バンクーバー・オリンピック

2010年2月27日 (土)

キム・ヨナは素晴らしい。でも、20点も差がつくだろうか?

 女子のフィギュアは予想通りの結果。素人判断ながらキム・ヨナの滑りは完璧。19歳の乙女とは思えない表現力と卓越したスピードは、金メダルにふさわしいものだと思う。ジャンプに入る時も、それまでの演技の余韻が途切れないしなやかさは実に素晴らしい。

 でもなのだ。20点以上も浅田真央との差がつくとは思えないのもまた事実なのだ。なによりも、3回転半ジャンプをショートで1回、フリーで2回成功させるという前人未到の快挙に対して、あまりにも評価が低くはないだろうか。なにやら、男子の4回転ジャンプにまつわるプルシェンコの思いと相通じるものがある。演技全般を見渡せば、確かに小さなミスはあった。スケートのエッジが氷にひっかかってバランスを崩したのも、足に疲れがでてきたからだろうと思う。

 しかしなのである、フィギュアスケートがスポーツである以上、前人未到の技を成功させたことへの称賛が点数に反映しないというのは、いまひとつ納得がいかない。もう一度言いたい、本当に20点も差が開いていいものなのだろうか。さらに、3位のロシェットとの差がわずか2.86というのもほんまかいなという思いだ。採点競技の難しさとはいえ、やはり納得いかないものは納得いかないのであった。

 ミキティは残念だったけど、クレオパトラ可愛かったな。鈴木も8位は立派。男女揃って全員入賞のフィギュアは、どんなにほめてもほめたりない。独裁者慎太郎君にはこの機微はわかんないだろうなあ。

 最後に滑ったアメリカの長洲未来は、カナダのロシェットより絶対に上だと思う。3位長洲、4位安藤、5位ロシェット、これが僕の独断的順位なのであった。

 それにしても1位から5位までにアジア系が4人というのは、かつてのヨーロッパ、アメリカ勢が席巻していた時代を知っているだけに隔世の感がある。東洋人、恐るべしなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月23日 (火)

またほざいてら、石原君。

 昨日は三鷹に朝から遠征。石油ストーブのつけっぱなし疑惑もなく、無事に帰還。電車に揺られる1時間あまりの時間は、貴重な読書タイム。小沢一郎の側近だった元参議院議員、平野貞夫の『平成政治20年史』を読破中。噂にたがわず面白い。回顧録ではあるが、すべて実名というのもなかなか臨場感があって、説得力がある。読了したら改めて、ご報告。

 独裁者慎太郎君が、なにやらほざいている。高橋大輔の銅メダルをくさすような発言は知っていたが、「国家を背負ってないから、結局、高く跳べない、速く走れない」とまで言ったそうな。教育のあり方まで引き合いに出したそうだが、何考えてんだか。国家背負ってるからって勝てるほど、オリンピックは簡単じゃないんだよ。国家背負って勝てるなら、昔の選手はみんな金メダルだったんじゃないか。こういうアナクロニズムは、スポーツには最も邪魔なものだ。

 オリンピック云々なら、招致合戦に使った税金の収支報告をちゃんとしなさい。某大手広告代理店と組んで、どれだけいい思いをしたか。ばれちゃ困ることがいっぱいあるんじゃないのかな・・・って、これ邪推ですから^^

 カーリングはスイスに負けちまった。う~ん、ちょっと厳しい状況になってきたか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

スーパー大回転、カーリング、そしてフェブラリーステークス

 さすがにスーパー大回転は迫力だった。100kg超えるスピードで滑降するスリルとはどんなものなのだろう。一歩間違えれば命もないよな、なんてことを想像しながらお気楽にTV観戦するのだった。

 日本で今回ほどカーリングに注目が集まった大会はないに違いない。「クリスタル・ジャパン」なんてキャッチまで付いて、確かに競技中の彼女たちは美しい。昨日のイギリス戦は最後まで手に汗握る展開で、スリリングな駆け引きにこそカーリングの真髄があるのだとつくづく思った。

 と同時に、カーリングってスポーツなのだろうか、という疑問もまた湧いたのであった。スポーツというよりも、心理的な駆け引きを楽しむスリリングなゲームなのではないだろうか。もちろん、その駆け引きに勝利するためには、高度なテクニックが必要なことは間違いない。しかし、それはスポーツとはちょっと次元が異なるような気がする。たとえば、ビリヤードの世界にとても似ていると思うのだが、どんなものなのだろう。でも、マリリンは可愛い、と思う今日この頃。

 さてさて、競馬は今年最初のG1、フェブラリーステークス。例年よりも予想を難しくしているのは、芝からの転戦組が4頭もいること。スーパーホーネット、レッドスパーダ、ザレマ、ローレルゲレイロ、リーチザクラウンと、そこそこの実力馬がダートのG1に挑戦してきたが、これまで初ダートの馬が勝ったことはないというデータもある。しかし、データ通りに事が運べば、競馬もこんなに楽なことはない。

 というわけで、本命のエスポワールシチーは揺るがないとしても、対抗には初ダートのレッドスパーダを抜擢。父タイキシャトルがダート巧者でもり、母父がストームキャットときたらダートで走らないわけがない。サクセスブロッケンは、内田のケガがどこまで回復しているかがカギ。本日の騎乗がこのひと鞍という大事をとっての騎乗が気になるところ。それでも単穴の価値あり。他では、オーロマイスター、グロリアスノア。と思っていたら、グロリアスノアが出走取消。代わりに、テスタマッタ。一番悩むのがリーチザクラウンの取捨だろう。血統的にはダートはこなすはず。もしかしたら、稀代のダート巧者という可能性もある。しかし、そこそこ人気になるようだとちょいと買いずらい。それなら、ローレルゲレイロの前残りが面白いかも。

◎エスポワールシチー、○レッドスパーダ、▲サクセスブロッケン、△テスタマッタ、グロリアスノア、リーチザクラウン、ローレルゲレイロ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

アルペンスキーが観たいのに・・・。

 フィギュアスケートの高橋は凄かったね。最初の4回転は失敗したけれど、アグレッシブな挑戦があったからこそ、失敗にも慌てずにイメージ通りの演技ができたのだと思う。アメリカでは、「4回転を飛ぶべきか」というテーマで、ニューヨークタイムスなどが論議を繰り返していたそうだが、4回転を飛ばないライサチェックが優勝して、結局は「4回転は必要ない」ことになっているそうだ。

 でも、不思議だよな。4回転を跳んだプルシェンコが2位で、失敗したとはいえ果敢に攻めた高橋が3位。そして、4回転に挑戦もしなかったライサチェックが金なんだから。4回転を跳ぶか、跳ばないかは自由だが、やはりリスクを賭けて挑戦する姿勢を採点上も評価しないと、スポーツとしてのフィギュアスケートの将来は暗いのではないだろうか。

 靴ひもがほどけちゃった織田は、基本的なミスだけに悔しいと思う。それでも7位入賞は次のオリンピックにつなげたね。4回転跳んだ小塚も次が楽しみ。

 ところで、今回のオリンピックを観ていて、どうも何かが足りないとずっと感じていたのだが、ようやくわかった。アルペンスキーの中継が極端に少ないのだ。おいおい、アルペンは冬のオリンピックの華だろうに。いくら日本人選手がいないからって、放送時間を削ることはないだろう。オリンピックはスポーツそのものの醍醐味を楽しむものであって、日本人選手だけを観たいわけじゃない。たとえば、国母問題で図らずも話題となったスノボだって、外国人選手のスピードや高度なテクニックを目の当たりにすることで、どんなに素晴らしいスポーツかということがわかる。いつまでたっても、スポーツの真髄を理解しない日本のメディア、というよりもスポーツマスコミの質の低さを感じないわけにはいかない。

 男子が終わって、今度は女子のフィギュア。キム・ヨナの圧倒的なまでの表現力と、力強い技のキレに、浅田、安藤がとこまで迫れるか。とにかく、守りに入らない攻めのフィギュアに期待したい・・・なんてね、ちょっと真面目にまとめてみましたです。

【くろねこの競馬予想】

京都記念は、ブエナビスタ、ドリームジャーニーの一騎打ちが大方の予想。しかし、そんなにスンナリ決まるだろうか。というわけで、ホワイトピグリムの一角崩しに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

テープ起こし・・・トホホ^^;

 今日こそはテープ起こしをしなくては。おお、なんという地味な一日。テープ起こしといっても自ら取材したものではなく、原稿を書くための資料としてちょうだいしたDVDから起こさなくてはいけない。とりあえずはICレコーダーに音声だけコピーして、それから書き起こすことになるのだが、だいたいにおいてテープ起こしは録音時間の倍以上はかかる。以前は、テープ起こしの専門家に頼んだものだが、経費節約が至上命令の昨今ではそうもいかない。しかも、原稿としてまとめるだけでなく、一字一句起こした原稿も欲しいということなので、テープ起こしそのものも仕事のうちに含まれているから厄介だ。いっそのこと、ICレコーダーをPCに繋げたら一発で音声の文字変換ができればいいのだけど、それはまだまだ先の話になりそうだし・・・。

 DVDを資料として原稿を書くだけならまだいい。要点だけをチェックして原稿にまとめればいいのだから。しかし、一字一句起こした原稿もとなると話が違う。ある意味、これは専門職に近いものがある。一字一句起こしてごらんなさい、本当に大変なんだから。それも現場にいなかったわけだから、余計に厄介なのだ。専門用語なんかが出てきたひには確認する術がない。いちいちクライアントにお伺いたてるわけにもいかないし・・・。 

ところで、バンクーバー・オリンピックだけど、なんだか信じられないような運営上のミスが起きている。整氷車が壊れてみたり、昨日は1000mで長島君がスタートする時に観客席から変な音が聞こえて再スタート、と思ったらまたしてもスタートのやり直し。スタート時間に1分早かったそうだが、なんか納得いかないよな。

 国母君は負けちゃったけど、マスコミの報道が「実は、いい奴なんです」って方向にいつのまにかシフトしていたのには笑えた。「いい奴」だろうがなんだろうが、お行儀の悪さ(服装はともかく言葉使いはお勉強しなくちゃね)はまた別問題だと思うのだが・・・。

 ああ、それにしても地味な一日になりそうだ。

PS

中村主水が亡くなった・・・合掌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

オリンピックもたまにはいいもんだ。

 始まる前はそれほど興味がなかったのに、始まったら結局は観てしまう・・・バンクーバー・オリンピック。昨日は、フィギュアスケートのペアに出場したロシアの川口悠子についつい入れ込んじまった。夢を達成するためならいとも簡単に国境を飛び越えてしまう、そんな一途な思いにはただ勝利を祈ってあげるしかないだろう。というわけで、久しぶりにヒヤヒヤ、ドキドキで見入ってしまったのであった。

 結果は残念な4位。2度のミスはさすがに痛かった。それでも、日本の女性がフィギュアのペアでメダルを獲れるところまできたのだから快挙でありましょう。国籍変更という過酷な決意の裏側には、想像を絶する葛藤があったのだろうが、改めて現代の女性は凄いと思う。

 グローバル化なんてお題目みたいに唱えているうちに、しっかりとボーダーレスを実践している日本人はいっぱいいる。国母君もそういう意味ではそのひとり。ちょっとお行儀が悪かったのは問題だけど、世界に眼を向けるその心構えには拍手を送りたい。オリンピックを観るのも、たまにはいいものだ。

 それに引き換え、日本の大人たちは・・・。お前に言われたかねえ、なんて政治家同士で罵り合ってる場合じゃないんだよな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

まわりの環境が「腰パン」してるわけね。

 与謝野君、久しぶりに出てきたとおもったら、弟鳩から聞いた話としたうえで、「うちの兄貴はしょっちゅう、お母さんのところに行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた」とかましてくれた。嘘か本当かは知らないが、聞いた話としても、なんとまあお品のない質問ではありましょう。これって、子供が喧嘩に負けそうになった時に、「だってOOちゃんがそう言ってたもの」と捨て台詞するのと似ている。なんの根拠もないけど、言ったもの勝ちというやつだ。こんなこと、どうやったって、言った、言わないの域を出ないのはわかっている。与謝野君、政治家として恐ろしいほど劣化してきてるよ。

 ついでに、「平成の脱税王」なんてことも言ったらしいが、オリエント貿易からのダミー献金一億円はどうなったんだろうねえ。突っ込む方も、突っ込まれる方も、お互い脛に傷持つ身なんだから、もう少し腰を落ち着けて政治家としての本分に励んでもらいたいものだ。

 バンクーバー・オリンピックがいまひとつ盛り上がらない中で、なんだか服装がどうたらかんたらでもめている。腰パン、シャツ出しがいけなかったらしいが、そんなことはどうでもいい。それよりも笑ってしまうのが、「スノボ選手らしいといえば、らしい服装」とか、「スノボは世界的にスケートボードから入って来る人が多く、ヒップホップの影響を強く受けていた」とか、専門家と称する人たちの意見だ。なんの専門家か知らないが、もう少しまともなことが言えないのかね。そんなにスノボって特別なことか。なによりも、20歳を超えてもこんな格好してること自体、オコチャマだと思うけど。でなけりゃ、記者会見でああも不貞腐れたりはしないだろう。服装なんかより、そちらのほうが大いに気になる。

 朝青龍問題もそうだったが、すぐ品格とかなんとか持ち出すが、ようは礼儀知らずということ。品格なんて大仰なものではない。今回のスノボの選手も同じだ。服装のことよりも、その後の記者会見などの言葉使いや態度の方に現われた幼児性にガッカリしてまう。長野オリンピックで、里谷多英がモーグルで金メダルに輝いた時、あまりの興奮に解説者が我を忘れちゃったんだろうなあ、放送中だというのに「多英、スゲー、スゲー、多英」って絶叫してくれたことがあった。これを聞いた時、ああ、モーグルの人たちってこういうのなのね、って思ったものだ。おそらくスノボも一緒。つまり、選手というよりも環境そのものが「腰パン」しているのだ。だから、選手よりも前にコーチなどの周辺の人々がまず「大人」になる必要がある。朝青龍の場合も同じだ。まずは、親方がなってないもんな。

 というわけで、国母選手にはバッシングに負けないで頑張っていただきたい。トリノ大会の時のように、予選落ちしたからって、選手村の壁に八つ当たりしちゃだめだよ。これで負けたら、みっともないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 夫婦別姓 | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 資金管理団体 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TPP | TVCM