54基中47基が停止。このまま行けば、来年の春には全原発が停止する。夏までその状態が続いても、電力不足は約7%ほどらしい。てことは、みんなで多少の努力をすればクリアできる数字ってことだ。そう考えると、「脱原発」ってのも現実味を帯びてくる・・・と、ちょいと希望の灯に心和む大晦日。来年もよろしくお願いします。それでは、皆様、良いお年を!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

朝日新聞が小沢待望論(?)

 PR誌の文字校正の長いトンネルも、ようやくほのかに明かりが見えてきたところ。水曜までには校了して印刷所にGOとなればいいのだけれど・・・。

 さて、明日は陸山会事件の判決。ま、素直に裁判の成り行きを見れば、石川、大久保、池田の元秘書3人の無罪は決定的だと思うのだが、何が起こるかわからないのが裁判だから、どうなるんでしょうか。これまで小沢狂想曲を煽りたて、検察の出先機関として魔女狩りみたいな小沢バッシングを続けてきたマスメディアだけど、なかには判決後を見据えてあからさまに小沢待望論を述べ立てるやからが出てきた。朝日新聞です。何でも、小沢番だったという記者が署名記事で、小沢一郎は首相になるべきだとエール(?)を送っているのだが、ほっかむり男の星君や、麻生君のゴーストライターとも噂された曽我君なんかはどんな思いでいるんでしょう。

 ま、何をいまさら、って程度のことなんだが、この署名記事を書いた元小沢番という記者は、小沢狂想曲の真っ只中ではどんな役割を担っていたのだろう。明らかに陸山会判決後を視野に入れての小沢ヨイショだと思うのだが、それよりもバッシング最中にこの記者が何を思い、どう行動したかの方がよっぽど興味がある。ま、歯車のひとつでしかない記者にそんなこと期待して始まらないのは百も承知だが、小沢狂想曲に対する自らの立場とその総括もせずに、判決前というタイミングで小沢待望論を書くというのは、無罪が出ちゃってからでは格好がつかないからいまのうちに保険かけとこうという魂胆があるからなんじゃないのだろうか・・・と、深まり行く秋の気配に首をかしげるくろねこであった。

【くろねこの競馬予想】

中山のオールカマーは、アーネストリーで決まりか。59kgがひっかかるけど、このメンバーなら負けるわけにはいかんでしょう。すんなり勝って、天皇賞に駒を進めていただきたい。

阪神では菊花賞トライアルの神戸新聞杯。ダービー馬のオルフェーブルに2着のウインバリアシオンにショウナンマイティ、フレールジャックの4頭の競馬だと思うけど、遅れてやってきた大物フレールジャックに期待したい。菊花賞の権利取りで一発大駆けの馬がいるかもしれないが、おそらく3着までか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

天声人語の「迷文」とレイシスト知事の「ざまあみろ」発言に腰砕けの朝。

 昨日のブログで、福耳猪八戒・枝野君の東電に対するツッパリに若干のエールを送ったのだが、なんと資源エネルギー庁長官の細野某とかいう輩がオフレコと前置きしたうえで、福耳猪八戒の銀行債権放棄発言の批判を繰り広げたそうな。「はっきり言って『いまさら、そんなことを言うなら、これまでの私たちの苦労はいったい、なんだったのか。なんのためにこれ(賠償案)を作ったのか』という気分ですね」だとさ。東京新聞の記者による署名コラム「私説 論説室から」は、この発言を受けて、こう論じている。

(これより引用)

 賠償案は株主や銀行の責任を問わず事実上、国民負担による東電救済を目指している。長官発言は「苦労して株主と銀行を救済する案を作ったのに、枝野発言はいったいなんだ」と怒りを伝えようとしたのだ。

(中略)

 自分たちがどちらの側に立っているか、率直に述べている。まあ正直な官僚である。同意したわけでもないのに勝手なオフレコ条件に応じる道理もない。「真実」を語る発言こそ報じるに値する。

(引用終わり)

 最後は、やんわりと嫌味で締めくくっているところがほほえましい。それはともかく、一事が万事、こんな具合なんでしょうね。オフレコ発言に本音がポロリてことなんだろうけど、記者クラブの住人どもはなかなかそこをつつかない。

 ようやくのこと東電が認めたメルトダウンにしたって、専門家や一部のフリージャーナリストにとってはハナから常識だったのに、敢えてそうした声を無視してきたんだから。急先鋒だったスーパーゴルフジャーナリストでもある上杉君を「デマを飛ばすインチキ記者」とまで罵っていたんだからね。今となっては、「安全デマ」のお先棒担ぎをしてたくせに何言ってんだかなのだが、さすがに朝日新聞は言い訳も小賢しい。

 久しぶりに「天声人語」を覗いてみれば、なるほど、「現代社会の森羅万象を、鋭く温かな視点から描く朝日新聞の代表的コラム」と大上段に自画自賛するのもむべなるかなといった書き出しに背筋に悪寒が走る。で、ちょっと引用します。

(これより引用)

 辞書によれば、〈溶ける〉とは固形物が液状になることだ。類語の〈とろける〉には、心のしまりがなくなる/うっとりする、の意味が加わる。「ろ」が入るだけで随分まろやかだが、間違って「炉」を添えると、〈溶ける〉が牙をむく 

 「メルトダウン」は軽々しく使える言葉ではなかった。なにしろ、原子炉の燃料棒が自らの熱で溶け落ちる悪夢である。燃料の損傷という軽い響きも、炉心溶融と正直に書けば、ただならぬ気配に腰が浮く

(引用終わり)

 「腰が浮く」どころか、こちとら「腰が抜ける」を通り越して「腰が砕け」ちまったい。すごいね、「『メルトダウン』は軽々しく使える言葉ではなかった」だとさ。「全炉心溶融」なんて言葉まで持ち出して、どうにか「メルトダウン」って言葉を使わないように、東電ともどもマスメディアは四苦八苦してるようだけど、「軽々しく使う言葉ではなかった」って言ってるってことはようするに知ってて知らん振りしたってことだよね。ジャーナリズムの第一義ってのは、事実を報道することにあるんじゃなかったっけ。語るに落ちた、ってのはこのことか。

 上杉君が記者会見で、「メルトダウン」という言葉を出すたびに、記者クラブ所属の記者から「そんなこと聞くな」って罵声が飛んだようだけど、ひょっとして朝日の記者か? 是非とも、そんな罵声を浴びせた記者とその所属する社の名前を公表してほしいものだ。

 ま、それはともかく、昨日の東京新聞「こちら特報部」が、東電の広告費と接待費の闇を突いていたが、なんでもマスコミ対策費は250億円以上という噂もあうるそうな。これって、ようするにマスコミ用の賄賂みたなもんで、つまりは官房機密費と同じなんだね。記者クラブの住人の中には、けっこうな額をつかまされちゃって、ズブズブの関係でおいしいい思いをしいるのがゴマンといるね、おそらく。上杉君を「デマ男」と批判した輩なんか、東電のパンフレットにヨイショ記事書いて百万単位で原稿料いただいちゃったりしてるんだろうな。ひょっとして、家なんか建っちゃったりして。

 こうした構図って、小沢狂想曲の時の検察とマスメディアの関係とまったく同じ。ようするに、既得権益者同士がなあなあで報道してるんだから、情報そのものが操作されてるってこと。ま、原発でもマスメディアの大本営報道は続いているわけだけど、今回は日本だけでなく世界中の安全が脅かされてるんだから、国と東電、そしてマスメディアの情報隠しのトライアングルの責任は、とことん追求されるべきでしょう。

 ところで、レイシスト石原君が、「アニメエキスポ震災で全部パーになった。ざまあみろ」って発言したと騒がれている。ニコニコ生放送の 『田原総一朗 談論爆発!』における青少年健全育成条例についての発言なのだが、正確にはこう言っとります。「大きな出版社までもが、何の被害妄想か知らんけどね、アニメフェアをやるったら、俺たちはあんなとこ行かない。幕張でやるって言ったらね、震災が来て両方ともパーになったね。ざまあみろってんだ」(太字はくろねこ)。ま、これが世界に冠たる東京の知事の発言です。聞いてるこっちが恥ずかしいです。さらに、電波芸者田原君は、そんなレイシストを一生懸命フォローしとります。こちらは、哀れとしか言いようがありましぇん。では、お後がよろしいようで。

田原総一朗 談論爆発!
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年3月 6日 (日)

政治資金規正法を利用したスキャンダルごっこにはウンザリ。

 朝日を解約して東京新聞に乗り換えてから、実に清々しい朝を迎えているわけだが、今朝いつものように気になるブログをチェックしていたら「誠司とカネ」に言及した朝日の社説が紹介されていた。で、早速のところ電子版の社説をチェックしてみたのだが、なんとまあニヤケ害務大臣にはおやさしいこと。ちょっと後半部分を引用します。

(これより引用)

 この問題はまだ表面化したばかりだ。女性から献金を受けることになった経緯や献金の総額など、前原氏による事実関係の調査と、国会や有権者に向けた説明はこれからである。

 「事務的なミス」(民主党の岡田克也幹事長)なのかどうかを含め、解明すべき点は多い。辞任か否かの判断はその後のことだろう。

 政治的駆け引きのなかで、重要閣僚の進退がこれほど短兵急に取り扱われる展開には首をひねらざるをえない。

 予算案と関連法案の修正が焦点となるなか、野党が政権打倒一辺倒になって世論の共感を得られるだろうか。

 疑惑の当事者には、まず徹底して説明責任を果たしてもらう。それすらしないという強硬な態度は論外として、辞任で手早く幕引きにするというのも責任ある姿勢とはいえない。

(引用終わり)

 ようするに、「表面化したばかりで、まだ説明もされていない。辞任云々はもう少し様子をみて、事の次第が解明されてからでも遅くない。ただでさえ国会は予算案と関連法案で大変な時なんだから、政治的駆け引きで重要閣僚の進退を短兵急に取り沙汰するのはいかがなもんか」ってことなんですね。はあ、小沢狂想曲では、検察リークで疑惑が流れた直後から、「これは怪しい」ってんでガンガン叩きまくったのに比べると、なんとまあ寛容なことなんでしょう。

 でも、昔なじみの在日の焼肉屋のおばちゃんから献金もらったっていう事実は何も覆らないわけで、これは「献金疑惑」ではなくて「事実」なんだよね。ということは、現行の政治資金規正法に抵触していることは間違いないわけで、どんな理由があったにせよ法律違反には変わりがない。昨日も書いたように、個人的には、在日のひとからの献金の何が悪い、ってのがくろねこの見解だけど、法改正があるまでは今回のニヤケ害務大臣への焼肉屋のおばちゃんの献金がOKになるわけではない。それは自明なことだ。

 でも、、もっと問題視しなくてはならないのは、ニヤケ害務大臣は政治資金規正法をひょっとして理解してなかったんじゃないのということ。仮に、「外国人献金」は違法だよってことを知っていてもらったとしたら、これはもう確信犯なわけで即刻退場だ。いずれにしても、こうした間抜けさかげんこそ問題なんであって、偽メール事件でその片鱗が暴露されていたように、やっぱり三つ子の魂百までなんだね。朝日は重要閣僚って言うけど、こんな男に重要閣僚が務まるわけがない。その意味では、早く辞めていただくのがよろしいかと・・・。

 とはいえ、政治資金規正法がとんでもない問題点をいっぱい含んでいる事には変わりがない。そもそも、今回の「外国人献金」だって、いま急に浮上したわけではないと思う。おそらく、こうした政治資金規正法がらみの弱点ってどの政治家も抱えていて、その事実はどこかの誰かがちゃんと把握している。そして、絶妙のタイミングでスキャンダルとして流されるって寸法なんじゃないのかな。だからこそ、朝日流にいうならば「政治的駆け引き」に利用されないように、政治資金規正法そのものを見直す必要があるのだ。

 それにしても、誰が前原スキャンダルを仕掛けているのか・・・その方がよっぽど興味がある今日この頃なのだ。どうやら、「フロント企業献金」はどこかに吹っ飛んじゃったみたいだし、それで得する奴って誰なんでしょうねえ。

【くろねこの競馬予想】

中山では皐月賞トライアル、弥生賞。牡馬のクラシックを占う上で、重要なトライアルなのだが、今年はどうもドングリの背比べで、これといった主役がいない。で、新馬、特別と2連勝中のターゲットマシンに注目。父ディープインパクト、母の弟がキングカメハメハという両ケツもさることながら、前走出遅れて、直線はフラつきながらも最速の上がりで差し切った勝ちっぷりはなかなかもの。荒削りだけど、大きな可能性を秘めている予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

一体改革会議にのこのこ参加する堕落した新聞&陸山会事件裁判傍聴記

 25日の民主党神奈川県連のパーティーでフランケン岡田君が、「帰れコール」の洗礼を受けた挙句、「ウソつき!」「マニフェストを守れ」などと野次り倒され、とうとう「誰が見てもできないことをいつまでもできるというのは、国民に対する不正直だ」と開き直ったことは既にニュースでも流されたが、これに絡んで訥弁・鳥越君の天敵であるところの白髪だらけの岩見君がTVでトンデモ発言をしたんだとか。曰く、「怒号は、民主支持者が小沢氏の処分が軽すぎるから怒りが爆発したんだ」・・・これを真顔でくっちゃべったってんだが、本当か? こやつならそんなコメントもしそうだと思ったりもするのだが、その動画があればどなたかアップしていただけないものだろうか。

 昨日、税と社会保障の一体改革の「集中検討会議」があったのだが、ちょいと気になるのは、「報道機関の年金改革案などを議論した」という朝日の記事だ。で、この会議には、「自社案を公表している毎日、読売、日経、産経の4紙」が参加したんだそうな。朝日は、社説などを資料として提出したうえで、「新聞の中立性を守り、政策などに対する主張は紙面を通じて行うことを原則」にしているため、「議論に参加することは、政策立案に関与することになると判断し、お断り」したんだとか。ま、本来、政府と新聞社の関係とはそういうものだろう。それにつけても、毎日、読売、日経、産経が与党の政策会議に自らの案を引っさげて参加するとは・・・これじゃ、まるで政府御用達の「シンクタンク」ってところだ。いつから新聞は「政策集団」になったんだ。というか、政治家と同じテーブルで政策について会議をするってなったら、その新聞の報道というのはとても中立とは言えないだろう。

 ひょっとすると、こうした会議って、これまでも開かれていたんだろうし、あったと思ったほうがいいんだろうね。だとしたら、どんな会議に参加したのか、是非とも情報公開してほしいものだ。世論を二分するような重要な政策の中には、政府とマスメディアの出来レースなんてこともあったんじゃないの・・・って、疑いたくなっちゃうもんね。なんだか、見過ごせない記事だと思うけどなあ。

 ところで、陸山会事件の公判が続いているわけだけど、マスメディアは都合のいいように解釈した公判の断片をつなぎ合わせた傍聴記しか載せないので、ここらでちょっと気になる傍聴記を綴ったサイトを紹介します。本来なら、新聞やTVでは伝えきれない公判のやりとりなんてのは、マスメディアがネットを使ってちゃんと公開すべきだと思うけど、そんなジャーナリスト魂は彼らにはないからね。というわけで、興味のある方は下記のサイトをのぞいてみてください。

「ジャーナリスト・江川紹子さんが語る「2/25陸山会事件裁判を傍聴して」(ツイートのまとめ)

《第3回》陸山会事件公判傍聴記 ── 「こんなものサイドストーリーだ!」と目の前で調書を破った吉田正喜検事

・ラ・ターシュに魅せられて
陸山会裁判傍聴記・・。石川!ここはウマく収めてやるから・・この調書にサインしろ!東京地検独走部

【くろねこの競馬予想】

中山ではヴィクトワールピサがドバイ遠征の前哨戦として出走する中山記念。1800mという微妙な距離がどう克服するかが焦点だけど、馬券的には、中山競馬場なら3着をはずしたことのないキョウエイストームからワイドで流しが面白そう。ここから、ヴィクトワールピサ、アロマカフェ、リーチザクラウン、リルダヴァル、レッドシューターといった有力どころへ。

阪神は1400mの重賞、阪急杯。大混戦模様だが、ここは最強世代といわれる4歳のガルボ、アラガラッハの1点勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

「マニフェスト絶対主義」と揶揄する恥知らず。

 あるSNSで知り合いの日記を覗いたら、「カップヌードルごはん」なるものが紹介されていた。「カップライス」ってのはその昔にあったけど、「カップヌードルごはん」とは何ぞや?・・・というわけで調べてみたら、ネーミングそのまんま、「カップヌードルの味がするごはん」で、去年の夏に近畿地区で先行発売されたものなのだとか。で、日清食品のホームページによれば、一時販売休止になっていた「シーフード味」が3月から販売再開されるそうな。ふむ、地域限定とはいえ、なかなかの人気・・・らしい? おそらく夏くらいには全国展開するのかも。想像するに、チャーハンみたいな感覚なのでしょうか・・・ちょっと、興味あるかも。

 さて、リビアの内戦はどうなっちゃうんでしょうか。傘をさした画像といい、その往生際の悪さといい、カダフィの現状はまるで笑えないマンガだ。カダフィに雇われた傭兵の中には16歳の少年もいるっていうから、子供が戦争に借り出されるという悲劇はまだ続いているというわけ。そういえば、バーレーンでは、デモに子供も参加しているという報道もあった。

 湯上りの害務大臣は、「(カダフィ大佐は)頭を冷やして考え直してもらいたい」てなことをここぞとばかりにコメントしてたようだが、いっそのことリビアに飛んで、直談判でもしてきたらいかがだろう。ま、相手にもされないだろうけど・・・そもそも、カダフィに会ったことないんじゃないの、ニヤケ男は。

 ところで、ここからが本題。スッカラ菅君が総理大臣になってからというもの、「政権公約」がこれほど軽く扱われた時代はないのではなかろうか。「マニフェスト」「アジェンダ」とかなんとか言い方をいろいろ変えたところで、選挙における「公約」ってのは国民との約束事なんであって、それを状況が変わったからってそう簡単に変更したり反故にされてはかなわんのだ。そんなことがまかり通るなら、選挙なんかいらないわけで、それをまたマスメディアが後押しするってのがわからない。

 その典型が今日の朝日のコラム「記者有論」だ。ひょっとこ麻生君のゴーストライターとも噂される曽我某による「続・3月危機説 『菅で解散』共同幻想論」と題されたコラムで、「政局の先々が見通せないのには三つほど、根拠となる矛盾や逆転現象がある」と書き出し、その1が「建設なき『公約絶対主義』」ときたもんだ。つまり、予算関連法案を通すには野党との連携が必要なのに、それが行き詰まってしまったのは会派離脱した16人のような「マニフェスト絶対主義」が問題なのだと述べる。

「彼らに菅政権を立ち往生させる潜在力はあるが、その大義名分は衆院マニフェスト(政権公約)絶対主義であって、つまりは自公両党との門戸を完全に閉ざす理屈だ。非主流派には本来、主流派の行き詰まりを解消する旗印が必要だが、今回は破壊できても国会多数派の建設はできそうもない」(太字表記はくろねこ)

 いやはや、野党とうまくやるにはマニフェストなんかにこだわっちゃいけないってことか。ひょっとこ麻生君のゴーストライターと噂されるだけのことはある。でもね、そもそもは2009年のマニフェストが支持されたからこそ政権交代が実現したわけで、いまのようなねじれ現象を起したのは、参議院選でスッカラ菅君が「消費税増税」を突如持ち出し、「マニフェスト違反」したからに他ならないのだよ、明智君。つまり、民意は、まだ2009年のマニフェストを支持しているってこと。ねじれを解消するために、「マニフェスト絶対主義」を放棄して野党と歩み寄れってのは、本末転倒というものだ。

 まずはマニフェストを実現するため血反吐を吐くほどの努力をすることが先決であって、本来なら、「マニフェストを守れ」って叱咤激励するのがマスメディァの姿勢だろうに、鳩山ポッポ君が辺野古問題で「最低でも圏外」って主張した頃から、次第にマスメディアの民主党叩きが露骨になっていく。小沢狂想曲もその一環だし、郵便不正事件だってそもそもは石井一を陥れようというのが検察の筋書きだったわけで、朝日はその時の社説でしきりと政治家の説明責任を問い質していたのを僕は忘れない。そういえば、村木さんのことも、「疑われること自体問題だ」ってまくしたててたっけ。結局、郵便不正は冤罪だったわけで、朝日にこそ説明責任を求めたい。

 それはともかく、政権交代は容認するけど、マニフェストに忠実な政治をされちゃ困る勢力がどこかにいるわけで、「最低でも圏外」はそのための絶好のきっかけだったんだと思う。そこに「政治とカネ」を重ね合わせて、一気にマニフェストを骨抜きにしようという策略を練った奴がいるんじゃないのか・・・いないかもしれないけど。マスメディアは、その実働部隊として重要な役割を担ってきたんじゃないのだろうか。そうだとすると、これほどまでに罵詈雑言と感情論が跋扈するのも合点がいく。

 で、曽我某は、この駄コラムをこんな文章で締めくくっている。 

「解散か否かのあとさき、ここが衆参逆転の矛盾の解消へ知恵の絞り時である。大連立、部分連合、政界再編、次を見据えた大きな見取り図の表明者が政局の主人公になるしかないではないか」

 ようするに、ここが言いたかったのね。小沢を粛清して早く大連立しなさい、消費税増税、TPP参加も、そうすればうまくいくから・・・って、ほっかむり男の星君と同じ立派な朝日人としての原稿だこと。

 でも、「次を見据えた大きな見取り図の表明者が政局の主人公になるしかない」ってことは、小沢一郎待望論にも聞こえなくはないんだけど・・・まさかね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 夫婦別姓 | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 資金管理団体 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TPP | TVCM