参議院選挙

2019年9月19日 (木)

北海道警の野次規制・排除の裏に警察庁の指示!?&出戻り総務大臣に公選法違反疑惑!!&記者の質問にポエムで答える環境大臣の存在こそ災害そのものだ!!

 参議院選挙で初老の小学生・ペテン総理の街頭演説中に野次を飛ばした市民が規制・排除された件で、北海道警は「事実確認を継続中」の一点張りなんだが、ここにきてどうやら警察庁の指示があったのではないかという疑惑が持ち上がってきた。

 なんでも、参議院選挙中の具体的な警備体制について警察庁警備局長の通達があり、そこにはこんな文言があったとか。

「右翼以外であっても、社会に対する不満・不安感を鬱積させた者が、警護対象者や候補者等を標的にした重大な違法事案を引き起こすことも懸念させることから、現場の配置員には、固定観念を払拭させ、緊張感を保持させてこの種事案の未然防止を図ること」

 この文言中の「固定観念を払拭させ」というところを拡大解釈して、「右翼」ではない市民の規制を実行したのではないかというわけだ。通達には、「いやしくも人権侵害や選挙運動等に対する不当干渉との批判を受けることのないよう、その方法の妥当性に十分配意すること」とも書かれていたそうだが、うがった見方をすれば「人権問題にひっかからないように上手くやれよ」と読めないこともない・・・妄想だけど。

 いずれにしても、北海道警が独自の判断でしでかしたというよりは、少なくとも警察庁通達への「忖度」があったんじゃないのかねえ。だとしたら、恐いことですよ。

道警・首相ヤジ排除問題に新事実 「接近を阻止」は警察庁指示

 ところで、総務大臣に出戻った化粧崩れの高市君に公職選挙法違反の疑いが浮上したってね。国と契約のある企業から献金を受け取っていたってんだが、「事実ならただちに返金」しますとさ。返金してすむなら、万引きだって窃盗だって詐欺だって「返品」「返金」でチャラなんじゃないのか!!

国契約業者が高市総務相に献金 前回衆院選中、公選法抵触の恐れ

 最後に、無意味な言葉を並べ立てるのだけは得意な口だけの進次郎の低脳ぶりがよくわかる記者とのやりとりでひと笑い・・・ていうか、スピード今井君もそうだけど、こういう政治屋の存在こそ災害そのものなんだね。

| | コメント (2)

2019年7月22日 (月)

れいわ新選組2議席獲得。政党要件もクリアの快挙!&自民党、改選議席に届かず敗北&岩手、秋田、宮城、山形、新潟、滋賀、大分で野党共闘競り勝つ&エンタメ化した間抜けな選挙特番で大はしゃぎのミーハーTV!!

 投票締め切りと同時にTV各局は選挙特番で大はしゃぎ。そんな中にあって世界水泳という間抜けぶりのテレビ朝日には笑っちまったんだが、しかしまあ選挙後に特番組んだって、それが何かってなもんです。こういうのは選挙前にやってこそ意味があるんであって、おかげで投票率は50%を割る始末だ。

 その特番にしたって、年々エンタメ化が進んで、知ったかぶりの池上君のテレビ東京『池上無双』も無残なものだった。何が悲しくて政治家の下手なカラオケ聴かなくちゃならないんだ。土建政治の自民党幹事長・二階君とのバトルはなかなか見応えかあったなんて声もあるようだけど、そろそろ限界でしょう。ひな壇のタレントもいりません。

「終わってから見せられてもどうしろと?」「池上無双も...」 デーブ&茂木健一郎つぶやいた「選挙特番」への疑問

池上無双 自民二階幹事長ガチ切れ「ほ~ぉ~って何」「そんなゲスなこと言ってない」

池上無双、対立憲・枝野代表に不発。「ゲスの勘ぐり」と反論受ける

 でもって、選挙結果なんだが、改憲勢力が3分の2に届かなかったのは良しとしよう。というか、メディアによってはまるで自民党が勝ったような報道してるけど、実際には改選議席の66に届かなかったんだから負けでしょう。もっとも、野党が勝ったわけではないけど。

<参院選>改憲勢力3分の2割る 自公、改選過半数は確保

 勝ったのは、突貫小僧・山本太郎君のれいわ新選組だ。2議席獲得しただけでなく、政党要件を満たすという快挙ですからね。これで党首討論にも堂々と参加できるから、議席は失ったものの突貫小僧・山本太郎君の存在感はいや増すことは間違いない。衆議院選挙に繋げたね。

・田中龍作ジャーナル
市民がコントロールできる政治始まる

 1人区の岩手、秋田、宮城、新潟、山形、滋賀、大分で野党共闘が競り勝ったのも心強い。なかでも、新潟の塚田ソンタ君がペテン総理が乗り込んだにも関わらず落選したのは象徴的だ。いろいろ問題抱えている地域では、ペテン総理への嫌悪感ってのはけっこう強いってことだ。

 それにしても、投票率が50%にも届かない選挙って・・・政治の劣化は国民にも責任があるということだ!!


| | コメント (4)

2019年7月21日 (日)

ボーッとしてないで、選挙に行こう!!&「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」。吉本興業が放ったとされるこの言葉の意味するものは・・・!!

 参議院選最終日の秋葉原駅前は、予想通りに「安倍、辞めろ!」コールで騒然となったってね。警察は警視庁に1台しかない緊急事態用の公安機動捜査隊特殊車両を出動させて警戒にあたったそうで、そこには初老の小学生・ペテン総理の「ご意向」が反映してるんでしょうね。

安倍晋三首相の秋葉原街頭演説、異例の厳重警備に!警視庁に1台しかない「公安機動捜査隊指揮官車両」も配備!

 そもそも、これまでに街頭演説のたびに「辞めろ」なんて野次を飛ばされた政治家っているんだろうか。ワンフレーズ政治の小泉君だって、あのひょっとこ麻生ですらそんなことはなかったんじゃないか。野次を取り締まる前に、野次られる政治家を取り締まるのが先だろう。

 というわけで、今日は何があっても選挙に行こう。でないと、いつの日、あなたの子供が、孫が戦争に行くことになりますよ!!

・田中龍作ジャーナル
「れいわ」が3議席以上獲ったら政界再編成となる

 ところで、昨日の宮迫と田村亮の記者会見は、吉本興業にとっては手痛いカウンターパンチとなったようだ。Youtubeで記者会見を観ていたんだが、田村亮の訥々だけど、一生懸命自分の言葉で伝えようとする姿は、ある意味清々しくものがあった。

 会見の中で、最もインパクトがあったのが田村亮の次のコメントだ。

「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」

 契約解消前に謝罪会見を開きたいと事務所に訴えた際に、吉本興業からこ言われたそうで、つまり「テレビ局はどうにてもなるんだよ」って脅してるんだろうね。これって、ジャニーズ事務所が公取委から注意されたのと同じ構図で、これに民放各局はどんな反応するか。けだし見物です。

 民放各局が吉本興業とは一斉に手を切ったら、それこそ芸能界再編成になったりして面白いんだけど。週明けのワイドショーの対応やいかに。

ビートたけし、宮迫博之と田村亮の謝罪会見に「事務所がおかしい」と憤り


【会見全編】宮迫さんと田村亮さんが謝罪会見 吉本興業への「感謝」と「暴露」(2019年7月20日)

| | コメント (2)

2019年7月20日 (土)

新橋駅前を埋め尽くした「れいわ新選組」への熱狂!!

 参議院選も最終日。それを待っていたかのように、東京新聞「こちら特報部」は、れいわ新選組の熱狂をリポートとしていた。遅きに失した感はぬぐえないが、それでもダンマリを決め込むその他のメディアに比べればマシというものか。

 そんなヘタレなマスコミの「忖度」などどこ吹く風というわけで、昨夜の新橋駅前で開催された「れいわ祭」には凄まじい数の聴衆が集まり、まさに駅前は占拠されたのであった。この熱気が明日の投票にどう結びつくかはわからないけれど、こういった政治への熱気はけっして無駄ではない。


山本太郎 7/19 「れいわ祭2」 ラストの30分

山本太郎氏のれいわ祭2、猛烈な熱気で大盛り上がり!東京・新橋駅前に数千人!駅のホームにも人集り 「潮目は変わった」

 諦めずに声を上げ続けること。それこそが、参議院選挙を通じて、れいわ新選組が一般大衆労働者諸君に伝えたかったことなのではないだろうか。というわけで、明日は選挙に行こう!!

東京選挙区は、「野原ヨシマサ」
比例区は、「山本太郎」

【動画&文字起こし全文】れいわ新選組街頭演説会 19.7.18 福島・福島駅東口


山本太郎、謝罪する。最後はアンチも心動く。【福島駅東口 街頭演説】

Photo_20190720083901
クリックで拡大

| | コメント (2)

2019年7月19日 (金)

大津でも「安倍、辞めろ!」の野次を私服警察官が制止!! 権力の犬が吠える「おいこら」の時代に逆戻りか!!

 京都アニメーションの放火事件は、もはや大量殺人だ。容疑者自身も重体という報道もあるけど、なんともやきれません。

 やりきれないと言えば、池袋の暴走事故だ。遺族が運転していた元キャリア官僚の厳罰を求めて署名運動をスタートさせたってね。いまだ逮捕もされず、警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で起訴してお茶を濁そうとしているようだから、署名運動もむべなるかなってことだ。

遺族、厳罰求め署名活動 池袋暴走3カ月 娘の動画公開

 さて、参議院選挙なんだけど、札幌だけてなく大津でも初老の小学生・ペテン総理に野次を飛ばした男性が私服の警察官に取り囲まれて身動きできなくされたってね。そもそも、政治家の演説に野次は付き物で、それにいちいち神経尖らせるようでは政治家としての資格はない。ましてや、聴衆の野次を警察官が制止するなど、自由民権運動を弾圧した明治政府さながらの暴挙だろう。

 札幌の時には、当初、「ヤジが公職選挙法違反(選挙の自由妨害)にあたる『おそれがある』」って警察は言い訳してたけど、それには無理があるってんで「聴衆同士のトラブルを防ぐための通常の警察活動」と言い換えてるんだよね。だからなのかねえ、いまのころ滋賀県警は「聞いていない」って態度を鮮明にしていないそうだ。

ヤジ飛ばした男性、警官に囲まれる 大津で首相の演説中

警察が安倍首相の演説をヤジった人を排除したわけ 北海道警察の行為は「違法」。元道警警視長が緊急苦言!

 札幌も大津も、おそらく現場の私服警察官の「忖度」によるものなんだろうが、ジャニーズの圧力もそうであるように、現場がとんどん萎縮しているってのは目に見えないだけに実に恐ろしいことなのだとつくづく感じる今日この頃なのだ。(↓クリックで拡大します)

1_20190719080201

E0

2

3_20190719080201

| | コメント (2)

2019年7月17日 (水)

「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んで}(安倍晋三)。底が抜けてる!!&テレ朝『モーニングショー』で田崎スシローが「緊急事態条項」をめぐってフルボッコの一部始終!

 まさか吉本の芸人気取ったわけじゃないだろうに、なんとまあ、初老の小学生・ペテン総理が新潟の街頭演説で、まるで居酒屋でオダあげているオヤジ並みのお寒いギャグ(?)かましてくれったね。

「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んでいただくようお願い申し上げます」

 世間にはTPOってものがありまして、時と所を得た発言ってのが一般大衆労働者諸君以上に公人には求められる。それがこれだものね。夫婦というものに対するペテン総理の心の闇がこの言葉には反映してるんじゃないのかねえ。なんてったって、「不倫のすすめ」みたなもんなんですから。

 有権者による総理大臣弾劾のシステムがこの国にないのが、ホント悔やまれる今日この頃なのだ。

安倍首相「お父さんも恋人誘って」=期日前投票訴えで口滑る?【19参院選】

 ところで、15日のテレビ朝日『羽鳥モーニングショー』で、自民党の改憲案をテーマにして白熱した議論があったそうだ。自民党の「緊急事態条項」をフォローするかのような詭弁を弄する田崎スシローがボコボにされたとか。というわけで、その動画をご紹介して、お後がよろしいようで。

木村草太の「緊急事態条項」の解説が分かりやすいと称賛!田崎史郎が浮いていると話題に

『モーニングショー』が自民党の改憲案「緊急事態条項」の危険性を検証! 田崎史郎の代弁解説に羽鳥慎一まで鋭いツッコミ


52分30秒あたりから「緊急事態条項」

Photo_20190717080701


驚愕の世論調査!山口那津男、危うし!野原ヨシマサと横一直線。必ず落選させるーれいわ新選組@中野駅2019 07 15

| | コメント (3)

2019年7月16日 (火)

「安倍辞めろ!」と野次を飛ばした聴衆を警察が強制排除!! 野党候補への拡声器使った野次は「憲法で保障されている」とほったらかし!! この差は何?

 国会では相手を指差して野次飛ばすくせに、自分に向けられる抗議の声は恐くてステルス演説を続ける初老の小学生・ペテン総理なんだが、どうやら札幌駅前での演説中に「安倍辞めろ」と声を上げた聴衆が制服警官たちに強制排除されたそうだ。野次飛ばしただけで警官に連行されるとはねえ。およそ民主国家の姿ではありませんね。

安倍首相の演説中に「安倍やめろ」との野次、地元警察が強制排除!警察対応に疑問も 北海道・札幌駅前

 演説を妨害したんだから当然、という意見もあるようだけど、たかが野次ですよ。拡声器でギャンギャン喚いたわけではないんだから。そんなこと言ったら、れいわ新選組の突貫小僧・山本太郎君への野次・怒号はどうなるんだ。京都での応援演説の最中に拡声器で喚き続けた男がいたそうで、警官に抗議したら「憲法で保障されている」って知らん振りしたなんてツイートもあるんだよね。

 札幌と京都の差は、ようするに警察が権力者のガードマンになっているってことで、ペテン総理のお友だちなら強姦しても逮捕されないってのと同じだ。

 「クソ左翼は死ね」と言う口汚い野次に「ありがとうございます」「死にたくなる世の中を変えるために立候補してるんだ」って切り替えした突貫小僧・山本君の当意即妙に比べたら、親衛隊にガードされたペテン総理がいかにチキンかってのがわかる札幌の強制排除なのであった。

れいわ新選組街頭演説スケジュール

7月16日(火)
山本太郎 計2本
①12:00-13:00
岩手・盛岡駅東口
②19:00-20:00
北海道・札幌駅南口広場

7月16日(火)
野原ヨシマサ 計3本
①12:00
東京・調布駅北口
②15:00
東京・府中伊勢丹前
③18:00
東京・JR八王子駅北

| | コメント (4)

2019年7月15日 (月)

投票1週間前の「風をよむ」(TBS『サンデーモーニング』)のテーマが「テレビとアイドル」に喝!!&総理・副総理・タレント議員で満艦飾の自民と新人候補でてんやわんやの野党共闘という図式で対比するテレビ朝日『サンデーステーション』に絶句!!

 昨日のTBS『サンデーモーニング』のズッコケぶりはひどかった。投票1週間前の日曜日とくれば、当然のごとく選挙報道に重きを置くものと思ったら、なんのことはない肩透かし。

 参議院選挙を取り上げたのはいいけれど、テーマが比例代表の「特定枠」についてときたもんだ。そして、この制度を利用しているのは自民党だけという説明があったんだが、おいおい、れいわ新選組だってこの制度を利用して難病ALSを患ったふなごやすひこ氏と重度障碍者の木村 英子氏の2人が立候補している。ああ、それなのに、そこにはまったく触れないんだから、れいわ新選組を意図的に無視したのは間違いない。

「れいわ新選組」を無視したTBSサンモニ!

 さらに、韓国に対する輸入制限についても、かなり一方的な韓国批判が繰り広げられて、ネットでもいくらなんでも公平性を欠いていると批判が飛び交っている。

・植草一秀の『知られざる真実』
TBSニュースキャスターの偏向報道

 さらにさらに、恒例の「風をよむ」のコーナーでは、なんとまあ取り上げたテーマが「テレビとアイドル」だとさ。ジャニー喜多川の訃報を受けてのことなのだろうが、この間抜けぶりはいくらなんでも恥ずかしい。

 「『サンモニ』、お前もか」と思わずため息つきたきくもなろうというものだ。


サンデーモーニング 2019年7月14日

 でもって、夕方のテレビ朝日『サンデーステーション』も観るに耐えないものだった。激戦区の新潟選挙区にスポット当ててるんだが、この選挙区には「安倍・麻生道路」で忖度発言した塚田ソンタ君、野党共闘の打越さくら君、そして「NHKから国民を守る会」の小島糾史君が出馬している。

 塚田ソンタ君には初老の小学生・ペテン総理、ひょっとこ麻生、スピード今井、口だけの進次郎が応援演説に入っていることを紹介。忖度発言に殊勝な態度を取っているかのような塚田ソンタ君が演出されていくという構成。ひょっとこ麻生の「ひとは誰でも失敗する。それのどこが悪い」なんて意味の演説もけっこう印象的に流しとりました。

 ところが、野党共闘の打越君については、まず落下傘候補ということを前面に押し出し、それに住民がどう思っているかをインタビュー。だったら、なんで塚田ソンタ君が忖度発言で国交副大臣辞任したことはインタビューしないんだろう。その後は、田植えを手伝う打腰候補が田んぼで転がるシーンなど、新人候補のテンヤワンやぶりにスポットが当てられる。

 そもそも、新潟は原発立地県。原発再稼動は重要なテーマなんだから、そこをねぐっちゃったら選挙報道にはならないだろう。塚田ソンタ君が原発再稼動の議論を避けているから、そのあたりを「忖度」した結果なんでしょうかねえ。

 いずれにしても、ペテン、ひょっとこ、タレント議員で満艦飾の自民と、新人候補でてんやほんやの野党共闘という対比は、およそ公平・中立とはほど遠い、十分に悪意を感じる選挙報道なのであった。個人の感想だけど。

Photo_20190715081801

| | コメント (1)

2019年7月14日 (日)

「若者の8割近くが『投票日を知らない』」と嘆く前に、マスコミはジャーナリズムの原点「権力の監視者」に立ち返って選挙報道をすることだ!!

 10代、20代の投票率が他の年代層に比べて低いとはよく言われることなんだが、「若者の8割近くが『投票日を知らない』」というアンケート結果にはさすが「おいおい」と突っ込んでしまった。とは言え、それを若者の不勉強というだけで片付けてはいけない。

 なぜなら、参議院選挙公示後のマスコミの報道を観ていれば、とてもじゃないけど選挙戦真っ最中という緊迫感の欠片もありませんからね。昨日のTBSなんか、「音楽の日」とやらの特番組んで、『報道特集』の放映はカットしちゃいましたから。前から決まっていたことだからと言ってしまえばそれまでのことだが、そんな言い訳を素直には聞けません。

参院選 若者の8割近く「投票日知らない」

 そもそも、「若者の8割近くが『投票日を知らない』」ってニュースを、いけしゃあしゃあとTVは流せるものだ。公平・公正を装っての選挙報道自粛ってのはミエミエで、そのくせ「韓国への輸出規制」や「ハンセン氏病の控訴断念」なんてニュースをこれでもかとばかりに垂れ流す。これって、立派な与党支援になってるんだよね。さもなくば、「ジャニー、ジャニー、ジャニー」だもの、若者に限らずいい歳したジジ、ババの中にだって選挙日知らないのがいたりしても驚きはしませんよ。

 さらに、このところ自民党のCMがやたら流れているのも問題なんだよね。公選法違反じゃないかという声も聞こえくるけど、これにTVはどう答えるんだろう。しこたまCM料いただいてるから、ダンマリってわけですか・・・って妄想だけど。

【不公平選挙】自民党が選挙公示後にテレビCM。公選法違反の疑い?

Photo_20190714084901
クリックで拡大

 若者の選挙離れだとか投票率の低さを嘆く前に、だったら選挙期間中だけでもジャーナリズムの原点に戻って、TVならでの「権力の監視機能」を発揮してみることだ。できやしないだろうけど。TBSの「音楽の日」はそんなヘタレなTVの象徴みたいなものだ。

 というわけで、選挙に行こう。なんてったって、この国の主権者は一般大衆労働者諸君なんであって、だからこそこの国の行く末に責任があるのだから。

Photo_20190714083801

2019年参院選 「れいわ新選組」街頭宣伝スケジュール

7月14日(日)
①12:00 山本太郎 千葉・柏駅東口デッキ
②13:00 野原ヨシマサ 東京・信濃町駅北口
③15:00 山本太郎・野原ヨシマサ 東京・北千住駅西口デッキ
④18:30 山本太郎・野原ヨシマサ 埼玉・大宮駅西口デッキ

7月15日(月)
①12:00 山本太郎・野原ヨシマサ 東京・立川駅北口デッキ
②15:00 山本太郎・野原ヨシマサ 東京・中野駅デッキ
③18:00 山本太郎・野原ヨシマサ 東京・新宿駅西口小田急デパート前


れいわ新選組 山本太郎 街頭演説会 澁谷ハチ公前

| | コメント (1)

2019年7月12日 (金)

ホルムズ海峡&有志連合結成は参議院選挙の重要な争点だ!&「たたきつぶせ 立民 共産」と笑顔で歌う公明党・山口メンバー。クズめ!!&れいわ新選組・山本太郎演説に大阪が熱狂!!

 ホルムズ海峡の一触即発の危機がさらに高まってきたようで、アメリカが有志連合結成へ向けて本格的に動き出したようだ。トランプの忠犬、初老の小学生・ペテン総理にすれば、選挙戦の真っ最中になんてこったいとさぞかしお腹が痛いことだろう。というわけで、ホルムズ海峡&有志連合結成は、参議院選挙の重要な争点になってくるかもね。

ホルムズ海峡の安全確保へ アメリカが有志連合の結成を検討

 そんな中、前回選挙時に公明党の山口メンバーが「たたきつぶせ 立民 共産」と街頭演説で笑いながら歌ってる動画が改めてツイッターで拡散されて笑えるんだが、なんと選挙ポスターから「公明党」の文字が消えたそうで、「創価学会会員」をポスターに堂々と明記しているれいわ新選組の野原善正候補に創価学会票がかなり流れてるなんて見方もあるそうだ。東京選挙区で、もしれいわ新選組が議席を獲得したら・・・なんて夢が広がる今日この頃なのだ。

れいわ新選組“学会員候補”が当落選上に…公明党が戦々恐々

・田中龍作ジャーナル
【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」

山本太郎氏の大阪演説、駅前を埋め尽くす程の人数が集まる!万雷の拍手!「太郎コール」も飛び交う!


れいわ新選組代表 山本太郎街頭演説

 最後に、「ジャニー、ジャニー、ジャニー」と予想以上にTVは大騒ぎしてるんだが、負の部分にはまったく触れない。海外のメディアはそんな負の部分もしっかりと報道しているそうだから、この国のメディアのヘタレを象徴してます。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM