憲法改正

2022年7月 5日 (火)

「物価高」もいいけれど、本当の争点は「改憲」!!&「弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられない。国も同じ。弱そうな国がやられる」(麻生太郎)!!

 参議院選の争点は「物価高」とメディアがこぞって煽っている。違うと思うよ。自民が狙っているのは、自公維国の改憲カルテットで議席の3分の2を抑えて、選挙後に一気に改憲議論を盛り上げて、発議まで持ってくことなんだね。

 つまり、争点は「改憲」なのだ。ところが、「改憲」を前面に押し出すと、当然のごとく緊急事態条項について議論しなくてはならないし、ひょっとすると自民党改憲草案にまで議論が及ぶことになる。

 そうなると、自民党が目論む「改憲」の恐ろしさってのが否が応でも浮き彫りになって、これまではなんとなく「改憲」もありかなと洗脳されかかっていた一般大衆労働者諸君が俄かに浮足立って、へてすると安全保障関連法案の時のような全国的な反対デモに繋がらないとも限らない。

 そこを忖度したメディアが、争点を「物価高」に絞ってるってことなんじゃないのかねえ。そもそも、選挙の争点はメディアが決めることではない。有権者のひとりひとりが考えればいいことなのだ。

 メディアの選挙情勢調査では、「自民単独過半数、維新躍進」なんてことを先走って報道しているが、その結果、改憲勢力が3分の2を獲得して、発議の可能制が高まるということは、一切報道しない。それこそが選挙情勢調査から見えてくる未来図だろうに、どこの政党が優勢なんてことに矮小化して、いわば有権者にとっては目くらましになっているんだね。

 キツネ目の男・茂木君が「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案し、発議を目指したい」とのたまい、維新のチンピラ松井君もそれに呼応するように「来春の統一地方選の時に、憲法改正の国民投票をやるべき」とまくしたてているのは、けっして選挙前のアドバルーンではない。既にに「改憲」へのタイムスケジュールが具体的に組まれていると考えるのが現実的だ。

 だからこそ、参議院選の争点としての「改憲」を、メディアはもちろん、野党も声を大にして訴えるべきなのだ。ああ、それなのに、立憲は「岸田インフレ」なんてキャッチコピーをがなり立てるだけで、「改憲」阻止についてはまったく迫力がない。

 選挙が終わって、いつのまにやら「改憲発議」なんてことになっても、それはもう後の祭り。そうならないためには、「決戦は日曜日」ということでよろしくなのだ。

【参院選コラム】改憲勢力、9条改正に踏みこむか 有権者は投票で意思を示そう

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である

Photo_20220705090501

 最後に、ひょっとこ麻生がまたやらかした。なんと、

「子どもの時にいじめられた子はどんな子だった。弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられない」
「国も同じ。強そうな国には仕掛けてこない。弱そうな国がやられる」

 だとさ。「安全保障関連法などを整備してきた意義」を強調する流れでの喩え話ってんだが、これってい「いじめられる側にも問題がある」って言ってるようなものだ。こんなのを「麻生節」と持ち上げるから、「馬鹿もおだてりゃ木に登る」ことになるんだね。

「弱い子がいじめられる」 自民・麻生氏【22参院選】

【まだまだあるぞ気になるニュース】

選択的夫婦別姓に賛成?反対? 参院選東京選挙区・主な候補者アンケート<6>

選挙報道、このままでいいのか?──踏み込んだ人物評がなくては選べない

常識に欠ける防衛費倍増と反撃能力の議論

| | コメント (2)

2022年7月 4日 (月)

同性愛差別を街頭演説で喚く安倍の元首相秘書官と「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない」とドヤ顔の現役閣僚・・・自民党にはこんなのがウジャウジャ!&「質の悪い子供を増やしてはダメ」(立花孝志)・・・N党の少子化対策は優生思想!!

自民党がいかに政治的カルト集団かということを如実に物語る動画をご覧いただきたい。演説しているのはペテン師・シンゾーの元秘書官で、「神道政治連盟国会議員懇談会」が配布したLGBTへの露骨な差別を書き連ねた冊子そのままのことを街頭演説で喚き散らしてます。

 自民党ってのは、こんなのがウジャウジャいるわけで、それでも「自民党に投票しますか?それとも人間やめますか?」ってなもんです。

 比例の陣笠候補がこうなら、自民党の幹部連中もまたひどいもので、ひょっとこ麻生が「政治に関心を持たなくても生きていけるというのは良い国です。考えなきゃ生きていけない国のほうがよほど問題なんだ」とやらかして顰蹙買ったと思ったら、現役の閣僚である甘利の一番弟子・山際君が「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」って喚いてくれましたとさ。

 「聞く力」がヘタレ総理のセールスポイントだったんじゃないのか。そのヘタレ内閣の現役閣僚が「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない」とはねえ。これって、まさに独裁政治の手法そのものだよね。

山際担当相、「野党の話は聞かず」 発言に反発相次ぐ

 こんな奴らが画策する緊急事態条項を含めた「改憲」が、どれほど恐ろしいものか。そろそろ真剣に考えないと大変なことになりますよ。LGBTに対する差別を公然と口にするくせに、「誰もが自分らしく生きられる国」なんて矛盾したことを口にできちゃう、平気で嘘をつく自民党の慢心に選挙の鉄槌を!

Photo_20220704090401
自民党憲法草案(クリックで拡大)

ところで、N党のヒョーロク玉・立花君がNHK『日曜討論』で、少子化問題に絡めて優生思想丸出しの発言をしてくれたってね。

「子供を増やせばいいということではなく、子どもの質の問題。賢い親の子供をしっかりと産んでいく。サラブレッドもそうです。社会保障というのは、結局は質の悪い子供を増やしてはダメです」

突貫小僧・山本太郎君のフリップにはイチャモンつけるくせに、こういう発言を糺すことなく垂れ流すNHKに公共放送を名乗る資格はあません。

「質悪い子増やすな」 立花N党党首【22参院選】


【少子化対策】立花孝志 “質の悪い子供”発言

| | コメント (2)

2022年6月21日 (火)

「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案し、発議を目指したい」(茂木自民党幹事長)・・・「憲法遵守義務」違反で逮捕しろ!!

 ヘタレ総理が先週末の「ニコニコ生放送」の討論会で、

「改正の議論が進まないのは、国会として発議する中身の議論が進んでこなかったからだ。ようやく通常国会では議論が活発に行われるようになったが、この議論を深め、発議する内容をしっかりと詰めていきたい」
「いつまでと決めるものではないが、喫緊の課題であり、できるだけ時間をかけずに国民に選択していただく機会をつくるべく、国会としても努力しなければならない」

岸田首相 “憲法改正を早期に発議 国民投票目指す“考え強調

 なんてことを口にして、改憲に前のめりな姿勢をあからさまにしてくれたと思ってたら、今度はキツネ目の男・茂木君が悪乗りしてこんなふざけたことのたまってくれた。

「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案し、発議を目指したい」

「できるだけ早く改憲発議を」自民党・茂木幹事長

 ヘタレ総理といいキツネ目の男といい、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定められた憲法99条をどう思ってるんだろうね。

 ペテン師・シンゾーのように「みっともない憲法」と口にして憚らない下衆もいるけど、そもそも政治家、それも政権与党の政治家が改憲に言及すること自体が犯罪的な行為だと思うけどねえ。

 改憲、改憲って、呪文みたいに唱えているうちに、世の中は大不況となって国民は塗炭の苦しみにもがいてるんだから、まともな政治家ならまずなすべきことは「岸田インフレ」からの脱却だろう。

 国の最大の責務は、「国民の生命と財産を守る」ことにある。そうした決意がない政治屋に限って、改憲だ、軍事費増額だなんてことを喚き散らすもので、それを念頭に置いて、参議院選に一票を投じて欲しいと願う今日この頃なのだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

同性婚を認めないのは「合憲」 原告側の賠償請求を棄却 大阪地裁

「女性が頑張った選挙だった」 杉並区長選で岸本聡子さんが初当選 約190票差で現職破る

防衛次官人事で波紋 安倍・岸氏反対、政策参与起用で関与に道

| | コメント (2)

2022年5月13日 (金)

ロシアのウクライナ侵略をもっけの幸いに「9条改憲」を迫る自民党・・・どうせなら、自分たちに都合の悪い「解散権」「臨時国会召集」も議論してみろ!!

 ロシアのウクライナ侵略で図らずも周辺諸国のNATO加盟に拍車がかりそうで、その先陣を切るかのようにフィンランドが加盟方針を表明した。プーチンにすれば、藪を突いて蛇を出しちゃったわけで、へたすると戦火は北欧にまで広がるかもね。

フィンランドのNATO加盟、確実に脅威=ロシア大統領府

 でもって、ロシアのウクライナ侵略を奇貨として自らの野望を実現しようとする輩も多々いるもので、これ幸いにと「9条改憲」」を企む自民党はその代表といったところだろう。昨日の衆議院憲法審査会では、慰安婦は性的奴隷ではないと強弁する新藤義孝君が露骨にウクライナ侵略を引き合いに出して「9条改憲」を迫ったってね。

「対岸の火事ではなく、国の防衛体制充実は喫緊の課題だ」
「ここまで整備を進めている自衛隊が憲法に位置付けられておらず、国防に関する規定も憲法にないのはおよそ不自然」

 共産党でさえ自衛隊の存在を否定しないという時代だってのに、改憲派の頭の中ってのは時間が止まっちゃってるんだね。だから、いつまでたっても、「9条」が改憲のテーマで、それさえ達成したらもう彼らにとっての改憲は終わりってことと言っても過言ではない。

ウクライナ引き合いに9条改憲主張 衆院憲法審で自民 立民は「断固反対」

 でも、立憲主義の立場に立てば、9条なんかよりも、もっと改定すべき条文はあるんだよね。たとえば、憲法7条の「解散権」だ。さらに言えば、憲法53条に基づく「臨時国会召集」だってある。どちらも、時の政権が恣意的に運用してきたもので、最近ではペテン師・シンゾーが野党の臨時国会召集要請を無視し続け、憲法違反ではないかと批判されたんだよね。

 どうせ改憲を語るなら、自分たちに都合の悪いことでもしっかりと議論する姿勢を見せてみやがれ。そうすれば、ちったあ中身のある改憲議論になるってものだ。戦争したいがための改憲が透けて見えるいまの憲法審のあり様に、もっと注意を払わないと大変なことになりますよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

衆院議長「給料月100万円しか」議員の増員に言及 批判相次ぐ

アルジャジーラ記者が頭撃たれ死亡 イスラエル軍作戦の取材中

イーロン・マスク氏のツイッター株取得 証券取引委が調査 米紙

タイ政府、大麻草100万本を全土の世帯に無料配布

| | コメント (1)

2022年5月 4日 (水)

「いざというときに備えるのが憲法ではないか。有事を想定しながら法律、憲法を考える時代だ」(玉木雄一郎)・・・立憲主義をまったく理解していないうつけ者!!

 昨日の憲法記念日で、各党がそれぞれの憲法論をアピールしてるんだが、自民を筆頭とする改憲派はすべからく「緊急事態条項」を声高に叫んでいる。

 ヘタレ総理は日本会議の集会にビデオメッセージを寄せて、ロシアのウクライナ侵略やコロナ禍を引き合いに、

「緊急事態への備えに対する関心が高まっている。大地震などの緊急時に、国会機能をいかに維持するのか。国家や国民はどのような役割を果たしていくべきなのか」

 って息巻いたそうだ。「緊急事態に国民がどのような役割を果たしていくべきか」って、ずいぶんと踏み込んでくれたものだ。その心は、「私権の制限」ってことなんだよね。

岸田首相 緊急事態条項新設や9条改正の「早期実現を」 改憲派集会にビデオメッセージ

 国民民主のタマキンも、ここぞとばかりに自民党にすり寄るような発言して笑わせてくれてます。曰く、

「いざというときに備えるのが憲法ではないか。有事を想定しながら法律、憲法を考える時代だ」

 とさ。

緊急条項議論訴え 国民民主代表「備えるのが憲法」

 いやいや、児童向けの憲法の本にだってこう書いてます。

 こうした改憲派の立憲主義を無視した改憲論に、れいわ新選組の突貫小僧・山本太郎君が一刀両断してくれてます。ちょっと長いけど引用します。

(こりよれ引用)

「法律と同じ力を持つルールを、緊急事態時には政令という形で内閣が勝手に作れるようにする。むちゃくちゃ、危険です。25年もの間、経済政策をあやまり、労働環境を破壊し、人々の生活や事業の継続を不安定化させた結果、国を衰退させてきた者たちが、コロナという疫病が広がっても本気を出さず、戦争による物価高が襲い掛かってもしっかり対策さえ打たない。平成9年以降、これまでずっと緊急時であったにもかかわらず、ほぼ通常運転を継続する危機感のない者たちに、事実上の全権委任を許す、緊急事態条項は、絶対にダメ。国の破壊の総仕上げにしかなりません」(産経新聞インタビューより)

(引用終わり)

 そう、福島第一原発事故以来、日本は原子力緊急事態宣言下にあるんだね。それなのに、原発再稼働だけでなく新設すら目論む勢力がいるんだよね。そして、その勢力は見事に「緊急事態条項」を声高に叫ぶ改憲派と重なっている。

 彼らが目指している「緊急事態条項」が、災害対策をより強固にしたものだなんてタカくくっていると、大変なことになりますよ。

【またまだあるぞ気になるニュース】

プーチン氏が甲状腺の病気治療か、がん専門家ら別荘に4年で166日間滞在

攻撃受けなくても「反撃」? 防衛用語、繰り返す「苦しい」言い換え

| | コメント (1)

2022年5月 3日 (火)

「改憲気運」を他人事のように煽るのではなく、「改憲を党是」とする自民党の「違憲性」こそ、メディアが取り上げるべき憲法記念日にふさわしいテーマなのではなかろうか!!

 今年もまた憲法記念日に合わせて、改憲についての新聞・TVの世論調査がかまびすしい。このところ、改憲の是非については賛否が拮抗していたんだが、今年はロシアのウクライナ侵略で一気に「改憲必要派」が増えたようだ。

 そもそもが改憲に向けて世論操作している読売、産経はともかくとして、朝日の世論調査でも「必要」が56%、「必要ない」が37%と改憲派が増えたってね。そうは言っても、憲法第9条については「変えないほうがよい」59%というから、「必要」が増えたのはやっぱりいまの国際状況を背景にしたムードってのがあるんだろう。

改憲「必要」56%、9条「変えない」59% 朝日新聞世論調査

 面白いのが毎日の世論調査で、「岸田文雄首相の在任中に憲法改正を行う」って質問に「賛成」が44%だったとさ。ペテン師・シンゾーに比べれば温厚なタイプだから、同じ「改憲」でもそんなに馬鹿なことはしないだろうって安心感でもあるのかねえ。なんにしても、「「岸田文雄首相の在任中に憲法改正を行う」って質問もいかがなものかと思うけど・・・。

岸田政権下での憲法改正 賛成44%、反対31% 毎日新聞世論調査

 NHKの世論調査では、「必要」35%、「必要ない」19%で、最も多いのが「どちらともいえない」42%にも達している。おそらく、「どちらともいえない」ってのが、一般大衆労働者諸君の“本音”なんじゃないのかねえ。9条については「変えないほうがよい」が多数ってのは、一般大衆労働者諸君のそうしたバランス感覚を反映したものなんじゃなかろうか。

憲法施行75年 NHK世論調査 憲法改正の必要性は コロナの影響は

 ヘタレ総理は、産経のインタビューに「改憲は党是だ。憲法は施行から75年が経過し、時代にそぐわず、不足している内容もある。ぜひ改憲したい」って意気込んだようだけど、よくよく考えてみれば「改憲は党是」だから「「ぜひ改憲したい」って憲法違反なんじゃないのか。

岸田首相、自衛隊「違憲論争に終止符」

 だって、憲法99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」って定められてるんだよね。共産党を「暴力革命に変更がない」ってdisる勢力がいまでもいるけど、だったら「改憲が党是」という自民党もまた批判されるべきなのだ。

 改憲気運がどうしたこうしたと、メディアは他人事のように煽るのではなく、「改憲を党是」とする自民党の「違憲性」こそ、メディアが取り上げるべき憲法記念日にふさわしいテーマなのではなかろうか。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

「桜を見る会」夕食会補塡問題 安倍元首相の東京事務所の秘書の供述全文「領収証の発行方法、普通でなかった」

江戸時代の奉行は慎重だった? 当時の貴重な「裁判記録」発見

ロシア外相「ヒトラーにユダヤの血」 イスラエル「ひどい誤認」


| | コメント (1)

2022年4月14日 (木)

自民党がCM規制のない国民投票法改正案を各党に提示・・・一気に改憲議論活性化への布石か!?&参議院選まで3ケ月を切ったいま、自民党政務調査会の会合に出席する連合会長の不見識!!

 ロシアのウクライナ侵略一色の新聞・TVにはさすがにウンザリしてきた今日この頃。国内問題だって山積してるってのに、まったくニュースにすらならないってのはちょいとまずいんじゃないのか。

 夏の参議院選まで3ケ月を切った今、有権者でもある視聴者に伝えるべきことは山ほどある。たとえば、「自民党が、憲法改正の手続きに関する国民投票法改正案の概要を各党に示していた」なんてニュースもそのひとつ。

 ところが、自民党の国民投票法改正案では、立憲が重要視しているCM規制なとは含まれていない。自民党が改正案を提出した裏には、法案提出で自ずと憲法審査会開催の回数が増えて改憲議論が活性化するという狙いがあるんだね。

 でもって、立憲が要求しているCMやインターネット広告規制はウヤムヤのままにして、強引に改憲発議まで持っていこうなんてこと画策してるんじゃなかろうか。

自民、国民投票法の改正検討 CM規制なし、各党に提示

 そんな中、連合会長の反共・芳野君が、社会保障政策を議論する自民党政務調査会の会合に出席するそうだ。全世代型社会保障についてヒアリングするってんだが、一般労働者諸君以外に連合が発信すべき相手はいない。ああ、それなのに、自民党の会合で意見開陳してどうする。

 夏の参議院選まで3ケ月を切ったタイミングでこの動きって、自民党と結託したあからさまな野党共闘潰しの一環なのだろう。だめだ、こりゃ。

芳野連合会長、自民政調会合に出席へ

最後に、ウクライナで起きている虐殺について、ロシアの言い訳というよりはデマがあまりに陳腐で笑えるんだが、そのひとつを「尾張おっぺけぺー」さんが検証してくれてます。

【またまだあるぞ気になるニュース】

桜を見る会問題 安倍晋三元首相の「起訴相当」議決を求め、弁護士らが検審に審査申し立て

ウクライナ支援で自衛隊機派遣へ最終調整

・田中龍作ジャーナル
【キーウ発】露軍の戦争犯罪立証へ ICC・国際刑事裁判所の検事らがブチャに入った

| | コメント (1)

2022年4月12日 (火)

安倍晋三の「中枢攻撃」を受けて、自民党安全保障調査会が「ミサイル基地だけでなく、指揮統制機能なども含まれる」と敵基地攻撃の範囲拡大を提唱!!

 ロシアのウクライナ侵略を奇貨として、自民党とそのお仲間周辺では「核共有」だの「敵基地攻撃」だの、改憲に向けた動きが活発化している。そんな中、硫黄島で玉砕した栗林大将の孫であり、憲法審査会の筆頭理事である自民党の新藤君が、

「憲法9条の最大の問題は国防規定がないことだ」
「憲法9条があるから、この国が危険に迫っているのに何もしません、ありえない。憲法審査会でぜひやりたい。安全保障に対する議論というのは、これから始めたい」

 ってフジTVの番組で息巻いたってね。

自民・新藤政調会長代理 「憲法審査会で安保議論を」

 さらに、自民党安全保障調査会では、ペテン師・シンゾーの「中枢攻撃」発言を受けるかのように、敵基地攻撃の範囲について、

「相手国のミサイル基地に限定されるものではなく、指揮統制機能なども含まれるとすべきではないか」

 って提起しましたとさ。

敵基地攻撃能力、自民会合で拡大案「ミサイル基地限定ではなく」 安倍元首相の訴え踏まえ…憲法逸脱の懸念

 凄いなあ。もはや、「専守防衛」も「必要最小限度の攻撃」もすべて取っ払っちゃおうってことなんだね。憲法なんてどうでもいい、って言ってるようなものだろう。

 自民党の身内からさえ「清和会に牛耳られる自民党を叩き潰さない限り日本の再生はない」(福田赳夫元首相秘書)って声が聞こえる今日この頃。突貫小僧・山本太郎君の「現行憲法を守らずに変えようとする人間たちは信用するな、怪しいと思え」という言葉が身に染みる月曜の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

「自民党を叩き潰さなければ…」福田赳夫元首相秘書で党OBの中原義正氏が断言する理由

・田中龍作ジャーナル
【キーウ発】ロシア軍は村の学校に100発以上の砲弾を撃ち込んだ

「カチンの森事件」、国際法廷で責任追及へ ポーランド

行かないと見えない国会議員の資産公開 デジタル化時代に週5人のみ

| | コメント (2)

2022年4月11日 (月)

「文化の日」を「明治の日」に改称目指す超党派議連が誕生・・・「明治節」の復活で天皇神格化への目論見か!?

 千葉ロッテの佐々木朗希が完全試合達成。13連続奪三振と1試合19奪三振という驚異の記録のおまけ付きで、いやあお見事。しかも、バッテリーを組んだキャッチャーは18歳のルーキー、松川虎生なんだよね。そこもまた素晴らしい。

 ところで、11月3日の「文化の日」を「明治の日」に改めようという超党派の議連ができたってね。名付けて、「明治の日を実現するための議員連盟」だとさ。会長があのY染色体・古屋君とくるんだから、どんな仲間が集まっているか容易に想像がつこうというものだ。

「明治の日」制定へ超党派議連 文化の日を改称

 そもそも、11月3日は明治天皇の誕生日で、1927年に「明治節」として制定されたのを、戦後の1948年に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」として「文化の日」と定められたんだね。それを「明治の日」に改称しようということは、前川喜平氏が指摘するように「明治節」の復活に他ならない。

 ようするに、天皇の神格化への道を開こうという動きの一貫で、その行き着く先には改憲があるのは明らかだ。こんな議連に立憲からも参加者がいるんだね。国民民主からは湯上りの口先番長・前原君が参加してるそうで、これもまたわかりやすい。

 どうやら、祝日法改正案の早期国会提出を目指しているそうで、コロナやウクライナ侵略にばかりかまけていると、大変なことになりますよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

ロシア軍、チェルノブイリから放射性物質盗む ウクライナ

ウクライナに3億ドル支援 首相表明

岸田首相、安倍氏と会食 対ロ、中韓外交で「助言」

| | コメント (2)

2022年4月 2日 (土)

「神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体であることが、『ニュートン誌』でも立証されている」(古屋圭司)・・・自民党憲法改正実現本部長はカルトだった(笑笑)

 これは前から気になっていたことなんだが、自民党に古屋圭司という自民党憲法改正実現本部長を務める衆議院議員がおりまして、この男がこんなシュールなツイートして、正気かと話題になっている。

 ちなみに、この御仁はペテン師・シンゾーと大学が同窓で、2年ほど先輩にあたるそうだ。それはさておき、この発言が酒席の与太話ならともかくも、改憲を担当する幹部議員が白昼堂々とツイッターで開陳したんだから、そりゃあ野次のひとつやふたつは飛ぼうというものだ。

 早速のところ、沖縄タイムスがファクトチェックをしてみたところ、宮内庁は「日本書紀などの文献に基づき歴代天皇に数えているが、実在するか否かについては諸説ある」「神武天皇のご遺体が発見されたということは承知していない」とけんもほろろな回答が返ってきたとか。

 さらに、引き合いに出されたニュートン誌を発行するニュートンプレス社は「「神武天皇と今上天皇のY染色体に言及した記事はない」と記事の存在そのものを否定しましたとさ。

神武天皇と同じY染色体? 遺体なく「根拠不明」 自民党改憲本部長の投稿 #ファクトチェック

 こんなお花畑な頭した男が憲法改正実現本部長を務めているんだから、自民党が考える改憲ってのがどのような思想に基づいたものか容易に想像がつこうというものだ。

 でも、古屋君のカルトまがいのツイートをまともに報道したメディアはないんだよね。改憲を語る上で、どんなへ理屈よりもこうした発言の方がその人物の思想的背景が浮き彫りにされてわかりやすいと思うんだが、どうしてなんだろうねえ・・・と我が家のドラ猫に呟いてみる土曜の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

【速報】“ヤジ排除”裁判で北海道警側が控訴 「警察が表現の自由を侵害」との判決受け

日本育ち、受賞歴もあるミャンマー映像作家に懲役3年 ジャーナリスト北角さん「事実の捏造」と批判

4月発足「サイバー警察局」に学者ら懸念の声 警察庁初の「直接捜査」に「戦後警察の骨格変わる」

デジ庁「BCC」と「TO」間違え アドレス記入ミスでまた情報流出

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM