事業仕分け

2018年7月17日 (火)

王様のベッドに寝転びはしゃぐ外務大臣。原発反対男の哀れな末路!&西日本大水害を「脱ダム宣言」「コンクリートから人へ」に責任転嫁する動きに要注意!&自民党・古屋議員にパーティ券過少申告疑惑!!

 西日本豪雨の対策を他人任せにして外遊に飛び立とうとしたところを羽交い絞めにされたペテン総理の名代でおフランスを訪問した害務大臣・河野君がお馬鹿なツイートして炎上中。フランス外務省の王の寝室と呼ばれる部屋で王様のベッドに寝転んでのはしゃぎぶりは、まるで冷凍庫に寝そべった画像を投稿するコンビニ店員もしくは修学旅行で浮かれて遺跡に落書きするアホ学生といった風情で、まさに原発反対男の哀れな末路といったところだ。

「フランス外務省、おそるべし」なんてツイートしてるんだが、西日本大水害で200人を超える犠牲者が出ているってのに、まったく配慮できないオメーの方こそ「日本の害務大臣、おそるべし」ってなもんだ。

 でもって、西日本大水害でダムの放流が問題になっているんだが、ヤッシー田中君の「脱ダム宣言」や民主党政権時代の「コンクリートから人間へ」にその遠因があるかのような声が聞こえてくる。国土強靭化計画の推進者である京大の藤井君がそのひとりで、先日もTBSラジオ「おはよう一直線」で言いたい放題しとりました。さらに、文化放送「伊集院光とらじおと」ではMCの伊集院が事業仕分けがどうたらこうたらと、暗に民主党をdisったりしていた。(本人にその自覚があったかどうかは疑問だが)

 国交省も「避難指示・勧告が発令されても、全ての人が完全に避難する行動をとってはいないのが全国各地の現状」なんてまるで住民に非があるかのような発言して顰蹙買ったりもしている。

野村・鹿野川ダム 適切操作を強調

 ダム放流とは話は違うけど、立川志らくが5日の「赤坂自民亭」を擁護して炎上なんてこともある。こんな具合に、西日本大水害に絡んで、妙にペテン政権を後押しするような意見が飛び交っているのは、なんか違うなあっていうか、違和感あるんだよね。

立川志らくが『ワイドナショー』でも「赤坂自民亭を擁護してない」「安倍首相は災害対応していた」と嘘八百

 西日本の農業は壊滅的な状態になっているという予測もある中、今日にも参議院定数増法案が成立する見通しとか。被災地のこれからに思いを馳せることもせずに、自分たちの権益を確保する法案を優先する自民党、公明党の天罰あれ!!

 最後になったけど、ペテン総理と成蹊同窓の古屋君にパーティ券収入過少申告の疑いとか。せこい野郎だ!

古屋圭司議員、パーティー券収入過少申告の疑い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

フクイチのお膝元の町議会に東電社員の現職議員がいたなんて知らなんだ。しかも、再選されたってね。

 今年の日本シリーズは、7戦を通じて投手戦の面白さ満載で、緊張感があってなかなか見ごたえがあった。それにしても、あれだけ打てなくて、よくぞドラゴンズは優勝したものだ。で、シリーズ終了を待っていたかのように、ドラゴンズのコーチングスタッフが決定した。長老・権藤のピッングコーチを筆頭に、鈴木(孝)、今中、平野、宇野、彦野、川又・・・オール・ドラゴンズ体制で戦おうっていうわけか。それにつけても、優勝監督をクビにした後だから、高木監督はもとより、首脳陣は誰もがやりにくくてしょうがないだろうね。

 さて、民主党が懲りずに茶番劇を始めた。今度は、「提言型政策仕分け」だとさ。ホント、言葉遊びのお好きなこと。で、結局のところこれまでの仕分けと同じで、法的拘束力はないんだから、なんの学習もしてないってことです。「もんじゅ抜本見直し」てなことをぶち上げたところで、あくまでも「提言」だからね。最終的には、「政治判断」というから、もう結末は推して知るべし。そもそも、「もんじゅ」をどうするかってことだけ見ても、「抜本見直し」なんてこと言っててもダメなんだね。たとえば、「もんじゅ」を存続させないとするなら、使用済み核燃料をどうするか、さにらにはエネルギー政策をどう再構築していくのか、といったところまで議論しなけりゃ、何の解決にもならないんだから。それを、「抜本的見直し」なんてお役所言葉使って、さも改革に前向きな姿勢をアピールしたって、もう騙される奴はひとりもいないんじゃないのかねえ。

 昨日は、福島県議選と同時に、フクイチを抱える大熊町と双葉町では町議選も行われたのだが、なんと現職候補に東電社員が二人もいて、どちらも再選を果たしたんだってね。いやあ、現職の町議に東電社員がいるなんて、ノダメ君じゃないけど「寡聞にして」知りませんでした。なんでも、「原子力施設について地域の理解を得るため」に過去20年にわたって大熊町議を東電は輩出してるのだそうな。ここまで、露骨に地元に食い込んでるわけですね。原子力村との戦いってのは、単純な戦略・戦術では勝てないのだと改めて教えられた月曜の朝であった。

 最後に、先週末からアメリカでは、30年前のナタリー・ウッドの水死事件が再捜査されるというのでテンヤワンヤしているようだ。クルーザーの船長が新たな証言をしたのがその発端のようだけど、そもそも水死が報じられた時に、誰もが殺人か、と疑ったもんです。夫のロバート・ワグナーと友人のクリストファー・ウォーケンが同乗していたという状況も、ハリウッド・スキャンダルとしてはあまりにもベタなシチュエーションだったからね。捜査当局は、ロバート・ワグナーは容疑者ではないとアナウンスしているようだが、ではなにかい、クリストファー・ウォーケンが怪しいとでも言うのでしょうか。好きな役者なんだげどねえ。映画『ディア・ハンター』におけるの夜のサイゴンでロシアン・ルーレットに興じる心が壊れかけた元アメリカ兵ってのははまり役だったもんね。さあ、これからどんな展開になるのか、「刑事コロンボ」もかくやのドラマが始まるのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

ふたつの公益法人解散と言葉にまつわる素朴な疑問。

 昨夜、不覚にも洗面台で手をすべらせて転倒。胸をしたたか打ちつけて、今朝は咳きをしただけでも鈍痛がする。なんとまあ情けない。多少酔っていたとはいえ、なんてこったい。洗面台の横には我が家のドラ猫のトイレがあるのだが、そこに突っ込んでいたらと思うとぞっとする。

 久しぶりに政権交代の果実が・・・国交省関連の公益法人「建設弘済会」と「空港環境整備協会」の3年以内の解散が決まったらしい。どちらも国交省の最大の天下り先で、内部留保が約700億円というからすさまじい。職員は転職ということになるようだが、さんざんいい思いしてきただろうから、同情なんてできないね。

 今度の参議院選は、民主党政権審判の選挙という声も聞くけど、たった1年で審判されるのもどうなんだろう。せめて3年は何があってもまかせるくらいの我慢強さが、こちら側にも必要なんじゃなかろうか。でないと、いつまでたっても「ワンイッシュー」の選挙が続いて、日本の政治は成熟しない。事業仕分けはパフォーマンスだなんて言いがかりもあったけど、今回のふたつの公益法人の解散に、政権交代するってことは何かが動きだすことなんだということを改めて教えられた次第。

 ところで、連日しつこいようですが大相撲スキャンデルで気になることがひとつ。それは、「暴力団」と「犯社会的勢力」という言い方を、どうもメディアも含めて使い分けているようなんだけどなぜだろう。今朝の朝日朝刊の社説でも、「反社会的勢力との関係を徹底して解明し・・・」とあったが、素直に「暴力団」でいいんじゃないか。「反社会的勢力」って言い方は、ヤクザにはなじまんでしょう。なんだか、反体制的な政治結社みたいな響きがあって、いまひとつ危険な香りが薄れている。一見、意味のない使い分けのようだが、その裏には何かしらの思惑があるような気がしてならないと思うのはくろねこだけでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM