名護市長選

2014年1月17日 (金)

浮世離れのお殿様のその後がどうもピリっとしない。泥にまみれる覚悟がなくっちゃ、ダメでしょ&「名護市に500億円の基金」(石破茂)。公金使った買収行為です。「どうせ金だろ」って言ってるようなもんですね。

 阪神淡路大震災から19年・・・黙祷。

 ひるがえって、東日本大震災+福島第一原発事故からは、今年の3月でようやく3年。なのに、もうすべてを遠い記憶にしようとするかのように、橋だ道路だと復興とは関係ない公共事業が花盛り。おかげで、資材も人手も不足して、いまだに仮設住宅に住まざるを得ない被災者が何万人もいるってのに、被災地はほったらかしで、そこにもってきてオリンピックですからね。

 さらに、原発大爆発の反省なんてのは屁のカッパで、東電は柏崎刈羽原発の再稼働を前提に経営再建なんて愚かなことをかましてくれてます。当然、新潟県の泉田知事は「倫理観が欠如してる」って怒り心頭。おっしゃる通りです。

 原発事故なんてしょせんは他人事の東電社長は、「(再稼働は)実際とリンクするものではなく、仮置きの時期だ」なんてわけわかんない言い訳してます。仮置き、ってなんのこっちゃ。かつて、吉田茂は答えに窮して、「予定は未定にして決定にあらず」とかまして質問者を煙に巻いたそうだが、東電社長の言い様はその無責任さにおいてまったく同じなんだね。でも、「人を食って生きてる」って豪語するほどの吉田茂ならまだしも、原発事故なんてしょせんは他人事の東電社長にのたまわれたとあっちゃ、泉田知事でなくとも怒髪天を衝こうというものだ。

新潟知事が東電を厳しく批判 「モラルハザードの計画」

 こんな奴らが動かそうとしている原発だもん、都知事選で「脱原発」が争点になるのもむべなるかな、っていうより必然なんですね。で、浮世離れのお殿様・細川君なんだけど、公約発表の会見をまた引き延ばしたようですね。どうもピリっとしないなあ。宇都宮君から提案されている公開討論にも関心なさそうだし、このままだと宇都宮潰しで出てきたんじゃないの、ってなうがった見方が浮上してこないとも限らない。御輿に担がれるのは得意でも、自分から御輿を担いで泥にまみれるのは苦手なのがお殿様だから、って言われちゃえばそれまでのことなんだけど・・・。お願いだから、「脱原発」を政争の具には使わないでちょうだいね。

東京と原発 (東京の人が日本人になるかの踏絵)/武田邦彦

 ところで、19日は名護市長選の投票日なんだが、娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君が、名護市に500億円の基金を創設しまっせ、てなことを市長選の応援演説でかましてくれたそうだ。最後はこれです、いつだって。公金使った買収行為を、真昼間に平然と言い放つ神経というのは、骨の髄まで腐りきってることの証です。

 これって、「どうせ金だろ」って名護市民を挑発してることにもなるわけで、ここは怒りの鉄槌どころか、投票で完膚なきまでに叩きのめして欲しいと切に願う、ちょいと血圧高めの朝であった。

石破氏「名護に5百億円基金」 市長選応援でアピール

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年1月25日 (月)

沖縄の海に基地は似合わない

名護市長選は、僅差ながら基地反対派の稲嶺君が当選。
これで辺野古への基地移設は白紙になるかというと
まだまだ予断は許さない。
ひとつハッキリしていることは、
自公政権による日米合意を見直すきっかけができた
というところだう。

さて、この選挙結果を受けた新聞各紙の報道はというと、
ほとんどが「辺野古移設、困難に」といった論調で、
朝日新聞などは那覇支局長の署名の解説で、
「安保体制を支えてきた構造を見直さない限り、
基地問題の解決はない」とまで書いていた。

これってその通りだと思うが、そう言うのならば、
ついこの間まで「日米合意を守らないとアメリカが怒るぞ」
と煽って民主党を非難していたのは何だったのだろう。
あの扇情的報道にのっとるなら、
今度は基地反対に一票投じた市民に向かって
「そんなことしたらアメリカが怒るぞ」って言うのが筋だろう。
まさか、そうは言えないのはわかっている。
だからこその那覇支局長の署名原稿なのだろう。
つまり、個人の意見という体裁をとっておけば、
これまでの報道姿勢との矛盾は突っつかれないでもすむからね。

とまあ、ついついそんな邪推(?)もしたくなるのだが、
いま新聞やTVなどのメディアがすべきことは
「辺野古移設困難に」などと傍観するのではなく、
県外移設、国外移設を含めて民主党の移設場所探しを
応援することにあると思う。
「アメリカ怒らせちゃまずいぞキャンペーン」はもう忘れてあげるから、
名護市民の選択が基地反対となったいまは、
今後の基地とはどうあるべきかを含めて
自らの意見を明確にしてほしい。
それでも、日米合意が大切で、辺野古に基地は必要というなら、
その時は堂々と沖縄県民に向けて持論を展開して欲しいものだ。

インド洋給油も
中止したらアメリカが怒るぞって言ってたよね、君たちは。
でも、アメリカはそんなこと痛くもかゆくもない
ということも知ってたんだよね。
きっと、沖縄基地問題も同じだと思う。
そろそろアメリカの傘の下から抜け出して、
自らの思想、哲学でものを語ってみたらいかがだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 夫婦別姓 | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 資金管理団体 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TPP | TVCM