党首討論

2016年6月30日 (木)

党首討論を「多忙」を理由に拒否するチキン総理&自民都連は小池騒動でおおらわ。最後は大阪のあの男がシャシャリ出てきたりして・・・!?

 フランケン岡田君の党首討論の申し入れをペテン総理が「選挙応援で多忙」を理由に断ったそうだ。そういえば、テレビ朝日『報道ステーション』の党首討論の時にも、民主党政権時代のスッカラ菅君を引き合いに出して「菅さんは(テレビ朝日の)報道ステーションに出なかった。(当時の)党首討論は4回。今度は5回プラス、(インター)ネットの討論もやっているから、回数は多い」ってほざいていた。

 でも、党首討論というのは回数の問題じゃないだろう。ましてや、「多忙」を理由に政権与党の党首が党首討論に背を向けるってのは、それこそ説明責任を拒否したと解釈されても仕方ない。もっとも、ちゃんと仕切りのできる司会者のもとで党首討論やったら、ペテン総理は完膚なきまでに叩きのめされちゃう危険性がありますからね。おそらく、フランケン岡田君の誘い水に乗らないで敵前逃亡したのは、それが本当の理由なんじゃないのか。安保法制=戦争法の時もそうだったけど、「丁寧な説明」ってほざきながら今だ何の説明もしない嘘つきですからね。党首討論拒否したのもむべなるかなってことだ。

 党首討論拒否は想定内だったのか、フランケン岡田君は同時に、「『改憲を参院選でしっかり訴えていく』と年頭会見で発言したにも関わらず、選挙戦に入ったらそのことにまったく触れないのはどういうわけだ、説明しろ」って質問状も出したってね。でも、政治家としての「言葉」を持たないペテン総理は質問状にも答えないっていうか、答えられないだろうね。どこまで行ってもチキンな世襲政治屋です。

・テレビでの討論断られ…民進・岡田氏、首相に公開質問状

 ところで、東京都知事選は、スナック永田町のチーママ・小池百合子君が唐突に立候補宣言して、自民党はおおわらわ。桜井パパも、こうなるといまさら「うん」とも言えないだろうから、自民党の候補者選びはスッタモンダするんでしょう。

 もっとも、政界の一寸先は闇ですから、何が起きるかわかったもんじゃないわけで、自民党はスナック永田町のチーママをめぐるドタバタ劇を逆手にとって、ギリギリまで都知事選候補決定を引っ張って、最後には瓢箪から駒でお子ちゃま弁護士・橋↓君がシャシャリ出てくるなんてシナリオを描いてるんじゃないのか・・・なんて縁起でもない妄想しちまう今日この頃なのだ。

【東京都知事選】「小池百合子氏は電話に出ない」自民・石原伸晃都連会長が批判

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

党首討論は官僚の操る人形劇&秘密保全法案に本気の民主党

 朝っばらからけっこう揺れた。茨城の東海村では震度5弱だったようだが、福島でも震度3~4の揺れで、福島第一原発4号機は大丈夫だったろうか。

 さて、昨夜のW杯予選ウズベキスタン戦は、イライラの募るゲームだった。不完全燃焼というか、欲求不満というか、何がしたいのかよくわからん。後半はフィジカルの面でも相当バテテたみたいだし、ああいう時こそ19歳の宮市の出番だったんじゃないでしょうか。観ているだけで、疲労感のたまるゲームではありました。

 何がしたいのかよくわかなんいのは党首討論も同じだね。一部報道では、党首討論前にドジョウと自転車野郎が密会したって報道もされているけど、ま、消費税増税するための出来レースですね、あれは。東京新聞の社説は、「二大政党の党首が消費税率引き上げに向けてお互いの党をまとめようと励まし合う」と嫌味言ってるけど、これはもう党首討論ていうより談合ですね。官僚の操る人形劇見せられるこちらはたまったもんじゃありません。

 たまったもんじゃないのが、秘密保全法案なんだが、民主党の作業チームが特別秘密の妥当性を国会がチェックする「秘密委員会」(仮称)の設置を検討しているってね。特別秘密ってのは、外交・防衛などの「国家機密」を指すらしいんだが、本気でこんな特高の再来のような法案を通すつもりなんだね、民主党は。おそらく、自民党の一部も大賛成だろうし、思想調査の大好きなお子ちゃま市長の橋↓君もニンマリでしょう。

 マスメディアは、沖縄密約事件で西山太吉記者を人身御供にしたように、今回も秘密保全法案には極めて反応が鈍い。馬鹿だね、ジャーナリストの首根っこ抑える法律でもあるってのに、当事者がまるで無関心なんだもんね。これじゃ、社会の木鐸どころか、木魚にもなりゃあしない。この国のマスメディアの無知・無関心てのは、およそジャーナリズムの体をなしているとは言えません。もっとも、この国にジャーナリズムがあるのか、ということ自体問題ではあるのだが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

福井県原発立地4市町の首長が原発新規増設を求める要請書を提出。

 党首討論ってのは、侃々諤々の政策論争をする場のはずなのに、なんとまあ迫力も気迫もないこと。質問に質問で返すというのは、最早、討論とは呼べないでしょう。防衛局長のお下劣発言てのは、党首討論のテーマになるようなシロモノではないんだよね。ま、沖縄の基地問題にしろ、フクイチにしろ、さらには年金問題や消費税増税にしたって、自民も公明もスネにキズ持つ身だから、民主党を攻めきれるわけがない。ようするに、ちょっと三文芝居やってみたってことなんだね。こんなの、もうやめたら。

 さて、いま頃になって、さも重大事であるかのように、福島1号機のメルトダウンした核燃料が、底のコンクリート部を侵食してたって発表があった。これも、おそらくは、そんな危機的な状況もあったけど、いまは沈静化しているから大丈夫ですよ、ってことをアピールするための情報小出し作戦の一環なんだろうね。実際には、格納容器の中がどうなっているか視認することはできないから、シミュレーションを使って推認したに過ぎないわけで、ようするに希望的観測ってやつです。でも、こんなことは、とっくのとうに心ある専門家は指摘してたことなんであって、だからどうした、って東電には言っておこう。

 ところで、福島県は、全原発の廃炉を前提に復興計画を進めることを明文化するそうだ。ま、当たり前田のクラッカー(なんとまあ古いこと)ではあるのだが、同時に原子力村に住民票のある佐藤知事には、これまでの原発推進の責任について是非ともコメントをしていただきたいものだ。被災県の首長として、一貫して被害者面してるのがなんともしゃらくさい。

 それでも、福島県はさすがに事故起しちゃっただけに、「廃炉」に言及せざるを得なくなったわけだけど、原発の地元でありながら事故が他人事の地域もいっぱいある。原発銀座と揶揄される福井県はその典型か。なんでも、原発立地4市町の首長による「福井県原子力発電所所在市長協議会」が、原発の計画的な新規増設を求める要請書を福耳猪八戒・枝野君に提出したんだとか。福耳猪八戒・枝野君は、「国の(原子力)政策の転換があった場合でも(立地自治体に)約束したことへの責任はしっかり果たしていく」と答えたというんだが、これって、「原発新規建設がダメになっても、交付金にかわるお金はちゃんとあげるから安心してね」ってことが言いたかったんじゃないの。ようするに、地元は地元で原発マネーが自治体の財政の要になっちゃってるからね。「大前提の安全を確保し、持続的発展のために電源のベストミックスが求められる中、原発の必要性が示され、活用されていくことを望んでいる」なんていう要望は建前にしか過ぎないと思うけどね。

 でも、地元の利益優先で原発推進を要請するってのも、時代が読めてないというか、なんとも寂しい地方政治の実態が垣間見えてくる。フクイチの大惨事がありながら、「もし原発事故が起きたら・・・」という想像力が働かないってのは、それだけで首長失格だと思うけど、ひとたび原発マネーの恩恵に浴しちゃうと、そのぬるま湯から抜け出すのは並大抵なことではできないのかもしれない・・・そんなこと考えると哀しくて泣けてくる小雨そぼ降る朝であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月24日 (木)

この国では党首同士の言い合いを「討論」というらしい。

 昨日はン十回目のマイ・バースデー。で、カミさんの奢りで上野へと出向く。当初は、洋食の「さくらい」でお食事なんてとも思ったのだが、十勝豚を食べさせる居酒屋があるというので急遽そちらをチョイス。黒糖焼酎をロックで飲りながら、十勝豚と北海道の魚介を堪能する。最後のベーコンのブロックは絶品なり・・・甘露、甘露。

 不忍池を散策しつつ帰路についたのだが、いたるところにパンダのフラッグが。そっか、バンダが上野動物園に着いたんだと思い出したが、レンタル料が年間8000万円てんだからへらぼうだ。さらに、バンダ舎の改修費に9000万円もかかったのだとか。そこまでしてパンダが見たいか? もっとも、レイシスト石原君もなにやらブツクサ文句垂れてるようだが、新銀行東京に1400億円つぎ込んで、東京オリンピック招致のために150億円をドフに捨てた奴に言われたかないやね。

 さてと、なぜか三等社員って言葉を髣髴とさせる風貌の松木君が農水政務官を辞任した。小沢一派の反乱が始まったてんで、マスメディアは大喜び。これでまた、小沢バッシングのネタができたってな具合なんだろう、しかしまあ、こんなことって小沢一郎を処分したら当然起きるだろうことは想定済みだったんじゃないかねえ、マスメディアも。想定してなかったのはスッカラ菅君とその取り巻き連中くらいなもんじゃないの。いや、もしかしたらこやつらもそのへんはわかっていて、最後は大連立なんてことを画策してるかもな。そうとしたら、マスメディア、特に朝日なんかはグルなんだろうね・・・ま、いわゆるひとつの妄想ではありますけれど。

 昨日は、党首討論というよりは党首同士のただの言い合いがまたあったようだが、もういいかげんにしたら。犬も食わない夫婦喧嘩みたいなもんで、本当に中身の薄っぺらなこと。ようするに似たもの同士の緊張のかけらもない掛け合い漫才を見せられているわけで、いったい政界はどう転んでいくんだろう。噂では、小沢君が「ここ1、2週間で政局になる」って檄を飛ばしたとも言われているけど、議員ってのは辞めたらタダの人になっちゃうわけだから、党首同士が言い合いしているうちに、その裏ではいろんな思惑がせめぎあってるんでしょうね・・・しんどいこって。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

政権維持するためなら憲法改定だって言い出しかねないクズ内閣。

 昨夜は仕事仲間と2ケ月ごとの定例の飲み会で渋谷へ。新年会も兼ねていたのでしこたま飲んだらしい。途中から記憶なし。帰宅して嫌がる我が家のドラ猫を撫で回し、顰蹙を買う。おかけで二日酔いなのは言うまでもない・・・嗚呼。

 さてと、昨日は党首討論なんていう馬鹿げたパフォーマンスがあったようだが、特に突っ込みたくなるようなディベートもなく、これが日本の政治を支える政党の党首かと思うと泣けてくる。ま、いまとなっては政策に大きな相違があるでなし、討論しようにも決定的な争点がないんだからやるだけ無駄ってもんだ。

 スッカラ菅君の頭の中には、どうにかして衆議院で3分の2をとることだけしかないわけで、社民党を取り込むために普天間予算凍結なんてことまで言い出してる。その是非はともかくとして、これって見方をかえるととても危険なことなんじゃなかろうか。普天間予算凍結ってことになれば、当然アメリカは黙っていないわけで、外交問題でもあるんじゃないの。3分の2を確保するためならなんでもありってことは、憲法改定、海外派兵なんてことも平気で言い出しかねない危険性をはらんでいるってことだと思うけどね。つまり、政権を維持するためなら何でもやるって宣言したようなもんで、クズだね、この政権は。

 今日、スッカラ菅君は小沢君と会談するようだが、マスメディアは小沢君の処分について話し合うのだろうと報じている。ま、そういう側面もあるんだろうけど、もしかしたら小沢君に泣きを入れに行くんじゃなかろうか。政権運営がニッチモサッチも行かなくなって、恥も外聞もなく小沢君の剛腕に泣きついて、「ご支援をよろしく」なんてことスッカラ菅君ならやりかねない・・・ま、勝手な憶測だけど。

 京セラの稲盛の爺さんも、民主党の体たらくを慨嘆し、「新しい政治体制ができるかも」なんて話してたようだし、ミャーミャー河村君とピーチクパーチクの大村君が小沢一郎を表敬訪問したりと、ちょっときな臭い感じがする今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

愛知トリプル選挙で赤っ恥かいた民主党に明日はない。

 愛知県のトリプル選挙は、予想通りに河村・大村連合が圧勝。民主党は赤っ恥をかいたわけだが、今朝の朝日は「大相撲春場所中止」が一面トップって何のこっちゃ。どうせ八百長報道するなら、スッカラ菅の八百長(=マニフェストつぶし)を追求するのがジャーナリズムってもんだろう。ま、大相撲に関していえば、国技の危機なんて声も聞かれるけど、相撲が国技なんてどんな条令にもかかれていないわけで、相撲協会が「自任」しているにしかすぎない。そもそも、相撲に関してはその成り立ちなどの歴史からして知られていないわけで、まずは相撲とは何ぞやというところから議論しないと、八百長問題の本質なんか見えてこないんだよね。スポーツなんてことでは解決しない、伝統文化という側面にもっと光を当てて、これからの相撲を論じることが肝要かと・・・。

 さて、愛知県のトリプル選挙でダブルどころかトリプルスコアで大惨敗の民主党は誰が責任とるのかな・・・とらないだろうなあ。選挙前から地方選挙は国政とはリンクしないなんて予防線張ってたくらいだから。へたすると、小沢君の「政治とカネ」が響いたなんて責任転嫁しかねないからね、フランケン岡田君は。

 それにしても、この選挙結果は画期的な地殻変動といってもいいもので、特に住民投票で市議会リコールが成立したことの意味はとてつもなく大きい。地方議会って選挙以外では、なかなかチェックすることができなかったわけで、けっこう勝手なことしてるからね。ボス政治の温床でもあるし、議会制民主主義そのものをご存じない古い体質の議員もいるからね。今後は、どの自治体も市民によるリコールのハードルを低くして、よりダイレクトに市民の声を議会に反映する方法を模索する時代になっていって欲しいものだ。

 同時に、政党に期待できない今となっては、政治家のカリスマ性、先鋭的な政策とそのプレゼンテーションの巧拙といったところが、これからの選挙には重要なファクターになっていくんだろう。でも、それは危うさも伴っている。一時の熱情ってのは、「郵政民営化」を見ればわかるように、冷静な議論をねぐっちゃって、上っ面の雰囲気に流されやすいからね。愛知のトリプル選挙の結果は、これからの地方政治、地方議会のあり方を占うモデルケースでもあるのだが、河村君はともかくとしてもピーチクパーチクの大村君はその重責を担っていけるんだろうか。そっちの方が心配な今日この頃だ。

 で、赤っ恥かいたスッカラ菅君は、自転車野郎の谷垣君と党首討論。ま、分家と本家の討論会で、政策も消費税増税だなんだと双子みたいなもんだから、何を討論するんだろう。これこそが、八百長なんじゃないのと腕組む月曜の朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月22日 (木)

3DTV、党首討論、そして借金だらけの沈没船。

 映画『アバター』がきっかけとなって、映像メディアのキーワードはすっかり3D一色になってしまった。そうこうしているうちに、TVまでこれからのトレンドは3Dなんだとか。いまだにブラウン管TVの我が家には、まったく縁のない話ではあるのだが、それにしてもハードばっかり進化してどうするんだろうね。オバカなワイドショーが3Dになったからって、あまり意味があるとも思えないし・・・。スポーツ中継やアニメ、ゲームソフトなんかは3Dになれば面白いかもしれないが、果たしてどうなるんだろうね。

 その昔、ウインドウズ95が出るちょっと前にインターネットTVというのが発売されたことがあったけど、結局のところPCの普及とともに消えてしまった。インターネットをTVと同じようにお茶の間でって発想だったと思うが、ようするにインターネットがとてもパーソナルなものだということがわかってなかったわけね。3Dも、たとえばゲームソフトでその効果が期待されているようだけど、だとしたら、TVでなくてもいいんだよね。というより、ゲームならばTVである必要はない。

 とどのつまり、3DTVの未来はソフト(番組)づくりにかかってくる。となると、いまのTV屋さんでは無理じゃないかな。結局、映画やドキュメント、アニメといった分野以外に、TV独自の3D番組を作れるとは思えないのだが・・・。でも、3D用のメガネをかけて家族でTV観てる図って、あまりゾッとしない。もっとも、メガネなしでもOKという方式もあるようだけどね。

 昨日の党首討論は、相も変わらず谷垣君は口だけの評論家をしていた。普天間問題に絞り込んだまではいいけれど、何の具体策もないから討論が成立しない。いつまでも鳩山ポッポ君の対応を追及してるだけじゃダメなんだよ。挙句の果ては、「札束でほっぺたをたたくようなやり方はしませんから」って逆襲される始末。これじゃ立場がないってものだ。それもこれも、口だけ評論家の谷垣くんが、これまでの自民党政権のあり方を総括してないからなんだよね。いい子ぶっちゃって、ドラスティックに党内改革ができないから、党首討論も迫力を欠いてしまう。

 ドラスティックな党内改革ができないことを逆手にとられて、口だけ男の舛添君にはいいように振りまわれて、とうとう離党されちゃった。ま、口だけ男の離党は、それはそれでけっこうなことなんだが、谷垣君にはちょっとした痛手であることは間違いない。

 それにしても、口だけ男の離党、そして新党結成は、何の意味があるんだろうね。そんなに党内改革をしたかったんなら、去年の党首選に出ればよかったのに。結局、青木やシンキロー森の懐柔に負けちゃったんだからさ、情けないったらありゃしない。そして、ここへ来ての離党だって。「打倒鳩山政権」とかほざいてるけど、政策はどうなってんだ。チピッコ大将の荒井君なんかの改革クラブの何人かが参加するらしいが、ほざいてるわりには小粒なメンバーでいまひとつ気勢があがりそうもない。

 口だけ男は自民党総裁を狙っていたはずなんだけど、ここにきて離党したってことは、おそらく自民党の抱える借金に恐れをなしたのかもね。メガバンクに100億円を超える借金があって、それは総裁と幹事長が保証人になってるわけだから、仮に総裁になったって借金も抱えることになる。自民党は議席を大幅に減らしたから、今までみたいに政党助成金も入ってこないし、野党だから企業献金もこれまでのようにはいかない。借金満載の沈没船から逃げ出したというのが、当たらずといえど遠からずってところじゃなかろうか。

 ところで、党名はどうする、舛添君。かなりのギャグかましてくれないと、話題になんないかもよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

こんな党首討論ならいらないね。

 今日から4月か。今週末は桜も満開。春爛漫ってところだというのに、国会は何をやってんだか。昨日の党首討論の情けなさには開いた口が塞がらない。仮にも討論っていうなら、お互いの政策をぶつけ合って論戦してほしい。自転車野郎の谷垣君は、追及しようという気持ちばかりが先走っちゃって、最後まで言いっぱなしという体たらく。普天間問題を論じるなら対案突きつけて、鳩山ポッポ君から具体案を引き出すくらいの技がなくっちゃね。ま、自分達の蒔いた種だから言いづらいこともあるんだろうけど、そんなこと逡巡しているようじゃ野党の党首としては迫力不足。これじゃ、鳩山ポッポ君の浮世離れした答弁には太刀打ちできない。

 党首討論って、別に口角泡を飛ばして論争する必要なんてないんじゃないのか。なんだか、激論交わさないと党首討論じゃないみたいなイメージがあるけど、お互い冷静に政策論争することこが重要なのではなかろうか。今朝のTVでは、テレ朝の般若仮面・三反園君が、「前回は鳩山総理といっていたのが、今回はあなたと呼びかけていたのはいい」なんてアホなことのたまわっていたが、こうした報道の視点というのも本来は問題なのだ。さすがに訥弁・鳥越君は「そんなことはどうでもいい」と突っ込んでいたけどね。

 ようするに、党首討論とは、大向こうを唸らせるような大見得切る場ではないんだよな。イキリスのような派手な論争をイメージするからおかしくなる。それよりも、坦々と持論を述べつつも、最後には相手が本音を語らずにはいられないといったテクニックこそが必要なのだ。でも、無理だね、この国の政治家には。揚げ足とるのは上手でも、理論に裏付けされた政策をぶつけ合うなんてことしたことないんだから。その典型が、党首討論ってわけだ。

 いっそのこと、ひとつのテーマに絞ってやったらどうなんだろ。あれもこれもとなるから議論が総花的になっちゃって、お互い言いたいこと言っておしまい、ってことになる。たとえば、普天間問題ひとつに絞って討論する。そうなれば、かなり深い議論をしなければ時間がもたないから、少しは勉強してくるのではないだろうか。なんか、小学校の討論会みたいになってきちゃったけど、原点に返るということですよ。

 頼むから、党首討論くらい、しっかりとした政策論争をしてくれ。それができないなら、もうこんくだらない政治ショーはやめましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM