原発

2018年6月18日 (月)

新潟県知事が当選したとたんに「原発発再稼働」をほのめかす。福島第二原発廃炉もその一環か!?&環境相が「放射能汚染土で園芸」のすすめ!!

 メキシコがドイツに競り勝つ。こういう番狂わせがワールドカップなんだね。果たして、明日のコロンビア戦で、今大会最弱とも評される日本はどんなミラクルを見せてくれるのか!?

 ところで、スキンヘッド栄君が、一転、レスリング部監督解任だってね。至学館の学長は「反省してない」ことを理由にあげているが、反省すべきなのは自己保身に走る学長・パワハラ谷岡君自身じゃないのか。

 そんなことより、新潟県知事の鼻水君が当選して1週間も経たないってのに、原発再稼働をほのめかしたってね。さもありなんてことで、別に驚きはしないけど、「原発再稼働に慎重」というイメージで投票した有権者はいい面の皮ですね。

新潟県知事選で当選した花角英世が一週間で豹変し「原発再稼働は当然ありうる」! 背後に官邸と経産省の意向

 東電が福島第二原発の廃炉をいまさら決定したのだって、鼻水君が新潟県知事になったことで柏崎刈羽原発再稼動が視野に入ってきたからに他ならない。新聞・TVはそうした視点で東電の廃炉決定を語ろうとはしないけど、そんなことはちょいと考えればシロートにだって容易に想像がつこうというものだ。

 でなけりゃ、なんで自民党が支援なんかするものですか。こういう単純な構造すら、新聞・TVはスルーしたまま、鼻水陣営の「原発再稼働に慎重」というイメージ戦略に乗っかっちゃったんだから、その罪は重い。

 もっとも、ペテン総理批判に終始した野党共闘の応援団もいかがなものかではあるのだが・・・。

 でもって、これはあまり注目を集めてはいないようなのだけど、環境省が「福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも再利用する方針を決めた」ってね。食用作物の農地には使用しないってんだが、ようするに「放射能汚染の土壌で園芸やれ」ってことだ。

除染土、農地造成に再利用 環境省方針、食用作物除く

 そもそも、汚染土ってのは、一ヶ所に集めて集中管理しなくてはいけない。それをいたずらに全国にバラまいてどうする。万が一の時には誰が責任取るんだ。

 このままだと、日本全国が放射能汚染地域になっちまいますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

袴田事件再審認めず。地裁の判断を高裁が覆す悪習をどうにかしないと、この国から冤罪はなくならない!&新潟県知事に早速、東電がアプローチ!?

 検察の言い分を丸呑みして、高裁が袴田事件の再審を認めない決定をするとは思いもよらなかった。弁護側のDNA鑑定を頭ごなしに否定しているくせに、検察側の鑑定にはほとんど触れてないんだから、検察が即時抗告してからの4年間は何だったんだろうね。

袴田さん 再審認めず 東京高裁、地裁決定覆す

 そもそも、検察の即時抗告という制度がおかしい。地裁の再審決定に文句があるなら、正々堂々と裁判で戦うべきだろう。これでは、結論ありきの4年間ということになる。

 警察の捏造ではないかと疑われている味噌づけのズボンは、当初から袴田さんのサイズとは合っていないんだよね。それについても、高裁は「当時のウエストサイズを見る限りはけなかったとは言えない」とくるんだから、裁判長は実証写真を確認してないんじゃないか。このスボンのサイズひとつでも「疑わしきは罰せず」が明らかだと思うけどねえ。

 健康状態を理由に再収監はしない判断を裁判長したけれど、さすがにそこまで悪者にはなりたくないって自己保身が働いたのかも。

 とにかく、下級審の判断を上級審が覆すという悪習をどうにかしないと、いつまでたっても警察・検察と裁判所がグルになった冤罪はなくなりませんよ。

 ところで、新潟県知事選なんだが、自公推薦の候補者が当選したとたんに、東電が動き出したようだ。「引き続き、柏崎刈羽原子力発電所の安全対策などに取り組み、花角新知事をはじめ県民の皆様に丁寧に説明するとともに、新潟県が進めている3つの検証にしっかりと協力してまいります」だとさ。

 ハナミズ君は、再稼動の場合は「出直し選挙で信を問う」って言っているようだが、稀代の嘘つきがバックにいるんだもの、そんな言葉を誰が信じるものですか。

東電 柏崎刈羽原発の再稼働への理解 新潟県に求める 知事選受け

 とはいえ、野党も今回の選挙結果を、しっかりと分析して今後に対処していかないと、来年の参議院選挙では大変なことになりますよ。

・田中龍作ジャーナル
【新潟県知事選】ネトウヨ時代の選挙で勝利した自民 ネット戦略練らない限り負け続ける野党

 最後に、昨日のエントリーで紹介したG7の写真は合成ということが判明しました。仲間はずれは事実でしたが、ソファで天を仰ぐペテン総理の図は事実ではないため削除し、実際の写真と差し替えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

「政府、原子力事業者が安全神話に陥り、あのような悲惨な事態を招いた。真摯に反省し、教訓を踏まえつつ、二度と事故を起こさない決意で政策を進めたい」(安倍晋三)。反省するのはサルでもできる。お口はタダってことか!&秋篠宮家の結婚延期の裏に極右勢力!?

 維新の史上最低の議員・足立君が他党の議員に対する度重なる誹謗中傷発言で党の役職解除処分だってね。遅すぎた処分だけど、そもそもこんなのを公認した維新にも責任は大ありだ。しかも、こやつは選挙区で落ちたら引退するって公言してたくせに、比例で復活したらいけしゃあしゃあと議員でございってふんぞり返った大嘘つきなんだね。党の役職解除なんて甘い甘い。辞職勧告して、永田町から追い出すしかありません。

維新の足立康史議員「大阪の自民党は共産党以下だ」⇒日本維新の会が処分を決定へ

 大嘘つきとくればペテン総理だ。この男が、東日本大震災以前の2006年に共産党議員の質問に「原発の全電源喪失はあり得ない」って答えていたのは誰もが知っていることだろう。しかも、閣議決定までしてたんだね。

 で、こうした発言についてこれまでほっかむりしてきたんだが、昨日の国会でスッカラ菅君に「東京電力福島第一原発事故の発生を抑えられなかった理由は自民党政権にもある」って突っ込まれて、「その通りだ」って認めるはめになったというから大笑い。

 「福島第一原発への海水注入を当時の菅直人首相が中止させた」ってデマ飛ばしたその相手に痛いところ突かれたってわけてだ。そして、こう答弁を続けている。

「政府、原子力事業者が安全神話に陥り、あのような悲惨な事態を招いたことは片時も忘れず、真摯(しんし)に反省し、教訓を踏まえつつ、二度と事故を起こさない決意で今後とも政策を進めたい」

 反省するだけならサルでもできる。反省しているなら、まずは態度で示せ。お口はタダですからね。「教訓を踏まえつつ、二度と事故を起こさない決意」が具体的にどいうものなのか説明してみやがれ、ってなもんです。

 これもまたお得意の「やってる感」を演出するための方便なのだろう。事故を反省し、教訓を踏まえた政策を目指していたら、「原発を重要なベースロード電源」なんて口が裂けても言えるわけがありませんからね。

「メルトダウン想定せず」 首相、06年見解を「反省」

 最後に、秋篠宮家の婚姻が延期になったってね。週刊紙がぶち上げた金銭にまつわるスキャンダルが原因らしいが、おそらくこの結婚を阻止したい連中がリークしてたんだろうね。つむじが右に曲がった連中が、いろいろ画策しているって噂もある。皇室にまで何らかのプレッシャーがかかる時代になったとしたら・・・これは危険ですよ!

眞子さま結婚を延期 宮内庁「週刊紙報道は関係ない」

眞子内親王の婚約者・小室圭氏の母親の男性問題を週刊誌が報道! 背後に安倍政権や極右勢力の結婚ツブシが

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

東日本大震災の9年前に東電は巨大津波のシミュレーションを拒否していた!&再稼働間近の大飯原発は地震の揺れを過小評価!&森友学園疑獄を突っ込まれて「突然聞かれても答えようがない」(安倍晋三)。事前通告された質問にこれはないだろ。

 福島第一原発事故で、東電は「巨大津波は想定外」という立場を固持し続けているんだが、どうやらその傲慢な態度にも綻びが出てきたようだ。なんでも、東日本大震災の9年前に、「東北の太平洋岸ではどこでも大津波が起こる危険がある」(地震調査委員会)という長期評価を受けて、原子力安全・保安院(当時)が東電に対して「福島沖で津波が起きたときのシミュレーションをするべき」とお伺いをたてたそうだ。ところが東電に「ざけんじゃねえ」(って言ったかどうかは不明だが)と反発されて、すごすご引っ込んでいたというから呆れた話なのだ。

 ようするに、東電の危機管理能力の低劣さが福島第一原発事故に繋がったってことなんだね。現在進行中の当時の東電会長や社長を相手取った裁判でも「巨大津波は想定外」という態度を崩していないそうだが、どんな詭弁を弄そうとこやつらの責任は免れないってことだ。

福島津波試算 02年見送る 旧保安院、東電の反発で

 でもって、3月に再稼働予定の大飯原発でも、地震による揺れの算定方式に改めて疑問が出てきたそうだ。もともと揺れに対する算定が甘いという指摘はあったんだが、そうした専門家の声を原子力規制委員会は聞き入れてこなかったんだよね。そもそも、いまの原子力規制委員会には地震の専門家がひとりもいないってんだから話になりません。

 改めて地震の揺れを過小評価していたことが判明したいま、安全審査をやり直すのが筋ってもんだろう。

大飯の揺れ算定法「不十分」 地震調査委 規制委の認識疑問視

 最後に、昨日の国会で、私人の嫁は安倍晋三記念小学校の棟上式への出席を予定していたのかと問われたペテン総理は「突然聞かれても答えようがない」って舐めた答弁したってね。冗談じゃありませんよ。質問事項はちゃんと事前通告しているんだから、これって明らかな答弁拒否だよね。朝日新聞は「昭恵氏が実際に棟上げ式への出席を予定していたのかと長妻氏から尋ねられると、『突然聞かれても答えようがない』とかわした」って書いているけど、おいおい「かわした」じゃないだろう。「透けて見える」なんて書き方もそうなんだが、こういう政治記者特有の言い回しが、その発言の異常性をぼかしちゃってるということに、そろそろ気づけよ、ったく!!

野党「佐川隠し、やめて」 かばい続ける政権の事情は

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

またしても沖縄で米軍ヘリ不時着・・・整備不良が常態化してるってことか、くそッ!&草津白根山噴火。凄まじい破壊力の噴石が原発を直撃したら・・・想定外じゃ済みませんよ!!!!

 沖縄でまたもや米軍ヘリが不時着。「警告灯が点灯したから」と言ってるが、確か伊計島に不時着した時も同じような言い訳してたんだよね。機種が違うとはいえ、米軍ヘリは整備不良が常態化しているってことか。そんなんで沖縄の空を我が物顔で飛んでるんだから、明らかに日本を舐めてます。施政方針演説で「米軍機防護実施」を得々として語るペテン総理ですからね。これからも舐められまくるのは間違いないところで、沖縄はこの男が居座る限りを犠牲を強いられるってことてだ。

沖縄米軍 ヘリ不時着 今月3回目

 ところで、草津白根山が噴火して、飛んできた噴石でゲレンデは戦場のような騒ぎだったとか。まったくの不意打ちだったから、そりゃあ阿鼻叫喚となるのももっともなことだ。

草津白根山噴火 1人死亡 陸自訓練中に噴石 

 それにしても、噴石ってのは凄まじい威力があるんだね。こんなのが万が一にも原発を直撃したとしたら、さぞかしおぞましいことになるに違いない。

 ああ、それなのに、御嶽山が噴火した時に、原子力規制委員会の委員長(当時)だった田中シェンシェイは「御嶽山の噴火は水蒸気噴火であり、川内原発で想定される巨大噴火(マグマ噴火)とでは現象が違う。一緒に議論するのは非科学的だ」ってそれこそ非科学的な態度でコメントしてたんだね。

 さらに、噴火予知の難しさを訴える火山学者に向かって、「とんでもないことが起こると平気で言わず、必死になって夜も寝ないで観測して頑張ってもらわないと困る」とまでイチャモンつけていた。

 今回の草津白根山噴火では、原発と結びつけての論評はまったく見られないけど、ホントにそれでいのか。世界の活火山の7%が集中する日本で、ここ数年火山活動が活発化しているのは事実だ。草津白根山のような噴石が原発を直撃する可能性はけっして小さくない。もう、想定外じゃすみませんからね。

「規制委の火山リスク認識には誤りがある」

 最強の大寒波による強風で、柏崎刈羽原発の水処理建屋の外壁が剝がれたという報告もある。これは、原発がいかに脆弱化という証明みたいなものだろう。自然を舐めていると大変なことになりますよ。

強風で建屋の外壁剝がれる 柏崎刈羽原発

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2018年1月11日 (木)

「今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」「来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」(小泉純一郎)。聞きようによっては「倒閣宣言」ととれなくもない・・・。

 ワンフレーズ純一郎と細川の殿様が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表した。立憲民主を中心とした野党連携も視野に入れてってことだそうで、ま、その言や良しといったところか。でもって、会見でワンフレーズ純一郎は、

「安倍首相に原発ゼロを進めるべきだと言っているが、今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」

「自民党には安倍晋三首相が(原発政策を)進めているから仕方ないなという議員が多いだけ。来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」

 って発言しているんだが、これって聞きようによっては暗に「倒閣宣言」を匂わせていると言えなくもない。秋の自民党総裁選を睨んで、昼間の幽霊・岸田君や出戻り聖子に遠まわしにハッパかけたようなもんなんじゃないのか・・・なんて妄想してみるのも面白い。

原発即時ゼロ法案 小泉元首相ら野党連携へ

 このタイミングでの原発ゼロ法案ってのは、経団連の次期会長に日立製作所会長が就任することへの問題提起って意味もあったりして。なんてったって、日立製作所はイギリでの原発新設プロジェクトを進めている最中ですからね。さらに、そのプロジェクトには日本のメガバンクが1.5兆円の融資を決定。しかも、その融資には国が全額補償するという特典付きときたもんだ。つまり、何かトラブルが起きたら、税金で補填しますよってわけだ。

 そんな企業の会長が経団連の次期会長ですからね。ペテン総理と手を組んで、原発利権で一儲けってことなんだよね。経団連会長が「財界総理」と敬意を持って称された時代は遠くなりにけりなのだ。

政府が公金で債務保証 日本の原発輸出に英国現地の反応は

 それはともかく、ワンフレーズ純一郎と細川の殿様の原発ゼロ法案は、まさか森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺といった一連のスキャンダル隠し・・・なんてことはないでしょうねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

イギリスの原発新設プジェクトへ日本のメガバンクが1.5兆円の融資。しかも、日本政府が融資の全額を債務保証だとさ・・・違うだろ~~~!!

 トランプが「私の核のボタンの方がはるかに大きく強力だ」って北のカリアゲ君を威嚇したそうだ。おいおい、これじゃあまるで昭和のオヤジの一物自慢みたいなもんじゃねえか。そのうち、「核のボタン押すのなんか簡単だぜ」ってところまでエスカレートして、とんでもないことになっても知りませんよ、ったく。

・トランプ氏「私の核のボタンの方が強力」 正恩氏に応酬

 そんなことより、日立製作所がイギリスで進めている原発新設プロジェクトに、日本の3メガバンク(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友)と国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1.5兆円の融資を決定したってね。でもって、「事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する」とさ。つまり、何かアクシデントがあれば日本の税金で補填しますよってわけだ。

<原発輸出>英で新設、政府債務保証 大手銀など1.5兆円

 福島第一原発事故はいまだ収束に至らず、それどころかメルトスルーした核燃料がどんな状態になっているのかさえ皆目検討がついていない。さらに、日本はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてないんだよね。ああ、それなのに、イギリスの原発新設に政府が税金注ぎ込んでまで資金援助しようというんだから、心あるイギリス国民にすれば迷惑な話だろうに。

 国内で起きた原発事故すら手に負えないってのに、海外で原発新設に精出す現状ってのはどなたかがツイートしてたんだが、それこそ「シャブ中がヨレヨレになりながらシャブ売り歩いている」ようなもんなんだね。

 世界中が奇異の目で日本を見ていることを、一般大衆労働者諸君はそろそろ自覚した方がいいとつぶやいてみる世間では仕事始めの朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

メルトダウン隠蔽を民主党のせいにしていた東電の嘘が認定されたタイミングで、柏崎刈羽原発に「新規制基準に適合」のお墨付き。嘘つきが跳梁跋扈する「美しい国」ってわけか!&いつまで続く籠池夫妻の不当拘留!!

 この年の瀬に、原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機に対して新規制基準に適合のお墨付き。その理由が「福島事故の収束をやり遂げ、柏崎刈羽を安全第一で運営する」って一筆取ったからってんだから、国民舐めとんのかってなもんです。

意見募集「東電に資格ない」 柏崎刈羽「適合」決定 

 それにしても、適合を決定したタイミングがまた凄い。なんてったって、「炉心溶融という言葉の使用について官邸からの指示はなく、使わないよう社内に指示したのは清水正孝社長(当時)の判断だった」って調査結果が出た直後ですからね。この結果は、福島第一原発事故直後の炉心溶融という事実の隠蔽を民主党のせいにしていたってことを意味しているわけで、つまり東電は嘘ついてたってことだ。

炉心溶融公表遅れ「官邸の指示なかった」 検証委が結論

 こんな会社が「安全第一で運営する」って言っるからって再稼働にGOサイン出しちゃう原子力規制委員会ってのは、とことん腐ってますね。

 そもそも、東電は潰しておくべきだったんだね。それが、税金投入してどうにか倒産を免れているってのに、黒字決算だってんだからまさに盗人に追い銭とはこのことだ。

 もっとも、実際に再稼働するには地元の了承が必要だし、新潟県知事は「県独自の検証がなされない限り、再稼働の議論は始められない」という立場を崩していないから、すぐに何かが動き出すということはないというのが救いか。

 とにかく、この国はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてはいないってことを忘れないことだ。そして、その責任は東電にあるということもしっかりと胸に刻んでおこう。

 最後に、籠池夫妻の不当拘留はどうやら年を越しそうだ。法曹界はなんで沈黙を続けているのか。どう考えたって「総理のご意向」を忖度した不当拘留だってのに、何やってんだか。

森友学園は今?拘留中の籠池夫妻、長男、長女が語る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

夏のピーク時の電力使用量15%減。原発なくったってやっていけるってことだ!

 夏のピーク時における電力使用量が、福島第一原発事故以前と比べて約15%も減っているそうだ。節電技術が向上したと同時に、節電に対する意識が高まったことが原因なのだろう。約15%の電力使用量減ということは、原発26基分の出力に相当するというから、一般大衆労働者諸君の努力もたいしたものなのだ。

高まる意識、進まぬ帰還 福島事故後 電力ピーク使用15%減

 でもって、東京電力や中部電力の管内では「原発ゼロ」でこの夏を乗り切ったんだとか。つまり、原発なくてもやっていけるということだ。どこぞの御用キャスターが、「原発なければ江戸時代」ってほざいたことがあったが、そんなのは大嘘だったってことはもはや常識なんだね。

 「原発がなければ電力が不足する」なんて神話は崩壊しているわけで、大飯原発の1・2号機の廃炉が決まったのもそれを証明している。なんてったって、再稼動にかかる安全対策費を考えたら、採算が合わないってんだから、そりゃあ電力会社だって本音では原発やめたいんたよね。

大飯1、2号機の廃炉決定 福島以外の大型原発で初

 じゃあなんで原発に政治家どもがこだわるかといえば、それは原発が潜在的な「核兵器」だからなんだね。いつだって核兵器に転用できるって状況を保持していたいってことだ。実は、原発は電力とは何の関係もないと言っても過言ではないだろう。

 ああそれなのに、ゲッペルス気取りの経産大臣・世耕君なんかいまだに「原発コストは安い」なんて吹聴してまわってるんだから呆れちまう。原子力村の住人ってのは、ミミズほどの脳みそもないんだね。そんな奴らに危険極まりない原発をまかせていたら、こいつかきっとまた過酷事故が起きて、この国は崩壊することになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

イージス・アショアに1600億円。なのに、母子加算は月額4000円減額。血も涙もないな、この政権は!&「事故から7年も経ったのだから、そろそろ自立したらどうかね」(吉野復興大臣)。誰のおかげで議員やってられるんだ、くそッ!!

 2018年度の一般会計予算案97兆7128億円を閣議決定。そのうち、防衛費は5兆1911億円で、4年連続で過去最高を更新だとさ。北朝鮮からミサイルが飛んでくるぞ、って煽った結果がこれです。

 でもって、憲法で保証された「生存権」に関わる生活保護費はバッチリ削減。食費や光熱費などの生活費に関わる生活扶助は3年間で160億円も削減するそうで、「ひとり親の生活保護世帯に支給される母子加算も、平均4000円減額」されるんだとか。

 月額4000円も差っ引かれたら、ただでさえギリギリの生活を強いられているんだから、それこそ死活問題じゃないのか。新聞・TVは相撲取りの喧嘩を馬鹿のひとつ覚えみたいに垂れ流している場合じゃないだろう。これこそが伝えるべきニュースじゃないのか。イージス・アショア2基に約1600億円の大枚はたくくせに、母子加算の4000円がそんなに惜しいのか!

 防衛費がどんどん膨らむ予算案ってのは、ようするに武器輸出三原則を放棄して兵器産業の扉を開放したことで、戦争で儲ける国に変貌しようという企みが着々と進んでいるってことの証なんだね。国家総動員法の悪夢が、へたすると甦るかもしれませんよ。

対北、膨らむ防衛費 6年連続増 5兆1911億円

生活保護費、7割の世帯が減額へ 都市部で減額幅大きく

Photo

 最後に、復興大臣が東日本大震災+福島第一原発事故による自主避難者に対して、「事故から7年も経ったのだから、そろそろ自立したらどうかね」と血も涙もない発言したってね。おそらく、この発言は復興大臣だけだはなくて、ペテン政権の本音そのものなんだね。帰りたくても帰れない・・・そんな状況に住民を追い込んだのは、原発推進してきたオメーらしゃないか。「全電源喪失はあり得ない」ってのたまったのは誰だったっけね。まさか忘れたとは言わせませんよ、ったく!

・田中龍作ジャーナル
吉野復興相が問題発言 原発避難者に「自立したらどうか」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM