憲法改正

2020年6月25日 (木)

イージス・アショア配備中止→NSC→ミサイル防衛見直し→敵地攻撃能力整備→総選挙→改憲・・・これが「ポストコロナ」を利用したシナリオか!?

 持続化給付金にまつわる電通丸投げ疑惑は、掘れば掘るほどペテン政権との癒着が深まるばかりなのに、ワイドショーの何とおとなしいことよ。この国のメディアが、いかに電通ともちつもたれつで甘い汁を吸ってきたかってことなんだろうね。

電通、給付金事業で外注重ね利益 経産省が委託先に10%の管理費認める独自ルール

 ところで、コロナ・パニックが終息の兆しすら見せない中、永田町に解散風が吹き始めたと思ったら、NSC(国家安全保障会議)がこれ見よがしに開かれた。イージス・アショア配備計画が頓挫したから、安全保障戦略を見直す必要があるってのがその理由なんだと。

 新たなミサイル防衛策として具体的に何を議論するかと言えば、なんとまあ「敵地攻撃能力」についてなんだとさ。「敵地攻撃能力」ってのは、敵が攻撃する前に叩いてしまおうという、つまりは先制攻撃を認めるものなんだね。

 でも、日本国憲法は、「専守防衛」が不文律なんだから、そのためには憲法を変えなくてはいけない。これこそが、ペテン政権の目的なんじゃないのかねえ。

 イージス・アショア配備計画中止についてアメリカがクレームのひとつもつけてこないのが解せなかったんだが、何かその裏が見えてきたんじゃなかろうか。イージス・アショアについては許してやるから、その代わりアメリカの戦争に積極的に関わるようにトランプから脅されてたりして・・・妄想だけど。

安倍首相、取材に応じず NSC

敵基地への攻撃能力の保有も議論 政府が安保戦略の見直し

敵基地への攻撃能力って? 専守防衛から逸脱する恐れ指摘も<Q&A>

 イージス・アショア配備中止→ミサイル防衛見直し(=敵地攻撃能力整備)→改憲・・・なんてシナリオなんじゃないのかねえ。国会閉幕の記者会見で、「ポストコロナの新しい日本の建設に着手すべきは今、今やるしかないと考えています」ってペテン総理が喚いていたのとも符合する。

 9月にもと噂される解散総選挙は、「コロナ後の世界を見据えた改憲」を争点に仕掛けてくる確率はかなり高まったと妄想する今日この頃なのだ。

 最後に、香典疑惑の菅原君は、どうやら不起訴とか。となれば、次なるステージは検察審査会ってことか。

菅原前経済産業相を起訴猶予へ  香典提供巡り

《“裏会費”リストを入手》“買収”が常態化 菅原一秀前経産大臣に新疑惑

| | コメント (2)

2020年5月20日 (水)

検察の次は憲法・・・国民投票法改正案成を強行採決か!? 種苗法改正案で農業も危ない!!

 先送りせざるを得なくなった、そのことの重大性をまったく理解していないんだろうね。検察逃げたの森君が、「現行案のまま成立を目指す」ってほざいてくれたそうだ。顔も頭も貧相な官房長官・ガースもこれまた黒川人事に与える影響について「まったくない」って反省の素振りすら見せなかったってね。

検察庁法改正、現行案のまま成立めざす姿勢 森法相

 トンデモ答弁を繰り返す検察逃げたの森君を、TBSの金平君が「法匪」(法律を詭弁的に解釈して、自分に都合のいい結果を得ようとする者)と呼ばわっていたが、いやあこりゃまた言いえて妙で、納得しちまった。

 それはともかく、検察庁法改悪がうまくいかなかったからなのか、今度は国民投票法改正案を成立させようという動きが出てきたってね。検察の次は憲法か。それにしても、次から次へと余計なこと考えるものだ。そんなんだから、マスクひとつ満足に配れない無能ぶりをさらけ出しちまうんだね。

 自民党国対委員長のおばさん顔の森山君は「憲法審査会でずっと継続審議になっているのは、立法府としていかがなものかと懸念する。結論を出してほしい」ってのたまってくれてるが、憲法審査会で何を議論してきたんだ。それこそ生煮えのままの状態で、これもまた火事場泥棒っとことだ。

“補正予算案と国民投票法改正案 今国会で成立を” 自民 公明

 時の政権が世の中の空気をこれほどまでに読めなくなっているかと思うとちょっとゾッとする。これって、思考能力を失った大本営と同じで、このままだと悪夢の再現になりますよ。

 国民投票法改正案の他にも、日本の農業を壊滅的な状況に追い込みかねない種苗法改正案の成立もペテン政権は狙っているから、まだまだ気を引き締めて抗議の声を上げていかないと大変なことになりますよ。

「種苗法改正案」農家に打撃懸念 地域農業守る「在来種保全法案」を

| | コメント (4)

2020年5月 4日 (月)

コロナ対策の失敗を憲法のせいにして「改憲」を喚くペテン総理。そもそも、総理大臣に憲法をいじくる権利も資格もない!!

 昨日エントリーで書いたように、初老の小学生・ペテン総理が日本会議の集会にビデオメッセージを送って、「緊急事態条項」を含む改憲を喚いたってね。コロナ・パニック真っ最中の火事場泥棒という声が四方八方から飛んでいるが、腐った頭ではそんな批判も馬耳東風なのに違いない。

 ペテン総理の改憲への妄執はもはや病気みたいなもので、改憲を口にすればするほど脳みそが唾とともに吐き出されているのだろう。ペテン総理の存在は、この国にとっては新型コロナウイルス以上におぞましいウイルスみたいなものなんだね。

 そもそも、総理大臣に憲法をいじくる資格も権利もないのであって、日本会議に送ったビデオメッセージそのものが憲法違反だと思うんだけど、なぜそこをメディアは指摘しないのかねえ。自民党総裁という立場での発言だからという意見もあるようだけど、総理大臣と自民党総裁という立場を使い分けることがそもそもおかしいんじゃないのか。総総分離が言われ続けているけど、それが節操というものだろう。

 いずれにしても、コロナ対策の失敗を憲法のせいにして改憲を喚くってのは、いい年した大人のやることじゃありません。新型コロナウイルス対策をしぐじると最悪40万人の死者が出るなんて試算もあるそうで、そろそろ自民党の中からクーデターでも起きないことには、この国はニサッチもサッチもいかなくなりますよ。

安倍首相の新型コロナを利用した「憲法に緊急事態条項を」メッセージに非難殺到! 失策を棚上げ、日本会議系集会でお仲間と改憲PR

首相「憲法改正、必ずや成し遂げていく」 緊急事態条項創設訴え ビデオメッセージ全文

| | コメント (3)

2020年5月 3日 (日)

政治家が自国の憲法を「みっともない」だの「いじましい」だのと罵倒する国が、日本以外に世界のどこにあるだろう!!

 コロナ・パニックの中で迎えた「憲法記念日」。初老の小学生・ペテン総理は、「緊急事態に国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そのことを憲法にどのように位置づけるかは、きわめて重く重大な課題」だから「国会で緊急事態条項創設の是非を議論するよう求める」ってなビデオメセージを改憲派の集会に送るんだとさ。

<新型コロナ>緊急事態を強調、改憲狙う自民 「条項」国会関与なく私権制限

 不安を煽り、非常時を口実にして強権発動しようとするのは、権力を私する政治家の常套手段で、コロナ・パニックはさしずめ絶好の機会なんだね。自粛自粛と声高に叫び、それでも目的達成にはまだ努力が必要と煽りたて、従わない場合は晒し者にして、それでもだめなら「自粛警察」を使って「非国民」のレッテル貼りすらも厭わない。

 およそ、この国の政治家ほど、自国の憲法を蔑ろにし、罵詈雑言を浴びせる政治家は世界のどこを探してもいなのではなかろうか。ペテン総理の「みっともない憲法」発言がその最たるものなんだが、コロナ対策で無能ぶりを発揮する厚労大臣、マルチ商法の広告塔・加藤君も「国家は、国民があれば成り立つ訳でない。国家を支え、守る国民がいて初めて成り立つ」てなことを改憲派の集会でのたまってるんだね。

 「憲法とは国民の権利・自由を守るため国を縛るもの」という立憲主義の原点を、こやつらはまったく理解できていない。そんな輩に、そもそも憲法を語る資格なんてありません。

 「時代に合った憲法に変えていく」ってのも改憲志向の政治屋がよく口にするんだが、「憲法くん」のコメディアン・松元ヒロの鋭いカウンターパンチを食らってみやがれ。

「憲法に合わなかったら、政府を変える!」

 改めて主権者としての自覚に思いをはせる、憲法記念日の朝である。

【くろねこの競馬予想】

今年の天皇賞は、フィエールマン一強のムード。凱旋門賞こそ大敗を喫したが、その後の有馬記念は勝ちに行っての4着で、改めてその強さを見せつけてくれた。ここは相手探し。ユーキャンスマイルとトーセンカンビーナの阪神大賞典組に期待。武豊に乗り替わったキセキに要注意。大逃げを打ってきたらこわて存在になるかも。
◎フィエールマン、〇ユーキャンスマイル、▲トーセンカンビーナ、△キセキ、メイショウテンゲン、モズベッロ、ミッキースワロー

| | コメント (3)

2020年2月10日 (月)

「憲法に男女の不平等の解消を明記」(稲田朋美)って、そもそも憲法14条に「すべて国民は、法の下に平等」と書いてある!&ペテン総理の地元・山口から「ホテルと契約した認識はない」の声!!

 新型コロナウイルス騒動に便乗して、「緊急事態条項」の必要性を声高に喚いたら、とんでもない顰蹙を買っちゃったからなのか、それじゃあってんでロスゴリの稲田君が「憲法に男女の不平等の解消を明記」って囀ってくれたってね。

 共産党の智ちゃんに比べたら、こちらの朋ちゃんはなんとも無教養のようで、憲法もまともに読んだことないんじゃないか。そもそも、憲法14条には「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」って書いてあるんだから、何もいまさら憲法に男女平等を明記する必要はないんだよね。

 ようするに、とにもかくにも憲法に手をつけたという事実だけが欲しい初老の小学生・ペテン総理の意を受けてのことなんだろうけど、ここまでくると単なる「改憲オタク」みたいなもので、そこには政治的な哲学や理念なんてのは微塵もありません。

 そもそも、桜疑獄でもわかるように、平気で脱法行為を喧伝するような輩に、改憲なんかさせてたまりますか、ってなもんです。

稲田幹事長代行 “憲法に男女不平等解消明記”議論の考え示す

 でもって、桜疑獄なんだが、ペテン総理の地元・山口の参加者から、「ホテルと契約した認識はない」って声が上がってるってね。見積書や領収書の類を提出すれば、桜疑獄の全容ってのはすぐ判明するわけで、ホテルはペテン総理とツーカーだろうから無理としても、地元の後援者を徹底的に取材すれば、実際にあるのなら領収書の1枚や2枚はすぐ見つかるはずなんだよね。

「桜」参加者「ホテルと契約、認識ない」 地元・下関、首相答弁に疑問の声

 地元でもペテン総理の無能ぶりにはウンザリしているようだから、そろそろ後援者の中からペテン総理を窮地に追い込むリークが飛び出すかもしれない・・・なんてことを妄想する今日この頃なのだ。


| | コメント (2)

2020年1月 8日 (水)

改憲に向けた洗脳キャンペーンがスタート!!&「桜を見る会」の名簿廃棄の記録なし!!&内閣府が入札前にケータリング業者と打ち合わせ!!

 自民党が改憲をテーマにしたポスターを作成。そのキャッチコピーが「憲法改正の主役は、あなたです。」だとさ。年頭記者会見で、初老の小学生・ペテン総理は、「憲法改正を私自身の手で成し遂げていくという考えにはまったく揺らぎはない」って喚いていたけど、つまりは改憲へ向けての洗脳キャンペーンが始まったってことなんだろうね。

 それにしても、「憲法改正を私自身の手で成し遂げていく」なんてことを総理大臣が口にするって、それこそが憲法違反だろうに、新聞・TVはまったく無関心ってことは、メディアもまた憲法遵守の何たるかを理解してないってことなんだよね。

 でも、笑っちまうのが、自民党の改憲キャンペーンのツイートに、反対のコメントが多く寄せられていることだ。一般大衆労働者諸君の反対の声が大きくなっていくと、そのうち「改憲を閣議決定」なんてことをしでかしたりして・・・これだけは笑えない冗談だけど。

 ところで、「桜を見る会」の招待者名簿なんだが、廃棄したという記録がなかったってね。この事自体がルール違反はもちろんなんだけど、てことは名簿が残っている可能性があるということでもある。顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「内閣府人事課のメンバーが廃棄しているというのであれば、ないと思う」なんてガキの使いみたいな言い訳してるんだね。つまりは、何もやる気がないってことで、何が「丁寧な説明」だ。

内閣府、「桜」名簿の廃棄記録残さず ルール違反、野党追及へ

Photo_20200108080101

 最後に、「桜を見る会」のケータリングを請け負った業者と、入札広告の前に内閣府が打ち合わせしてたってね。この業者は私人の嫁のお友だちでもあるんだから、つまりはそういうことです。ゴーンの奥さんに偽証罪で逮捕状ってんなら、私人の嫁にだってその資格は十分にあると思うけどねえ。ああ、やだやだ。

内閣府、業者と入札前に面会=19年の桜を見る会

| | コメント (5)

2019年12月10日 (火)

「改憲、必ずや私の手で成し遂げる」(安倍晋三)。行政の長の権限を超えて、身の程知らずに何をほざく!! そんなことより、とっとと国会に出てきて説明責任を果してみやがれ!!

 国会閉幕で、初老の小学生・ペテン総理は嬉々として記者会見をしやがりました。でもって、改憲について問われて、「必ずや私の手で成し遂げる」だとさ。おいおい、改憲ってのは、国民が望んでこそのものであって、オメーが成し遂げるものじゃないだろう。

「桜」名簿 復元指示せず 国会閉幕、首相会見 「改憲、必ずや私の手で」

 マスコミも、行政の長としての権限を逸脱した、憲法遵守義務違反のこんな発言を、シレっと垂れ流すんじゃない。「これで逃げ切りとなっていいのでしょうか」なんて他人事のコメントはいらないんだよね。「権力への怒り」を忘れたジャーナリズムほど危険なものはないんであって、これで終わりにしたくなかったらマスコミこそが起ち上がるべきなのだ。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「残念ながら、(説明が)国民に理解されていない」と「桜を見る界」疑惑についてコメントしたそうだが、何を言ってやがる。さっさと名簿を公開すれば、それで疑惑のすべては解明される。それをしないのは、こやつの責任なんだね。それをよくもまあ「理解されていない」だなんて、あたかも国民側に問題があるようなことのたまわれるものだ。

菅長官「桜を見る会、残念ながら国民に理解されてない」

 「逃げ切ろう」としたって、来年の桜の季節になれば、みんな一連の疑惑を思い出す・・・ってツイートがあったけど、おっしゃる通る。お天道様はお見通しなのだ!!

 とにもかくにも、安全地帯で四の五のほざいてないで、とっとと国会に出てきて説明しやがれ、ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年10月11日 (金)

「9条改正案取り下げたら改憲議論促進」(玉木雄一郎)。「私、生まれ変わりました」で炎上したのに、これでは統一会派の先行きは怪しいものだ!!

 国民民主のタマキンが、予算委員会で「9条改憲を取り下げる気はあるか」って初老の小学生・ペテン総理に秋波を送ったそうだ。これって、行き着くところは「9条改憲取り下げたら改憲論議に乗るよ」って言ってるようなものなんだね。

【衆院予算委】野党は国民・玉木氏が先陣「9条改憲案取り下げ審議促進を」独自色発揮に躍起
2019.10.10 21:23政治政局

 参議院選直後に、「私、生まれ変わりました。我々も改憲議論は進めるし、安倍晋三首相にもぶつける」って口にして炎上したことはすっかり忘れちまったようだね。ていうか、「改憲ありき」ってのが、そもそものタマキンのスタンスで、立憲民主と統一会派を組んだのはいいけど、なんかこういう発言聞いてるとその先行きは怪しくなってくるんだよね。

玉木氏「生まれ変わった、改憲議論進める」 一転火消し

 そんなことより、台風19号「ハギビス」だ。地球史上最大級なんて声もあるようで、かなりヤバそうなんだよね。どうせなら、ペテンやひょっとこを直撃して、吹き飛ばしてくれればいいんだけど。

台風19号の成長速度、地球史上最大級?世界各国も注目!気象専門家「存在しないカテゴリー6に相当する」

| | コメント (3)

2019年10月 8日 (火)

「アメリカからのトウモロコシ購入について、約束や合意をした事実はない」(安倍晋三)。世襲政治屋は気楽な稼業ときたもんだ!!&原理・原則に無知な政治屋が国を滅ぼす!!

 教師による教師へのいじめが問題になっているけど、これってもはや傷害事件だね。警察は一刻も早く加害者の教師を逮捕すべきだろう。教育委員会もうだうだ言ってないで、氏名を公表した上で懲戒免職が妥当じゃないのかねえ。

 そんなことより、初老の小学生・ペテン総理が臨時国会早々に大嘘こいてます。曰く、

「アメリカからのトウモロコシ購入について、約束や合意をした事実はない」

 トランプは「シンゾーは米国のトウモロコシを大量に買ってくれると約束してくれた。中国が買わなかったトウモロコシだ。これはビッグディールだ」って自慢してたから、どちらかが嘘ついてるってことになるんだよね。

 で、ペテン総理は「民間企業が輸入を前倒しすることを期待すると伝えた」とも言ってるんだけど、ここが肝なんじゃないのかねえ。つまり、民間企業にトウモロコシ購入の肩代わりさせて、その裏では何らかの見返りを民間企業には約束しているってことだ。たとえば、輸出における消費税還付にさらなる優遇制度を導入するとか・・・。

「米からトウモロコシ購入 約束していない」首相 衆院本会議

 ところで、衆議院議長が国民投票法改正案について「臨時国会で与野党が話し合って合意をみつけてほしい」と発言したことに、「中立であるべきなのに越権行為だ」って野党が反発したそうだ。これはもっともなことで、衆議院議長がどんな立場なのかという原理・原則を無視しちゃってるんだからアウトです。

国会冒頭から紛糾=衆院議長発言に野党硬化

 でも、マスコミはこうした原理・原則を踏み外した政治家の発言に、なんとも寛大なんだよね。代表的なのが、これまで何度も書いてきたペテン総理の「憲法観」だ。「国の理想を書き記すのが憲法」という歪んだ憲法観を事あるごとに口にしているってのに、それに対してマスコミは真正面から批判することはない。

 それどころか、そんなマスコミの現状よく表しているツイートを朝日新聞の記者がしているんだから、暗澹たる思いがする今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2019年8月27日 (火)

日米貿易交渉でトウモロコシ爆買いに触れないテレ朝「Jチャン」とペテン夫婦の悪行はほったらかしのくせに韓国大統領のスキャンダルで大はしゃぎのTBS「Nスタ」!!

 昨日の夕方、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』を観てたら、「日米貿易交渉でアメリカはウィンウィンウィンウィンで日本はちょっとウィン」だとさ。つまり、牛肉や豚肉の関税はTPPの水準内でおさまり、日本車に対する関税撤廃は見送りになったというものの、一時は25%に引き上げとトランプは喚いていたんだから、そこれを考えれば2.5%でおさまったんだから上出来・・・ってことなのだろう。

 でも、これって、とりあえずムチャクチャなことにならなくてよかったね、ってだけのことで、最初のブラフで相手を威嚇して、徐々に条件下げるように見せかけて、結局は元の木阿弥というトランプの「ディール」に惨敗したってことなんだよね。

 しかも、中国に売れなくなって行き場をなくした飼料用トシウモロコシを爆買いさせられたことには、まったく触れないんだから、こういうのを提灯報道っていいます。

日米貿易交渉“スピード合意”得したのはどっち?

トウモロコシ追加購入に補助金 日米貿易首脳会談 理由の「害虫被害」わずか 年間輸入3カ月分275万トン

 提灯報道とくれば、TBSも同じようなもので、なんとまあ、『Nスタ』では韓国の寅さん大統領のスキャンダルをこれでもかと垂れ流す始末だ。おいおい、よその国の大統領のスキャンダルよりも、目の前に初老の小学生・ペテン総理と私人の嫁の犯罪があるだろう。日韓摩擦に絡んだ嫌韓ムードを煽るためなんだろうけど、「報道のTBS」は遠くなりにけりってことだ。

 最後に、ごまめの歯ぎしりのオヤジであるパパごまめ・河野一郎が9条改悪を目指すペテン総理を批判したそうだ。

「9条改憲を求める国民の声は聞こえてこない。憲法は権力者の権力行使に制限を付ける意味を持っている。権力の頂点にいる方から改憲の号令がかかり、指示が飛ぶのはおかしい」

 言ってることはその通り。だからさあ、息子のごまめの歯ぎしりにも意見してやってくれよ。でないと、ただのガス抜きに見えちゃうんだよね。

九条改正『求める声ない』河野元議長が安倍首相を批判

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM