沖縄基地問題

2019年7月13日 (土)

国連軍司令部が朝鮮半島有事の戦力提供国に日本を追加!&辺野古新基地建設業者に防衛省幹部が天下り!&「一番大きな功績は子どもをつくったこと」(三ツ矢憲生・自民党衆議院議員)・・・応援演説でセクハラかますとは!

 ホルムズ海峡をめぐる有志連合に自衛隊が派遣される可能性がゼロとはいえない状況で、今度は「朝鮮半島の有事」の際の戦力提供国に、国連軍司令部が新たに日本を追加したってね。朝鮮半島に駐屯する国連軍司令部ってのはアメリカ主導なんだから、つまりはアメリカのご意向ってわけだ。

 トランプが「日米安保見直し」に言及し、それについて初老の小学生・ペテン総理がダンマリを決め込んでいるのは、こうした計画が実際にテーブルに乗りつつあるからなのだろう。そりゃあ、このタイミングでへたなこと言ったら、参議院選挙に多大な影響がありますからね。新聞・TVもトランプ発言に深入りしないのはそういう裏があってのことで、選挙結果によっては本格的に米軍傘下に組み込まれた自衛隊の海外派兵ってのが動き出すかも・・・なんてことを考えたら夜眠れなくって昼寝してまうのであった。

国連軍司令部、「韓半島の有事」戦力提供国に日本を追加か

 ところで、今回の参議院選ではあまり争点になっていない辺野古新基地建設なんだが、軟弱地盤改良工事に携わる建設コンサルタント3社に防衛省幹部が天下っていたことが発覚。改めて、基地をめぐる利権の構造が浮き彫りにされましたとさ。

 「受注と天下り」ってのは古くて新しいテーマで、これこそが汚職の源泉なわけで、「再就職が選定に影響を与えたような事実はない」(防衛省設備計画課)と息巻けば息巻くほど、その息は腐臭を放つということだ。

辺野古受注3社へ天下り 防衛省OB、10年で7人

辺野古推進の歯車回す 防衛省と業者、二人三脚

Photo_20190713090501

 最後に、ああ、またかというクソ発言をひとつ。自民党の三ツ矢憲生とかいう衆議院議員が女性候補の応援演説で、「この6年間で何をしてきたのか。一番大きな功績は子どもをつくったこと」ってのたまって、大ブーイングを浴びましたとさ。ホント、バカとしか言いようがないんだが、自民党のオヤジってこんなのばっかなんだね。「女性活躍」とは「子供を産むこと」と見つけたり・・・ってなもんです。

自民党の三ツ矢憲生議員、現職の女性候補に向かって「6年間の一番大きな功績は子どもをつくったこと」


れいわ新選組 「れいわ祭」 品川駅港南口

| | コメント (1)

2019年6月28日 (金)

吉本芸人の闇営業スキャンダル一色のTVは、参議院選から目をそらさせようという「忖度」が働いた報道管制みたいなものだ!!

 吉本芸人の闇営業スキャンダル一色のTVのワイドショーって、見方によっちゃ報道統制みたなもんなんじゃないのか。ひょっとしたら、初老の小学生・ペテン総理とズブズブの吉本のことだから、参議院選前に芸人のスキャンダルに一般大衆労働者諸君の興味を集中させてようってんで、わざわざリークしてたりして。

 それはともかく、おかげで、大崎事件再審取り消しという最高裁のトンデモ判決についての議論なんかまったく聞こえてこないし、ブルームバーグ通信に続くFOXテレビでのトランプの「我々が攻撃されても日本はテレビで見るだけ」発言もスルー。さらに、山形沖地震発生時に赤坂の高級クラブで酒池肉林の国交副大臣の醜態なんてのもまったく話題にもならない。

裁判所の「正義」とは?~「大崎事件」最高裁決定の異常

「日本はテレビで見るだけ」トランプ氏、日米安保に不満

山形沖地震 発生後もクラブ滞在 災害担当・大塚副大臣、赤坂で

 それでも人の口に戸は立てられぬもので、たとえばメディアがまったく触れない「普天間から退けというならカネ寄越せ」的なトランプの発言については、SNSを通じて翻訳が出回っている。

 26日のエントリーでも、「沖縄の米軍基地を移転させる日本の取り組みについて、土地の収奪だと考えており、米軍移転について金銭的補償を求める考えにも言及した」というブルームバーグ通信の記事は紹介したんだが、正確にはこんなことを言ってたそうだ。

「辺野古移転はアメリカの国益にはならず、『日本の要望で』辺野古移設を強行するなら、普天間基地の土地開発利権から生じる機会損失分を補填しろ」

 「日米安保破棄」ばかりにメディアはスポットを当てているけど、こちらの発言の方がとてつもないインパクトがある。そもそも、普天間基地の土地を収奪したのは米軍なんだからね。盗人猛々しいと、ペテン総理は抗議してしかるべき話なのだ。

 そこをまったくスルーしているメディアは、参議院選の公示を前にして、早くも「忖度」が始まったってことなんだろうね。それには、吉本芸人のスキャンダルは絶好の隠れ蓑ってことで、ひょっとしたらとんでもない大物のネタが用意されてたりして・・・なんて妄想してみる台風接近の朝であった。


| | コメント (3)

2019年6月24日 (月)

今年もまた全戦没者追悼式で心にもない言葉で沖縄を傷つけるペテン総理&国民を舐めた態度があからさまな政治家、官僚がこの国を壊している!!

 沖縄全戦没者追悼式における初老の小学生・ペテン総理の挨拶ってのは、性懲りもなく過去3年の原稿の焼き直し。そんなんだもの、「帰れ」「嘘をつけ」「「辞めろ」の野次が飛ぶのももっともなことなのだ。心にもない言葉の羅列ほど、ひとを傷つけるものはない。

「うそだ」「言葉は要らない」 沖縄慰霊の日・首相あいさつに厳しい抗議

<ファクトチェック 安倍政治の6年半>(4)沖縄 民意無視、建設続く

 それもこれも、ペテン政権を取り巻く政治家や官僚どもが、国民を舐めているからなんだね。ペテン政権になってからというもの、あからさまにその意思表示をこやつらはするようになった。たとえば、ひょっとこ麻生の国会におけるふんぞり返った居住まいなんか、その典型だ。

Photo_20190624075601

 また、野党の質問に対する官僚の答弁も、パブリックサーバントとしての自覚のカケラもない不遜な態度が目に余る。共産党のとっちゃん坊や・小池君の質問にニヤケながら「算数に弱いもので」なんて与太飛ばした金融庁の審議官もいたくらいだ。議員の裏には国民がいるってことを忘れているんだね。

 それは、顔も頭も貧相な官房長官・ガースによる東京新聞・望月記者に対する嫌がらせも同じことで、つまりはガースは国民に嫌がらせしてるってことだ。

 だからこそ、沖縄全戦没者追悼式でも毎年のように心にもない言葉を羅列した原稿を読むだけで事足れりってなるわけだ。そりゃあ、厳しい言葉の礫も投げつけられようというものだ。

 そんな薄汚い大人に比べて、「平和の詩」を朗読する少女のなんと美しいことか。こうした若い光が輝き続ける限り、まだこの国の未来も捨てたものではない・・・のかもしれない!!

沖縄慰霊の日 平和の詩「本当の幸せ」(ノーカット版)

平和の詩

青くきれいな海
この海は
どんな景色を見たのだろうか
爆弾が何発も打ちこまれ
ほのおで包まれた町
そんな沖縄を見たのではないだろうか

緑あふれる大地
この大地は
どんな声を聞いたのだろうか
けたたましい爆音
泣き叫ぶ幼子
兵士の声や銃声が入り乱れた戦場
そんな沖縄を聞いたのだろうか

青く澄みわたる空
この空は
どんなことを思ったのだろうか
緑が消え町が消え希望の光を失った島
体が震え心も震えた
いくつもの尊い命が奪われたことを知り
そんな沖縄に涙したのだろうか

平成時代
私はこの世に生まれた
青くきれいな海
緑あふれる大地
青く澄みわたる空しか知らない私
海や大地や空が七十四年前

何を見て
何を聞き
何を思ったのか
知らない世代が増えている
体験したことはなくとも
戦争の悲さんさを
決して繰り返してはいけないことを
伝え継いでいくことは
今に生きる私たちの使命だ
二度と悲しい涙を流さないために
この島がこの国がこの世界が
幸せであるように

お金持ちになることや
有名になることが
幸せではない
家族と友達と笑い合える毎日こそが
本当の幸せだ
未来に夢を持つことこそが
最高の幸せだ

「命どぅ宝」
生きているから笑い合える
生きているから未来がある

令和時代
明日への希望を願う新しい時代が始まった
この幸せをいつまでも

| | コメント (2)

2019年4月 3日 (水)

宮古島の弾薬は一時島外へ・・・でも、ほとぼりさめたら島内に弾薬庫設置。防衛省、嘘がバレて居直る!!&「下関北九州道路は総理と副総理に私が忖度」(塚田国交副大臣)。馬鹿につける薬はない!!

 新元号の候補名がいつのまにか流布されているんだが、徹底した秘密主義をとっていたはずなのに、どこからどう洩れたのかねえ。新聞・TVはいまさらどうでもいい候補名を嬉々として報道しているけれど、そんなことより「どうして洩れたか」を取材するのがジャーナリズムってもんじゃないのか。

 改元ばかりを報道するメディア、特にTVは自分の頭で考えることができなくなってるんだね。だから、政府が垂れ流すネタを無批判に垂れ流してのうのうとしていられる。

新元号 原案全て判明 「英弘」「久化」「広至」「万和」「万保」

 そんなことより、沖縄・宮古島の弾薬庫だ。1日のエントリーで書いたように、防衛省が「弾薬庫」を「保管庫」って嘘をついていたことが発覚したんだが、それじゃあってんで、一時的に島外に弾薬を移すんだと。でもって、ほとぼりが醒めた頃に、改めて弾薬庫を島内に設置するんだと。

 つまり、嘘がバレなきゃしめたもの、バレたら居直ってなし崩しにすればいい・・・ってことなんだね。これもまた森友・加計学園疑獄や統計不正、働き方改革における数字の改ざんとまったく同じ構図です。

宮古島 弾薬庫問題 防衛相謝罪 一時島外…その後、島内新設庫へ

 改元のお祭り騒ぎしている間にも、こんな重要なニュースがあったんだよね。でも、そんなことにはTVなんかは見向きもしない。初老の小学生・ペテン総理のお先棒担いでドンチャン騒ぎなんだもの、この国はもう終わってますね。

 終わってるとくれば、政治家も同じだ。なんと、国交副大臣が、ペテンとひょっとこに忖度して政策推進に便宜を図ったって発言したってさ。ペテン政権に連座する面々ってのは、どうしてこうも馬鹿なのかねえ。親分と代貸しに自分の手柄を報告したかったんだろうけど、どいつもこいつもどこ向いて仕事してるんだか。

国交副大臣、「安倍首相と麻生氏を忖度」発言を謝罪

| | コメント (2)

2019年4月 1日 (月)

防衛省が騙まし討ち。宮古島の「保管庫」は「弾薬庫」だった!!&ネトウヨまがいのMCと政権ベッタリの政治記者。テレビ朝日はもう死んだ!!

 今日は、いわゆるひとつの「四月馬鹿」である。そんな日に東京新聞の1面を飾ったのが、防衛省の大嘘ってんだから笑っちまう。それによれば、宮古島に新設された陸上自衛隊駐屯地にある「小銃などの保管庫」が実は「弾薬庫」だったことが発覚しましたとさ。

 この「弾薬庫」には中距離多目的誘導弾や迫撃砲が配備されているってんだが、そもそも防衛省は「弾薬庫ではない」と住民に説明していたんだね。図面にもちょいと手を加えて説得したそうで、ならばってんで反対していた住民も施設容認に転じたとか。

 ところがどっこい、それがいまになって防衛省が大嘘こいていたことがバレちゃって、「説明不足だった」なんて言い訳してます。いやいや、ハナっから騙すつもりで説明会開いていたのは間違いない。住民にすればとんだ騙まし討ちにあったとうわけだ。

防衛省、設計図と異なる説明 宮古島に弾薬庫

 でも、こういう省庁の「嘘の構図」って、森友・加計学園疑獄や不正統計、さらには働き方改革における数字の改ざんなどを見ればわかるように、もはや常套手段になってるんだね。それはすべて、初老の小学生・ペテン総理の息を吐くように嘘をつく体質が浸透しているゆえのことなのだ。

 そして、それをまたメディアがトリッキーな報道をすることで後押しをする。そんなメディアの典型に成り下がったのがテレビ朝日だ。これまで何度もテレ朝については書いてきたんだけど、このところの劣化ぶりはさすがに目に余る。なかでも、ネトウヨ体質で勇名を馳せている小松なんたらとかいうアナウンサーの「いっちゃってる感」は半端じゃありません。

【恐すぎ】テレ朝・小松靖アナの「嫌韓カルト」ぶりにドン引き!萩谷弁護士が諭すも何度も発言を遮り、「韓国非難」の論調に必死に誘導!(ワイドスクランブル)

 政治部にも中丸なんたらとかいうも露骨な政権よりコメントする記者がいて、今は亡き筑紫哲也の言を借りれば、「テレビ朝はもう死にました」・・・ってなもんです。

テレ朝のトリッキーな報道がひどい

 

| | コメント (2)

2018年12月15日 (土)

「全力で埋め立てを進めていく」(菅官房長官)、「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」(岩屋防衛相)・・・恫喝と責任転嫁! こいつらどこまでもイカれてる!!

 ジュゴンが暮らす辺野古の海に容赦なく投入される土砂・・・反対する声に顔も頭も貧相な官房長官のガースーがこう言い放った。

「全力で埋め立てを進めていく」

 イカレた野郎だ。頭も心も狂ってますね。そして所管大臣であるところのギョロ目の岩屋君は沖縄に責任転嫁する始末だ。

「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」

 これは、2022年度とされる普天間飛行場返還が辺野古新基地建設工事遅延で遅れる可能性について問われて答えたものだ。普天間の危険性がいまだに解消しないのは沖縄のせいだとさ。もはや狂気の沙汰です。

政府「奇策」連発 普天間22年返還困難 辺野古土砂投入

全力で埋め立て進めると官房長官

・沖縄タイムス
「ぶれることなく、県民の思いに応えたい」 玉城デニー知事のコメント全文

 そもそも、普天間返還と辺野古新基地建設とはリンクしていないんだよね。そんなんだから、「辺野古移設が唯一の解決策」という理屈が成り立つ根拠について、ペテン政権これまで避けてきているんだね。よく口にする「丁寧な説明」ってのをやっちまうと、ボロが出ることがわかってるってことだ。

 だからこその土砂強行投入なんだろうが、そうはうまくいきませんよ。海底の地盤がマヨネーズ並みに軟弱だってことが判明しているんだから、工事を進めるには地盤の改良が必要になってくる。これがけっこう大掛かりな工事なところにもってきて、沖縄県の許可が必要になってるとか。

 そうなれば、また工事は中断して振り出しに戻ることになりますからね。ようするに、普天間の危険性だけが永久に解消されずに放置されるってわけだ。新基地建設利権に群がったシェンシェイたちだけがほくそ笑むって寸法だ。

 そして、沖縄への国家によるレイプは、けっして他人事ではないということ。日本全国、どこでも同じことが起こり得るってことを肝に銘じたほうがいい。土砂強行投入は、それを教えてくれている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

辺野古の海に土砂が投入される日。12月14日はこの国の民主主義が蹂躙された日として永久に語り継がれることになるだろう!!

 昨夜は都内某所のタワーマンションのパーティルームにてかつての編集仲間と忘年会。お開きになって駅まで着いたところでスマホを忘れたことに気づき、それからがすったもんだ。セキュリティーが厳しいのもほどほどにしてほしいものだと、自らの失態をよそにつぶやいてみたのであった。というわけで、年の瀬のナイトビューのお裾分けです。

1

 そんなことより、沖縄だ。今日にも辺野古の海に土砂が投入される。どんなに民意が「NON」を突きつけても一顧だにせず、とことん強権を発動する。これじゃあ、選挙なんか何の意味もありません。

・デニー知事「強い憤り」 沖縄防衛局、県に辺野古埋め立て着手を連絡

辺野古 埋め立て予定地に土砂積んだ船が接岸 土砂投入へ

 「決められない政治」とねじれ国会をさんざん叩き続けたメディアは、ペテン政権一強となって「決める政治」が実現してさぞかし喜ばしいことだろう。でも、本来は「決める政治」の主役は一般大衆労働者諸君でなければいけないんだよね。為政者が民意を無視して勝手に「決めつける政治」を推し進めるのは、およそ議会制民主主義とはかけ離れた独裁ってことだ。

 辺野古の海を破壊する土砂は、この国の民主主義そのものを破壊する凶器ってことを忘れてはいけない。12月13日は日本の民主主義が壊れた日として、永久に心に刻みつけられることだろう・・・なんてことを我が家のドラ猫と意思一致した金曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

水道民営化法案が参議院厚生労働委員会で可決・・・TVは知らんぷり!&片山さつきが4回目の収支報告書訂正!!&辺野古埋め立てに手を貸した琉球セメントは岸・安倍一族の金ヅル企業と深い仲!!

 山手線新駅の駅名が決まった。「高輪ゲートウェイ」だとさ。それがどうした、ってなもんです。

 そんなことより、水道民営化法案が参議院厚生労働委員会で可決された。ああ、それなのに、TVニュースは「あおり運転裁判」(この裁判が重要なのは百も承知)と愚にもつかないグルメ情報が花盛り。ハッキリ言って、報道の体をなしてません(ま、今に始まったことではないけど)。

 でもって、水道民営化ではさんざんな目にあっている国が多い中、民営化失敗例の調査はたった3例だったそうだ。実際に民営化に失敗して再公営化したケースは35ケ国180件もあるってのに・・・。これって、残業代ゼロ法案や移民法案のデータ捏造と同じで、法案成立に都合の悪い事実は隠そうということなんだね。

 おそらく、今日にも参議院本会議で可決して、今週中にも衆議院で法案成立ってことになるのだろう。さぞかし、ひょっとこ麻生が口を曲げてほくそ笑んでいるに違いない。くそっ!!

水道「民営化」の海外失敗例、調べたのは3例のみ

水道民営化が参院委員会で可決!「安全で安い日本の水道」を崩壊させる法案の裏に安倍政権と水メジャーの癒着

 TVが触れないニュースがもうひとつ。それが、生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきの政治資金収支報告書訂正問題だ。これまで3回にわたって訂正していたことが発覚。「それ以上ない」って国会答弁してたくせに、な、な、なんと、4回目がありました。

 生活保護叩きの鬼嫁は「(過去3回の訂正で)繰り越しが増えるので反射的に増えてしまうものだ」と開き直ってます。てことは、反射的に5回目もあり得るってことか。土下座してでも議員の職にすがりつきたいという、人としての誇りのカケラもない恥知らずがここまでのさばっているってのも、やっぱりゴーンだ移民法だといった隠れ蓑のおかげなんでしょうね。

片山さつき氏 、収支報告書の訂正が4回に及んだ理由を釈明

 最後に、辺野古の海に14日にも土砂を投入するってんだが、土砂搬出に桟橋を提供した琉球セメントってのはそもそもの母体が山口県の宇部興産なんだってね。そして、「岸信介の長男であり安倍晋三の甥の岸信和がいた会社」だとさ。こんなんだもの、軍事用のカミソリ有刺鉄線を張り巡らして目隠しするはずだ。

 ジュゴンの愛した辺野古の海を血に染める・・・「沖縄に寄り添う」のこれが実態だ!!

沖縄県、工事会社立ち入り検査へ 辺野古の土砂搬出で知事

琉球セメント、一皮むけば宇部興産

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

那覇市長選も「オール沖縄」が圧勝・・・学会票が自民党から離れる日!&INF廃棄条約からの離脱を喚くトランプ。いま世界は「馬鹿を相手の時じゃない」だろう!!

 税金使って海外旅行して、帰国した早々にゴルフ三昧。それを「首相、ゴルフで英気を養う」などとヨイショする鮨友メディア。「英気を養う」ってのは「何事かに取り組むための活力を蓄えること」であって、「やってる感」だけで何もしていない輩に使う言葉ではない。ああ、いやだいやだ。

臨時国会前に・・・安倍首相、ゴルフで英気を養う

 そんなことより、沖縄那覇市長選は、またしても「オール沖縄」の現職が圧勝。NHKなんかいわゆる「ゼロ打ち」ってやつで開票前に当確打つほどでしたからね。ここまでの圧勝の大きな要因は、創価学会が集票マシーンとして機能しなかったことにあるのは間違いない。それどころか、かなりの票が「オール沖縄」に流れたようで、この動きは来年の参議院選まで続きそうな気配だ。

 公明党もこうなってくるといつまでも自民党の下駄の雪に甘んじているわけにもいかなくなりますね。いまのところは「末端の学会員の反逆」なんてタカをくくっているかもしれないけど、そう簡単にこうした流れに歯止めはかからない。そのうちホゾを噛むことになりますよ。

 そうなると、ペテン総理の「新しい判断」ってのが濃厚になってくるんだね。つまり、消費税増税延期ってやつです。消費税増税について記者会見すら開かないくせに、増税ムードだけはメディアが煽りまくっているのがなんとも怪しい。

 いずれにしても、統一教会や、幸福の科学が手先となっているペテン政権で、創価学会を支持基盤とする公明党との宗教戦争が起きたりしたら面白いんだけど・・・。

那覇市長に辺野古反対派 玉城知事が支援、現職再選

・田中龍作ジャーナル
学会員が人間性回復した沖縄の選挙 参院選までマグマは滾り続ける

 ところで、トランプがINF(中距離核戦略)廃棄条約から離脱するって喚いている。中間選挙を意識してのことは間違いないんだろうが、思慮分別とはおよそかけ離れた情緒不安定な輩に引っかきまわされるアメリカってのも哀れなものだ。もっとも、初老の小学生が総理大臣という我が国の現状を考えれば、他国のことを言えた義理ではないけれど・・・。

米、核廃棄条約離脱を表明 トランプ氏「ロシアが違反」

 いずれにしても、『柔』の歌詞にあるように「口で言うより手の方が早い 馬鹿を相手の時じゃない」って、世界中の一般大衆労働者諸君は思っているんじゃなかろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

カンペ見ながら玉城沖縄県知事と面談するひとでなし!&電力余ったから太陽光制御する九電の愚!&溢れ出た汚染水で築地よりも汚い豊洲新市場!

 沖縄の民意には抗えなかったということなのだろう。オール沖縄・玉城君の知事就任早々に、初老の小学生・ペテン総理は面談して対話ムードを演出しましたとさ。ようするに、単なるセレモニーなわけで、それが証拠に面談におけるペテン総理は役人が用意したカンペを横目で見ながら、

「今後とも、県民の皆様のお気持ちに寄り添いながら、基地負担の軽減について、軽減に向けて、ひとつひとつ着実に、結果を出していきたいと考えております」

 だとさ。そこには誠意のカケラも見て取ることはできません。しかも、この男は、冒頭でこんなことも言っている。

「(辺野古移設を)これまで進めてきた政府の立場は変わらない」

 これのどこが「県民の皆様のお気持ちに寄り添」うことになるんだ。そもそも、普天間返還と辺野古新基地建設はセットではない。ペテン政権は、それをあたかも普天間移転の見返りとしての辺野古新基地建設であるかのようにお得意の「印象操作」してるんだね。

 それにしても、ペテンといい貧相顔といい、ますますご面相がけち臭くなってきているのは、6年にわたるペテン政権の経年劣化の表れなのかもね。

辺野古見直し「ゼロ回答」 玉城知事、安倍首相らと会談

Photo

 ところで、九州電力が電力の需給オーバーでブラックアウトの恐れがあるから太陽光発電を制御するってさ。馬鹿だねえ。自然エネルギーで電力は足りているってことなんだから、だったら原発再稼働しなけりゃよかったじゃん。馬鹿馬鹿しいにも程があるとはこのことか。

九州電力 太陽光の出力制御、13日実施 6県9759件

 最後に、豊洲は開業早々に渋滞だターレーの事故だと大騒ぎ。なかでも、凄まじいのが,溢れ出た汚水だ。どうやら、排水管の大きさに問題があるようなんだが、食品扱う市場で一番やっちゃいけないことだろう。渋滞や事故の元となった動線の問題と相まって、ぼったくりバーのチーママ・小池君の無策・無能のツケが、案の定、回ってきたってことだ。

 豊洲はこれからもトラブルが続くことは間違いない。最悪は、いまだに染み出してきている地下の汚染だね。何ひとつ解決しないまま開場した責任は、いったい誰が取るというんだろう。

豊洲市場、汚水が溢れて騒然!開幕からトラブル殺到!築地市場は都職員が業者監視!「築地より汚い」

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM