原発

2020年10月 1日 (木)

仙台高裁が福島第一原発事故を「人災」と認定!!&「女性はいくらでもうそをつける」(杉田水脈)は「おい、こら」で幕引きか!?

 トランプとバイデンによる大統領選討論会は、まるで言葉によるプロレスみたいなものだったようで、日本のメディアも「史上最悪」なんて言っている。特に、トランプのルールを無視した不規則発言が酷いってんだが、そういうことはペテン師・シンゾーか総理大臣の時も同じようなもので、そんな悪態をほったらかしにしておいたくせによく言うわ。

絶え間ない挑発、避難 「史上最悪」のテレビ討論会<米大統領選>

 そんなことより、福島第一原発事故をめぐる集団訴訟で、仙台高裁が国の責任を認める画期的な判決を下した。津波対策を先送りしてたことなどを認めての判決は、福島第一原発事故が「人災」って言ってるのと同じで、こうなると第一次政権の際にペテン師・シンゾーが共産党・吉井議員の「原発の全電源喪失の可能性について」という質問に対して、「全電源喪失はありえない」と答弁して、その結果、地震対策を怠ったという事実が改めて思い出される。

「国の責任明確」「賠償基準の不十分」認める画期的な判決<原発被災者訴訟>

何度でも言う! 安倍首相こそが福島原発事故の最大の戦犯だ! 第一次政権で津波による冷却機能喪失対策を拒否

 このところ、「薬が効いた」とかで表舞台にシャシャリ出てくるようになったペテン師・シンゾーだが、こやつの様々な悪事ってのはけっして終わったわけではないんだね。とことん追い詰めて、「元総理逮捕」のニュースを妄想する今日この頃なのだ。

 最後に、「女性はいくらでもうそをつける」発言の杉田汚水脈に不正献金疑惑の下村君が「おい、こら」と口頭で注意したってね。で、杉田汚水脈は記者会見を開くことなく、これからはブログで説明していきますとさ。

 こんなのが政治家でございと税金で生活できるのも、比例代表制という個人よりも党を優先した選挙制度のおかげなんだね。小選挙区制と併せて、選挙制度そのものを見直していかないと、第2、第3の杉田汚水脈がこれからも出てくることになりますよ。

自民 下村政調会長 発言問題で杉田水脈議員を口頭注意


| | コメント (1)

2020年3月16日 (月)

関電幹部連中の金品受領問題は、75名、総額3.6億円相当の背任事件に発展・・・それなのに「刑事告発は難しい」と結論づける第三者委員会の忖度!!

 新型コロナウイルスはどこから来たのか・・・これまで中国犯人説が主流だったんだが、ここにきてちょいとおかしな風が吹き始めた。なんでも、中国の武漢で昨秋開催された軍人スポーツ大会の際に、アメリカが中国に持ち込んだんじゃないかという説を中国外務省の報道局長が流してるとか。

 新型コロナウイルスが話題に上り始めた時に、アメリカではインフルエンザが猛威をふるっていたんだが、これが実は新型コロナウイルスだったんじゃなかたっのかという噂はこれまでも囁かれていたけど、可能性としてはあり得ない話ではないな・・・って、これはあくまでも妄想ですから、デマにはご注意を。

新型コロナの「米軍起源説」 米国務省、中国大使に厳重抗議

 そんなことより、新型コロナウイルスの影に隠れちゃってるけど、先週末に関電の幹部が高浜町の元助役から金品受領していた問題で、第三者委員会の報告があった。それによれば、なんと金品受領者は75人、総額計約3億6千万円相当に上るんだとさ。

 「元助役の金品提供の主な目的は、見返りとして関電から取引先へ工事を発注させ、その取引先から経済的利益を得るためと認定」もしているんだけど、元助役は亡くなっているし、確たる証拠もないから「刑事告発は難しい」ってさ。

 その代わり、「当時の八木誠会長(70)と岩根社長、森詳介相談役(79)の三人で、責任は特に重い」として、「関電は嘱託の八木氏、森氏、元副社長で嘱託の豊松秀己氏(66)の三氏が十四日付で辞任したと発表」しましたとさ。

 ふざけんのもいいかげんにしろよ、だよね。原発マネーをめぐる背任横領事件なんだから、検察は強制捜査に乗り出さなくてどうする。第三者委員会の委員長は元検事総長ってのが、やっぱり肝なのかもね。原発政策に支障をきたさないように、なるべく穏便にって「忖度」があったんでしょうね。妄想だけど。

 記者会見では、元検事総長の委員長が、亡くなった元助役を呼び捨てにしていたのも気になるなあ。まるで、悪いのはこいつだって言ってるようでしたからね。「死人に口なし」ってか・・・クソっ!

関電75人に3.6億円相当 第三者委報告 高浜町元助役から金品

| | コメント (1)

2020年1月26日 (日)

伊方原発が全電源喪失!! 福島第一原発の悪夢がよぎる!!

 いやはや、恐ろしい事態になっていたものだ。なんと、伊方原発が一時的とは言え全電源喪失したってね。伊方原発では先週も制御棒を誤って抜くなどのトラブルが起きていて、改めて広島高裁の再稼働差し止め判決の正当性が証明されたようなもんなんだね。

 「全電源喪失は起こらない」と何の根拠もなしに国会で答弁した初老の小学生・ペテン総理の浅墓さが思い出されるんだが、おそらくこの国の原発は極めて危険な状態にあるってことだ。なんてったって、原子力緊急事態宣言はいまだに解除されていないのだ。

 四国電力は、「停電は送電線の部品の取り換え作業中に発生。送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動し、停電が起きた」と説明しているようだが、まだ詳細は不明とか。地震や津波といった自然災害だけではなく、ヒューマンエラーだって原発にとっては脅威なんだよね。

伊方原発 一時全電源喪失 停電トラブル、10秒後復旧

 福島第一原発のような過酷事故が起きたら、人間にはどうやったって制御できないんだから、とにかくすべての原発を一刻も早く廃炉にすること。そして、自然エネルギーへの転換をスピーディーに進めること。東京オリ・パラを前にして、やたら復興五輪の掛け声が喧しくなっているけど、そんなお祭り騒ぎに惑わされてはいけない・・・てなことを我が家のドラ猫に言い聞かせる雨模様の日曜の朝である。

| | コメント (2)

2020年1月18日 (土)

桜名簿改竄の歴代人事課長の白塗り6人集に「厳重注意」の大甘処分!!&広島高裁が伊方原発再稼働認めず!!&逮捕状握り潰し男の警察庁次長人事は「適材適所」(菅官房長官)!

 「桜を見る会」の名簿に手を入れて改竄したとされる歴代の内閣府人事課長6人(現職を含む)に処分が下った。なんとまあ、「厳重注意処分」で夏のボーナス減額でシャンシャンだとさ。こんなの官僚にすれば痛くも痒くもないだろう。

 それよりも、政治家の身代りとして恩を売ったことのほうが大きいに違いない。現職の人事課長なんか、ひょっとすると森友学園疑獄のシュレッダー佐川君のように大出世につながるかもね。ちなみに、この人事課長は吉岡秀弥という名前だそうで、これからは白塗り・吉岡君と呼ぶことにしよう。

歴代人事課長6人を厳重注意 「桜」文書の不適切管理 内閣府

 ところで、伊方原発の再稼働について画期的な判決を広島高裁が出した。なんと、原子力規制委員会や四国出力の地震や火山の被害想定を不十分と切り捨てたってね。さらに、こんなことも判決文で述べている。

「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念にのっとった解釈が必要なことは否定できない」

 これってかなり踏み込んだ判決で、「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念」こそが原発裁判では基本となるべきなんだね。考えてもみよう。この国はいまだに原子力緊急事態宣言は解除されてないんだよね。原発事故はまだ親交ちゅょうってことなのだ。

 さらに、ほとんどの原発が停止した状況で、原子力村が喧伝する電力不足だって起きてませんからね。ようするに、原発が不要だってことは、9年という時の流れが証明している。

 判決を出した裁判長は定年間近だそうで、だからこそ国や電力会社に忖度する必要がなかったんだろう。でも、独立した司法の存在感を示したことには、万雷の拍手を送りたい。

伊方原発3号機 運転再び認めず 「地震、火山の想定不十分」 広島高裁、仮処分決定

 最後に、「昏睡レイプ魔逮捕状握り潰し」の中村格が警察庁次長に昇進したことについて、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「適材適所」ってのたまったってね。これは、「総理やマスコミへの配慮や忖度があったのではないかと国内外の世論の批判があるが、なぜ栄転させたのか」という記者の質問に答えたものなんだが、こういう質問が出るようになった官房長官の定例記者会見を少しは評価したい。ジャーナリストなら当たり前のことが、これまでないがしろにされてきたのがおかしい話なんだからね。

 それにしても、「適材適所」とはねえ。お仲間の不祥事のたびになんとかのひとつ覚えで同じ言葉を吐いてるけど、つまりはポンコツな人材しかいないってことなんだね。言ってろ!!

1_20200118091501
クリックで拡大

| | コメント (3)

2019年10月23日 (水)

「原発から飛散した放射性物質はすでに土と同化しているため農家の所有物。故に東電に放射性物質を取り除くよう請求することはできない」・・・福島地裁郡山支部が狂気の判決!!

 素朴な疑問をひとつ。恩赦の対象者には通知が届くのだろうか。対象者は55万人というから、封書で送れば4620万円かかることになるんだが・・・?

 そんなことより、福島第一原発事故による土壌の放射能汚染について、とんでもない判決が出てたってね。なんでも、「福島県の農家8人が、原発事故前の農業を取り戻したいと、5年前(2014年)、東京電力を訴えた裁判」で、裁判所がこんな判決を出しやがれましたとさ。

「原発から飛散した放射性物質はすでに土と同化しているため東電の管理下にはなく、むしろ農家が所有していると言える。故に東電に放射性物質を取り除くよう請求することはできない」

 事故直後には、確か「無主物」って裁判所は言ってたはずなんだが、いつのまにか農家の「所有物」になってたってことか。この理屈が通るなら、たとえば嫌がらせでし尿を他人の土地にばら撒いても、時の経過とともに土と同化しちゃえば被害にあった家の所有物となって何のお咎めも受けない・・・なんてことが成り立っちゃうんじゃないの。

原発事故 “土から放射性物質 取り除いて” 農家の訴え

 こういう判決を書ける裁判官ってのは、とても尋常な精神構造をしているとは思えません。裁判官、というり人として問題にすべきなんじゃないのかねえ。もうずいぶん前の話なんだが、ちょいと大病を患って入院した時に、同室の患者が地裁の判事だったことがある。この際だから取材を兼ねていろいろ話を聞いたんだけど、ほとんど裁判所の中で生活しているものだから、社会性に乏しいってのが印象だったんだね。このとんでもない判決は、そんなエピソードを改めて思い出させるほどのインパクトがありますよ、ったく。

 原子力村がそうであるように、司法もまた村社会の中で劣化してきてるんでしょうね。なんてこったい。

 なんてこったいとくれば、昨日の即位の儀における私人の嫁の悪趣味なファッションだ。おそらく、誰もアドバイスする奴がいなかったんだろうね。ドレスコードがどうしたこうした以前に、あんな無様な格好を嗜めるものが回りにいないという状況が、なんとも哀れを誘う。

 初老の小学生・ペテン総理の間抜けな万歳三唱を見れば、破れ鍋に綴じ蓋ってことか。

【ナニコレ】即位礼正殿の儀、昭恵夫人の”奇抜”な衣装が話題に!ネット「あかんやろ」「ドレスコード違反」「総理は止めなかったのか?」


| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

「予測に比べると、まずまずに収まった」(二階自民党幹事長)。35人死亡、18人行方不明が「まずまず」だと!!&台東区がホームレスの避難所利用を拒否・・・大馬鹿者!!&フクイチの除染ゴミが大雨で流出!!

 台風が去って、日を追うごとに犠牲者が増えている。これほどの災害・被害を土建政治の自民党幹事長・二害君は、「予測に比べると、まずまずに収まったという感じだ」と緊急役員会で口にしたってね。「日本がひっくり返るような大災害に比べればという意味。一人亡くなっても大変なことだ」と後から言い訳しているようだけど、ポッと出た言葉ってのはそやつの本音に近いものだってことを忘れませんよ、ったく。

二階氏「まずまずに収まった」=台風被害で発言

 でもって、初老の小学生・ペテン総理はいまさらのように閣僚会議を開いて「非常災害対策本部」の設置をぶち上げた。「とにかく人命第一だ」とほざいたそうだが、台風襲来の前日には高級フレンチレストランでほろ酔いの野郎に言われたくはありませんよ。

安倍首相「救助、捜索に全力を」=政府が非常災害対策本部-台風19号

安倍首相が今日になって「やってる感」アピールも、台風襲来最中の「休養」に批判殺到! 立川談四楼は「寄り添う気がない」

 トップがこんなんだから、末端の役人も非情なものです。なんと、台東区では住所がないからってホームレスのひとの避難所受け入れを拒否したってね。おいおい、どんな理由があろうと、人命保護を最優先するのがパブリックサーバントたる公僕の務めだろう。

 「ホームレス(住所不定者)については、避難所は利用できないことを対策本部で決定済み」というのが台東区の言い分なんだとか。それにしたって、避難所に救いを求めたひとを拒否できちゃう職員の感性がそもそも歪んでいる。大馬鹿者め!!

台東区のホームレスの人の避難所受け入れ拒否問題を考える

 そんな中、福島第一原発による除染で出た草木など廃棄物が入った袋(フレコンバッグ)が、仮置き場から川に流出したってね。やっぱりそうきたか、ってなもんです。「市はすでに6個を回収したが、他にも流出したものがあるとみて、市が確認を進めている」そうだが、早いところ回収しないと放射能汚染が思わぬところで拡散することになりますよ。

原発事故の除染ゴミ、川に流出 置き場が大雨で浸水 福島・田村

 最後に、ラグビーだ。いやあ、勝った、勝った。まさか4トライも挙げるとは。テレビ観戦とはいえ、大声張り上げてたら、我が家のドラ猫も興奮して走り回っとりました。前半の3トライも素晴しいけど、後半開始直後の4トライ目が大きかった。その後のスコットランドの猛攻を引き出した、価値あるトライですね。さあ、南アフリカ戦もこの勢いでゴー!!

| | コメント (2)

2019年10月12日 (土)

台風19直撃で福島第一原発の溜まりに溜まった汚染水はどうなる!!&衆議院予算委員会の野党の追及がなかなか熱い!!

 雨は降り続いているが、いまのところ風はそれほどでもない。雨風が激しくなるのは昼過ぎになるのだろう。早いところ競馬新聞買いに行かなくちゃ・・・なんて能天気なこと言ってるうちにも、テレビは「外出はするな!」と喚き続けている。そりゃあ、地球史上最大級なんてこともアナウンスされてるんだから、外出なかしやしませんって。

 でも、声高に喚き散らすのもいいんだれど、ああしろ、こうしろ、あれはダメ、これはダメって言い募られると、消費税増税のポイント還元と同じで混乱しちゃうんだよね。本当なら、地域ごと(東京なら23区ごと)に具体的な情報(たとえば河川氾濫の恐れがあるのかないのか)を流すべきなんだろうね。浸水被害の恐れのないところで土嚢を大量に用意したって始まらないんだからさ。

 ここまでメディアが緊急事態だって喚き続けるってことは、「これだけ警告してるんだから何かあったら自己責任」って言われてるような気にもなってくるというものだ。

 それよりも、福島第一原発は大丈夫なのか。溜まりに溜まった汚染水はどうなる。汚染水を溜めているタンクが倒壊した時のシミュレーションはしているのか。「外出するな!」って喚くのもけっこうだが、福島第一原発についてまったく無関心なのはいかがなものだろう。

台風19号で福島原発は…? 直撃なら汚染水ダダ漏れの危機

Photo_20191012082501クリックで拡大

 台風の影に隠れちゃってるけど、衆議院予算委員会がなかなかに面白い。口だけの進次郎や秘書給与ピンハネ疑惑の経産相・菅原君の言い逃れは笑っちゃいますよ。


衆議院 予算委員会 2019年10月11日(金)午前

| | コメント (2)

2019年10月 9日 (水)

企画展再開に抗議して座り込みする名古屋市長。わずか数分の"アホーマンス"に失笑!!&「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたから」(萩生田光一)。具体的に説明しやがれ!!&モンスター助役関連企業から世耕元経産相に献金!!

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由・その後」が再開したことがよほど気に食わないようで、名古屋市長のエビフリャー河村君が座り込みをしやがりました。しかも、報道陣を引き連れてわずか数分のことだったとか。

 市長という立場で、なおかつこの男は芸術祭実行委員会の会長代行のくせして、表現の内容にイチャモンつけてるんだから、公権力による暴力以外の何物でもない。こやつは座り込みの際に「陛下への侮辱を許すのか!」と書かれたプラカードを掲げていたんだが、皇室は戦後一貫して「自由」と「民主」の実践者としての地位を築いてきたんだよね。「表現」が気に入らないからってイチャモンつけるのに「陛下」を持ち出すことの方が、よっぽど「陛下への侮辱」なんじゃないか。

河村市長「やめてくれ」 不自由展再開に抗議の座り込み

 でもって、「あいちトリエンナーレ2019」への補助金交付を中止した張本人である加計学園のポチ公・萩生君は開き直ってこんなこと口走ってます。

「私から文化庁に何かを指示したりということはありません」
「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたことによるもので、この度の展覧会の再開の有無とは関係がないと考えている」

 「不適当な行為」って具体的に説明しやがれ、ってなもんです。文化庁は補助金交付中止決定について議事録はないって言ってるんだよね。補助金交付を決めた有識者委員会の委員のひとりは、こうした不透明なプロセスに抗議して辞任もしている。再開ですべてチャラにはなりませんよ。

萩生田氏「私は指示してない」 文化庁の補助金不交付で

トリエンナーレ補助金不交付 文化庁有識者委員が辞意

 ところで、いまだに検察が動く気配を見せない原発マネー・キックバック事件なんだが、ネトウヨアイドル・稲田君に続いてゲッベルス気取りの世耕君もモンスター助役が関係していた原発工事会社から献金を受けていたってね。現時点では返金は考えていないって開き直っているけど、そのうちなんだかんだ理屈つけて返金することになるんじゃないか。

世耕氏側に600万円を献金 元助役雇用の原発工事会社社長

関電会長、辞任へ 金品受領問題で引責

 関電・モンスター助役・吉田開発という原発マネー・キックバックの図式は、おそらくすべての原発立地地域にもあてはまるんじゃないのかねえ。そして、最後には政治家に原発マネーが流れ込む、ってのが原子力村の描いた絵図なのだろう・・・妄想だけど。

| | コメント (3)

2019年10月 7日 (月)

関電とモンスター助役は、20年前からズブズブの関係。3億円相当の金品は氷山の一角!? さらに、警察にも多額の商品券が・・・!! 

 NHK日曜討論に、ネトウヨアイドル・稲田君が出演していたってね。原発マネー・キックバック事件の中心人物とされるモンスター助役の関連企業から政治献金受け取っていたことがバレたばかりなのに、なんとまあ面の皮の厚いことで。

 でもって、その原発マネー・キックバック事件なんだが、総額3億2000万円相当の金品が吉田開発→モンスター助役→関電の腐れ外道という図式で還流したとされている。でも、これは2010年以降の数年間の話で、実際はそれ以前から金品の受け渡しがあったんじゃないかという疑惑があったんだね。やっばりというわけで、関電の社内調査を受けていなかった元幹部が、1990年代に既にモンスター助役から金品を受け取っていたと証言しましたとさ。

調査受けてない関西電力元幹部 90年代に元助役から金貨と証言

 つまり、20年前から、関電とモンスター助役はズブズブの関係たったってことだ。そんなことをいまの会長や社長が知らないわけがないんだね。受け取った金品は返却したと言い訳しているけど、その半分は原発企業へ国税が入った直後ということを考えれば、ようするに金品授受が発覚しそうになったので、証拠隠滅ほ図ろうとしたに違いないのだ。国税が動かなければ、返却なんかするつもりはさらさらなかったってのが本当のところなんだろうね。

関電の子会社役員にも商品券 1億5千万円の工事発注

 さらに、原発マネーは地元警察署幹部にも流れていたようで、地域をあげて原発マネーにドップリ浸かったあげくのドンチャン騒ぎだったってことだ。果して、これが高浜町だけの問題なのか・・・そんなことはないだろうね。おそらく、原発を誘致した地域では、こうした原発マネーをめぐる利権の奪い合いやもたれ合いがあるはずだ。

高浜町元助役、地元警察署幹部にも多額の商品券

 経産省は関電以外の電力会社、原発関連企業にも社内調査するように指示を出して、その内の8社から「不適切事案はない」との報告があったそうだ。でも、調査っていうけど、どんな方法で誰がやったのかねえ。できれば、身内の聞き取り調査で済まそうってのが本音なんじゃないのか。

電力8社は不適切事案なし、4社調査中 関電問題で報告

 ここは、マスコミの調査報道ってやつに期待したいところなんだが、臨時国会前に幹部が初老の小学生・ペテン総理と面談してるんだから、だめだこりゃ・・・ってなもんです。

| | コメント (3)

2019年10月 4日 (金)

モンスター助役の関連会社が稲田朋美に献金!!&「まるで暴力団と一緒。バカじゃねぇの」とチンビラまがいの啖呵を切る元総務省事務次官の日本郵政上級副社長!!

 関電の腐れ外道とモンスター助役、そして原発関連企業がグルになった原発マネーのキックバック事件に政治家の影がチラつかないのが不思議だと昨日のエントリーで書いたら、絶妙のタイミングで網タイツのネトウヨアイドル・稲田君の名前が浮上した。

 なんでも、モンスター助役が取締役を務めていた警備会社とその関連会社から150万円の政治献金を受け取っていたとか。さらに、関連会社の社長ってのは、後援会会長でもあったらしい。モンスター助役は「政界にも広い人脈」があるというのが売りだったそうで、ひよっとしたら網タイツのネトウヨアイドルが政権とつなぐ窓口になっていたのかもね・・・って妄想だけど。

関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も

関電金品受領 監査役、総会前に指摘 社長ら公表見送る

 モンスター助役に関しては闇の部分も取り沙汰されているようで、原発マネーのキックバック事件は関電と地元ボスの関係という単純なものではなく、利権に群がる様々な組織が原発を食い物にしようと暗躍した結果なんじゃないのかねえ。原発ってのはエネルギー問題は口実で、実は利権のためだけの政策としてそもそもスタートのしたのかもしれない・・・おっと、これも妄想だけど。

 ところで、総務省事務次官上がりの日本郵政上級副社長が、NHK経営委員会に圧力かけた件を追及されてこんなコメントしやがりました。

「まるで暴力団と一緒。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならやめたるわ、俺の言うことを聞けって。バカじゃねぇの」

 「放送行政に携わり、協会(NHK)のガバナンス強化を目的とする放送法改正案の作成責任者であった立場」と豪語する元高級官僚がこれだもん。そりゃあ、NHK会長が謝罪の文書を届けたりするわけだ。

 日本郵政社長がかんぽ生命保険の不正販売で謝罪会見したってのに、副社長がこんなチンピラまがいの啖呵切るってことは、こやつが日本郵政の実質的な権力者ってことなんだね。化粧崩れの出戻り総務大臣・高市君が、最初の大臣就任の時に「停波」に言及したのも、こえはた強権的な体質が総務省に根付いているからなのだろう。

「NHKはまるで暴力団」日本郵政副社長が記者団に発言

 それにしても、いけしゃあしゃあと被害者面する関電の腐れ外道といい、チンピラもかくやの啖呵切る天下りの元高級官僚といい、なんでこうもいい年したオヤジが揃いも揃って品性下劣な野郎ばかりなんだろう。やっぱり、無教養な世襲政治屋が政権の座に居座っていることが、この国にとって最大の「国難」ってことなんでしょうねえ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM