口蹄疫

2010年7月16日 (金)

蟻の一穴。

 週末には梅雨明けの噂。いよいよ夏真っ盛りに突入か。今年はいまのうちに庭の紫陽花の剪定をしようと思うのだが、調べてみるとこれがなかなか難しい。いつも秋には植木屋さんに植木の手入をたのんでいるのだが、紫陽花だけはどうも伸びすぎてしまって、それまで待てそうもない。それに、紫陽花の剪定は花が咲き終わった時が頃合ということなので、いまがチャンス。紫陽花のためだけに植木屋さん頼むのも間が抜けてるしな。ここはいっちょう、土日にトライしてみるか。

 宮崎のセールスマン知事が種牛の殺処分に同意したそうな。方針転換を記者に問われて、「農水相から『(殺処分を)勧告しろ』と恫喝された。本意じゃなかったが、法律だから勧告した」とくっちゃべったと朝日が報じていた。こやつ、何を言ってるんだろうね。恫喝されたとは、まるで農水省をヤクザ呼ばわりかい。「本意じゃなかったが、法律だから勧告した」ってのも変な話で、法令遵守は知事の役目だろうに。この言い分聞いてるとまるで法律が悪いようだが、口蹄疫の症状が出てるのに国に報告しないで殺処分しちゃうような奴だからな、ハナっから法律なんて無視してるんだよね。疫病の恐さを甘くみてるこんな知事がいたんじゃ、宮崎の口蹄疫もまだまだ収束しないかも。

 さて、小沢君に対する検察審査会の議決が9月に延びたという話を昨日したけど、それとは別に東京第一検察審査会が、2007年分の土地取引に関して「不起訴不当」を議決した。議決理由の中に、水谷建設関係者の資金提供の供述は具体的で信憑性が高い、というのがあるけど、偽証したことのある人間の供述のどこが具体的なんだ。具体的とは、その供述が揺るぎないものというだけの証拠があってから言って欲しいものだ。

 そして、石川元秘書をさらに追及し、小沢君の事情聴取ももっと続けろ、って言ってるけど、これに関しては検察関係者が、「厳しく取り調べをして、自供を得ろ、と聞こえる。冤罪のときはまったく逆なのに。ダブルスタンダードではないか」(朝日新聞より)といみじくもコメントしているが、ようするに疑わしいんだからビシバシ取り調べて締め上げろって言ってるようなもの。危険なご意見だこと。これが市民感覚とはチャンチャラおかしい。

 ま、今回は「不起訴不当」だから、このまま検察が再捜査して新たに不起訴にすればそれで終わるけど、東京第5検察審査会の議決が延びたというタイミングでの第1審査会の議決は、「政治とカネ」は終わっちゃいないよという検察から小沢君へのメッセージなのかもね。

 ところで、大阪・毎日放送の番組で、食えない男の野中君が、「みんなの党のバックには竹中さんがついてますから・・・今日のあれ(木村逮捕)でまたいろんなことが出てきますよ」と語ったとか。このおっさん、小出しにいろいろくっちゃべってるけど、今回はどんな仕掛けなんだろう。官房機密費と同じ構図だな、どうやら。ま、お調子者の渡辺君にはいっぱいスネにキズがあるからね、そろそろ叩かれる頃合かもな。

 口八丁手八丁の竹中君だけど、日本振興銀行ではちょいとお尻に火がついてきた。木村君逮捕はあくまでも事件の入り口だから、どこまでこの闇に光が当てられるか。それによって、口八丁手八丁の商売人の命運が決まるような気がする。亀井君もここらでこの商売人を告発してくれないかな。りそな銀行をめぐる疑惑もあることだし、日本振興銀行の件は、口八丁手八丁男にとって蟻の一穴になるかもしれないことを期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

セールスマン知事の三流芸。

 我が家のドラ猫が朝から拗ねている。普段なら仕事部屋に入るとうるさくつきまとい、PCの前にドカッと寝そべるのが常なのだが、今朝は呼んでも返事もしない。うるさいのはかなわないが、こうもすげないとこれはこれで物足りない。ま、飼い主とは勝手なものであります。

 宮崎のセールスマン知事が、農水省ともめている。口蹄疫にからんで民間の種牛の殺処分を撤回してくれってことなのだが、いくらなんでも無理があるんじゃないかな。家畜の殺処分は法令にのっとったもので、宮崎県所有の種牛が隔離することで殺処分を免れたのはあくまでも特例中の特例。「今回認めないのはおかしい」なんて宮崎のセールマンはのたまっているようだが、1回こっきりだから特例なんで、何回も認めてたら特例じゃなくなっちゃうんだよ。

 隔離した種牛だって、感染の可能性は低い、なんて大見得切ったくせに1頭は感染してたんだから、今回だって何が起きるかわからない。疫病の恐さは、誰にも予測不可能ということにある。だからこその殺処分なわけで、これまで多くの畜産農家が涙をのんで法令に従ってきたのも日本の畜産という大局的な見地の上に立ってのことなのだ。そんな畜産農家のことを考えたら、科学的根拠もなしに今回だけ特例を認めろと言っても、そりゃできない相談だろうな、国としても。

 セールスマン知事はブログで、「子供のけんかみたいなことはしたくない」といってるようだけど、子供のケンカしかけてるのはアンタの方だよ。言いたかないが、そもそも口蹄疫が発生した時に、初期の対応を誤ったのはどこのどいつだったけね。今回の件では、国が民間の畜産農家をいじめているような図式で報じられているような気がするが、そんなお涙頂戴で疫病対策してたらそれこそ世界的なパンデミックにつながる恐れだってあるってことを知ったほうがいい。

 しかし、本当のところはどうなのか、というと誰もわからないんだけどね。なんてったって疫病だからな。当事者の畜産農家の人にしてみれば症状も出てないのに殺処分は忍びないという気持ちは痛いほどわかるんだけど・・・。本当に悩ましい問題だ。

 それにしても、一度はセールスマン知事も殺処分を勧告しながら、急にケツをまくるパフォーマンスを始めた裏には、何があるのだろう。そっちの方を是非とも知りたいものだ。

 日本振興銀行の木村剛が逮捕された。なんと、新しい社長に作家の江上剛が就任。火中の栗を掴ませられちゃったようだけど、お手並み拝見どころか、その結果いかんでは作家生命にも赤信号が灯るかも。

 菅君が小沢君に会いたがっているのに、一向に連絡がとれずヤキモキしてるんだとか。確か、鳩山ポッポ君の辞任前にもそんなことあったっけ。メディアは面白おかしく報じてるけど、一国の総理大臣が会いたいって言ってるのにシカト続ける小沢君も大人げないと思うけどね。ま、そこが政界のカリスマたる所以なんだろうけど、失礼といえば失礼な話だ。

 小沢君といえば、検察審査会の決議が9月以降になりそうとか。民主党の代表戦の後ってことだけど、これって明らかに小沢復活に対する牽制球。これによって、9月の代表戦で小沢君は動きずらくなっちゃったもんね。万が一代表に返り咲いた矢先に起訴相当が出ようものなら、その時こそ民主党壊滅、小沢失脚だもんな。やっぱり、こうした蛇の生殺し状態は人権侵害じゃないのかしらん。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

煽りは大きく、お詫びは小さくのTBS!

 初夏の風が吹き始めるこの季節、恒例となっているのがラッキョウの塩漬け。八百屋の店先に土つきのラッキョウが顔を出すと、気分はもう夏なのだ。で、今年もお出ましになりましたよ、土つきのラッキョウが。以前は一度に3kg漬けていたのだが、さすがに皮むきだけで半日という作業は辛い。というわけで、最近は1kgづつ漬けることにしている。

 皮むきのポイントは薄皮だけでなく、ラッキョウの表面がツルっとするくらい厚くむくのがポイント。こうすることで、塩がしっかりとしみこむ。と同時に、シャキっとした歯ごたえが楽しめる。皮がむけたら、ミネラルウォーター(水道水なら一度沸騰させる)をラッキョウがひたひたになるまで容器に入れ、ちょいとしょっぱいかなくらいの塩で味付け。鷹の爪を3、4本放り込んで、2、3日冷蔵庫で寝かせておけばできあがり。本来なら1週間くらい寝かせておくのだが、個人的には浅漬け程度が好きなので、3、4日が目安となる。先週の柴又散歩で見つけた土つきラッキョウは、月曜日に漬けたからそろそろ食べごろ。週末は、初夏の味覚を楽しむとするか。

Photo

 朝鮮半島がなんやらキナ臭くなってきた。韓国の哨戒艦沈没は北朝鮮の攻撃によるものという調査結果を受けて、制裁にでやがったら全面戦争だ、と北朝鮮は喚いている。ま、韓国と北朝鮮は休戦状態というのが現状で、いつだって戦争状態なんだよね。だから、全面戦争ってのはちょいとしたブラフなわけで、ようはアメリカに出てきてもらいたいってのが本音なんだろうな。北朝鮮にしてみれば、ちょっとやり過ぎたと内心は焦ってるかもしれないね。

 調査した国際合同調査団ってのは、柳条湖事件のリットン調査団を彷彿とさせるものがある。結局、日本はリットン調査団の調査結果が気に入らなくて国際連盟を脱退してしまうわけだが、北朝鮮はどのへんを落としどころにしてくるんだろう。中国の立場もあるからね。そうそう強気にもなれないだろうし。おそらく、先日の中朝会談ではそのあたりが話し合われたはずだ。スケジュールを早めに切り上げて独裁者は帰国しちゃったみたいだが、ひょっとしたら強いお叱り受けてだだこねたのかもしれない。

 国際合同調査団の結論が正しいとして、噂になっていた米原潜との衝突事故の真相はどうなったんだろう。このまま、スンナリと北朝鮮犯人説で収束するとは思えないのだが・・・。

 口蹄疫でオソマツ大臣に非難集中しているが、TBSが流した「ゴルフ騒動」は明らかにトバシだね。結局は、「裏付け調査が不十分」ということでお詫びを流したわけだけど、詫びてすむことではない。この局は何度同じようなことをすれば目が覚めるだろう。民社党幹部が情報源というが、そやつの名前を知りたいものだ。「伝聞」だったとその民主党幹部は言い訳したそうだが、そんな話を真に受けて裏もとらずにバッシングに精出すメディアと、それを煽りまくる御用タレント。最悪の構図だね。そんなことより、口蹄疫で苦しむ現場で何が起こっているかを真摯に報道するのがメディアの努めだろうに。

 「裏付け調査が不十分」って言うけれど、これまでもそうしたトバシをさんざん流してきたんだろうな。石川議員の現金5000万円受け渡し場面の再現ドラマなんていうでたらめもやっておいて、知らんふりだしな。捏造本舗って噂されるのもむべなるかななのだ。

 講談社がiPadへ新刊を配信決定。第一弾は京極夏彦だとか。ま、これも世の流れか。だからといって、なんでもかんでも電子化すればいいってもんでもないだろうけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

口蹄疫が一日も早く沈静化することを祈りたい。

 ようやく喉のいがらっぽさも消えたのはいいのだが、我が家のドラ猫にひっかかれた鼻のキズがなかなか治らない。ふむ、確実に治癒力も劣化しているということか。なんとまあ情けない・・・とほほ。

 なんて嘆いている場合じゃないほど、口蹄疫の感染はパンデミック状態になってきた。なによりも怖いのは、強烈な感染力とか。人間には害がないが、人間が媒介することもあるというのがなんとも手に余る。現地に取材に入ったTVクルーが防疫対策をしていなかったため媒介したのではという噂も流れているほどだから、想像以上に広範な地域に広がっている可能性を想定して対策を考えないと、九州の家畜が全滅なんて最悪の事態に発展するかもしれない。

 非常事態宣言は当然としても、そんな緊急事態のまっただなかにあって、この問題を政局に利用しようとする動きがあるのは情けない。民主党を貶めるためならどんなことでも利用しようって魂胆なんだろうが、その際たるものがおとぼけ大臣の赤松君の外遊批判だ。そもそも、外遊のスケジュールは口蹄疫発覚前に決まっていたことだろうし、国際会議への出席なんだから無理もない。こんなこと報道している側も実はわかってるはずだ。ようするに意地悪してるだけなのね。それでも、「反省することはない」なんておとぼけ大臣の発言は許しがたいけどね。

 いずれにしても、このパンデミックは宮崎のみならず九州、ひいては日本の畜産に今後多大な影響を与えるはずだから、県も政府も畜産農家の保護も含めて、しっかりとしたリーダーシップを発揮してほしい。宮崎県のセールスマン知事も、記者会見でちょっと突っ込まれたぐらいでけんか腰になるのはみっともない。いまこそ地方の底力を見せなくちゃ。

 ただな、メディアがね・・・ここでもた沖縄の基地問題と同じで、どうにかして政局にしたいという魂胆がミエミエの報道の仕方してるからね。そんなことより、口蹄疫の現場で今何が起きているのかをしっかり取材し、そしてそこで必死の努力をしている人々にもっと目を向けること。それこそが、メディアの使命だと思う。

 とにかく一日も早いパンデミックの収束を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM