経団連

2016年11月 2日 (水)

TPPで自民党と民進党が合意。腐ってるなあ、どいつもこいつも&豊洲の盛り土問題の重要参考人である元知事3悪人の責任はどうする、どうする!

 アメリカ大統領選がどうしたこうしたとか、韓国大統領の機密漏洩がどうしたこうしたとか、新聞・TVはTPPそっちのけで大騒ぎ。そうこうしているうちに、民進党の腰が砕けてTPP法案は今日にも衆院通過で、4日には採決で手仕舞いとか。でもって、会期延長して参議院ではカタチばかりの国会質疑をやる振りをして、12月3日には自然成立なんだとか。

TPP、4日衆院通過へ 自・民合意、国会会期延長論も

 TPPってのは単に農業や漁業だけの問題ではなくて、国家主権に関わることなんだよね。つまり、金、物、人の流通のルールをTPPが決めることになるわけで、そこに個々の国の事情なんてのは入り込む余地はない。で、そのルールの基本は多国籍企業が牛耳る米国流というわけなんだから、そもそもこんなものに参加すること自体が間違っている。

 ペテン総理が一時よく使っていた「国柄」に大きな影響を与えるわけで、それをわずか60時間にも満たないところで議論に蓋をするってのは、それこそ「亡国」ってもんだろう。自民、公明はもちろん、民進党もこの国の主権が奈辺にあるか改めて思いをめぐらせるべきなのに、どいつもこいつもアメリカの方を向いて政治ごっこしているだけなんだから、これじゃあ一般大衆労働者諸君は救われない。

 でもって、TPP強行採決に軽口叩いて顰蹙買った農林水産大臣の山本有二が、またしてもやらかしてくれた。「TPPで冗談言ったら閣僚を首になりそうになった」だとさ。舐めてるねえ、このオッサン。こうまで舐められて、民進党はよくもまあ衆議院採決で手を打ったりするもんだ。TPP採決を人質にこやつの首ひとつも取れないようじゃあ、もう民進党は政党の体をなしていないと後ろ指差されても文句は言えない。

山本農相 冗談で首になりそうに…野党反発、TPP遅れも

 それにしたって、新聞・TVのTPPに関しての無言の行は、いったい何を意味してるんだろう。それこそ、大本営発表に加担した戦前・戦中のメディアの姿の再現ってことなんじゃないのか。ひょっとしたら、メディアの体たらくこそが、この国にとって一番の問題で、TPP以上にその罪は重いのかもしれない。

 ところで、豊洲の謎の地下空間について、小役人の8悪人が判明した。さあ、レイシスト石原、獅子頭・猪瀬、そしてマキゾエの元知事3悪人についてはどうする、どうするってなもんです。オリンピックの会場見直しではIOCにいいようにやられて、4者会談も非公開なんてことになっちゃいましたからね。豊洲の問題も小役人だけを罰して幕引きなんてことになれば、ぼったくりバーのチーママ・小池君の立場は微妙なものになっていくだろうから、しばらくは高見の見物てことでお後がよろしいようで。

豊洲盛り土なし「知り得た」 元市場長ら8人の責任認定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

「賃上げ」を指図する政権のスポークスマンと化した経団連会長の愚&自民党の改憲キャンペーンが始まるぞ。

 またゴルフだよ、お気楽ソーリは。昨日のお相手は、富士フィルムフォールディングス会長夫妻。一昨日と同じく「スリーハンドレッドクラブ」で、こちらは夫婦揃って接待したそうな。なにやら、「安倍王朝」って雰囲気になってきましたね。ひょっとして、シンゾーは皇帝にでもなったつもりか。

 なんて戯れ言は置いといて、年明け早々のグリーン会談で打ち合わせしたんだろうね、経団連の酒鬼薔薇会長が、「ベースアップを全面否定するような時代が長く続いたが、ベースアップも一つの選択肢だ。対応できる企業は前向きに検討してほしい」って記者会見でのたまったそうだ。まるでレレレのシンゾーのスポークスマンですね。

 にしても、大きなお世話ってなもんだ。賃上げを指図されて、はい、そうですか、って給料上げられる企業がどれほどあるってんでしょう。経団連会長が財界総理としてそれなりの見識で政治家と対峙した時代ならともかく、単に世渡り上手だっただけのサラリーマン社長なんかにとやかく言われたかあないやね。そんなことより、テメーの頭のハエでも追ってろ、っていうのが資金繰りで東奔西走する巷の社長の本音なんじゃないのかねえ。

経団連会長「ベアも選択肢」賃上げ呼びかけ

 そもそも、賃上げなんてことは、国はもとより、経団連会長ごときが指図する権利なんてないんだよね。まずはそこを突くのが新聞・TVの役割だろうに、いかにも賃上げに経済界が動き始めた、それっ!景気は上向くぞ、ってなイメージ報道しちゃうからね。NHKなんか、「緩やかな景気回復続く」っていまだに与太飛ばしてますから。正月早々からの官製報道にはウンザリです。

 ウンザリと言えば、自民党が憲法改悪に向けたキャンペーンをおっぱじめるそうだ。NHKの提灯ニュースによれば、「憲法改正を巡って、自民党は、先の衆議院選挙で、発議に必要な3分の2以上の議席を与党で確保したことなどを踏まえ、最初の国民投票で問う憲法改正原案の議論を進め、改正実現に向けた機運を高めたい考え」なんだとか。おいおい、暮れの選挙は、「アベノクミクス」が争点って言ってたとはどこのどいつだ。それが選挙に勝った途端にこれだもんね。レレレのシンゾーは選挙直後にも憲法改悪に意欲を見せて、その時に「公約にちゃんと書いてあるもん。討論会でも話したもん」って居直ってたけど、それを誰も批判しませんでしたからね。

自民 憲法改正原案の議論で改憲実現の機運を

 ま、予定通りの動きなんだろうけど、自民党のセンイセイたちはこうした三百代言って恥ずかしくないんだろうか。「群集心理」をテーマに安倍政権をナチスになぞらえたってんでTBSの『サンデーモーニング』が保守速報なんかでやり玉に挙げられてるけど、今回の選挙のやり方見てれば、さもありなんなんだよね。この番組はたまたま観てたけど、まだまだ手ぬるいもので、選挙中に自民党の恫喝に腰引けちゃったことをまずは反省するのが先ではなかろうか。

”ヒトラー時代の教訓”を伝えた「サンデーモーニング」

 というわけど、とりとめもなく悪態ついてみた仕事始めの朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

「議会制民主主義の健全な発展のために必要なコストだ」(谷垣禎一)。ようするに、企業献金とは体のいい贈収賄ってことです&女性活用なんてほざいてるけど、歴史修正主義者を取り巻く極右の愛国婦人部隊、ってのが海外メディアの認識です。

 日曜の出来事である。近所を仕切るボス猫とニラメッコをしていた我が家のドラ猫に、なんとまあ足首をガブリと噛まれちまいました。かなり深く入っちゃったようで、昨日になっても腫れがひかず、歩くと痛いので病院行ったら、とりあえずってことで抗生物質の点滴されちゃいました。飼い犬ならぬ飼い猫に噛まれるとは・・・。で、我が家のドラ猫はといえば、そしらぬ顔で反省の色もなく、惰眠を貪るのでありました。

 惰眠を貪る典型が永田町のセンセイたちなんだが、お金ちらつかされちゃうとすぐ尻尾振っちゃって、「へへえ~、なんでもやりまっせ」ってなっちゃうんだから、ホント、卑しいひとたちです。企業献金復活方針を報告にきた経団連のポンコツ会長・酒鬼薔薇君に、早速のところママチャリ幹事長・谷垣君がひれ伏しちゃってます。

 でもって、「議会制民主主義の健全な発展のために必要なコストだ。企業も責任を果たすということだと理解している」なんてわけのわかんないこと口走ってます。そもそも、政策を金で買うような企業献金を規制するために、政党交付金って制度が作られたんじゃないのか。それを、「議会制民主主義の健全な発展のために必要なコスト」とは、よくもまあ言えたものだ。

 国民一人当たり250円も負担して、年間に320億円もの税金を政党に差し出してるんだからね。そこには手をつけることなく、企業献金も復活させようなんてのは、フテー了見だ。そもそも、自分たちの利益にならないところに献金なんかしないわけで、ようするに金で政策買いますよってことなんだよね。つまり、企業献金というのは体のいい贈収賄ってことです。

 それにしても、ママチャリ野郎の「必要なコスト」って言い草は、いかにこやつらが金にまみれて政治ごっこしているかを自ら証明しているようなもんです。

経団連献金 与党に温度差 自「必要なコスト」 公「交付金考慮を」

 ところで、化粧崩れの高市君と愛国婦人会の稲田君が、日本のネオナチ集団の代表とツーショットしてたってことが話題になっている。でも、こんなことは海外のメディアは早くから報道していることで、日本のマスメディアは知っていながら知らない素振りしてただけなんだね。でも、あまりにも反響が大きくなってきたので、これはマズイってんでチラホラと取り上げ始めたってのが真相です。

 でもって、化粧崩れの高市君は、「頼まれて一緒に写真撮っただけ」なんていつもの言い訳してるけど、議員会館で会うってのはその人間の素性がわかった上でのことなんだから、もうこれだけでアウトです。さらに、愛国婦人会の稲田君は、「雑誌取材の同行者として会い、その際に撮影に応じた」って事務所の人間が言ってるようだが、取材する側が取材相手にツーショットをお願いするなんてロクなもんではありません。たとえば、どんなにファンだとしてもインタビュー相手にサインをねだったりすることだって憚られる職業ですからね。ちなみに、ン十年も編集者・ライターのはじっこにいるくろねこだって、今までに一度だって写真やサインをオネダリなんかしたことはありませんよ、ったく。

高市総務相と稲田政調会長「ネオナチ」とツーショット 「写真を撮りたいと言われて応じただけ」

Neo-Nazi photos pose headache for Shinzo Abe

Photo

 女性閣僚で支持率アップなんて与太飛ばしてる新聞もあるけど、ようするに歴史修正主義者のレレレのシンゾーを取り巻く極右の愛国婦人部隊、ってのが海外メディアの認識なんだね。それを容認しちゃう日本のマスメディアってのも、おそらく歴史修正主義の片棒担ぐ御用メディアって思われてることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年10月10日 (水)

口だけ右翼の腹痛シンゾーと経団連ヘボクラ会長が、「原発ゼロなんてふざけんじゃねえ」で意気投合。国民に喧嘩売ってます。

 なりすましの書き込みされた事件で、PCの遠隔操作のことばかりがやたらクローズアップされているけど、それ以上に問題なのは、警察も検察も逮捕された男性が否認していることにまったく耳を貸さなかったことなんですね。そればかりか、早々と実名報道したり、「認めたら罪が軽くなる」ともちかけたりして、まんま痴漢冤罪事件と同じ構図です。さらに、証拠隠滅の恐れもないのに、長期拘留していたってのも、留置場を代用監獄に使ういつもの手です。

 そのくせ、誤認逮捕じゃないのと報道され始めたら、なんと同じような書き込み事件で、容疑者が犯行を認めているってのに、「遠隔操作の可能性もあるから念のため釈放しました」ってんだから、何やってんだか。それだけ、自分たちの捜査に自信がもてないってことなんでしょう。だったら、ひとを逮捕なんかしちゃいかんだろう。

 ところで、扉にカバンはさんで電車止めちゃった最高検の公安部長の処分はどうなってんだろう。まったく続報がないんだが、うやむやにしようってんじゃないだろうねえ。これって、明らかに威力業務妨害なんだから、刑法第234条で定める通りに、最低でも「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」ってやつを課してほしいね。その上で、懲戒免職です。

 ところで、口だけ右翼の腹痛シンゾーが代表を務める自民党の山口県連支部が、政治資金からキャバクラ代を払ってたってね。江田五月人形の政治団体が「キャバクラ会合」で叩かれたことがあったけど、今回のキャバクラ代ってのは政治資金使ってるからね。つまり、政党交付金なんかもその中には含まれているわけで、ていうことは税金です。税金でキャバクラはまずいだろ、ねえ、シンゾー君。ま、福島第一原発が爆発して獅子てんや瀬戸わんやの時に、「菅直人が海水注入を中断した」ってデマを垂れ流しておいて恥じることがない奴ですから、政治資金でキャバクラくらい屁でもないんでしょう。「ボクちゃんは行ってないもん。支部の馬鹿が勝手にやったことだから」って思ってるよ、きっと。

 で、恥知らずの口だけ右翼の腹痛シンゾーは、これまた猫いらずじゃなかった恥知らずの経団連ヘボクラ会長と「原発ゼロ見直し」で意気投合したようで、これって国民に喧嘩売ったようなもんです。「原発ゼロは無責任」てなことを性懲りもなくぬかしてるけど、無責任なのは原発推進したあげく、なんの安全対策もとらずに日本を放射能だらけにした自民党と財界だろうに、ホントにこやつらの親の顔が見たいものだ。

 というわけで、共産党の吉井議員の質問に対するシンゾーのお馬鹿な答弁を、何度でもご紹介しておきます。こんな奴なんですよ、口だけ右翼の腹痛坊ちゃんというのは・・・。

吉井英勝:冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

 「菅直人が海水注入を中断した」というデマとともに、いつまでも覚えておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

神奈川県警の強制猥褻のお巡りさんは、なんで実名公表されないのでしょう&法人税払わず、消費税でボロ儲けの経団連のオヤジたちに、原発に口出す権利はありません。

 昨夜は、大先輩のT・H氏宅にて、年に一度の編集者仲間の飲み会。最初の頃は、隅田川の花火の時間にはみんなして「かぎや~、たまや~」だったが、さすがにここ何年かは花より団子ならぬ花火より酒ということで、ヘロヘロになってのご帰還なのであった。

 花火といえば、ロンドンオリンピックの開会の花火も派手だった。それにしても、開会式ってのはいつから歴史ドラマになったんでしょう。もし東京オリンピックなんてことになったら、レイシスト知事とお友達の浅利慶太君がまたしゃしゃり出てきたりするんだろうか。んでもって、欽ちゃんが走り回ったりして・・・ああ、長野オリンピックを思い出しちまった。

 それにしても、日本選手団のユニフォームは、どうにかならんもんですかねえ。なんとかのひとつ覚えで、赤と白のカラーコーディネイトはもうたいがいにしたらどうでしょう。中国とおんなじってのも、いかがなもんでしょう。中国嫌いのレイシスト知事あたりにコメントとりにいくメディアがひとつぐらいあってもいいのにね。

 ところで、代紋背負ったはんちくな警察署であるところの神奈川県警の強制猥褻事件のお巡りさんって、なんで実名公表されないんだろう。こんなもの一般市民だったら、実名どころか顔写真まで晒されまっせ、正味のところ。んでもって、懲戒免職ってのがオチです。で、このヘンタイお巡りさんなんだが、どうやら県警暴力団対策課所属っていうから、懲戒免職になったら、暴力団の用心棒にでもなるんだろうか。ま、いまも暴力団みたいなもんだけど・・・。

 暴力団まがいなのは何も警察だけでなくて、経団連ってのも同じ穴のムジナです。原発どうするかっていう政府の3つの案に対して、「どれも問題が多い」っていちゃもんつけてます。で、「経済の足かせになるから、総電量に対する原発の比率も幅をもった柔軟なものにすべきだ」なんてほざいとります。法人税も払わず、消費税増税では高額なキックバックでウハウハの大企業のオヤジたちに、原発どうするかなんてことに口出す権利はありません。言いたいことあるなら、法人税も消費税もきっちり払ってからにしなさいね。義務も果たさず因縁だけつけまくる経団連ってのは、単なる成り上がりのオヤジたちの親睦団体に成り下がっちゃってるんだから、いいかげけんに「おだまり!」って罵りたくなる日曜の朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

「TPPにノーと言うのはあり得ない」とのたまう経団連会長&第三者委員会に質問状送りつける算段している九州電力。

 なんやしらんが、福耳猪八戒・枝野君が衆議院予算委員会で、「ボクちゃん、ただちに健康に影響がないなんて7回しか言ってないもん」(脚色・くろねこ)てな意味のことをのたまったそうだ。おそらく、こやつはさぞかし賢しらな幼少期を送ってきたんでしょうね。これが原発を所管する経済産業省の現役の大臣の言動ということに、この国の悲劇があるってことです。

 国会ではかくのごとき学級会まがいの珍問答が続く中、世間ではTPPで獅子てんや、瀬戸わんやなのだが、そんな動きに水を差すようにオリンパスの粉飾決済問題が急浮上。これまで無視していたマスメディアも、事ここにいたってはスルーすることもできず、新聞TVはTPPそっちのけで大騒ぎ。ようするにバブルのツケから抜け出せずに、「飛ばし」行為で損失隠したってことなんだけど、ケイマン諸島に隠し口座だとか、暴力団に資金が流れたとか、さらにはFBIが捜査に乗り出したとか、日本企業は犯罪までもグローバル化してきたようで。監査法人もどうやらグルじゃないのと疑われているようだし、ま、オリンパスは近いうちに上場廃止ってことになるんでしょう。で、光学機器関連における世界に冠たる技術力は、すべて海外の企業に持っていかれことになるんじゃなかろうか。既に買収に向けて動き出している企業もあるというから、風前の灯か。

 おそらく刑事告発されるであろう前社長の菊川某は経団連の理事でもあったんだね。経団連なんてのはロクなもんじゃないってことなんだろうけど、そのロクでもない集団の会長がTPPについて、「経済連携で(韓国などに)後れを取る中で、アジアや米国から参加を望まれている。ノーというのはあり得ない」とゴタクをならべている。「ノーというのはあり得ない」って、語るに落ちたとはこのことか。そういえば、ホンダの社長も、TPP参加しないと日本がダメになる、みたいなこと言ってたっけ。車売れりゃ、何でもあり、ってか。

 財界ってのはほとんどヤクザまがいの集団だってことです。さしずめ、九州のドンである九電なんかまさに見境のない武闘派集団てことになるか。何をとち狂ったのか、「やらせメール」の第三者委員会に対して、見解が食い違う部分の根拠を問いただす質問状を送りつけることを検討しているんだとか。第三者委員会は公開討論会を要求してるんだから、そこで言いたいことあるんなら言やあいいと思うけどね。そもそも、自分たちからお願いした第三者委員会の結論にケチを付け出したことでもうこの会社は狂ってるとしか言いようがないのだけど、常軌を逸した老人てのは手がつけられません。こうなったら、第三者委員会も手加減することないから、徹底的に叩きのめしちまえばいいんじゃなかろうか。小説書いてる暇あったら、お願いしますよ、委員長。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 美容・コスメ | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 趣味 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM