辺野古

2019年2月26日 (火)

【統計偽装】「委員以外の関係者は首相秘書官ではなく厚労省統計情報部長」の詭弁。総務省では職員が統計委員会委員長の文書偽造&【沖縄県民投票】投票結果の矮小化に腐心するNHKと基地利権政治屋!!

 沖縄県民投票の影に隠れてしまっているけど、国会では統計偽装について官邸と厚労省がタッグを組んで、初老の小学生・ペテン総理の関与をどうにか隠蔽しようと必死になっている。

 昨日も、姑息な答弁修正をしやがりました。検討会座長に送られたメールに書かれていた「委員以外の関係者」ってのが首相秘書官だった中江なにがしではなく、当時の厚労省統計情報部長だっとさ。国民年金未納の厚労大臣・根本君はハッキリと「中江氏のことだと思われる」と答弁してたんだから、おそらくペテン総理からかなりのプレッシャーがかかったんだろうね。

 こんなミエミエの手口って世間ではまるで通用しないものなんだが、永田町ではこういう舐めた言い訳が通用するようになっちまっているから困ったものなのだ。「良識」って言葉はどこに行っちまったんでしょうねえ。

勤労統計 官邸関与否定に躍起 厚労省「中江氏でなく姉崎氏」

 さらに、総務省統計委員会委員長が多忙を理由に国会に協力しないという文書は、実は総務省職員が無断で作成していた偽文書だったことが発覚。いやはや、霞ヶ関も犯罪集団に成り下がっちまってるんだね。こんなことが民間企業で起きたら、刑事告発されて即逮捕だってありますよ。

 何の責任も権限もない首相秘書官が勝手に動き回り、それをまた官僚が唯々諾々とサポートして回る。どこかの独裁国家のことじゃないんだよね。これが日本だ、僕らの国だ・・・と思うと泣けてくる今日この頃なのだ。

「統計委員長 国会に協力しない」 総務省、無断で文書作成

 最後に、沖縄県民投票に話を戻すと、あちらこちらから「どうせ工事が進むんだから意味がない」とか「投票率が低い」とか、投票結果をdisる言葉が聞こえてくる。その白眉ともいえるのがNHKだ。なんと、投票結果を伝えるニュースで、「反対39.6%で有権者の4分の1を超えた」だとさ。有効投票率70%超ではなく、全有権者比の数字を全面に出すことで、「圧倒的な民意」を過小に矮小化してるんだね。

【辺野古投票】NHKが悪質「洗脳報道」か!棄権を促すような特集に、反対票を少なく見せる印象操作、結果を大々的に報じないなど…産経・読売も!

 ついでに、「投票に行かなかった55万余の県民を加えれば、『反対』は43万人超、『反対以外』が計71万人との結果になりました」なんて阿呆をさらけだすツイートして大炎上中の基地利権政治屋・下地君みたいなのもいる。

 NHKも利権政治屋も、なんとも無様なものだ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

【沖縄県民投票】辺野古反対72.1%!! 

 ある程度予想されていたこととはいえ、辺野古埋立てに反対が72.1%という沖縄県民投票の結果は重い。ここまでの圧倒的な民意が示された以上は、普天間移設と辺野古新基地建設は切り離して論じていくべきなんだね。「沖縄の心に寄り添う」ってのはそういうことだ。

辺野古反対7割超 沖縄県民投票

 そもそも、普天間の危険性を云々って言うけど、では辺野古新基地建設工事がいつ終わるかとなれば、これから13年もかかるんだとか。しかも軟弱土壌の改良工事はかなり大掛かりになることが予想されていて、工事期間だってどうなるかわかったもんじゃない。

 普天間と辺野古をリンクしている限り、いつまでたっても普天間の危険性はなくならないわけで、なぜそうした視点での議論が政治家はもちろんメディアの中からも出てこないのかねえ。

 県民投票の結果はトランプにも伝えられるそうで、それを受けてトランプがどんな「ディール」を仕掛けてくるか。それもまた気になる月曜の朝である。

【県民投票結果まとめ】 みよ、これが沖縄の「民意」 - 不参加表明市長5市の結果は !? - 政府は直ちに工事中止し、開かれた民主的な方法で真摯に沖縄県に向きあうべし !!!

1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

【辺野古】国務大臣による執行停止なのに国の関与がないと審議拒否する国地方係争処理委員会の支離滅裂!!&【統計偽装】首相秘書官がアレの「意」を汲んで官僚に圧力・・・どこかで見た風景だ!!

 皇族気取りのJOC会長を続投させるため、定年延長なんて姑息な規約改定を画策してるってね。フランス司法当局からオリンピック招致に絡む不正な金銭のやり取り疑惑で捜査対象になってるんだから、本来ならば自ら会長の座を降りるべきなのだ。それがこれだもの。JOCも腐ってるなあ。

会長ら70歳定年、例外検討=「竹田体制で五輪」意図-JOC

 ところで、辺野古埋め立ての承認撤回の効力を国が一時停止したことに対する沖縄県の審査申し出を、国地方係争処理委員会が却下したってね。つまり、審議することなく門前払いしたわけだ。その理由ってのが、「行政不服審査法に基づく執行停止決定は、(地方自治法では)原則として国の関与から除外される」からなんだと。つまり、「県が辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回したのに対し、国が撤回の効力を停止したことは、国の関与に該当しないと判断した」ってことになるらしい。

 笑っちまうね。こんな理由が通用するなら、どんな申し出だって「国は関与してないから」で却下できちゃうんじゃないのか。そもそも、執行停止を決めたのは国土交通大臣なんだよね。これが国の決定じゃなかったらなんなんだ。これもまた、結論ありきの有識者によるサボータージュなんでしょうね。

辺野古、県の申し出却下 係争委、国の対応審議せず

 さて、話は変わって国会だ。統計偽装はさながら森友・加計学園疑獄と同じ様相を呈してきた。首相秘書官が何らかの「意」を汲んで官僚に圧力をかけて動きまわり、それを初老の小学生・ペテン総理が「指示していない」「関与していない」っいシラを切るって寸法だ。

 状況としては限りなくクロに近いんだけど、確たる証拠がない。それをまた、メディアは野党の力不足に矮小化して論点をずらしちまう。野党は捜査機関じゃないんだから、「証拠を出せ」ってのは酷な話なのだ。そこまで言うなら、本来は国政調査権を発動すべきなんなだが、自民党はそれを拒否してますからね。

 そもそも、政治家というのは疑惑をもたれた時点でアウトなんじゃないのか。元首相秘書官や元統括官なんてやつらの言い訳聞いてると、どう考えたって「総理のご意向」が裏側にあるのはミエミエだ。

勤労統計検討会 首相秘書官発言後、設置決定 調査方法変更の発端か

勤労統計検討会 議事録公表「認識なく」 厚労統括官、要綱には明記

 そんな中、立憲民主党・無所属フォーラムの小川淳也君がなかなか切れのいい動きをしてます。昨日の国会における発言なんか、これこそが「社会の常識」ってもんでなかなか説得力がありました。こんな具合です。

「私色々数字を調べました。統計の中身も調べた。素人だけど一生懸命調べました。でも途中から何でこんなにこの政権と数値論争でもがいているんだろうと思うようになりました。もしこの国の総理大臣が(大臣や役人が)いい数字を持ってきたら、『いい数字はもういいから、それはうまくいっているからお前たちで勝手にやって行ってくれ。どこかに悪い数字はないのか、そこで困っている国民はいないか、そこに社会の矛盾が生まれていないか』と言うような総理大臣だったら、そもそもこんな数値論争は起きていないのではないか。自分の政策のあたかも全てが効果であるかのように喧伝し、統計のルールを変えたことの説明も不十分で、そういう総理大臣の姿勢である限り国民は救われないし、正しい経済政策は打たれませんよ。」

小川淳也 立憲民主党・無所属フォーラム 予算委員会 衆議院 2019 02 18

 こうした指摘をメディアは待ったくまスルーしたままで、後押ししないんだよね。こいつらもまた、何らかの忖度があってサボタージュしてるってことなんでしょう。なんてこったい!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

やっぱり、偽装統計は「官邸のご意向」か!?&自民党が所属議員に地元市町村に自衛官募集協力を促す通達!&沖縄県民投票告示・・・「どういう結果でも移設を進める」(菅官房長官)!!

 メキシコとの国境の壁をめぐって、トランプが非常事態宣言をするらしい。どうなることやら。

米大統領、非常事態宣言へ 壁予算確保で対立先鋭化

 そんなことより、統計偽装だ。厚労省筋から「国会でも賃金の話が出ており、何とかしなきゃいけないと思った」って証言が飛び出したってね。「公正であるべき統計に経済政策を重んじる官邸の意向が影響した可能性が出てきた」ってことなんだが、昨日のエントリーで紹介した首相秘書官(当時)の「問題意識」発言がかなりのプレッシャーとなって、厚労省を動かしたってことか!?

 その元首相秘書官が、今日にも国会に参考人招致されるとか。偽装トリオの招致では、野党はヘタ打ちましたからね。元首相秘書官をどこまで追い詰めることができるか。なんか期待できないんだけど、そうも言ってられないからとにかくなんとかしろ・・・ってなもんです。

官邸意向で見直しか 厚労省勤労統計の手法

 ところで、初老の小学生・ペテン総理の「自治体の6割が自衛官募集に非協力的」という発言を受けて、自民党が「全ての所属国会議員に対し、自衛官募集の関連名簿提出を地元市町村に促すよう求める通達」を出したそうだ。

 おいおい、これって個人情報にも関連することで、そもそも自治体に名簿提出の義務なんてありませんよ。名簿欲しいなら自衛隊が現行法に則って自治体にお願いすればいいだけのことで、実際にそうやって名簿作成してるんだよね。

 こういう、ペテン総理の発言を正当化するための動きって、自衛隊にすれば迷惑なんじゃないのかねえ。こんな徴兵制をイメージさせるようなことされたら、せっかく災害救助などで培った自衛隊への信頼感ってのが崩壊しかねませんからね。

 ペテン総理のこうした愚行に、自民党内からまったく反対の声が聞こえてこないってのもふざけた話なのだ。自民党のシェンシェイたちは、ペテン総理の存在こそが「悪夢」なのだとそろそろ気づいた方がいい。でないと、自民党が「愚か者の舟」と笑われることになりますよ・・・って、もう笑われてるか。

自民、所属国会議員に通達 市町村に協力促す要請

 最後に、沖縄県民投票が告示された。投票率が全有権者の4分の1に達しないと、どんな結果であれ「尊重」されないんだとか。どおりで、自公連合が告示されたってのに「賛成」を呼びかける動きを手控えているわけだ。へたに煽って投票率が上がったら困っちゃいますからね。仮に「反対」が多数だったとしても、全有権者の4分の1以下の投票率だったら「民意」として認められないんだから、そりゃあダンマリを決め込むわけです。

辺野古新基地一点問う 沖縄県民投票、告示 24日投開票

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースーが「どういう結果でも移設を進める」って息巻いているように、ペテン政権としてはいずれは自衛隊基地として使おうという腹があるから「県民の心に寄り添う」なんて爪の先ほども思っちゃいません。

 ひょっとしたら、「反対多数」となったら国民の目を逸らさせるために大物芸能人の逮捕だとか何か仕掛けてくるかもね。それともピースボート辻元君の外国人献金のように重箱の隅を突くような政治スキャンダルをでっち上げるか。そんなこと妄想すると、この国の民主主義は既に崩壊しているとつくづく思う週末の朝である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

賃金基本統計でも不正処理・・・日本沈没!&「アベノミクスは今なお、進化を続けています」(安倍晋三)。言ってろ!!&警備会社が辺野古新基地建設に抗議する市民の特定リストを作成。ペテン政権が関与か!?

 TVニュースのトップが「大坂なおみ」と「嵐」だとさ。難問山積の国会が始まったってのに、首相施政方針演説は後回し。毎月勤労統計不正にいたっては、ほとんどスルーしやがりました。テレビ朝日がこれじゃあってんでTBSに変えれば、こちらもまた「嵐、嵐、嵐」。さすが底抜けニッポンを支えるTVだけのことはある・・・くそっ!!

 でもって、毎月勤労統計でけでなく賃金基本統計でもおかしなことしていたってね。もう四の五の言ってないで、統計法違反で特捜は動きべきなんだよね。やらないだろうけど。新聞・TVは厚労省悪人論でまとめようとしているしね。本来なら、役人が独断でこんなことする必然性ってないわけで、やっぱり年金問題と重ね合わせちゃうことで何らかの忖度が働いているってことなのだろう。

 それが証拠に、初老の小学生・ペテン総理はいけしゃあしゃあと施政方針演説しとりましたからね。「最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」なんて喚いて失敗したから、今回は早めに新聞・TVに手を回したんじゃないのかねえ。そう考えれば、「嵐、活動休止」も絶妙のタイミングってことだど。

賃金基本統計でも厚労省、不適切処理

統計不正聴取 厚労次官級ら同席 監察委員「早い報告、省要請」

 それはともかく、いつものようにまったく具体性のない施政方針演説だったんだが、笑っちゃうのがこのくだりだ。

「成長の果実をしっかりと分配に回すことで、次なる成長につながっていく。『成長と分配の好循環』によって、アベノミクスは今なお、進化を続けています」

 毎月勤労統計不正が発覚して、「アベノミクス偽装」だなんて声もあるってのに、この能天気ぶりには笑っちまう。

 さらに、消費税増税については、

「来年度予算では、頂いた消費税を全て還元する規模の十二分な対策を講じ、景気の回復軌道を確かなものとすることで、『戦後最大のGDP六百兆円』に向けて着実に歩みを進めてまいります」

 だとさ。「消費税を全て還元する規模の十二分な対策」って、だったら消費税増税しなくてもいいんじゃないか。そんなことより、法人税をしっかりと徴収してみやがれ。

総理大臣施政方針演説

 最後に、辺野古新基地建設に反対して海上で抗議する市民を特定するために、警備会社が名前や顔写真、親族といった個人情報を作成していたってね。どうやら、国が依頼していたという指摘もあるようで、これはもう国家による弾圧ですね。

辺野古警備会社の抗議者特定リスト入手 市民「政府関与」と指摘

辺野古反対派リスト「国が作成依頼」 警備会社の内部文書を入手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

毎月勤労統計不法調査の検証報告書原案は厚生省職員が作成!&厚労省だけじゃない・・基幹統計の半数に不適切処理が発覚!! 底抜けニッポン!!&沖縄県民投票は3択に!!

 毎月勤労統計の違法調査を検証した特別監察委員会の胡散臭さは、「厚労省の組織的隠蔽ではない」なんて間抜けな結果発表した時点で明らかなんだが、なんとその検証そのもののも一部は厚生省職員におまかせだったってね。つまり、身内で聞き取りしていたわけで、どこが第三者委員会なんでしょう。放火犯に現場検証させてるようなもんなんだからさ。

 こんな特別監察委員会を国民年金未納の厚労大臣・根本君は「有識者だけで構成し、中身は第三者委員会だ」と強弁している。ま、どんなに中立性を訴えたところで、報告書原案まで厚労省の職員が作成してたってだけで、もうすべては破綻しています。

 それにしても、そもそもなぜこんな違法調査に手を染めたのかねえ。役人にすれば何のメリットもないんだから、ここはやっばり政権がらみってことか。そう考えれば、違法調査が始まったのが小泉政権の時で、それを第一次ペテン政権が引き継いだってことも・・・。ま、いつもの妄想ですけど。

厚労省 身内で不正調査 報告書原案、職員が作成 勤労統計

厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

 でもって、厚労省の違法調査が発覚して慌てたんだろうね。各省庁が基幹統計について点検したら、なんとまあ56あるうち22の基幹統計に不適切処理が見つかったってさ。いやあ、もうこの国は底が抜けちゃってます。

毎月勤労統計は、ILO(国際労働機関)やOECD(経済協力開発機構)にも報告されている。基幹統計がこれほど杜撰ってことがバレちゃって、日本が出す統計なんて世界のどの国も信じちゃくれませんよ。「アンダーコントロール」と喚いた初老の小学生・ペテン総理の「大嘘」も、これがきっかけで検証が始まって、東京オリ・パラに参加拒否する国が出てきたら愉快なんだが・・・。

政府基幹統計、4割の22統計に間違い 抽出方法など

 最後に、沖縄県民投票が、「賛成」反対」に加えて「どちらでもない」の3択になったってね。これで沖縄全域で県民投票が実施されることになるってんだが、う~ん、本当にそれでいいのだろうか。グレーゾーンの選択肢って、それこそ「どちらでもない」って投票結果になるんじゃないのか!?

沖縄 全域で県民投票 辺野古賛否 3択案、県議会合意

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

「100ミリシーベルトを超えた子どもがひとりいたからといって、なにがどうなるというわけではない」とツイートした物理学者の鬼畜!&辺野古埋立はいまさら軟弱地盤で設計変更!!&「毎月勤労統計」の違法調査に麻生太郎の影!?

 昨日の東京新聞朝刊の1面トップを飾った「11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告」のスクープをNHKが後追い報道したそうで、タブーに踏み込んだ現場の責任者はさぞかし幹部から叱責されたんじゃないかと噂が飛んでいる。

11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告

 それはともかく、11歳少女の100ミリシーベルト被曝について、物理学者の菊池誠とかいう大阪大学教授がこんなひとでなしのツイートして炎上中。

 彼女の将来についての危惧など、この大学のシェンシェイは頭の片隅にもないのだろう。「プルトニウムは飲んでも安全」と吹聴した東大の大橋シェンシェイをいまさらながら彷彿とさせる鬼畜な発言であることは間違いない。結局、原子力村ってのは何も変わっちゃいないし、こんなのがいまだに跋扈している白い巨塔ってのもろくなもんじゃありません。

 ところで、辺野古埋め立てなんだが、どうやら軟弱地盤改造のために設計変更を沖縄県に申請することになるらしい。当然、県は許可しないだろうから、訴訟になって工事は一時中断なんてことも考えられる。

 ならばということなのだろう。現在埋立てているのとは別の区域で土砂投入を開始するんだとか。つまり、何が何でも沖縄の民意は蹴散らしてやろうってことなんだろう。

 でも、軟弱地盤については以前から指摘されていたことで、埋立てたところでいずれは設計変更が必要になることはわかってたんだよね。そうなれば工事費だって余計にかかるわけで、だったらハナっから埋め立てを急ぐ必要なんかなかったってことだ。

辺野古沖 別区域で3月土砂投入 軟弱地盤改造、県認めぬ構え

 辺野古埋め立てについては、見積りは3社からと決まっているのに1社だけを採用。それがまた割高だということも指摘されている。いったいどれくらいの利権が還流してるんでしょうねえ。そりゃあ、埋立て急ぐわけです。

<税を追う>辺野古の土砂、割高 1立方メートル1万円超 良質石材の倍

 最後に、厚労省の「毎月勤労統計」の違法調査について、案の定、ひょっとこ麻生の影がチラホラらしい。「ナチスに学べ」って放言して憚らないバカボンですからね。さもありなんてことだ。

・田中龍作ジャーナル
【賃上げ偽装】 麻生財務大臣が暗黙の指示、安倍首相も同席

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

沖縄県民投票は「賛成」「反対」「どちらとも言えない」の3択案検討・・・なんてこったい!!

 昨夜、遊びに来た息子がTVのニュースを見ながら一言。「安倍って首相じゃなくて腫瘍だな」。心の中で小さくガッツポーズした団欒の夜であった。

 そんなことより、沖縄県民投票だ。なんと、沖縄県議会議長が「賛成・反対」の2択方式ではなく、「どちらとも言えない」というぬるい意見を加えた3択にするために条例改正を検討するってね。

 昨秋には自民党が「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択の条例案を提出して否決されているそうだが、社民護憲会派の議長がなんで県民投票を形骸化しようって動きを後押しするようなことするんだろう。

沖縄県民投票3択検討 県会議長 5市の不参加回避へ

県民投票「やはり2択に絞って」 ハンスト中の元山代表、3択改正案報道に考え示す

 それにしても、「どちらとも言えない」ってのはびいもんですね。そもそも、県民投票は県民の異議申し立てにより実施されることになったものだ。「どちらとも言えない」なんてのが選択肢になったら、それは県民投票の体を成さない。

 「どちらとも言えない」という県民には、まずは議会そのものが「賛成」「反対」の論を尽くすことで、「納得のいくための丁寧な説明の過程」(宇野重規東大教授)を示すことだ。それこそが政治家の務めというものだろう。

Photo_2

 こういう小賢しいというか姑息というか、子供だましのような手法を弄しようということは、ひょっとして政権筋から鼻薬でも嗅がされたか。

 前にも書いたけどペテン政権が投票結果に怯えているってことは実々で。自民党の陣笠、宮崎某の県民投票不参加指南なんか、明らかに裏ではペテン政権が意図を弾いてますからね。

 でもって、それを窺がわせるこんなツイートがあります。さもありなんてことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

「毎月勤労統計」の不法調査による国民へのツケは195億円。自分のケツは自分で拭け、厚労省の役人ども!!&沖縄県民投票不参加に賛成した市議一覧!

 新聞・TVは、検察と日産のリークを無批判に垂れ流し、ゴーンを極秋人に仕立てようと躍起になっている今日この頃。なんと、「毎月勤労統計」の不正調査のツケで、195億円が一般大衆労働者諸君の負担になるんだとさ。ふざけんじゃねえ。自分のケツは自分で拭きやがれ!!

勤労統計不正で予算案修正 事務費195億円 国民負担に

 というわけで、二日酔いの頭がブチ切れそうなので、沖縄県民投票不参加に賛成した議員と反対した議員の一覧をご紹介して、お後がよろしいようで。

1
2
3
4
5






| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

沖縄県民投票への不参加を煽る不埒な自民党議員・・・それだけペテン政権は投票結果に怯えているってことか!&ヤメ検弁護士が人権なんかクソ食らえで長期拘留擁護!!

 辺野古埋立ての是非を問う沖縄県民投票に不参加表明をする市がある中、市議会に県民投票予算案否決をレクチヤーしていた弁護士資格を持つ議員がいるんだね。沖縄以外のメディアはほとんどこの男についてて報道することはなかったんだが、どうやらここにきてこれではまずいと思ったのかどうかちょいとニュースで取り上げる動きが出てきたようだ。

 昨夜のテレビ朝日『報道ステーション』は「自民党議員が不参加指南か」と切り込んでいた、それでもまだまだ甘い。こうした不埒な議員の動きに何のお咎めもないとしたら、たとえば原発再稼動の住民投票なんてのも容易に阻止することがてきちまう。つまり、参政権の否定でもあるわけで、いち沖縄だけの問題ではないんだね。

【報ステ】沖縄県民投票 自民党議員が不参加指南か

50243797_171700253805230_7795605606

 不参加をレクチャーしたのは自民党の宮崎政久とかいう陣笠で、小選挙区では連発続き。毎度のように比例復活でどうにかこうにか議員になれたという厄介者だ。投票権の侵害だという声が大きくなってきたからなのだろう、なんと反論会見なんてのを開いたってね。県民投票について「否決することに全力を尽くすべきである」なんて文書までばら撒いておきながら、なんとも恥ずかしい言い訳でお粗末なものです。

「投票権を侵害」と市民が宜野湾市を提訴へ 原告団募集

”不参加指南”宮崎政久衆議院議員が反論会見

宮崎氏解釈を疑問視 法専門家「予算執行は義務」

 不参加表明のレクチャーなんていち陣笠が独断でできるわけがないんであって、その裏ではペテン政権が糸を引いている野は間違いない(あくまでも個人の妄想です)。顔も頭も貧相な官房長官のガースーは「そのような指摘は当たらない」ってお得意の「菅話法」で逃げるんだろうけど、そんな汚い手を使ってでも県民投票を阻止したいってのは、その結果に怯えているからなんだよね。

 だからこそ、諦めちゃいけない。声を出し続けていかないと、いいようにされちまいますからね。

 最後に、ゴーンの長期拘留について、ヤメ検の高井康行って弁護士が、人権なんかクソ食らえみたいな発言をTVでしたってね。こんなんだもの、これまでにも日本の代用監獄制度が世界から批判されるわけです。それにしても、こんな発言をヤメ検とはいえ弁護士が口にするとはいやはやの木曜の朝であった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM